Skip to main content

Full text of "Tanpen shōsetsu Meiji bunko"

See other formats


700 
.m41 



LIBRARY OF THE 
UNIVERSITY OF ILLINOIS 
AT URBANA-CHAMPAIGN 
PL 
700 
.M41 

no. 16-18 




明治 文庫 第 十六 編 目次 

⑩ くらぶ 山 :… • J 

翁 百々 逸釋義 五 五 

® 人文 子 六 二 

藝 紅花 染 :: 九 六 

静 但馬 行李 附 拾遺 …… , …: , …:: : …… 一 五 五 

以 上 , 



11 明治 文庫 第 十六 編 

きく らぶ山 石橋 忍 月 . 

i 二 

このば -J よ あさ S せけん ひろ &ろ かしこ y .as v~ ちら か *?L f> たち こ けいこ さみせん も 

此塲 所での 朝 ビ云ふ は 世間での 正午 頃な り 彼 所の 二階に も 此方の 格子に も 下地 ッ妓が 稽古 三味線に 持? - 

かなきe^&fc{ >* た いた こ で じ ま さらへ くにた をの やか ひ,、 お だ や 

れて金 切聲を 振ら 立て 潮 來出嶋 を 温習る もの あれば わしが 國 さで を 立つ もの わ 喧しき 響きに 穩 かな 

ゆめ さま か 5 し さ をビ か、 XJ しんど 5 き めい ほんぞん を ばな や こ .& ね その ひど ゆ ふべ む s!- ざけ さ 

る 夢を醒 された る は 格子 11:^ の 外に 掛る御 神燈に 記名の 本尊 尾 花屋 小稻其 人な, 9 昨夜の 無理 酒 まだ 醒めぬ 

か ho いっぱい ひやみ づ いや なが ぺっ& 5 ら を ながぎ せな しう たん たばこ ゆん ひき 上 ぶく ふか のち 

にや 渴, をコ ップ 一杯の 冷水に 癒し 乍ら 鼈甲 羅宇の 長烟 管に て 朱 丹の 烟艸盆 を 引 寄せ 二三 服 を 喫した る 後 

い ま、 で や-なぎ いど め す re. せう か,、 や この ざいせ S ふか をの ひか S- いくにん ころ 

今迄 柳の 糸に しだる 眼 を やうく 水晶の 如く 輝かさせた $ ……: 此 罪障 深き 眼! 其 光で 幾人 を 殺した る。 

げ ち 上 さビ さ L ゑ どころ しゅにん さきだ ひらきみ みやこ しんぶん まくら もど て ^ い ち めんに めん め 

下女のお 里が 揷繪 のおる 點 だけ 主人に 先ち て 披閱し 都 新聞の 枕元に ある を 手に 採. 9 て 一 面 二 面に 目に 

ふ だいさん めん さし も そのし な くわで,;. つ, 4- しん らん のぞ をり >ら 力 I へ ► や』 f- f に , 、ゾヒ 

も觸れ卞第三面の揷繪ビ其下の花柳通信の欄をチ ョ ッど觋^^ん^する折柄 姉さん 八 百 膳さん へお 座 

しき か 5 し さ を ど よ ば こや せん ォけ まち あ ひ ? しき な 5? きん じょ いた ば- f さ マ ざ L^^fc. 

敷。 と 格子 戶 の 外より 呼びし は 箱屋の 善 助な. y 待合のお 座敷なら 隣近所に 痛くな S 腹 を 採られ 座敷 忙か 

げいしゃ みえ さ か ろし & 5 ち ばいり こ ,、ゑ だ いも ざ f. き わ. - 

しく^も 藝妓 の見榮 になら す 去れば 格子 1^ の 內に這 入て 小聲 にて 大茂 さんへ お 座敷な ど. ふべき を 故 

くらぶ 山 (第一) , 1 



ざ か 5 し さ をヒ こもた か よ ば こや き てんこ いわ な- * ねへ よ :&ん <れ 

意ビ 格子 lE^ の 外よ, 聲 高く 呼ぶ も 箱屋の 氣轉、 小稻 さんと 名 を 呼ばれす して 姉さん ど 呼^る、 も 盆暮の 

ほか ひ &ろひ ど <H さ こ, ろ づけ ゆきわた き、 め ■ 

外に 日頃 他妓に 優らて 心附を 行渡らす る 効能なる べし。 , 

あ がた よろ &ざ さ >J ざ しき うけ ビ こ い ふさ や 5e なが さど ゆ ど 

、ン ィ 有難う 宜しう ム います。 ビぉ 里に 座敷 を受 させて 床 を ffi で 房 楊枝 をつ か; S 乍ら お 里に 湯 を 取らせ 顏 

あら え!;? くび あら かみ ひた き や >ゥ だい むか &のぁ ひだ み ひ まひお よ はん r かん ば こ, せんす はお か きた 一 きの ふ さん 

を 洗 ひ 襟首 を 冼ひ髮 を 浸して 鏡臺に 向; S 其 間の 身 仕舞 凡。 亡 半時 間 やがて 箱屋の 善助迎 ひに * れば 昨日 三 

ぐ わつ 5 つり かへ こ もん かさ しゅ ちん お ,ひ し もら つき ほど、 ぎす ほ むく これ かた 

月の 更衣せ し 小紋の 重ねに 襦 珍の 帶をキ リ、 ッ ど 結め て 貰; 5 月に 時鳥 を 彫 ftN たる 練 金の パ チ ン に 之 を 固 

ひだ £5>づ ま ど ひ <ゥ ち f おもて い んる れん ば こ ふうさ: i あつば したや いち こ いね K な ち はな 

め 左德を 取らて 燧 の-力 チ. /t-. に 送られて 表に 出で 輕く 逢步を 運ぶ 風釆 天晴れ 下 谷 一 の 小稻、 花の 中の 花 

氺 * 氺 *■ 

よ かん さ ばいしん 寸で つ 5 5 への かめ も "J き ね がば ゑん をく へ, つたん を 3- づめ ば y も 

餘寒 いまだ 去らね^ 梅 信旣に 通す. ィザ 上野よ, 9 龜井 木 下 川に 遠足 せんとて 瓢簞ど 折喆ピ を 婆さん 持ち 

5 への ちゃみせ きな ふた よせい たかむらき さま ij つ をん な あ 

にして 上野の ト ある 茶店まで 來 ft4 仏る 一 一人の 書生、 ヲィ中 村 貴 樣は實 に ひ^いせ 三十 四 五の 女に 逢うて 

ば あ にんてい おれに わた け ば あ- ものて いぎ い せ.,.' ひろ かい, If 

も 婆さん ど 認定して 乃公に 荷 を 渡すな^ は 怪しからん、 婆さん^ S ふ 者に 定義がない 以上 は廣く 解釋す 

し た 5 あなが こし まが つえ ば^^ ばぁ い L かきみ や 5 >ti* ざ か おんせ 

るが 至 當だ强 ち 腰が 曲り て 杖 をつ S て: Q るの 計, 9 を 婆さん 50 は 言 はぬ。 併し 君の 樣に 年增盛 ftN の 女まで 

ば あ くい こ、 までし かた こ、 さ -! らが は-へ も ば あ 

も 婆さんに 組み入れて は; 5^ い 玆所迄 は 仕方がな $ が 玆 から 先き は 白髮の 生て ゐ るの を 以 つて 婆さん ヒ 

さ だ をれ き さま いは ゆろ わか t ら; ちい い し "が しらが わか アド M ク 

定 むる ど、 夫なら 貴樣 を^ は 所謂 若白髮 がお るから 爺さん だ。 言 ふなく 白髮 は白髮 でも 若ビ いふ 形容 

チ— ブ い f SJi 'たつ ろん で き f* か ふんぎ いん た めがね か 

詞、 が ある 以上 は 同: n に 論卞る ど は出來 ぬ、 然らば 議の 因たら しめさる 爲め鏡 眼 を 掛けて ゐる もの を 



くら ぷ山 (第二) 三 



もつ ば あ さ だ それ き さ? め がね か ちい ば か い め 力. C め がね ^ ^ 

以て 婆さん ヒ 定め やう、 夫なら 貴様な、 おは 眼鏡 を 掛けて ゐ るから 爺さん だ。 馬鹿 言 へ 眼鏡 は 眼鏡で も 近 

めがね これ れいがい じつ ろん で き よ あ ふむ が す を どこ たが 

視 眼鏡おから 是は 例外お 同日に 論 もる ビ は 出来ぬ 能く 鸚鵡 返へ し を爲る 男お 300 5 ひ- - くだらぬ rJ 

fj やべ お やら は- ^さ, つに まい ち A だ. S ばい つか ちゃみせ をん な へ 《- たん 

ど を 噪.. =N ながら 惜しく ッて も^うせ 遣ねば なら 白銅 一 一枚の 茶代 を 一 .1倍にも使.はんどて茶店の^3^に瓢簞 

おしつ しゃく ねだつ ビ ころ ひ げいし, やば こや おく や を せん すがお み こやば しこ 、んむ るし 

を 押 付け 酌 を 請求て ゐる 所に 一 人の 藝妓 箱屋に 送られて 八 百 膳に 行く 姿 を 見て、 ヲィく 小 林 古今 無 » 

せつび め ある な ほおえ だ いさ い なん. S こ S め so かめ HS い 

絕 美の 梅が 步 く。 成る 程 枝ぶ... ノど言 ひ きぶ もど 霍ひ 何ヒも 言へ ぬ 欺ん な 梅 は 兎ても 龜井 に 行 ッても 

木 下 川に 行 ッても 見る rJ ど は出來 ない。 ヲィ姊 さん ァノ梅 は 何ヒ いふ 名お。 ホ、、 彼 は小稻 さんで さァ 

£ び いっく このな だか ばい, L や し てろ せ う こ. 'ろ た か こも こ あわ く が は 

ね。 でさ ァ ねの 語尾の 一 句に 此 名高い 藝者を 知らぬ かどの 嘲笑の 意 は惜. ^籠れ 6^、 ナ 一一 小稻、 彼が 久河 

が I いっけん なだか こ いね 

舉士の 一 件で 名高 S 小 稻か。 

i 二)) 

ご い あな でき み この^ろ み かぎ や を せん ちよち う さ だ 

佝處か 善い 穴で もお 出來 なさい ましたと 見お て此頃 はきつ いお 見限, タ です ネ。 ヒ 八 百 膳の 女中お 定 どい 

あいけ 。「もの. し, やく きゃく い く がば >J し ころ か 5 ひん きゃく いらら く ちば き よむ の おり 

へ る 愛 燈者酌 をしながら お 客に 言へば 久 河 どい へ る 年の 頃 一 一 十七 八の 高 品なる 客 一 樂の 上着に. ii 口野 織の 

したぎ かさ は ち リ お ほば ゾ おび まき な、、 こ いつ もん くろ ひ j おり ぼ お わ ざ ぶ こつ -Ht, て S こんた び 

下着 を 重ね 濱縮大 巾の 帶をグ ル/ \ "^卷 ゥけ七 子 五 ッ敏の ill- 羽織 を 羽織ら 故 直 ど 無骨 を粧 うて 莉足 fe を 

ば かく あか 寸ゐ その らしろ や、 りす 上 くち む だ 

穿き たる も隱 しきれぬ * ヌケの 粹は其 裏白と 容子 能き 口に 無駄な き ヒ にわら はれた ftvo 

い あなで き い i こし ほ ,つで/ a へ さ だ おそ ^ !」, T 

善 3 穴が 出來 な^ i まだ 善い 穴 を祷ら へる 程の 腕截 はね 定 さんから; S はらない つも. CN だ。 何して く 

わたく やまだ その ひ*、 な らん ど ほ L わ あ こ、 ろ きむすめ あなた てらい リ す こ ,し ゆげ ふ おも 

妾しな^は山出し其儘で御覽の通<^皺は有ッても心は生«、 * 郞に寺 入して 少し 修業し やう ど 思 ッてゎ 



In くらぶ 山 (第 一 1) |!|!_!!!_|!|! 四 

さ ころ さ くち せ 5 ち いくら や だ きむすめ ア 力 5 でか あらそ 

る 所です もの ソレ然 う S ふ 口が 承知せ ぬ 幾程 山出し だの 生娘 だのと 言 ッても 能お る 鷹は爭 はれぬ もの 

あなた くち わ だ ひど S- ど かな いますぐ くち かけ だれ だれ 

だ 貴郞 のお 口に ハ 妾し 一 人で は 鬼ても 叶; 5 ません から 今 直に ロ褂て や.. > ませう。 誰妓を 誰 妓をッ て 

だれ いた ち 上ち 5 てす 5 • •. や きゃく さま こ、 る & 

:…… 誰妓に 致し ませうな.^.^ 女中に 手數を かけさせる 野暮のお 客 機 は 玆處に はお 在で は厶 いません。 ど 

た なが S みかへ s- ん お きゃく わら さ くち 、、い ( 

立ち 乍ら、 . ね vU 且 S でせ う ビ 顧^に 念 を 押せば 客 は 笑; S ながら 何う だか ヒロで シ ラを言 ひつ ゝ 承知々 

な K おん こ、 ろ かろ i L た あ & こた 

々何分よ K: しく どの 意 * を輕く 動が したる 下頤に 答へ させたり 

-か み ありがた さくばん あ 3- がた みな あ た 上 わ お げ二 み いづかた き ねお ま て., TV" ,^^ぎ 

お 主婦さん 有難う、 昨晚も 有難う、 皆さん 有難う どか、 る 弱い 稼業す る 身の 何方へ 氣 兼".^ く 帳場の 右 

ひ あ s_fc ふま い きた こ い a を ォ 5 せいかす おく ざ しき まちわび ひど きこ 

にも 左に も 愛 素 を 振, 蒔きながら 入 ftN* らし は小稻 な, 9、 其嬌聲微^;-ュ奧座敷に待陀たる人にも聞も、 

5, まら らい 3- ん や 5 す い ま,^ ちお もい ゝ、 ヽヽ 4j ^し て ま r" 

や ツ^ 今御來 臨の 樣子 だ, . ^れ 今の 內に 思; 3 入れば くつ $ て& かう どチ ョッど 箸に 手 をつ ける 眞 似して 

ちょち 5 わら さすが ちゃや さけの すね なへ せちら こえ さき ら<.-.3- 

女中 を 笑 はせ る も 流石 は 茶屋酒 を飮 みつけた 粹な ftv やがて 姉さん 何方? 、 の聲を 先お.^ せながら 廊下 を 

ひき めし おど ふすま ひら SS- くち むか み ゆび こんにち いちらん こ 、 :tj ん s-.o-f a 

引卞 るお 召の 音 サヮく /、襖 をし ビ やかに 開き 入口に て 向 ふ三ッ 指、 今日 no の 一 言、 ft 點千 雨の 價 

5 ちめ \ さめ いま * でさび ざ しき ありさまき ふ ばる , 

値 目 も 耳も覺 るば かう、 今迄 淋し か. し 座敷の 光景 急に 春 S^J なれ. 90 

あなた はこ- y 一 しば さ だ ありがた たいへん 3 ち. &ね , ヽ なだめ こま さ 

貴郞 誠に 暫ら くお 定 さん 有難う。 大變なぉ待兼ぼッちゃんのぢれを鎭撫るのに困.c^ましたo ヲャ然 うで 

これ お ほい を かけつけ ま もら わ 《- あ それ をの/;】 f^o こ で: :} 

した か是 でも 大急ぎで 駆附 たのです ョ 褒めて 貰 はなく ちゃ 割に 合 ひません。 夫お や 其 御 褒美に 小稻 ちゃ 

ひどつ あ. げ てう だい さ だ ば *, か て,? L み さめ や 5 き ちょ 

んヒ やら 一 杯 上 ませう ハイ 頂戴 ヲ ャぉ定 さん 憚. CV さま 姚 子が 皆な 冷た 樣で すね ビ氣 をき かせて 女 

ちう い ゆ 

中 は 出で 行けら。 



ぁビ ふた s? さ. 》> むかひ をん な きせろ たばこ いれ お. ひ あ ひだ ど W だ いっぷくす を どこ わた け ふ よつ.,;. 

跡 は 男女 對坐 女は烟 管^ 煙 艸入を 帶の間 よら 取 出し 一 服 吸 ひつけて 男に 渡し、 今日で 四日 逢 ひませんで 

おどな 5 ち i で む ろん ナこ しらべ もの あ しらべ もの なん やく. しょ 上 

したが 從順 しく 宅に 居ッ たの。 無論 さ 少し 調査 物が 有ッ たから。 調査 物 ど は 何です か。 役所の 用事 さ。 

さ やく. I よ しらべ もの よ.;; ばち た てつだば を1 なん 

へ ェ然 うです か 役所のお 調査 物 をす るに は 米 八さん やぼん 太さん が手傳 なくち やな, CN ません か。 夫ハ何 

こど、 なんこ ど む 3 き £ らん しらべ もの £,t4J がば い よもん れ,. -s^ や い しき ft 

の 事お 。何の 事です か 胸 nS 聞 S て御覽 なさい 調査 物に お 忙しく ッても 伊豫 紋 (料理屋) に行ッ 4^ ら敷島 

まち あ ひ S ひま けっか $ ふ る 、つ く がば、 つ 汁 だ ち も ^5 

(待合) に行ッ たらな さるお 問 暇が あれば 結構です ネ。 と 不意に 打 たれし 河受 太刀の 摸樣 な. 90 

もつ よ ICS ざ あ あ ひだ た にん ふた, y さ fj きふくて う わ おか 

女中が 座敷に 在る 間 は 他人が ましき 兩 人が S 坐に なりて 急に 口調の 變るも 可笑し - 

i 三】 

く. • ゆば、 ^^<L い せんきん ゆたん かく だいが <ば5 し いた,、 た ぶん あしか . ねん, JI- つ ほ 5 て 5 まつば や か、 

久河 がい まだ 學士ビ なら^る 以前 金鈕に 四角の 大學 帽子 を 戴きた る 時分 n 足掛け 二 年 同朋 町 松葉 屋の抱 

よね ゆ ti. 'だ -f の か 上 み ぶる ふ さ 5 たう ばで は この ヒ ち ば こや かす ちゃ、 上せ. つ ち 上 

お 米 八 どい へる 妙 細 物に 通; 5 つめ 身分 不相當 の 華美 を 帳 6 此 土地の 箱屋に も數 あるお 茶屋の 女將 にも 女 

ち 5 3 く たび. あたま さ お ろ.. < sf. ろす がた み な よ 

中に も 幾 十 度 どなく 頭 を 下げさせ 朧夜に も 後 姿 を 見られて 名 を 呼ばる >,.A までに^. CV ぬ。 

よ ゆば" はセち み か、 ちゑ ふんべつ ひビ すぐ く がば だいがく か せ 5 

米 八 どい へ る は 一 一十に 満たぬ 抱お なれき も 智慧 も 分別,, P 他に 逸れた る久河 :…… 大學の 講堂に.^ りて はブ 

く がば コヅブ フ ホル ゲゼン よ nJ け ふたん 

口 フユ ッソ, 〃の スク リバに もべ ルツに も久 河の 頭 腦は$ まだ 講述せ It/ る もの を 善く 知る どて 驚嘆され 

L うさい て な^ まる f ひい , ^のば なげ なが 

し 秀才 を 手の 中に 丸め 思 入れ 其 鼻毛 を 長く させけ ftso 

れ, むだ む S なか ひ^く めん よねば ち よろこ く がば か. SG? かし ばんねんた ち 

年末に も 盆に も 請求ら れ 無理の 境遇から 酷 工面して 米 八 を 喜 はせ たる 久河 高利 貸に 半年 足らす の 內に千 

L やく きん こし くにち ど おや ざいけ 5 ばう い 5 ひどった めいわく か ぃ^<*、で,リ しん 上ら ひんかく に は 

圓餘<^の借金を挤らぉ圍元の親にも在京の朋友にも 一 方なら ぬ 迷 或 を 掛け 今迄 持ちし 信用 も 品格 も 俄か 

くらぶ 山 (第 三) i 



小 こ 

リ ' 


る 


ぞ 


に- 


或 あ 


の 


も 


世せ 


處、 


S 叉 ど 


冒 ! ft 


の 


も 


待? 

い J り 


な こ 




•^n き 
ヌ 11 、, 


.'i'^ ん 
は 


線》 






^^た 


間? 


に 


ソ 


せ 

し 


■{ あ' 


-ぉ ど 


'きま 

口 ひ 


地ち 


い, r 

間^ 

W ん 


nf 

1— 1 7 


極き 

in ら 


曰 ひ 




_せセ 


の 


用き 


込 こ 


し 


ひ 


に 


に 


に 




久く 


な 


樓こ 


幾で 

人 く 


な 


ひ 

リ 


箱き 


も 


托^ 

j しく 


艇 


ど 


も 


^き 


婦ん 

スひ J 


の 

,ノ 


河ク/ 


h 

J 


の 


千 

1 


し 


だ 




留る 


し 


ん 


し 


/ し 


で 


暗 k チ 

「_a ん 


慧ば 


は 

zr^ ね 


け 


勘?: 

IV ソん 




ど 


け 


に 


守す 


て 


で、 


ぬ 





"木 や 


ド -やわ 


眼え- 


h 

J 


定? 

ノレ う 


人 i: 

ノ V ん 


て 


は 


谛 






紙 5: 


さ 


力 > 


ベ 




a (さ 
卞ゃ 


A さ 

ノ \ ち 


o 




に 


何で 
時つ 


充》' 

ノレ 5 


で 





げ 

V ノ 


花 ま 

1 リ な 


れ 

'A レ 


經た 


'リ 


同 * ま 

I- J な 


く 

、 








ビ 

は 


分デ 
ノ' ん 


も 




ね 


を 




過、 


な) 


h 

レ 


も 


楼? 

\^ つ 




引ミ 


し 






は 


パ 




今 《 


ぬ 




< 

、 


ク f 

-W れ 


發か 




て 


れ 


力 > 


取 ど 


で、 


ね 


な 


ね 


迄; 


中》 
• ち 




犬; 

ノ V ぬ 




ん i 1 う 






て 


他た 


1) 


逢ち 


ば 


ら 

リ 


り 


華 i 




へ 


も 


1^ さ 

ノ KJ 




も 


も 


園 承 
1^ ん 


、汄こ 




な 


ぬ 


せ 


美で 


イリ 




險《 




理') 




か 


ま 


に 

V し 


A 

V ハ 


て 




什し 

8 ム 


る 


に 


約 1" 






ソ - 

另ヂ 
に 


S や 

/ 十 •, 






さ 


-fift' 一 

メ!》 


た 

し 


も 


ぬ 


末 

力、 つ 


逢? 


遊 1 


束? 
が 


诤 


、—ン 




V、 


力 > 


ひ 


5 




不ん 


し 


に 


び 


き 




1 乙 




cr 


此^ 


^さ 


皂? 


を 


m 


な 


な 


し 






ぬ 


~-V い 
口 


呼よ 




の 


/1>ね 


る 


にけ- 


反 を 
優? 






b 


久く 


h 

ソ 


彈ひ 






レ • 




首し 

« 'か 


八ば 

/ 、も 

ば 


も 


ilil 
吹 # 
色ろ 


服な 


m か 
曰 


遠? 河? ぶ 






ぶ ゝ 


出 だ 


< 

レ 




尾び 


の 




赃り 


い 


出で 


も 


十 
7 


け 

i へ 


' 、 


す 


1 ナ 

" ノ 




は 


力 > 


7 ぶ 


る 




/ C 


に 


次し 


ゆ 


ト、 

レ 


Jii よ 


1 戌 


ふ 






,/ 


b 


の 


1 


勿え 




も 


第 5 


ゑ 


め 


n く 


會ほ 


此^ 




て 

レ 


は 





菜な 


境'? 論, 5 


の 


劇! 


々く 
k、 


に 


久く 


の 

V ノ 


を 


只ろ 




犬 


a み 




種 S 


界 カズ 


顔^ 




1 

ぃィ! も 
い よ 


Mi! 


溜た 


へ 


の 

y ノ 






捨す 

«^ロ 




の 




t 


名!^ 

1 一 J い 


に 




k 、 


mis 

La. 


心と 




\ 

> 


< 

し 




花 i 


は 


ビ Hp 


も A 


1 


;+ 
*^ 




ャ 
さ 


'、おつ 




7r 




お 

,れ 


な 


で 


表 を 










は 


ら 

つ 


ず 




ら 

り 


ト, 

レ 


b 


も 


づ 


らか 




座 ざ 


白 k 




ん 

f レ 


半 ま 
J. ん 




ん 

f レ 






ば 


け 


艷; 


力 > 


進て 


凝し 


< 

ヽ 




'まさ 
"^め 


分ぶ 






1^ さ 






b 


氣 5 


レ 


ん 






u 




に 






t* ぬ 


や 




k 





k 




で 


席 5 


貝 4 


1T 


り 




け 

ノ 




Ml 、れ 


ビ' 

乂 




鋼; 




失 1 


カづ 


連つ 


に 




v» 


が 




て 




力 

/ に 






ひな 


い 


れ 


包" 


zfT ゆ 


百 ど' 

口 


ぉ薛ゎ 
クは 


チ 


世 も 
キら 




ム 

リ 






も 




昨 S 




て 


ん 




ゲ 


/^き 




は 




久く 


紙玄 




留ビ 




曰 ふ 


も 


行 ゆ 


で 


5 


逸' 名 


诤 


お 


ん 






ふこ 




ま 




ま 


の 




投? 


、 此き 




す 


發 3 






の 






る 




で 




し 


h 


時! 


獨 g 





し 


思ず 




田お 

心 \ 


ん 




も 




ビ 


持 も 


ギも 
名の 


ぎ 


の 


!) 


な 


な 


a 




a 


n 




の 






ゾ 


が 


す 


久く 


面? 




さ 


し 




は, 






花 ま 




コ 


て 


急 i ベ 


河 S 


白 






に 




實ミ 


の 




散ち 












の 




サ 




米 さ 




[^? 


を 




れ 






る 


r!ra 


祝 i 


口く 






お 


八^ 






や 




ば 




叩き 

頭ぎ 


茶き 


求 だ 


義き' 


惜ゃ 


に 


冷な 


茶》 


は 




は 


ら 




最も 




屋、 


ら 


も 


し 


歌 も 


笑ぎ 


屋、 


流? 




表? 


す 




早ま 




の 


待 t 

合 5 


れ 


M 


さ 




す 


で 


石。 - 




裏 


ど 




玆こ 






て 


屋、 



六 



(第 111) 



む ねん この あ ま め この あ ひだ わ.; a しんせつ わす ねん をん みっか わす ねこき 

無念 さ 此阿 魔奴此 間までの 我 親切 モク 忘れた か 三年の 恩 は 三日で れる もの を 猫 ど は 聞きし かきされ 

. ' . これ *5 ま げ,^ きん _ これ さ だ そのほか はな こ、 ろ よ て ふ わた こ、 ろゐ き 

さ :…… され さ :::: 是は 餘らの 現金な 6' 「是^ 定ま. 9 や モク 其 外の 花に 心 を 寄せぬ 蝶」 妾し の 心意 氣はど 

た き この S. た お t5 ほせな はらた 5 ぬ 

て歌ぅて聞^-せし此歌ュ 、 ッ覺 おて る 程猶ほ 腹が立つ 迂奴 く。 

けつ rJ5 V へ "し らづば の あしお ど. めら し i だん ふ な ぽ きもの だ ほき もの " f 

血相 か へ て铫 子をメ チヤく に 喇叭 吞み 足音 荒く 階 子 段 を 踏み鳴らして 履物 出せ 履物 を ヲャモ クぉ歸 

. §^ > f そ-^ f-^ ついで ぞ さしいだ み おんしめ いんで ち?, き き さま 

.9 でム S ます か 夫で は是 をお 序に 何卒。 ^差 出す を 見れば、 二三 度 分 を \ たる 勘定書な. 9、 ュ 、ッ 貴樣 

, * ひどば か しつ f> つ ひ. 9 ち 上ち う 上 こつら ゑん さつ ま. い た、 これ ゑん あま 

まで か 人 を 馬鹿にする 失 :…… 失敬な。 ど 女中の 橫 面に 五 圓札ニ 枚 を 叩きつ け、 是で n 三 圓餘, 9 のお ッ 

) つて , . しか ど おもて どび いだ いな わが, やさ かへ つくえ まへ すわ 

AVO ど $ ふ を 勝手にし わかれ ど 叱. CN 飛ばし 表に 飛 出す や 否 我 宿に 歸らて 机の 前に ビタリ ビ 座らぬ 

((第 四】 

ば,^ ほこ,, ど §u 5 け 5Jf ク 3 も きた まっかな ちょち う X < がば さくばん こ、 ろ 

昨晚は 誠に 有難う ム S ました ど 受取 どれ 剩餘ビ を 持 ッて來 .nN たる は 松 兼の 女中お 銀なら 久 河が 昨 晚心を 

わろ お ほふ き げん たち 5- へ し さま.,; i.- .erf す せ C ふりま おわ よむ まち 

惡 くして 大 不機嫌に て立歸 らし こど を 知れる もの ゆ ゑ 種々 に 容子ゃ 世 辭を振 蒔き、 終, CV に 米;::; さんと お 

^' ^ , , くれ,^ さくばん わ. ひ i &ざ いづ その 5 ちお わび あが 

湯で 逢 ひましたら 吳,^ も昨晚 のお 詫 を 申して どの 乙 ^ で厶 らました 何れ 其內 謝罪に 上る つも. 9 だけれ き 

よろ ま を 上ねば ち さくばん ほんどう なん こんしん,, わい まつばん J: ちじ f f 

も 宜しく 串して ど 申されました 米 八 さ 昨 晚は眞 正に 何^かの 懇親 會で格 源に 七 時からの お 約束が わ 

, そ.? あなた かほお . し 上 ヅば& じ かん おく あちら こ,、 ど い あなた ばら ャ- 

,9 ましたの を 夫 を 貴郎に 顔出し 爲 たので 餘程 時間、 が遲れ たどて 彼方で は 叱 言言 ハれ貴 郞には 腹 を 立てら 

一 >- , 、 , を こど. つて ど,、 よね はち - べん & せう ぐ わつ 上 わば ち 

れたビ て サン に 乙 ほして 居らました。 ビ賴 まれ もせぬ 傳 言を屆 けて 米 八 を 辯 護せ しも 正月に 米 八 か 

ら賞 ひし 護謨 櫛 へ の 義理なる ベ し 

. くらぶ 山 (第 四) セ 



さくばん ふ き げん 上 ふんけ さ さ < がば ぎん せ じ の まった こ 、ろ ど また 5 ぬ ^!れ 

昨晚の不機嫌に餘憤今朝までもぃまだ去ら^1;.9し久河ぉ銀の世辭にッィ乘せられて全く心溶け又も自惚 

の 久河ヒ はな, 9 けら。 

れ また そのばん く がば あし .した や むか いつ ゆ まち あ ひ いづこ ばヅば ふさ f-gjs め 

自櫞は 又も 其晚久 河の 足 をして 下 谷に 向ハ しめた, CN 例 も 行き ゥ けし 待合 は 何方も 八方 塞が. 0. にて 首尾 目 

でた よ ほせい せん ひど さそ ^ いけの ばた^^っね てい ばい s- 

出度から す ヒて餘 程 以前に 人に 誘 はれて 一 二度 行きし ヒ ある 池 之 端 11! 音 亭に這 入ぬ 

たなばた いちねん いちお み かぎ ちょせ 5 いち らん こ、 ろ お if つ に かい お,. -ざ 

七夕さん ぢ やわる まいし 一 年に 一 度 ど は ひ < ^いお 見限, 9 です ネ ー の 女將の 一 言に 心 を 落 付け 二階の 奥 坐 

しき f よ; J ばち か つか ひ へんな ふば なば めでた よねば ち ほで &ざ こ. ゥせ 5 

敷に 請せられ て 米 八を褂 けに やりぬ 使者の 返答 甚だ 目出度から す、 米 八さん は 遠出で ムぃ ます ビの 口上 

さ わけ f せんかた 5 め こ まめた ばんぎ よく よ い ろけ 

に ハ -ズ 然うし^ 譯 ではな か ッ 4:^、 が ど 思 へ ども 詮方なければ 梅 子、 豆 太 ど い へ る 半玉 を 呼びに やら 色氣 ヌ 

i さんざい 

キの 遊びに くだらぬ 散財 をな しぬ。 , 

よねば ち こ S ふた s- ほんぎよ く き よねば ち け ふ s< はこね た 5 じ ゆ L まァ 2 

米 八 は何處 へ行ッ 兩 人の 半玉に 聞けば、 米 八さん は 今日お 客 ど 箱 根 へ 湯治に 行かれまし^ 而か も 丸 

わげ むす はこね まる わげ せ こ くが K こ、 ろし む. L ん お しゃく まる わげ て、 っ^ な ふ 5 ふ 

髢に 結んで。 ナ 一一 箱 根に ……: 丸鬍 で。 ど 急き込む 久 河の 心 を 知らぬ 無心の 雛妓、 ハイ 丸髴で 恰度 御 夫婦 

f &ざ きゃく たれ ど をれ ぞん し か、 どち ならばし 

の 檨で厶 いました。 お 客 は 誰お。 と 問へば、 夫 は存ヒ ませぬ ^知ッ てシラ をき る は 欺る 土地の 習慣な 

L あ いろ/、,、 しゅだん M や 2T/.N いまが ばばし あた &.' な y がし きんまんか わか {J ゆたん 

AV. ナ 一一 知らぬ Nl どが 有る もの かと 色々 は 手段 をめ ぐらして 問 ひ漸々 今 川 橋邊の 某 金満家の 若 主人で 

か 《- だんし .M ねばち S 、ひど き だ 

:…… 好男子で :…… 米 < の 情人 ヒ いふ 乙 ど だけ を 聞き出した 

かさね t {- つばい く がば このよ の 上 & ゆつ この や ちょせ 5 い ひざき ち すれき ち 

重々 の 失敗に 久河此 夜 は 飲んでも (. 醉は卞 御 緩く.? なされ ヒ此 家の 女 將に言 n れた れ^、 膝 吉^ 脛吉 

ま やかへ ば やね ば こ: J ゆめ- み つみ ひど や あたい やせ かへ 

が待ッ てね る 早く 歸ッて 早く 寢て箱 根の 夢で も 見 ませう。 ど 罪. き 人にまで 八 ッ當, 9 を 言 ひて 宿に 歸ぅ 



やど 力へ み つくへ ちへ いつぶ 4 て がみ し^ til- ひさめ お くに も y 一 は、 5 へ よ たま 

宿 歸. 9 て 見れば 机の 上に 一 封の 手紙 わら 手蹟 は 一 目に 失ど覺 えの 國 元の 母上より 寄せ 玉 ひし ものなら 

; ^^^^ バ fr- か 《 , い. r たび よ くだ - なに かん . なみだ なが て がみ お いた.、 

久河は S 返しく 幾度 どなく 蘭み 下し 伺に 感ヒ^ やら ハ ラく. 笆淚を 流して 手紙 を 押し戴きぬ。 

われ あや 3 おや すね いちにん まへ にんげん く がば.. -げ C. ら 5 げいしゃ あそ なま る き だ 5«- 

ァ、 我 誤れう まだ 親の 脛 を かおり 一 人, 前の 人間 ビ なら る 久河滋 二 郞藝妓 遊び な^ど は 生 意氣な ftv 道理 

3 へ か;.) ほ W) ばか あ われみ &ビ 上ね a ち あだい ろ まよ てんか い ち うつけ もの しゃくき/し 

の 前に は斯 程までに 馬鹿に ハ 非ら さ. し 我 も 見事 米 八の 仇 色に 迷うて 天下 一 の 愚 頓者ヒ な, CV け. 借金 を 

r-L しんや 5 おど を どこ こけん さ みなこの f つけ. * し らう ふ めい ふ めい しげ じ ら 5 め 5 二ち ^ 

持ら お 信用 を墜し 男の 品位 を 下げし も 皆此滋 ニ郞の 不明から な. CV 不明の 滋 ニ郞、 ョ シ 明日から ど は 言 は 

す .5^ た "いま め: さま いちねん こ、 いた にば^" け i り 5 ぞく ちん あら &ど こ、 ろせい/ \ i 0* ビ い 

す 直 只今から 眼を覺 さんどて 一 念玆に 到れば 頓に 胸中の 俗塵 を 洗 ひし 如く 心淸々 どして 曇. 9 なく 窓に 入 

つきい ち S- んこ よ ひ かぎ その ひかり. S つ を 5 あきら 

る 月 一輪 今宵に 限らて 其 光 一 曆 明かな, CSO 

* * 水ネ 

この ひ くが K だいがく いち べんき やうし や ちゃ、 あ ゆめ おも だ ひろ か い か S ざ 

此 日よ. 久 河大學 一 の 强勉者 どな, 茶屋 遊び 夢にも 思 ひ 出さ 卞晝は 講堂に 入. 9 て。 フ P フ ュ ソ, ルの 講義 

み、 かたむ 上る づ しょくわん い がく w か S き, T- i ねん をのよ くねん ば じ か.. r せ. S せき もつ ぜぃげ ふ たくい 

に 耳 を 傾け 夜 は 圖書舘 に 入 6 て 學理考 窮に餘 念な く 其 翌年の * めに 優等の 好成績 を 以て 成業し めで 度醫 

學士の 學位を 受けぬ。 

((第 五)) 

いま、 で この 5 ち あ を どん 5 ちわす < がば つれ, J;- うへの さん ほ かへ みち ふ ど めづ ちゃ、 さけの 

今迄 は 個 中の 遊び 頓と打 忘れた る久河 徒然の あまら 上野に 散歩した 歸 6 途不斗 珍ら しく も 茶屋酒 飲みた 

あ ひいよ もん ゆ いちねんた まへ みっか かほみ ひさ きた 

くな. CV 或る H 伊豫 紋に 行きぬ 一 年 足ら 卞前 まで は 三 H にわげ 卞顏 見せし ものが 久しぶ. にて 來. しわけ 

くらぶ 山 (第五) 九 



久く 




一-い 1 ひ 
B ノ V ビ 


fl、 


ど 


/?- 


、ケ % 

7 おで 


4Z 


1 忽 


ゾ 






腰 t な 




で 


ふ に 


ら 


•1* なわ 

故 わ 






- M 


れ 


て 


凰ず 


鶴ヤ 


k 


れ 


i 


せ 


しゃ Fi^ ば 

kl 馬 

中 5 鹿 


お 


意 ざ 


ホ 


X-V く 


の 


さ 


も 


の 


で 


据サ 


ば' 


散え 




1 1 J し、 

出し 




、 


ぎ 


ま 


せ 


M ぶ 


造 ゆ 
ダめ 


も 


ん 


舊! 


步ほ' 


し 


の に 


で 


ト 




山 f 


で 


て 


沙さ 


を 


飮の 


ぬ 


知ち 


の 


の 


お ふ 


ノヽ 


ホ' 


—口 

夫き 


に 


チ 


何せ 


汰た 


見み 


If 


內ぇ 


の 


歸ナニ 


一 トミ 

きき 


芳 t れ 




ケ 




ご か 

ぎ 


ャ 


ん 


の 


た 


所き か 


女? 


b 


も る 




て 


然さ 




ン 


な 


罪さ か 


< 、ろ 


ら 


中? 


晚ミ で 


久< や 




問 ど 


) 


を 


ト 




は 


ら 


飮の 


先 X 


飛、- 




河 S う 


ま 


へ 


ど 


替か 


"ち 


說ミ お 


御 こ- 


ま 


登? 


ん 


力 > 


ズ )0、 
ひ 


が な 


す 


» ュ、' 

は 


二 か 

た 


へ 


k !、、 


が 


許' き 


覽ぇ 


せ 


第 E で 


た 


に 


米^^ 風 t 


な 


妓れ 


ま 


白^ 


有 あ 


し 


の 


る 


― い 
'ら 


出い 




や 


八? で 






ね、 


し 




ク 




? ii 




の 


で 


ぐ 


る 


ど す 






ね 


て 


なう 


て 


r を 


b 


が、 


し 
が 

ら 
せ 


mt 
へ 


玆ミ 




最も か 


約? 


貴 1 


跡き 


車 4 


さ 


何ビ 


Z 


色 § 飮の 


に 


C 


早? -良 g 束 1^ 


力 > 


屋專 


い 


ん 




の 


ふ 


珍? 




で 

m 


關も 郞た 


す 


郎た 


ら 


を 







は 


黑も 


セ 


客 1 




ま さ 
术 


係^]? に 
ビ 焦 こ 


る 


の 


ね、 


致 も 


ン、 


樂き 


出! 


m 




樣 基 


し 


め 
さ 


程 § 




は、 


し 


A 


みし 


求き 


鴉 t 


け 


のま 


わ 


X し 


斷た が 


の 


にろ 


し、 雨き 




を 


ま 


客 5 
< 


れ 


を、 


御? 
光 も) 




» ぶ 
は 




m% さ 


よ、 


の 


{ 


被な 


せ 
ん 




射 A 


な 


し 、 


染み 







曰 ひ 


恐き 


成さ 


が 


飲の 




來 J 


れ 


鲁ぁ 
貝な 


Z 人き 


が 


私お 


で 


も 


れ 


ク 


今 《 來さ 


/L 




道? 


ば 


郎 


ビ は 




のよ 淸? 


雪 t 


乍き て 


迄"^ 


た 




れ 


理り 


誰 だ 


3^ だ 




れ 


所き 姬 g 


の 


ら 


ね 


何 ど' 


ザめ 


や 


早 1 


で 


妓れ 




人 g ッ 


は 


ろ 

li に 


ヒ 


夜よ 


御み 


ら 


處こ 反^ 


5 


旣? 


昨? > 


も' 


に 


の て 


久く 




い 


も 


喜 £ 


ク 








に 


夜べ 




=P ふい 
铲 《 


噂 £ ち 


河 S 




ふ 


梶ち 


111 


し 


河 か 


ヒ 


非 ちら 


積' 1 


は 


ば 


し 


にさ 馬ば 


も 


是も 


寸 A す 


に 


お 


や 


岸し 


は 


す 


曰ぶ 


鳳 f 


卞 


ま 


て 鹿 か 


他 2 


は 


方 f 


手て 


芳 よし 


、ノ 


を 


X 


ず 


の 


凰お 


J こ 


せ 


知し に 

れ y 


に 


亦 《 


な 


をい 


の 




替か 
へ 


< 




m の 


立? 




馬ば 


思 f 


ん 


3* 甬た 




か 




|| 


を 


影き 
力ぶ 


歸ぇ' 





る る 


鹿 か 


ひ 


で 


め 


に 


懺 f し 
悔げ 


て 


ク 


晴ば 


る 




も 人? に 


も 


す 


て 




誰 g 


1Z 


通? 


ら 


さ 






の は 


は 


寄よ 


力、 


家, 


ま 


は 


を 


も 


が 


し 


し 


も 




も 此ぁ 


さ 




何 ど' 

處こ 

に 
一 K 


事し' 


r 


萬き 


側き 


の 


b 




た 


b 




お ビ 
例 S 地ち 


れ 


ぬ 


'ん 


有き 


のづ 


に 


た' 




や 


樣? 


,め 


な 




ぬ 


乙 


奔! 


m 罪 2 置き 


の 


な 


を 


b 




% に 


け 


ど 


走? 


を 




て 


な 




h 


見み 


し 




の は 


れ 


お、 


階?: 

の 

is 

客 1 

にく 

お、 




申 1 


ぼ々 


何 ど- 


さ、 




同 S 


ゆ 


も 




如き な 




は、 


し 


上 あ 


し 






■ ^せ 
口 ん 


ヒ 


し 


勢! 




く 


も 


し、 


て 


げ 


ま 


云い 


卑ひ 




< 






-1 は 





よ、 


居 を 


ま 


す 


ふ 


下げ 


お 


正? 





ま 




ネ づ 


*| 


f}、 




す 


ゆ 


ェく' 


を 




^む 
? 1^" 


ビ 






ェ 


郎^ 


で 


ま 


る 


ゑ 


合^ 


被き 


- 1^、 


ま 


到'; 




い ど 


が 


跡 1 


し 


今 ^ 


此き 


に 


仰 i 





も 


n 



このま、 かへ がた しばし しあん のち *j い a な ざし 上し を ば- S- や L r 

れば此 儘に 歸ら 難く 暫時 思案の 後、 小 稻を。 名 指 すれば. ぉ芳 は、 尾花 厘の 小稻 ちゃん を ……: ど 言 ひ 

わら かま s-lv あな. て め さすが わた め お ほ な た や M 

ながら 笑 ひつ. -ソ ット久 河の 顏, VI 靦き、 貴郯 のお 目 は 流石に。 ナ M 私しの 目が 大きく ッて成 田 尾に 似て 

さ &ざ おな げいしゃ ま く 5 ち に だんめ さんだんめ 

tQ る ふ のか ィ、 ュ然 うで は厶 いません 仝ヒ藝 者で も 幕の 內も あれば 二 段 目 も あ. 三段目 も わら ま 

す も 5 f ばんづけ ひ y 一め わか さすが あなた め きい 

す、 が 相撲の 樣 に番附 がな いから 一 目で は 分 ftv ません 流石 貴郞 はお 目が 利て ねら ッ しゃる ど $ ふので す 

それ あ す げいぎ かんていしょ ふだ かヽ 

、ノ 、 、 、失で は 明日よ, 9 藝妓 鑑定 所の 札で も揭げ ようか。 

《第 六】 . 

!で ばな^ こ?, a 5- か げいぎ く がば し ザ c ら 5 なに ゆ ゑ しゅ 5 ぎ ちう t.^ ^, みた 1 . まひ かた き 

爲 花屋 小 稻どは 如何なる 藝妓ど 久河滋 一 一郎 は 何 故に 衆 妓 中 よら 妓を 見立て 、兹に 招きし ど 語れ 聞か 

k き かた _ 一 

ん 聞け 語らん 

おな „- ゆ ぎ もら おな ぎょく つ げ 5. ぎ をの あ ひだ おの づか せう ち さげ ビ 5 る む けい ばんづけ その ビ ち し 5 へ,:' 

同じ 祝義を 貰; S 同ヒ 玉の 附 く藝妓 なれめ も 其 間に 自 ら 上中下の 等位お. て 無形の 番附は 其 土地の 衆評 

しる さ AJ.^r't か しなさだめ 

に 記され. るな $ 去る 好事家の 品評 nS 

だい こち こつ わろ らい ザ f レゃ だろ まげ、:, しゃ 

第一 、 硬骨に して 往來藝 者 達摩藝 者な ら^る rJ ヒ 

S だい ぎ げ *=« たっしゃ ざ もた し にん にん き や { ひど 3- き ま くら ゐ £.- で 

第二、 抜藝 達者に して 坐 持ち 確かに 十 人ゃ廿 人のお 客 は 一 人で切.<^廻はす位の腕ぉる^J£ 

だい いふく かしら もの もちもの ど 5 りつば あや 

第三、 衣服、 頭の 物、 持物 等の 立派に して 怪しき ものな き rJ ビ 

だい にん ビく すな a ちゃ、 ,*15t?s き, やく うけ よ 

第 四、 人德 わる 乙と 卽ち 茶屋に も 朋輩に も 客に も受の 善き 乙 ど 

だい ざ しき ひんばん ちゃ ひ い ば ゆるせん せい ば や 53- こ 

一 第五、 お 座敷の 頻繁に してお 茶 を 挽か^る 乙^ 所謂 全盛の 流行 ツ子た る こビ 



くらぶ 山 (第 六) 




くらぶ 山 (第 六) ニー 

だい ひまへ "およ きゃく だむ よ 

第 六、 自前なる: ど 及び 容種 善き こど 

こ 5 でう けん そな もの f げいしゃ なほこの 5 へ き! y や 5 ふ 5 ぞく こ、 ろ るき ち ベ,? > をろ せ 5 f ま をし ぶん 

此六條 件を備 ふる 者 は 上の 藝 者な, 9 猶此 上に 容貌 ビ 風俗、 心 ど意氣 地の 四拍子 揃へば 上の 上の 申 分な き 

げいしゃ 5 が せつ 

藝 者な... >ヒ S ひし は 穿て る說な ftvo 

こ みぎ でう けん をな 5 へ f レ そろ この ど ち な だいげ いしゃ せんせいべ 5 し ち 5 むん なリ あが 

小稻は 右の 六條 件を備 へ たる 上に 四拍子 揃 ひたる 此 土地の 名代 藝者 全盛 拍子 中年からの 成 上, 9 もの ビ ハ 

ちが かたあげ ひぶん のさ 5- でき せ S み;^ あげ きっす ゐ わ こ 

違; 5 まだ 肩 上の わる 時 Ic^ よ, OS サン)^ に 喉 も 腕 も 氣性も 磨き 揚たる 潔 純、 チ ャ キ. /.^ の江戶 ツ子に もヲ 

さつ ま はい ど こ いね /、な,. J ねんい らい ふ けいき しもがれ つ £、 r 、 <., 'ま をん な ざ か 

ィ ドン の 薩摩隼 人に も 小稻々 々ど 名 を 知られ 七 年 以來不 景氣 にも 霜枯 にも 露 めげ ぬ 今一 一十 四の 女盛りの 

お ほ だても の . - 

大立者な ftvo 

わ.^ J く., がば. L げじ ら 5 i ねばち &ど ろく げいぎ まよ 力ん ほく だま ふ つぶ ふた、 この ど ち あ.. J r 

我 久河滋 ニ郎、 米 八 如き 碌 でもな き 藝妓に 迷;: S サン. 面目 玉 を蹈み 潰された. 9 再び 此 土地に 足 を 入 

ちか よねば ち み あど をん な よ あ ひて この ど ち さみ も ぞ5 げ ばち さ しき ふる 

る i から は 誓 ッて米 八に 見 劣る 女 は 呼ぶ まヒ 相手に せま ヒ此 土地に 三味 持ッて 象牙の 撥 をお 座敷に 振 ふ 

すきや まち さ 5 ほ.,.' てう れ 5 て 5 あは よ にん *T う つい よむ ばち み まさ をん な 

もの 数寄屋 町 同朋 町の 兩町を 併せて 二百 餘 人中に 就て 米 八に 見 優る 女 n ァレか コレか , 

こき, ん ゆ 1 や,^ ゾ 力く J > よねば f およ, かつじ へ S- ばんた か かんさつぐ わい. L や 5 ば ふ. sy.- s. れ 

小金 は 容貌 美し けれ さ 腕ハ遙 かに 米 八に 及 は 卞勝次 は 評判 高 けれ^も 鑑札 外の 娼法 安賣 りなれば 嬉し か 

こ * if ふ 4 ぞく ゐ > き, ちょ やくしゃ ぐる たま きづ まさこ あいき やう あま あし 

らす 小春 は 風俗 もよ く 意 氣地も わる どの rJ どなれ. も 役者 狂 ひが 玉に 班な. 9 政 子 は 愛嬌 餘. われさ も 足 

て む. む しんけい つち にんげ 5 おも f- ろ こちよ げぃ ざ お A 'しろ ひんかく だろ ま へ 5 

も 手 もな き 無藝無 神經の 土人 形に て 面白から す 小 千代 は 藝も座 も 面白 けれ さも 品格な くして 達 摩の 評が 

いや くさ かす おば つみな すく 

嫌な..^、 草 は數々 多 けれ^も 摘 菜に する は サテも 少なし。 

た 5- ひビり を ばな や こ い ね 

只 一 妓 ::•:• 尾 花屋 小稻! 



我 曾て 或る 懇親 會の大 一 座に て 彼 を 見た る rJ どお • ,0V 八面玲瓏 三ず 野の 銜が⑩ くお ゥ き。 

ま 又 曾て 彼 あき! I の? ii;^ んに てお たるき わ 4 諮 ii ,&の i の i の i く S ま g の i く? き。 

又 彼が 「園 八」 を 唄 ふ を 聞け ら 喬木に 囀 づる鶯 の 如く あ. GV き:^ か 皆な 手 を 拱して g| 『せ. 90 

け, ふ ほ ほか また この、 ちまね かれ ま A 

今日 招くべき は 彼の 外に わるな し 又將來 招くべき もの 彼の, 外に わるべき なし。 

久河は 此の 如き 思 ひに て 小? S を 掛けた 上 一一た び^んで やう やく 115^ に麟卞 る "f; がッ り な ,4^1: 

へん 505 あいにく .Jt め つ 

の 返答 は 「お生憎さま」 が 胃 頭に 附 きた. CNO 

一時間 や 一 一時間なら 待ッ て: Q る ゆ if る ものなら ッ て^て もら ひたし ^£1 ひき ゆえ ぼ|- でも ^ぎ 

に ::…. ビ吩附 て 再び 呼びに つか はした. ONO 

小 冬 どい へる 繁ぎを i: んで: f1 を! にぎみ 維^ ホ ン ノリ i くな, CO^TEi の^お まが pit にた .o^ 

チ ャ ン くく 可愛 塒を i: きたり やのお ¥1 ぎんで Tli の徹, i れかゝ る 喫 SIk おく i は卡 おく 说 

If 小稻 1 も あ iFi はすの i、 Si のき は 「デモ i き 十お r?.o& か あれら。 

く ^ば し くわん ば ふ さ だ し 5 ぎ >ij お ま つ、 t5 ぎ S ^ 尸! y H 、 - 

久河は習慣法に定むる祝儀をニぎ#^包んでjt妓の前に出せ,9「戴」はなくッて^がぐハか.c^の:^ぉもi^ーIJ 

し ぶん , さ ひばい ちづ こ いな か-. t- 

敷 1^ の rJ ほれ 幸に 預からし も小稻 のね 蔭な, 

面白く おかしく 靜. £ に を どなし く騷 ぎた る 後久ぎ は、 兩妓のぉ^で七十五ぉ-5^^き,び.た.0^ザ^を^;^ 



くらぶ. H (第 七) 一 

IB g -iggnl 画 I II = 11 III __ = ■ --— - |-ー 驪ー |_ 量 _ »8_— |—_ 8 1= 1 _--_- 畺| ||_- 5 画 匿曆 | -I g g ss B B I— _-__ --飘 ||§6838888>88§_888 58, | 5 |1 5£ 8_,81|= _1|! 噩 Bli 霤 gnwewasBBeggg y lEEis BBSB 

かへ な £«- いつ つ やうす なが げんくわん S てぐるま の こいね ft て わた 

して 歸らん 名殘は 何時までも 盡 きす ど容子 をい.^ 乍ら 玄關に 出で 手車に 乗れば、 小稻は 帽子 を 手渡しな 

ま つす ぐ かへ あそ & けらい まが おっしゃ まが いけ { がば せ なか おは 

がら、 眞 直にお 歸, 遊ばせ 御 家来さん 曲れ ビ被仰 ッても 曲 ッては 行ません よ。 ど久 河の 脊 中に 負せ たる 

S ち&ん ま わた ど かろ ま わう &ん こど f Z 

1 言、 眞 綿の 如く 輕く亦 黄金の 如く 重し。 、 

《第 七』 

その、 ちく がば しげ ど ら ,つ からす な ひな ひふ じみ ひみ ひこい ねかよ つ ,わが こ ひ 

さても 其 後久 河滋ー 一 郞は 烏が 嗜く 日も啼 かぬ 日 も 富士が 見える 日 も 見えぬ 日 も 小 稻に通 ひ; め 「^戀 は 

t さくらば なま ち かず たつ & み さすが やう じんけん £ こ sy." こ まち 

くらぶの 山の 櫻 花 間な く 散る ども 數は まさら ヒ」 の實意 を 見せければ 流石に 用心 堅固の 小稻も 小町なら 

も、 よ たつ ゐ ほ だ つ ひばな な か 

ねば百夜の實意に辨されて遂に離れがたき交情どはな^^け^^。 

これでき いくら だ おかみ たのせ ひ こ いね きゃく おやゆび ひど さ L わ つく 

是で出 來 るて ヒ なら 幾度で も 出す ベけれ^ 女 將賴む 是非に 小 稻をヒ 客が 親指 ビ人 指で 輪 を 作, 《^ たる もの 

み たの そのき お、 く い か み ぶん ち ゐ て St や だ. St ん こ いね だ.. め £ ざ 

を 見せな から 賴 めば 其 客が 如何に 身分 わら 地 ある 長者で も大盡 でも、 小稻 さん はヒ ても駄 IB でム いま 

いづこ まち あ ひ おかみ かぶい,' ふ こ いお その ひビ なび ( がば あつば こ fi- め 5 くわ ほ 5 め で を どこ 

す ヒ何處 の 待合の 女將 にも 頭 を 振らせし 小 稻其人 を 靡かせ 4^;: る 久河は 適れ の 功名 果報! m 出た き 男^い 

ふべ し 

そ やす いろ さ やす を かた いろい つたん そ やう fo さ あら こ いねく がば なか 5 ばき, さ S ば. S 

染み 易き 色 は 褪め 易し 染 むに 難き 色 一 旦 染めば 容易に 観む る ものに 非す 小 稻ど久 河 どの i 农情浮 « ゃ商賣 

ばな ね もビ ふか むす たみく S を で まこ ど こ ひ くら 

を離れて根一兀ょ.《^深く結ば,5.?^る7^どなれば霸常の噓から出た誠の戀^比ぷべくもぁら^ 

こ^^&ろ こ いね くが ば さ わた き びっくり きゃく ま あ ひだ やや、 , 

此 頃ハァ ノ小稻 さんが 久 河さん と。 然 うです ッてネ 私し も 聞. S て 吃驚し ました。 ヒ客を 待つ 間のお 茶屋 

たま ないし ゆや ざくろ ぐち 上 さわ ひビ „::-» ふだ s> うわさて も る さかな どん^ さら " f^J 

の 溜. CV 乃至 は 湯屋の 拓榴 口にて 寄る ど觸 る^. < 々が兩 人の 嘴、 手に 持ッて 居る 魚 を 鳶に攫 ハれて 知らぬ 



ほ^ 、 、ヽ、 もめまで このな か L な BSSI nisil 一 謹 疆麗匿 i 画 曆疆|國|ー顯 画 i 

程のう ッか ら者 迄も此 交情 は 知ら^る もの は 無き, 程に な. ぬ。 

くて あまた こ いね これまで こ がね やま つ この こ で - 

引手 數 多の 小稻、 從來に 黄金 を 山に 積んでも 此 妓の爲 めなら ぎくな しヒて お" 陬 f ぎ, ひぎる II くに-遇 ひ 

し 乙 ども 多から しに 何故に 夫れ に ハ 從 はで ホ ャ くの ぎ f に g が ひ 一し ど。 

戀 ふる C 戀 ふるが ゆえにき ふるな., Ig^ を^^^る が^く 繁髮 n を 鍋く. が 無く,^ ばか.. で 離!^ すべ... 

にゎらずれせ^^河が小稻のだ中のだビ?しは1ぺは鼬&"纩こ小1に彰?、きして%?き? 

しこ 气 第一 一 ハ久 河が 名譽 ある 士 にして 風采 擧動意 t 气.^ 稻に i ぎの 1 り 合た る こど! !ョ はが ぼ、 が, おにし 

て且っ無妻の靑年たる^Jiーiを替へてfKへばが跳nが^に^cぼのliどなるべきiきf ぅて賴1も树酽 

tza る ベ に&ュ C If よ 世の め續 く&ず i へ ,c4riisf T き 彰す§ あ 

る も妾ヒ な, 9 て 安樂 を 得る は 寧る 本妻 どな fts て 貧に おんす るに:^ か 卞ヒぉ 田 I へ., されば^ わき 龃躯 にぎ ひぎ 

ひ", ^ おのれ に た 5 さん うどし お ほ ひビ その ひど しでが r^f^^d > ^ 7 - ク J, 

る 人 ある も 皆な 自己よ .0 こ 十三 十 年の 多き 人に て 其 人に 從へバ r 生 #ヒ いん 日 1 の^に てく 生ぎ し 1! い 1! 

界を 肩身 狭く 渡らねば ならす 希望 も i ずく 見 止 もな き ft 戀 は小稻 が, g の I 一に あら^らしな ft,o 

小稻は久河に從ふまでには愚痴のゃぅなれ萬ぉらきらむ』.4^て^た,^^ぽが,が^かが船かも1て^て 

而して我1に|^きても2-?がぼ£^-ち£か;^姆かを鋭べてぎ,.鍵ま齢きがらで壓|- 

うらない こ ひま ゆ けうば し にん さらみ ほん aU く!; ilwi 「まこ ひ 

の 卜筮 外 島に も 行き 京 橋の 人相見 本國 堂に も 行きて 今戀 せん ヒ する f ビ || して き や,^ や もしても II 

戀は末 遂げら る I へき やい kSiV も^、 た, 4^ れ^ sisgifei の, ーま> は つたお は か.. な. C き。 

くらぶ 山 (第 七〕 ! 85 i 一一 一一 一 p= 一 一一 一一 一一 一 - = 一一 一一 ■ 観 画. 55 



Illn くらぶ 山 (第 八) ^ 一 六 

さ こ ひ そ 30 こ たれなん S やば こ ひ を 5-J こ せんてう おばむ めで こいね. S つ 

去れ ゅー 戀 しき 男 は 誰が 何 さ H ッても 矢張り 戀 しき 男な 兆 ノは槪 ね 目 出た から^れ^も 小稻は 何時 ヒな 

この ひど か あ ひ おも ひそ f おひき でき か、 50 き え かって 5 リ くつ つ 

く此. < 可愛 ヒ 思染 め し 思 ひ ハ思ひ 斷るこ ど 出來卞 、 斯 る 時には 得 て 勝手の 理屈 も 付く ものな ftvo 

S らなひ にん を 4 'み こども しんた たれ ゆくえ t び かん いちねん のち きつ ビ L 

卜 筵 や 人相見 は 小 供 だましの もの 信す るに 足ら 卞誰 やらが 行方 知れぬ 畝 傍 艦 は 一 年の 後に は 屹度 知れる 

,つらな しな ねん いま のち 1 ろん f こ あ ひせ 5 わる ばか なか わ f 

さ占ッ たが 四 五 年の 今の 後まで も 知れぬ が 論よ, 9 證據 合性の 惡 いどい ふ も 馬鹿げた こど 4 9 交情の 和合 

たが こ.' よこて 5 まき や げんべ い ひ せ 5 をのに 上 《- ば 5 みづぜ 5 つ を 

せぬ どす るヒ 〔互 ひの 心に わる 乙 どな fts 橫 町の 薪 屋の 源平さん は 火 性で 其 女房が 水性 なれき 連れ添うて 

に AJk/c ねん か ない わ- <み かさ さんにん こ& もみ む ベ 5 そくさい めつ かち びっこ こどし ぎんこんしき おこな しん 

一 一十 五 年家內 波風な く 三人の 子供 も 皆な 無病 息才 で目片 にも. ら卞跋 でもな し 今年 は 銀婚式 を 行うて 親 

るいえん c や i> きばん くば い かほ Si ぐち >,J 力 こ い こど ひ 3 つぶ こ、 ろ 

類緣 者に 赤飯 を 配る どか 言ッ てぬる、 ァ 、斯 程に 愚痴に はわら^ らし 此小稻 つまらぬ 事に 暇 を 潰し 心 を 

ら *n 

勞 した ぅ0 

.£ く >J いむ くが ばき きな か 

期の 如くに して 小 稻ビ久 河 は 斷ッて も 斷れぬ 仲 ど はな. 9 け, 90 

こ ぼろち へ > な ぬ ふぎ s- い ざ もん そめ ひさ まつない. L さんかつ はんしち おし 5.- リ ばな どなへ な たんこ 5 くわ. S しゃ 

小春 治 兵衛、 夕霧 伊左衛門、 お 染久秘 乃至 は 三 勝 半七ビ S ふが 鴦鴛の 離れぬ 唱 呼名 ヒな. 9 て 人口に 膾炎 

、-) ど こ sc-/- がば な この ち き ひど な i£ 上 な こい,;?. S く. k がば * く ► がば い 

する が 如く 小稻久 河の 名は此 土地に て 殆んき 一 ッの 名の 如く 呼び 傲され 小稻^ 云へば 久河 久 河と 言へ 

こ いね そ のつ うよう かげ か. マち 5 め うぐ ひす もみち し. S" &ど 

パ小 lg、 其 通用 C 影に 形、 梅に 鶯、 紅葉に 鹿の 如く. をり き。 

i 八)) 

か > £ ち や e き, 5; ビ つ 5 しんき 上く t- ん しんきょく くわいぎ しょ ひ みつ ばつ *; んしょ のろけ かう くわん せ. f 

斯る 土地の? SU ハ あらゆる 出来事の 通信 局な う 電信局; 仏ら 會議 所な. 9 秘密の 發 見所な り 能 呂氣の 交換 場 

ゆ-ウベ まつげん だれ,^. » £b さ ば 14 きゃく さま よ だい, しげ べん^^ L あきやま 

なり 昨夜 は 松 源で 誰々 ビ 共に 去る やん ビ なき 1^ 卓のお 客 機に 呼ばれし こど、 大茨 にて 辯 護 士の秋 山 さ 



んど 代議士の 冬 野さん に 逢 ひし 乙 ど、 何樓で出た誰さんは垢ヌケのして氣が附て粹なね!^ さん はお 

が 黑くッ て 無意 氣な風 なれ >t も 厭 * のな いお 方、 誰さん は ィャに 氣取ッ て. Q て 香水 臭 S お 方、 誰さん は 

めば わ 1 、 き.^ くに たは こ な £".,> つど ざしき む g- ざけ の 

喉 は 惡$ が カツ. ホ レ ヒ紀 俘の 國: & 十八番なる 乙 ど、 乃至 は 勤めに く S ね 座敷で 無理 酒 を飮ま せ ら れ し 

. な はや だ れ この £ ろしん いろ で き な. si や だ れ ^ろ ば こだん な やくしゃ ぐる (J くじつ なに 

と 甲 屋の誰 妓は此 頃 新 色が 出來 たこと、 乙屋 の誰妓 は^うく 弗 箱 旦那 を 役者 狂 ひで 失敗た こど、 何 

ぶ だれ つまぐ だれ _.、、、、、 ^J" つ、 け * ヽ し ひど もんちゃく A こ 

某さん は 誰妓を 摘み 喰; 3 して 誰妓 にち よかつ S た へ、 早 晚レコ に 知れたら 一 扔着 起る だら うさ S ふ 乙 

t れ さ こ かみ ゆ ひ せ 2- お ^こ こま もの や めづ めいち ざ flirn み きリ、 * ^ 

ど, 夫から 何 處の髮 結 は 上手で 何處の 小間物屋に は 珍ら し S ものが ゎッて 明治座の 劇塲 見に 昨日 行ッて 

さ だんじ にら ぐ あ ひ か よね ざう な >J ころ ぁゝ すくわ A し なくち やう is どころ も 

左團 次の 睨み 工合が W うで 米藏の 泣く 所が 如 彼で ぁッ たど S ふ rJ さまで 總て 分る 至極 重寶の 所^. 若し 

も-. のやき をく き しゃ ひ S ちく これ ひっき い ちぶ くわ!:^ see や 5 し で き きゃく き,^. ナ、 JL.? 

茶人の 速記者お ッて 日に く 一 々之 を 筆記した らば 一 部の 花柳 事情 史出來 るなる べしお 客が 時々 蒙妓ゃ 

々よ ) tl f すつ ばぬ ふゐ 5 ち たね で さ こ お ほかた こ 、 

女中に よも や 誰も 知るまい ど 思 ふこ どまで も素拔 かれて 不意 撃 さる i は 種の 出 所 は 大方 は玆 所なら 

こ * レ. H f , "ひゆ, ^ 5 めえ や こさん 5, ちじ こ いね むか ま せんせい あら, y を." み あま な 

小稻は 或る日 湯に 行きけ るに 梅ケ枝 家の 小 三 11 1 時 は 小 稻の向 ふ を 張 ゥ て 全盛 を爭 ひ猜总 の餘, 9 無 S 

、 . ャ,^:^ ら , こ-お ハ, , 、もビ たが なか あま おもしろ こさん さき あ C, つ 

rJ とまで も 流言して 小 稻を讒 毀け んビ したる が 源 因で 互 ひの 仲餘ら 面白から^ る 小 三、 先に 在. 9 て 何時 

あいそ をけ いくば い を か く く こなた だま を さ 5 た 5 かへ AJL し 

になく 愛 素よ く 桶に 幾 杯の 岡湯 を 酌んで 吳れる ゆ ゑ 此方 も默 ッてハ 居られ 卞相當 の 返し を すれば 夫 を 機 

^ 乙 さ,^ いろく ばな し かけ こ い" ひ &ろ さすが よ ^?.、 ぱ L よ ひ £ ,1- ど な: など 

會に小 三 は 色々 の 話し を 仕掛 は ヒめ たう 小稻は 平生 流石に たしな み 善く 斯る塲 所に て は 他妓の 如く 何事 

.t^,:^ > ち: f うこて を こさん Kj ゑ こハね 

も. 喋 ベら さる 性質 なれ はうる さし ど 思 ひながら も 受け 應 おなし 居らけ るに 小 三 は聲を ひもめ て、 小稻ち 

. 1 へ.; i. > なに なに { .ij よね e さん ちまへ い よ もん しき.., ま 5 

やん ね 前知ッ てなる の。 何 を。 何 を ッて久 の 字 ど 米の 字 さ 一三 日 前 伊豫 紋ゃ敷 Slg で 浮かれて ねる rJ ど を 

くらぶ 山 (第 八) 一七 



^^^^^^ くらぶ 山 (第 八) 一八 

S こ. S ねけ. I き 5 か-、 こなた こ、 ろ おも つゆお «J ろ け f- き み わ 

サ。 ど 言 ひながら ソット 小 稻の氣 色 を 伺へば 此方 は 心に ハ ッヒ 思へ.^ も 露 驚きた る 氣色も 見せす 火事 は 

かばむ か ふう ぬ 5! ぶ X ろ L ろしる しほ さそん き. 

川 向. ふビ いふ 風に て 糠 &の白 汁 を 絞 ftN ながら、 然 うです か 夫な 乙 ど チラ リと 聞かぬ でもな けれき ァノ お 

かたた はこ ば. じき まへ し たいせん 

方の 十八番で すから。 ビー 初めて 閡 きたる こど をサモ 前から 知ッて かもぬ る やうに 泰然た, 9 

こ さん こどば き どき こ いね むね 5 ち いか い-き ひど かね なかよ こ さん 

小 三の 言葉 を 聞きた る 時の 小稻の 胸の 裡は 如何な らん 言ッて 聞かせる 人 は 兼て お ま, 9 仲 善 から^る 小 三 

5 かつ 5 け ま かた かぎ この こ いね かほ ふつ ぷ ふ じつ を どこ 

なれば 迂濶に は 信用が たし 况 して ァ ノ お 方に 限りて 此小稻 の 顔 を 踏み潰す やうな 乙 ^する 不實の 男に あ 

さ やけ iS5 つく ひ ひ つ こど わざ f も S た やみよ 

ら卞 去れ^ 燒木 杭に は 火が 附 きやす S とい ふ 諺 も あれば まさか ……: >J 思へ^ 若し や .、••: "疑が へば 暗夜に 

つき み せっち 5 ほビ、 ぎす き 

月 も 見 雪中に 時鳥 も 聞くな ftN - 

こさん ゆ あが のち ひ へ あたま さ げいしゃ みぎ ひだ W わか どき こ いね ひきたて 

小 三が 湯よ. 上 § たる 後 引きち が へ て ま, さんど 頭 を 下げし 藝妓 はまお 右左 分らぬ 時よ,?^ 稻が 引立て や 

いま りつば かほ いも どぶん ば まこ ば まこ われ わ す ゆく ば こ ぬかぶ くろ かた 

ftv 今では 立派の 顏 どな ft> たる 妹分の 濱 子な ,5、 a 子 は 我 を 忘れて 湯 も 酌, < で や, CW シャボ ン箱も 糠 袋も片 

づけ ねへ み、 く*^ょ また く がば よねば ち つ 、 し 

附て や, 9 ながら、 姉さん) (,-.0 ヒ 耳に 口寄せて 又も 久河ど 米 八が こヒ をンッ ト吿げ 知らせければ よも や 

f い ま そらた の こ いね むね 5 ち くや や か だ げ あき ,>ら 30 も たの がた を どこ 

ど 思 ひし rJ ビも今 は 空 頼め どな. CV 小稻の 胸の 中 は 口惜し さ 遣る 方な く、 實に 秋の 签ビ 共に 賴み 難き は 男 

£ 、ろ も あ ひて よ.;: ばち す こ かほ き 5 で き な き げぃ. しゃ チゐ ぶんむ か ば ゐきち くら 

心な. 9 若しも 相手の 米 八が モ ク 少,, >顏 も 利き腕, P 利き 名 も 利く 藝 者なら ば 隨分向 ふ を 張 ftN て 意 氣地を 比 

ふな み どし、 た げいしゃ あ ひて を どこ あら を い この こ いね は 

ベても やらん なれき 二 ッ三ッ 年下の 「、デモ 藝者」 を 相手に して 男を爭 ふた ど 謂 はれて は 此小稻 の 恥な. 5 

け ふ かた あ この こ いねな L さい 

ョ シ (. 今日に も ァノれ 方に 逢 ふ 4^ らば 此小 稻が爲 すべき 仔細 あ. 9 —— 

せいさん すで む;; な こ、 ろ さわ お だ や き &す xJ い ろ あらば ためし あさ このみち すポ 4 し こい い 

成算 旣に 胸に 成れば 心の 騒ぎ も穩 かに 喜 怒 少しも 色に 現れ 宅經驗 はまお 淺 けれ^ 此 道に は 敏悄ど 言 はる 



ば まこ こ いね たいせん !き み ふし ぎ こ くび lulsll 

is 子 も 小稻の 泰然たる 氣色を 見て 不思議 ど 小首 を 傾げた ft- 

i 九』 、 

乙 > $S ゆ-や. い { かへ き や 5 だい むか >.! きげ ちょ さど 、,,-^i.EVろながゃくh:ぃゲ.しょ ,p flj ヒ > ゝ „,., 

小稻は湯屋ょft^家に歸-^て鏡薹に向;sし時下女のぉ里はぎ謂長屋會議所の井^^亂ょ$ぎんで蟛り嫁さん 

/^i^ k く, たはん わた ばら よら た あな S く や 

く 久 河さん は 憎らしく ッて )(- ……: H 、 ッ 他人の 私しまで が ……: 腹 :…… 励が 立つ 貴女 は 口惜しく はわ 

さぅ,:^-* さビ なん 

6N ません か。 騷々 しいれ 里 何 だよ。 

ね 里 は 井 II; 端に て U? 建てられぬ ものよ. > きき 取, con^T 化 を^ぎ からま, c% てまます るお だ に^ぎ 

力-た -» く 力ば も こん^ ゐ で t どひ rf— なし かつ や この さ >- 

ヒな, CN て 物語る です 力ら 久 河さん が 若し 今度お 光来な すッ たら 從令 姉さんが 何 ど 被 仰ら う^も 此里 1 が 

- いま を &ざ やけ ゆつ くひ ひ つ やす なを なが ね?' 

格子を閉めて..^-入れ申す乙ヒではム,9ません燒木杭には火が附き易ぃどは申し乍ら姉さんのゃぅなね方 

L 、 く》 力ば な ふ そく しゃ よね はち 5 まき きつ》」 V£ ら あさ 

を 手に入 わながら 久 河さん は 何が 不足で 「者」 ばからの へ ボ米 A に 浮氣^ さる 屹度 今に 罸が 當, らます。 

ヒ 言へば 小稻 は、 米 八さん に 限ら 卞 他の? -どを 「者」 ばか だの へボ だの ど苟 めに も 惡ロ言 は^. P の。 

どた しな むれば お 里 は、 へ ボ ですから へ ボ ヒ 申しました 久 河さん は 足に でもお 目 か あるかして 優劣が お 

み ねい か、 げぃ しゃ 上ねば ち いっしょ くら たま な t ュ H ち 

分りに ならない^ 見,^ る 姉さん を 抱え 藝 者の 米 八 ど 一 緒に 比 較べられて 堪る ものです か 名ば か ftv か, 八で 

つ げいしゃ せん IV 5 め こよみ つらよ な さど さ ひど チな ま、 、ち, e5 す, 

も實は ァ ン な 藝者は 先祖 梅暦の 面汚しです。 お 里 ッ てば 然ぅ 他の rJ ど を * す もので な いおぎが IIBS^ で 

サ せ- a ん さ おも かな しゅじん わた S きか みな わ W ため なへ 

言 ふ 乙 ヒ でも 世間で は然 うは 思 はぬ 必らす 主人の 私しが 言 ひ 聞せ る S しか 認 さぬ 私しの 爲に お前まで が 

腹 を 立て.. -吳れ る は 嬉しい けれ^ ……: ュ 、ッ腹 を 立てます ども 眞 から 腹が^ちます l、f 、が ぼさん も 

くらぶ 山 (第 九) ーヒ 



くらぶ 山 (第 九) . . 二 

よ よ たど ひ かたけ ふちす るで まへ 

:…… モウお 止し。 でも :…… お止し どい ふに 假令 ァノぉ 方が 今日明日に もお 光來 なす ッて もお 前く だ 

しゃ この こど たれ しつ も だまい • . 

らぬ 乙ヒを 喋べ ッ てはいけ な $ ょ此事 はまお 誰も 知らぬ 積ら で默ッ てお 在で。 

くち さ ど い-すぎ こ、 ろ 5 ち 55? ゆれ こ いね いか よね ばら われ さ げいしゃ f 

口で はお 里の 過言 をた しな めても 心の 裡 では 自德 ならぬ 小 稻も爭 でか 米 八 を 我よ, 9 優, 9 し 藝者ビ 思 はん 

され よねば ち うて 5 けんばん ふだ かチ み ゆび を « や こ さど けな ほめ げいしゃ 

去^ 米 八 も 同朋 町の 見番 での 札數を 見れば 屈指の 流行 ツ子お 里が 難す 程の 藝者 におら 卞。 

われ. J い ね ビ. L 、た よね ち を どこ ビ い まゝ でみ が きた な 5 で た.?' ま..... しわけ い つ ざ 

我 小稻、 年下の 米 八に 男 を 取られた. ビ わらて は 今迄 磨き 鍛 ひし 名 さ 腕!^ に對 して 申譯 なし 何時もお 座 

しき ^ *、 いつ ひんく ちゃ に/^) ら しょせい ゐ なか ぎ ゐん 上ろ こ し ちう や おびげ い..^ や ひ 汁 ^ 

敷で は 百々 逸 や 甚句で お茶 を 濁し 書生 ゃ田舍 議員し か 喜ばせる を 知らぬ 晝 夜帶藝 者に 敗 を 取,? だ.^ 

この こ な をれ ゆや こ さん この こど き ビき かた を ん かた この 

わ ftN て は 此小稻 の 名 折な う 11 湯屋で 小 三に 此事を 聞きし 時、 ァノぉ 方 は 夫 樣なぉ 方で は あ. 9 ませぬ 此 

こいね つい 5 ち けつ 5 ばき い かへ こ、 ろ おも よわみ 

小 稻が附 て. Q る 中は决 して 浮氣 はさせ ませぬ さ 言 $ 返して やら.?^ からし も 心に もしゃ ビ思ふ 弱点 おれば 

をれ えい, 

夫 も 得 言 は 卞. —— 

* * * * *. 

このよく ひつ ひる こ 5, ね やお ん上 く がば あ すなば だい、 つく わ. S ど ほ だいさん くわい これまで 

此 翌日の 晝小稻 は 八 百 膳に 呼ばれて 久 河に 逢 ふた, 9 (即ち 第一 回 第二 回に わる 通, 9 な. 第三 回よ. 9 是迄 

,ての. & せん のべ い ■ む ね やま 5 ら こ い.. a ひど 

は 其 以前の 乙ビを 叙た る ものな fts ざ 一一 一 n はぬ でもよ き rJ ビ なれ,^ も ) 胸に 山 ほ.^ の 恨み わる 小稻 1 ッ 

ふた や ばな き 5 しょ & しらべ もの. S ,て ぶさた いく がば ます /( > ち おちい 

ニッの矢を放ちて窮所を射れば調查物で忙がしくッて無沙汰をしたど*めに言ひし久河益々死地に陷ft^ 

5 たが .た ね ま ばう ぎよす こぶ こんなん 

疑 はれの 種 を增し 防禦 頗る 困難な. 9 

ねっしん いひ ひらき く が a こ いね れいたん さ をれ なる ほ- 43を れ せ .J はな な sij ちゃ ま, ん 

熱心に 言 開す る久 河に 小稻は 冷淡に 「然 うです か夫ハ く、 成程 夫 は何處 のお 話しです か」 杯 茶 かし 半 



ぶん うけ こた ^ f がば 寸こ き まへ わた ひや さ い ャ- もつ ャ 、:, あな- 

分に 受應 へす る 故 久河も 少し ぢれ氣 にな. 5、 お前 私し を 冷 かすの か。 ィ、 ュ 何う 致しまして 勿 な $责 

た > さぷ よせ す はなし s- ま. 9 さいせん かんしん きい を いま ばな おち なん 

郞樣は 寄席 ガ お好き だけ あ ッ て 落語 は 上手 ど 最前から 感心して 聞て 居 fts ます 今のお 話しの 落 は 何です 

ちく ひど ばか こ V- ば くが ば まへ て あ 5 こい U t 

か。 ビ飽 まで 人 を 馬鹿にし たる 詞に久 河 は、 コ レ ッぉ前 は。 ど 手 を 擧げて 打たん ビ すれば 小稻 は、 お 止 

そん よわば ち VI し わか げいしゃ わた みや 5 めで ば!' あ f^l^ 

しなさい 夫な 乙と は 米 < さんの やうな 年の 若 S 藝 者に する rJ ヒ です 私く し 見た 檨 なお 目 出.^ い 老婆 藝者 

まなこ み、 50 ほ 上 5 あなた す わか きつ 

は 眼 も 耳 も 遠くて 用 をな しません から 貴郞が 好きな rJ ビを i6> す ッても 分, ON ません のさ。 コ レゎ) (-甚 S 

な げき:^ ん あど わけ き き さく おも け ふ てんき よ ばう くわ. SiJ い かせ あ さ こ 

御 逆鱗 翻で 譯を聞 S て氣の 毒な 思び をせ ぬがよ $ 今日の 天氣豫 報に は 快晴、 風な しど 有ッ? ^に^も く 

ひ,^ *- め * , N > どころ なが & ひん のん 5 ち かへ う も まつな や まつな や 

太く 荒れる rJ ビだ 斯う $ ふ 處に永 居して いて は險 呑、 ドレ 宅に 歸 らう か。 宅と は 核菜屋 です か。 松菜屋 

そん 5 ち こ、 きん ひ 上 あ わた つ すきや てう ばんち を ばな や どころ iA 

ヒは 夫な 宅が 玆 近所に 在 ft> まし 4^ か 私しの 宅 は數寄 屋町廿 五番 地 尾花 屋ヒ いふ 所よ, or 外に ハぁ, 9 ません 

ついで 50 き たちよ かさ ちが かさ 4 つが か 5 ばん ゆ じ やす も ふか 

. ^序の 時 は チトぉ 立 寄 ftv を。 へ ン. お 門 か 違 ひます。 ナー 一 お 門が 違ったら 交番に I れッて 邪推の 深 S やうで 

々け i£\ 4, く や ひたへ ふ, ぴ たへ かほ た? &なリ いろ かんばい 、ろ S5y こ f えくぼ い i くら 

愛矯 かわ ッて 憎い やうで 優し S やうで 額が 富士額で 顔が 卵形で 色が 寒梅 色で 眼が 星の やうで 笑 靨に 家藏 

の をなら y: ころ e こ き サぐ 3 か あめ L^u ふたり い ビ 

を も吞む 女子の 所 は何處 でせ ぅピ 聞けば 直に 分る 天が下に 一 一 人 はない から。 と 言 ひながら 立ちに か、 る 

こなた い fr* 、で- V むけ かほ む を ほ ま あなな f/\^^ ,> P- た 

を 此方 は 今迄 側面て ゐた顏 を 向き 直し、 マァ お待ちなさい A 郎に少 々伺 ひた $rJ ピが ある。 ナ 二 私し 

た i つも!^ を どこ て をん な ちから かぎ ひ この あくた う きせる ひざな つ く これ 

に ヒ立! 一 厌る 男の 手 を 女 ハカ 限 .CN に 引きれ ろし、 ュ, I ッ此 惡黨め さ烟管 を 膝に 投げ 附 くれば 久河は 之 

,て, £: » かしこま . たばこ す つけこい::: まへ さしだ Ki いつぶく のみ 

を 手に 受けて ハイく 拜承, CV ^した。 ビ烟艸 を 吸 ひ附て 小稻の 前に 差 出しながら 小聲 にて、 一 服お 喫 

わた たつ かた このく もる 

よ 私しの 實を 堅く つめたる 此 雲井。 

くら ぷ山 (第 九) ニー 



くらぶ 山 (第 十) ニニ 

i 十》 

あ. N ま を £ ^6 み こ ひ ふな み *v なた た *、,y れ こど き *i タ」 め k ク ま?^ き 

頭 ど 尾 を 取, 9 て 胴の み を 見せら るれ t 鯉 も 鮒 ど 見 ゆべ し 其方が ロハ 其 だけの 事 を 聞いて 起源 ビ 結局 を 聞か 

な *1$J^ ら た さ こ^く がば し ザた ら 5 それ たよ こ、、 ろ な ケ * ひ 

ぬビ すれば 成る 程 腹 も 立つべし 去れ.^ 此久河 滋ニ郞 はま だ 夫 ほ.^ 賴 -9 なき 心に は 成らぬ ゥも. な 6S 鯛の 

し A やき まへ も 50 な めざし つまぐ ■ る ちき な ちゃ じん し われ かぎ さ や 5 

鹽燒を 前に 持ちながら 隣り の 干羅を 摘み 喰 ひ する 意地 穢き 茶人 はィザ 知ら 卞. 我に 限- 9 て 左様な こ ^ なす 

わけ わがめ あし つい g なか つい ひどな み ばな さ いう つい なまり ぎん 

べき 譯 なし 我 眼 足に 附てゐ るで もな く脊 中に 附て ぬるで もな く 人 旅に 鼻の 左右に 附 てぬる ゆ ゑ 鉛 か 銀 か 

ゆき た $1 ん ぐら ゐ みわけで き な K ふ をく ぎん す なまり 50 ぐ ■ な 

雪 か 炭團か 位の 鑑別 は出來 るなら 何が 不足で 銀を棄 て. -铅を 取る やうな 愚を爲 さう や 

5 わさ おこ s- か S わけ き た Is ち ょ^:ばちぃち^ひんま へ あめ か 5 かよ われ びん ^ち しょせい み , 、だ 

噂の 起因 は如斯 いふ 譯な, 9 聞き 玉へ、 彼の 米 八 一 年 前まで は 雨に も 風に も 通 ひし 我 を 貧乏 書生 ビ 見下し 

あし ビ M*、 S ち み まひせ, つ よこ ヒ ちら あ もく. r- い ^さ せうな しもの この &ろな i おも 

て か 足が 留ま ッても 只の 一 度の 見舞 狀も 遣さ卞 途中で 逢 ふても 目 鱧 もせぬ 程の 無情 者 此頃何 を 思 ふて か 

き きい ば *- もの ひっこ じぶん おもだ 、 、ヽ、 、 こ さんよ SJ ま a ぶみ われ 

氣の 利た 化物 は 返 去んで ぬる 時分に 思 ひ 出した やうに 「お S で,^」 をき め 込み 三 四 度の 招き. を 我に 

おく もど かへ し かほ だ 5 ちす てお さ わす よっか い せん r てな., C 

送. しも 素よ. 返事 もせ 卞顏を も 出さ 卞打棄 g きた 6 然るに 忘れ もせぬ 困 日 以前の ヒな ,9 ソレ 其方 £ 

きぬ t おし わか かへ みちば か まつ 5 や s ら ど^ す かって ぐち かしこ げ." ちょ さん. S きな で ど 

後 朝を惜 みて 別れし 歸, 9 途 斗ら 中极 I* 屋の裏 を 通 6- 過ぎん どせ しに 勝手口より 彼 家の 下女お 三 突起 飛ん 

S, < おば や ど ほ もろて ひろ てんせ う 、 、 くさ ばな むひ さき つきだ まつ 

で 出で、 久 河さん 遣らぬ 通さぬ ビ 双手 を廣げ 天井が きな 臭い ビ S ひたさうな 鼻 を 胸先に 突出しながら 极 

わ 《- くろまが へ みね や s- K かい あさばん こ 、 SJa つ 《- か $ せい もら こ ゑ 

王 車 返しの 見得よ しくお ッ たら 折から 一 一階よ. ov、 朝 晚玆所 を 通られて は 通行 稅を 賞ハ ねばならぬ ど聲 

か 上ねば ち よ:! ぼち ばな ちょつ 50 ば S ち-や. S つぶく めしあが くだ 

褂け. > だる は 米 八な う、 米 八さん がチト お話しが わるさう ですから 鳥渡 這入ッ てお 茶 一 服 召 上ッて 下さ $ 

さんむ s- ひ ば をで ふ の よ 5 どころ たちよ これ L かひ ど わざ X く 

まし ビぉ 三が 無理に 引ッ 張る 釉を 振ら 除け、 用の な $ 所に 立 寄ッて は是 でも 叱る 人が もる ビ 故意 ヒ愴ま 



s ひろこ 5 ち r, いつ くろま め, かへ, 

れを言 ひながら 廣 小路に 出で 例 もの 車に 乘ッ て歸れ -9 

をの ひ SH 乞う ち あ やく r よ しらべ もの を;:?' い i もん しゃふ て がみ も きた ひら み をな 

其 日の 晚 家に 在" りて 役所の 調査 物 をな し 居し に 伊豫 紋ょ. 9 どて 車夫 手紙 を 持ち 来れり 披き 見れば ジ レ其 

た f> a, ォ いべう ゐん い ビ5 て がみ だいし きふ S めん ん. S た ばんせ S さしお こ、 £ 

方 も知ッ て. Q る李蹊 病院の 伊東からの 手紙な. <=N 「大 至急 御 面談 致した き 乙 ど あ. 9 万障 差 置き 此樓 まで 御 

ら、〕 しゃ ばんしゃく き る う もん ん すぐ g こ 5 せろ /ん. じ だい きう 上, つじ な: ル 

来車お いれ 晚 酌しながら 貴意 を 得べ し」 どの 文 言、 直に 行くべし 5>j 口上の 返事 を や.? K 至急の 用事 ど は 何 

&ど くるま ど い よもん e われ i f いろい いべ, ゥゐ" てう 上りば ち 

事なら んビ草 を^ば せて 伊豫 紋に 行きし に 我 を 呼びに や, 9 し は學友 伊東 李蹊 病院 長に はおらで 米 八 こど 

ほんめ. ^い f 

本名 伊東お よねな. 9 け, ON 

, 《第 十 U 

われ よ われ ま がくい ビ 5 おも ひ よねば ち これ あど ものが rcw わがくち にく さ く. I "や ふで 

我 を 呼び 我 を 待ちし は 學友 伊東 ど 思き や 米 八な. 9 け. 9 是 よ- 5 後の 物語 は 我 口よ. 9$ ひ 難け れバ 作者の 筆 

に 言 ハ せむ . 

く が はしげ じ ら 5 これ ざ しき ちが ちょち 5 X きた ♦、 て 5 iut^"- あなた 

久河 滋ニ郞 は、 是ハ 座敷が 違 ひた, 9 女中 を 呼びて 聞き 質さん どて 手 を拍た んど すれば 米 八 は、 貴郎 のお 

ざ しき こ、 &ざ ま ちが &ざ な;: i かんが い あど こ いね V- こ;" か あ 、 

座敷 は錢 所で ム います 間違 ひで はム うませぬ 何 を 者へ てお 在で なさる 跡で 小稻 さんの 所に 歸 へして 上げ 

した くだ く がば ひきどむ S f ! «J こ い SOS S まみ い,, 

ますから マ ァ 下にぬ て 下され ^久河 を 引留れ ば、 伊東 は 何 處にゐ る。 伊東さん は 今に 見えます マ ァ 一 

ば-;.. め あが い f さ こ た い まみ い ひど め あが 

杯 召し 上れ。 伊東 は 何處に 居る。 今毘 おます ビ言 ふに、 マ ァ 一 ッ 召し 上れ。 

よねば ち い £5 き かん にん くだ じつ あなた あ ひま を や 5 て がみ 

米 t<、 伊東が 來て „Q るビ いふ は 噓で はな いか。 勘忍して 下され 實 は貴郞 に. お 逢 申した さ nS ァノ欉 な 手紙 

さし あ こ、 き もら ま を わけ それ せっかく お » しめし ありが な それ い ち;; ん いせん ま 上 く が は 

を 差 上げて 玆樓 まで 來 てお 貰 ひ 中した 譯。 夫 は 折角の 思 召 有難 けれき 夫 は 一 年 以前の 迷 ふてねた 久 河に 

くらぶ 山 (第 十一) 二 111 



くらぶ 山 (第 十一) uu! 二 四 

いふ こ ビ昔 しなら 此方に も 恨み ビ かつらみ ビか をい ふて 人柄.^ 應の, 痴ゃ甚 助 を If すべき 辩 れ^ も L お 

ス さんの やうな 權 式の 高 S 嫫前藝 者 は 鬼ても 私し 等 のれ « に は.^ 口 はぬ ヒ 編ら めて 辦 g もお にサラ リビ游 

しま け ふこ ろい や 5 や 5 . 

して 了ッた 今日 此の頃 言 ふべき 用 もなければ 言 はるべき 用 もない はづ。 ど サン. f に を |ーー2 ふて ■ftN 

もせす? S 立たん ヒ する を 米, < は 一 生 懸命 袖 を 引き止め、 お i の?; :! つも 伊お 、が なれ^も まレ 艇^ 1^ すに 

も.; i を 致します 撲っ なら 叩くな う 心 まかせに した 上で 何事 も 勘忍して P され。 ,が 1 ない ぉ紀を 1^ ッた 

-^叩ぃたft^したならば今川橋邊のね方に^んなに^lられるかもきれぬl\られるばか.e^なら^も:^f鋭が 

ト TJfs? f> ? r ? 1, る.— 1 .^v^, じく は あ" ぴ やう ものいの ちが し まっぴら, U めん ま かん: にん 

恐け れは步 くにもう ッカ. 步 けぬ 始末 久河 は甚ぃ 臆病者 生命 懸けの 仕事 は眞年 御免 况 して 堪忍す るこ^ 

もなけれパ詫らる.-^0どもな^,0 とい ひ 乍ら 釉を ふら 衝 はん する を Mlli44 が がれても ぬヒ S 

い, つ.,^ A - いちひ かん ばんじ かんこ 、 い ざら ズら あ 2 こ、 さ. b - 

--て も ュ、 ッ 一 時間 や 半時 間此處 へお 在で なす ッ たどて 滿更罸 ,5HS らます ま S 此席 のお a でも 毒が 

這 入 ッてゐ る!: では ム 6i せぬ 氣强 にも 時に 寄る こビ。 ナ 一一 氣^ いに も £ ^をる ど l^lln や t 夭し い,^!: 

時で も 鼻下長く でれ. ON どして 海鼠の やうな もの ど 思 ッてゐ る ど 當が違 ひます ど 夫^も 何ん な 時に 氣强く 

z ^ - ! V き 、、ヽ \ 1の > こ,: がく た うか.、 いま ひま ぁづ も ち も f 

して 何ん な 時に でれ る 者 か 後 學の爲 め 伺; 5 たい、 が 今 は 暇がない から 預けて 置かう ぐ) 思; S き ッて毒 を 

つ. し 、た, 、た/ この どきち よ うが, L ら な; い C, きた な く が は あな さ に . 

吐き 立つ 立て ヒど おおむ る 此時女中頭のぉ仲ど言へ るが入.《^*.=>、 何んで すネ久 河さん * 郞 にも 似 

合な 2, 機嫌よ く; が i しく 飲んで 下さらな け, 5 や 私 等 かお 帳場に 叱られます n!s^ ま 1 の に I を か i せ 

^ ^ を どこ こ けん、 あが まる たま, U .L かく き ちゃ, きんもつ ち 上ち 5 だ 59 - C- つ 

たどて わたけ 男の 品位が 上$ ます 圓ぃ卵 を 四角に 切る の はきつ いお 茶屋の 禁物 ど 女中の 道理 わる 一 



言に 久河は 溢 々席に 座れ, ON J 

上ねば ち さし く がば あ ひて こ いひ いも どぶ, は ひ t こ よ まか .> く をく き Z ... 

米 八ど對 座で は どて 久河は 相手に 小稻の » 分 濱子を 呼びに や, 9 たれさ も 他に 約束 あら ヒて來 ら^り しか ^ 

いまに か. S ざ t きかへ こ さん をの? 、この やき まね いちじ かん .,<i! もしろ さけ <;J- ^ 

ば 今 二階のお 座敷よ. 9 歸 らん どす る 小 三 を 其儘此 席に 招き 一 時間 あま. 9 面白くない 酒 を飮 まされ おら I 

《第 十二) 一 

くが ば ふた、 よ;^ ば ゆ く 1^ ビ ,^ きな た おこ まった か 5 わけ vr たが ひば?! こ いひ < が は いちぶ 

久河は再ぴ米八に狂へft^ど飛んだ浮名の立ちし起源は全く斯し4^譯な,c^疑晴れしs:小稻o ヒ久 河に 一 伍 

t rf ばな こいね! い ままで いひす き $b く A んが な む 3 5 ち i,.,>t ん 

1 什 を 話されて 小稻も 何う やら 今迄の 言 過ぎ 氣の 毒の やうな れ^ もよ くく 考 ふれば 猶ほ 胸の 裡は半 信 

はんぎ 

半 疑な, , 

そ.? ) なはゝ まっすぐ かへ K 4J くわい さ. C ら &ざ ば V. せ,., や ほ 

夫から 貴 郞 はよ もや 眞 直にお 歸ゥ では あ, CN ますまい 二次 會 どやら は 何 樓でム いました 白狀. ^さ ぃ0 八 否 

よろ, つがみ せららん さ や 5 うしろぐら み 43 ん こつば S さら な おつ w> や いくら かく さ ひ 

万 神 も照覽 おれ 左 檨な後 暗い rJ ど は 微塵 骨灰 • 更に 無 S ど 被 仰る の 如何程お 隱 しなす ッ ても然 うは 一一 一一 I: は 

や 力 わた 5 ち よ あなた め ばな さきまで き そのばん そのよく ばん なん 上 

せませ ぬ 何時も;^ しの 宅に お 寄, なさる 貴郞、 が ツイ 目鼻の 先迄來 ながら 其 晚も其 翌晚も 何でお 寄, 9 なさ 

」 そ、^ . > を f をのばん. しき しま い で あなた さ わた 5 ち こ S なさら をな 

らぬ 夫 は ……: 夫 は…:… 其晚敷 島へ お 光來 なす ッ.^ 貴郞が 何う して 私しの 宅に 來られ ませ ラ。 今,^ 其 

^ fef^ / 、ん ほく C さん わるね だ W や & ちょつ どし き しま ひどく ちの た ひどく ち しきし ま S い 

方に 衡 して 面目な けれど 小 三の 强 請に 巳む を 得す 一 寸敷 島で 一 口 飲んだ 只お 一 口に 敷 島に 行ッ たど 言へ 

. ^ 1„y しろ f U だ ふた 《> こじき ひど ざ しきぶん ぎょくし 5- ぎ めぐ 

んな 面白 い 乙 どが ぉッ たらう ビ思 If るれ^ 强 請る 一 一 人の 乞食に 一 座敷 分の 玉 祝儀 を 惠んで や ッ たま 

、 をな お 、ほ 上な しうち この しげ t か こ. 'ろ くさ ひど t ちぐる ま おだて 

ての こど 其方の 顔 を 汚す やうな 所 爲は此 溢 一 一郎 奈何に 醉ふて ねても 良心が 腐 ッても の 口車に 爆 動ら れ 

f か この、 ち よりば は いちざ けつ な いちざ ぶん す こ かま 

て も 誓ッ てな さ卞此 後. は米ス な, む. - 一座す る やうな 乙 ヒ决 して 爲 すま ヒ 一座な さる 分 は 少しも 構 ひま 

. くらぶ 山 (第 十二) 二 五 



n く らぶ山 (第 十 二) SI 二 六 

タ つきあ. ひ ^- ほ み あは わけ ゆ ば あ ひ 、ひゥ けん せま わた 

せぬ 何ん な. S 父 際で 顔 を 見合せ ぬビ % ふ譯に n 行かぬ 場合 も.^ ゥ ます も ゑ ソ ン な 量 見の 狹 い 乙 ヒは 私し 

i / , さ せけん くち いろく い &ざ あ! a た こ > ろ ひど わた かほ 

ビても 申し ませぬ 去れ^ 世間の 口に 色々 ヒ言は る 、のがうる さう 厶$ ます 貴郞 のお 心 一 ッで 私?:! の 顔が 

立つ か 清れ るかの 境 も 立ちます 乙ヒゅ ゑ。 、ノ テ く. $ 分ッ て: Q る /\ 久, k ビても 心 も あれば 目 も ある.… 

さけ みん つめ のみな ほ 

酒が 皆な 冷たくな ッた サァ飮 直さう。 

これまで 5.. ち こ いね いくたび くが ば た しんみ およ しんぜつ つく 

是 迄の 內 に小稻 は 幾度^な く久 河の 爲 めに 骨肉 も 及ばぬ 親切 を盡 せ.^ 

かづこ, な: これ な ふ に上ゐ み ぶん ひ 50 こま ま これ く 

何處 にも 無くて ならぬ もの ハ是 なり 無くて ならぬ 7P の 不如意に て 身分 ある 人まで が 困る も 亦た 是な 6 久 

がば.' あ つき ふて まば こ、 れ 今 かしこ ち あ ひ ふぎ e- か ばら おく こ *;,r- 

河か或る1:I:不手廻6^にて此處の料理屋彼所の待合に不義理の借ゎ6Vて拂;5の後れしどき小稻はチラリビ 

この こビ き わが を どて す こ あし ま ぎら き f さば わがみ で な 

此事を 聞き 我 男 か 少し にても 惡 くい はる、 こどが 負け 嫌 ひの 氣 性に 障ら 我 身が よく 言 はれぬ よ, も猶ほ 

こ A , メ く/ ば、 01 3 せんば 5 く がば その ひど こ どづ か きれい ぬぐ 

之 を 苦にして 久河か 知らぬ 間に :…… 先方に は 久河其 人よ ら囑托 6 たるつ もらに して 奇麗に 尻 を 拭 ひやら 

を:? よくじつ くが は, こ いねが 3- ゆ ビき まい いづ しゃく なが ぅけ505^,-*き め まへ だ いくら 

た 6 其 翌日 久 河が 小 稻許行 さし 時 四 五 枚の ……: 何れも St 五 尺 もお る 長き 受取 書 を 目の前に 出され、 幾程 

た この さ ど かね この、 ち ふ t ゆう な わたく うち & しん は 5 い 

あ ッても 足らぬ は此 里の 金な. CV 爾後 は 不自由で も 成る たけ 妾し の 宅に て 御 心棒なさい ませ。 ど 言 n れし 

VJ き くが^ あ-なま か, ながす て さげ こ いね これ お み 5J©£ 一 

時の 久河頭 を搔き 乍ら 濟 まぬ-,.^ ど 手 を 下ん どす る を小稻 V 之 を 押し X 一め、 見 ツビ もな $ 御殿! ふ も 

の n 女子に 禮 なさ 言 はぬ もの 

3^ く/ fL タ: さ: つゆ い T > . せん せう けんいん fi は もの あた ,v のかば 

又 久河か 去る 學友 ビ連帶 して アイス クリ ー ム どか S ふ ものに 八錢の 證券 印紙 を 貼. たる 證文を 與へ其 代 



^ f て サうれ 5 わ 3- まへ びき S けど き げんきた ざん なく どく をく いち:^ ち ゆ S よ も 

.c^に利息と手數料ヒにニ割前_引さ.れたものを受取.=^期限來.ft^て殘酷に督促され、 一 日 も猶豫 ならぬ 若し 

'ふま ちが t.B んさ に ^^ん も やく,. 4 ん さしむけ だいく ォぅ しば & け ふ せま さ、 ん さ. & かく 

今 a 間違へば 巡査に 似て 劍を帶 たぬ 公吏 を 差 向る ビ いふ 一 大 苦境、 芝居なら 今日に 迫ッた 三百 圓の 才覺 

a し らん ん て か ■ ば あ ひ こ S ね, ふくさ つ、 め まへ ほう W だ 

にァ 力 ャ 橋の 欄干 ュ 手を褂 ける ビぃふ 場合に 小稻 よら 服帛に 包んだ もの を ドサ リど 服の 前に 投 出さ 

これ お^ろ ちづか お ほ お, y ば や げんく れん ま あたま くろ げち f や s- 

れ 是は ど 驚く を、 ぉ預. ON もの 大きに 遲 くな, 9 ました 早く 玄關 に待ッ てぬる 頭の 黑ぃ蚰 斗に お 遺な さ 

はろ さき & しんば 5. からだ めく これ むか ふ e ま い あ を き きもの さ こ あ- * > *1- よ 

れ 春先に 御 心配 は 身体の 毒です 是 から 向島へ でも 行ッて 遊んで 來 ませう 着物が 何處に 在る の ぉ淸 さん 

く が は げ ちょ い わか ^や おくさん でき ふじ 

(久 河の 下女) に 言 へ ば 分, 9 ます か 、 早く 奧樣が 出 來ぬど 不自由です 子。 

* * * * 

-0 れ おも く が a もの か 3- そ よねば ち&ど こ. -ろ 5 つ てん ばつ St み ばつ こ S" ばつ * あた 

是を 思へば 久 河た る者苟 めに も 米 八 如きに 心 を 移せば 天の 罸祌 の罸ょ $ 小 稻の罸 か當る わけな ft^ 良 

しん. S っぺん うち 5. せ 5 く がば いか あだ &、 ろ おこ 

心 一 片內 にわる 以上 は 久河爭 でか 仇し 心 を 起さう や 

i 十 三】 

よねば ち なに ゆ- « いったん わか く がば ふ M、 あ これ さ,... た 5 わ ォ かな 

米 八 は 何故に 一 旦 別れし 久 河に 再び 逢 はん ビ する か是. に は 相當の 理由なくて は 叶はャ 

-b 一 .t; ん さ いかん ひどす ひど ^< おも ひ せう ちゃ、 ちょち S よ , しゃ この &ろ > 

世間の 噂の 如何によ ft^ て 人 を 好き 人を惡 ひの 念 も 生卞る ものな.. 9 茶屋の 女中 も聘 ばれた る 藝者も 此頃は 

た ひで」 w < がば を どこ ti & き か 5 ど 、ヽヽ ,つい ゆきわた ょぺ え 

誰れ l人ヒして久河の男ぷ<^を褒めぬものなし意氣で高等でしゃんクじて氣が附て行渡.=^か善ッて豪s 

かた を じつ たつ < がば もつ ば か, r- へ M> ばん. V. れ ひき かへ よねば ち めさき み ひビ 

お 方で 而 して 實が わる ど賴み もせぬ ュ久河 は專ら の 好評 判 夫に 引替へ 「米 八さん ハ 目先の 見えぬ 人 ァ 

かた 、 、 、 、 _^ふ わる ばう ビが かげ &ビ たび み 、 

ノね方 を つきだし^ はっき だし な 方が 惡くッ てっき だされた 方 は 咎は な い」 ダ 一の 蔭 言 を 度々 耳 にす る 

くらぶ 山 (第 十 三) 二 七 



< らぶ山 (第 十 三) lull ニス 

上ねば ち あま い こ、 ろ も _ r ^HBBBSSSKaEilii 

米八餘 .9宜$ 心持ち はせ さるな, GN 

さ _^ く 力ば こ い ね >J も か ぶ き ざ さ き よね, ぶち にし 5 づら r7 h 9 m- 9 , 

去る 日 久河は 小稻ど 共に 歌舞伎 座の 棧敷 にあ .Co を 米; < ^は 西の 鶉よ, 9.^, を 上げ、 ぎの ぃゲ; -ど しあつ I 

男が 1 年 足ら 卞 前まで は 我 手の 程に 在- 男 か i 曰し の戀 しくて 今 を g み^ ^ の, まじき llg を がの 

ん おこ 

念 起れ. =N 

かて、 g へて S が fcsiwgirK あ 藝ビも IF も i みし 襲の i 鎖 あしき k 

ぼ 化し あ * ば . ひか げんじぐ ろ まべ 5 し あだな こやつ こ ひき この ど ち f ひ if 

前よ. 9 柳 橋の 後へ は 挽ぬ 源氏 車 拍子と^ 名, G る 小 奴に 引ヒ られ此 土地に は頓ノ ぎ P なら 

手の 裡 にある 雀 を 見くび ッて 屋根の 上の 鳩 を 羨みし 昨日の 淺 || 乙 5i みなれお は Siil の, え ぬ^とお 

ひど 5 ば さ f> やく さば ぃ3 み ね ぐら も V き かへ 

でもな き 人の 噂が 瘤に 障る、 今に 見よ ァノ塒 鳥 元 木に 歸 してく れん 

ひ? ば ft>" こ、、 ろ , <fe 「、、、、、 さ その かひ ゆ も S ? な A 

*A は 9 る 心よ らして 久 河に 「ね $ で )(-」 をな したら 去れ ど 其 甲斐な か .CN き 故に 伊東 ヒ い へ る 名 を假. 

- D P ^w^^ パ, 、、 . こ * ゆ 化 なか わろ こ さん まね そのたす け か しきし ま つれこ さ をん な 

て やうく 伊豫 紋に呼 ひ 寄せ 小 稻ヒは 仲 惡の小 三 を 招き 其 助勢 を 借. 5 て 敷 島まで 連 込み^, 9 去れ^ 女の 

、 、, を どこ の ま", この を どこ こ いね だいじ つきもの ふくす &ゃ 5 ゐ ん かへ も f 

思 ふ ほと 男 は乘 ッ て rJ 卞况 してや 此 男に は 小稻ど $ ふ 大事く の附者 あ, 9 覆 水 容易. にぜ は 後る べき 摸樣 

なし 

か み このせつな おもく ろ な あ お ほ あ こ 、ム 

ヲ ィ -^..i- 女將 さん 此節何 か 面黑 が 話し はな いか 有. ますく 大有, です 小稻 ちゃん ど 米 八さん どの 

^iy や あて & ぞんち この ど ち し こ IP " くや 

鞘當 とい ふの を 御存知で すか。 ィャ此 土地の Nl^Jia らー から 十まで 知 ッてゐ る 兄さん 言 ひたいが ロ惜 



し それ £ ぞんち したや つ 5 い ビし ひど 

し S けれせ もま だ 知らぬ C 夫 を 御存知な S やうで は 下 谷 通 ど は 言 はれませ ぬ どお ィャ モク 年 は 一 ッで 

ど . い つ だい は J いっけん ま か いっけん 

も 取 6N たくな $ も のさ 一 体 何う S ふ 一 件 だ。 先づ 斯うい ふ 一 件です。 

こ い" 6^ .X もの おどし ひど を それ ひろ おも 

^ノ 小稻 さん チ ョィ^ 伺 ひます が 物 を 遺失た 人が わ ッて而 して 夫 を拾ッ たもの がわる ビぉ思 ひなさい 

その どき をのし な A の おどし ぬ L もの ひろ ひ 50 もの hs!! ゝ J れ また かわ たづ わた S 

其 時 は 其 品物 は 遺失 主の 所有です か 拾ッた 人の 所有です か。 /f 是は 又變ッ たお 尋ね 私しが 言 ふまで 

む ろん おどし ぬ. L もの をれ もの ひろ 50 5- だま や つ S ろ おな 

も 1^ く 無論 遺失 主の 所有で さ ァ ね。 夫れ では 物 を 拾 ッ て 届け もせ 卞默ッ てく すねる 奴 は盜賊 も仝ヒ Z ど 

) ^ そん わ きさ ひど き い あな;.! 

です 子 分. 5 きッた rJ ど 失な 乙 ど を 私しに 聞いて 何うな さる。 ィャ 他に は 聞か.^ くッ て. P 宜 いが 貴女に 

き , , あなた わた もの ひろ おどし ぬし わた. L あ 5 あ いさつ だ 2 

は 聞 $ て おかね はならぬ 貴女 は 私しの 所有 を 拾ッて 遺失 主の 私に 一 應 の挨援 もな く默ッ てく すねる ど は 

ほ K かた これ け おっしゃ せんき い をき ちが 《. や 

顔に ffi 合 はぬ ひき S お 方、 是は 怪しから ぬ 乙 ど を 被 仰る 本 氣で言 ふの か 夫れ >J も氣 が狂ッ てぬるの か賤 

^£ こ、 ろ くさ ねん t のかで. J のど ち チゐ ぶん ひど さま し わた $i ろ *5 

しい 勤め はして: Q て も 心まで は 腐.?^ せぬ 七 年 以來此 土地で 隨 分人樣 にも 顏を 知られて ぬる 私しに 盜取 

い その S ち/じん へんどうし -5. た" を ど ま を わる 

した ど 言 はぬ ばか ftN の 其 一 言 返答 次第によ. OV て は 只 は 置かれぬ。 盜ッ たから 盜ッ たど 申した が惡 いので 

かほ, 1- すび ど たれ こ、 むし ころ かま りへ がま ひど 

す ァノ ど ぼけた 顔盜 人た けぐ し S ど は 誰 やら 兹に虫 も 殺さぬ 顔 をして すまして 姉さん 顔して "0 る 人 

なん わき ビ ち この ど ち なが こ- 〔) &ろ つま ど f ばち も や 5 おゆ く.. t あん 3 なまい 

だ 何です 他 土地から 此 土地に 流れて きて や ツビ a 頃樓の 取. =.樣 や 撥の 持ち 樣を覺 え ふ 癖に 餘. 9 生 意 

き" くち き、 は • 、か この こ 5, ね くち あほ まへ がた かくい もうろく ぃ^- 

氣なロ をね 听 なさる. i^- 憚. CN ながら 此小稻 はま だロ靑 5, ね 前 さ. < 方から 鬼 や 角 言 はる., A やうな 毫碌は 致し 

あ ひて ぉビな げ き なが お S らいす こ たしな 

ませぬ 相手に して は 大人 氣 なき ゆえ 聞き流して 置きます、 が 以來は 少しお 謹みな さ so 

かみ それなん ばな これ こ. stt い、 ひ 5J よ 2 ばち ど かへ い さか ひ いつ *: ん 

ヲィく お 女將 さん 夫 は 何の 話しお 是 は小稻 ちゃんの 情人 を 米 八さん が 取, CV 返さう ヒ する 口論の 一 件 

くらぶ 山 (第 十 三) 二 九 



です。 夫な 乙 どが 何時 何處 でお ッ た。 ナニ有 ッたビ $ ふ譯 では あ. ませぬ が 対 M モウず, さうな もの ど 

わた すゐ やう ばか こ-^ な tT-i ち も..,. C -' さ, 

私しの 推量です。 ナ アンお 馬鹿く し $ まさか 小稻 がま, 八 を 相 IJh に はし ま$0 

((第 十 四》 

人の 背後に 立ちて、 やるべし くや 4^1 へな さヒ E4i つるお を m に im、 お; 4 にて S まま やど いふ 

左程に ならぬ rJ ヒま でも ツイ 氣が 乘ッて 熱心に やる 氣 になる も^くは しの m きお ある 一す めな...^ 

Aが小稻に手向;sしてまでもが河を^<^^さんLIひl=iちし$:^lTf、がlfrA4E5してi^んをiぎたるrJど 

ぁづか ちから 

與 6S て 力 あ ftN 

ァ ノ 小稻め 、 下 谷の 藝者は 自己 1 人 ど S ふ 顔 附が癢 I ^障る, う S ふ i にク ン ど i が,. ぎ ッ て あやまらせて. 

置かなくて は宜 ぃ氣 にな ッ て 何時 迄も增 Bl^ する ちさん ァ ノ STC おきへ が i てぬ たお やな いか 贓ッて 

指 を 咬へ ながら 巫 山 氣た眞 似す るの を 見て ねる ^がわる もの か I- うい ふ g;^!^ うして ぎうな さい^から 

;?^ L も 及ば 卞 ながら 力に なッて 上げ ませう ど 米 八 は 一 ^小 三に ill ガ れられ tl- ならす 二!? でも;;? 

燒き たるに 猶ほ懲 す 機會も あらば^ 待ち 搆 へて ゐた. y け ft- 

米 <n 初めは;^ に 角!:^ ggi にて く& をぎ してよ. ont か STl ¥ I 良; si し を、( 乙^に ゃッ た,/ m 

へば 腹 も 立たぬ S 度び か き た, CO も i ほがん tl-ni., てお 田 i ひき 騮れ f 附 力お あに f のる きく 

は, つ I 'I ttc き 

焚き 附 けられ 又も 一羽め の氣 になれ. ON 



いづこ S5 こ 5 ん. L 、ん ほく、 わい まつげん ろ5 ひら く がば そのせ き あ せき し うせん まね こ 5 くん す め こ 

處 にも 流行の 同鄕 人士 親睦 會 fe 源樓に 開かれ 久河も 其 席に 在らた, 席の 周旋に 招かれし 紅 裙十數 名 小 

い" こ さん 上::? ばち ば まこ み いちざ 

稻も小 三 も 米 八 も 濱子も 皆な 一 座 をら け, 9 

*^ ゆ 1 乂ぺ わい G ん の 4.:^ ャ.; -ゃ 、お f たち かへ こ い" おな たち かへ ばし な くだ どきい もど ぶん ば まこ 

此宴 會微ヒ 4^ る 後 藝者は Hl,3;:s くに 立歸 る小稻 も同ヒ く立歸 らん どて 階 子 を 降らん とする 時 妹分の 濱子 

こお よ,、》 ふ 4 ねへ さぞく や £ ざ にん にん き. 0-/、 さま まへ ど 

は 之 を 呼び止め 震ひ聲 にて、 姉さん 嘸 口惜しう 厶 S ましたら う 三人 や 五 人のお 客檨の 前なら 鬼に 角 三 四 

. このお 2^ いちざ は ゆ,' そぱ み わた こ さん くひつ い くら ゐ &ざ 

十 人 も ある 此大 一 座で サン > ^恥 か.^ され 傍に 見て: Q る 私し さへ ァノ小 三に 喰附て や. CN たい 位で 厶 いま 

. そ.^."^ へ ,JJ しん: a5 で き わた. こ 30ほ くやしなみだ わた わる 

し^:^iKに姉さんはょく御辛棒が出來ました子私しゃ此の通,c^ロ惜淚がrJぼれますo でも 私しが 惡 いのお 

L ? お ほせい きゃく さ 3 まへ t ぶんがって いさか ひ だい き や < さま ち. や、 ない まや」 しわけ 

力ら 仕方がな. S 况 して 大勢のお 客檨の 前で 自分勝手の 口論したなら 第 j ぉ客樣 やね 茶屋に 對 して 申 it が 

また /II ゑ ば がみ め み どころ それ ねへ ほんど^T' わろ 

ないで はな いか。 ^^;ぃふも又ぅるみ聲齒切は目に見ぇぬ所にゎるべし、 ィ ュ 夫 も 姉さんが 眞 正に 惡 いの 

しかた わけ こさんね へ うし ろ わ ざ ばいせん し お ちが 

なら 仕方な $ 譯 です けれども ァノ小 三め 姉さんの 後に 故意と を ツビ ァノ 洗 盃ヒぉ 姚子を 置 いたに ひ 

あなた それし た 《1 ばいせん てさし かへ しまつ その i こ さん I 

ゥ ません 貴女 は 夫 50 も 知らす お立ちな さる 拍子に S 洗 ど铫子 は; 3 ッ くら 返して ァノ 始末、 其 時の 小 三の 

い f つら a く . こい" き つ お ほせい こ さ しづ し 

言; S 檨の 面憎 さ ヲ ャく 小稻 ちゃんお 尻に ね氣 をお 附 けなさ S 大勢の 妓 を差圖 せねば ならぬ 年 をして 

この を を 5 ざ しき ビ も げ.^ しゃ ざ しき ど みだ た よ 

ゐ ながら 此粗匆 は^うした 乙 どお 座敷 を 取 持った めの 藝者 でれ 座敷 を 取 亂す爲 めに 招 はれて, Q るので わ 

し 《- 上 sij ん い ひど また かくべつ これ 、じ ど 5 にん あつ ねへ かぶ つも . 

.5 ません へ ン お尻の 用心の 善い 人 は 又 格別な もの だ是 でも 御 當人は 適。 はれの 姉さん 株の 積ら おど サ。 ど 

い ば 5 だ, C, あく ころ ざう げん み、 のこ わす その どきな せ なへ いせん て 5 し かへ ひビ 

言 ひた $ 放題の 惡ロ雜 言 いまだに 耳に 殘 て 忘れられません、 其 時 何故 姉さん は盃洗 やお 铫子 を. 緩す 人 

くらぶ 山 〔第 十 n) 三- 1 



くらぶ 山 (第 十 五) 三 二 

が 夫程惡 ければ 人の 覆す やうな 處に 故意 ヒ 3 ッと 置く 人 は 猶百層 倍 も 惡ぃヒ I 一口 返して おや. 9 なさらな" 

わたく , どし. S かば- さかね ち く ン 

ッた 私しが モッヒ 年が 行ッて をれば お代らに サンぐ 逆 捻 を 喰 はせ て やる のです けれども :…… 射 もァノ 

米 八の :…… ど 心から 口惜しが る も 吾 身が 恥 しめられ たよ, も 辛く 思へば なるべし、 お |g の I 一口 ふやう に 

^ I • . ん . ^へ この こ いね もうろく こ さん よな まち いさ A ひ ォ £ 

言 ひ 返せば 自分の 腹 は 癒 やう 此小稻 S くら 耄碌しても 小 三 や ^f,^ と^まして m はまらぬ つもら なれ,^ も 

, ? で け いしゃ せ, ゥ. L ばん V, わ ざ け 5 さま き f ちゃ、 2 ハ于 2 2 レ、 

敷に 出た 藝 者が 同士 喧嘩して 座興 を醒 して はお 客 やお 茶屋に 針して 濟 まぬ ではな い かおぎ M のお 『i 

でさへ 夫 程 口惜しが る もの 况 して 當 人の 私しが;. 仏??、 ま I はす 鶴らし 観 に^の、 め :9:/ む もま ぎる 

どき かみや ちへ. fe み、 い ゑで 

時には^ 屋治 兵衛が 耳から なら ど ど 言;; 5 しもの 得て 出たがる ものな, CN , 

((第 十 五)) 

大 Tf あち れ f てま る はこ 小? 一 K やひ,..,、 f ミに まさん U ビ S ふ U は t がま し 

ました 一 座の 采配 n 獨 うで 取る と S ふ顏 をして ぬる:^ i が 網さん に Y おやう こめられ 磁 どか myltr す 

るか ど居ッ たら 流石に 姉さんに は 恐い ど 見お て 素直に 從順 しく 『惡 かッ た』 ビ gl- ッ たァノ g ァ 《g れ慨 

、 ✓ 一 ポ卜 お ほせ. 9 まへ あかば ち おまけ し 刃 よ 5 た 乞 ね ^fL^ ちが 

然 でした ネ 姉さんに サンぐ に 調 坐の 前で 赤恥 か, れ加 之に お尻の 用心の 善 5 藝^ は g ッ たものお ど 

まで 言 はれて 默ッて 一 言も返す乙どの出來なかッたは何ど小氣*の善^,事ではゎ.0ませんか0 :;^ もぎう 

だが ァ ノ 時 小稻の 背後に お前が 盃 洗き おき ナを ソ ッ ど&^ の をき が& かぬ ビ い ふ はが^も お sn^ た 

げ いし や しか それ ないしょ おい まへ あれ こん.? つ 2 お、 ^ . ^-5^ ^* *1 ら :, 

い 戴 者サ 然し 夫 は內所 どして 置て お前 彼 を 今夜 連れ出す やうに して 置た の。 大丈夫です, がさんと 船 g 



ャ-の お 》T. つ ダ> ふた 9- 4,- くわい A た つ に, I しきし ま くづ ち? 

さんに 賴んで 置きました から 屹度お 雨 人が 二次 會に ァノぉ 方 も 連れて 三人で 敷 島に 崩れます に g ひない 

さ た むら きつ h たか く. こん" - はが しつ Ae- や 

然 うなれば 田 村さん か 屹度 妾し を 掛けて 吳れ ます だら う 此度 は^さぬ やうに 確乎お 遣. CV よ、 

力り ひ V 一力た こ ,<; ね おんこ か >^ まこ や えいきち き、 H!" ちょ さ VJ く バ i つ ^ >1 も しきし ま 1 

兼て 一 方なら す 小稻の 恩顧 を 蒙 ふる 箱屋の 榮吉 よら 聞た, ビて 下女の. お 里は久 1^ は 雨 人 ど 共に 敷 島に 一一;, g 

い 一 / P / -^p でき にん げいしゃ で をのな か ケ- し よな ばら ,M じ こ 

入し 乙 ど.^ 而 して 其 席に 二三 人の 藝 者が 出て, Q て 其 中に 糙か米 八 も交ッ てをッ たやうな どい ふこ ど を 小 

い 化 マ J^" , いま まつげん おまいち ざ かへ こ さん ざ-つ &んむ U き ぷん わる か ざ しき こビ i 

^に 通報せ ,o> 小稻は 今やう )(- 秘 源の 大 一 座より 歸 -9 小 三の 雜言 胸に われば 氣分惡 し^て, 外の 座敷 を^ 

V 5 , さ \- し, r せ き つゆな;: 1- ろ け しき おゆ-ろ だう り こ : な かで、,、. 一へ しきし 3 

ら 休み 居らし かお 里の 報知 を 聞き 露 驚きた る氣色 もな し 驚かぬ も 道理な. ON 小稻 は、 ァノぉ 方 縱令敷 へ 

つ; ' . ^づ, さそ おち さ お ばな 令 かなら 、"ま ぬ -き t さ こ、 ろ 

連れられた, OV ども 何れへ 誘 はれた. cv^ も 落つ く 先き ハ尾 花屋な.? 必卞今 a 援 けて *;,GN 玉 ふべ し。 ど 心に 

しん ^SJK- 

信 卞る所 われば 

じ.^ ん われ , ゆ む く ► がば をの や 4J すぎ こ いね うちか ほみ こ まつげん こ 

され さ 自信 は 我 を 欺きたら 久河は 其 夜 十一 一時 過ても 小稻の 宅に 顔 を 見せ 卞 さなき だに 小 稻は极 源に て 小 

さ, f 了. つか, - くや こ, M ひく が V< 上 ねばち ビも しき しま あ い ままで わがや かヽ 

三に 辱 しめられし 口惜し ささへ わる 今宵、 久 河が 米 八 ど 共に 敷 島 nS 在^て 今迄 も 我家に 歸らぬ ど わらて 

む ねん や かた $j こ、 ろ 5 ち らんま 

ハ 無念 遣る 方な く 何う してく れん ど 心の中 は亂 麻た, 

こめ こ ばお f L これ く がば ね ぎし たく でか 5- ま そ こ ばあや き 上 あろ じ < 

ョ シく此 小 稻思ふ 仔細 わら 是ょ. CN 久 河の 根 岸の 宅に 出掛けて 泊, OV こまん 其 宅 は 老婆 もお 淸も 主人の 久 

P へ ^ ^ ^ したし なに こ、 ろお よくあさ 5- か^ かへ われなん い わけ 

河よ ftN は 却ッて 小稻に a れ親 t れば 何事 も 心 置かる、 乙 どなし 翌朝 何ん な 顔して 歸, 9 我に 何^ 言ひ譯 

• み" マ! 2 . い, つく こばね ほ かたで や. ゥ ひど よ この こ いね れ 5 けん 

する カ見屆 けて くれん 一 句 も 强音を 吐かす る rJ どで なし ァノぉ 方の 出檨 一 ッに 寄, 5 て は 此小稻 も I ま 見 わ 

くらぶ 山 (第 十五) 三 三 



と 


b 子 § 


厘 や 


に 


乇 


す. 


旦? 


ヒ 


の 


必さ 

定? 


: 


思 f 


b 

何い 


知し 


m 燒き 


に 





ク 





那な 


小 五 さ 


久く 


ね 


a 


る 


b で 


入? 


ェ 


御!' 


御 こ- 


は 


b 




留る 




胸ォミ 


時つ' 


ぺ 


し も 




、 


寢ぇ 


m お 


門え 


宅^ 


守す 


も 


に 


ま 


し 


下け' 御 こ- 


て 


何え 


な 




留る 


を 


を 


ど 


根ね 




で 




女? 馳ち 


御 こ' 
覽之 


で 


グ 


は 


守す 


開!、 


訪ビ 




岸!' 


ま 


も 




の 走? 


す 


て 


ソ 


で 




へ 


的 ひ 


ま 


れ 


馬ば 




な 


ど 


ね 


力 > 


せ 


な 


b 


を 


で 


ば 


鹿 か 




里 i し 


さ 


乇 


ら 


b 


5 


が 


おさ 


附っ S 


私き 


まま 


に 




は ま 


い 


ク 


、y 


害- 


け 


ら 


里き 


け W 


し 


迄る 


な 




お せ 





お 


し 


< 


れ 


宜ょ 


に 


故れ 十 


を 


氣き 






mi う 




歸?: 


や 


何?: 


ど 


ト 


思 JL. 


送ャ 分 f 


て 




さ 


ト 


宅 t3 




事 i 


人 




ン 


ど a 


ク 


惡な 


は 




ん ど 


ン 


で 


ま 


も 


至 L 


て 




具の 


て 


し 


を 




何き て 


ビ S 


す 


す 


御 こ' 


急 1 






虛 f 


行 ゆ 


ど 


ら 




分え' 其き 
宜 J 儘 ま 


後! 


ど 


まわ 


存/! 
知ち' 


に 


ど 




を 1 


< 


て 


ぬ 




よ 


ァ 


私 や 


お 




門え 


襲き 


の 


旣? 






し 寢= 




ノ 


し 


の 


目め 


きい 


を 


ふ 


だ 


に 






く 間 ま 


突 S 






擗各 




へ 


叩で 


て 


力 > 


床き 






ど に 


や 


» な 


マ, 


に 


掛で ば 


力) 


翌 t 


ら 


に 






の 下 S 




ハ 


姉 





ら 


小 こ 


せ 


曰ぶ 


曰 ば 
早 や 


就' 






挨 5 b 


、 


お 


さ 


ヲ 


ね 


稻 S け 


久ニ 


< 


さ 






m iz 


モ 




ん 


ャ 


バ、 


は 


る 


河き 


仕 t 


た 






を る 


ク 




の 


何 g 


な 


ソ 


に 


の 


m 


る 






殘? 老 f 


何 E 




所 1 
カノ 


を 


ら 


ソ 


四よ 


膽 t 
玉? 


を 


小 こ 






し 婆 (よ 


も 





で 


ぬ 




度 S 




稻 S 






挽 ひ 、 


お 


ホ 


ら 


す 






五 こ 


をお 




急 i 






か 此こ 






御お 


力 > 


ヒ 


に 


度 g 


整? 
, 賠ろ 




に 






せ 奴 さ 


ひ 


何き 歸ミ 
ヒ- 宅な' 





が 


這ば 
入い 


g め 


f] ゝ 




夜 や 






m も& 


申! 


何 S 




に 


し 




具く' 






b 中? 


し 


吃 f 


な 


k 


ち 


b 


て 


< 




を 






し 々く 


ま 


驚 i 


さ 


ゾ 


ま 


な 


漸? れ 




跳 g 






人 < の 


せ 


な 


ク 


て 


す 


が、 


くや 


ん 




返の 






力る 氣き 


ぬ 


さ 


1Z 


旦? 


ゆ 


ら 


目め 


と 




け 






車 ま 轉 I 




IP 


, 


那な 


ゑ 




を 


の 












代 S 


ま 




樣^ お 


攀? 


覺 i 






お 






再 さ な 








は 


歸 t 


や 


し 


曾ろ 
舁み 




&ど 






び f) 




噓急 


'もも 


餘ょ 


宅り 


さ 




に 










乘の 此る 


朝た 


ど 


ク 


程き 
以ぃ 


ま 


ん 


る 


て 




A1 






ち 以ヒ 


タ 


思き て 


で 


每ミ 老き 


小 こ 

稻! £ 




乘? 






て 前ん 


ン 


召 あ 


を 


fit 


往ま 


度 ど 


婆ば 




の 






歸ぇ > に 


ど 


す 




に 


グ 


お 


呼よ 


は 




車 基 






b 小 こ 




な 


お 

歸 = 


て 


邪ぶ 


え 

聲き 


深え 




を ま 






し 稻 S 燒 1 


ら 


ま 


を 


魔 ま 


ぎ 
根ね 




^い 






も を * 


力 > 


お 


し 


宅 q 




さ 


に 




臺 5 






の 送? 


玉? 


部へ 


1Z 


で 


ま 


ま 


夫れ 









四 



わがや 



久河 はて ッき, 9 今宵 米 八に 引褂, 9 宅に も 歸ら卞 吾 宅に も 立 寄らぬ もの ど 一 §1 に 目星 を附 けて 憤怒、 怨^、 



&』 か,^ ひ I つけ, - むね ほの ふ もや こ い;; こ、 きみ くが ば ど いへ あ さみ こ きん f 

遺 慽に點 火ら れ種々 に 胸の « を燼. W し 小稻玆 に來て 見れば 久河は 遠う に 家に 在, 5 て 淋しげ に 孤 衾 を 守れ 

これみ どき こいねこ、 ろ うち いか? - こど い ぐ わい お $j ろ あさ こ ど い ぐ わい .^っ こ 

-5 之 を 見た る 時の 小稻の 心の 裡 は 如何な らん 事の 意外に 驚きし は淺 けれ^も 事の 意外なら さ, 9 し を 喜び 



わが 乙; 



せんか 



い^ 



これ 



し は 深く 盗賊^ 田-おひし 吾子が 大の 慈善家た ftN し 時の 親の 喜び も爭 でか 之に 過ぎん 是で乙 を 小稻の 可愛 



ィ 



を どこ 

男な 



チヨ イビ 

あいさつ こた その あ ひだいち らん きょれ 5- 



*5 な 力: ) め: なめ .1, こ、 ろ なかく ねむ をん な あいさつ ビ 

*郞モ.^-寢大の0 服 は 眠る か 知らないが 心ハ 中々 眼らぬ。 女 も P なしに 鬭 へば 



男 も挨拔 なしに 答 ふ 其 間 一 言の 虛禮 なき は 親しき 仲 なれば なるべし、 心が 眠らぬ ヒ は夫ハ 何故です。 何 

せ C こ さん . ざ &ん ,v,si あなた ひど £ど f - じ おん ば^0 な ii ら 

故ッ てけ ふの 小 三め が 雜言。 夫で は 貴郞は :.:: b サァ 人事と n 思 はぬ 自分が 恥 か、 された よらも^, 腹が 

な, い, ま; L.^ へし , がまん そなた おどな で あ ひて みん ほ ? 

立つ 今に 返 仇 をして やる から 我慢し k: 其方が 從順 しく 出て 相手に ならな かッ たの は 皆な が r 挺め てね. 負 

, か., ち この こヒ しか こ さん た jrS ゐ き .5、 ハも こ、 ろ さ ねむ 

ける が 勝と は此 事お、 然し ァノ小 三め が 生 意氣を 思へば く 心, が 冴,^ てく 眠られぬ。 

i 十 七)) 

乂ゅ^^ろ,へ「^ さ.^..; > .^バ1ゃヌづ^* いちざ さんき £ いづ みな^ ぶ おんぎょく しょげい つ、 ゥ よこ み たて み 

此頃 評^の 壯士 役者 吾妻 一 座に 三 奇人 わ. 9 何れも 皆 歌舞 一音 曲の 諸 藝に通 ヒて橫 から 見ても 縦から 見ても 

も * ゐ き, しょせ.; 7 ばて ,r け >j 、つち っゐ せっし, づ . せら たんせい もつ ど ち^ y くわ からだ 

無意 氣な 書生の なれの 果どは 受取れ 卞 中に 就て 雪 州ビ 5- へ る は 幼少 よらの 丹精に や 最も 踊に 精し く 身体 



ひて う &ど ^ て、 ゥ , ^ど また-けつ くわ てんねん び せいきょ も 50、 きわ や なが 5 

の輕 きこ^ 飛鳥の 如く 蝴蝶の 如し 又 月華ビ $ へ る は 天然の 美 聲淸元 常盤津 長ぬ 

こ き, i- よくようお ほかた こ、 ろえ な くわえい 

るまでの 呼吸 抑揚 大方 心得ぬ は 無し 花 影 M 



た .& つち どみ もど 

お 唄よ さて は 一 中 富 本, 



;ぎ 

いた 

至 



, す こぶ さ み せん くわ かつ ^^ふねんぃ せんし せろ を. £: がし われら 

へる ハ颇る 三味線に 精し く 曾て 十 年 以前 師匠の 某に 吾等な 



た 



ほ sfj 



, If- , , - 1; «- で まへ ざ ちう これ あ, つま ざ せつげ つく わ どな また J 

さは 最早 鬼ても 及 はぬ ビ舌 を卷 かせし 程の 腕前、 座中に て 之 を 吾妻 座の 雪月花 ど 稱へ叉 三 妙藝ど 呼び 顔 



ちう 



けい よ 



J 



第 十七 



三 玉 



くらぶ 山 第 十七 三. K 

知らぬ 人 は 多 けれ < ^も 名バか fts は 誰れ 知らぬ ものな し 一 

* ネ * 水リネ 

あ < ひ ばんがた まつ げんら 5 ちが さんにん きゃく めい/ \ て ムビ こづ さ わ,」 , 、 

或る日の 晚方松 源樓に 登, 9し 三人の 客 .Qftv 銘々 手に 太き ステッキ を 携へー g を衝 らし 乍-らん..,, るん 1¥ 

.S つけん この &ろ せんきょ さわ ふビ ころ 4 の V -、 .,タ や ひさ,, ?し w= 'きら.?' i. > 

一 見此 頃の 選舉騷 ぎに て 懐中の 暖ま ,0 し 御 雇壯士 なるこ ヒは分 I な. 4- 嫁フ ラ ン 子ダの g ヒ みたる 雕だ 一 

定價 三十 五錢が i の svjs ふの を p-fe:^ が 縦の 麟 W の li かも ^ まめな, ヒ S ふ^をぎ g してお j 

.t』 れ^-ゆび * , い, くへ, まきつ かみ 上 ぎ みだ 尸づ ひビく チ」 めんて? -Si . i 

木綿の 帶をグ 〃く >J 幾重に も卷 付け 髮は 蓬の 如く 亂れ 何れも 一 癖 ある 面体 虾 うしても 11 な^に % て 

さんざい きゃく うけ^ 

散財す るお 客 ど は 受取れ す 

三 きれ f て Ifc に i る や r ぶラ $£『i やく, ずて f 、 fsf ナ 一一 ……: ィ 

ャ に 僕 等の 顏を 見る おや ないか、 おして ir い おやな % へ 卞 に i を 1 てず いるお. お 

客 樣が違 ふ,^ グッぐ するど する からき うお 田が % もが i けれ ハ1^ らく g 射斷 g して 影 。sj. のちお 殺- £ て 

叮 重に 待遇すべし だ。 S ッても 然しお を!; }> に^んだ, ぎッた する ばか, CS では 齦お は ぬ ど!! 

か i くしい のき 一一 li 辭ッ てお s_k れには If H;^ ん がわる S ど 幾 は觀の ir まさ It 

人に 赤 襟 二三. <;^ii へて i: んで, い。 ビ三 だがん &に をつ 吐き! S を サン- f 鎖 がらせた み 

やがて 清 n に, i 崎の 観 『s«』 あ i どなし S あに i は g に i$ し阜か 

: は. W つ f / い - ゅ*^ する し 5 こ, J くん こ さんよね a ち, y た -«ん ぎょく ^-i »s- -づ 

に 鹿爪らしく 入.?^, たる 翠铀紅 裙は小 三 米 八 其の 他 二三の, 半玉に て わ, 9 ける、 ィャ は! >ぅ も 化^ を 



み あて やか げ f-g くや かい やき いも < たていた か it. つい さ. L つかへ だぃだ-^^寸 げ やよ 

見ても 妍娟 く。 下宿屋の 二階で 燒竿を 喰 ひながら 立 板に 嚙ら附 て も 支 差ない どい ふ 大道 の 下女 はか 

み な まくら め まば g ぱ つき み でき さ 5 ゆ くら か び ふ ん み 

う 見習れ て ゐる僕 等の 目に は肢く ッ て 判然 見る rJ どが 出 來ぬ。 左檨 だく 僕 等 は 斯う い ふ 美 婦人 を 見た 

L い これ わん <i* まへ い す こ かたみ ひろ こちら み だい さま 

から は モウ 死んでも 宜$是 で 乙 そ 閻魔の 前に 行 ッても 少し は 肩身が 廣 いど S ふ ものお。 是 方の 御 臺樣が 

こ な a^JJ こちら ひ, S さま 上ねば ち な ほ^へ, T ばん たか り つば め 

小 三さん で 成る 程 :::•• 是方 のね 姬樣か 米 八さん か。 成る 程 評判の 高 S だけ ぁッて 立派な もの だお 目に ぶ 

さが ば じめ せっしゃ や ざまち i-ft らミ せ-つし や せんざき や ら 5,- せつ. しゃ ばら. 5J うう ね ん も 5 ものい らい なにぶん こ、 ろ 

ら 下る は * て なれ ^拙者 ハ矢間 重 太郎。 拙者 は 專崎矢 五郎。 拙者 は原鄉 右衛門^ 申す 者 以來は 何分お 心 

やす ねが あ ばべ たてな つ 

S く 願 ひ 上げ 侍. 9 奉 .cv まする だ 

ざ むき すわ きゃく あたま さき あし ばし ひどめ み わた きゃくだね せん あくせ うげ み わ み ぶんし. M くげ ふ もちろん ざい 

座敷に 坐. ON てズ ッ ト 客の 頭の 先から 足の 端まで 一 目に 見渡し 客種の 善惡 上下 を 見分け 身分 職業 は 勿論 則 

さん た せ >0 つま 5 む み ど ほ ら S こ S げいしゃ まなこ こ さいせん この?!;、 く み 56 んほ 5L 上せい 5is た. つ さ 5>> み 

產の多少妻の有無まで見徹すは老巧藝者の眼なft^小三最前ょ6^此客を見るに貧乏書生放蕩壯士と見るょ 

ほかかん てい つ やう いや ざ しき いで いか げん さけ きりあ ば やかへ こ、 ろ t ふぶん けいべつ 

ft^外鑑定の附け檨なく厭なぉ座敷に出4^.c^宜ぃ加减に酒を切上げて早く歸ればょぃヒ心に十分に輕蔑し 

あ S さま なん あなた がた わた ら かほ たなお ろ さけ め あが いくら ほ 

たる 形容、 何です 子貴郞 方ハ 私し 等の 顔の 棚卸しば ッ か. 9 なさらす さお 酒で も 召し 上れ 幾何お 褒めな さ 

あいにく せん もちあば なん せん もちあば きゃく たい ぶ れい いち &ん だれ 

つても 生憎 十 錢の持 合せが あ. CN ませぬ ゆ ゑ。 何お ど 十 錢の持 合せが な S と はお 客に 對 して 無鑛な 一 言 誰 

、 い つきさ ま せんて 5 だい い おまけ さ,,, な 、ヽ お ほ ちゃ、 きさけ の む 

が 何時 貴樣 よ 十錢 頂戴 ど 言ッた 加 之に ね 酒で もヒは 何んだ でも だけ 多い お 茶屋に 來て 酒を飮 まう ど 無 

だ しゃ き さま さ (-づ うこ や ざ? * くんせん ざ 3. くん: え :n や あ 

駄を噪 ベら うと 貴樣の 差圖は 受けぬ 是れ さ。 矢 間 君 專崎君 何う した もの だま だ醉 ふのに は 早 $ 餘ん ま. CN 

や ^ こ ゑ だ あかわり たち わら 

野暮な 聲 出す ど 赤 襟 達に 笑 はれる ケ。 

さんばう く すん & ぶ の ,J 一 ど なん す i 寸ん if - 

參 方に 九寸五分 を 載せた る 如く 何だか 凄い 寸 方の,^ る やうな お 客な う 

くらぶ 山 (第 十七) 一 二 七 




((第 十 八》 

せんざき & ごの や ざませ, のび じん しゃく たが ひ だ (お. レ A etc -、. N f 

ナント 專崎殿 矢 間 殿 美人のお 酌で お 互に 大分 酪酊ぃ 致た したで は:!! ら ぬか。 s^0kta0K 

感々 服々 藥糴の 熱湯 ど S ふ 次第。 ァノ S 前.^ ら嘛 かし i が や カツ。 ホレ でお PKi」 し |&^:^ くや il^ おん &化 

ばせ る 乙 ど はお 茶の 子で せう。 ヒ 彼の 三人の 一 f 。ちまろ 1 1 一 n 二;^ きくまで もま i を 1^ ぎこした る S 崇、 ,ね を 

P こよねば *b み、 や ゐぷん いた ; , P- i J ベ 

聞く 小 三 米 八の 耳 は隨分 痛し . 

『ナ ン だ & の んの msMi か Twi の si の i を f 1 れを の 

よな あま なまい き くち き、 i 'f C I 

?の 癖に ず 生 豪の? 咐 あがる ナ』 ヒ ーっ:^ゃきさゃぇさ どーも11ふ^^ザのさきぃ如カ何な る 

r^l.f - -^^ . > —3*^ 、: :. - - > こら こどば es- £ら ><: しく? 一.,',:: 



亂 ff や もずが たければ デ ッ どぎ へ て 摩 P 鶴 へられぬ 射 g、 蒙; カツ ポレ しかが., 

ませぬ が 此節は 小 塚 原 や 板 橋で は 何う いふ t が I パ がます £1- かせて さい。 ビこ小 三が!^ ひながら I 一, ひし 

いち i ん fo- わら 5 ち is- よ 35 - 



言柔 かなれ きも 內に i わ., 米" 凡 も にき n si^^Lr なる ベ し 



ィャ小5^原ゃ板雪^8の華客先な5もァンん壁^^ぃ^^^^の1な§矿&^の:^^ゲ^ 

((數 寄屋 町ず さろ ぼう 町 〔同朋 町』 の 達ッ葉 拍子の ぎで は. g かしく ッて g はれる もので ない ノケ g;j^ 節 

上コ さう ぞ *^ くら こ つ 、ご し A- 

米 八さん 何卒 僕 等が まだ 小 壞原ゃ 板. 樹で 聞か な い もの をれ i みおし ます。 ァ ラ おな こ ヒ II ッ て も 5、 つ 尸 

y- わたくしら ひ ひ」 らぞ ち , 一.— 

し S もの は 鬼ても 私 等に も彈 けません 何卒 有, 9 さうな もの を ど言ひながら:^三は^か^^にめくズせして 



ォち て か ち きょ もど れ.. oii んビ さ も よし はらす *、 め さ AOS' あの ,r め a る あかね y ft もら こ、 ろ 

撥に 手 を 掛けし は 地は淸 元の 兩人土 佐 繪か吉 原 雀 か 左な くば 桐の 雨 か 梅の 春で も 赤 襟に 立 ッて貰 ふ 心な 

らしなる べし 

& れ 5.L 上せつ かく ォぃズ 5 き < い い さ な a かねな たかば ま おど 

御兩所 折角 拜聽 するなら 氣 に入ッ たもの が宜 いぢ やない か。 然 ラビ もく 何しろ 兼て 名 は 高し の 濱の昔 

き こ よねば ちれう くん さ き 、もの ^v-れ ち <n もん こ , 、ん ^あばせ 

に 聞く 小 三 米八兩 君の 乙 どおから 嘸 ど 聞 物お らう。 夫で は 注文し や うぢ やない か。 コ レ小三 君 『鶴 合』 

けいさいす がた 上 S つきよく ねが いけ おっしゃ ,てれ む いっち S ぶし 

でも 『傾城 姿』 でも 宜 S から 一 曲 願 ひます、 ナ 一一、 行な S ど 被 仰る のか 夫 も 無理 はな S 子 一中 節なん て 

せんせい § め いち よ ば や り さすが ぶんめい げいしゃが た き 5 へい f た えら 

前世紀の もの ハ 明治の 世に は 流行ません から 子 流石 は 文明の 藝者 方は舊 弊な もの は 歌 はぬ から 豪 S よ。 

それ ふみ いっきょく もら ふみ a や f i けん かき 

夫で は 『ヒら が 文』 ど S ふの を 一曲 や ッて貰 は うぢ やない か 『ま rj^ に 文 は 閨の友 $ よ-^ 御 見 ど 書た る 

ほ だ L たね ^なす、 き y 一 ころ じつ めう せつ それ ば,^ か もう もら ゆきげ 

は 紳の種 か 花 芒』 なんてい ふ 所 は實に 妙絶ぢ やない か 夫 ども 『放 下僧』 どい ふのに して 貰 はふ か 『a 解 

み Y £- たかた あ ひ かわ づ こ ゑ どころ やす ふ W S け おっしゃ な 

の 水の 泡沫に 合 やゆ, OV する 蛙の 聲』 なんてい ふ 所 は 安く はない ゲ、 ナ 一一 二 ツビ も 行ない ヒ被 仰る のか 成 

ほ をれ -as- か ビ. ゥ ぶし せん さ き めいち X ば やり さすが ぶんめ S- ! k:^ しゃさ ま 

る 程 夫 も 無 a はない ネ河柬 節なん で 前世紀の もの は 明治の 世に ハ流 行ません から 子 流石 は 文明の 藝者樣 

きうへ い し が."' ぎ な ほビ なか. /(- が 5 ぎ げいしゃ さま をれ こ ながらな か り 

は舊 弊な もの は 知らぬ から 豪氣 だよ。 ムゥ 成る 程 中々 豪 氣な藝 者樣だ 夫で は 小 三ち やん 長唄の 『雁の ふ 

= くだ つき かげ む ろん, U ぞんち これ し 

み』 ビ いふの を ゃッて 下さ $ 『い^ょう 月の 影 ふけて』 さ S ふの は 無論 御存知で せう、 ナ二、 是も 知ら 

なん まう や 5 げや しゃ さま t れ ねへ か お ほせい こ さ しづ 

ないど. • ヲ ャ くわ きれて 何ヒも 申し 檨 のな S 藝 妓者樣 ではな い か是 でも 姉さん 顔して 大勢の 妓 を差圖 

か a き、 f あせ なみだ いっしょ-.: J な" さみせん だて も ひビ ちが 

する顔利か^^思へば汗ど涙が 一緒に 出る わ。 何し, ろ 三味線 を 伊達に 持ッ てぬる 人 は違ッ たもの ナ。 ナ 一一 

て 3 くら かば も ある さ それ はじ き か 5 がく た こ つ 5 たばし ば 

伊達な-やな $ 枕の 代, りに 持 ッて步 くの おどさ。 然 うか 夫な, 初めて 聞 S た 後 學の爲 めに 小 嫁 原 や 板 梳で流 

くらぶ 山 (第 十八) 三 九 



くら ふ 山 (第 十九) 四 〇 

行る 歌 を 聞^せて やら うぢ やない か C 夫で は 僕が チ ヨット 小 三ぎ の 油 あさい ー1 一き "ま& よう ま 腐 

に は 一 曲うなら 玉へ 專崎矢 五郎 殿に はお 立な され ョ シ うぎ 1 が 11^ れば Is 『五^』 を船はぅ^^^ぎ 

もん どの さほ たの f 

門 殿 棹 をお 賴み 申す。 

. 《第 十 九, 

, ひど り ばち ビ ? L あば ひど あて 少 ffl- 5£ さ t-s C r > 

やかて 一 人が 撥 を 取, て 調子 を 合せ 二 當 チヤ チャンの きッ £ けに r 人が I ひ 13 す はか. i の n^lsy 

Is- ぶ うぐ ひすき ない ら に^ 'め *^ る-' さ きな ふ 

. 藪の鶯 i ま i に 鳴て 羨 やまし さの 庭の 梅ァレ そよ くど 表 風 を 浮 名た,, ^せに 吹きお くる :.:: 

彈者は SS の^、 唱^^ は&^ の M 曰ん、 |曰|3ろも1も街の1^^に^^ぉ^ぅて|^ば船ずのぉ|:も1ま船に 

f ゐ たる 麵 おや も? な si の そお iwi ひ は 、を lyr は iiff く 

. ^ .^,の ひど ぶ.. くゐ、 め, -ぎ, いっさよ しゅいつ? - そくみ な 七の ふし かな へん,., - み あだか くう ち 5 ふ 

此 三味 此 歌に 連れて 踊る 其 TP 得意の 妙技 一 擧手 一 投足皆 其 節に 適 ひ翩. t.,; してが け?:!カ も 空; 1: に It きて 

、 *> ^ fc.- もの め 5 よ ひ ひビ 5 た ひビ また,?"^ ひど よ そ 1.0 ^5 

あるか 如く 覺.^ 卞觀る 者 をして 妙 ど呼バ しむ 彈く人 も 歌 ふ A も 又 踊る 人 も 善くも 揃 ひも 揃 ふた ft- スープ ッ 

ふ まば らんば う は ら じゅんさ けんく わ まか ちナ c- おも さ 5 一 f > ク 

キを 振り 廻 はし 亂暴を 働き 巡査 ど 喧嘩す る よら 外に a 1 藝も なきもの ど 思 ひし 壯士 如!: にして か,. r る 優 

/ ,0 , こ, T ろ,^ を, L つ 5 ち を, ど ^ん ぶん げいしゃ ちょち 5 ふ しん てい *5 ばつ そ ? t ぷ こつ もし す ん ヌん 

しき 藝を/ "得 居る ゃビ 室の 內 外に 見聞す る 藝者も 女中 も 不審の 休なら 蓬 髮粗衣 若く は 無骨 若く は 素寒貧 

, あ ^ HKH クチ-— ブ つけ このさん にん た す き れろ あ ザ 

な^、 V ふ餘 6V 有ら か. くな き 形容詞 を附 られ^る 此 三人 も爲 めに 1 層の 器量 を 上た, 

k 、 ば.. い. I- や こ さん よね はち こ つ S たば. L はやり もの まこ i ^ ( おな 5? 二く し s-y, 

ナント、 デモ 藝 者の 小 三^ 米 八、 小 塚 原 や 板 橋の 流行 物 は 先 づ斯ん な もの さ <4 鹿々々 し SE^ ず 祝 仏 

いだ げいしゃ X $ げ いしゃ げ いしゃ よよ こ げ. :| f る でノり 

を 出して 藝者を 呼ぶ 程なら モ ット藝 者ら し S 藝者を 呼べば 宜かッ たネ。 斯 んな瓤 なし 猿に 出逢 ふたの は 



ほくら ? いなん だ i-s- ゆ ゆめみ わる あん .+ r r ャま - 十- 

僕 等の 災難 サ 道理で 昨晩の 夢見が 惡かッ た。 コ レサ X- 餘ま 6if なしく ヒー liin ひ 玉 ふな われで も 轉,^ 灘 

せらす 、 5 そ. セ さ -こ げ い., ぶ、 あいて の 5>! ころ おも., -ろ よ わけ これ 5, こ 

か 上手お ヒサ。 夫 は然ぅ ドー 斯んな 藝者を 相手に して 飲んだ 所が 面白く 醉 はる. -譯 もな し是 か. ら何處 かで 

^ なほ こ さん SJ さくや にら い, ば や 

劊み 直さ うぢ やな いか、 コ レサ 小 三 何う した もの だ然ぅ 口惜し さう に 睨めな くッ ても宜 ではない か、 早 

ちょち よ かんで 5 もら く たま 

く 女中で も 呼んで 勘定 を 貰ッて 吳れ玉 へ 

く >^ か-にん きゃく かへ こ さんよね ばち 5 ま このかた か t め. し お at ち 

欺の 如くに して 彼の 三人の 客 は 歸れ. 9 小 三 米 八 は 生れてから 以來 いまだ 曾って 經驗 なき 大 W を かきた. 9 

あた ぬまへ こ さん き せら ぎょくし £ 'ぎ もら きゃく さま もら ぶ ぶ なま き あほし よせ ひ 

當 前なら 小 三の 氣性ヒ して、 玉 祝儀 を 貰へば 乙. V ぉ客樣 なれ 貰 はなければ 五分 ど 五分 生 意 氣な靑 書生の 

くせ ひど な ざ ん たし し fi- ぎ きゃく よ こづら .N*、 つ たちさ . ^り <: 'き i ひ 

癖に 人 も 無げ なる 雜言 はチ トぉ 謹な みなさ $o ど 祝儀 を 客の 横面に 叩き 附 けて 立 去. 9 兼 まヒき 勢な れ^ 

この ひ こど きゃく すんぶん む り こどば かへ すきす こ む" にわかへ む ん おさ 

も此 日の 事 は 客に 寸分の 無理はなくて 言葉 を 返すべき 隙 少しもなければ 胸 も 煮返る ばか, CS の 無念 を 押.^ 

にん い ば だい ざ, ん いば いっく かへ でき 

て 三人に 言 ひたい 放題の 雜言を 言せ て 一 句 も 返す rJ と 出 來^, 9 き 

か にん きやく あづま いちざ ばん やくしゃ せつ. げっ くわ くわえ, S, にん く がば き 5 いう くが ば こ 

彼の 三人の 客 は 吾妻! 座の 三人 役者 雪 州、 月 華、 花 影に てあらけ る 三人 は久 河が 舊友 にして 久 河よ.^ 小 

いね こ さん ^5ぢ き いっぺん げ-ゥ き もの やき か、 けら げん たく 

稻が小 三に 恥 しめられた る HJ を閬き 一 片の 俠氣ょ 6 物 好に も斯る 狂言 を 巧みし もの どか 

((第 1 一 十】 

な sit ど 寸 なほ かね も 5 でき よ なか わけ この^ げふ ち みち げいしゃ &ざさ ふら ふ よわた a- むつ 

何事 も 素直に て は 金儲けの 出來ぬ 世の中 別て 此 稼業 は 地道で は藝 者で 御座 候^す まして 世 渡の 六 かしき 

s- さ 上 

もの ヒか 浮世 なれ や 




くらぶ 山 (第二 十) gj 二 

許ず 善くて 全盛 藝者 ど言 はれん に als" つ, へして 應來、 き 摩な きの ^1 一!^ を g スけ ^ る に n. ek0 c 

か 通常の H^s 銜^に 鶴 なく ひ rfcfc 辦. に ITfe あかせる き s お ッ マ タ 

りつば げいしゃ 上 きんけつ ら で 一 

立派な 藝者 どい ふ もの ハ 善き 金穴 を 持つ の 謂 ひな, o- 

こ U U か 5 こつへ う 》. 一 を どこ きら げぃ ほか な、 に 6 ひビ ~ f 

, 小稻は 硬骨 拍子 男 縑ひ藝 の 外に は 何も 寶る 人で なし,, の 評, 邦が g けれども^; す へ か: ft グ くば fgf きの ハっ あ-ぎ 

に S つも 衆 妓の目 を 驚かせお 茶屋のお が 1 は I 相 まにまで が、 I つけ をよ く 〔仃き g らせ I へさん くど « ^さる 

、譯 なし 小 稻には *^ は f£ の:^ へきらぬ I, 歸.? I,, き議 とき ひ 拳 もい ふ 

此 米櫃の 旦那.」 S ふ は!. i 五す お 5 にして wbpg たる を i し, る乙ビ i,4 

稻の言 ふこ ど は 何事 も 聞くな,? ^稻, が fc^ にが や 4 す? すの ダイヤ モ ンドの i きも. への 瞎に? I に • に 

三§する金額を^*に彬&くぎ 1キ/籐も4は1てこ玆纩 .4^ればが1もき1?1<1? 1ぉにも1萄き 

に 勤める だげ は 吃 度 勤める 害なる に 何 も齓 fn 酽弯 かする, 4n ッ ては^れ た^-口 をき」 は ftl-. がい I ひヒ 

言 ッては 遊山の 同伴 を 逃げ 隨^ i のま M 騮を なせき も SSi は 「^i^ は P の m まなれば」 どて!:^ も!! 

.0^たる こどな く小稻 は^の^ か ぬ ビきは i;i そ&^ の" i にも ii に しを^み ま 刃 は 1^ 酽 

を 呼びな • だして 長者の 同 俘 又は 宿泊 を斷 はれば |f 常の ずの はム ッどすべきiろなるもg^9::^れたる^.,^ゃはぉ 

だんな さ Ja 

の 旦那 樣な. CN 



(第二 十) 



四 三 一 



な ひ ビ f, やら このて 5i3 やな ふく やま よ あさく さ ほ-つて.^ かしゃ ォん も に ほん *H しへん ほ. r-y しか 5 だい 

名 は 人 を 現 ハす此 長者 名 を 福 山 ど 呼びて 淺 草の 某 町に 貸家の 三 四十 軒 も 持ち 日本 橋邊 におる 某 銀行の 大 

かぶぬし ro ひゃくねん ぐら ゐ あ, y f ら ^-ぃ しんだ?, て さ ながや を あ かな ゆ S ひき やな かみ な ばた くわい 

株主 「坐な から 百 年 位 は 遊んで 慕せ る 大した 身代^」 長者の 長屋に 居る 或る 金棒 挽の 山の 祌が 井戶端 # 

ぎ し 2 さだめ 5,y このて, ?*, 一. やすで ふた まな み ぶん ひ-」 こい:;; 、 、、ヽ 

議 での 品評 まさか 嘘で はな かるべし 此 長者 旣に 一 一人の 孫 さへ ある 身分なる に 窃かに 小稻 につぎ Nl む、 と 

このうへ たリし 1 ^ U つば * け、,. しゃ ま さ き みほ ほせ よろこ さすが ひ IV 

を此 上な き樂み どし、 小稻が 立派の 藝者ど 褒めら る- -噂を 聞いて は 身が 褒められた 程 喜ぶ に は 流石 は廣 

ど, T- け 5 /^ゐ ぶん. S- の や き 

S 柬京、 隨分 好事 者 も われば ある もの 

,わな Z こり so * ち あ い せう f ^ い あな. H & み ぶん み 5 へど しが ひ げいし .SI- ぐ K- 

一 私し も此 土地に 在る 以上 は 應來な 言 はれた く.^ し 貴郞も 御身 分 わるね 身の上 年甲斐 もな く 藝者狂 

, さ { & をん こ 、.5; さ みつ ふ f やまだん な かた この ビ ち でばし よ 

ひな^ を するどつ まらぬ 噂 立てられて は 御 損な ftNJ ヒ小稻 機密 を 福 山 旦那に 語. CN 此 土地の 出場 所に て は 

は もら ,T- ぐ ひす^に い か ほ ,a づ しんせんて £, こま &め くさつ な、., し め 5ii ん した むか ."じ ま ん is- ビ 5 

招んで 貰 はすに S つも 鶯 溪の 伊香保、 根 津の神 泉亭、 駒 込の 草津 乃至 は明祌 下、 向島、 三十 軒 « 等に 

5^1^ で , あ ひ、 ビ si から ま まれ を ばな や たち 二 や ち 5、 らぐち で ss- こ あい 

遠出して 合び きする rJ どに 取 計 ひ あ- 9 又 稀に 尾 花屋に 立 寄る とき も 夜中 裏口よ, CN ソ ッ ト 出入す る 事に 合 

づ, -. こ でね, ^\ きんけつ も こど この VJ ち 1^ う y ん N- がば げ 41>上 かなに び. し あ 3- さま 

圖 しわれば 小 稻が斯 る 金穴 を 持つ 事は此 土地. にて 情人の 久河ど 下女の 外 何人も 知る ものな しか, - る有檨 

ゆへ 長者 も 此頃小 稻に久 河 わる rJ どを絕 へて 知らす 小稻も 此のが 河の 事 だけ は隱 すだけ は隱 してお かん 

も さ 5 マ "んて や み、 5- い っ^ん つ こな りつば これ わで い、 ひ^ &ざ か.. ff お i £1 

若し 早晚 -41 者の 耳に 入 6> 一 末 街き 込れ たる ビきは 立派に、 、, ィ是ハ 私しの 情人で ム$ ます 兼々 仰せの 通 

を, をビこ を さ- r ど -, て くだ C ち ばち へ かく & 

.5 添 ひたい 男が あれば 添 はせ て やる さの で ど ゆへ 何卒 添 はせ て 下さい ビー か 八 かの 返答 をす る覺 悟、 

メ すぱ さお セ な y& ど く て や わ 5" どき おな ていさい ばら わか 

度胸 は旣に 定ま. CS 居れば 何事に も 苦 はな けれ, も 長者 ど 別る,^ 時 は同ヒ と なら 体裁よ く 腹 を 立せ 卞に別 

一 力ん が Z こ い.:? わろ おも く がば くわん:?^ S およ て sij や み、: & ち 5 

れん どの 考へ なれば 小稻惡 S rJ ど i は 思 ひ な が らも 久河 さの 關係は 及ん ハだけ 長者 の 耳に 入れぬ やうに 注 



くらぶ 山 (第二 十一) !5!!_! gs . 

意せ ,0 岡目よ, 9 見る どき は 長者の めでた, -加减 は 1,9 なしされ ど g 瑕に おを^る は、 め、 で だ、 くなる 

くら ゐ たい ビ つうじん 

位の 大度なければ 通人で なし ; 

i 二十 二 -. 一 

或る 夜 久!: は 尾 花屋に 在 § て:^ f ヒ^に 辯 火ば I を 村に^ みながら ひ 「ッ の! ^1 を 一 プノに して.! がける に m 

かに 表 格子 を 開く もの.^.? H ら 口の ニ疊 に!: fi でゐ たる, 14^ ね ^か を ^し IJ〉 のぎ 

さつ のち S こなで む。 お, e< ^び だ L^..Li め 、- 一 

接 は 後に して 先づ 此方 を 向て 親^ を 出し あ 人に 目, せ すれば 小 f^f に f ^に!^ よ,.,^ らす « ^の 一 

久!: 4 むに 由な を かきながら!^ き が^ g^、 き ¥ ffat&£ 

て は^ら て はた まなこ でんく わ S せきく わ 、じビ もんおう 一 

の 手 ほ^に 働き手 ほどに 働ら く 眼 は 電光石火の 如く 問答す 一 

小稻は 素知らぬ顔 にて 出迎 ひながら、 きう こ を^!^ ぎ 化さい ました。 >4 一口 ひつ i ソット の か%』 一 

を 伺 ふに まだ 何事 も氣 取られぬ 樣子 なれば P く!^ して、 モ ゥ:^ しま:^ にお. 貯. C なされ. J« おの 鰌に 一 

坐らん どせ し 長者に 席を替 へさせし は 多量の 意 まあれ ども は g£;;JIIS こど.. ^はき, か卞、 お^に 

, ^ き はまち めん いっぴき こ い. U め まヽ ま 5 1" <9 -L 一 

お土産 持 ッて來 たどて 濱 縮緬 一匹 小稻の 目の前に^ら 出し、 ぎに g に; S ねッ たもの を、 ヒー 

て 渡し 茶 を 入れて, ち i,coi:^ に i ゴッ^ ビ IS させる!^ る^に は 「お 酽銜 う」 の! ^ぎに" 「縦 さ 一 

ん 何卒お 宜しく」 ヒ の謝辭 出で 只 取次た ばか, の 人が 遣つ slKrftN も M つて |^ぃ||になるものな,0> 一 

小 稻は押 人に 在る 人の 9^ にかき, C こ 4ii を Sf く陚さ れば概 $i ろに |1れ てまき も 一 I も らぬ中 Ijs" かこ、 ^ 一 



くる おも f *^めなほさらて《'ひゃ し?;' おちつい み なか かく もの A く もの た 

どや 苦し かるべし ど 思へ バ思ふ 程猶更 長者の 尻 は 落着て 見 ゆるな. 9 中に 隱れ たる 者よ. 隱 したる 者の 方 

• へく 6 ま み まみせ つ おな だ,.' 

か 却って 苦しき は 待た る、 身よ. 9 待つ 身が 切な S ^同. 道理な .9 

^x^> ば いり ま 51 ま を おい なせ ら ゐで M- ら 4, ち し あ 

表から はれ 這 入な さるな ビアレ 程 申して 置た に 何故 裏から はお 光來 なさらぬ。 裏口 は 閉ま ッて: Q て 開か 

ぬから 仕方がな so でも 誰かお 這 入な さ ッた處 を 見た かも 知れません 宅に お 客 を 引 張 込で 宿泊め るな^ 

い - わて く つぶ fe い つたんで - 、だ & f さ くだ たれ め 

、言 はれて は 妾し の 顔が 潰れます §: ゑ 何卒 一 旦 出て 下さい 御請です から 然うして 下さ るれば 誰が 目に も 

ちょつ ビょ 5 き きゃく すぐ.^> へ おも *r ぞんち ビ ま ゐ ち わる こ さん む. さん,. h ん £ 'ち 

鳥渡 用が あ ッて來 た 客 だから 直歸ッ た^し^ 思 はれませ ぬ 御存知の 通, 9 ァノ 意地 惡の小 三が 向 三 軒の 內 

た Z らを - う-ろ ゆび し S, ; kJ つかく,」 、 5.- も いつば いの 

で絕 えす 睨んで 居 ftN ます ゆ ゑ 又^ん な 後 指さす かも 知れ ませぬ。 ど 言へば 折角 此 宅で 共に 一 杯飮 まん ど 

おも きた て C じゃちよ 上 ころもち す こ こ C-ZJ こ、 4% も や 5? に さ 

思 ふて 來. CV し 長者 餘, 9 宜ぃ心 持に わらす 少し ムット なる を 小 稻は此 點どど 思; 5、 ネ、 何 卒然うな すッて 

ソだ ,て ^-^ こ ざ しき か くだ ぐち みなこ ど V? すぐ あが を こ めし 

下さ S 而 して 何樓 からかお 座敷で 掛けて 下さい 外 口 は あ ッても 皆 斷ッて 直に 參. ます 其樓で ゆつ く, り 召 

あ ^う き おちつい 5. &ざ このい ち、 ピん てう e や くしん 7cre べんてん こしんて い かけ 

上る 方 か 氣が落 附て宜 S では ムぃま せぬ か 此 一 言に 長者 やうく 得心し、 夫で は辨 天の 湖心 亭 から 掛 

うぐ い かしこま s!- まこ VI ^ さど i^.J^-^ で て ,つじ や こし 

るから 直にね 出で ハイ 拜承 ました 誠に 濟 みません お 里 やお 履物 ハ 出て, Q るか vio どまお 長者が 腰 さへ 

もちあ- ひつば お だ- い ぶ ゆめ だんな さ S5 なャ 

持 上げぬ のに 引 張ッて 押し出す やうな 言 ひ 振 ftv、 ァ 、人間 生れて 夢にも 旦那 檨 になる 勿れ 

て、.^ じ や ^^きもの な a なが かま こ いったん こし さ たばこ いれ なた, だ ふくの をれ た 

長者 は 履物まで 直され 乍ら まだ ゅッく ft> ど搆へ 込み 一 旦 腰に 指した 煙 艸入を 又 取 出し 三 四 服 喫み 夫で 立 

f またち や つ ばん ぶんの した お のこ ばん ぶん ひ e た < ^一 の しま し^ のち またい 5 く くわ S ち SS!J け. S 

つ か ど 思 へ ぱ又茶 を 酌が せ 半分 飲んで 下に 置き 殘り 半分 を 又 一 一度に 飲み 仕舞 ひ 然る 後 又 優々 、ど 懐中時計 

ど だ なが や や そん ひビ あし さき いでゆ 

を 取 出して 眺め 漸く、 夫なら 1 足 先に ビて出 行けら 



四 



跡 見 f ながら 周章て 元の 座敷に を i け、 ff^no ィ: ゥ!?れ やくさ 

言 はう か? も - ャ 申し i のない K サこ子 や f nlv て も だき i の疆, fcir き ■ せねば な 

らぬ 

((第二 十 二)) > 

恩に 着せて f ま! sm:- に g れ, fef ら g したき の, きッき y お? す f ゼ 

? ST 持ッ て? SII く 取扱 r tfe すきん なに? いか^ません f S へば, ノく 

子孫 代々 專 i 者 商 寶?は 幾醫ッ て., 爲 せる ...5 はず? gf. &な舊 は ^ は あらま 

すまい。 な^ 丄象氣 に 時代な 文句 を 言 ふぢ やな い かそ も は ど 鬼に 辦ァノ がず しがれ のす 直ぐ ぼに ぎな ッ たり こよ 

驚いた ネ 手足 を 少し ませば ゴ トリ ど Ir がする し 鍵 すれば おる f きい れ がきし。 

夏, 小 fits: よ. 4. おのきが 羅ら。 , ノ i が, ゴ トリバ サく きがしました 

の を 若しも 聞き咎められ やら 何う 言 はう かど "11: きしました に! さん は 、ァ いぐ 气き なさる もの^ 

らしく ッ て。 ナァ 一一 何 どか 言 はれ^ どき は 何う も^ ます ヒー まふつ も... だッ たの さ。 ヲャく 

どうざく 乃き 鼠に なして 了ッ た、 ど こ fcr 事 1 の S をな しゐ ける 蒙 も r、 こ 小 さんき 霧 

へお 鹿 敷。 >J いふ " 箱屋な. 5、 有 6fe う^.??. io 

このよ て や ふゐ 5 ち あ ば しら く si : 

ァ、 此夜 長者の 不豪 に! て 柱に でう し久 1 の Tl お, トヒ 化, の^か i にかくせ 



さ >J なか/、, き てん ものお ばな や ち., ot ん 

里 n 中々 の 氣轉者 尾 花屋の 忠臣な ftN け, 9 

. こいね f- たく ► わた くろま ゆ 5, ク. -ゃ ひご あし さ お e あなた ち H っビ 

やかて 小稻は 仕度 をお は ftv、 妾し は 人車で 行く ゆへ にヒて 箱屋 を 一 足 先き に 追; 5 やら 夫れ ぢゃ 貴郞 鳥渡 

^ま jC い の かへ なん かへ 

行 ッて參 らます。 ゅッ く, 9 行ッ てゅッ くら 飲んで §: ッく. 9 ぉ歸, 9 なさいだ。 何ですどぉ歸.o^なさ いだの 

だよ けい なた ば やかへ ば やかへ おどな ま いで 

『お』 丈け 餘 w おや あ.?^ せんか 成る丈け 早く 歸 して 早く 歸, 9 ますから 從順 しく チヤ ン さ待ッ てお 在な さ 

いよ。 ィ、 ュ思 召し ハ有 6V 難いが 歸途 はどうせ 宅に 伴れ てお 光來. ^さるので せう から モク 歸. 9 ど 致し ま 

• それ ftJ かって けつ む s- ビ ま を いよ もん い よねば ち 上 

せう ュ 、夫お や 御 勝手になさい 决 して 無理に はお 止め 申しません よ 伊豫 紋に行 ッて米 八さんでも お 招 

、 わた これ い ろ.? X- こ 50 ころ ぃノ さ かへ £y i おも い なが あが 

ぴ なさ $ 妾 しも 是 から 色男の 所に 行く のです から 何う せ歸 宅は遲 いでせ ぅヒ思 ひます ど 言 ひ 乍ら 上 *9 

ぐち い な" &ど さビ さ、 や その さ * やき くが ばみ、 きこ しんつ よく さく しゃ み、 f 

口まで 出で 何事 を かお 里に 密話 きたら 其密 話は久 河の 耳に $: 聞お ね^も 神通力 ある 作者の 耳に は糙 かに 

さ きこ かへ おっしゃ かへ a きもの お い fi-Ay ばん まへ 

左の 如く 聞お たら 『歸る ど 被仰ッ ても歸 して ハ S けない ョ 履物 を かくして お置き まだ 夕 御飯 前 だもう だ 

せらげ つ い さう す も の ^1 あ を しゃく さ riSK らち ゐ 

から 秘 月に 行 ッて何 かね 好きな 料理 を 取ッ てお 上げ 而 してお 酌が なく ッ てお 淋し S だら うから 內 に居ッ 

たら 濱子を 呼んで お ffi で』 

これ おも び じん & ちう ひど さど く がば えんぷく て ci,- や ひ かく そんく わほう £• ら 

ァ 、之 を 思へば 美人 意中の人に はな, CN たきものなら お 里が 久 河の 絶 福 を 長者 ど 比較して 其 果報 を みし 

まこ ど む S- 

も 誠に 無理なら す . 

《第二 十 三】 

ゅ.^くがば,.^3^1-ろ5"4 すで ► ねんだい がく い はやみ.. J かけ ねん む I" ゐ がくせ 5 しんばつめ いしんが くせつ ひ 

我久河 滋ニ郎 生れて 旣 nS 廿八年 大學を 出で し は 早足 掛 三年の 昔し ヒ はな. ぬ醫學 上の S 發 W 新學說 は:: Z 

くら ぷ山 (第二 十 三) 四 七 



く らぶ山 (第 二 十 三) 四 八 

ビも す * ひど .^ し、 ゆ 5- 一 5- I か われ こん y ちまで ゎづ ま を どころ まも あらえ ち しき 

ど 共に 進み 人 を 追 ふて 須臾 も 停まら 卞 然るに 我 今日 迄 僅かに 學 びし 所 を 守る のみに て 新 4:;! に 得た る 智識 

す こ 3 こビ い ふ を, T- この た <:. ■ ヒ<- か、 ゾ り 

は 少しもな し 誠に ライプチヒから 郵送す る 此メチ 一! ッセ、 ツァイ トシ リフト 一一に 對 しても 壁に 揭ぐる 希 

てつ ぞ 5 たい ^.9 ま をし わけ まいにち &J いせいし けん じょ かよ し 上ち やよ し き f; た >ゥ 

臘の 醫哲ヒ ポ クラ テス の 像に S しても 恥 かしゃ 申譯 なし 每日衞 生試驗 所に 通 へ . ^も 所長の 擀 揮に 從 の 

t か $J くりつ & 升ん てい ねん C つけつ む s- す す こ i フ めい ..J ころ 

みに てま だ 自家 獨 立の 意 貝 を呈し 4^ る rJ ヒ なく 三年の 日月 夢裡に 過ぎた るの みに して 少しも 發明 する 所 

われ かく i ろく/、 つ ひ こ やぶ, -マゎ あやま ちゃや さけ あち せ fir- く 

なし 我斯の 如くに して 碌々 たらば 遂に 一 個の 藪醫 どして 終らん so す 誤ッて 茶屋酒の 味 を覺 えて よら 贅諝 

おひ ,/(\ ざ 5 て 5 そば おしろい くさ た ぼ す, て ひき やなぎ らし はん ベら さ^ を か f う ふ S 

追々 增 長し 側に 白粉 臭 S 髢ゃ裾 を 引卞る 柳腰 を 侍 座せ ねば 酒 も 可笑しから, ずビ 思ふ樣 にな. 9 不 斗した 乙 

Z はつ & ほ だ たが みっか み せんしう f われ かれ 5 ら かれ *f ね おう われ 

ど 力ら 小 稻の實 意に 幹され 互 ひに 三日 見され バ 千秋の 思 ひ我訪 は^れば 彼 恨み 彼 招きに 應 せぬ どき は 我 

は をめ このく がば しげた らう あつば だ S らく ものば 5 ど 5 もの な をば われ がくい 5 f ビも ,^35> ん 4J ま 

欝ぎ餘 所 目に n 此 久河滋 1 一郎 天晴れの 道樂者 放蕩 者^ は爲 6 終れ, 9 我 い つ どや 學 友の 伊東^ 共に 向 の 

. く あもん つ ほ ひ , 50 きょ やま はく. しゃ,、 れいちよ 5 みそ さ おんじん このれ いちょ 5 めど fi ひ ど きな.: M 

百花園に极を曳きし時米山伯爵の令孃に見染められ去る恩人ょ.c^此令孃を娶らすゃど强;5られし時何不 

そく ^だん こど つ か こ いね いまわれ こ ひ 乙う せんけつ こん やす f 

足な き緣 談を斷 はらし も實に 彼の 小稻が ある ゆへ な, c> 今 我 小稻を 引かせて 公然 結婚す る は 安 けれ さも 學 

- ) ^s,^ が く.' がば, もんり ,りろ ► くわ ^ij い けっこん せ t ん われ なに. &せ た., - 

士の末 斑 を 汚す 久河か 門柳路 花の 伍に 入. たる もの ビ 結婚した ら ど あ, て は 世人 我 を 何 どか 言ハん 世人 

ひ. ほ し W . <^%« げんかく ち 、うへ ゆる ケま いか さ われい まさら. & か ひ ん 

の 非難 は猶 ほ忍ぷ べきが 國 元の 嚴 格なる 父上が 許し 玉 は^る を 奈何に せん 去れ ど 我 今更 如何に 非鎩 され 

U 力 せ 5 が::, かれ き でき またき れら けん か S フ あし くわ 

て も 如何なる 障害 わる ども 彼ど斷 る, - rJ ど 出來卞 又斷る >i 量 見み ぢん もな し斯く 何時までも,/ \. 足 を 花 

^ ちまた ふ い ばら わた ほが のう くさ えいき >A { な もど frru かれ .^-っこん C き f^-^ 

i^GH^ に 踏み スれ て觴を 汚し 腦を 腐らして は 永久の 侮 を 求む る 種な ゥ$ ッ 3 彼と 結 娘の 時期の 到 * する 

42?1^1&^«^ち > ほ"、、 お T ftr せん < -ん ゐ わ, でのち も がく せんき. 3 ひ^ このよ うま ぎ む 

迄>翳然個中の遊ぴを思ひ斷,=^專心 一 意 我 生命た る醫學 を薪究 せ卞パ 人^して 此 世に 生れた る 義務 責任 を 



つく くち iHSWa ん つく もの さ ふ 5 し か にんげん い せいふんき い ぞく これ & くつぶ. L われ 

盡 さで 朽 るべ し 責任 を盡 さぬ 者 を 去る 諷刺 家 は 人間 ど 言は卞 して 製魏器 1 一一 n ひ 俗に 之 を穀潰 どい ふ 我 も 

こ にんげん fff? ふんき らくつ ぶし を わ てん たいち たい, V せん たい し たい ど たい なん い 

一 個の 人間なら 製 糞 器、 穀潰 にな. 9 了, 9 て は 天に 對し. 地に 對し 祖先に 對し師 に對し 友に 對し何 ど 言ッて 

ま を わけ われ このさいば や さど ば や けつ どころ がくし つらよ £ し い かへ こ どば .S た 

申し 譯 すべき ァ 、我此 際 早く 悟, 9 早く 决 する 所な くんば 學士の 面! ビ言 はれて 返す 辭. i& きに 至らん 

《第二 十 四)) 、 

( か はしげ e ろ i ふ A .& ん どころ これ わがせ いめい つ る がく お ほい けんき 5 こ、 ろ さ ひど しき かんどく 

久河滋 ニ郞は 深く 咸 衣る 所 わ. 9 是 よら 我 生命 どす る 醫術ど 醫學ど を大に 研究せ んヒ 志し 入の 指揮 監督の 

もビ あ ぶん じっけん つ げんめ 5 も ^く かた つ ひ 50 うき や 5 さ なな や あろべ ん ち. や f 

下に 在 ftv て n 十分の 實驗を 積み 玄妙 を會 得する こ ど 難ければ とて 終に 東京 を 去ら 名 古 屋の某 病院の 長 ど 

いくた き ばう せき: i ん いだ そのち ふ にん 

な. 9 幾多の 希望 責任 を 抱きて 其 地に 赴任せ. 5 

f$r7 しゅっぱつ 5" せんこ r ム せつ ひど このち のこ いな く ば ん& これ さビ S5 しば C 

東京 を出發 する 以前 小稻は 切に 獨. 9 此 地に 殘る こど を 否み たれ も 久河は 懇ろに 之 を 諭し、 今暫 らく 時 

き ま きんく s- ら. S ち ひろ. is かへ ち、 5 へ こ をち けっこん ゆる う 3 たもく か わがみ ぶん ふ さ 5 

期 を 待 ウベし 近々 の內 一 度鄕 里の 廣 島に 歸 6<乂 上に 乞 ふて 其方 ど 結婚の 許し を 受けん 又 目下 我 身分 不相 

f い う ふ さい い さ い ち ねん いっしん ふ ら i きんけん かいさい 5 ほか こ てん a" もつ W fefc 

應に 有する ft 債 を も 以後 一 年 も 一 心不亂 に勤儉 せば 皆濟 する を 得べ し 外に は 新の 天下に 最も 恐るべき も 

f- やくき ん はら つく ち ふ こ、 ろ やわら こ らせん き 上 だく 5 こ、 ろ くも てんか ば 

のとい ふ 借金 を拂ひ 盡し內 a は 父母の 心 を 和げ て 公然の 許諾 を 受けな ば 心に か、 る 曇. CV なく 天下晴れて 

め、 ゥど ばく ひって .tlj づさ ひビ なか い づ たれ y が. またみ づか れ うしん でが お を 

の 夫婦 白日 手を携えて 人中に 出る も 誰も 咎 むる もの もな く 又 自ら も 良心に 咎めら る 、乙 どなし 遲 くど も. 

£- ち ねん はや ん 50 した た む. S" く ほさ ふ 5- ざけ やけざけ 上 ふかし を ら まき つ、. L それまで ま 

一 年 早ければ 半歲經 つか 經 たぬ うちに 迎 ひに 來る 程に 深酒 ビ燒酒 ど 夜 更ど而 して 浮氣を 謹んで 夫 迄待ッ 

ゐ いこ いったん, r きた た < ほさお も そ を どこ しば わか しん 

て 居て くれよ ど 言へば 小稻も 一 旦浮名 立てられても 苦にせぬ 程 思 ひ 染めし 男ど暫 らく にても 別る ゝは心 

いや いち; 3 ん ばん どし 5 ち この ひど てんか ば そ おも いちひ こ ひ しの g くす ゑ た d 

から 厭 なれ,^ も 一 年 か 半年の 內に此 人 ど 天下晴れて 添 はる 、こど、 思へ バ 一 時の 戀は 忍びて 行末 を樂ま 

くらぶ 山 (第二 十四) 四 九 



(f くらぶ 山 (第二 十五) nsn III 

^^L^ , * これ ほさ こ、 ろ 2- ち あか わた こど f i ら 

んさ决 心し 貴 郞も是 程 心 を 打 明した 妾く しに 斷は, 9 なしに 奥さんな き 貰ッて はぎみ ません よ ぎひ も 

濟 まな S もお 前 を 除け て 外に 嫁 取らうな f」nlr も" 相 r ぬ。 です けれ^. 49?n 獻" 4 な は 鈹ビた 口 ~ ぎて、 fa 

かぬ 所 ださう ですから ……: 此 土地で 妾し、 が ッてゐ て けて ゐて さへ!:^ かへ、 ち:/ かり かう く 

*5 な は な&ゃ いで くさり どこ ュ 

どな さる 貴郞 だもの 名古屋 にお 出な すッて 鎖が 取れたら 小稻の やかまし やの!^ がぬな いから I 且 いさ!! いどし. 

ドンな §i るか も r ハ しな $0 をき な&: はぎ ilsF んは I かで 一 f でい 44- 

はない もの は 夫婦喧嘩と 浮氣、 IT 氣をこ 4 が ぼが する なら モ ッ ト徹 にか" き i のお 魔さんでも ッ てお 

ば』 ぎりし ふ にんせ 5 を どこ 

派な 義貍 知ら 卞の 不人情 男に な ッてゐ る 

語れゅもく惜めどもく§|きぬものはが1な,0^けりぁ明;.の^54っ^ー"&に^ひま^のょ四ッの概どの^だこ 

ylr& に^で す澄む r 池 i のおの ifi さあ こ 小 i れ駕が F しこ i からしに V, か.. fe 

べつ 《- あば じんせい ひ け S さど 

ぅなき5^5-離の哀れさに人生にか{る悲境もぁるものかど悟れ.5 

二 第二 十五〕 

九 r こ 小 驚 I のみ はたきに ど ぎ/在 日ビし v4 ょハ ぬきな しま §1 の 

通路に兩人半分づ..步き|!ふてぎ"^のまぉで^?舞.4ひしこどもゎるべしひ「っ《^の;2三ケに日ちは4|^^の^ 

に if へ て i だ f ぎば Y ハ; ^v,f 



く 力ば な&ゃ *n に、 ん これまで く が は ゐ 力く げんき 5 もつ f ゆ f> よく か ゐ せん?^ ん きんけん な も ひたすら こ 

久河も 名 古屋に 赴任して よ. 從 * の久河 にあら 卞醫學 研究 を 以て 酒色に 易へ 一 意專心 «儉 を 守. 只管 小 

いね むか ひ たのし いっせつむ わき か 5 ゆ.. フ た そのこ、 ろ ,.> あ い つし ゆ しゃく わい こん $IJ ゐん てう だい 

稻を迎 ふるの 日 を樂み 一 切 無益の 交遊 を絕 ちければ 其 心 を 知らぬ 或る 一 種の 社會は 今度の 院長さん は大 

の r ケ、 チキ」 な.^, -無镁 を拔 かせ. 

げ せき も a- ひど 3 こ い ねく がば しのば やち ばんげ つめい ろミ 5? しゅ. しゅ . は ひど、 せ あま むか 

實 にや 關 守な きもの 人 を 待た 卞小 稻久河 は不忍 池畔 月明の 樓に 離釉を 絞らし は 早 や 一 年 餘らの 昔し ど は 

< がば だいく つ 5 ふさい ぶへの こ ぶ すで せ 5 きゃく ば 5 ば ふだ く がば 

な. 9 ぬ久 河が 一 大 苦痛た る 負債 も 六 七 分 は减, 殘る三 四 分 も旣に 償却の 方法 立ちければ 久河 はィザ どて 

みづか かへ ふ ^ あ こいね けっこん ねが ち、 ば t これ ゆる こん/、 t せ 5 き 

自ら 鄕 里に 歸ら 父母に 逢 ふて 小稻ビ 結婚 せん こ ど ケー願 ひぬ 父 は 一 g め は 之 を 許さ > らし も懇々 の 事情 を 間 

けっこん こど をち f ど ほ ち、 かん! t-ss た 乙\ ろ へんじ せつ この どき くが ば 5 5 

き 「結婚の 事 n 汝の思 ふ 通. 9 にせよ 父 は 干渉 致す まじ」 どの 快よ き 返事に 接しぬ 此 時の 久 河の 嬉れ しさ 雨 

& しんげつ み こ、 ち 

後に 新月 を 見る の 心地 あ, 9 しなるべし . 

ネ * it 氺 

いって, 4 ものすな いろか わ こく 5 んが せん ひ お みまば る お を ひ • 、およき 

1 天 物凄き までに 色變, 9 黑雲 俄然 日を掩 ふよ ど 見る 間に 遙 かに ゴ, I ビ 恐ろしき 響きの 押し寄せ 來 たる は 

5 み なん ゆ J た 5 これ けいけん ら 5 じん まゆ い つせ つな ち ばん てんぷく や さ みづ さか いへ た ふ ひど、 

海なら ぬに 何の 怒 壽チ是 は ど經驗 > ^る 老人が 眉 を ひ をむ る 一 刹那、 地盤 轉覆山 裂け 水 逆お も 家 倒れ 人 飛 

んち くひ めい が 5 き 5 こ ゑみ、 -ざ これな お SS の 5 だいしんさいせ けんじん じ あば 

び 人畜 悲鳴、 號 叫の 聲耳を つん 裂く 是ど 名に 負 ふ 尾 濃の 大震 世間 人事の ある ど あらゆる 哀れなる こど 

お を むざん. ふこう &ぅ しょ あつ げ この どき 

恐ろしき, J ヒ無慘 なる こ ヒ 不幸なる rj ど を 同時 同所に 集めし は 實に此 時に ど わ, CN ける 

ねんく がく か 5 あら そつげ ふせ,?. -ょ K な ひさ ふ ^ けいまい まみ き けう ど せいねん せ ん しばん く 

十 年苦學 の効顯 はれ 卒業 證書 を擔 ふて 久し ぶら に 父母 兄妹に 見 おん^て 歸 鄕の途 にわる 靑年、 千辛万苦 

のち や 5 や しゅくん し めい まった て なみ ほ 5J ほ ふくめい い を ち S*J く よめい S. だ 5 ぐ すで まった 

の 後 漸く 主君の 使命 を完 ふし 手 並の 程 を 褒められん ヒて 復命 を 急ぎつ.^ わる 忠僕- 嫁入 道具 も 旣に完 く 

くらぶ 山 (第二 十五) 玉 1 



くらぶ 山 (第二 十六) In! 五 二 

整; S 明日の 黄道 吉: n を ir ルビな ぶら れ g ら ちつ,. あるが きゃ" 1すめで齡歟"んの^?を,げ11が气せしば 

か ,0 の 花嫁、. 十 年ぶ, 9 に 海外よ, 9 歸 朝し 昨日 神 5^ に 着き 明朝 は 最愛の 妻子 をがん どまへ す 都んで mm のが 

化 t , f に f" マ、 み この しんさい た 5e つ き ,5 まん { み むな 必, ち 5 5 づ 

車に 乘 らし 旅客 皆な 此震 炎の 當 日に 希望 満々 たる 軀を 空しく 土中に 匿つ めぬ 

ぎ 河よ irri ある 日 を 屈指ら i へ て ゲふ日 かぎす 日 か どぎ ち lli も ^ 鳅 g みがち な. cO が i ぎ" 日つ I ま <p よ, 5 

> でい^ !ぉ どこ ふた! y なら や きで こ ハな 5 れ 05f ト!、 t 

の 迎ひビ て 出入の 男 二人 名 古 星よ,., 來$ ければ 小稻の 嬉し さ 佩に 霄 I へん やう^く 立つ 液の 「かき ひ」 g;^ 

に 配. C サンぐ に 朋輩に もお (liHS にも ir まれ もし^し まれ もした る 銜 のおお はい fiT だの^に JLS^ の 

"&に f Fan ぶ < か はぎの, 5 ち 「:< こられ TSSQS も き: おしあ^^ 

f め ひ ょパ e つ よくげつ よく ん つ ひ きた てんむ c や 5 * 

其 日 も 其 翌日 も 翌月 も 習 年 も 終に 來 ら^ら け ft, 天 無常! . 

. ((第二 十 六)) 

心お, て 見れば &き亂 る,. i も 磨 蹴 II が. -の獻 のき 日まで は 15" き 1 の IT ぎに 厭し 五^の^ I 力に 

爭 ふて 纏頭 させし 尾 花屋 小 稻ゎハ れ今ふ 日 は g もな き!! もな き の W 膨どな ftv て ici に Mi を ませし ひ 

る種どならしこヒ盛者必衰の常|;|ヒは|ーーロへ|^に刊抛の概尉1^は|5§^る,0どゎるも^嫩み艮|でかず 

きる 乙 どの わるべき 

ffmff. きん r」 さ 尨? せて われ に i る も t かせん iiiti や 一 



しん つれ f こ、 ろ さま t. のぞみ えがかせ あめ 5 つら た,、 おんみ • f の なんみ 

身の 伴侶 ど 思 ひ 心に 種々 の 希望 を 書き 風 を も 雨 を も 憂さ も 辛 さも 只 御身 わるが ゆへ に 忍べ 6 御身な けれ 

く がば な ff くが ば たいく く が は せ. 9 しん か たれ かしろ むで うか へんの ほ;; もど これ こ いむ 

ば久河 無き も同樣 なら 久 河の 体軀 はわれ^も 久 河の 精神 は 枯れた るな ft- 「誰 知 無 定河邊 骨、 元 是紅閒 夢 

の ひど この^!ーくろ この 51- くろ ど もんさん せん こ 5 ふん. L やく わい け 5 めい?; -か こ い 3 はて ば いろ たき やま さ 4 

裡人」 ァ、 此 髑髏、 此 髑髏 は 都 s; 三千の 紅粉 社界に 嬌名 高 か § し 小稻の なれの 果か羽 色めで 度 山鳥のお 

か ♦、 み むか まゆ チみ かすみ ひ くちべに さ、 いろみ . むか t な ば ゆめ t 

の 鏡に 向 ひて 眉 黛に 霞 を 引かる 口紅に 整 色 見せし 當年 はかく 成, ON 果てん rJ さ 夢にも- C 思 は^. 9 しも 

おも さ だ よ なか 

の をァ、 思へば/. \.i えめな き 世の中 や 

^くろ むか せいざ めいもくお も どころ ばた なに &ど かん ビ ころば なにもの む せ 5 むせ 5 む せ 5* 

髑髏に 向 ッて靜 坐 瞑目 思 ふ 所 果して 何事、 感 する 所 果して 何物、 無常、 無常、 無常! 

ゐん ちゃ 5 しょく なげ 5 がくし めい 上 す さま けいるい さ SJ*..!U- き gi.- でい さ rO た • 、す ひゃくく わ 5 しょせき いっこ "- くろ 

院長の 職 を 擲ち學 士の名 譽を棄 て 万般の 繋累、 万般の 希望 を 泥土に 委し 只 數百卷 の 書籍 ど 一 個の K 髅ど 

たづ さ へう せんな £ や さ こ. s,!;? ^ だいじ きこ ど 5 き や 5 こ 5 めむ らち や S. けい c かた ほど 《- さ 5 あん むす せん Lc つ の ひ 

を携 へ て 飄然 名 古屋を 去. 5 小稻が 菩提寺 ヒ聞 えし 東京 小 梅 村長 慶 寺の 片 傍に 草庵 を 結び 「千秋 追慕 之 碑」 

た あさゆ ふ わ か 5 よねん く がば しげた ら 5 べつが 5 む せ 5 るん し 

を 建て 朝夕の 回向に 餘念 なき は 久河溢 一 一郎、 別號 無常 隱士は ど わる 

をの、 ちいく もり かわ ほし 5 つ む せ 2.. &んし ゎづ っ& たより ある ばく どう, Jy5 . さ いつ 

其 後 幾た びか 物 變り星 移ら 無常 隱士も 僮 かに 杖 を 手 賴に步 くほ^の 白頭翁 ビ はなら け, 9 去れ^も 何時 ま 

かわ このつ ま こ ゐんし なきせ 5 にん ばか むか あさゆ ふ. W か 5 ひ 50 

でも./^ 鍵らぬ もの は此妻 もな き 子 もな き 隠士が t 情. <の 墓に 向ッて 朝夕 回向す る rJ ビの 一 ッな. けり 

をん な S くわん じ や ち れ 5 をの ほ し- ゥ をの ひ く せいけい いどな みづか ほ 5 いた 5 す ゎづ かんしょ し 

村內の 患者 を 治療し 其 報酬に て 其 日 其 日の 生計 を營 め^も 自ら 奉す るて 30 至ッて 薄く 僅かに 寒暑 を 凌ぎ 

き かつ しの ほか 上く のぞ このら う をう ぐ わ いけん なん くろ 》> たのし 

饑渴を 凌ぐ の 外 慾 も 望み もな き此 老翁 外見に は 何の 苦み も 樂みも なきやうな. OV 

こ き ちか ばくば つ ら S を 5 よ ふ ひど さ だ のち さ 5 あん いっしつ 5;」 くろ こ {3 ゆ なみだ を e 5 ろ ほ か ひ し 

古稀に 近き 白髮の 老翁 夜更け 人 定ま, 9 て 後草 庵の 一 室に 髑髏 を 孤 守し 淚に釉 を濕す こど 彼の 人 死して よ 

くらぶ 山 (第二 十六) § 



くらぶお 



二 十 六: 



よ むん いま のち か A わ 

四寸餘 年の 今の 後まで も 曾って 瑜らす 



彌 生が 岡の 黄き 春雨 を f ひし SMPlr をく 酌みし sfl きの 濃^^ 

i . ひど ゆくすえ 

.^水の流れ5,^人の行末《 《大 尾) 



⑩ an 4- If a はん ゆつ 戯稿 

ぬし かへ おも ビめ むかし おもだ. 1 

『生の 歸. 9 が遲 S につけて 留?^ 昔 を 思 ひ 出す 

^ZL も 5>J に まんばし 改ん ゆび かぞ ? ね ぶん ひ W ひろ し 上-しの や こ <• なげん じぐ5 ま かたさ 3 f f 

妾 も 元は 日本 橋で 五本の 指に 數 ベら れ隨分 人に も弘く 知られた 芳野屋 の 小歌 源氏 車の 方樣^ 思 ひ 思 はれ 

S きな た るお たが おもしろ ばで L つく つ ひ しゅび おも ビ 

浮 名 立てられて は 意地 どな ftv 互 ひに 面白き こ ど 華美な こと tt 盡 して 遂に 首尾よく 思; S を^げ やかて 一 ね」 

じな よ しま だ や S まる わげ む e- ざけ の み かチ ほうばいし 5 5ら や この, y ろ ぬし 

の 字の 名 を 呼んで 島 田 も 野暮な 丸資に 無理 酒 飲まぬ 身ヒな ftN て數 わる 朋輩 衆に 羨まれし にけ ふ此 頃の 生 

5 はき き • み、. S せけん 5 ば さ げいしゃ & ね よ..: てう くらが まつ 

の 浮 氣を閬 かぬ やうに して ねても 耳に 入る 世間の *、 藝妓も わらう に 撰ら に 撰.^ て 腹 町に 鞍替 へせし 松 

>^ こ しづ も^ゎ^:^し いっしょ よしの や ビき け S だ. S さう や 5 なかよ つき is- 5 つら かた あ St こ L づ 

屋の 小靜、 元 妾 ど 一 緒に 芳野屋 にわ 6 し時ハ 姉妹 固 樣に仲 善く 交際 ひ 憂さ も 辛 さも 語ら 明せ しわの 小静 

な. じみ かさ なに 5 ら つらあて を どこ を どこ をん な をん な ばら た いま &ろ ぉ< ざ - 'き 

ど 馴染 を 重ねら る, -ヒは 何 を 恨みての 面 當か男 も 男なら 女 も 女な 、 ッ 腹が立つ 今頃 はァノ 奥座敷で 

Kf- づぃ これ ふみこ くろ 5 ど ビき によ 5 ぼ 5S. んきみ か; 3»5;\. わら 

水 入ら 卞に ……: い ッそ是 から 蹈 込んで •:•:•• ィャ )(.• 商賣 人の 時 は 女房 恪氣 見ッ どもな しビて 兼々 笑 ひし 

み あさ ばか さ こんや C すまた かへ w つけ 

身が 何う して をん な淺 慮な rJ ビ が爲れ やう ど モク 今夜 は 一 時 過ぎ 又お 歸 なき rJ どか ァ 、 rJ れに就 

VW むかし おも だ 

ても留め^:!昔を思ひ出す , 

《二)) 

f こ、 ろ tiV ひど ォち みすち な 5- きょ 

『思 ふ 心 は 只 一 筋よ 三 筋に 鳴る の も 浮世 „ ^ゑ 

百々 逸釋義 五 五 



百 々 逸釋義 I _ 

『上 邊は浮 か れ て 流れに すめ^ 眞は動 かぬ tr- の fsl 

主 あれ バ rJ5 此 生命 妾の 心 は 奥の 奥まで が,? ながらが;: g わ |& ぐらし やん す. 齢ぐ らしゃん せく g ん 

が こぼれるならば 枯れし 柱に なせ 花唤 かぬ 酽れ しお をに なせ らぬー "一き ビ黪 るの がね^ に^さ 卞ば きの 

撥に 恨み をな せ 被 仰らぬ 水に it かる.^ ァノ お i を Ih し は «ヒ ず やしゃん す i は 三 ッ四 ッ五ッ に^くれ き 

形 は 1 ッで ムんす どえ 害 I ^ぬぎて TIrK に f Tr きしみに i るお が i しさ を, わが f 

泣かせる ばか, -が 氣强ぃ 男の 能 かいな 叩 S て, お I らが « るなら;^、;, かせに したう へで ね^^た いやら 親^ 

しい やらのお 話しで も 早う 聞かせて ずさんせ。 ナ % 目で 出たい II し ヒは。 おかくし なさる. 4:1.^ の.; a 

»^ ゆつ こしいれ &ざ をれ を な ャ ^ ^ 

樣は 何時 S 入で ムん >。 夫 を i は 何う して。 でか sm?" ペか" の ir ぎ ま はる i 

ひど f* ら むし L 1= 

I もの 人が 知せ 卞 i 虫が知らせて くれます L に i られて g しがる は S 、の;: C 、いき vr してた 立 

く き らく 力 で ンドっ 

て i 下さん す。 氣樂 さう に 目 出た い • どやら 羨まし い ヒゃ, 4 一 n ふて!^ ふて がた け^き!! が こ 51 みら る 

ほ 4 さわ.? かほい ろ ふきげん たつ その &ん だ, r- く -,. * 

i 程 我 顔色の 不機嫌なる も 實は其 緣談が 苦になれ t こも、 アイ。 ^ ッ取を かしな。 

『無理 はない どへ ァノ 人なら ば わたし も きれて ゐる - ノ 

チヨ イビ 小 梅 ちゃんけ うのお おは 酽れて も 黴は铲 かない g^p??^ いか! -づ |3 ろ はき さま 『いがき^ ビ なく 

水際が 立ッ て? キタ、 ッ S ッてゐ るまで 1 ふ i に は 1 さ 6 ッ つ 服 ぎ か で:^ S が獻 ii 



ばん ひ ゆき xi *> .S む だ の 上 さけ aJJJ 上 の t やれ 

の やうで 万事 行 届いて ぬて 言 ふこ さに 無駄が なく ッてチ ョ ット 喉が 善く ッ てお 酒 も 程 善く 飮み 洒落 も 

i--^ い ビし かんべ い によ- "ほう こ 上ね 

程 善く 言; S 年が 勘 平さん おやな けれ^も 三十になる かなら 卞で 女房、 が;^ く ッて。 オヤく 小米 ちゃんお 

前 は 女房の 有る 無し 1H で 知 ッてゐ るの。 ナァ 一 一 知ッ てぬる ビ いふ 譯 ではない が 無ければ 宜 いど 思 ッてゐ 

きつ ビ 5 ち こ 5 さ. sijfi' しょ なくさん あ てつだ 5 かぶ たくさん も 5J tvf み よ あ 

る の サ屹度家に^^公債證書が澤山有 ッ て鐡道株も澤山持 ッ て ゐ て土藏1ニ ッ ゃ四 ッ は有るだらぅム、ぅし 

きつ ど た C つ こくく わ. S ぎゐん あ かた f おまけ しば ゐ せ せつ す おな & む &くビ W あっか 

て 屹度 他日 國會 議員に でも 擧 げらる、、 お 方 だら うど 思 ふよ 加 之に 芝居と 小說が 好きで 女子 を殘酷 取扱 ふ 

きら かばやき きら . ちが ft'^llsll な ひどく ら 5 み - 

乙き, - わたしの 嫌 ひの 蒲 燒が嫌 ひに 違 ひない よ ァレで 浮氣ッ ぼくさへ 無け, 9 や 一 苦勞 して 見たい よ。 ォ 

まへ あ しやべ S ち まへ ど ほ 《- す この ビき ぼ, T- ろ 5 つめ .ひ しの む s- 

ャ (. お前が 餘ん ま, 9 喋ッ て: Q るから 家の 前 を 通過ぎ やう どした 此 時某樓 に爪彈 きの 忍び 駒 「無理 は 

ひビ じつ ほ ふた リ かほみ あば こビば 

ないどへ ァノ 人なら ば實 にわたし;^ 惚れて ゐる 」o オヤ。 オヤ ど 兩妓顏 見合せ て 言葉 4 &し 

《四)) 

あ ばな かへ か 、ぎ S-L 

甲 『逢 ふて しみく 話し もせぬ に歸 しゃ 歸 るか 義理 知ら 卞 . 

ひざ も め つ うへ せなか まね . " 

乙 『膝に 持 たれて 目につ は附け ,o> や 上で は脊中 をな ぐる 眞似 一 

あなた わか み つき その あ ひだな. S お か ほ ばき ぬし まよ わた つみ さ 

貴郞に 別れて 三月の 其 間 泣てば ッから 居. ました 欺 程 浮氣な 主^ は 知らす 迷 ふた は 妾し の 罪なら 去れ さ 

まよ ぬし つみ おも こよ ひ あす. S な , な ざ たま かほみ はな... - 

迷 n せ たるまの 罪 ハ まだく 重し 今宵 も 明朝 も歸 すこ^で は厶ん せぬ 稀に 顔見せて まだし みぐ と談も 

かへ , せこお. で こどば もんな ば もの いつな たび もの こわ 

せぬ うちに モウ 歸 るな^-^ 何處を 押せば 出る 言葉 ど 左 檨情剛 者に は 何時 爲ら ました 旅^ S ふ 者 は 怖い も 

ゎづ み つき あい を どこ たび てばな た を どこ なさ f> ぎ S- し ff^^ それ 

のなら 僅^ 三月 可愛 男 を 旅へ 手放せし 爲め おたら 男 を 情け 知ら も 義理 知らす の惡性 者に.?^ した. 9 4K ども 

百々 逸 釋義. 五 七 



I 百々 逸釋義 Is 五八 

久ヒぷ でのお 歸 京め へま だまる 艇 がた 配: g ある どお % きる のか、 サァぉ tsug を せねば L 叱から る,^^,, がわ 

るなら 無理 止 I しませぬ Irs" まあ ふ" き V 先き 方で ぎひた $11, &ヒ、 となれ バ はきお さんの 

所で も 都. 路 さんの 所で も顏を 見せて お^.?, れ。 ; ili お i&f ら ドレ il^ もお てられぬ m に^ ッて g お S 

ヒ i 口 どで も 抱いて 寢 ませ 50 ど男は少しム ットして1ま|^に^れ|4ちか,.^れば|^|&に^,«,りき丽 

を 取ッて 離さ >れ ば 男 は。 ュ 、ッ: な 一 f5 なず は ポット ^ の mi さんに でもす るが f^so ヒ" あ.^.^ がれ 

ば: ェ、 I 郞. :••: 貴 郎餘ん ま.. なお 田 rs.. で :4 ざん す で :5 ざん すか。 0^sf0^ 

追 出されて I らぬ程 If なしに S おぎお g., だ。 鎖 7t かね? らぬ II きな、 b ぎ g け 

て わるもの を 妾に 返して 行かし やん せ。 ナント g けた もの ビ は。 モク&^^てか|^の&"には1しの#ュ|鶴 

けて おる は づ夫を 出して K はねば 夢にもお いも きょひの la に 》ッ て 肥て は: < ど 妙れ すす やねば な.? ^せぬ。 

折から 金 蘭さん へく A 番 のお 客樣 さへ チ ョ ィ トカ i を Is して i.^ され ど!.^ は^ 

わる まへ 1 や 5 、 > 、 -V l i* ニ\ , J/ 

惡ぃ ゆへ お前 宜 S に 言 ッ て, へして おくれお はき 巨お は 力 可 1 ィ ひんの 鰌 を i れる乙 §15 おな S 

リ あなた な^ L あん いで -2 b ど 

言ッ て.: 「: 主、 ッ貴郞 はまお 何 を 思案して お出な さる^に て j,: さんせ。 ど妒 ど^ g に^たれ か.. 6, て^ 

く (甲の 解) - 

ぎ 1 く i にぎれで,. おあがめ S に けお が f sr 一て? る^よ ろしく わ 

る 是れ女 は 四ャ八 1;^ の 「きお? i したる S に に P んの き.. の P ぎお る、 あ、 ッ、 A い 



、 I この 上 5 つ 3< かへ む f> ん. しゅび かな おつかい 、 

し 知ら 卞此夜 更衣の 無心 首尾よ. く 叶 ひしゃ (乙の 解) 

重 

『素振ft^て心は知れそなものを歸..=^ゃ歸すか乙の雪に 

ちち しゅび あん ため 寸こ み、 ビほ き こんばん 

ナ 一一、 宅の 首尾 を案ヒ るから ど、 ヘンお 爲 み/かし は モウ 少し 耳が 遠くな ッ てから 聞き ませう 今晩はつ 7^ 

はな せひき くだ せひ e ば e ふた なか ほさ いつ を わ みつ ふたく だ 

る 話しが わる ゆへ 是非 來て 下され ビ 是非の 字 を めに ニッ 中程に 五ッ 終りに 三ッ かへ す-^ もの 二 行. OV 

うち まで ふた か きふ や 5 5, 一 もの ど あ やま さ 'こ きみ ビ 

の 中に 又 ニッも 書いて おる ゆへ ョ ク くの 急用 だら うど 取る 物 も 取, 9 敢へ 卞山阪 越へ て來て 見れば 飛ん 

かざ v,ri J-alM れ ばち あた ,=■ へ ! x ち $1 こ ひ を "いろで 

だ風變 6 自惚 の罸が 當ッて 「をれ おやお 歸. OS なされ」 ど は 何ん な 撥で 何 處を彈 けば 其ん な 音色が るどサ 

おこ *vrj ろ .^^ん^.-ん & ほんぞん この あ &.' さま t かた ば か /\ うち しゅび あん くらね & L ん ii- つ 

憤ッた 所が 肝腎の 御本尊が 此有樣 おや ft 方がない 馬鹿々々 しい 宅の 首尾 を 案じる 位の 御 親切が わる r ぶら 

む. か て みだ い ちゃ ひ ビき 5- つ よ • ひだ くだ 

ば * めッ から 迎; 5 の 手紙 を 出さぬ が宜 いや、 ハ ィく お茶 を 挽き 3 うな 時 は 何時でもお 呼出し 下さ いお 

うめ あばせ やく た 《- つば か ♦、 し を£ こ ^んど 5 かへ S んゎ SJ き わ ゆき ふ 

埋 合に は 役に立 ゥ 立派な 案山子 男です ド レ眞 正に 歸ら うか 運の 惡る $ 時 は惡る S もので 雪まで が 降 ftv わ 

ぎ y いっぺん ^,、 td ゆ * な しぶく で ^ おもて ど ほ す &. 5> く as か く. CiM う 

がると お 義理 1 片に 止める 铀を ふ, 9 放し 溢々 出て 行けば 表 を 通る 醉 客の 放歌 「ふられて 果報 どい はる, - 

たま ゐんケ わ ま 上 つ i?4 'ら ば か 

よ.. 稀に や 因果に 迷 ひたい」 ェ 、 $1?/.- し 占まで が 馬鹿にし おがる 

S 

もし 3 んぃ *f み つけ をの き あこ い 

『若 も 万 一 見附られたら 其 時 や 兄 だビ言 ひぬ ける • . . 

乙ん や だんな a ま S あさ つて か、 ゆつ み 乙し すえ のみ を 5> つ ありがた 

今夜 は 旦那 は濱へ 往ッて 明後日で なくち ゃ歸 ftN やしな $ から、 緩く ゥぉ身 腰を据 てね 飮よ。 其奴 ァ 有難 

百々 逸釋義 五 九 



百 々逸!? 義 m!!! 六〇 

いだが お 新 下女よ のお まつ は!:, へ ぃ往 ッた 。が i%n 赚衡 が銜 11: に撒ッ たから; |<れ も i たし 11 にも TT ゆか わる 

からどい ふから 緩く, ど 一 晚泊ッ てね 在 ど 趾^ を Is してや ッ たよ «から艇;;|ぉ^:^?炉"齓|3で縮が|2 

く飮めるど思ッた加之に乃公の好.な酢蠣はさぅしても.54粉|-5^£|はれぬ1がはぉ組1~々0 ホ、、 

芳 さんね 前ば から 飮卞 とチ ツビ 妾し の 方に も i してお ダれ な。 戯^ 乙. CV や f か ッた。 どお こ n さき? をお ひノ 

, ^んな を どこ なみ z\ つが よ. し ハ まさら や f 

献 せば 女 は 男に 波々 ど 注せながら、 ね vu 方さん 今更 S ふ も sy^s から ツイした こビ から g くなら が f^i の 

こ, び あ ひ " き な 1<*- だ C-VJ い く らう や 一 CI 1 ? 

来ぬ 夜に 首尾 をして 逢引す るの も並大 低の 苦勞ヒ やない ョダ し";;^ をお^ しなら の^に 赌 にす し旷 

崎な^で ャケ 酒呑む やうな 水 5^ ぃ船爲 は:^ してお くれ。 ; gii うず はれて^,, や 一,Jr のの け もない が鮮 

しお 前 も 今 n 立派な 圍者も 吾 wSIs で こ 小 1 ビ てま で!^ て 達 をず ッた晴 ど は!! ひ^ I たさんの yl^^ も劓 もな 

ぃ樣 にして 可愛がられて 見.. やそ 其こ處 はね まも M 傲で • からで 出た 續ビ な, c,、 しッ か. co めて IS へる, J ども 

ゎるだらぅど思ひゃァ乃<ムだッて餘,c^氣l:がょくnねへ:<,のgのll鍁はっ7くずらぃものだ0 

わた ちゃじん そん .5^ ぅ卡ん まへ -ろ 

し S ナンポ 妾し が 茶人で も 夫な 量 見なら わ^くお 前 を |p だに やしない ョ、 ナ 一,、 5 のて 手の^ rl^ (^ 

の 師匠な らん) の 一 弟子 だから ヒ •:•:: 人 …:… 他の ゃ勞も 知らないで。 コ レサが がが §1 か ツ^^う 縱 るな 

:…… 夫 は 然ぅヒ お 身 腰 を 落つ けて^ む" い、 がよく ある^で が 1 お ま^ど ^s. を^せ 9^ を 1 させ n を 1^ ッ 

て 裏口から 密夫 見附たな^ は 御め I だせ。 ホ、、 おしで な S 型ず の II ず はな &| で まの!! さ ポどチ 

ヤン ト知ク て&る 妾し 夫な ド チ t 事 はしな い ョ 、 5^ も P^T の が わ ッ て^ は ヘ^ツて - 




百々 逸釋義 



かね f だんな き 

ねる ど 兼々 旦那に 聞かせて ある ョ 



mm 



人文 子 mB 5 一 

® 入 文于 石橋 忍 月 稿 

にんげ つまん" ひつ. つ,、 あ- か たんぶんし な も 2 やみ やみ *J ,つむ つ, ひ あ ひど 

S 月 漫筆 を 綴, ON 合せて 假, 9 に 人文 子 ヒは名 づけた ftv 素よ, 9 暗から 晴に 葬らるべき 身が 遂に 或る人の 

おだて の: あかるみ K ち さら いづ こ なに ゐん ゑん 

煽 賞に 乘 せられて 明 所へ 恥晒しに 出る 乙どゝ はな, C> ぬ 是れ何 かの 因緣 か 

1 、 美術的 思想 . 

*i ん せ;^ I は〕 -^, ^ れつせ 5 れつ.^, Y け 5 ねつ ど なん ども か しんび かた た & じん しん ぞ 5 くわ 

金錢の奴隸どな,.^て劣情劣慾の狂熱にぅなさるゝの徒何ど共に斯の審美を語るに足らん吾人は信卞造化 

はんげん あ ひ さら たつ れいめ 5 し かう び eg つか た 5- じ 4J つ 5 いだ げんざい えいき 5 ほ ぞ ん 

か 人間に 與 へ たる 美 想 は 實に靈 妙 至高の ものた る を 美術家 は 啻に 時日が 生み出す 現在 を 永久に 保存す る 

3 ば. L 上お ぷ つたい ふきう もの & ゆ 5 こく か c,t> ら,, - 

のみなら 卞亦. だ塲 所に 於け る 物体 を 不朽^ら しむる 者な. o( ブ ラテンの 語) 幽谷に 佳人 あら 蘭 ビ$ ふ 一 に 

4* ん、 .fr いの か. いて 4- ん . なん れいろう t か 5 か ゆ 5 こく か か. & てい ひんせき およ どころ 

何于 秀逸なる 海底に 佳人 あ $ 珠ヒ いふ 一 に 何 ど 玲瓏なる 而 して 斯の 幽谷 斯の 海底 は 人跡の 及ば さる 所な 

が, ^くわ 5 たつ どころ か か らんこ しゅ たづ さ さた & じん せう かい ま こ このび r$ か 

ら 眼光の 達せ る 所な, 9 然れ^ も 斯の蘭 欺の 珠を携 へ *6N て 吾人に 紹介す る 者 は 亦 是れ此 美術家 を 

あ、 さう てんじゅ のう び さう け 5 ふくいく はな もつ じんせい お, - てい 1§ ?>ん めん き ちう ビ やくざい く ち *r 

嗚呼 美 想 11 天授の 能た る 美 想、 卿は馥 郁の 花 を 以て 人生の 奥底 を 敷つ め 眞綿を 喜 中に 採ら 藥劑を 苦 中 

次 A くわう LAW . こ せい めいかい そのもの ばんせ 5 まね た わ ん だ., r せんけ 5 てん こ、 ろが 

に 選 ぴ光ど 眞理の 古 井よ, 9 「明解」 其 者の 反照 を 招かん が爲 めに 黃 金の 導線 橋 を 天よ ftv 心に 架す る 者な 

このせ 2: 5r あたけ ろ こく めい せつが くしゃ か せ 5 そろばん もつ し か 5 ゑい ゑんた ま i 

此頌 を爲す もの 豈に ロハ チフリ ス (魯 國巿 名) の哲學 者の みならん や 彼の 一 場の 算盤 を將て 至高 永遠 玉の 如 

すかせ 5 I ぶいろ 5 び じゅつ f> ものうぐ ひす ほふ- て 5 り にん むし あはれ ぴ 

く 水晶の 如く 玲瓏なる 美 * を誣 ねんどす る 者 鶯 を屠ぅて "ースを調理するの忍をなす箏^€憐むべし美 

さ,^ な か t つえん て,^ はき やく めぐ e ゅ&ん せいせん おんかい け 5 ねつ いづ くん きな この cg& ん せいせん きく 

想 は猶ほ 夏日 炎天の 旅客に 惠 まれた る 樹陰の 淸 泉の 如し 塵界の 狂 熱 蓋 ど來 ゥて此 樹陰の 淸泉を 一 掬せ 



Y 言い 如 



^る 

, 二、 「美」 ど 算盤 - 

せ たん わ., n,,,,,.- いわ & こく びん ぼ 5 上ろ Cos- e つ わき はか び ゆつ せいたく じ 

世人 往々 曰く 吾國は 貧乏な. 9 宜しく 實利實 益の 乙 ど を 謀うて 美術の 如き 贅澤 なる rJ ヒに從 事す ベから す 

なん あやま ばな はだ し だ. & またし び いぐ わい た f しゅさい ビ ころ ゆ ゑ 

ビア、 何 ど 誤れる の甚 しき や 「英」 は 至大に して 亦 至 微な. 9、 智、 意、 以外に 立つ 情の 主宰す る 所.^, 故に 

をろ ばんてき L さう たなこ、 ろ だいかい みづ はか ばん か よしいへ せきぐ わい わ 5 

算盤 的の 思想 を 以て 之 を 測度 せんどす る は 掌 を 以て 大海の 水 を 量る と 一 般 なり 夫の 義 家が 勿 來關外 櫻 

くわ たい t^rv ちんち ろ f: くわん けいたい ふ >x- り 5 ば か こど ひんせき をば そろばん てきし 

花に 對 しての 風流 もナ。 ホ レ ヲ ン が 陣中に 詩 卷> ^携帶 せし の 風流 も 馬鹿げた 事な. 9 ど 擯斥し 了る 算盤 的 思 

さ 5 か て., - せき ゃゐき AJ5 ばい や わ 5 &ん だ. S けん 3> よく & じん たし み ど しか せ かい 

想 家が 朝夕 隨喜 崇拜 して 止ま. マ a る黃 金の 大權カ わる こ と は 吾人 も 確かに 之 を認む 然れ. ^も 之 を 以て 性界 

い いつ だい けんりょく K-J じん その ぜんれつ わらば わい 45 ^ f( しんせ ろしんし い 

唯 一 の 大權カ SO なす 者 わらば 吾人 は 其 賤劣を 笑 はさる を 得す 况ん ゃ是を 以て 彼の 滔々 たる 紳商 紳. H 輩の 

れつせ 5 れつよ く も ざいあく を か じゅんけつ む じゃき くめい おち & き かい いた ま 

く 劣 其 劣 慾 を 漏らし 罪惡を 犯し 純潔なる 者 無邪氣 なる 者 を 薄命に 陷る. -の 器械と なすに 至って は 後た 

しの も ふじ さん. xvu か. S せうた よ I をろ ばん れ s's' つ & じん 

ふに 忍 ひ^るなら 若し 富士山 動いて 海上に 立つ の 世に 「美」 XI 算盤 は兩立 せ^る もの どなれば 吾人 は 

そろばん す いだ すいち 5 f 

寧ろ 算盤 を 棄て美 を 抱きて 水中に 投 せんの み 

三、 美術の 妙 

び しゅくわん てき かんねん ゆ-お ひビも ぴ かん こ、 ろ だつ り よび め 5 くわが くしゃ ぶんせき 

美 は 主観的の 感 念なる が 故に 人 若し 美 を感. ずるの 心を脫 離せば 世に 美なる 者な し 美の 妙 は化學 者の 分析 

めいさい ぶんせきせ ちぎ & しか その ぶんせきせ うぎ かへ その か... が れいめ S 

に 於け るが 如く 明細に 分拆 定義す る を得卞 然れ. ^も 其分拆 定義す る を 得^る を 却って 其 高雅 靈 妙なる 

ゆ ゑん そ まん ゑん じつ くわん ねん はんげん ふくわん せん & その だ. & け. &ょぅ 5 

所以 なれ 抑も滿 圓充實 せる 觀念は 人間 不完全の 語 を 以て 其大を 形容し 得べき にわら 卞 



n 入 文 子 I 

^る だ d ぞの II の 一ず ひ i 、すきだ ざる V ききて 日く 『お 1^ のまに (和錢 安道 寄惠建 茶) 胸中 似&故 人面 、口 

不能 言 心 自省 どぎ 一 iw4lrf^l&^v へからす 之れ きき I るに 非 气ロ言 ふ 能 は f 

& じ んド& .f* ゥ めう ? ( ^ 

のみ』 ヒ 吾人 美術の 妙に 於ても 亦た 然か言 ふ 

四、 美術の 永遠 不朽 

li 赋 k か 11 ひ 口 r つきらん ヒ するどき は 1 獻" 不き きをき 期せ^る ベから 卞 千載の 下 をして 欽仰百 回 措く 能 は^ 

らし ひるの 惜 1- なかる ベから 卞 ミカ ェ ,, アン ゼ。 の 繪霤に 於け る ゲェテ ー の ファウストに 於け る甚五 

が m 滞 こ 於け る!, な g ら^る はなし 故に 貧. 14 にして 巧妙 秀逸の 美術品 を 作らん と 欲せば 幾多の 苦心 經 

I ゆ i がの^ r&l^ を is ま ^るべ から 卞 1 さ 嗟の あ I にし 仕 どげ て に Ir は &! の甚 しきものと 謂ぶべし 試み 

に1まの^^1?&たる:&に_8%4§1んに£が"淞^の唯も僻れすして天下後世の笑を怕れしが如き又語不 

ぎん み この かく & i ^ 

レ驚レ 人 死不レ 休ビ吟 せし が 如き 皆な 此覺悟 あるが 故な ft- 

五、 詩 は 一 字 さ雖も 苟も 下す ベ から 卞 一 字 佳な ら^れば 全 作 佳 を 失 ふ 

、t すで さみ ふで 

|監離ん.-ぃふ^ぉ€^1^1|にまじて&く前峯月照ー 江水、 僧 在 翠微開 竹 房ど旣 にして 去る 觀る者 わ.. 筆 を 

ぎりて 「 一 」 のお を あ て 「半」 のおに I くる きんき \ まく こど i 十 里观ち 「半」 の 字 を 得て E かに 回, 9 之 を 改めん 

, , r L5, さ < !. ち A らおり づ. & ち. air た ん かつ こう:, i ん てい をのた か むら ぃク いば 

ビ^せ しに に 1" めら る ビ^ム, I るべ し 一 if ので;^ -か IS ら i 短 わる を 曾て 弘仁帝 小 野 篁に 謂て 日 

おかむ らいば ぎょせいお ほひ か た *、.! , 

く iiH に i んで 一 資を P だ. 4! く 閉閣唯 聞 朝 暮鈹、 登 樓遙望 往來艄 f 雷く 御製 大に 佳な, 9 唯 「遙」 の 



t あらた t つく. ます/,、 か ^i. 'いは こ ばくき よ. 9 L つく い まどく t 力 

字 を 改めて 「{ 仝」 の 字に 作ら は 益々 佳な らん ど 上 曰く 是れ白 居 易の 詩に して 「签」 に 作る 今 特に 一 字 を換へ 

.2 んち こ、 ろ 上 9 こ じんよ 55 ろた う し &トん ひ どへ ば S こん し じんく わか この かく & けんしき 

て 以て 汝に 試む ビ 因て 以て 古人 用意の 周到なる を 知るべし 吾人 は 偏に 方今の 詩人 書家が 此覺悟 見識な き 

5 ら こ らいめ. 9 た 5 いだ たんこ 5 こ 54J したが もくよく さい くわいに くよ く た しよく 上く いまし しんぶつ いの 3 んく 5 ねっしき こ 5 

を慽 む古來 名刀 を 出せし 鍛工が 工事に 從 ふや 沐浴 齊戒肉 慾 を斷ち 食慾 を 戒め 神佛に 祈ら 満腔の 熱 識をェ 

e ,v 、また • かへ w 4i つせ S もビ i£ ビ ころ びじゅつか の * つ 

事に 注ぎて 復た他 わる を 顧みさり しが 如き は 實に& 世の 下に 求む る 所 われば なり 美術家た る もの i 能事 

なん t t さ, r- < わん か ほん ぞく まん あ 

何ケ 一 時兒曹 の歡を 買; S 凡俗 を瞞 する に 在らん や (梧 窓 詩 話 參考) 

六、 美文 . 

び ぶん すなば び eg つてき もん ij t べつげん たんし S かんし しゅ 5j , 

美文 ど は 則ち 美術的の 文字なら 詩 を 別言した る 者な, 9 單に詩 ど 謂 ふ ビきは 漢詩^ 思惟す る,.^ の も わらん 

+-5 & きいて 5 もんじ し ゆい しか & たん IM* なば び ぶん かんし わ か ばいかいり ね 5 なが 5 た 

結語 整調の 文字の み ど 思惟す る もの も わらん 然れ, ^も 吾人の 詩 即ち 美文なる 者 は 漢詩 和歌 俳諧 俚謠 長歌 

ど 5 けつな せいて 5 もんじ もちろんき 5- 上く せ 5 せつ マ —,- ヘン ファ ペル S05 さんぶん いへ $J びじゅつてき もんじ ポェ; -ン卜 い なん 

等, 結語 整調の 文字 は 勿論 戯曲 小 說奇話 比喻談 等の 散文^ 雖も 美術的の 文字 は 盡 く 詩 ど 謂 ふなら 何 どな 

な じん ぐ わ S めんすな ば けい. L き • ひ ゆ しい あら ないめんすな ば せいしんせ 5 ぴ I, C せ 5 

れば 吾人 は 外 面 即ち 形式 上に 美^る が 故に 詩ビ謂 ふに 非卞 して 內面 即ち 精祌 上に 美なる を 以て 詩ど稱 

たいせい I くわ 5 け 5 ぎ いう 3-5 ぎ t たん けつ £ せいて 5 もん e さ くわ 5 ぎ L & じん 

中れば な. 9 泰西 にても 詩に 廣狹の ニ義を 有せし め 狭義の 詩 は單に 結語 整調の 文字 を 指し 廣義の 詩 は 吾人 

S わ ゆろ び ぶん さ しか ばん ポ エタ チク ろん これ くわ S ぎ もち た S せいし か くわん よ 5 どころ 

の 所謂 美文 を 指す 然れ^ も 一 般 に詩學 を論卞 る^き は 之 を 廣義に 用ぬ る は 泰西 詩 家の 慣用す る 所な ft- 

ぶん なん いば せん,^ し 上く み しゅみ ぶん き ふく か、 りてい ぴ へ. S げん : , ぶ,. い 

文 ビハ何 どや 曰く 全然 一 色 見て 趣味な き は 文に わら 卞 起伏な く 高低な く 彌望年 原 なれば 以て 文 ど^ふべ 

ぶん わが ぞく, JJ S ひど くわ て 5 ゑが いくた き 上く ちょくせん いくた の 5 たん 上パ 

から 卞文ど は 我 俗語に て 「わ や やう」 ど 謂 ふに 均し 1 花 一 鳥 を 書く に 幾多の 曲 直 線ヒ 幾多の 濃淡 色 

f び e ゆつ ひ くわいぐ b ぶん ま いくた よ せ S ふら f- ゆ いくた ゐ しゃ S けい もい ^5 

^を 要せ IT; れば 美術品た る繪書 どなら^る が 如く 文に も 亦た 幾多の 餘情 風趣 ど 幾多の 意匠 經營ど を 要す 



るヌ に if 記 のず 層お の f n i ? い ^ ベ T!01K^^ 

?.^^2術1文さ,>4ぎぉとぁろき^©にして§4§|きに於ける)? きつのお 

即ち 美文、 美文^ち 詩) 

♦ , 七、 美文の 効果 

美文よ § 見 resrr つ ig 囊の P 趣 さしひる もの ま^のき 鎮. 4£p が; £1 

"わ? 因" r く 1 術ん 的 f .嚐 せられた るも の f 、「ぎ を % 人に きれて 觀 i し^^ 

? S パ" f 見つ ねて 見つ & のぎ C かな」 (节 や) ピー rl はき きんの R を S 卞 るに i す や 其 

他 吾 I し Is くに 非 さ 惜し,/ 爲 めに f ,4 ふぎ, す gs も 「i しい 

せ it 出 t 口惜しせ 一 涙 え r まばぎ 卞. すべきに」 ま 露 へ % 文ん なえ I- 

5! 想! f の」 節』 ほ痴& 入. ふるのき £ すに fi^ く ビー r て 「戀」 の r 百 £ ぬる i 

い 其 f 寫 すれ にん 由な し然れ きもき 「きかれぬ? i しくて r さぬ? 萨 f」 a ^ 

ほ 豪よ s.^ 戀々 J, の 蟹 て! に g お をして imf 震 さしむ るに P や 梨ぎ 

賴政 S 位せ るに 平 かなら すして 「木の下に 椎ず. ふて 1! る f るかな」 ど I" せし が 如き 一ん お 

を か >:? 香 着の f ぎしが?; 皆 あ pi れ の i^tp^f のに あ 



tpAT ^ r L じん つ::? この ゐ ふで ビ ぃば^^ろび ぶん しんれい あ え 

らすんば^!^!^を解する能は卞詩人たるもの常に此意を以て筆を採らば所謂美文の神靈には逢ふを得ん 

八、 美術家の 覺悟 

ぶ, し飞 ゥ-' t<5 まこ ど まこ ど れ 5 こ れ £.- さくき きた かい まこ ど ち なみだ けっせ c 

Ik 術 家た る もの は 満腔の 誠な かるべ から 卞誡 あれば 良工 良 作 期せ 卞 して 來 ft^ 會せん 誠 は,^ ど 涙の 結晶な 

い A ち たいい か e だ S ふ き 5 ふ ま まこ ど い びじゅつひん き ^, > v^w^^uv^< 

.9 如何なる 地帶 如何なる 時代に 於ても 不朽 不磨 » る は 誠よ ftN 出で たる 美術品な 6. 鬼神 を 泣 力す の ft 威力 

わるもの も 幽支を 穿つ の 妙 ある もの も 皆な 誠よ ら來 ら^る はなし 

メ t 一 ゆつ A つ ひ L.? くわ f L4-,i. がんこ 5 55 まなす、 ど,、 し , ^^t^ > 

美術家 は 常に 社會 よ, 9 一 等進步 したる 眼孔 を 有せ ャ, るべ から 卞又 進んで 止む を 知ら さるの 决 心な 力る ベ 

さ ぅ?ゥ む すろ む げん さう ぞ5 さ 5 か なか せいど いりくち すで む i さ, いげん はこ 

から 卞然 れ^ も 想像すべから^る 無數 無限 を 想像して 妄想 家た る 勿れ 「世途の 入口に は 旣ょ無 際涯の 橫 

しか せいけん つね せま ばん ゐ ど.、 よ かなな r , げん、 こ- It, r.^ お 

は. 5 をるなら 然れ^ も SS 貝 は 常に 狭き 範圍 停まるな, 9」 善 $ 哉 斯のシ だ レ ルの言 是れ 吾人 か 曾て 拙 

ちょ さ つ ろん ろ i さう ども じつ おもん ゆ ゑん みづか まに ど L んか 5 化 :5.^ ^ ► 

著想實論に於て論する如く想ヒ共に實を重せょど^-ふ所以な,9自ら誠ゎれは信仰ぁら信wゎft^てl{^め..- 

こ、 ビ ひと 5 じ 乞 な つね t やく わい ド-、 づ 、へ くら & これ みち これ ひら これ よげん set • U, 

兹に大 創鄉を 成し 常に 祉會 よ. 9 1 等 上に 位し 之 を 導き 之 を 啓き 之を豫 言す る Nli を 得るなら 信仰なる 哉 

九、 葛 飾北齋 

かっし かほく さ S きんせい 5 きょ めいか もく か じ ; さ 5 をつ いへ; Ji そのな し u ゆ レ- が^ p,、 

北齋は 近世 浮世 繪の 名家なら 目下 兒童走 卒ど雖 も 其 名 を 知る 然れ ども 其 如何なる 經歷 生活 ^屈 

^购 を^して ぎ W なる ま 庭、 交^に圍繞されしゃは吾人之を知らんヒ欲して知る能は-:^-.9き頃5?钸北 

• しんち 上 よ をのき か 5 け 5 ぜき し のた つ ぞくて 5 ゆん &- じんぶ J- 

齋傳 (上下 ニ册 東京 淺草駒 形 町 小 林 文七發 行) なる 新著 を 讀み其 奇行 矯跡を 知. 5 其脫俗 超凡の 偉人 物た る 

人文 子 六 七 



. 人ズ子 六 八 

きを 知れ, 此 偉人 去? S に 四十 £ 1 ^op<p^ 1 i の し而し i 獻の 化ぎ に& 

るゃ之|るもの亦たぎ裇^^, ;な摩ギ&1ま¥に1|-し て^の爵きくる§ま 

あ、 ばな ば だし かなし やく わい ひで よし 上 5,^ もら し i & , •, - f r iR" 1 ^ c 

る や 鳴呼 甚 ぃ哉社會が秀嘉朝等 、. 、デな 仕事 為し まひん て iK き t まあ の 雷 

する 美 神の愛 兒を 看過す る や 

ぞ i が髮の 一 i^t^^iiail^ 

族に 屈せ I 術 I て 鑫の奴 f なさ > うしが i き 一 fMm^ffr 一 t のめ 4 繁 i ((一一 ま 

目尾 上 I 郎)) を 罵倒して f : き 服せ しめしが 1 きき 奇 fsr 入 どきて IrlnT き f 1 ft 

は實に 貧に. 生れて 貧に 安ん & にし死す $ ょ餘 f SFf つきぬく 1 蒙 iff にぎて f ? ズ 

はう ち 5 たやく か 乞 かゝ? 5' き、.' Jsi ビ 1 ミ r 4.- 7/ ^1- /W 

包 中 若干 I や I み t て I に If §f &i に f す f の i はこ 是れく 街に M せし 

ものな.. 彼れ は金錢 口腹の 慾 を W み t てぎ 入 I は? r 己 e 自 issl の 露 あする ものな に衡 ま|5 

仰 心 わるものな,. 彼れ 死に 臨み 大息して f く 『て H^i をして 十 |! のがい を 慰う せしめ £ £L 像ら くして こ i 目 

いば てん われ ねん め もた -んさ a - 、 l)vs 

つて 曰く 『天 f して 舉の fs しめば 眞 正の 畫ェ なる を, ぞ へし』 ヒー Er てし? の 

氣象躍 然€ して 活動す る n 道に 志 さんもの..騮さに三^ふ1船すべきの|^な.0^^れせ%41射を1ぜ1こ|? 

さし 筆を將 軍の 羅に i ふの i あ.」 lis いに iv 和ら i よ あ をき ふ もの 纏 

更に 死に 臨んで 量の ipTi らんが f に" き 五 if のき ああに きん 辯が gR^f のにして 



『美ぎ』 の 愛 に w お^る ものな. 9 - 

^が;^ m 飢が I 曰 ^il 断の?^; m にず /詉^ いの S 力.^ H ぎ を ま ぎま1 する の Asi を 知らず" 滔々 たる 俗物、 金 

¥ ビ m て 啊一 つの T きく ti ど" か i ぎだ" f 輕 i§ ぎ も 者に る をから すに Ms のこ ~ 世に 

」CH にレ . に, レ.^ クし. sii くさ ハ つ ゐ こ、 げん つ ひや あ こらし 

ある Iri^ を 知ら 卞 吾人 » 飾お 齋に 就て に 一 言 を 費す 豈に 好事な らん や 

十、 敏捷 は 運筆の 能事に 非卞 

#rs^^きんもんさぃvっ の か ビ うさ W 

I 貝^ 暫が に; く 『兩句 三年 得、 一 吟双涙 流、 智 一昔 若不, 賞、 歸臥 故山 秋』 ど 又 金門歲 節に 載す 賈島歲 

E^m て 一 船 の に ま& てこち をます ど 7 する へしこ 古 M のこ かろ を さ 1^ にも I ねる 此の 如くに して 又 能 

く SKfe&wo を? I 僻 が 『夜吟 曉不, 休、 苦吟 鬼 S 愁』 ビ& ふが 如き 廬延 遜が 『險 5. 芙應, 悶、 在搜 

な,. 一 ま!^^と^-か乞きら くえな ぶつ て.^ ク 

海 亦枯』 どい ふが i き がが 『語 不, 驚 > 死不, 休』 どい ふが 如き 又 僧 貫 休が 句 を 得て 先づ 佛に呈 する か 

^きず # な ii の 観 を; なる もの" 1 が tfi を ぼせ さるべ から 中 千歳に 亘. -て 能く 宇宙の 大道 

を i らし li^ ずの 麼を 1 ち 人 をして 吟誦 賛嘆 措く 能 はさら しむる の覺 悟な かるべ から 卞 

ialg^ 殺の 殿 酽# まなる 一 に « ど 1 だしき ゃ歡 i3 1 まきに變ゅる^-ぉ2ぞしのま|き 『ぼうふら』 の 如き 

つ 時 rii の r んを f なら ir き ムぉ ぁビ 船ね る I おせ 卞し てお, まぬ る を 1 すお を用ねる に 

. す"田|^^脱ぬるに2^卞るもの _cll£ii」 ひして きぎ がを^す 咸 く 是れ無 瑕の 美 玉な, -才 お. 9 てす ら猶此 

人文 子 ュハ九 



,A 文 子 匿 七。 

の 節し? や 之れ なき 享こ あお? るて 1 つらに gi あて gg のきう!? なし だ, おひ 間 だき llj あ 

以て人に誇る,而して之を讀めは淺ま"無%^11.^}|をして^,れ£^$』を^|はしむ爾に^ /足る^ぶし,^^^ 

よろ らミ f し- こ. -S i メ JT\ づ, ^v^^^ 



宜 し く 賈浪仙 輩 の 爲す所 を 傚 ふて ii:> な 

• 十一、 日本 詩の 完美 成熟した る連聲 

我國 にて 院本 脚本 i を 見る ビきは g:r 連 Is ザ を ど あ.. 4 避 i は fwnK のァレ ノどァ ラシ ヨンな 

る 者 乎 『ね やなれば こそ 子 なれば 乙 を』 は 『お』 ど 『子』 どォ 行の にして ァレ ノリ クラシ ョ ン な., 『f だ 

ん もす きもお らば こそ』 ど $ ふが 如き もク 行の にして 1^ た银. 

苦 もな く うら 門う ち 破, 9 表裏 一 度に 相圖の 笛、 心 も、 かにき 詞 やよ 川よ ヒ亂れ 入る ((忠臣 藏)) . 



あ-た. -め られつ あた,. めつ S し 原 みちを あしび きの 大和 は 愛 ど ふる 里り 

-ら もんく >W しゃく-わ vP.* t 



o o 



みぎら F もんく AJ しゃく、 わんみ をの H-VJC- 

右 等の 文句 を 咀嚼 翫 * するとき は 其 連 »(( ァ 

れんせい い み 



f 梅川忠 兵衞》 



テラ シ ョ ン』 あるが 爲 めに 意味 をして 高强 ならしむ る を 



悟る ベ し 蓋し 簾 は 意 f if する if 讓 の Mr は 露の life め 譲の s§i 炭の F 

こ, - れんせい ど, - しょく fii ^- 

强 ふす 是れ 連聲の 特色な う 

& e ん わがば やく ち 5 おい ひ •• しょ 5 し, pi せ c-e ゆく ,t7 レ 

吾人 我 俳句 中に 於て 非常に 進歩 成 》 したる ァレ ノリ- グ ラシ ヨン を ii^ せし ft カ^の i き iFlif なる il は 

お f\J せいようし ぞくち 5 おい ま ? 15 [ t f フー I メ 

恐らく 西洋 詩屬 中に 於ても 稀れ に^る 配ろ な, 43 戲 i の^に I! く 



うたが ふなう しほの 花 もうらの. 春 



■r 



はな を 宿に はヒめ 終ら や は つか 程 

1 I^I^^Mfy にわら 中 見る 者 宜しく 言外に 眛 ふて 可な. 9 . 

かねつかぬ さ^は 何 を か はるの 雪 

た 乙つ ほや なき 夢 もな つの 月 

一 1 仏 紐ず J 『ィ 笊.』 ビ 『ァ どの 輯 g わるもの ア^? プ ラシ ヨシの 上乘 なる もの ヒ云 ふべ し 

其 他 

极 う, c>、 S かなる 人 を、 よはす らん 

笠 島 は、 S つし 五月の、 ぬか, 9 みち 

へ, lljc- ちん KJ う あ、 ばいく に tt/n 

i^の^き¥Kにiiのl^ゎ.-^l-れl^だァレノリテラシ ヨンの 變体ヒ して 珍重す へき ものな t に 句 は 日本 

iik の^" が&っ i つした る ものにして がり^^^^^ の詩ビ して 廣 が..^ たる ものな. 9 

お^に に^, ^一ず ((i, ゲ ま酽》 ぁる^Jビをも齢せisき^て如何に吾俳句、が進步發達したるかを報せ 

ひ . 

ば せ 5 お 5 < 

色 蕉翁の 句に 

樫の 木の 花に かま はぬ 姿 かな 

こ .7- てげ ろ ゐん そろつ 5 ヨは 

是れ 『ナ縱 行』 の 昔に 總 通した る ものな. 9 又 

人文 子 HI 




は 『ァ撗 行』 の 音に 總通 する もの 共に mi の £ を. I たる ものに き や 

< くわん ゐん もの だいく くき,? く >な、 

J 一 句 ff! する?. t 第 一 gf, 脚き imlBk i 一 iffiB 

し 互 ひに 相 結合して 相 響く ものな, cv 例おば 

誰か 聱そ 齒樑に 餅お ふ うしの 年 

rill たれ むこ 



&ど たれ むこ L V 

の 如 1 は 誰 ir? ^ig 『ふし』 . ? i afl&o 『う』 

【たけ 橫行』 に釐す 或る人 奢 評して ぎ 父 f してし ま て 一 ぎ, なす 

又 左の 二 句 



ビ 







年々 や 猿に 着せ^る 猿の 面 







夕立 や 田 も 三圍の 神なら ば 

*^ これ ぶんせき も だいくる ぶ ざ 

のち まも 之 1 分析す る 憲は共 t 一 句の ま I 一 1 ぎ: 二:^ の 象 1 して Fif 力 i 

むつす 中 1 二分 すれ ilit てぎ 0の0 要ぎ。 レ, P へ"。 所に 五一まん の? ぬぎ, 塑 して f き 

ぶ 之れ 偶 管 出で まお g 敲に f f か 五 あ を r ず -g^k 力お も i の!, 7 きなる もの ど 

謂 ふべ し 

吾人 是 I て每に JP つ? i 鬚き の f して & 曰ず ども,.^ S のき 急 3 亦き.; 4 き 響し? も 



のな.?0艇まのぉ¥に8^を&¥して§^,する^^れ^^れ美術の 1 部た る 詩 を發揚 する 所以なら 

十二、 美育 ど社會 . に. 

ひ 人 V ム たる &, の P つの smfs§ どの I きピ きる ん 鎖の 一一 ーッ を? に f 美の 人心に 

ノジノ -/ 1, * メ f . J.0 ^«..こんせ じんち いく >J くいく たいいく この 

,お ぼす iiT き C 人ん t が f きする i 腔 は あき あと f に 一 "步も 讓る き なし 方今 世 人智 裏 裏 育,.. は 一 

三|^を,,へて§て1斷の1^|三斷に^せ.-ヒなし1^して復だ世に美育なるものゎるを知ら卞类育 

はこ 之れ &i き にき て gii 霸 のちから t5ff せて ま歸 IT のき わかよ ぎふる 所以なら 其 啻に 高 一 

iim のみなら も を くに、 ボ^.. なる, 何 ど 彼の 所謂 三育なる 者に 下らん や し K じつ 一 

rdliiuv4r おる f , 、コ に 、ン ?と、 ホ 、ッ ^ 、ョ きき 問 ま vf |する£ る も 美術: 

XL f ( パー も? を の- S ぞく ぼんよう ^ 

f i する を T 卞 の &r まして 三千の ©を糧する者5 卑俗なる 見庸 なる き 問 はす 一 

き f も ゲま 襲の ss^iiji の if 知ら 卞 今の 世? 本に 大藝家 一 

の Is で f ハ し主ビ して mmK.&-smsi を を ii 敬す る を 知 I るの 罪 f 一 

十三、 靈の 交通 _ れい, れい It 一 

ぎ 謹き に i すべ ?卞 羅 に f ベから あ にぎ の f 知る, 家の f ぎ f 相!; 通:" S 

1 がるに £5 なきもの は _ ^を ぎら あ f ,,t 卞霞 £ぁ 潔 は 純 f 知る S く? 人 一 

t の ifct 翻に srir の f わ riR の にして きわ rf^f 議 にして 光.^ 

! JJli 1 ! ^ 七三 1 

— ^ 

ゼぬ" i りに は" りに!: ヽ,: r::h::rT;;;;l ,ぶ -?? i バむ 貼」 ^ 




十四、 推敲 



批^ は 閑ぐ i"、 ぎ"、 

間、 き、 11、 sa^pfTsf 「剪.秋 詩是 刀」 ビ . 

は E . 迷 J 夕猶觀 r う、 ,し V 鍾 i ま i れて 》 を f Ki& して 

推敲 を 爲す必 卞祌に 入る こざ あらん 

pfril 賺: 5^:^、 かお i、 Hi 

妙 力な. o 月下 は是れ 推敲の 最適 好 

こ, r ぐ わい む へん くれ &. ま 



げっか 

月下 



_ 剣 外 



i の暮 山、 幾 點の枯 本 I お §ズ 間く 8ぎ,.4る ぎ. ひ あるに 



適す 

% i rsK の f4 ゥ にき ダれば gr4 きん 辦ど? fir 舍ゃ 

s?ir: は: rf.? & しお,.. f お t て fr て iif ぼん あ き t す 

21 21 葉 夕陽の 山、, 曰 kKi ひ & かすの ポ 載 rf の續、 f ^<oi. 

伐木に 餘念 なき 樵お、 詩句に "りて!:. 3 て. i^^pp 



十五、 暗合 

6 t . c- ろ ん zs, あるひ しゅ <ゎん てき <.c ん さつ ちゃう 

お を i へ ずき る 千 ,種に して +. き 4.S 备" に It 或は I 的の 觀察 に 長 

l,u , -? ') ? ,ラ ト, レ ら, ?.? h.^^ しゃさう ち. や 5 あるひ ^-ん し tf 



& ¥s わ fsii つに mis ひ は 摩ビ きし あ 1&き ききし あき, It に. おじお は 《きに 長 じ 或は 淡粧 

ひ は 一越に して i し 思 霧の f る は を S の f る&し . 

きれ, gys き、 る。 -ft あの t にぎ 卞 i に 十人十色 sf 期せ 卞 して 企 一の 執 

^-f- I も ケー, 71 ^ グ L > 乙 のこ ど* f /- に 5 ま こく S 

一 に % ひ iKr- どお. の を i て略& を, にす る 詩 (おにして 此事 わ.. 恥ん や 仝 一 の國に 生れて 國語を 

なな ゆい • > 

同じく する に 於て を や 

?巴 Mi の 「くたびれて ^かる, ろ や の概」 の^が 獨 逸の 詩人 リうケ 



& s- 上 5 た 

の 「驟 旅」 の 歌 ど 

し そのお も ひ おな 



にす るが ii きゲ ュテ. ,の 「 酽^」 の It 气き射 か ¥S の 「天子 呼 來不上 舟」 のぎ ビ其思 を 同じく する が 如 

ひつ おもしろ あん S > 

きは實 に 面白き 暗 合 ビ 言 は さるべ 力 ら,^ 、T 



權德 輿が 詩に 

巫 山 雲 雨 洛川神 珠襻香 腰 穩稱, 身 惆帳粧 成 君不, 見。 合, 情 起立 問 二 傍人 -0 , 

.っ き 1めて| ぎ 11 きき る i してきき ひきさき こおし 請ふ 試みに 遜坡の 譲に よ 

.CN て 之 を 擧げむ 



朱 麇餘, こ 



力 まゆ. 



人文 子 



七 五 



お 洞 房 昨夜 停-, 紅燭? 待, 曉堂前 拜-, 舅姑 ,o 粧罷低 聲問ニ 夫 婿 7 書 眉 深 淺入時 無 



かんお < L 

韓倔が 詩 

學レ梳 M 蟬鬢, 試 二 新 裙?. 消息 佳銜在 春 爲-, 愛好 多-心 轉威。 偏將, - 宜稱, 間,, 傍人 

唐 傲 虎が 詩に 

春 困 壓, I? 梳, 應鬢- 出 ,簾遲。 手站-, 某 i 紅 f 欲, 挿, 人間,, 可宜づ 

ビ あら 此數 作意 趣 同歸、 f 中 >st きる ベ f^0^msmf§0kaf 

のみ (右 梧 窓 詩 話 引照) .. 

<リき>まタほ1し?§き婦^^ 

句 を 取捨 綴 合せば I 篇の面 かき 「f 節」 を g るに f ら t 

し か こ 5 をう たつ 0000 i > P 

ァか、 詩 家の 構想 は實に 人情 i の, 出で ああて まんお mfe. の f 羅 ^^i^i ^ 

の歟 

十六、 探偵 小說を 火葬す る詞 

葉 を 火中に 投ヒ て 之 を., 葬る せへ 詞 に f 、 

たんて S せ 5 せつ せ s- せっか お > , - 

探偵 小 說は小 說界に 於け る 獅子 の, S しな,? t れ: 「り P つ 翁ヒさ む》, ぎめ、 ハ ひ. „p i い 5 f? 

I sn -rf^rrf^ な, 9 パ, きの^ 達 を妨け 其^ 妙の 精神 を 腐敗せ しめ 其 i 有の 馥郁 



tBK^fusskpMfi 「詩 美」 の 神靈 は? 玉 は f べし 

ii 鎖 はき; I のが 5 お がに 1 てき ii ひたる 「でんく 太 f ユ 若く は:, stills 

みき i の S を f f Si の摩ビ svl^.. ん卞 t のな- ~ き 1 時の is はん S して I 謙 

おんで 菌の にて ぎきの ii なる をから 卞 齦お ¥ かに y5 べき も 素よ 上 i 思 ひ 致して 一 

ぎ| しむる &き is がま r もき f だが KS:J 一 :!5、 は?: t.- 

しきく 區 べし 力 夫の E お ば if f る 1 ぎき もぎき 一審 t つど 雖も 探偵 小說 

皇カ 日の i さへ i つ i はす iist はまやに i しまわ さる、 際に 瞬間の f 與 ふるに た 

び ii ん" isarj せば きた みるお なければ なに i. むべき 鳴^ 採 偵 小 說ょ汝 の身沐 はよ しゃ 坐 隅の 

獻に 5 彫 もれながら も i 菌 する ビ いおお の 摩ん &に t きて Li 力 間ん の街ハ is し 2 ものな 4 に 4 

だ、が;*^をね1して^声?^|^するも 「^^」 の 观&: 玉 はさるべし 

籠 a は ウドの m くな,., i は ? にも 雰ビ るが i し. はは 方 1 寸の 栴檀 にもお あほ ノ るな 

り 響の の ぶ" .41 あ? 「大」 や i 磨の 大 にして 結構 体裁の.? ほ 

あす iife 酽へ きまれ 爾1 の S う f i す も 曰 1^ れ おの 「大」 にして 精神の 「大」 0^ 

せお, li:s の 「大」 に:1:^£てだ〜攀>,^ビ|投とを鹳っせしむるの鍵.. 欲する所な く省みる 

> 'ま >^ L ^ネ, ジ 一 ン」 f.*? れ c^t-f んせ S かつ げん ぞら すいば <く わん 

PLM^l^* 一 あ r して、 SS な i は f f ^ 人 I 活 8f 推 i 



人 文 



子 



七 八 



玩 して 現象 以外に 無形の 眞 f f きまん のお 5 にき V る を. ^暴る? 4S。 ふさ f れ f 

はは 終始 「美」、 の 約? i る r らす f S なら f is ある あてき 1&ぅす る あば 

裁判傍聽筆記を綴る人もはがき用文を§る人も^な|,^,4ど|は^るべからも啦!3|1^っに 「1^」 のか g た 

よ" きを? す 之 I 外に 置て 自ら 小 1 ぎ,, &ゲ \EF る i パ f S の ■ 簾が つなる f ぎ i に 

發揮 せら sf の? 擊 S 存 する &\rf もの f は iot き sf ;<1u,?if 

f 斯の 如き 不具 不能 力の f 〈せが!: p 一い- へ る |p い ppvif して 1^ ん に!, £f る を I づ& 吾:^ は 

信す 斯の 如き 文字 を 火葬す る も 「^!IK」 の 勳&? ぜき ^る を - 

昔 lilk ん下 II き i してき § ぃ备 街の P きこ t れ すき £:i は, の する に II,. 

ば まなた.. 然れ? 吾 <sl く" ぷ 文ん f まする 靈 の,, >f 碧 sif 驩 し 爾き霸 する 

の 外 他意 わる わ I 世人 若し 吾人 を 指して おどぎ こ f 45 あ 口:^ は i きを 其のき t に t 卞? わき 

る を 信す ,:: . . 

あ、 たんていせ 5 せつ なんち せんせ C, い か ,もん > < ^ . 

噫 探偵 小 說ょ汝 は 前生 如何なる ir 緣 め,, てきの E: に ま r し; V ^^fcn^ 1 &ビ して をな し繁 

カを雷 る I て 不幸 I ふ) 一 して ETI のきら 卞 しても f S な" I 

の 名 I し 2 は 眞の名 I したる にき V して i# いな ゥ まちの f を j| たる はき!! t ま&覷 

なんち むか き や 5 ねつ しゃ づ り 5 も しょ rjj 、ム、 レ. / 

勢な.-汝を迎ふる狂熱者の頭腦若し當韌ょ,.淸ゅ,.な.:0ならば船^^きぃ踟の4まだ^ぉせ^るにぉダて^|- 



吿っ n 務む 



^STl" むる ま。 わ しな.?^ んが" i ピ i? くは^に 「詩ぎ の神靈のみに盡す義務に非す亦^-汝に盡す義 

な, cT きビ して 街 S の、 Ife を i し は li せしめん^ な,^ ひ かび は P 未ら 來際緣 を 探偵 小 說に惹 く 

げ縱.。て鈑賺に|?&きを鹑ね1:&ぎなを|;く^^鋩四|^に|.-〔ぁぉをきん彫百の髿鰣剛ま28とし 



てく ち Ipi はれ f で &i にゲ 摩く pivsss: いき f るも の 鞭お 

十七、 殘 酷の 行爲 • 

こ磁 船の t 仏!? を^^む の ふ不矿 よして. きぎ 斅^ の, 礎に 反する 乙 ど は 吾人 曾って 之 を 論せ し". -ビゎ 



i おき しん ゴ 5 そ. si えんげき ざいれ... - か 5 だいむ. へん —:Y 

((^^伎 新 g 夫 演劇の 材 S は廣 大無邊 にし て i 

な f 



J ,p を 建て 制限 を設 くべき ものに あらす 故に 何 種の 

を す も 僻 ii の だきつ. &す くも 『ぎ』 の 1¥ に を &® する.^ らば げ觚 のお" 意に ぎふ" 所な か る ベ し 然れど 

も獻^^£.-が^-;?|を觑歡にぼせしめんど1^するに^.=^て"『礙^の衍衆』は忌むべきものど^も種々な 

る瞰 まよ. co て i 卞る どき は 戯觑 に^むべき もの は^ほ P おれ わるべし ヒ雖も 右 『殘 酷の 行爲』 は吾ム 

じつ をの もつ ど お , ,しん 

實に其 最も 重 もなる ものた る を 信す ^ ^ ミ 

• 、 、 i£ 1 fe& & さ くらさ 5 な ら 5 もん 5 は , 

ぉ田5ひ^す5。じ.^が!^麟»く十&"鳃きな.-しどき」田射芝居に於て夫の佐倉宗吾拷問に逢ふの塲を見た..^吾人 

は 一 i の し Efe ふて S も Irsi るまで ハ1 こ をぁ舉 ぐる i は? き I 吾人の 幼 穉卑淺 の 



きょ 4 觑の r きる を さ へ1ち 知せ 卞 is も ぎ爵 t せられた るの 1 事 は 深 



七 九 



I 入 文 子 さ 

く 記して 今に 至る まで 忘る、 rj どなし ャ 

一 明ぎ &s1rf ず 力 家ぎ if 丑 ¥ 無ぎ f の? ずみ 見? f に^^ 

かな 之 を 見て 惹起した る 感情 は 吾人が 十 il のきぎ た. co^ ど穀も S ベなる 乙 どなし き あ ち 治廿五 f)) 十一 

000 1 ぎて |£ き せし M ろの ば番ん 附 のお 阿 £が攀 さる、 1 0^fff 

. 吾人が 同座 を訪 ひし 日 隣 座に 於 .0 しゃ ぁ 力お" の it せらる、 を 一^す る やお さあて Hi にわら 

卞 漸く 其 慕の 終る を俟 ちて 再び 席に ぎきし が 继さ萄 しぎ: <ビ^ 贿ヒ f:? る ものなる べし^い なの 

家 日く S 曲は須 らく 看る まに 感動 を雕 ふべ し^. g を 難 ふべ から 卞 4b なる^ I 一 4 や 『藏 断の mis によ. C て 

人ハ 感動 を 起さ 卞 して 寧ろ 刺戟 を 起すな. cv^ ハ によ. C て f 及 #ん を 欺す も 緲辦 によ.. て は 獻ら卞 に 

は 心の奥?,, 湧き 15 る 1 溝, ききの r 爵もム もぎ g に はきの, つ あな ふ, しふ 普つ 1 爾に てた 人ん I のず 

幸 薄命 若く は數奇 不遇 等の 逆 lii に^る を る ヒきは 多が 力 1^ まの 1^ を 1 す ど" # も fii の t 仏 ゐ爲』 を 

る どき は 拷問 者 呵責 者 殺害者 i-、 酷の ta? なすず のの mi ぎ m を^む こど にカ且 ols^ にして 

應さに然るべき罪過|ズの|||4|カぉに|5さ卞^ゥするに『、|酽くの1仏||』は奪|^のま懈きじ|1撥のぎ|1 

を 養 はし ひるの 外 一 點 どして |g のか 暾 おに き1ふ る^が し^つ?^ を ^^i? よ, 4 す も ¥1 の^ 1^ をし 

て 之れ を 看せ しむる こ ヒ屢々 なる どき は^. ら 卞ぐ膨 まの K に て!;!? の, を. 4ill の 魔 II ぎ 

道 ど 思 は^るに 至るべし 加 之 前述の 如く ®i の t 仏 |!は|| ず ULrr の ill をず 1^ に 酽 さ > るが^に; を麟 



^に 磁^る は^のお しきもの にわら 卞ぉ siEi^ もぎ 別の ぎ 意 わるに.^ ら卞ん ば 寧ろ 忌み 避く る を 以て 

上ろ 

宜し ヒす 

十八、 戯曲に 就て 

舊; _f i 卞 f の m きれま siw して す あの は" き S する 者に ロハ 其 

ii のきぎ こ 之に ¥ "され if " 見る の if 。言 i£ ^ずお 2 史, 以て 薦 的の ss 

irgi 力 ひ L 史 ぎる が f に 日 ほ 4 にぶね g なし. 卞る ti が f 

は 『ト ラゲ デ,』 な. 9g は 『コ メデ ー』 な ftv^ 言 ふ 者 わら 或る人 シ〃 レ〃 の 『ク ヰ〃 へ 〃ム、 テ〃』 を 評して 

ゆ 1 なる 『トラ ゲデ ー』.&,- ビ In へら i れ^ も 『テレ ノ』 ハ 『トラ ゲデ ー』 に屬 する ものに ゎら卞 悲喜 曲に 屬す 

る もの ま P んぎ II くべ. ふべき の 口 si あにし ぎきの 龜を m す I しゃ 巳? 得 f? 

ぎ^ぎ^、 の^、 な^^^ ^^ま!^ いま 、きく は 1^ に s^, のま M ど 叙事 ク 詩の 長所 ビを 併有す る 者な.. 試みに 

み 見よ 『び 0裡0 の まぎ を m し てこき に 511 せし む あは Si にあ ぁ卞ゃ 『o 旣 在に 呼 S 

して に ii せし む あおた 11 に isl 讓 1 は £に黯 す fe? から f が f Is 

船^艇|8¥&^^も射するぉの11もずカ可なかるべしれ1-れ^ロ人が每に戯曲を以てゎらゅる藝術の英を 

i ら羅 する il 臥 ふ gf お Kar も にし V4if る i.., ふ 5 な ぁ々§吾 が 文 學界何 ど 

を 夫れ 詩の 一 せ 小 1- きる せきの み r にして ぎ i 力 家の ぎき や なし 15 ん よ.? S 之れ なき 



入 文 子 八 二 

言 ふの 優れる に 如か 卞^^ 學 I ゴ 三の^ きを i$ がしも^ g 鎖の life から^る を I ん 何せん ち 地 g ま g 一" り 

歌舞伎 座の 爲 めに 脚本 を 草す る も: Jne.^ を城捉 きて が ど!? どを^ るに め ら^れ はす II 鶴!^^」 の g 

僻に? 徒らに isism のぎ, だき f さ 左? らる、 のみ e おき ぼに い i き ssf もの 

あ ど 雖も 奈何 せん 彼等 は眞に 戯曲の n 銜 を^ら 卞 S 口 だん はき #の^..0 鯛: ば I よ., み 見 まてき!!^ よ 

-見 材料 採 獲の 點 よ-見て 其 然る 所 をせ あする あ!: るな ム g ふ 2f お観の ml 建ぞ せれ ■ に-も P る の 

ばん ぎ?' よく てん - • 

1 半 を 戯曲に 轉 せしめよ タレ, T も も r3?iif うど まお 1 つ f はま? しな 

& じん い どころ ま こ t . しんれ »^ん& し J - り 

吾人の 言 ふ 所 は 亦た 是れ詩 美神靈 の, 本意なる を g す 吾人 # に 一 i の て it:Mfc かさん どす る 

ぎ • 、よく ろん つく 

ものな らん や 戯曲 論 を 作る 

第 一 章 詩 体の 分類 

戯曲の 何 s? に, つて ん はぎた きの 霞 r て きい あ 1 をゐ 里ません i^l に 一一 

日く叙事|,く舊^&くま74^;|なぁ酽 はぎ§1&£のきぁきん1.&ぎるもの? 

ii 詩 は 作家 自身の |量 itv 主 ゆ gps 〔おる ずの? g に 雄の は ¥ 去の isF して liiv ん 1 

は fir 人ぎ? f やの 觀は 露の にして SV 人ん ぎ。 「2^。 稱? f ぎ 震 f して. 此は pi な 



,c4i し て^^は^ 一 一^の s:iAg:!3gii^^^ をお ii^li ビ なす 之 を 別言すれば 叙事詩の 材料 ビ 一 

L . / ^ %. 于?; 5,5 べつ だい f>g fl たい を L5 

のお i あど を is 合に よ, 9 別に 第三 種の 詩體を 組織す るな- N 

巒 一章 戯曲の 定義 . 一 

^につ 附 けても 财そ& # ほ ^lu しきいな し 。だは 一 こ 個の 瞰け 見ん によ. -て 戯曲に 定義 を 下す 程の 大膽 わらす 

、- ヽ, J- , ^つ tJ ん. Li おし ビ ころ をの & すか & 

ヒ M^lu に 先進が 敎 ゆる 所に たどらて 其 意 を 推 度す る^き は 

^¥ は K &、 ヽる: <i^^lt ^^の ^〔打^い 貧 &ひ^ い.^ ビ す^^だ まの 言語 (ご に賴. ^て 

詩學 的に 發揮 する 者なら , 

ビ叙寶 する を 以て 最も 簡明 穩當 な. CV ビ信 中請 ふ 少しく 之 を 解釋 せん 

(第 一 ) 酽 が ぎ it き ,,の 謹び^ S の 請よ-採 

るが « く 膨^ も ii.- 瞭街ど S へ る; を黻^ に^する どき は の 出來事 は屢々 架 1^ の 想像よ,^ 假設 

する乙とぁるが&,」き-1を1^てーぼにき旣きのじ事椠.^ら^-るべから卞さ言ふは誤れる者の如しど雖も玆に 

1|^ヒぃふは|^1^^に叫船^し铲^ど?ふに.^ら卞してぉ^^に&^,9しと-假定するの義な,《.故に詩 

* - 3 トラ すべ きわ, 3 ェ. i マ V 'グー 1 ス み 

、に、 客^^、 のず ビ 〔极 .1-、 る 、どき は It ず 空た るど假 霞た る ヒを問 はす 總て 旣往の 出来事 ど 見なすな," 

(第一 一 r 戯 ¥o 旣!, 。のき ¥o 在 る。 へ 。か? おき i C 詩の f ざ 像 をぎ ぎ 採る S も f 叙 

1 する に i て は に i び gkl^ の して 鋭 g 船せ しめさる ベから も是れ 戯曲が 常 舉兩詩 体の 



nn 人文 子 八 四 

妙所 を 併有す る 所以な. CS 旣往 を旣往 の.. こヒ して 叙す る rJ ども 現在 を 現在の rJ ど、 して il す 乙 とも" お、 にぎ 

I よく > あ たど ころ 

曲 ど 云 ふ 能 は^る 所な, CN 

iosIA 酽 ■il お is,?AS が i< , 画 こきます もの 

にあら ザ 戯曲の 目^す もの は實に Mi に&, c:^^ の gi を 露 I する にあ 在う.? ゆる _ ^が^.^ ■ ^に 

美の 智識 を 肩す る A 間 を 目的物 ビし又 目的物 せ^るべから^る は MAfcl;, のぎつ g ^なしつ あに" き i は!^^ ぎ 

行 爲を寫 す もの.^ fts 戯曲 は活 人の, 活動に して^ 想^く は 意ぎ を; j^gl:^ ま!! する は I ル^のお してな さ 

き やう この & & a.- めん べつ-け i.- ま" 

竟此 意を異 方面よ .0 明言した る もの に, 外なら す . 

(第 四) llwil. ぶ リて 。發 。揮 0さ0 れ V る 可。 ら0卞| ぎきの gg& はすに? てん 偷ぎ 

の如く作者自家のず,^して^;|を,べす献¥^1っのものヒして:?|を||べ^るべから#齡に艦^には:^|の 

言語の みょう 成, て 地の文 は 之れ なし 1ー1 も 可な 上 「言語」 に 「獨 語」 ど 「flg 一 (y き .^gy お 上) ヒ ある は 

' ^ ほろ , ゥンプ = -レ |グン グ き 二 t-li プ * マ 一 

讃 者の 知る 所な, 9) 「言 語」 なければ 則 T つ 戯曲な し 

第三 章 戯曲の 目的 

戯曲の 目的 は 旣往の 事實を 現在に 引戾 して 活動、 せしめ: < ぎがが が. お I- 、どき 〔打、 爲、 の、 種、 類、 とビ, ぎぎい; 、て 

外來 的の 想 や 5 ヒ^^、 に、 す、 る、 に 旭す る e ん觀の 她!: によ. c41 つの によ. 4 仏る g こ ぉ?^せ正 いの^ 



をぎ s のき あす の £<「 コ ンフ- クト」 はきと f て 終に 人の 運? i 

あ i や 謎き is 酽 f,f ど ぎんよ 4i 命。 を?? 。 せ。 しむ r つて 可な^^^^ 

i に,!. Si は 襲 ま」 を f るき の, f る もの? 「自然の 法則」 を 表 はす. 2 の最 



かれ 



い ちじる 

も 著しき ものな, 9 

s-iiR 一 :^んま わ ま」 S せよ 秦 £ にし て£^の灣£? た- i 定メ" f f 

カ何にして%んし2か,毅ハさんどぎばぎだ^^ぺに,ふきの^ の本質に尋§4せ喜第ヒに.被 

,の i&5 るべ から 卞 きる! や は i さる、? 其說 明の 巧 1 1 步 を; 

めて すへば S きの 龜— は 1 iolioir^to^u^_^^4^ 

ぎ はきの r にも t ぁ證 f にも わら 卞ぉ f き U ら 臘: S 人智 S 得て. 

S すべ や t もの 1:^きな1き-,證藝 の £ に f するは其 人の はれ:; Si 

^^ILiif tl^lT? . レ;: :ヲ" r ば 等^ 戯 1r 

腐 f ) きれ f ぎ靈 P の 驚に し vfe 醅, の f IJrf"jt^1"?" ひ? 3- 

ぎ • ほ Is づる, の 1 き-」 .」羅;.ぎ^の1?る所?故に行爲き||£作 

(i 三 ,新ぎ まが わ はれむべき もの 一 ふ も 吾人 s だ外來 的の 想 念を 高 f む" 



人文 子 



As 



け は 



I 人文 子 八 六 

はす 正義の 齡酽は i^iif れる もの.^., ふ も gn:;_3f i が! _ ぉを薩 がらし むる 鍵 はす 総れ 

fis00ifMmK0i 一 000m,^0§f 1 ぎみ 見る 豪 はき 

同感に 打 たれて 憐れなる 乙 ど壯快 なる, J との 如何なる もの か を;^ る を,^ るな, 9^ にぎ 船の こ^ II は^? g 

かん あた こ An* く ベ 5 5 » ^ J J. I 

^^を與ふる乙どの厚薄にょ.^て,判別するを得さ言ふも不ず.^きな.9&吾-んが|ん|ーのぉ-紙せぁに^ヒたるがぎ/ 

く極惡 非道 若く ば殘 酷の 行爲ハ 感情 を 害しぎ M の!! 辨ど毅 ^しひる ものなる &て バム る を す 

si する I A 念 i きらしむ る は 一 kf^pBI や gs:l_i§§f ? のに あ 喜 

§) 自然の 法則 必然の 結果 に^して は 11^ の^ K あ. 41 を i& の ITi ピ II ひ.^ をして て 走 yi に 縱の 

法則 わる £ らしむ lli の Si にし &て 鈿^ ば Mosi きの Mi な. fclTf ま 

これ チ つめい ず?' 上く さ i つた ct .4-- つ. ^ ^ ?) i 

て 之を說 明し. 戯曲 は 情に 訴へ て^を 說 明す 理 によれば 辦 g にし て^し 贜く f$ によれば I 十 慰に して ■ 化く I ほ】 

を 達す 故に 哲學 にょうて 說 明され たる Mi は^ 銜 の!: やの みに Imm を颶 ふるに, る によ, て UTO 

され f II 人に も ¥5 にも & やぎ あ? &ぉ にあお にきず, る る? r みこ 

よ 戯曲 直る I は i 俨 i おき 。及き の ,き V るに, や Is 一 M お t ま卞 K の S 

之 を要するに齓 の も目 的: SI 1 MMtr 爲の 爲の觀 き is する に f iir すれば:^ ぎ^ 

I. び 自然の, 沖? 則え Si する にハ fi 二ぐ ~ 夾: r&r 即 なけい galig いする にお, ,,4 ふべ し 



第 四 章 戯曲の 種 頭 



i 一 i の ぃ气何 なる ものにし あ mi は f ん にず か あに? y4p ん 曲の iljf 

虚もジ i ゃフ ') ... .,」 ,,.?=1 C5- き、 よく る ゐ ぺ つば 5 き. そ: , こ A . ほ.. , 



の は戳に US きな すの 藝 f ..f 5 は S が I 羅 き f してき| ん 

かへ でう えき しん 

ビ g あれ S しぎ. V」? る t にして 亦 S5f る!、 零るな 

きょくち 5 し ,s う c.^^ ) 

曲 中に 使用す る 人物の 如何 



こビ がら い 力 

事柄の 如何 



f まの^^に よ 4£ "爲に せも不せ^ の ぎ を 生じ 被 行爲に 



の f i あに iv41fir あび S 龄 《コンフリクト》 sf 從 つて 戯曲 を 三種に 類別す るお 



るな. 9 曰く 悲曲 曰く 喜 曲 曰く 悲喜 き .i< i,J5 i ?ト. 

の き i^ripf I へ か I 喜 曲の 出 llf こ的 平 の ほ, 有せ: r 

ベ t 卡蟹は E きずして ま fisrf 爆す るに > ら! tsl ほろ 終: は ひ;。 所 S 

i ぼ -た. . rohoti' MtLh. し r - r ua) 



し s は 一 を srs.」i し f if ..i せん &す f 5 曲の I 人物 f f 資 5f 

f てーゥ 2 グ アイ グー ース あ は ETI H - アイ グー ース の II 指すな 丄 け 喜 曲 £ 衝突 ど 

を して 霸ビ f もの- s?fi-fc--?s, チぼ^ ほ は fRU 

fir i》 fas 《響に |j ける 觀】 なかる ベから If は 曲 中の II 己 5Jf 

ぎ il して の is に P2, きし 濕の S にきす る I ふ 彼れ は銜 突に 打 



. 人ズ子 I I 八 八 

ち勝っ能はゃ故に彼の^^命は,っ^;^^の辦;^.4^截は§にしてた§めらゅ1にぎせ&|こ乎どして-^すべか 

ら^るの 槪ゎ 6 彼 は 大望に して 胃險 な,. 讒舌障 毒數奇 g の 射;^ を 観 ふこ ど.^ 6.^ に のハが に は!! にず 

快の 狀ゎ, C 又 不快?」 抑制す るかす:^ いな., るに ii: のお i は gs. して isr 人.. 射が ぺ を 働れ ひど 

同時に 天道 を 畏れ 且 敬せ しむる に 在 にて 影 どもよ くま まの 力 %4 を i せる もの はシ レノ レ レノの 『ヮ レノ 

レンス タイン』 な 4 ヮレノ レンス タイン』 fe ぎビ ii? らる、 gri&i のばき び を Sn 鍵 

に I して 天 趣 を f るに f 1 『ii^ の 蘭』 cslsb の M きも f ii の! る ものにして 

0iftsp0ffL fti の:? も ss は 11 だる ii な, 4< 

の景 淸は不 カ可抗 力に 向って 抗 せん ビす 1 に 期 は 難 g ふ不 ぎんに して 鋭に, が. fc ぬく., ビ艇 はす 

舊は 三種の. 戯曲 中最 i 貝 f ち 地 力 且つ if も に 鍵き すぎ ま、 きのい 如 f まて ま 之 

を i に 小? る こき ま ィきュ まお き, ュ まま g よ S あ iiii は g,r き 

P SJ^ff せう つ きゃくしょく 

ノ もの 得て 抵抗す ベ 力ら^る 衝突 を 脚色す ダリ 〃パル ッセ〃 の 『ミ、 デァ』 ずび ヘッベルの 『ニイべ ルン 

ゲ ン』 の 如 i 1 ffff^ の 議^1 の I く i 攀 しく は齦霸 まて s の 5fc に酽 

壯 的の 衝突 を 仕組む ものな, シ ルレ〃 の 『マリヤ.. スチュ アルト』 ゲェ, グ ー の 『エグモント』 及び ハイゼ 

の 『ズ レノ/ ウス 、クント、 カラチ ュス 』の1き は ¥1 に m あ 0人0 情 。的ぎ ぎ lg の議 の M く 力 家 M の i 

iii が ii て i き はき, の K に si の if もの ま レッシングの 『H ;、 



リャ 、、力" ゾ チイ』 シン ノレ レノの 『カバン 、クント、 リヒべ 1』 及び ブラ" フホグ レノの 『ナ レノ チス』 の 如き は 

このる ぞく 

北 類に 屬 する ものな. 9 , > い あら . し? £ 

f i &r は iii の ず あに ss^bi. 親 も s 社交界に fjej^ 

もき ii して i に 露せ 正い ずの i ひに § くす る こきぎ o 故 。に so の 。 要 I 懼,. 希 f 斷 行ち ど 中ず 

審 S て の F ずるに ifs き it が f あ S に 於て ハ 1 の けべ" 

もの こして 8 したる もの は f どこ 之れ なき, つてず なら レッシングの 『ミンナ 嬢』 の fl 曲? 著 

ぎる もの? P ダ アンの 「i-Tri フ i%」 フライ タムの 「ジ ュ, ルナ-スタン」 等 亦 慕 曲 中 有 



,- 



がく & 5 C ゆ 5 わう くわん けい 



M の ものにして 又 最も 寓意の 妙 を 得た る の な AV 

潔の ■ に ((ポッセ)) なる もの t こ是れ ii の i 靈んの its ょぁ學 上に 霧の 關 f 

^6 もの 

f する!^に.^^ら.\^ つ らゐ 

きニ き f f は i に gfc す にも f けず; に::. _ は 一 一 f は 間に 2ける 

の 一 ビ ii ので 出義の f sisi あきず f 其主 人 f ? ほ 流?, に 遭遇す 

る,, ヒゎき y£ おにぎ しむ. -fi て 的き の s£ てせ? あにぎ 鳃 難は不 伸に きら 卞 し:: 

人文 子 . ノプ 



1 



人 文 



f ナ 



九 



に Y T r^d 卞. うしん ぐら ゆらの すす ; ど II - 5-- - -- 画一 一 11-3 一 國層 EIE B 

きお 除の 期 わるな う 「忠臣 藏」 の 由 良 之 まの 如き「 ゥュノ へ レ ノム、 J」 の, フレノ の M きまば ちぎの しち:^ g.4S 

,f もの これら 1^ な-, T- んめ S ャゝ, f こ. t 5 > J ^ P I ノ / * ./t r1 

當 する 者? 此等は 皆 運命 基 ふて 之に 打ちぎ ち 素志 あ ヅす きぎる f す I ばち 醫 がし あする 



こ ひ IV こル み U き、 よく しょ 5 どつ ,,,,,,,, 99 * 

ものな.. 是を 以て 之 を 見れば 悲喜 曲の 衝突 は 忠君 愛國 正義 榮譽 眞理等 總;, き、 意、 に、 於、 け、 る、 街ダヽ にじ、 て、 正 _J ^口 

の戰 勝者た る 正 善の 滿足 者た る 主人公,/ 相 g 合 、す 、る、 も、 の、 なに 11 のき *|1ん4んと 船;. る 叙の 十す I; 

みなこれ f てく ち 5 しんぐら &ど せんだ, S-H ぎ 、y£ ,c^2 s r J ら 1 ノ I t- 「ノ y 

皆 之に 屬す忠 i の 如き 千代 萩の til ての fir も 2 新 f る もの なし 

A ィゼ の 「レ ノ-' ド クイ t 、デ ノィ H ご、 ク ライスの 「ヘレ ノ マン シャフト」、 おあびぎ! だんに i ども ひ 

介せられ たる シレ ノレ レノ S 「クイ だ へ レノム 、テ レノ」 の &| き n« 齡ゐの I ち 仏^な., どす 

附記、 ドラ? ィとは希臘語の轉 化に して ま. あ K;tn へる まなら にして 驚の ぎ 

f るか あ i お gti^s く is おの fgl 截ピ& てき ff § わるが g 

n< f 一一 ダ ス ((萬 心む 力 神 ひの へしが く mis の |§ が {| 

に 山羊の 皮 を 以て 製し 2 衣 f まくせ し、 が 1 なら ビ iv 是 p ひ 非 £ゲ1 を r 卞 i ぎ 

き。 . 

次に コメ ディ も 同ヒく ks はがり g にして 「1 プ舡 g グ」 の ゐ意み味 を^す Iri 铲 に^て if を i ゆいた 4 へ も を n ひ 

衬祭! ふ 時に? I のた 爲め rslf」iri きぎ して g におな おの!^, 1 きする に 

至れる ものなら ん歟。 



第 六 章 戯曲の 叙 記法 r$ ミー < わ i 

ii の giri きまし isf え t ぎ? 他の ち 果 ひ 

?き. K 若しくは i& に iliipi に &、 £1 長 時 リの事 實;, 1 

iif 」of {ts"r 花 ほ 4 

の さ! ベから あき ss-s, &き f る? f!f!rsi 餘 f おめ 

if て Ff まいの i する . ど III るに f ん s 曲" 叙 は猶. 失れ 河川の い 如:: :?: 

のま」 なム川 1 fa^ftn^^J^.^ — 



f て ii ビ S どのち & はお ipi き, おのまに して, f すべ:: 最 あ. t 所 2:: 

截 して is ピ &i2 にして にして il^fx^^pl? し" ぼ IS 



きんせいた ちまち ^^^^^^^ 

,菌 の 瞬きへ るき f 」 奇 は i 十き 

編まる, 妒急. ぎれ r ち f の i.ff の f く It ゆる S のま §」 も稱 すべ.:;^ 



人文 子 



九 1 



入^ チ 九 二 《 I 

に 之を稱 して 「境遇 變轉」 ヒ酽ふ li して 戯^の!^ ぎの 都 肥 Kg;. る も に!: S の の; I くなら ざるべ 

あ、 ぎ、 よく t よき .L んか ラウフ A-a> / < 广 

力ら す 鳴 戯曲の 叙 記 は眞に 河流の 徑 行なる 哉み、々々々々 

戯曲 家が^ 曲の 叙 S に f 取っ^ らし^ ども 1こ% き敏. 4 ぶす る は!^ に 「弊踟 きき l,..「ps 獻 観ん 睛 

こ,. -ゐ ひ こ ゐ たやうた いじん ぜ ぃミん め. S. こ ぅハ く, ナぃ もつ ど ^ t ,.> , 千て、 31 車」 ト04 

一ち 行 爲被行 爲の狀 態 人生 運命の 行 移す る 光,, i を 最も 多訾に する の. ぎ, よに して^つ 影, も 齢く "斷戯 .^"1^" 

起せし むる の 力め.. あらゆる 奇&. ^ら ゆるぎ T 味.?., ゆる 1^7 あの 船 な 6 かが ノ" お を&、 i くの まに お f ヒ ii 

ほ せう てん すな ぎ、 よく こっし こっし „, つ f f 

せんど 欲す 燒點ど 即ち 戯曲の 骨子な り 骨子 を 失,.. る は 即:. ^きな きな, 91 &に 「ま;^ きん」 のこみ!! は g 一^ 

A の 巧拙な ftN 

戯 i の, isi? る i ハ ((llri は i むね 五 i を f sif なす)) ii i ま 一 f 羅 

にして i 二 慕』 第三 慕 第 四; i、s ダ 1 五 ii の? gll) は 「iigg«」 な. CJi して I つ ji よか I 五 Igrall 五 り 

後半な 故に 作者 やの 眼 も ひき 力 家の, も g;i: のい, も, せす して i ま. へで bf r ハ甲」 

00000 あそん ^ ? i 

第三 慕 第 四 慕に 在 6 七存す I 

第 七 章 罪過 及 衝突 , 

吾人 は 是れ迄 旣に屢 々罪過 及よ び つのぎ を 船ね た, も^^!: なる ものなる やよ i つて はい あだ: s;^ を 

詳說 せす 多 數の讀 者 中 或は 未だ 之 を 知ら さる^ あらん ま? も., J お.. を-まかん 

罪過の 語 は アリス トク レス & あ iiiiv きしまぎ g せる ものにし てき 蒙の P る 「シ ュ, ド」 



つ いば 



奈何に せん 

ひ. r 若し Sn" えに ぼ どや ヒ酽は >S 口 は ii に 左の 如く 答 へ ん ビ 欲す 日 

^、過;/ 、の^ぎ ヒ お 卯し 伊^^す せし むる 動力 ((原因》 な,.' こん, ざ. 

.4 丽 i は §rl の li にして K の sg 鍵び 誕の鐘 i.pf,y ゆ:. は 

i はお ti にず しむる Mr が 虻お おぎいて 喜 曲ュび f 甚中き nifs 

ノ レ i の 1 くな かるべ か If き へ あれ をず へ i 霞 屈つ 置 逆俗 剛直 高 踏等 t て數 1 ぃ不 

る を rfl きくき の ん; 化に して 霧せ しむべき f! も? ま 人 翁 人-は 観 的ち のつ 

^1,の,&まき6霸がぁに§寧善く媪の1に9.き:ー:??;^:.|2秩序 

:s 魔 r 乙,^ も わるべし Ksn ぎ S を r し f f こと も わるべし i 不 1 奢 達せ 卞 

して i に藝: に f られ f ぎな き— るべ しま 短慮 終に 自己の 名 J は墜 け:: ほ::; 1 し 

ずお 一 S しが f にヮ グ レンスク イン ffsi に i し? マクベス は Jsfs の 罪人 は 



てさん き まつわ 5 "ひ. 入 slsi^^s^ して 1^ ぶ 倚り 戶に賴 るの 人 どな. 9 たり 其 

な. たり 天祌 記の 松 王 は 我 愛子 を 殺した. 2. 女達 原の 釉^ は チ《- して p.,.',,.' J f 



人 文 



子 



九 一二 



^^^B^^lil - V .1 * "や. • <,. -", マ., 



人文 子 



九 © 



は 春 治 兵衞 の 情死に 於け るぎ の 靈.. f る F? 廳の擊 に g せま.、 蓄 sf 

罪 fs: けば は!: 故び f は 聽 す? ぎ疆? して S の る も S ぉ&し 

は 督 21f し.: の f ぎず.. き? 5 腐 1 の? m て? 1.4 る i 

は基11 明ぎ 罪 f る f ま i^l^ss. りひき pgs る £ぁ ぎ!. ふ f 

f 說ぁ? 是れ § がきぎ ぎ f し if ggf 溢 f 觀 すれば ぎ 讓を羅 を^ 

ひも、 の、 な、 え 子の I に 苦め られ しき ある あず &き E に, しも f あ 一つ, 理ず 

偶然 來 世 S き f が お ,るが, f 尉び 羅の Mi にも 1.S 

つ" てい I の 原因な かる〕、 か "すきる にァ. スト テ . 5i に 蟹の 證 S み F て鬆の 「i」 に 

就て f ! ほ t や 是れ大 なる ゆ 由 f ら r 田 Kife て は ひき のき 露し ト ラ 、ゲ デ ィ I" へ ば あら 

? 戯曲の 別名の 如くな., ずて is に f なきぎ I する!! な! ぎ § 

- ^ . もつ ひきょく つ PS & > I ノーノ ノ 力 srfd 富 

を 1 る も專 ばら 悲曲に 就て 言へ る, 若し ,して El^ 爾 き觀& ^く 攀ら る、 の € 

に 在" ゐし 决 はて 悲曲 ざの ヽに 「霸」 の r?, してき 14S つ 1 に懇 するま^^^ 

し;^!ほ2世2??^§3のぽボ.に| コ ンフリ.クトき-? pてriiの£- 

は逆l環路の衝突$しilの^sノiiisぉの§どi.%?§、呼せKlr人んi&する灣r 

きの 出讓ぁ るな し 若し 之れ あえせば ソは 4 最 SEmt へからす: <i が、 1 ^ を、 1 き、 一 f.B 




ぐ ¥ がむ ビ f f ^ ゲ ざす; 纩 にいぐ 跶 s は ms,f る街突な り 別言す s ば ほ? 街突 

の SI に m な, ネ g に g は ssili よあるき: 不可 B ,故 くん 

ば J なし, なくん ば? t 編な t ぎく 露な くんば 旣に人 t し 人物な § 即ち 戯曲な" 



な 



f ?^!をみ視れば籠も灣も拭!^の!くき铲 るに?ては即 1 !ゅに其囊に^のほ. 

るの み f 魔ず きする ilt ぎ f あ? S 議 ri する flH 人! fff 過 r ん銜 

. まつ ばん 

んど 欲する ビー 般^る を。 , . . 



た * 、をの S ぎ 



く.? け, 

i 夾 




九 五 



人文 子 



ば SM ヒ 



"?」 H >0^^^, 



『紅花 染』 に 題す 

『紅花 染』 ほ 本書の 補充 どして 左は揭 ぐる もの 著者 は 愈 虐洞生 君 其 人な り 

愈虐君 は加賀 の 人 言 《 '將は 帝 國大學 は 入りて 法律 科を修 めん どす る 者年齡 未た 

一 一十一 一は 滿 たチ予 北陸 渡 遊 中 計ら^ 君 ど 金澤の 客舍は 於て 相識る 君の 境界, は予 

ど 同じく 志 法律 學 は 在りて 而 して 頗る 文學 嗜好の 癖 あ り 

君 曾て 「紅花 染」 を予は 寄す る や 書 を 添て 曰く 拙作 素より 万の 欠點ぁ るべ しど 雄 

も^れき も 感情 主人公 を 支配す るが 如 さ 失策 は あら チ尊臺 若し 一 點の 同感 を 起 

さは 希く は 之 を 採 れょと 以て 君が 抱賁を 知 る ;へ し 

本篇 一 個の 神經 質の 靑年を 捉へ來 りて 其 肺腑 をえ ぐる 人物 光景 共に 躍如 どして 

浩 動し 「くら ぷ山」 をして 顔色 まから しむ 之れ 實ュ殆 んき處 女 作 どして 見る ベ だ 

ら 4.- る もの あ 1 者 者 成 竹 t くん は 焉んぞ 此の 如. n; を 得ん 予 未た 其 意思の 老熟 

せ^る を咎 むる 能 はすして 其 小 說は對 する 着眼の 出 俗なる を 喜ぶ . 一 



性格 小說 多く 《 世俗 は 喜 ゆれす して 結 搆小說 獨り時 を 得顏は 流行 を專ら どす 一 

者 共は讀 む 人の 眼識 如何 はより て 相 應の娱 樂を與 ふべ しど 雖も 多数 人の 娱樂を 

^ す は 後者 前者 は 優る こど 数倍な り然れ ゆ-も 小說の 責任 は 啻に 讀 者は娱 樂を與 

ふる を 以て 盡鲁 たり ど 謂 ふ、 乂 からす 彼 は 「入」 を 描^ さる 可ら 气 宇宙」 を 寫さゾ る 

ベ ^,らす 「運命」 を說 明せ ざ る ベ ^らず 人物 ど 行爲 の相關 及び 其 結果 を 自然 の 法 

則 は 反照せ しめさる ベから す 夫れ 性格 小說 はん を 主 どし 結 搆小說 ^事 を 主ビす 

其 孰れ ^小説の 本旨 は 合し 孰れ^ 小説の 責務 を盡 すか は 多言 を 費 さすして 明^ 

- 紅花 染」 の 著者 は 能く 小說を 知りて 而 して 之 を 好み 之を樂 まん どす る 者 精勵倦 

むま くんば 造詣 豈 は何ぞ 之に 止まらん や 



明治 廿七年 七月 



萩の 門 忍 月 生 




生 愈 虐:^ 

石 橋 忍 月 謝 



fU 垣根の 破れ目 を 通路に、 ぬつ ヒ顏 出せる 一疋の 洋犬 



P み をん な あつ た 5 ふう 5 ち こ ^ ? ' 1 ] - 

娇 ntg 天 If? 込 1 る ま、 麝? しま W つし かき r れぬ Irr ぬ。 ぎ sr 

St ヌ かしげに- 松の木 f 凭れ? れる酽 ¥ fMkaf^t . , 

麗 晴れ わ?. ii"、 舞へ る fff しく、 ちょろく f £1 れる f の、 1 れ こう 

なづ くもい ど嬉れ しげな. 9 

21" て 一 おは i-^^i ば- i5?rf て、 ftfr§ 辭 

f 啼 かせ §v きゲの E-t ?。 



げ 

,實 



I 5 ち もつ 50 たの 



年の 內 ft?: し I ずピ き。 £HLki a 



e みだ 

i L やき c せつ * ひくん 5 J . ; • i. kru 7s c i3 < 

:iff!r?:? を、 學 校へ 通 はせ て、 やれ 藝、 やれ 爾 f ず、 が <: しお: むる 

べきん さ : み 



しつ 

室 



^njm^^l かく 5 きのの, Is て P に f では、 f£fi i 

才幹い かなに 人き ず どて、 S? 呵の i にな f では、 一 ぎぶ ぐ £て辦 るぺ し。 か あれ 

はが、 何.^ かいへ るお 方の f い」 i し i ひて、 》 よくき ず i せられ、 



■ I 二 i . 一 - 's I 画 = 醫|圍 画璽| ー 醫 |-_ う S さ た 5 にん { や こ k ら, 

をぎ にず し は m ま。 ?ぐ ぎれ きの ゆ。 ijfj. 

にも St 尹 f き はぎの i に ゎらふケ。 ftitiA. ち. f 步 で:: す? i、 !! 

よ 謎の yivi びュ ゆく か、 ち ど i ん だが よし。 其樣に机の前にばか,?歴..^居ては、 お 力, 半生の 病 

f るから だに、 万一 爵き y しき 1 ひの 齡ぁ ば? す攀" 、 ね かしゃ、 明年 はし 大學 の學 生し ども 

.J もせ 卞に r-l さし-^ て、 獄 き i。 が 配.^ i に 數理の <陣 に 一 

i^tK 霞の if い: Q に て、 観の islt 眺め 居? しが、 や? 身 

/ / 、 , て いない さん^?^ 、 

n< PFif^ に ませ?、 ぶらく.. 脅 t 歩し け-。 I. I 

ff. ず ビぎ 1 へる 1 のず f 、 I いで 難い さに f れ、 近, の 悲し さはい 其 

ft^dM^t%fk0^^i i なら S の 花 を 拾 ひ 上げん £ て、 f がら 我 力 

きんがん お" . > .^^.^4 ノ 

一 近眼に 居は卞 ふつ ヒ 噴出し お ! く さまよ. J 

ii おきれ、 ^ぎ i ピ ,れ て、 かくしく, てに 益 Hi 泊 は-く;^ 

こ、 靜 あれ ぎせ る 一ぎ 力 洋ガ、 曹 は rs,sl め 居? し が畜 生に も 沈 

ぎれば、 HisJ かな。" きま.. て f まつわる を、 、つくば ふて 頭 を 撫で やれば、 fi 冴へ so 



一- 花 m L 00 

可愛き 奴 ど 思へば 連れ 來 て、 、パ、 ンを やれば iif に して、 觀も I しげに、" る^ を g さて 鰍 f 

郎、 が f しげく., て f す 湯。 fKt S あの あ? やれば、 を 

れも 亦ぐ す f. ヒ喰盡 しぬ 明日 は又來 るべ し、 澤^ に を ill^ してお くべ ければ ビ いへば、 ^は^ 

垂れて しほく して 立ち去う ぬ。 

開けば、 犬 は 明.: 來 よどの 言葉 を 守うて か、;^ は i,^ の 51 を攤 へて か、 ^も ぬ。 紙 %g の I; 

を 見る よ, 立ち上が 6 て 尾 を掉, 4t らし 〈お を りし さ 。ぎて よくど. |gj ろに 伊き て I, か く、 

折節 母. が 不在なる に、 勝手 知ら^る g お g は に 等が わる か 一 蝌 に^れ t こ 舨て に歐れ ば、 

犬 は 食 を 世 さ 5 得て M け艇 .0 て, る^ 雕ら しさ 。つきが 赠 13 し を i りて やう/、 に if:!. や 、ンの 一 

之れ でな ぃぎ投 げやれば、 f で f TS に I- みぬ。 ilf ぬげに gfi が 1 をし げく ビ f る 一 

い かしら な よろこ j 

犬の頭を撫でゃれば、 喜んでru^c>^ぃ;5ぬ0 一 

やが ^ \ かへ きた i **> - » » 

頓て 母は歸 I う、 ヮッぁ へよ、 お, よ、 こ 是れは V わ V けな, tf" して? wf i に、 g の g 

々;. >喑 うな, て、 蝙蝠 も ニー 羽 iiv.^ びぬ おかしき II の 1 むれに II 良 ふと を I すれぬ。 ^れく i の 照 I 思 

せき、 母 は 立て 膳 立し?、 g お g よ、 f0&io ヒ,: si へば、 化 ik のか はぎ b ね, 

T4rl く, いぬ L んた ら 5 よ :?<J 、,-.Q な 

美しき 犬^ ゥヒ、 新 太 郞は餘 念な く 犬 を 撫でけ う 



力 



一 



< ^食 メプ ォ. : 1 ま、 たま にば い レ、 、 

さ 去ら ませ? いへば、 さらば ゲ¥ は S5」 やるべし と, 母の い S ふま、 に、 庭へ 入れて 雨 S くれ、 ハ 

ffff<ff^o I i I s 。 :、 ぬ いお. f 

fffm^. f? ず いづれば、 0iasB4 犬 は 勢よ 4 け 

去 ftN ぬ。 、 • 

二、 折 ふし をよ.,, ^ビ 吹き 來る 夕風に つれて、 耳 を 打ちし は 調べ いみ じき 

琴の-音な, 9 け >o 



C --_]-/ I ます ノ \ しんた ら 5 おやこ な. つ、 こ W 

ffffm, il, II は? のき さ § 何 處のほ な"; れ どぬ 

に、 frnii. , つか i をつ けて, g の きね よな は: ?太郞 に 命 s:.f 

( urilsl^. ある を炉 ひう けへ M§^^ 

く f しさ。 うかく ビ ii にっきて!: けば、 いつしか xxf 橫? て、 1? 了て、 おぎ 5 沿 



こ、 て 5 ばんて, - ) 

ふて 1.0 し は、 此處 X—X 町 二番 町な..。 き gi r 

nfLrf p.mf^fttl 猶警 i 行け は 

I — I 一 2 



>5 



叙 花 



10 二 



ばんて 5 もんない r^^BI • -■ 顯ー_ - ■■_= 靈 顯ー隱 一 _|_= 扁 r: ;,g n5-_ 画屋匿 

二番 丁の ヒ わるい ウ めしき 門內に 入. 5 て、 mii をき けせ もく g こ iji^^o ミ 1^)^ いつ! i 

ば:.; Ir If 、 羅バ pi 漏 

t しちて ? 41 4S¥ m ふし 言く ど rf g につれ て、 f r しょ、 - 

の f いほ? づ f ふさぎて! 《 ず。 ifiis!0iff 

1 はき"!, らく ビ I- て、 iirti ff^ff 

れ^ 屏の 高き に は 詮方な か, o き o 



W 卞 1 ひビ あや しんな ら 5 り 

道 t; 人に 怪 はま?? 太 我れ にも あら I ハ酽ん ぬ。 S 踏が 攀; £; は かぁパ 

6 も 全く をの 琴の 主の 身の上に わ. ovo 

J^l^l^r^^?. へ るへ IT がー S ぎ t げて、 f0.p 

s<1i る は: ト I ほの ,?。 il !。 f |!。 

—細君 か、 娘 か。 細君 £て もぎしても、 il^^o ずな、 f 



IffK 彫 へなん としてお お^ぬ。 脚 t きる 奪? て 響く I 堂の 鐘 は 高 

く 十一 時 を報ヒ CNO : i i k, 

しく、 i に g びぎる は、 f. m^fo , i 

一一 一、 世を敢 果なみ、 身の 不遇 を? て 狂 氣じ みたる 仙人 i& も ff 口惜し こ 一 

fffi 1 rro PT if まるに、 ir 來 ぎれ しも? r 來 

I! も 霞く、 II ぼ.^::. -■rf ! 

暮れ V ゥ き:!, \ S ろ はさ - ピ.、 し I ビ ち.^ V, 砘こ t きし f の li^pi なきまでに まれ 

ひ 日 ザび が C は くに ゥ れて、 犬のへ もひッ を, OV ど 止み 新 +s カ膦 しまき ー 瑪.^ さ 8 

ばて C 

s 恥 はきの 長の „«| 如何 ひひて暮.- つ は 

^Mp! 一 n fsiisg l して、 I 



紅 花 染 



1 〇 四 



ど 客れ られ さる^ は、 始ょ, 論すべき ir にわら ねせ、 2?- 、 

狸 は 後世の 一 知己 I つも? s へち 沈ん 糧? してきき i ピ. き 1ノ , o け ttr , 

^ 7 i if f 1 き 7 レ》. 9?.- 赛られ む も 厭 i ず, cvo 見識 高く し 

^u^^^^ 塞の 石;, 1 くヒ I、 よき f のっきし もの かな、 f 



1 ほど 



いお ひ かれら まった にんげ しまた 7 ん;: Jc:- ^ >'^;^»^^^n a 想 殆んさ 天 ど 1 致, ヒん 

r;1l『、 彼 ぼ?: j?^ きる ききぬ。 ifiB 

なく 唯此宇 て 乾燥無味の 1 1 きたらし めきす。 f 1^ 

たつく わん ? I にん-!! ,\ 迷す ^しく も 人事に 迷 ふな くんば、 いかで 

はは 人 も f もの i、 如何なる ものなる か を も:^ ら f ベ か IO 

\ > :、 , ,— せ >5 せつ よ たま J 



pmff. きまが きへに鞭ど して、 ,きに 1 ぎ あ ひし は iEf へし。 f が 所 有の 文 

に itt へん まへば、 お 1 じ six て、 心中 天の 網 島 を まて、 さん 上 はつ" んら ふ 

ん ころの,, f かけて、 ff. 一^う にわ ミ へば、 れ si を £ 拍 みはべ も 

ん。 fmkTtfzo g がきろ の ifi れ&ゃ i のきみ を替 へて 本され S 川、 J、5 

t$ - s^f$ ね やく, ぞを霧 してれ るの か。 ,§ 驚 

Kflr-.^. 化の" K れ しき は S せ卞 ども、 0fi. 自然 をれ 程の 事 は な 

わら お ほ わら ひ - D 

笑へば、 おけよ/^ ど 大笑に ならけ, 90 

四、 一人 は 男に て此年 十二、 一人 は 妹に て此年 十六な ft.o 

- フ さし; S ま つた あつ ばれ 5 ま < わ, つ 

よな しあ は iv なる か、 ff?. f&Kft 今にい ひ傳 へて 天 s"i" 

ら。 si 々い」 してきく を i せば、 i1 ま して i ぎ を,、 一 方, が語れば 一 方が 點頭 き、 »| 

fett^f It. irg なる 霸 f f 、 ^isf. ばが 望み 

f ? ど s すれ は、 ョ ぎ はす 吸 ひかけ し if 」 は? きし、 藝 に, I まの 事な -.o ク 何も: てれ 

ぺ〃が«"^ぃふでもぁるまヒヒぃふをぅ^^ぎし\險>|花ハーーー芳野、 月は須 磨の みか は、 淋. しき" に K く 

i" f なおこ &ウぁ も 1^11 の M われ?、 &ギ i§ る ir き戀 にわ 喜。 肉 鉢の f わ; f 

X-^L w ) / 1 ✓ , . f In r i ,、> まゾ ^ な 、 * ぐ さ こ , 卞 

、 羅の §れ ばに や。 i て もの 一 滋か?^^ビだか へれば、 き Ji 慰められて、 心地 



rrh HI 一 〇 六 

しくなら む ふし もや。 ベけ &、 fif&<0^^^s^^. f i あ 



す 

はくぎ i はかの ダンテが ?-^た るべき いふ。 をれ ならばぎ 鍵 £ にせむ;; む 

思 S め S しゃ。 ね t や 雷せ ひ蕃 nilg は I。 ^s^i&nff 

^ ば や のけつ てん みい V あらそ .<ら - - . I J-?^/^ 

る 三輪 は 早く も 其 欠 點を見 s して 爭 へば、 ず i は を つぐみぬ 

暫時 は 二人ま^ Im? しが、 ff>.ff き g かにく 口ち を,、, 1 まい srf? や ふ 

ど、 こ 又い はる 鹿? て か、 君は 其女 を? きひし? 4! へば、 されば?、 



しゃ 木の i か S ふ, s、 IMi?if SI 

れ§覚 弟, 墓 ふ。 ^J5し¥、 m0fa. iLf^ssr f0t 

つぬ けて、 見て そ 1 しゅ 1 の 名 f 。 sffl-.^. if までに skf ?i の i し 4 

に f 1!: した I めら f て や に f 、 ,しゃ rpi. れつる &が の、 が 

わ 鋭れ き 眼 ひ . I られつらん ど 思へば、 i かに St く? て、 がが ri へる きれ を f ? く PL 

我 f S 浮 I るき 。 かく II へば P ん のま f ぎ て、 お f s き、 M 

はんろ,, "煙 fs つけ、 すつ ど r て ぼき i せば、 if で is にぎき、 ¥ てゝ手 r 

て抬ひ 上げ、 アツく ビ^お を鰣 みぬ。 



齢 m に ちら. -ビ& し S の i を i けば、 i 酽 なき^に^ を獻げ て、 船. -に圍 扇に て 凉氣を 送. -居 しに、 まづ 

(H: 女 堵と顏 を わげ ぬ 

欲1|に配られ卞に|^かたるは,^鱔れしけれ.^、 其の かほる ビ やらん が、 我が 戀 しき 琴の 主にて はな か... し 

や、 もしかの|"の|^がまきんした.-どの1|^&らば、 HI にぉ5ょ.-も,贮の我に係.-たる話な,.^ど思へば、 

(よ/ ? I ましくな. 9 て、 (の、 か、 ほ、 る £ やらに 兄弟 はなき や、 姉 はなき や、 妹 はなき ゃビ 問へば 石 ゆ 

1 なレ こ, i くち, y も ; 

は^^|»1してー1ー%が1を1の#き、 latt,.- れを しらべて 何に する か^ 谷め られ、 もお ヒロ 籠る を、 嬉 

れ しゃ^ S はよ き^な. -。 ^5 いて は i めす。 rr 人の" も 4^$。 r 人 は 男に て此年 十二、 一 人 は 妹に て此 

^十六な .0,。 るが まました る は k つ 時 i なりし や。 ? j1 れ もせぬ 四^つの 十五 日。 れ しゃく 我が 犬 を 



^.0てかの&"の||き.-しは五ぉ&^."^なりし。 I:、 が戀 人の かほるが 妹な りし.^ を 幸^れ ビ、 心中に 喜 



と り tf*, しゥ 5>a こ 、 ビっ んこ - / 

性質な. 90 され^ 今 此處に 突然 之れ をた、 して 



ぶと 限な か.?? 

1 に は § がけれ ど.、 閬 たき は 其 名な り 其 容貌な 

は、 fil が.! ひ は がへ li. ,を Mi らて は" も n じどて IT 日 は Ji.- ぬ。 遠き 道 を 厭 はで 昔 信れ し 朋友 は 

£1 にて、 Sim いたる "むろのう たてから しも、 なか/^ に 其 比に はわら すかし。 

五、 吹く 勿れ、 畏 ろしき 旋風、 埋ひ 勿れ、 砂煙、 

ir ぉビ して. g ず 1 あく,、 IT にみ 見 ゆる y.i の讀 ■s^i よへ る は白| ら では、 曹に? 



^花染 



1 〇 七 




I お ^ m 一 〇A 

ひどち わ L$ て 2/ く & どよ J ) U ^ ^^8^HIBHSIBIB8llfi8nnina 

、ものな し。 折 ふし 一 群の 鷲 鳥 空 を 切って 飛ぶ f 曰、 ^時は^に!^きたれ^をれもゃがて船かのず,、 

すてん き さ あたり ひ を-, N ど ./ - I / ^ Hy- - /L. 

數點ビ 滑へ 去らて は、 四邊 は寂莫 として 一 つの 聲 なし 

1 處に唯 1 人し よん? お すみし は flllfpf .,。 0fM^f<M^f f きす? 

何 處を北 ども 南 ども 分 ち^ね、 れを SI れて、 i ど りき、 一 i#lvc に PEJ ぬ。 

や、 あ.. て、 ふ ど 思 ひっきし 瞬問 :::,. 、サハ : フの妒 ば g> 鲈、 呼サ ハ ラ の!, 齡 かくお 田 一 ひっきし 一 駕酽、 1 

ビ して? 來る心 |# ft れ、 ,しき r 風。 iLt れ、 S ァ ^ftfff. 

跡に ??8 し 母の 悲嘆。 果て:? はや s き はれぬ i しさ。 ァ、 き? く。 きく1 れ.? £ き 

旋風。 わ はれ、 神よ、 佛ょ、 願く ば 荒き つ % 風 のい 自 r な ふ 吹き ,そ。 あはれ、 i よ、 i けよ 、まばく は 14 れを 

L たいせう みち 5b たま ぐせ? ふ、 -i え I- : - * 1^ 一 ^/ 

知らむ隊^^を導き給へ。 弘誓の S を 得させた ベ? ど: < ど は, ^uf^ て 手なる、 てきない の I を まめば、 ぎ 口,, 

し、 御 利 if れ? の f。 き i く i& のぎの IB、 fmKf^e^^s. ft 

赖母 しき 鈴の ー者ピ 聞きし は、 我が 耳の 過..な,0^け,0,0 ^^はしん どして I 曰 どなく、 お i はき Ijf^ に 鳩!:, た 

ん どて、 此の 賴 なき 哀れなる きれ を s^, て \ ;91の^^ぉ賧の^^,!ぃを1しぬ0 

名 殘を 惜む 太陽の 光に、 i 太き が 1 はは 張. 4f ばお. に i しく、 y 粼 5 あ ひに is2 が、 ふと II 

ひっきし は 『太陽 は 西に 沒す』 なう、 m& ぃト ゆて IT 地 を は拜 いし K にます る&ん I- を % して ; 3 气 お., に 1^ 力 

ぬ 9 



た s や 5 

太陽 はいよ 



丽!! ^に 鰣! =5 ちて、 勑,"i^^iこiiどな-^ぬ。 船^^ は 8义 躓きて 眞 向けに 倒けぬ。 漸々 

ff あ 足 れば ir は、 きの まな.,?。 ii^ あへ どに III 急げば: ノ V へ:: 

rlfffo S の あやめ おら ぬに 1- ぎ 『i.3r めバ、 き饑、 ぎ、 ひ 疲勞、 一 時に 襲ひ 來 

をの ま、 を こ ' 

C \ 其藎其 處こ 到れ $ 

くて わらば if て、 fmnfff 鉄棒に f て訖 S 方 を 打 跳れば、 

垂 はき は 1 は I か わ § て- よ、 f —北 斗 ひ. 5滅、 さ ひて 輝 嬉 

れ しく & きして S-H: くき r 二 みき f 頃、 嬉れ しゃ 1 つの ォ,' セス, s^^so 



タ 



力 



tu\ J^<il > c . -、 . -,… - - デハん す ぶんやし じゅ- み はら 

§0ffa iEfcvr に ,て、 i すると 繁、 耶子樹 の 養に 腹 

お ft> す aJI や ばんじん しう ザき 

を! ^た"、 さて is れ しきに つれて 思 ひ 過 さる, -は、 野蠻 人の 襲撃な, 9< . 

騎 を f f ぁ立ダ て ほ f み見1 せば、 譲,.^£ て 一て 酽ひ おく、 霞 f 中に 神の 北斗星 は煌さ 

か.、 や . 

して輝けft^o 

^れしゃ|^1^に1はる》、 、いもなければ、 今宵 は 此處に 疲勞を 休めぬ。 

六、 ゎはれ夏の夜は夢ばか.=^なる現寐に明け渡りぬ0 

L ゆくてう じ さわ た 

宿 鳥 一 時に 騷ぎ 立つ 



Ir^ ろかされ ておち" れば、 乙 はいかに it まで は、 物と して 淋しく 悲しから^ 

る はな か-し、 サ"、 ハ のま 1、 U はき 1觀ど して,、 百 I に 「i の i」l ひ、 見る もの 聞く もの 



鉦 花 築 



1〇 九 



紅 花 染 



2 しうて 心 I いし 5 るき し。 らぁ &れ 化 i;^:^ 

た, ON。 嬉れ しど 勇,, 皮し に If 、 ^ : r . お . . ほ > _ た." ひ 50 



似?" 嬉れし is して P ん 等れば、 Bi£& しく、 ? Soo0i f 

力ら は?: r ば?、 1?. f やま、 sfri^. ? ではお だくに 蕭 

おし」 4Ji ^sf[ fia. 1 步 くず f I 

思ひ そに 下れば、 不 思攀、 mmt00s^ffffo pt^tf 

{TIts 石" る を 田 さ? て、 是れ をみ きに is ちて f ん ものく mxLMi? 

s?.:、f 棒 r 碎かん に"、 Maffp<fiti?f I; かれて 

I は 磁石 きれければ、 ig が f れて、 に if i げ f ?。 

不思 f は!! けばい fif^o や ¥1 が f i さて、 g 



まほ こな かば ひら ぉ&ろ こど わ. J 、, • ? ,ミ li i あ..^. 2 一、 「 ms-..? 

ny^fj 0^^it 称れ をよ 呼び, ぎして き は、 r"a. ずけ,, %lr も 

女 y が 1 よ .。 見れば、 f く は i の i のぎら む lil 、ま ^るべき IT へば、 きれし さ 

み も 湧き 恥 かし さも 焚へ、? せん, 察に くれて、 s> られ し, へ もい はで il" ぬ。 よくく 

見れば 石山 は 傍に.? て、 え! きの をお;, れ、 9i する きれ ど XO かの IT なる t、 

かぎ も疾 くよ あれ.,。 きれ Jt し &ビこ 込み あ 上げて、 fl$it 脈 si 



にわる をぎ け、 - どれ & しかけて 1 らし、 お. あみ f と、 こ是れ よに i し i はな かるべし 

a, を I- せば、 11^ は 取きまは!: ^へ!: きしゃ..! へに わら 卞。 

3 にお を S ぎ、 は If t? しど 酽 へば、 T は iii めしく S を て、 石山 樣が 何處に 

rl ひき か、 f は si もな- olr うして おまばに, ひ ら す.^ は、 御 心丈夫に 得させ 給へ 

to さる こても f しき は £な 編の r4?o 酽 I 厓まく 下に 1 ふ を さへ おに はふ 心配 も 致し ま 

V s'^^ ち, からだ ふる ぶ 

したに、 ずして g げ 伊ち li ひし を^し. は、 ァ、 "田| ひ is すだに 恐ろ か.. しビ、 小さき 休 を 震 はして 新 

S こ rr、 ? is なしにぎ W へ かきい 入れ まもし、 み fli よ. ぎた 立で、 辛が 此の 樣に 呼び 

-|( J .1 V £ をん ば あか < ち びろ 、 tl,.; 

がけ ましたる 1ュかこ> おつくし を、 春めて やって i.. されても 御 損 は ある まじ ど、 果て は 赤き 唇お の,^ き ぼ 

rf » i ' ► r i. > ^ 、 i ^ す!!^ たも >J ビ ► 



すれば、 rf たる fe. か L でば 1^ しきまな き s、g て 1 力 駆け i せ、 &ひ鎚 -て缺 を?; へ ひ 

は « が^に かくは 1! げ 1 ふ どや。 お i ^な..^!^ しなれば? 4 め てれ 厭なる は 知れて われき、 さ, -ヒ は御卑 

『な, 4 一 ii ゝ If i んで mpi は f I と は 5 ふ i? く 見れば、 うれし や 我が 戀 人な. :。 

な, を汝ち fci て ふ もの か.., ん I。 fskt0i fto 是れ はなら? ま e 

けだ 出せば、 if て M 卞るは yiA。 よに 見れば s。 f f VB^^ I めき すれば 又 

0st ^s%f0Essm^ff^taf^. f しゃ s 處に 倒れ けれ 



紅花 染 



は? I? n s^^^^i 




、 なつ よ ゆめ うつ、 rt あ リで 

は あはれ、 夏の 夜 は 夢ば か, OS なる 現寐に 明け渡た fts ぬ 



七、 活澄 は時ヒ して 轉 婆の 又の名なる 事 あ 



どかく に 琴の 主の 事 思 ひ 出されて、 ぎ飯三膳味ちなくi^ひ^.c^、 さてつ に i ひて、 ^きょり|曰.0^护 

まづ をう しょ ひも ど こ ゑた か よつ,、 i ^ f - »^ ? i 

§t0i K 高く 讀 i けば、 faffo ro§iiiQl§、 ますれば i 

の f 5 出されて、 名 は? ss ふや。 0afmMa. is のきら is ひ" I で こ; お 

には貴き isf きす。 lig、 i の g な鬆を f i まれば、 霸はき f さ、 i 

して f 改め、 さて 讀 みか、 れば ずて f& やら 一 fft m,$umf<ffo 

妄想にまで 疲れ果て 思 はす 吐き きし i は i に ひ 正 r よ!。 も r たれ f 1 お 田 Is さ 去 善。 ぎ 



上 は 己れ が纖を f^d に 5 き 1- て、 ゆかしき き1 を範 ひに しか 卞ビ、 ゲふ日 も f た 1^ しき を I- ひぬ。 

石山 は 三輪が 戀の 始終 をき 聞お, C て、 0ff. 14 くず 響 にぎられぬ。 f.mi!. 、ヒ 

マラ ャ山 富士の 如し。 其の 琴の おは、 か を L ち 枝,. よ 呼び 1 ひ、 かほるに!^ らぬ W 慰ま 。お g;?, はおし く 

きな しく 過ぎて、 人形の? がきれ に f て は 1.^,,。 if Hi の S はくれ 卞、 を かこに さへ 力 f 

?は , 4?) きめん うつむ ふ く あ、, リ、 

合せば、 ボッヒ 赤面して 俯向く 風俗。 ^し, J いへば t4 らしく われ^、 にがせ 5? らしから 卞ゃ 1 が、, 

if tiff ii まいく、 歸 r。 iff?. ききに i しず ど 

聞きし f の、 我が 失舊君 のぎ も r わて、 S へど、 1.1 製 ric ぐ 愚 f § れて ん 



o^^rti^o .«ん を dr くわつ ばつ 

お lyf るが、 «&i?o きな しき £ にもお i しりが 女の ビ淑 f え に、 活? -ぃ 

ふ Kf おにお ふべき 蟹に S も 。i ピ? してて きの ま 又の わ:: r お U しく 過ぎ 

^f<l き f&、 謹. Ilf r " がば r:jf いはに 凍 

して f f i よしく if f も f I 飞 i は 一 4!s 

fig きる き、 it い iTH れ? 遇 はめ ほど 問し S 一 S 

stei. iLF きたる? えよ く # き 一 曰 は 父が 畀 S 祝 曰に;; 5; 謹 一同 

の f ぶれ は、 fl^mtilf?! 三 



その や f こビ ^.^ / 

V、 其隱な 事は决 して 



、 «i! も かう じ や/.. と 手 を 合して 拜 みけ, -。 

八、 此の 粹樣に 何條拔 目, がわるべき ど。 いは > われが 眠れる 心を覺 



して 君に 〔フ にブ させ^ 我れ は嬉れ しき 結ぶ の 神な 

つど こ いしやま i 



, に、 S ん,, こ&, 1が ちて^よ ど 銀、 がされ、 郞は此 座 を, 離れが たけれ き、 朋友 

ちょ 5, ど釉を 引きて 我れ に 連れ. 3 ちて^よ ビ l^ut..- 力 リ を I S I ,r 

V むげ 、ド、 る、 ま i こ £1 が i にっき! I ひ、 植木 凉 しく、 榮 一二 羽ら ら 

がす,, A め を 無下に rJ ど わらむ も 管な く 弓 力る ゝ レカ lAiz i 



花 



1! 12 



^ ほに 



.is 



-, t ^ ^ 二 四 

ひ まへ t は ど ほ き こ 、,,?L ろに 5 あづま や -nn 國 ^m^mtl- _ II I- 

くヒ 光力る 前庭 を 通, - ぬけて 來し は、 此處 後&の 東屋な, ^んな i$ があって: S ままで れて % しゃ 

ど をの やう はらた て 、、、こ- J 、3. ダ、 スノ/ 

ど 問へば 其 樣に腹 は 立す ども、 マァ ベンチに 腰 を かけて ?仏 みながら に 1 るで もか^へ 。^ばか,, ^に^が I 

て 居て は、 唯 さへ き羞の 曰ュ, ir て、 isifm,m. ffff£^ 

I るが 口惜し さに、 ^iffmfmf き 5 に!; rl ふて は、 つき 1 あが f を r 

あ だいじ わら きト、 フ ^ b 

明けても 大事な きどい ふに やと 笑へば、 虛を衝 かれて 三輪 つか ヒハ へ、 ン、 チに黪 しがち かけ、 戯!! 

s4、f.T , わ * わらわた くさ こど i > き. しんせつ .00 1 ナ k , 

無宙 どな,, て は、 我 か 縢の 腐らん 事 を 恐れての 君が 親 ^はい ど ■ が^し、 されき、 S は..^ れ をき II- に 

此處 までおび き 出した る き$^. がつ il は 1 れヒ、 i ぎに まも!! なくさ 醒めて、 やき れんば.^ うに. g£ ぎし" き膨 もやう く 

靜? 8, 何が かう 長 間なる 春の 剥? i をき きに ぎへ がま i の 1 しさに Efe ひし If がきせ き は 5 す 

ヒ も.^ らヒて 日頃に 似合 はぬ 三輪が 語氣、 をれ も あれが がて おる せいか ヒー ゴ I がま を g けバ、 ベ f 

ビ笑ひ 崩れ、 さる にても 不思議なる は 下 枝が 目 付の g なのな ピ、 まれて おる ヒ いは たさ こ、, を しら 

かほ 50 しんた ら 5 ft- ^ S , 

ぬ 顔に て 問 ふ 新 太郞。 それ はわれ も 君に 戀れ て, のる に なし。 それ は If 度 あれ を i ねて、 く^く,. 

說 I し まも ff. はなければ ならぬ.. 街 あてば、 1 一一 I は^ P 

て、 彼の ff てお きしに、 f0ff な i お 口げ しか ど、 fa 




I ■^^lilLESSU.E S - i_ i I M s— n ■ 一 _ - _画 _ 一- 隱 一- 一 一 一 一 一 5 S 5C 漏 一一 一-一一 一一 一一 一一 國誦 にむ こ、 ろ さ 、 

fitfa 憋觀に 籠 か S る もの ど。 S ぶれが 眠れる 心 St て 

1^ に ハフい ハフ させた!: れは 膨れし き 結ぶ の祌 な, 9。 

九、 一 層 抱きつきて 退け ふか ヒ までに 心 は 狂 ひ 獅子の , む 

1% I. i あにき f 四 r『i めきが f 、 f 輙 固く、 秋 し は. 一 ぽ: 

f ければ:^ f ろけ、 1 しけ slfe め、? S きで がぬ じけ かへ りて、 精 *^ 養、 ?謂浩 

g のぎ si は、 fi( Ifin M^^siA. フラン 

の なく ii のへ:, て! ッ あ^, さげ、 Bf m?::;f ら、 試み r:r 

…趣の 越, でも^け て £ へ 。もしくは? して 懇 のぎ!: チ け: sfs 

んで f 二三ば 羽の i ピ 1 め、 こ 木の ま f かほるせ t に ふまれ、 0ii0SU.J^i 

十? きを T なんで、 じ? ば まぎに 蘭なら きま ぼひ 給:!,:. らしく 

i はきけ & して S がし やべ- ^す¥ ん、 i に? やぎ f 傳 ふて, i く 琴の 調べ、 さて 

乙&ま A れ、 r うく.. r 輪 はま を ひ 引きぎ、 きへ S4" . I -I たへ こ. て 

ff0i. fa^kkff ,はきの 風に 靡く が f 妙なる 琴の 手 

こ、 rsrf てう かく ビ羅 へ f sfrr 人、 i がしく f つきて 一座に 禮 しぬ。 さて ャ つら M 

i へば、 00l0ff0^k ぎつ まての 礙 gf 、 琴の f うかされて ま f 



L 1 - 二 五 



紅花 染 



1 1 六 



し 事に 氣が 付きて 見れば、 二人 は顏を 見合して 稀 だ 出しぬ 。き-!: にせし か、 一, t:< が ぎに つきて 酽も ?,、 

琴の 音 は 止みず。 猶物 足らぬ? に、 ひ.^:; はもう 一 r 彈ひ I きかせ 1 へど、 fpcfo 1 づ 

^ ^ せきめん かほ、、、、 を 一 r-s i 、、人 * 1 

枝 SCNi 面し 2 顔 を、, ンケチ に i;5 ながら、 f6.ffi. 0M^r^i 

して 下され 4,. に辭 しつ。 if0a0f pm&$^. frff 

は 知らぬ き、 いはれ て は、 ifffso f§^ffKff さ^さ., 

J 私が 御 雷 致すべく 陵。 ち なる で 出 いんの: ST か r 口ち r て I 夭ら き、 をれ なき S 

ac そのく iiJ つ.^ ^ K J < )t* \ 1 二 

ち St て くれ、 i 爪が. S ぬな f 云拔 け sir せぬ ぎ、 sni あしつ。 

げ? ので も f ませぬ。 をれ でも き は、 m、 ¥ S ?、 ョき, にのや ? I 

: でんきれ;.::、 :1 ヤノ、 r レ、 ガ r i イロぐ ffil^f^£st. 

ほ 口 s は? だ i 山 s に 嬲られ、 く pi ヒゃ it や,/ き r なき、 i 

1 せ、!? へばべ たく SI し 草履 博.? はない ずれました。 ど Irf 、 

半吉を 滞士と S つば、 打 fe. 三 4.ST り sk,^ ひ 酸:?、 . rt. 、1, 

すれば 今年 はも 



ラ 



Irs. や 霊. S のぎ p,、 がぎ I ん f E がして こ 

わ 5 せ 5>? 、 、 、 、 t^- , りん S す-人 1 - * irt ノ - 4 と, 

往生 遊ば U べし、 や? ハ かいし iss の 上に r であ i な, i して f だ出す 一ぎ 

は どんき ど賑は ひけ ft>o 

笑の 收ま If f て 、謙ん は? 言、 pf 一 irg ぎ は 母、 がす、 めに、 fff 



^ の g に 、われ iuti きる も? もう 一き きか? ど tl^ 枝の s す、?、 返答 はな 

7 b-l り jy 



をつ i 二輪の 顏を覼 きぬ。 

にんせ * 



/N<-Tsy TV つ v.- ニー 牵ジま .3, いしやま i たつ 

しず は、 i しもの 傷なる に、 ぶき P せらる、 か 4、s 山 如"、 

お! しくして ひ. -に まかしき が It む, t1 一一 わ輸 U く- i した iiij 餘人 

If fetnl.tg. を s きが i& み f しにて わか- 2。 a 

ざ た てう や ゆ » 

ぎこ ^へられぬ 稱に れ しくり ゾヒ座 を 立ちて 手水に 行きぬ 

rti S JT ,? し, o£ らゃ し a 



むねみ 、 

嬉れ し) ^に 胸滿 ちて う 力-— 丄, v,^l jl c リ . . : ノ あいけ 5 こ 

す 日 は? なく 募く、 s^0iff 愛攝ズ I きけ る。 是 f, 

k-ffllftK -osisi ほん? うじ? 大 

ゥら 

1 る:^ £1 ぎに g めて ぎ?、 ^nllt. pk.-fk?^^ 

るに つけて、 ,の 一き P でが み 見へ すく i にお 田 r れて、 flfa^o 

獅ぞ の。 

卜、 6 線の 圖こ も、 いつの 間に やら 目鼻の 出來て :... 

i ,ミ r..』 一 Kg、 り いら g てぎ をぎ るが yi なく f み、 霞き ま 



V J - - あぶな &ざ 

あみし あ 足 T の i ふく、 iSe に il きれん I る を、 ね危 ふム 4 

か あゆ か あ sf をの ゆ. ?, あい? ) :」 



^ I ! 叙花染 I I 1 1 八 • 

へ ふ、 わからぬ を 石山に? な s て、 まつの lulf は S つか S らまみ P ぬ。 さて;^,"まっめて桐|: 

の 婦人 あ 力 ふれば、 ま PV 小 1 の f 、 P 一の の i き、 kls の舊の M き、 

の 紅葉のお かめの 如き、 無敎 育のお f まれ、 0SP0^. isso Mfp 

r あ p がす f> もん む A か、 ノ u i h r 

可 管 「我」 I て、 死 門に 向って 5 入, 0$ れさ。 さて は Eli なる も §t きまで 

はい 新 太 郞は 思 5 詰めぬ。 其 刹那 ひらく,. iti:^i。 あれく 謙い き權 ぎきな しき 

物腰、 さて 二 f 傾く SE あ 各に、 ? らしき め 目 r や £t0&Kt くるく 

レ \i ま まば こ、 ろ こ ク 

と" 車の 如メに f つ。 S ふはく i れに ずて n ぎ?。 H 、暴れ ぎ Sri t がつ 婦だ V 爲め 

に惱 まされて 堪る もの か,.、 下ぎ、 かけて 派ぎ 13 で、 f^. Iff 帜の おこ 

て 思 はま 仃 I ひた f の、、 ぎ i を あ 上げて ぎば、 ,pn. しゃ; _r、 

び さま i 間 は 逃げ延び しが、 ぎぎ g へし Mi: の 霞、 pfa. やま、 smfa^ 

^ らん や、 ァ 、下 枝、 よ if 、 し: 彼れ をして ぎみ 未き の f らしめば、 ァ、 さな ゥく。 攀 

床 も H 快から ヒ、 f あ のやきき、 if は 5 あみ も i なく、 てき れん f 

ると 幾度な, 9 しど 

一 一 目 散に 走せ 歸. -て la? ヒク i ト、 ^はす 好きな i.^ れば、 か: る iiri る まき、 Bff^l 

一ば、 曲線の 圖 にもい つ? にやら I ので |、| チ" も t& に!! まなき、 ァ、 ゲ K あなき? 



つけて、 が f く i しばらく。 讓ゥ It? 先 f 石山が i;: 1 ? I I K 

ff に はず ft へ し。 a へ f . へ ,,n 

f して t 丈菌 しもなら ぬ、 だ 他 i の alls る を も 折に つれて 我が 思 草の 繁れる も君\戀 いこ?. 

い P て も S へ、 もれ &ば T の ti る, 甲 n$ で ハな し: t ら U 我? ケ -r 

7 te^' - ! ? まひ ヾ! さめ , え: , • ^ P L i a 



:0Kh^ilr .ifi rf ずのうる ほひ を f ば、 

ん卞 r の i を、 さん は i なる き、 がお つか i 合さん は- J れ f ヽ、 我 f 今". t 

に i むる f しわれば、 ァ、 ま 13 す もい や f、 £ ほれ?。 三 ずても 同し 思 ひ は、 S 見し 月 

r を i けれ、 f つ 田 I ひ はず らき しほれ?。 

十 一 、 眼 はきら— ビ 輝きて 宛然 一 一箇の 金星に 似た. 5 け."。 . あた 

a g らしき r 科ビ け": 古 H 厭." f 

Ifessis れば、 g£ は ひ 曰 i にお f f 1 1?. ち I 美し ii 時ら くは 



忘れけ. 90 

十 m ク 十三 Si ち.^. -き。 警"^ i はゲ、 i も" S 課 を 調べん とて 



ュ ラス れいだい > 

分の 例題に ど. 9 力 



I ,い、 尸、 ックの き 汚れた る を 開きて、 微 

り し,、 > 、 ま I、 く^に?: セ^し かりき。 ¥£スは¥ 師 にな m ふたる 方法 は 止めて、 自分 1 




5 ん さん あ ひだ ま. ちが く s-- 、- ■ j H ノづ - |、、3 

ひぬ: 藤? 間 11? っュ! r 繰 £る に、 一 i なか!。 さて ふ IP 画 

rll J1 せん は lr、 あ i きま、 It I のぎ 

論 ± 過": i な r?: 編、? f てぎ ば、 ぎし や 1 sif わ 我气理 ぎかく 



>13ccac ^ ^ S ち うん さ, I み . • 一 ( 「-* ,、? -< — / .rs < 

き 煩 ) 々簾: i て 見れば、 わ 我 vfif る Mi に は S で- f るお ぎ 

汲々 はて? f る 理論に、 i 過 の あるべき やど、 f0ff せきん の 

け:!;: 痛 U おけ,::。 さ f I 人 の理ど1 の f かくま? 露す る こも,, しけれ。 ,0f,m 

?』 路 f^l 細 は r し;.? れ f く 歸- 一 §1 ?は if て 議 あげ ぎ。 g 



然杖を 節き て 公園へ so 散步 にで かけぬ 

せき や せいてん C5 4.).e- もく iJ-PA : レ.. レ- . 

sf 西 天に 潮し、 i 木、 人家、 ¥t<ffkpfii if なだれ & 



> k ゝぁ r なさけ ^み 

ちん: S 力.. > に 數 くるしく 鳴き 叫びし 螺 Q 



つ 二つ ビ鳴き 止みて、 今 は 皆 ひつ をら ど靜 .cv.^ へらぬ 



こ たび れ,^ ち かば づ ひど ふ !:£ な い ...1 , • 1 

S は 連 地の 蛙 一つ 11 つず 出づ るに つれて、 0§£<ff^o ffsffp 

I ,, , , 、 につち 5 ばん もん いづこ ふ 50 -ら / 1- xf 

ひる こ 力ろ へよ して 日中の 煩悶 I 處へか 吠き 飛ばし けん。 ttll0f0sf 



らの 快 さ を やい ひた. けむ。 



ひ V, 一 《■ つ ぶ や 



rt め 



かんが 



!ぉ なの て 霧に TrTtl くも はは。 J 2? ままながら も、 鬼 や" 

»ff . ii の 響 二 f rf 、 £ が Pi に f 施す を 知 t せで、 わきめ も き 



し 、 ば、 I こ f 二ぎ はふ ど いが じ やど li られけ ,9c 

pnr、 I パリ ト JIf :: ま, y 

r 我れ! § す もの は f ,ぎぎ f 文た くつぎ s み、 折 は? 11s【 

/VJI-, ヨブ pa- t c ランプ み : - ほら. ほ. ノ:、 i^?!gE く 4!f ろに 投 

IBtT っ^^に 響きぬ。 おや 



く は早ゃ 一一 r ..i- み 見れば、 ま ^にっ盡き きして:: ±rr に 我 



め ねむ 

艮 



II に、 きる! く、 0t f g 一 f f4 一 . 思想: ? n 

f F-rl ?き? r ず、 fm^^l 

^ i ぎて Is び、 ,きらくき lil "のきに 似??" 像 快" ど 

IP ッか I き rf 、 ,で こきる if 」i め、 f ら 12 一 息 i。 

十二、 見送りて 自分の 室に 歸 6 しまで は、 一切 無 宙に覺 はな りき 

一一 1 

tt 花染 



花 染 



ys^^, 今朝 は 眠い き、 miT f i& すれば、;、 ig^ 

わ : 一ん J? え., き。 きへ く £ て が, &く默 まれ/。 #1 

れ に? て 行かば- 嬉れし ォきは ii んきる 气天% に, もの どかし。 r-^^^ "力 

置く if ん s> . Lii せ 力 I 愚?:" て: 常 f 

れ な- tii きれ、 pti, お: し n お メ;^ I £ろ| て 21 も 我 

i の i ビま lari は ひ 31 ト ninM"g ハ " j び" r 

その ひ お f / ^ / あ 々する 曰 SS に 追 はる-^ か、 4s?;ilssik お 

^ジ して 見すべき、 Mai St 

ばばき f frt れ? i 名、 ilel て、 in£< 

J! ほ Itr 一 件、 きて はくれ f いえ fi§ip。 が は 

まなら ば、 左 f くが f まに、 n-f , iife-^ 、7H ふへ 

:: . .i ^ i f w 7ぉ护カゃ《^ぉ敎へてくれどぉ賴みな 



力 

はつ ぺ, 



:、 k^^i 411 1 il 一き、 



である i にがげ て くれ i へビ、 笑 ひ變^ し; f5?o I I ? 

^ 一 f§^pf§^ff ェ ミム ,0J. 石 1 外 い な ^ 

あ f St きずなし。 si f( てれ I れ て來ん n ヒな" 三輪! f 

i し、 曰つ あし は f fe- しなら む s¥ らに f ける が、 さ 5曼 下 f f いひ ま 求れ 

七 



ず S し は、 もよ しなく、 我れ i£ で、 If しに 入 4〈 



ど^" i すれば、 下 枝 は 中腰に 禮 しり 



-と受 



^^u^^f^ 「ネ -ト F 月) -In^ み よん あいさつ 

三 i に r 太 g 、が 霞に だれば、 ^^ね枝は,!ッ|の聘に手き〜何4^^1むき、 . 

ir して (囊の1 この if ぎ か-し) £ぁ ふ を、 ,i に 恥 かしき 事、 此; か-し: ん . 

卞 方へ ハ ず 1 へ、 in: は i:f おび f ま」 酽 へば、 Mfi-io 三人 は I 



やがて g%V $titf!K iff J 

ずべ し。 お あ r わがる を i;. で て f f れ i る- 1 Jr¥ れ:; の差 

S ひで は、 mlfiT\ もう 爵 S へ むる を、 f らば を 差し 向 ひ: 

權 おして^ても is れも 咎め じどて 歸り けり。 llnl I 



^花^ 



1 ニ一ニ 



舷 花染 



二 四 



室に 歸れ ば、 I. 下 f 一 一 一 f f れ 5、 ffmfiiti, 

r くて あ:: ir に: ば、 早速 方 程 f の iifeg して、 €mfflf. ゎ不 

を 金曜" に 來は< ^マへば、 iMH( 舊 なら ば、 ii 

た!: ほい 立つ を、 i ま!: f おく-て、 @ ぎ, f しまで は、 Infill か. 4 

fuo Iff a ; M&i 力ら 肥 だれて、 すきき すき T 

つも 手に つかす。 手 を 穴 t くして ii^a^ れぬ 

夜 は 入る につれ て 心 もお In つから il て、 おの if T ッく& がへ g され、 かきれ !、 酽 

に £ しほ gti ましき はな か 6 き。 W 論ろ fi する ゎ我& のまへ し, fpLm. しお 

, カ顏を 赤く して 聞き 居し 事、 iif&&i^k. ^sfMrph 

枝の は". の ,び,、 miprmi frim.r 

r 唯 1 偬ュの f ねに 眠る 時 は, ぬ。 ,f て f つ £ くしき き、 f め ふ il にきき f て、 

果て は疲 寐に寐 ける . 



ん えよ び 



待ち兼ねし 余 曜日 は.^ 



十三、 下 枝が 前に わ. > て は 百姓の 大名に お 目 通 を 許された るが 如し 

今日 も 美しき 御 姿を拜 める かど^へば |- おのい 与 I がれて、 鱅 なす!^ ビ^ 



\ 



i:;:i7iLi きず ひ £!, もな しに t ぎ けれ X、 障子 I にも 吃驚して 

辦 かき i る、 を、 i に 1^ を?、 ま" に 靜めし。 I t 

^Ilrfp. 1 觀の f に 霞の ず § けたる、 が 如く、 顔 I? し てひ| 

ひにんる ひぬ き r しづえ 

Is しど や いはん、 き Is ん。 蟹 なき S にき i ら きて、 會 f おる は 下 枝に わら で、 石山な 

iKi きひ たげ li に、 nffi^^f}^,. ゲ Tff 

: , . '?- もちろん さま , -ズ て, た" _ r、 ; r ''-Hu ^ \ r 



iop. ^gl^§-li-llll. ホフ i 問へば、 まァ 



» たま すば かへ * つ 

^き 給へ と 座. 返. 9 ぬ。 .: たづ だ いず 

「義ぃ fV 下 枝が 我れ きね てい る f: ? 1 く 

aft もし f 一一 霧のお f おれば、 かう rru けれ さ 1. の J め! 询 

,る: f 、 f なく、 ii- ,る i にて、 r つ fefe$。 お あへ て 裏まで 出しまで は、 



R でお., まし 气次 i にて s は ひ 日 しき の f もた、.^ 1 へ. r5 メはし f る 

lur れ IV ,お E に s:f I。 if ill 



花 染 



1 二 玉 



ん? 1? 55 >o,^^ffLr 



1 二 六 



卜 まひ 裏 子 If きて、 れ:: :I;:«fl^ 

0Ji^.. 唯の きらば 晨く、 ffi!L, 

ひ Mijlt ! へ、 S ,し |「 

やと 田-しふて ヒ、 、ひ 1^ こ P ご >CKn V -、 ゝ ts、 > 、ふ」 んな ひらる S f / 

' t t ル^,, ,3.- を てる を 小瞻な 奴な や、 女 立 こ ご C .>」 ぶ,! fH"、,t、 1$ わら 

な I- ら 5 まへ I ^お- ^を レん むる 檨 ではビ 石山 は 笑; 5 つ 

.^r^^i-Ft^y : > ■ ■ ■ ■ » , , : せ 5 だいめ 5 6^-t5 !^—卜ルラ乙ぐ 



Jm お:; く f がて、 fiilt しゃ、 お, MP; 

^J4]. ,つ i しき 1、 0t!h^^ 

"ぽ! ! まれば、 一 i しく、 s,r,f き は, およ 力 

燃へ て 魂 を やかん どせ. 90 iv 



十 

丄んた らう 



卞四 今や 其の 賞品 を 得べき 時期 は來れ ,0,0 



ァ; もし 彼 は i ぎ fif a たらしめば、 1£ の て、 まあ てん は、 爭き 

リ S し K ほれ a,K ーぽ 、き isi し、!! i:!: 

.1^1^. ひ? らに數 ¥lf び? ける。 されせ r が iEf if if もお い 人 



の I に irff され..。 g ど殘 Li 粒の つれぐな る 雨に 

ぎ 5、 も すれば &i ぎん f なる、 Ff S 念 ts^J^t じ。 _ きた 

iiff は 8i の K きへ て、 の 賞品け 得しん き f る 力 時期 は J てれい く 

S の. vii んの續 を f 、滅 S あ S く藝 ちお ずで、 S の t 式に も、 彼れ は 校長の 祝 

C たい f C こも ほから 上み あ,, ク 

辭に |j する 答辭 を聲朗 かに 讀上 けね. 9。 : 零 

ひた r に f たる S に r むは、 fktflf0^0i 卒 常の 

の i くなら す、. F 、顯の iri に irm は 化 くれ iMf ぬ。 a i み 

•S の ii は魟 fig ぎれ て、 つ S ゆ t-p£ れ 4 が 今 暑中 休業の S な rr な 

at r 、8 の し、 て %れ± のぼ 逢 ひ 4 

—I に爾& へ? しが、 ァ き f だに 1 の i な、。 f4^.^M^.^. 

ぉづ. く を i めて。 ホッ, i して,? 2 き 1/": ァ,、 其?? i の S に f 心 £ きむ:; 

pk^f§pl, 0ka. ざ むは 如何に 刺 撃せられ しか。 身 はま 




高 尙さ。 されき 惜しき 事 は、 何 どなく るし くて 十 射に i は がられ t 

ばな す , 

き は 鼻筋 は 



め つき や 5 くちつ 

目 付 はめの 檨な らん、 口 付 



ォ 、定めし 驚く 程に 美し からん き、 MffKff ず、 ST 日へ だ i 



メふ この &ろ ふ. I き ありく む 9 、 

Z ての 今日 此頃は 不思議に も、 現 然^ 胸に 湧き でぬ 



十五、 わなた は 何 どして かの 犬 を 知 .6 玉 ひし 



け 5i こ、 ろ 〔やくてん わ • 

Hat もし 我れ に 一 ッの なか,, せば、 f ,しきま ひ f つもぶ か 

) そのよく たつ. やくそく せき 、 '& > t - 7 / 

"ん。 薩5 養 なれば t まれて、 ぬ。 m^h^^fpii S 



山が 書齋 にて 何やらん 高 笑に 話せ. 新 f 郞 #1 へい 入れば、 ii- ひた,, ど f みて、 ぃ^^ゃ4«lく酽ひ、 f 一一 

輸は 多く 答へ ぬ。 何 & かけ f は f 凝 たれ, 鬆 のまに? て は、 fLmi 

i も; f て 無理 殺しに ?。 ァ \ぉを して II の しめば、 Ti^Jf I 

5、 彼れ S 太郎 S 人 f 。 我 5S: しき i がら。 ^Smfi0^af0if 

ん、 我が. 拙き 見つけられ もせん?、 ,きづ t の iimp 声 %ふが た爲 めか。 fKMCf 

る 我れ の 女の S しき F にや。 ffm^^f. i し羅 おのまの f f たるが I- め f> 

ん 

下 枝 は S: ,るか ビ i に y れパ、 §f i&f くぎの f r ぬぎ f にて、 00f 



I' 



だれて ず. ず f らん。 sffktiHJ^^^, J 

aaft If ら けて sgt& らね 惑らん f 思" は、 我 もき は^.:: 

tllfflt, fki f き 忘 はお:: し、 J の 犬 は 

ふ., き S で f t に i は, i しました か, へば ふ itr も 心贜感 f 舌乾 

sff に? して、 ^の 一 i ラ P お 一 あ? ました-ば rri の 自らうる 1 ぬ: さ 

れ ばお? i だ £f - し?! き saf もお? 4 .t の if 送り ほ: の昔たは 

ひし は、 載の f ?Bf し。 Mm£ofLt4^ I! 

?7a( 靠は f して かく Ivy&sf 

一 Ml、 fit .if.. ?! ig きち、 Ifh 吼 へ! 

M&s, 。可 t や 六月 廿五 曰の is- お, の i も f な::; !? r 往! 

さる こても If f して かくは 一 々Ti ふ ど& しみ ig るに、 新 太 郎は 一 伍 一 ? 1 て;. つ? 

ず i しき ずしました、 ffit わの i に 我等に 班み しもの き、 かくい ひて 下 枝 

の 纖を鹏 けば、 や?? りし や、 ぎれ が 眼に は 涙 一 杯な .5 き。 



» 花染 



-SSS 



I. 紅,. 花染 - . 

nlMJi-UJ — I In — i si- 1 1 1 一 三 〇 



M^^^^l^Jl かの くまでに i れに, まみし か。 f sf 

か え i は 合せ ス, f に、 wfiifi されば f 、 ??^ 

れに、 JiJ ffpffi i-n^. 5 の gfe り? な 

I し 且つ 敬し、, に 力 彼れ が g ぢ. 44 きぎ 力て T 枝 

; L づ :!> またい ぬ かな r ね 

下 枝 1 犬の feu ながら も- fiin いかなる i ど— 虧& 

リ みノ 43 は J 度な U ど。 ー、」s1i が piKS の? でが、 Tf -默 

はき f ら卞に 輪樣 の 宅に て 宿., しなら む。 一 1 一 わ 輪 i はかくまで & しきお おに や。 g き. S のぎ m 

riff, ftfmis 

見. s 給 ふかの 樣の御 姿に、 唯、 うかく ヒ;! ^を!^. 9 ぬ。 - 

き i さ t 六 lil: なる かなく、 汝は 我が 命? 、我が 妻な も 

f -xii!f to ^mfma^^T, IT しの p る p 、わ r か 




; lylTS^KSt^sp おが i の? あきて、 ひ ¥らに戀 の 花に 迷 ふ、 i 

こて ふみ レ <J 

綱 蝶の 身な, 9 け, 90 



に? i て ふ ものに は 辭.^ らじ。 され^ 此の 欲 あ..^ て.,^ 



組お 4fe は ^ま の 耐ビ. ^げ、 が 息して い へ ら 



へられる。 r や、 ァ V サ" 、一一つ ト、 ンを。 f て、 n^MH^ 

め X。 —ぎ rif ヌ 力 は 則:: 發 見:、 

VV レ、 ォ 、ン、 、もへ t もしき S して、 コ 農 si:f r せし 2』| て irr 



お T!^ ok / J - / ;-, わ た ほ 1^ パ J vv 



上く てんら 

欲に 纏 1, 

なる 眞理 を發 見せん >」@ ゼっ r まつ.^...;,.^ さし: ら,' かま , I n\H. 

して、 ぎく isl&iif じ。 $Mu^f0^ は 

て 6. くぎ i なる f もて、 0skfjilln J 

一 fir らば * fmml. SSI る わして、 我が 過ちの よく 4 

を、 どく., f.- ヒ 喜びぬ。 1 國 一一 匪 一 -1 



紅花 染 



ニニ 1 



l^uu s| "は- " 



染 

いや 



され どし いへば 避し ひべき m にが ゆれち f や ァ、, 忡ぉ r る? え"、 ,r -,」 ■「 f f r 

y5 ぶんし わ ょ</ I t-V. f ァ、 なる 愛 乙 を 得ん ビ する 我が 愁は かの 高 

Jr" のゝ 一:? r。 我が? 2. ながち it むべ, あに も わらき ればき に ゆか まきめ て、 

下 f 5J£ て 世 u,u か。 ^il&ffo poi^l^io ^ 

て; s 生 f な?"。 ァ 、i が 先き の i は irr。 f はかの 爾 なる ぶ、 if i 

ひらろん r る g::r $ 卢 f 癒なる? 羅せし ひるに は、 き i つの rs に I" 

我" ほ 中.. お:! f 。 fkfi ifi if す s 

rr? に." は"、 妻 i かな、 0i.^i{sk^f ^ 

れぞ 世に いふ 幸福の 極度.. な るら ひ。 - 

?れ f ほが 學!! は、 ^fs^^i した るの みに て、 f i 総 I きを 還し f f や。 ys£ 

ず ほ 小 崖し 得;: き、 mf!o |& に はま 議 ひ?., ぬ。 f f 輕 

「5 学? に S? まんば」 J<f ゲ てぎ £て1, きべ? t ずがき はずが f して、 & 

、が 下 1、 は 我が f れバ。 戀 は慕 の 切れめ 目 &lpf 。 わ 我がき は i に f てく irv キ、 スビ 

ャ 1 ラ ドラ.^ I るべ ま、 音樂 I るべき か、 霸は f 、 mti , , ^ 



りがくて きし 

數學的 



yy^. 々たる If ず霸 がる r かし 子の .7爲め に 腐らん や。 かぅ5|5新^^良 

數尋 お居 S を 十分に 養へ 堂ノ ブス ラづゴ ひつえ わす , - ヒ、 fnL ぉヒ frfA る こ I こ % あよ.. く 

變の 凝に it られ て、 f きがら も. おは 忘れ f ベから! て irit S 

ならぬ。 ik4 の萠 さん 事 を 恐れて。 

十七、 一年の 嫁詮義 多分 は此 月に 濟 みたり か の 

If き t\ ず f ず? ば ;晴气ゅマぁ は ir" 一む 

F.f き お 一き-, め i き f ,3」Te: 其 ri"r 

0f^. お きもの はなし。 i むは i の fib み。 lli . 

るらん。 一 1 一 ipit の is,¥fri なされし を、 も の J 卒 14 は 

ん ぎき き、 f は: い ii 

ベ;:;、 i しき は sr きれ ム おは 十七 t よもき の 1 我 i ほ i4 にけ: 

ず じ。 ァ、 r 何に せきお 田 1 あれ、 ぎぎ si に i§ るき みぬ。 HI 



M 花 . li 



ノ、, 力ん こ ひ よ つね せいさい ImJ^^IIBaBBBBIBBIBBBIamBBBBmBK 

P _ は S2、 Jss 裁に て 2 まくに f 善。 fft 0t ^ 

ど 吐く 息の、 母に 咎められ たる ハ幾 t ぞ。 

^l^siT 0pfi i^faffo よしく 禱 こも 

l.MJi, s¥ きき r し、 かの 蟹 f く iif れし 1?r て、 ず 

理 にも 妻に して 貰 ふべ し。 1. 

わ おも P 

の樣 rf は 慕? ir?: i 其蕭づ s さもよ く」 知れ?。 ^§&ti^ 

A- て 兒事 我が 今日の 位置 を 知らすな ftN けら。 

严 It^lf !! なれ 2 にお! t¥ き i に i いて、 fsK^.ra is び i 

の 卒業生 ほ は、 mkt gig あて かけ ri の 21 れパ 

なる まで 見送 i り。 i 



しづ, W こ、 ろ さび .^.tj - 

下 枝が 心の 淋し さ "、いかで 新 が!^ こお K ま!^; ち sf . J ^ かへ 

たま ひ 3 プマ亲 T<g 力!^ _も 劣る へき 今 は 唯一 日 も 早く かの 檨の御 卒業な され C 歉. 

玉 はん 日 を 待つ のみな,? き。 J 



【••■—111 圆 I lira 



■r 1 ;;? の? r。 if & に, れて春 駒の りて、 

ypprhu き III き i きま 

き tis まれぬ。 p ぶ きさへ す 

t(Mnsn. ratlf る f 厭 f き f は t の. 働 t 。 

riik n}-^4 1 君 叱 あち (2 し t3 は、 で H 

MM^^ sil i^a.fJ4f^ 

こた i 、 u> ^ -sa.i-.fs.cv こ しくな, 9、 ヮ ツビ 泣き出しぬ。 

^^へむ 言葉 もな く 何 力 知ら 頻.. に/ くだ ? 5,,.. L 一 r お气か 2^ した 

fpm.imin^. ffflH^^a 何も 力の f ぉォ やの g 東" 

I , き Ir? るお り.? こみ 未 i は 力? き e 自射カ きに またる ものから、 親の 赞め? 

.0 どい ふで もな く 唯 我 力 切なる V も <>.tir-,.'- 一. ^タト? I ! _ 



紅花 染 



、袋 一 



1 三 六 



一 を 否まん 道理 もな し。 よしく てが り^,' : I IM-H I In J- » 

tf- あ I こて:^ の 妻 どな ftv しビ て、 養 こ 纩!. 二: ^r. 

ら す:, fr: つ は si ?、 くまの i あ I な uri" ん t や f も, 

ァ 、下 枝の 戀は眞 の戀に はめら^. き。 た >ョ":^ ま r<vlss こ . f f I 

ブ 三^ 力 s ふた 榛に 力れ tt 貞淑なる 女に も あ-ら^ ウナ 6^0 

ば,, € マ かな 十八、 唯い 叶 f ぬた 戀の み S は" かく I 魂 致すべき 義は 决し S 之 候へ f 

^ar ぽ f る^ ま.. 花 〃がきき 

^ e ^ な^ $ 力 身に も覺へ ある 事な- ON、 H!: お ^ ハ よ.、 5 い 1^,; 、 パゎ けっこん 

1 ru^n れ で rgf ョ r き?、 f f1 

御手き" 拜讀 致し 候處、 誠に 驚く. べきが!! に 候、 fi^^^^ ^ kFd. i ! 1 

ぎひ、 し 候へ f:&-M£u こ 或 2 き. 

だま # きき リ J のめ 目り "く_|6 し li く、 f つ 佳 

rpv 1 S L ひ" る? f 警見 おて SI がれき がれ 候 s き、 r な t 

し f ほ- rili きき 44 き" 

ひ ぽの 1 月! 1 致す 今ド r& 候て は、 1-1 rL. 

f ims. 一 ff si きれ かし、 fH 



pll^-. Tilt へきぎ 1 し i ,へ, ま、 If 上 i?sr、 ^ 

あ I しが、 s よく, fr れて r ば、 x>lf:f:5J ひ 學の賤ュ;: り 

pi ぎみ を f して、 f nfe!^^^^, 00JI1 

f ,rl を? めに して f ん? る ¥ ぎう J^r さい r.4 ドは f 「a1 

crw,^-f .5^12. rf si 穩 i すれば J 月の p 十 しい 

i の f V ッ、 ト&ぉ I く を if 震ぶ girp おも k き 1 き ほ ドす其 f の ほ 

li はき f らぬ f の f は f 1, 、候、 され まく ベットに のみ, に 春の? 鋭;; て I 

られ もやせき、 ?しは i に tif も、 if あ?? 頭 £ 致:. 候; 此 rr| 

PI へば、 は ssig お f の ずる, に 候が;、 は 我 i 

, き ii さん , i4 さ §f らる I J の 事に 候! も 



紅花 染 



1 三 七 



き 

一お t 



候 され^ 試驗の 及落 は i か は 



我 



一三 八 

が 數學を 研究 せんどお 田 r おの、 ぎへ I- ちて ま、 M 



に 何の 恐 h: しき 事 も 無 之 候、 

わ L う も 

: は :i の ir:g、 かくて, 我 f srf ば、 ink 

g つぬ f f r しき? の h 益 ,t?T あ 4 iii き f f ? ぬ、 p 

! t し! ss、 ^t^ni rf きしき: 

My 碧リ、 If „f 、かく? sv き 



: 九 J 致し p は 4 しも s. ず、 もて i の y あ t, ベければ i が 



月 



曰 



やま 

山 



みのる 

實 , 



み 

三 



輸 新太郞 



石山 實樣 

讀み T し 石山 I は卞 まじて、 M^p&fifo 

! i ! 十九、 絕 おて 方便 どい ふ ものに は考へ 及ぼさ 

^^^i^Ti 匿 f き?。 lirf 1 

^^fi^:^2^i、 rrr く 霧 f れ t き r., る, L なく rfwi 




if .0? しビ? て £ss もな く、 ぎ はまん まビ爵 したる がの f が 何ん s 提げて 

『ハ 纩 scr き!、 謹 14 し 街? し 

olral KIP, m ぎお もし.? b ぬ f f . ほて: 0iJJ 

観の il き、 ?は f 4f ぼ!:、 $r お 

し s も、 ir なれば ぃゥ しかに r おせて: 新 sgsu 席 jr: 同し 一; 筆パ 

ひ あきねる もの も t け-。 i6tMf K 燃へ 卡て I 郎は 1 

こ點. ftv て "専ら 數舉 をのみ ど 研究したり ける, * f ま?? いっけ.; 

ぁ&き lf、 

£、 i ので き ぬ。 i« 1 f く J 、き 中 ill: 

i 得る!、 "も r々l て a ず,、 S0fl44n, 小せ ir に gjr, 同。 

ユ^ 



し 上せい らち 

5^ の 書生 も埒な 

紅 



そ、 ,に y る、 い 4 のず 棄ピ酽 け き? み、 世界 は ひつ. i?!; 



1 1 二 九 



紅 花 

. どき しんた ち けっせ, I ^.L 三 - 画 驪 III ー曆 g l i lll BSH II 一一 一 I B^Ellrm I 

1??新太?,镢>£ て 起ち 1 が ひ f 、 f F くの Brww: 

くど 頰を傳 ふて 落ちつ o 力 v^dx^.,- ら 



やよ つて 嘆息して 曰く、 fs^ 1^. 

、ド ゆせ けさ ゆ , つつ、 ぬ . ^,.^ぉ1へ,^ォと 田- ん 想の 奴隸. だら むは 堪 ゆべ ハゾら jyo 

力の 博士の 敎授に 現 を 吐かす もの は、 ぎ 「き 5 の どなって お: Ik ら,, 5., 、 . f 1がく 1, 

s> , おは? ん よ てつ f 拿な つて 終- -,^ ら さるな. 9 ビ、 かくて 急ぎ カ學 の書ビ 

繙き ! 向專 念に 夜 を 徹し ぬ。 フ さ.^ 



きみ 



ヌ? し、 1^111. mrp? 一 g き、 きれ S 

1 る、 へ: r のゝ 守る: へ.:! L 一 のき?。 れ あに 稱 する 、して、 

我 か 直 s ばぬ 、 f 条蒙も fgl し 棲 M;" 

する ,は、 終 msi きす! f i んこ f , ,p: 

こ" ゾ ざし ネ-々 ド. かへ f f せつ : く J ま 力ま-ぶ ヌ f,.^ つ-て 一直線に 翔 せんどす るの 

士 L は大 て 反って 小 r: |な る に? つて i ん?。 mm^-nr^.f 

に 血 gf ん? るが 普小ゲ まに f られ てが ぎ,. frff き ;- 



^I^^IB^^^Iillllllml 謹 __»|||^ t しゅだん 

ft0fii ぎしき r いか 1- のなる か s きる; へ か: り 其、 の; ^段::: 

し; cii;rf べし、 f 、マ は i の黼, 8f 、-" スビ: : の:: ヤノ ィ:: 等 

に i して る 藩の it き、 stff う i きて? f つ、、 三輸" 

が&が || の 向 ふ處に 走せ ぬ。 . £ら I i こ あ 

もし の si く、 攀 r ふ もの、? もき ぎ Ik はへ 錄が 何が 故 法 2 氣 t き 社 1 

if してぎ t える にや。 ず 鎖に f i にや。 わ はれき fg 奮 は捉, ほ I るか。 否、 

,でお! き fs る ぎ 、きべき 輩の jsftr や。 

k^rl Bil にて iiif if し £-:-:f 石山 は 過れ-、 

1 こ ,れら。 かく r こき T&S して、 しきま はぎて まか, f ェ もの S 考へ 及?;?: んま ちか 

<l f に體の Ms み i みし s、 fan 一 Bl^l 

Hi fs^i pfl^^^. しつ こも , つ:. 

はぎ i より、 sff^4PJ Is 一 室に J- け、 !u 

の? まろに? て i ず,?。 されば i£ て幽 I る 寶 人る i は、 is、 足の 踏 S 

を れて、 躍 り 出づ ると さ へ わ 6. き- 



へ I 



花 染 



1 四 1 



1 



紅 花 染 



四 二 



す ,> 一十 取り上げて 見れば 母よ $ の 手紙な, Co 

命 iistis も、 やん rilrt ねば、 i&u の f g に、 まが; の F 



昧. 



合せ はな 力 

がれせ い せ,., しそ., スレ / 、 ( -f |;" .< > SW1 二 tisJ^JL まん frkls-p せ >J:> る 

_ 生き、 i ばばで? みし 新 夢れ if きしての 画 三 

fff ばて f 石山 J 蒙 I に? もの か は。 入., てよ Ari に、 

を 除 力れ あはれ 果敢なき 身の上 ビな, 9 け. 

か u.ar.s ねて & 5 ほたる 組 £な れば i へお なく、 fifl "た 

る ほ |!1 し? T. 做 e はせ ひ、 -II? ^n{00 

,はが! rftt す は 近き > vff. 虻 s のまに y べき £ にも、 «^ 

,學除 籍は f s しく If Ji? な、 ちらしけ る。 . ""i 大 

r し は ほ! IIS に、 ^ f て、 -ln^^o 謙が 霧 あ P 

?な、 な J 嘴郵. ラ 1 え、 ^ifiK ,けて ぎば、 fi. 



f> ん らう がん. L よく こ" f 仏 ,.T^、\nro 

つて 斬 太郞の 顔色 は 忽然 ビ して 變 しぬ I, I 1 か, す ^1 

r すの f iL! らん。 i ひも if :f 、: 葉? n 

fupi&m fit は、 ぎ Ipl 嘆 IH";" 

?て爵 おさく、 まが f ず し? gTL きく、 4IJ.^, 

"する きのめ 目 は iKf g 、ひお にまでき r」r れし& しさに、 XJ^^. 高 

.vt f r き、 f iff - しゃ if Irslr ほ 神 ま 

10 rs^s^? rso 1 たらん &、 一 一度まで if I:- ィ 

く p. し! If i せられた る を び 5 よも S ふまみ b き 5 iH り 

き f のみ 身 だき。 f あは if "li、 If r1- 身. も 世 

£r な.. らも、 Hi f 一 lal, d 此ゾ B 爲 i£5 

を f けれ ぺ 聊 f pi くま i せよ。 もし 萬 ist" は、 ヌは 是れ? I は 

> ぎ f ま 戰がに S する ものが わる ど、 f は ii& かしと も 思 は ひが、 5ts で 力 、る 



ニニ- ケ -^^5^-—,—? 二-,'一 二に-"^^^ 5?:^ 



花 染 



四 四 



樣な 事は决 してして く ま c ど, 0,0 B^p r.^w^* s さつ? き "に -- 層;.;: "SJEgelsslgBii! 

r , づ :- 1 ビ咽ひ t ぬ さて I 上に は、 我が 落 i し?, おなん せこ、 の;々 ,けし > ぎ」 

^ 嚷こ srs 射 八 ^ > ^ :,v 、わ ほ、 おん i ハズ」 ふに 一ん けし 力 故に 

"リ 71 ほて I 御產、 .ァ fff さ sagi し! んし 

"",1 る 4" き, き! きレ く?^^ 

■r:? も、 mn ff 磨ねて| 

君が 除籍 は賤 しき 放蕩な きに 船ての g| ^こ.,. 'つな、 „ お L> • , t. 

r におち %f づ „ 所,.,. き t す 立派なる 思想の 盛ん. -5 立ちて、 lil も かくお 

行きし. 1 なれ バ 卜 先 I もて、 af, Tsf き? g をず て 踏 £ お" 

a き r き、 I して 一 ffkku^ 



にむ ゥ£ 'しかるべし。 我れ も 明後日 



ft0f. 隱 して T き i して 2 など 

や 1 が! -sl-THJL-ifet^. されば 明後日 は 同道 

して T ぎつ 酽^ せん ビ辦 して 歸." ぬ。 

廿ー、 此の 恩は决 して 忘れ まき 心中に 誓 3..* , i < か, ち しせん L』 

^01111. Ts^ の f r に f f ぬ る、 げ失 SI て、 0J0 

れ、 がきの i によ,. て、 己、 かし 乙の S よい I かくど -f る を、 無言に て 點頭| 、がら、 f 



. ッ ど f g に、 i じ i の Rtti お i が i 腐に ど目 きけ? ける .: 

い rli はい? き f f て 1 ケ 5 の 鎖 f ビお ぬ。 0>..ぃ へる 旅宿 にわが ノ てし/ 7i 



し- 



..ifo 0mtMpffffff0a. ミ猶 全く 暮れ. 果てね 



ズ、 gf M られ まし §、 p よの &f を、 人力車の 前後に 集. 5 ぬ。 つ 

な Lri の r4ri て、 子の ILf 11 はで、 す やく i 入 4 ふ. - I 

一 r つきて、 s..^fts, 泣き 人. -ぬ。 



は睡 Pi に, 給 r、 i, fftfrffff?^. 

"ち 守 p て。 0i4^T fiftff? xil 

^:^カ健カに?,:, : 、 5r ,。 き- 



力 



ぶた かへ t ,、K1 ,p,z>lalr ヒ レ- \: ^名 lliia なし c 唯 

i'^^i ^f^s^,i- r > ^ : > k や. 5 ぐ こ—、 ろお さ て! みく i ゝ, < :> 



おもつ r- 、,;,., さ— 一-一, P ぶ ,( まわ J t i-z^/ ^ ^u- 

fegg^ ), -、 .ny ' -r^^ \ ほ, , ばらたち とら さど ,, , -? \ \^ 



物 I ひ、 miflf ,p し I、 が g&r& ひしなら ひ。 i 

> ヒ し S . • わ, そち, かん e ぶん > 1 フ # 



こど > 1J . -、 J, つえ ノ _ ,— 

o^ltl^. 委しき はお 3 まき S おに 5 わ? t ?。 ^if?m 

よし 



だ,, やがく ば、 まへ ^、ど 

に 大學を 母の 前にて 罵. ON け 

) おもしろ だいが v> 

わ 力、 る 面白 か" ぬ 4 にリ すくして ねる i ,はせ ひ。 封ハ g 時, S してよ 

力ね し。 ^n^isdit, ffit 

ひも は, さ If I 母 V ir.,SI>stf<i 

母. 1 此. 年 は ほ 十? 坂" 超 1 ぬれば、 rig せんき 震から さるべし。 わ 我れ もしぎ! せば、 鲈 

:係累 f 汝は我 S ふ 通 6 にす, へきの 斷の»、 gi は Tsm し,? ぎぬ けたれ?、 f 




.% ?&, t: い §sl 




て も? も i ひ S5、 i^}ff まれ:! ft 本ば ひ 止 r リ」 

fitl は S めら れぬ is 一二 f fm I 

■ が! ii のず ii る は、 おれ あな:: r き あ?" f "s^^ 

ければ なま、 S が fv7 母 V 語? て F ければ、 ^Kl^-ufi 

て 5 み、 グ , D 

長の 耳に も 入. 9 け ft- t らく ま み わ けき; お ほ 5 

f わる 雷 は、 ii あ を ii がら、 か" も 5¥望 一 SI を大 

こ,、 ft あ ひ f ん.. お 田 r ものから、 iv 輪、 fe?o にして 我が 宅 i づれ ける ものに、 いつ 力 



pfferlll^^. f でに 3 の ゆ"、 4J. 

git ければ、 0!ksiJJ^. frf fi" 折 sl、 } 

.^Irls^f . まめら f i に、 f 二輪 は 知己 を 環へ して、 gjf i 

舊は s にョ f i"、 SIrsfn g はま u く 5 へけ る u は 1 校; s 大 

こ, を f ii を p、 ま f き氣 sl。 尺 i の 屈する 大 伸 I する 



ばら M 寶!; r て、 4? ffitf^ 

はらく 1 んで贅 ,5 らん 心 どば、 よき fs して くれ ひな &は きソ i ち ひ I ! 

らん は 露 うれしから §、 if きがき こ if, お \ "制 新; ^き© よ.. 寶た 

-.? Mft いひき ね ず? 母に も f ?、 S 擬ら 

ば、 この か 

^H^^M^ ^^i i 

& L うせん 、」れ は ど 中 一 日. V- きて 校長 を 音信れ、 ^»izl/<ptl. 、 なん 

て 御周馘 くださる"/ し の, ~ に,!,' Lr、 i". て; T , . ::リ r け, 乙よ なく 喜 ひ ぬれ は 何 どかし 



くて 御 周ほく§ るべ し i み t ければ 、震.. どくく I 

關す るき き、 まぐ ど, かされて、 g き pf..," , ん は將 r 關 する 注意、 账き 

う。 田ん は 裏 i し 此の 恩は决 して れまヒ ど rii: に け 

r ? 廿ニ、 鳴: f 人 は 此の 殺風景に? て 何 か 故 に隐 きる。 

ryr 十二 = い. ま" Fn て、 i 霧 if ま。 一 sir の、、 

足ら さる 人物な..》」 まふ ものから、^!;;^ c 、、ヒ K ぬ.. ねん .Klhl^ 生 tt 皆 取る に 

なかく、,? つ J 、 ,,t 力 他の 學まき 露 敬す るの 念な かま。 えば 鍵 くせんと 

ら! き "しひ" S つ , 了る 。ぎ I きも よ 



f .t のみき II きて、 ? 直 i へ 

? ければ、 攀の f -.f を f ひもの も ほに 1 行きぬ。 ぱ、 — 

r .ms^li され sg 長の II し 

て、 ぎ S が f きぎ. --ぉ 田でば,.,.^、 t 殺;^ て 出 f す 45 f .」 

I M^lt S$fo0i<fl i に 坐した る 

ギ^ 轆; i の に If 日 をぉ あ. 9 ぬ。 . 

i !、 して,、 ■ し:: J: !輕 ft^ 

铘 して、 i が i に なるや 

^る ひ 日 ひらく ど 一^のお it の 上に 舞 ひさが. P ぬ 2 れい I .^r 

ぎ 1 にぎん ま、 I 惜し:: 候: tr/ 例の ほ"::? ノ U 

Lt!;i、 I き I みき、 ぎ f Isf ぎ r; 

/ »5 » リ づ てん 力く 1-, f * *、 し > sn r i £iTnas r\ -!^ A. クん 1 ^.o 



i きなりけ る。 Ki:? &れ S に ずれの ぎお にぎ や、 IISO ァ、 人 は I 風 f 



f こ、 f i れ候 S の.! ひの I ひさに、 fvi&i 



おの 酒に 無量の 醉 をヒら 




染 I 

^^i^^^^^of 画し Ig へば、 f , て も 仏 



月 



SL i いつ f 

石山 逸藏 



• ;., f is 、誰ぎ 問へば、 「私」 5 へし は 正しく 下 枝 sfo 

P ぽ f し r II f |_ く、 iip て、 

はき 光 2 ほく m 園 は 照ら: T $il 0,fif 

して 田 f f p^、 銘 さ. t、 if. isg へ、 I^F 

A ひ; る 酒に ほ? いつ 1 て、 01 iif f に sit. ァ 、もしぎ i こ 

Jim は i く f て M ヶし なるべし。 

I こ rlrM^h して tt? しゃ t^r のき y き。 さ g^.-pt ゆ t き I 

枝に 逢 ひ:: f すが f かもし 心に、 かく も i み f し i の、 f に Efc られ、 iph 

nnuu^i f き Irf 、 き; 



M^ITflyf る! 環い::: ま 

ffi it れず" ふ f しさ、 sss はい;;; く J へ ぬ。 t , 

『一 f m& の i きれ i きし ス ir: In 

o ソき 11 の f i し II ビ.. f す、 f If 我 



ir て ,よく I きれまん ぼ^ 

は g れん f に i しく き、 ifk 堪 へす、 伊 あ を f まめく、 .1 

甲き, て、 に まれぬ。 きも につれ ておちけ &。 ミ t & 

|:L くにび! れて、 IE けば、 しゃ、 f り。 ffj^^i 



i あ 早 ふ s きて、 fffK 手 S て 制せられ、 " 

i ずぐ sfi. しぬ。 から? もまれて は惡 ければ、 ヌ へ!:、 力 C ぐれ 



ど橫 になり て、 下 枝が 勸 むる 

ヒ a びて 



I くる? f i しく、 §J}44 . 

ifam!. ? ? ? S し;;、 ; 4f 1 力 ひ 限 U 

1.^. ねよ しなされ、 rrt iit に i みて、 I き。 ァ 、惡| てけ-。 



叙花染 



1 五 1 



I 花 染 aunl 

ほ 〔はかの 人 も? 給?、 「一 f i ぞは, 11"。 T ,が g,.": : ろ、 - II 

FffkM-f. ; 5 み. つ も リ ハタく ど衣の裙の疊 にす る. 

f C 乙リ I i . れ やく 力の 人?。 水 I ちて f し f ぶし f る r 水く 叉 T 自 I こ 

飮み f は 清 ss さはし だて V i ぎつ ど f f て、 fl^. H^^ 

しどく ど SI きて、; s な^ば^ i 5 ^. ぶる くど 震 ふ を 夜具の 隙間 

L くビ P きて 樣々 勦ら 玉 ふ 下 枝が 親切 を、 嬉れ しくに まだら ナ $。 

^ > US- , 、-ヽ 、めさ * 

翻カ-^-^しけはぃに目覺めナ^^ 、 お ;r ^< 

、 I ;-. -目曼 め, は 誰 力 は 知らす、 我れ ど 同衾す る もの あ. 「わ.^ t な 

へし は 正しく Tl^ な. CS 。ァ、 S?t% つ f おた にお お? たい 難 もど 《a へ は 「私」 >」 答 

し T 枝カ柔 力き 乳房 を 押しの けん ヒす るき I- はな か 6....。 f # わ 

け 、 ま闺、 書齋に 入らて 見れば や.^. (くく 

MM^^^ilf. it ば、 f 

I つ; t の れ 。い き 

a nfi fit t す、 



s な 

、齔? 



p^t si if, 0ifkrj 此のせ 曰 は 一 B 良 

0nft. ひ 日ぎ まるきて わ 我. i きわに f 我れ i しめさい。 な 

まば 。は I しく f て、 iwr 5 れ n 我れ を さ" ス f めぬ 



q 我: x:£、 f き f 。 I は f 、1 の f n ぬ。 14 き: 

p:ir て、 iili すき: t 鐘鳴 J 教授!。 : 

0H f if fin 

.90 f 一 ま はがれ をき i て、" 田 1 はす ニー 足^へ 身 を 退きぬ。 き., わる 1 之 1',^ 

S きこ r、 i き Eif i さに、 机 4U 新 ほ^^ 

- 、ほ f if きこ チ sli せられた るに はわら 卞ゃビ 、かう 氣 がっきて は さき し;^ 

はれて 新聞の 雜 な VJiiim ゼ f f ブ f.?? ゲ け 5 るん > ^ -zt 

? f i、 こわぐ if ^がれば 、ぎた つ-く、 高等中學 の敎 I わる i え? 直の 



—— 紅 花 染 

妻ど書てぁる,^も見たA^。 i/K^(<^t. I: . _ . 

出た ft- v寸ゃぁ.c^け?- つい ど 立ちて 門 を 走 ft- 



まった 



1 全く 之& 責められて 我れ に まら t ほく どして ^ I r 

度 16,0 しど I てスカ 車夫に 叱 力ら れしは 幾 



よ/^ ちゃう しんたら 5 ひ た" フ ま 

翌 f 新太茵 が 日の 高く 上. CN しまで. 

しょさい r ヌ 



I 意い f が gil いまし t」% きがら、 



書 齋に入 <. ノて 見れ V- やわ 



n 行き 



E 行)) 



宇田川文海 



r.、n -5- レま c で *J 、ろ 

I? て: if J? 温 f I: 

ir き ifrff けなる ひ 一 き 逢 これ: nf つ: 聞:: rx 

ひだ 《• 

左に のす 

-1 お,: fll!lrL 霧 rf めきな ま f 11;?% の 取 :て2?? 

: は きる ず!: き"! r: る 

I J "ぎき, の |き J の 1 に, ート風 11! し 

r 李の t につめ?, i のず お f ッ . ミ f て 二つ 三つ 先づ 

貞室 ど色蕉 ゆ i i つ rL;^ ほしれ.^. ドハ 

! § IJ J-fe. ,K ^りし 酙ら ぁハ" れ 4 のさら り どぎ く 如く 古池の 蛙に の^ 

I おの, 花に il の 名吟 S へし 臺の if, 夕 n パさき ひ; , 3 り; 睛" 1 むきぎ は. 俨 

: ふ ばせ うし ぐれ -、 ノにク く Y ま Si: の 骨 稽を弘 め ハー 風の 寂 菜 

5? を i せし 色蕉は 時雨の を かしく 降.?" る 4 く 一 は. s^pr-. ヌ ^ I 

—— 一 1 五 玉 



但馬 行李 



〔壹) 



I ビ お W 



1 但 行 辛 (壹) 

どころ つね その さ 



. いっつい ゐ? み こど 》, ィ产, . ^貝て W せて 其 人ど爲 を も 想像 しこ こ 2 ズ丈 > う このに, てつ 



": 編 M 向ぽ 1て|ば1 胸 

ihh I^of 1 は、 ほしき 者に 候水雞 笛り くる だはつ くる 、/くど!^? 係ら 一. i れ お き、 

M^^T.^^^KA ^ ff へ くど 存候乍 御 面倒 是も御 聞 

§1 薦 P て攀養 f ま 

入 r のい ゲ K 冬が? き i い S^IfeL 【"お 2 ぐ" 『^お"???!."。 候 ぎ 。に 

繁 ige. お g 。のお^ ハ。 へ, 一 ゆ。 ま鲈が 



1 





申 遣 候 

U.S, つ べん ぶんしゃ 



『1 篇の 文章 さな-いらお K ^を +5-.,.^^ ン? ヒ けん? ぷん ! 

llj^^^;;;^ し 芭蕉 もどよ.. 兼 好の 文 を i ひし ュ あら 卞 A 逝に せし に 




るなる べし』 



をのい き. 

さ 

う るで £fsfl し f に filtf も 

% はる ゝ はぅ鶯 の 本意に わらじ』 

二月 十六 日 

いつ せ. さま 

、, ぎ:,、 殺、 生、 す、:" t^Avkfyvy^q. ^ぶべ 、なに あ、 敷、 候ぎ S やし 

よぎの 批點の 所 を 見よ 事々 に 就て 此翁カ 用窟の ir--*.- ) 



S ま ん 

B 蕉 庵. 



t きで つし つ がく 

lr£w 四, 曰 MifeiE? ム fiviffft 山 S 出て 波に 

ぅっるさま海面にはくの-^^^をひズリブ /; い $ 



ちゃ 

r 度 



^だ^^ぎ せて ゆるぶ や 小讓月 



_J もん な fjs く I , 

ど獨、 I して 御堂に 來 I す 十五 r 日ち?? § の わ 一ち, f 

なまめ くや 女 鮫^ 〔よ やい E に 斗 { 女.. 花 盛 § な. 9 ければ 

K 、て、 登る、 に歸、 P "、て? ま 6 ける 十五 はれて おな まよし - - 

すみわたる 禱ネ :s の宮, |j ダ ^ 

狂 原 どい へ る も此櫪 ぶてのう ちな ど f て 

つき こよ ひ もんた. e. ち & 

月に 今宵 文 珠ゃ兒 のまい が M 

夜更 るまで 舟に i,- てながめ あかす , : 

露す £i のき 

い^ょ ひの 空 もい ど ■ て よし!; がしり^.. - ま,? t . ? 

しタ 鹽., g の ほる ほビ月 はね かしう 出 、 

^よ ひ なれば や あらん わ どい さ、 力 力け たらん さま は い 

ん > id t に つき き. 7. ふ . 

み ゥ鹽に 何 どて 月 ハ 客の 

にお も ひ あ ttt て J わ > ^.r. ズゃ あ, 9 つる どこよ ひの S 



ザ だぎ 成 相の 阪を 下り 月 ち わ? ノ 

おが^ igi^^ よ. -鰣歡 を^に だれ &達を をへ て. 5 る此 なさけ 忘 かプし 

ぎ.^ 家、 のち をう に.^ へ る 月見ぶ ね 

. 、わが 罪障の 海 をし ど 思 ふ 

爵ぎ fir 僧, にさ, ど. ^か はして かく 長き 一 i 

iM は^く ヒも よしやな からへば 



A*f,-CN き ^ ころ ぞらゃ 

; T ルを^ に幸藏 主^の 



十七 つかた よ-^ くも-て 顏の f お 、かれ "御堂の庭に 立て 待" 



立 待の 月に しひ. 9 も 切 戸 力な ?l_H のく: ひ がみ え? じ 

み 御 こずて isrii ほ, If ム あへば, かき 氷 上の 圓通 寺 , ろ , 

の f んず! t きた. ォ ii や is い":: n 

H^Mfi へ III へ I ん . H 



こ、 I いに こ,? 

愛に 來る >J 云此 



ォユ fjf* ながめ ひど み, - 

,わにの せて 島 を 姚る人 を 見て 

、ヒ、 日 V< で 食 をた つどき 御德ビ 

、、、、、、、、、、、 パ 

,ーゲ に のらの S はたの もし 

: 但, 馬 行 李 (壹) ■ 



1 五 九 



1 1^^ s"^^^ 



力な. ON 

^Gooooooooo 

天の 橋.^ > いなかけ や 秋の 海 



きょし i 事な 2: のきの やっかへ せし 宇" の の S ききて やる 



十五夜 

0* 00000000 

十五夜の 月の 面 や 兒文珠 

け 5 か 

狂歌 

錫杖に 似た^ 立の 松^^^ 

、、、、、、、、、、、、 

ふ- 9 たて、 啼 くす > 虫の聲 

葉 さきまで 照. や 月の なぎら まゥ 



見よ 其の 批點 の處 を^よ 此の i が^の^ を^る,, どの^ 伊に 



わ. し.^ を 見よ 



(二) 



第二の 土 產も亦 第 一 に Ik" ら^るが I な. 9 乙れ 义ュ^ %, る 

き たんでん 

奇人 傳 

の名稱 を^て ili な 6 ど! ^だる!^ の;^ 辦な, 



ば ふいん 

去 印 朝嚴 、しも,, J C &ろ &、 化 

… 1i<$tiish^p へ 師 て!. 時 頃 まて ^1 

sap^J^ti V. そ 1 ぜ f し sr み 見た る 

? はき. jii&i あいたる £ にも 劣らぬ 風な!、" r n ? J - 

s;y r 攀! して 一二 II に 置: r 4"^^^ 

r > ,Lrf る を f べし a き wtl あ 威の 久しき 堂宇の 修覆を f 

/れ铲 ほ こ IP く. ら M てがきなる を 知るべし ,i わ ? ! ゆつ 

SM"t;pli,f らし ひるに! till 一 H 

f ,k ぎ舊 のさ 差 てつ 釣え る ま、 は して 敷きた るれ まハ f : ええ 

拭..^ 1 奴 帳 は 夏 タ:: へ ーね.%:^ま^:^3|^がのザ?こがょび鄉めてこ^^を船かしたるに蚊帳の上は安 

、り る 乙 どが しき を 經てニ 年 前 は 寺 中 大掃除の Ki, 1 あみ ず f 

(二) 



但馬 行李 



は P 



さ 1^ /"irv は 



コ f 1 霸 せる ,て f f くて: 

たるに I に 答へ て 曰く fcv 八 九 f g からな i « ね 

此 J ほ? 4 ビ! ■ 麵 illif £f f 

は 釋 lln 诏" ヒ: り. 5ヒ 白. p,ur>:r , 、 L.^ ^ 



し んぜぅ を な よくち 5 

は 釋雲照 ど 其の 名 を 伯仲せ., 9 ど ど 

ぐ わこうき せき 

書 ェ奇石 



き AiJ き くわん * , i • 

n 冠 r ほ 二字" す f 丄 r く I ききる P るべ. f ! 

も 適 ず r: 此 i きき!^ 

f 知ら 卞 J: 予;? £nf 、 ii と f 一. 

:2 々た I 人の 心此 人の 1 身 即ち 是れき £QS4":-tt てきん I 

sys 響 W ほド ir5< ぼ はお i き 誘 i き f fi 

unhs^l- ぽ i ば 癖 幾分 i せし あず ils きて チぎ 

い 世の 表面に 有名なる 諸 書 ェのム に f ものな らんき? も . ? 



I tlM^BBMKBSatttMBMt^tmmM^^EM^^^IIt チ, V, つ まも はづ くわ だい いほ 

a::: 冒 ipi ほ Is ぽ 

t 藝 醫冒讓 i 



な" : K? I- いひん -.|れク,,5^.^^.^こ"召"きて铲めこ1っのが鹩を彫1し^--然れども此-^ 

詩 i 籠 る i 

觀 pr す Iril き 1 故": 

s: 馬 行李 (二) 



i l^^i に m y^c? おはが * 




但馬 行李 (三) 



1 六 四 



さも 氣の 毒ながら 今度 は斷 6 申る すな,., ど I でて ^こ, 妒こ P ゆ 1 

ftl この ひどき や S ちミ がんち 5 い^, 

§ ほ? rfT> み 知" はおお のま。 か" のか つ pf 磨の おは 釣 i 

かャ此人自身も亦此を知ら卞^^なるかな^|^-ぎゎぉ - ilf 



かたな かち 5 ふ.,, 

刀鍛冶 雨 福 



ら 名 lb す S を fi ハ I ぎひ 人 どき を firp を は ip の 

55; 名なる を 知るな 



S 福 某!!: 已は 富み.. ffri れ.^ &る きき" なれ fEf i すべ. & なし, i 

i 蘭 盆に f 遍 るき 愈よ ずな., ければ g§ ひ を I で rm&IK うしながら , 

^ - y , 、て ばな だん. y 

まんまる うなれ は 手放す 團子 かな 

か >J な, A ち C も t レ 

刀鍛冶 £ て 熟練せ る i の f If f ら i の 鍵 i しく # i i 



ず けん ゆらい たづ ごりで …づ .!フ>フ< > tw.,,t く .sstj-sb 一 ftlH- を 頼み ヌ 

は.? 來は 、?ば 其 ゅズる i4 置 一一 四, ビ iltlsspi び 

h て 偶 一 劍を 1 ほ s> め 古ポの if f き P て の f が 6 し. 4 あお i 

管 f るの 餘 A , 干の られ しに yyi に f,i じてい 曰 はく 口 ゾ: r 



.o ど svc.^ ビな. -の を がるべし 

な ,pf. から lilf & ザ は r お 吊 は 人の 名の" 此ひ 奇. - ^^^^ 

一: き r きき 霞 i き ±: ば ぼ ほ?: |是每彼 

の ilii て f ir あ? の ほ 何 舅": f : 

r 、こ f い t- つ y ,,しら4^^1^ぼ5ぷる\^^し..4-れ5だ浮世の名閡ヒ云.?ヒに付て此 

て 冷々 淡々 たらしめ たる 所以なら す..^ 「-. irj^t.. つれ SM, ff 5 だ It し 

でぎ m て f す 難 S 佇 I し &て, ?靈魂 を J^?r:u はん 1 - 

ss, きの を r て f ii に f てが くぎ 彥 III 滞 

^-E)va^d^^ F f もの よ めい う 



& けぬ is を iitvlb き li きめ-の 命 s けて 



わか 5^ の— 



蒸 1 の 1y は H むく 靈れ fif 



! 但 |馬 I 行 李 (三) - 」、」 ゝ 

1i の 交 を 保たん sis てきう if る ど, を r 卞 一 一 なのき £ に ,て i へば S お 

, く 彼の 世に 在らて 不幸なる 場所に 彼 を 待つ;^ どな $ て わ ft, き 

ばんらいき や 5 ど,、 fsH, ビ i^-t つ? K 、ミ ^ 

萬籟 京に 止 まる 乙 S 文 彼 あて^ fc* &は に g 蟹き f . おき K のきく こ S ゲ 

:: も 亦 出 5 せ: :| に" t? べし i けば S 纏 も f 爵せ られ SS1 の if ら f の 

如し^ 彼 笑て 答へ 卞 . 

かね 

さう きうに 金の まふ かる もの なれば 

俳 偕 やめて おれ も 宗匠 

少 あた 

ヒ 書きて 與 へた 6 

ばんらい. S つ- -ゃぅ ら 5 い 5 おく 寸こ J t > X i 

i 一 生 sf 中に, 少し- nlg* 誘に, け ぁ&は ぉ艇ど に; g て S られ の 

J もや,: お r に S て f ら 愿の sfesg^ い fs t てお f li 譽 f i:§ 還き 

思 ひこた 3 て此男 I ふ 折 ふし 夏の 曰きて pr や 星の PISII にぎお f の ,んず」て手偏 はる、 もの 

S ち 萬 1 は汝 M4i 福なる 者な きい ひ? ぉ羅 I の If る 驚、 r が きものき i を f g 

漏 -力. 7- よ s たの ク」 も \ > - >u 1 ' • 

らし§傍らに世|き4し、|共¥る<が|;く MfrlwI.zgtillvs.^^^kp- 



乍 4 しぎ の i おしぬな 猶 S て g しきる^き" で;^ m か? し?, 



I 



-ilr-i_ - £ I 一一 llll la— 513— .nm— -B—- «■ ^5 なにもの かたみ た" 

:M3Myfskffi し 觚 きれま 何物 s 念の 稀 



たま 



ゆ i 



を 無事の 日に 賜ハ 

こだから 5:! が a な,^ KJ いや 、 

子寶 の寢顏 並べて 夕 み 

このし 上い ま 



一し ヒ S ひけれ t &籟 笑て 直に 筆 を 採りて 



C-JO J,J ころばな ば 



おのぎ fi せ V* の SI ん.. あ it ばぎ る 首ず べし 予は 紙上に? て 之 I,. 

だお まわらば 亦 首 itm すべき や 否や . 

以下 



くわしん 匕う く し - i 

花 神 窓 句集 採錄 

ばる 

ぐわん てろ usi 4 し飞 UJt^ 

元朝 も禮 者の 外のお 來^ 

つき S めばな み,' 

in- ど 梅 離れぬ やうに 見て 廻る 

は 6 こ ほ 3- かな 

矣 ビ. OV にたき fO む 春の 氷 哉 



111 ちる や 嫁菜つ みたる おくる 朝 

. ^し で にも 鋭て ねる や 春の 水 



但馬 行李 (四) 



?i 11m ん O ノ w >^^^lu 



但馬 行李 (四) in - \ 

な はな ばた け むこし s,50 BBIBH-BBfiBBBIiBlBBBBlBBBHBlBBBBBBaBII 

菜の 花の 畠へ だて i 聱舅 

ひビ て わ {5! かす を がさ^1な 

人の 手に 渡せば 霞む 小 笠 哉 

か 5 ま あろく 4^る くさ 

叱られて 馬の 步行ゃ 春の 草 

み かへ きふん かな 

身 を 返す 時 糞お^ すつ ばめ 哉 

- 彌生十五日古る«门.?^1敕£1?术しなる1齡|8にぅっる&ひの:_」|曰\^"か へ街は§ ー4曰^„なく^1仏さ、か5齢« 

ゆく、 らち あき なのば 上 こも ょぢゃ M-i レ こ . C y 

あれて なぎ 行が く埒 明なる 業 ひな. o け., 予か 籠れる 四 疊教の 小 軋に, f をよ 四 ッ.; g まらく をのせ 

宵の 行燈其 ま、 に 片寄ても こに ならべた るい ヒ わびしく^ の^の g おさ だ ッを歡 へ 抛^ ふヒ や^ 

W よ パひ か だづば ざ しきまば さ 5e 5r や 5 よ,, - 

るらん 下. の 1 艮 あ-ど 片附て 坐 敷 趣 6, の 掃除に か,", CV 次の ^『璺 ^を ふき はきす るに あちら I ちら ど 

ひき か へ わか ちから し し ひき .a たん I や 

弓替る 若き 力 あま. て 尻の あきたる も 知らす 引つ る 旅籠 屋 のさるな ft- けゲ 

まつ ひど お £ のぞ ひ なが 

待 人の 昔 かど 观く 日永 かな 

鳥 雲に 入る やの つ ほら 塔; 5 どつ 

やまぶき 寸みき そこ そむ 

山吹 や 澄 切る 底 を 染る花 

あさ ほか 50 き 

の 外 はく 時の なき さくら かな 

力 ゆ さくら かる かな 

風 もな くちる が 櫻の 輕み 哉- 

み _ ひ はな あら, L やま 

見る 日よ, りちる 花 わ, 9 て 嵐 山 



^^MMmMr 一 ばな ふ *、 き 

ぼ"! け """あこ f& の? I る Mt-si- き ii けば。^ 

Jif^, おわ rj,9 さまよ ひて^..^ る, な ス^ r 3 ジ- i £ t お f 、l ご ほ 

|L る ひ.^ frf, がら さすがに かるき g ナ ずれば うき?, ひける に 今 は f」l は g 又 

ひ;:!: #f け lii 趣 If tf ける よ 

うらやまし 花を拂 くの が 仕事 どハ , , - 

あき 



のち 

をの 後 はた、 をよ 



あ さ 力せ 

,>」 秋の 風 



衝が ほや, て 見る 事の 一 t になる 

ひ ビ^に H< わ ザ樹々 の 露 

,ャ いろ もみち 力ば 

ちる 下 に また 色の よき, 超 葉 哉 

つきみ かな 

もはづ かしから ぬ 月見 哉 

^わげ しは^ や 後の 月 

;;^ ば や 1& からな. -ビ 菊く る、 

なつ 

夏 

ち ばつ あばせ 

0^ の 宇治に な .9 け .CNlf^ 給 



但 馬 行 李 (四〕 



1 山ハ九 



但 iii^w 行 李 




I . よ らく 

S ふみの 1 夜樂 して ほ^、 きす 

葉き かくれ V4f r かな 

^>^nd かな 

S 男 結びの はヒ め^ 

ゅづ,-ぁふ蟻の|,%ゃ^^の啦 

1 う ひりた い, つ i 

孑孑の 自由にす る や 浮 しづみ 

も 力 み tcs つ - ド つへ 

向 ふたら: 15^ ビは 暑し 蛆の家 

ふゆ 

. 冬 



规 かる、 時雨す がた や, れ 

P バ なわ 陽の m& ぼ^ 5^ き P うち くれて f ま觸 

し lil ,履 震の f 編 てき 編 



\ た liT つ い";; ん、 I こ ひらい しんぶ みちびき 

し 奉る 奚 ど 眼 を 開て 信者 を il^ たま は,, らひ 

^^^^ , i 

斧 聞ての ほる 山路 ゃはゥ しぐれ 

衣 かけや g かけ もき きかれ g ぎ 



鞭 



I 、 ' t やなぎ 

お 11:- の枯 やうなくて ちる 賴 



,m しも i さぬ ^ の 木立 かな 

2 S ほた び か*^ 

ぬくもり を膨. て覺 へたる 櫓 火 哉 

i た^ Tiii ふやす、 のま 

ゆ. さの 観 , わげ たれば ニッ かな 

ひ ふ,、 き かな 

&', のして 火の よれる 吹雪 # 

ざつ 

雜 

, 'み かみち やま 

つけ 髮に おさなくな りて 一路.^ 

f )) 

、 B 



ビ ちう くち やさ tss 

途中 口, 



s^c^ の W 者、、 

妙 心 寺の 山號を ずお^ V ノぃ Hfl そのな のこ あ ひ V- - ^^^?k^p^^d.l 

护 にな は &ケ殘 る 其 人 は 傅 へ ん もの ど- = す や..^,.^. -ん 



たん ゆうぐ わ や 5 

も. 書, 



1^1 の 雲よ. 9 す し 墨のお £ 



一れ 請けて 謝? のべ g ぃ遷 f ぎ 、に i へ i4? ど., 

浪華 津の解 はしらね^ 捨 小舟 



すてぎ み; V,.. 

捨君像 



;- ぼ^ tf 一"々 ひで よりこ 5 II & さ,: 



の - 二- 1 メ -ノ, f 1 メ -IT,;;- 一/,' I < ^ 

乘 せて 其 墓の 上へ に!; _ きした, c^s ヒか可 f らしく nl.f 

さる ひきんす ま t 7, 



探幽 lii 



J て め 5 さ , 

-f I > , あらた ^り At : ■ I 



sssif/^ ん, Isl"- ど Itf しき —こ…— ( ご 1 ズタ i->S.K まヌ- カレな 

探 S 等 春院に 滯留: 時 院主 座敷のから かみ を伊ゥ び^^ あるが まね ゆ . ゐ t ゆ た 

mK^kk ^rlih'^ 曰 探 またく 酒に 醉; 6 て 院主の-他 



ー?^5ごさ|2ひこぉこ1ふ , か, 54 まさる ひき づ ^^^.11^1^ - E ぉ權 > 力く i に驥 ひて 院主の 他 一 

4 ^..JdM へ I の圖. fe?sf f ぎみ? f て ナれば i さき ど P J 一 



S ば や め,? L ん 4J 

((以上 妙 心 寺』 . 

おひの さか . 

老之阪 

かめ を か 

龜岡 

ふくち やま 

5 ほ n J 

おう ST- お g みつひでき 4 き 

雨 お ども 明智 光秀 舊迹 な, 



杖つ かも 越へ て lB しゃお. か 

聲 えても やがて i れて i の!^ 

城 あどの 木 はな ほ^ れす g の g 



お ±! え や <!s 

大 江山 

な ぐ 

奈俱 



鬼 I きた i らは 0」 の 131^ ふ 臭て し はなし f け.^ 



しらなみ なか あ を 

白波の ゆよ, ON ふく やお 円 わらし 




さんしゃ ばい; J 

三莊 太夫 

M みや づ 

^ 宫津 



や? ¥ 良の is き 1 まな! 

よい sf みきせ 。£s よ, じってみ 2 され は 

ムど1 ろに がれて めきた や 陸鉱の たちばな ならぬ 奈倶の 桃 

。 t うが ひ び ど 

わる 世 を むさぼ. 9 て 鵜 飼 人 



荒海 や 月に も 近き 秋の色 



41 の^う ち どに わたるき K をた もビ にうけて すグ ひけ ふ"" . . 

f にみ 身き へ i め ま。 r のわきぎ えば。 なきの 磯の 名 もし 

るく。 淚に釉 をし を わけ わ 

g だ r ま i お S ふ I お if:5 し P て, きの 群 iH£ おがず もの, f 

f $ 1 • • な まつ S らお-, て 



, = さの 5 み 

餘謝海 

なみだ ^ 

涙の 磯 



かたね のまつ , 

片枝松 

き we もんじゅ 

切 戶文珠 

ん まのば しだて 

夭 橋 立 



ながめ まつ ら f^f,; ゾ 

ちらから 詠ん 松の 表裏 

し、 み いわ ゾ?! ; は 

師々 ビ 見る 岩 も 尊し 夏 木. Pi 



^^§f0lf&ff いまに しげれろ 

% »*っ ろく S' 



お g がか さ., はから 卞松六 m 

齡の 汐洗ふ を ど 女 や 礎し み.^ 

戯 のこ 故ず 思? 0fsiM$ 



い 七し みつ 



但馬 行李 (五) 



みや づ せ. & ねん?. わい ひ 50.a- しゃ 

宫津靑 年會の 人々 に 謝す 



f.f^f めいぶつ もど でんがく くら 

文 a にて 名物の 餅 ど 田樂を 食 

ひて 

みや づ しんて 5 ばっこう が 

宮 律の 新潮の 發行 を賀す 



((以上 宮津』 一 



宮津 よう 出 石に 到る 途中 



つ あど 

仙 石 域 亦 



aS4 



久秀墓 

.S づ をヒめ 

出 石 少女 

いづし を どめ 



七 四 



1^ ゃづ さど みやび を こ、 ろ, ; 1 

宮津の 里の 風流 士が。 あっき 心 を 身に うけて す 3..,x、¥£ の i 驴。. 

何 は、 おきて 浪華 津の 。つ どに i らん か、. C きと。 i 、しく 體ぷ^ 隨ぞ 



S 樂の 幾度 味 e をり けし 身もゲ 日よ. c4 人し ぎ It もち C ひ 



W くた びみ 



出 水 多き をの 中に。 ョ りヒ ましへ し T- りなる。 !;< "の il^i ち" く。 わし,, 

ゆき かせ な ゆ ふべ みつき t-ff- > i 

は 行て 風に 馴れ。 夕 は 見つ、 月 を 乙ひ。 ゥ 3. れる: g は 封; a> し。 ながめし 

歌 は 玉に 似る。 是の k 津の pin 。 きのかボろビも^cヒもにo き M$,cs て 

めで . 

愛ぬべし - 



ど s げこへ >z くも み r* 

レ く: 鲊 越ても 上 や 雲の 峰 

SL 卞 *5> いかみ し のく さ 

石垣 を 如何に 見よ とや 忍ぶ 草 

な いさ くつ わむ 

あはれ さ を 鳴か ぬ 勇み ゃ轡虫 

桑の 葉に わ、 が 身 をな して 蠶飼 する S づしを どめの につまれなん 



出 石 少女 はおし なべて 色白う 容淸ら かに みやびたら I くれの i をす る f にも 礙に_ ^が g する、 が I! ければ 

あらき 4- ん& くや L き. e£ - .JS. : I > IV -*/ ( 



荒木 仙 石 邸 跡 



ゃ丄き あ ビ 



麻よ もぎ ひ ビゥに 荒れて 露の 原 



あらき げんば 4-- ん らくき き や 2.- やしき ひか ひ あつ k ^, 9t-c 

荒木ナi仙石左京の邸は向合せなft^しどかゲハTC^にi«ヒな.c^てぉ^..もにIIJI^なl— 



切 先の をれ て 鋭し^の す \ き じん I 

If r. つ しょしょ み し、 tist え? ろ こ VJ^ む >. はて? れ し;.^ り ど 土人 は言傳 へて 

おは fri いて たれし ヒ諸 書に 見えた れ^ 實は此 所に て 欺 力れ て 言 たれ 

ばか > 

I おぶ 武 S こぞ 告 M の ふ不し 思ず を 10? i をう む雕の 光. -ゃ 石の 露 - 

Jil.i 』 、ろ ま か わた i ちみ . 

• 心の み 中 を 渡る や * の 海 > せ へだ え 

. P 義 gliil きも =t 一 €r し、 S ぎ てら t 



のこりお 



I: か卞 なりし はい ビ遺慽 し 



ず 4 くしげ ふたみの うらにわ^る ヒ もお ふて ふ.^, どのな からまし や は 

二、 ゆ t ま ひ 50t £f — 



ふたみ f ら 

二見 浦 -: . i ろ : - - ゆ I ひど- 1 わか 

iii が&け てき f ど f し f あ SS 島 1 々に 別る 

¥ の 露 1^ ぎし 擊 ふれた る 物の 本 I I .53ip 

tikil 歸 I 環の, きずる tisili 

t が & へて お のき ピ なれ-鎖 力 翰の 奥に 

さ 五み 月 fi も 『もまのお 5 ふく 句な ! . や 

,の g ff る gig しのれ ま も? ひしき の、. 1.1 



但 



行 李 (五) 



1 七 五 



但馬 行李 (五) 



e んゃ するめい ろ, 



1 セ. K 



り あけ. L ろ みづ を ど 

たかさの、 有 明白し 水の 昔 



si^ ォ明樓 

乂め ろつ な -. -ば はかせ i 

此樓の 名は柴 博士が 名 づけし な ft- • 

ベ ゆ 4 パ; ilx. ゆん 5*, き, や それがし べつ そ 5 な 

此 北辰 舘は 三木屋 某 の 別莊の 名な.^ 

f 以上 城の ,3 

をれ wt^^ g# し t 

某 ? おの 墓 . 餐 虫の f 昔に くちし 卒!^ 1- かな 

^^^5.>^.^^^. ^hfft せんら くさ 



y_.V^K3^.^^e それ かし をし や 5 せん, C くさ あ >5 し, t く * 3 - 

3 岡 蓊源寺 某 和 尙は仙 石 左 一 li の 子 そ I な. C どき 亂て に 孝 、つ 



姬路 にて 

嵐 車の 中に て 



むかし 



案山子の み 昔 をす てぬ 弓矢 かな 



やまむ か みづ J 

送る 山迎 ふる 水 も わかぬ 間に はや もさた I- ど g かてけ 



翁但馬 行李 拾 遣 



あ?. * :H し ^sisj 

天の 橋 立 

-^. ^ つ § ば しだて ひさ 



三景 の」;) 天 §1 久し が 名の: a に ir き、 を 其の てて に 1 つて f して ふ 霸 の S 

はも 信なら f i 其のお の igis に f !f 8 の 謂なる i 謂な きる ま 



^な 

ふか 



r-T^yfflssu の I し Jff? に r 捲れ is 

5 事、 力」 は s。t きハ ね? せんどす る II? 野暮の 至! るべ f ? 

ぎ 魔ず ijf J し lil ほ? 龍に? う u^^f ん、 I, f 

あ,, でら ,- t ふ 4ビ : ;^;;^..^ll^^•ヒ賈し切戶文珠の舟遊3:r:s-VM 7 2: みや づ ひま! 

iy 舊 J 龍 誘 i 

物いた は 16M^IMU くも itk に fi の gsif ん ftii に 

?:. 迳 き, f きして IJ 改め 

%呼此山陰の 大公圜物替.9星移る^^?,1^^ ゆへ もつ ^??^ぃ^;るぎこもぎマっ粹り^^方入 

. まお ^ふが がに g| する の 故 を 以て 其 名の 著 しき-.; も 1 クイ へん t 

勝 絶の大<ム| 惜 むら ま;、..: t 水: f P き f -、、 > i^a こ.. 4:8 お i ヒ if の f き s 何 

t e5? 3 4„ls< 、- 、が^ 薪 伐る 賤の失 か 逍遙の 外. ー も" ., かれ 

^の 遊 賞に t ま- -褒ま i く S う 足 1# お S こ ほ i つた まこ i ,く 人き わる?」 知る 彼が 



但馬 行李 拾遺 

一 一十 八 年に 開かるべき (鬆 ぎ, が の gf^gl ノ 、"ト 、.、 oir ■( 1 1 _ H I 

folsfl か i ち に /い!^ オバハ I お ri---^ ちな 力ら 遊覧地 どして は 等閑 視 きられた る fji^,^ft^ 

れー"ぉも^|れ^^し直£不ぼる.き1ぁしく?^礙|爵 

リて 二, ス年 のせ, 時分 迄に は少 くど も 二分の 「若お i ち 

^ -^. 1*5 i よ ,1 - i fc 三 I に-便 を 開く.. へきに あら, Is.. や ten し 也. f SIT 

志 家の 運動 を 怠 もしに:! る, „せ=2附 チ.! ^.J^lpt -。, p ノ I い ? れんま < る J f 地方^ 

2L」t, ち み C む せ つ^を 警 起せ さる を 見よ 紀念 祭に 付て 聯 1: せる 區 i ぎの の 0£i 

中 2 入 rfr の J は S な? 務き 先. つぎ" て, て て の S な 喜 や 

は 2 名 古 1: 所 き 露 『き r?s き rwIJHS 

snE 暨 rif: 置- 

SMS:S や S4 の. 髓 S 磨 i"!! き f r 地 f !! を 

口 til ノて 天接!$に捨 て t のみ くしてば きに i きず: の i くなる じ, r はよ 予は I お I 

ししめ よ 然る 時 は:^ (の 頭 ハ必す や !^ ^ r^^^ ひ あ も。 

£r^tp^n わ 口れ 1 て あるへ く 其の 尾 は 結 好に 數線 を曳 きて 或る^ 

まが.,. 或る 者 は 泉 * に 和 州に 勢 州に 在らん ^ 



1 七 八 



u- か I J ^4 お の 敲:! 4 める にわら 卞ゃ此 大山 水の 中に 生死す る 天然の 幸福 

,ゆ J 津 nuylnl こ S 膨 if て 重が S の f るき まろ ど 

を享 けながら 之に 報 ゆるの 所以 を 5 ダ す.^ 女^ R ; 

やぎぎ て gsi ん? の,^ んぞ i ぎ 雪?; tasr. ! き 1 ^ if f 

Jrrs る sgii に p んな あぎ バ おて tfri 若. 也 s わる やに 聞:; 獨は天 Jk" 

!:i;trf 1しま|ぎ,ぎま る| ぎノ、 ん ,、」xl.tf 署ん 

ii:" リ し I! きすべ i のき? く 之れ iif 管 

せいげん も" 

るの 制限 を 以て 



天 橋 保膀售 t きづ ^1 しゃ せ 

お. f て i の i& ふべ- L おぎに 知る を 得ば の 催 f ilf ?"? 文;; 

::r る べき f iril きき i も flli 預 

か る ベけ sg&i に&. る はお ,zf 5 先づ 



但馬 行李 拾遺 ^ i - 一八 G_ 



, に ほ A にん もちろんたん ゑんら い ぐ. C いこく. SJ ん と- 」t- !: ^^^BmtmmMmMMMMBmm§mmmMmMMmmiBKmMmmmmmmmmmMmmmsmmmmmmM0 

I、 へし 曰 本人 は 勿 llg 外 國人ヒ あのき, gf きぬき ッ ケ ットき ン ど f し 

ひ の なかる ベ か .iff f f ぎ^ぎ f 麟の Mssi わるの 紐 

る 奇矯に して ItA:- 先ん f .^f pspp^ き pi きて ぎず i ナ H こ 1^ 

籠 I み SI きき S な I 靈の f S を f て, isf る &せ 

る 男漢な ftN 



g しま 

湯 島 



1?^:: く 聞け. t れす i よ あなる のぎ m てぎ 霸;. 囊ぎ 1 く ,, 2 る 2 きれ 

予が 未だ 遊ば^る 以前の 考 ならき 

已^.はに步^^のき!>|?戧1のき旷§せられて『き_ぁ2,?,も醫1 

の ss" 出 石. tipf ば f .ft おぎき へ て讓 へ pi 一 丈 

里 許 雨ながら iif ビ f の 緩,, に f を 〔麵 こ f 一 一 

糞の 部落 は 蓼 川の 左岸に f てお おき ふ SQgkf &霸! -SSM あ, の ii あみ 

ひ 人 香 美 S 察 分署.? 爵? 鍵き? I きビ if 霧 総 のい 一つ P ぎ 

油篇ニ 木 屋のニ 軒 は 第 ri の 露 まべ しチは i 疆應 資&? if るき あ 



t si _ . ^ . . 1 卜ト xn り. きを 得 又ぷ改 



セ 訪問 せらる、 事數 



を.^ らす予 か 下 戶;, "る を 聞きて 抹 I 



の if i き 一 一十 f 奪 lift き fe.f が? 助 11 る 一 

ぶ X あつ けいら 丄ゃ I 

る i§ 髮謹 i 爾き 

、ノ e I il かた q; ? こ s^v ,CJ,__ ビ-. ^る VH 二百 四十 年 計..^ ノの 前の で ビ 

1 誘: pnl£ll 養 

y の 。调鬼 m ん おお 元 正 isl 年 さ 

伊き *^_tutllyr" 一 あのが f 鎖き t ,の iaii 

一の 1^4LV.S 四 f 至-始め ilf もし" え 一は? r お k もて 

一 を ゆ いま ^^^Lpk^c^^ レ VJISklp 人が 阿 架 を 取. 9 して ふ « 叙の ズも" ^て 

も ff しど > へせ ぱ湯 11 督 If の, lifik へ. - 

i 一一 __ , 靈 一- ー誦 i -gl iliil-gi--- -1 1 A 1 

怛馬 行李 拾 遣 



I 



Im 但馬 行李 拾遺 

sr: 一 にの? の i 一 f え I ハぎ& きが SMBWi:^ 

:の ?l"t 新 さ; f i 一 き?" 4: り む 

H 顯曙 tiff 磨, 口 きき 

氏の 調査せ る 其 分析表 及び 効用 を揭 げば f 

ぶんせきへ 5 

分析表 . 

よくむ LATV うめ rt. > ^ k 

が 無色 ■ 逢 明£ て は, If て i す sii あへ 五、 一一 一 一 六 

"lyj にに J 一 liig, 一 、 solio. ooo 六 gisr 

〇 六 二 五 炭 震 倔 I 母 〇、 oogsio、 02 ハ六 ib、 六 九 一 一 



P ド r ほほ 、 , 扁" f 、 磨. 謹 i 零 

網き f !, M、 J: 蓮、 i、 , , ^ 

青 ル 結核 神經 病の 總 てに 宜し 但し: j| 敬 I 又 こ^ら, お:;;:^、 二 & 、ん ひまよ 

! . ^ ,1; ん ま」.^ si 至らて は 各々 同 t 力ら 卞 同一の 源泉 も 日ヒ時 どに が. て 

ノ, 3 tltu;^: は; しつ W 'が, < せんせい ジ、 J&,pr :; 



flu れ.. ドし な: き やきぎ きき l€lr る! i-i 

の 我々 に は 只 以て 造化の 戯ど 申し^かん のみ . 



. t -も れっき S-J ころ 

およ. 9 下に^ si する 所 r 



の:^ T か i^i し 85 わるべ けれめ も 一一 一度の 食事 を 籠? 通常 

、"フ ばくく せん 

一泊 九錢 けだ I ゆき へ,"^^ゅ.^ビ「.^:ゎ#^ビなせせ74|1&&年來」%襲せる 

をせ 1 |> ニ^/; こ み縱し 富める 迄に は 行 力 さる 左 i t おんせん? う 4 

祖先の田畑ゎ.=^衣食の| Iff I, i< さいふ - もき ノ rbisL, る、、 きぎの 温泉 赛どは 全 

にき 52 の あし ぎの f し 

くお 酩 V きした I か Is 窗ま 111 ほの isv^ - 

て嚴 重なる 共同 規約の T )i1 - f z 

五 ® n 

しょ h 01 .^^il^o^.tllil?^ 



但馬 行李 拾遺 

抦 於 . 

; tus! ゆ ™i して 浴/ず: 滿っ るの f i き g のず まぎ iy , 。 く 

(t!?? 方の は. ff? な" i ままる i.l き i ま. 

15 露 J? 脱!; s.f...sg^" の? f&&K き ii ち羅の f が 

せ 1 晝 十に J" 曰 flf . き, rf き r£l.f 應^ 

_ 記帳 所 

ビて浴客の姓名を記録し;<^;-銜|^<の|||;ぃなせを|^%%ひ^^^^ょ^2 g^p たづ 

きま 霞务 f ま £1 il 



但馬 行李 拾 遺 



ズ. K 



S 筹ォ ち」」 似 石 魯の吊 ひし 當時こ 匕 > ほ . e 

P ま^ '〈て 今 は 1 餍の哀 e を 添 

千 三百 餘 年の 奮^ 

このむ らち 5 5J ? 

si ま 謂 f ii 

メ 资 六-, -条 を W せ. 9 曰 lAi 化 羅の备 こ荣き ^.J^ ^ ゆ サ 50*^-5 

r す if おくる rs^sil の 1 れ の \r^l は mr^ig 直ぐ gf あ t 

かち どめ. 5- ば / フ >fr < -' 



にし 酽く &ビ i 一 ffii 一 なる f ?vs • f 

I s レ。 t ^^Ko-A-C こ せつ 

^.ofl^ に 雲 光寺の 古刹 わ. 9 

ひ 上 やま 

. r? 「き e IB a& の if て§ に i あく を 脚 くず 臨 ひ 

なを r 武 f も f f の衬 口に 在:: 一 小;^" 北海? * 波 は" け まこ f て f をけ す 

S ひ ず L ち こ i し ii お m の?" C f i て 、呼べ ば答 へ. 4 ほす 士俗此 f は ^ Ji,^ 

ひ £を& るい に i さしてれ さ t 須 らく?:: 竿 r 試む 1, の ひ II . 

i し やく rf ff は じゅん| ばし く f 躍るべし if 

きぬまき やま rr. 



る 



S 山 . ベ :i J . s£ を まま 

つき 艇 i 鍵 M の 5.uf ものき ニ猛 s の i 一 n 

f mulllmllllB' 一 八 七 

但馬 行李 拾 遺 



まも - 



粗 馬 行李 拾 遺 

^r^^^^u /,\ . ^ せつ また せつつ ゐ やま に. し 

奇岩 點々 散布して 奇雜ヌ 勝 絕津居 山の 西. 

あ e あ ば ま 

i 西 細 亞の濱 

.^...f す.^ よぐ てき ビ ころ を にし つらな 

あ ft. 海水浴に 適せる 所 其の 西に |i ゲは 



】 八 八 



ほんかい 



たかの ば ま 

鷹 野の 濱 

だん 力ん たやく もど ひ.;:' 

i 雾 4Jn> り F こき 



Ifss:;! 千 S£ き, r 靈らか frp して. S 爵ぎ i 請の i. 



及: (ば 加 贈? ききて 謹き f の <?rr.r の 纏し IT きめら い 5n 

PI て 着? き は 一 ^Ruiosll^^lt へ て Inf i き 

有名なる 



だ. Sij 言 c 

大乘寺 



.? む 



け It: は!? 彼の 十七 八。 歸の に? られて す を I,? しき f., がら チは 

今 一 筒 f? れ? て あず r 滅ぁ g なる 簾よ あして 磨 rtsK を F ねズ 

B の.; き ほほ? 

. 龜, 居 1 ほ の內 字き 5f 千 四 I 五 ぎ g 十七 艇" £ 

?: Is? 基 nllj 中き の: ffsvf て irs の i に 1 ひける がき sai なる せ • い 

僧? 营子 si 人に f て t 今の 大 H 風 あ i ず ど f め grf 扇 び 避 



y0ui^s%f 職 Bs: 囊 

i き sf 観: 猶: y に li 

き ぎ f ん f の 大 lisr. 彼 ぎ、 し 



$y< ,v の ふすま み 

の" 弗に Mir 其 襖 も 皆 

さんす-? ! 1- , 

山水の 間 

ばしゃ S 0., 

色 蕉の問 

なけ ま ー 

竹の 間 

孔雀の 間 

の 5. け 5 ま 

農業の Si 

ばげ やま ^ 

の 間 

の 間 

の 間 

^ 間 



によ ぐ わしん , 3.%、 S や h*sr が vjil まろに おら^る なし 

^ 擧の 書 神 なら さ る 争いく U き .レ & 



應擧 

^うじ やろ 

仝 上 

骂 

£し€ ん 

吳春 

さら や s 

仝 上 

is 1 

しゅれ S 

守 鱧 

て S しょ 5 

おうす & 



但馬 行李 拾 遣 



せんにん ま 

仙人の 間 

t ま 

鴨の 間 

さる ま 

猿の 間 



せって. & 

雪亭 

げんき 

源琦 

ろ せつ 

蘆 雪 



1 九 〇 



ご/ M^6t€y c. ち ビく L き * ら-' レ - o- 

ほ寳 な. 於て 特き f る? まぎ Ef 爵 ii& えれ ども i きけ 

輩の 挲に 成, o,,ff i 一 t 望 frrlmr4 ずみ 見ぎ し i 千 If て ぎん 

J^IK はれし も 猶は管 割 if き や 雷の:^ 厳 毅疆 して Isif の て も, 



ff^ し t;?, セ l-L ゆわん けんぜい しん し まつ す./ 

苟 くも 彼が 大手 腕 健 精神 を 知らん ヒ g せば 鼠; 



己の 

此 

お 5 きょ でら 

應擧寺 

あるべし まき まよの f?. ん giT あ s?lif べき は 

ゆ L まばつ けい 

湯 島 八景 



照、 津 山の 歸 W 即ち 是れ 

ュね t たくすで でき いざ ±5 7 



人 撥 を 持て 交, c 居る を^て^ の If 斷 0P やが |气 を!^ ろに お 田 I ひ II せ. .gl. はか 船き のまに お 於け る^ e.^, て 遊 ■Jg 



で さ たる も ど のぼに 抗抵 する! 一一 丁? 

53 んゃ すゐ めいろう 

:ri の PIf 観 ,ぼ sfsiH 

§ も^ > 

柳の 下に 碑 わ 



ふ て かへ V ば: おは iJK ^まで 場 § 

風 零 詠 歸 山 吐 月 濯^ ® 7 t . 



I < ム? が m まお i き, 誰 に 遊び i に 遊び 

ど柴 翁の 句柴 翁の 書 ffl に 美 f 人 f,^ri .1, 1 ち. .r: n :… r、 、レ 

らいき a S ^. ^も きテ 



I 翁の 句 柴翁 のび , うする の IT こきせ て it,/ 無 かるべし 

しもの^ ti め v4 し. - かや 其は 頃日 湯 島に 發 行す 臥 遊 集 

げんぶ f 

支武洞 

T げんぶ 



f き I ま 猶" Hi 

籠 iiH": 讓 11 

^ .^ お つか たま. しげ 

IP こ ¥1 らか なる は 『タづ くよ 》 束な きを 玉櫛笥 



M 行 李 拾 遺 

ふたみ 

I 一見 ケ浦 



1 九 二 



J 明 广 Is き 朝 ff 詠:. し iffg は vsfv 人の ff られム rf 

泉の 淸 冷な;。 知:. 所 f- 鳴 ¥ あく E すべし ヨ見ケ ff ぎ ml おの If るの み 

な I ほ ils 氏 ili の rii あますべし n£K ふな 名. f 予が i。s 气^ 

に 好き 龜 卜なる か を 5^ f 

ゆ しま こ ぷっ 

湯 島の 古物 



へれ 所 ま ギ靈 iifs の il が ずら f し iil 

ド逢 J 氏 i 不き i し, まあ 

おまし たんざく , 

大 石の 短 * 

去來 今日は 君に つけ はや 樓 

み め 

あたし 見る目に ちら まく もお し 



slpil の 一^ i 以万々 可 if ま 

(f 、く gf けし i しあち ふし&* 候 & 1 句 4s 

。さ。 みが 。れ。 や 。顔 。も。 枕。 も。 物。 の。 本 

5, か、 Mii;s 此 事なる べしお 上 m の藏 ^ 

廿 一 日 

山 1 方" "ち ls^^,c^しゃ射ら卞ビは云へ其の手鑌 

Ift5 ^ もん t^K,.N.^^^.9 ン? お 二十 1 日 ビは 何年 何月の 二十 一 日な, 91*^ タ i いっく かれ 

Hi" 幅 J 醫謹 

ぎ る Kfiif ま f し &ぎ、 わ A るお I の § 嗜好 it 得へ - 

SS つせ いや、 わか お >ボ ) 

は II ぎ 稍 若き を覺も 



お いしちか^,. I 

の i の Ti^& け pi の しき ¥ きて 動, 

g お 11 Lr きま iti をして I r まし め此處| しめ,^:! gfl f!:::::^ 

但馬 行李 $s 遠 

^SNK.i^HUM^I^nM^HM^^ ,1 jn d >^^^lu 




を i らし め た る f f の の f て I 手 ひ 

い しづか げん £ ぺ さ げんくわん 

石 束 源 五兵 衞の S 關 

ハ纖爾ま移 されて 今 西 村 六き m し 氏の はきれ r き だぶ,, v4 る ゃ屋ね 根はづ ちきして 

べき か 菊花に 桐 i 一一 If つ 付け まも S ら? f わん 口ぐ ちの, Yis きま ビ 取.. さ 去られて な 無し 



っメ- W tia ひ ぷ 5 S<J くき もゥ 

更に 湯 島の 美風 して 特記すべき 者 は 



今 5 ら, r くわ C, 

養- 



くわい ひさ い 

な ら 會は 久しき 以前よ ..y 



さ 1 もの : 起され 今 猶气瑜 lif I ち 地の だして ¥ よ を せ て 七十 

ほ" る S 十以? の fi き f 爾^^^ 

し每年 さへ 花 開く の? 例 li に f 六十 九され のき ひにま する, きき &き たらしむ わき 



か は 一 ! き if ぎ? f ら卞 してぎ f Mr の f & みての きな 

ふ 今の 時節に は 一 寸難 き 企な 力 

S に 至. ^てよ L は ほ <爲 めに 3 の t あべねば なら あよ srrs の gpf 

隨. て ニーての』 は r あは そ 其の ひ 百 4 の P に i して s る^の i あぬ^^ 



M,JI てい. L ゆ あたま ひく あ e- さつ .— f- 

、働く 乙ど亭 生の 頭 低く 挨拶す る 乙 さなき は樾め て^し お を 一 I 口へば 



f^ry みせ こ 2- 

牛乳の 店な き 事 

爵證の i くに &vavf ぎしむ? 

くらぶ な. 

. 倶樂 部の 無き ™; ろせいし t ! ,Nff?§^0m^kts^ 

f f あび あに 爾! SII 士 は疆、 骨 J の戯は 好み 又 f は覽 J 、は- 

ur て f f ff?l 足せし il 零、 へ 

げ す & くさ こ 2- 

卞 水の 臭き 事 2 /( たま を す <^ 

きて tllf III たる i?4rtH は を 

j u い く は, 2,^ ふ-も; こ t て ci? 、る こと は あら じど 或る 者 は 語. 9 き 左れ." 

霸するぉ卞由^.?の臭は感ヽた?飞^^7|5カぃはぉだ;するが|£§の1ぉをしてさちの 

五 i の IMISif -I する 汚水 は? 此 に 注 人す 

ひ ビ. し! ききし ずの き! はま 

^义^ メ sfig をぶ て 有 馬に 優る^ 云 ふき 口の 失 まな ,-,5 あかつき か き? こ; r . 

^H^^litu ml 曉 き i 此に弓 力 



t 所 版 
有權 



明治 廿六年 八月 一 一 一 十日 内務省 許可 

明治 廿七年 九月 一 日印 刷發行 



編輯 兼 

發 行 者 



a: W 者 



參さ 1111 一一 1111 一一 =1111 一一!! 111111 一 311 一一 一 iiiinii 一一 



, 定價金 拾 五 r . 

#苣囊1111ー||11|11|||1ー11匿11111111|1 一室 屋 一ー# 



大橋 新太郞 

|*^^市3本檔區本町三 丁目 八 番地 



田 ^ 

東京 市 *s 橋 g 築地 二 丁目 十七 番通 



U1 ^ 



會 



SOif SHI 所 

東 *U.1B 京檔 K 築地 二 丁目 十七 番地 



東京 市日 本 橋 區本町 三 丁目 

元 博 文 龍 




を 筆名 行 は 正き 



b て して ニ錢き 
眞縱 た奇奇 f 
に橫 るをス f ぬ 
近に 浪極 
來彥 六む 隨 & 
の 九 子 今一 《 \ 
一郎 奇番に やゆ 




に 坐 をの 兒 51 民洋 f 度 



かた 談桃知 
ばる 仕 川た I 
寄 も り 燕る 1: 
席の た 林 



になる が 倉 鐘 翁 

日 、言な ft ぼ^ ^1 
通 一 漏る 宗 




精神 一 到 何事、. - 成ら ざらん ミ f j 

は 實に此 語. 行せ ろ ものな リ 人 

到 間る 處靑山 も リミ、 本 編 は 實に此 

語 .$實 に 表出し 乂餘ゎ リ。 1^ 

々れる 一介の 賤民に 起して 如も不 

具の 鉢. 醖.^ W て 奮然 猛進 叱吨 一 番、 

f つて 正義の 爲に 一命. 5^ 鴻毛 ふリ輕 

i んじ、 艱難-し 食 ふ每に 志望 漸バ く、 

和 ogy す堯 まじ、 牢マ」 して 拔 ぐへ I 

装 1 お If リ C き 奮 ぼ J f し 

く 不毛 の境域-し 入リ の" 

K く 其 縱橫の 枝^ 擅に し 殘忍 f 

I 戰.^ 相 去る 遠 がらざる 蠻 土の 酋長.^ 

^ して、 尙 且つ 歸依 心服 措が ざら し 

錢 る LL 至る 愛すべ. & すべき 好 少.^ は.; 

親しく 經歷^ る 立志 談なリ C ー讃惰 

觀 お. - して 起れ しめ、 il^u 

四 .B^ 死せ ざむ るに 足る。 其 もい^ 或は 

お タヤ » . L-» 1 fc^、 1 &、 



錢 



1^ き 或は 喜び、 E, 一 伏、 一 抑、 

案^ 打って 快哉 >」 絶叫せ しも 

る談 柄-し 富む。 世の 少年 諸君、 幸に 

一本. SH9 に 具 < て熟讃 玩味せ じ 

諸子 墓す る事 蓋し 尠少 にもらざる 

べし。 敢て云 ふ 



リ:: ま i;- 

1 ふ": く、 , fJM. 

つ. V きで, . 



に- 



g k 山霧 田阪 I 著 史外案 思 橋 石 

I' の もけ まな ||| 癖 八十 四兒小 



譯 人生 庵 知 不田內 



全 世に 癖て ふ もの ほ, WV^J. しき は あらす 

i 殊に 小 兒の癖 LL 至りて は 最も,^ J. し。 我 

^ 國 滑稽の 改哀 4> 以て 自任す る 思案 外史 

兹 に 見る 所 あり。 得意の 筆 つて、 巧に 

g 小 兒專賣 の 癖.^ 活寫 す。 奇景 百出、 妙 想 

I 湧く 如く、 人.^ して 送迎 LL い S ま 無、., 

都 らしむ、 世に、、 れ 程.^、 P しき 書 はもら ざ 

醜 るべ し。 幼年 諸君 早く 一本.^ 購 ひて- ^ 

^ P しき 程 LLI^ がしが リ 給へ。 



全 

洋 

六 



1^ 國^ 壇 有数の 詩人 アイへ ン ド^ク フ男 

一.,, 邃^ る 詩 , S 艷麗 なる 筆 >」 て〜 

騫 V き 出 ぜ ろ 「なまけもの 」 趣向 斩新霾 

神, 思議, 庭師 S なり、^ il^s 

ff*^f ^^ほ命れ危くして 公園に 名譽 

^博し ,貴女に 辱められて 羅 馬., 5, 去 • 



一 に^ ほ £ ものく 實相. ちて、 或 W 

一空 想; .Lpv^ 飛 はし、 或は 夢現 LL 魂.^ 迷 は 

し 去り 叙し 來て餘 す^な ほ 

^^牺 ^の^に、 自然 眞 率の 意. 2a みて、】 

嫩權ま »孓 寫;; る?^ 小說、 三代の 炎 一 

!身^ 溶;, すの 拆、 力ら、 一 本,^ 求めて^ 

下に 繙き給 は, -、 讀 一 讀 妙味 愈 n 木く. - & 

て 半日の 暑 VHJ! るに 足^? ひ 



西 L 



洋 



落 

語 



全 、"わ リ合 ひまして- がに リは ひの ある や 

ふ 須 ねす、 奇想 は 

. 落ち、 妙 鬼 地下 に 湧く。 來 年の 

、 詞は 上品 なれ 

ミも佛 も 相好^ 崩す へし、 矿 つて 讀賣新 

聞に 劇塲の 逸話^の せ て 大喝 釆. „ ^博した 

^ る 松葉 子、 今 また 少年 諸君の ために、 這 

I の 好 笑話 1^ 纂む讀 まん 人 ま づ頓の 外れ、 

錢 臍の 落ちぬ 耍 心して 掛ら る/し 



^ 否や は、 今、 r に 

なられ ミ鬼も 笑 ふ 

正, 




全 

^ 魯 画の 文豪 トォス トイ 伯;, 傑作 中の 傑作 

洋 にして 最も 微密 なる 夫婦の 情愛.^ 描きて 

r 眞 正なる 愛、 人生の 至樂の 何たる.^ 示し 

m 一 棒 華 飾 社會. ^喝破して 醇 厚なる 人生の 

碰 福利 > ^教へ 懷疑 社會の 岐路に 彷徨せ る 妙 

錢 齢 女子の 指針 示し 世間 普通の 蠻 愛小說 

藝 vH;; 被して 別に 一 生面 開く 純潔 淸靈、 

^ 家庭の 讀本ミ して 無比の 絶好 小 說なリ 

錢 



* お _ 

I 通 通 通き 

I 'お 



の 圃し此 に那十 
、姓 、の 次 R 二 

本 ins 二き 朝 塑 正ジぁ 
編の し 書て 軍 軍 價 ■ 
は 、て 以殷談 , 金:^ 
支 雄 本 さ 末 中 は 五部 1 

編 i よ g 變 拾+, 

記^す ^周古氏 B ま 
の をる ま 秦の以 猫 叙 

先 叙に お: も * 
鋒し 明 2 至の 殷 

ヒて淸 i るな 紂 

殿 藤 軍, 歷 !) に 

朝 Ei: 代 、至 

ど 史^ 哀の武 る 
をの 以の事 王の 
集 殿て 狀蹟 軍史 
め 後す を を談に 
niz 、窺 叙 はし 
b る 所 ふす こ 壬 
も 謂べ 、れ支 



さ、 るを蕭 め' I る 逢— I ^ 
る も し 何 、憤べ 離 § .^J 
ベの て 張一 せ、 しの麼正原^?さ 

力、 、愈 a は $ 、意 史!! 書 S 
ら 々等 高 1 一 觀の余 二 3 /な、 ///^ ^ 

5c 活の祖 2 は あ 軍 五部 $ 俗 1 分 f 
諸 項 S 勾る 記 拾 £ 

羽 策踐は 中 拳^ S ^ ^ S 
S 、む 条ど以 夫 吳ギ郵 五 I M f 
r 4 鹿 て 差 越ず 税卷 f' ^ 犬 f 





. 拾 合 g 



― ふが 



_せ 三 帳 原 観に の 4 ^ j 錢 
に 圃 に に を 相 雨" 6 
.先》 參爭 し復 ml 
ち 下書 ひて 讎談 1 
本のして 益し にぶ 
f§ 史以 ゝ々 、如); 
T をて 范偉 伍く A さ 
一 讀其墦 な 子 は ^ 
観み 活韓 ら胥な f 
せた 劇 信し のか « 



flift 
fS 
皮 堂 

欲 
络 



楚 越 
軍 軍 



談 



翁 
效 

も; 

タさ 
银 



^稀に 以楠 にな 楠 
い 正して 廷 多し 公 

ふ 1、; て 元 尉 力、 、2 
ベ Y 且弘秘 らさ精 
' 訛建鑑 され 忠 
誤武 百る やさ 
JI; の 三 '當義 
た 史十是 1^ 二 
し を卷れ 2兒 
、き 補 、何, 零 
天 を i 、頗ど 况泰 
下 減に る ゃを卒 
始み足 楠 、詳も 
め 、る 家 世知 亦 
て S 、殉 にす <7 
此に 然國好 るれ 

書數る 2«H 
の 本に 事 少の耳 

完を 從蹟け はに 

本集來 をれ 世せ 

をめ 寫詳 ばな さ 

得て 本 記な かな 

ブ;! 校の す b I も 
訂み 、 、\ の 



I 




ぼ 

に/ " 







眞 書 太閤 記 




爾錄 太閤 朝鮮 軍記 

原書 三百 六 拾 卷附錄 廿四卷 合 四 t 上 養 

正 憤 一 册金 五拾錢 郵便 税拾 六錢 . 

;き圖 偉 一. 4f、 sa 

J 明.?^^ し^ 田に 踵き て 遂に 太閤 マ 7 なる: 至る w」、 一 

擧 li く 載て 太 I 一い.?、 1^ して 其末£^ 事 

當 V 、牌 肉の 歎 勃々 止む,, e 能 はす ^ \w) き 

捲して 朱 明 四百 州,. 1 存まき 欲し, 百萬 

新に 令して 爭 W お Mfi に 渡ら しめたる の事嬉 は.,, 

! 5?、 ? 太閻 朝鮮 軍記. - 附 

I して 以て,: 公の 而 H ん 全くす、 加藤 小 西. か 先陣ん, 爭へ 

;- 小 早 川が 碧 蹄の 大捷、 嘉 ig- の t^、 1^1* ti, 

幾 十 萬の 人まして f な, "しめ き. の,, -ris 

讀の I、 isipu.^up 





錄 % 書 四 拾八卷 合本 一 冊脊皮 上製 

L 僧 金 五 拾 S 郵 i 拾 5 翻及丄 S 

■ 演義の 稗史中 殊に 薄く して 尤も 面白き ば、 平盛袞 E 

に 若く ものな し、 其 事 其 文 共に 千古に 瞎 ふべき に 足 a り、 

古來 版本 寫本 十數 種め りて 廣 ろく 世に 行 はる、 も 之が 爲 

めな り- 但當 時文 運 未だ 開けざる の 際に 成リ、 而 して 歳次 

グク しき 彼此 傳寫 したる が爲 め、 魯魚 亥^の 訛 謹 頗る 多 

g く 環の 用法?, 气 假字 文中に 往々 S の I 調 

I 一 . ^斜 へたる 等 は 諸 本 何れも 然ら ざるな し、 隨て 世人が, お I 

j 一 害の 流讀に 不便なる. S ずる、、 ミ 久し、 仍て 今回 數 本.^ 1 

I f て 互稽? - 字 t し、 假字 ml の I 

I 誰 f 校正して、 以て 世に さす、 盛 謹の 版 水 さ」 多 一 I 

I: しビ I へ f, 恐らく は水眷 ん,, 以て 唯 一 の 正.? なさ 、、 I 

猶ほ 古规の 新たに 磨.^ 經 たる もの-如く、 I 

氣光 怪、 千歳 始めて 顯 はる、 もの S 云ん べし I 



露 




っャ お..: 5^ 



^ 15 >^ では 




校 星 月 % 鎌 倉 ^ 

訂北條 九 代 f 



I 一一 



s 一 w 有 皮 上製 . 



91®w 二部^ 拾 《g 給 ~ に 、あ 

si 余 五 拾 機 ^ 稅 拾"" 確り 奇 S 多 

源 If ぶ,., f にし び.;; f 、灯, 瞎 sw」l 鸪 ^ 

し、 p も 僅に 三世に して、 ^ム 叩な 

M し》 I 歐ヒ S 氏な り 時攻. 義 の ^引お" 

遷氣 f て I の勇舊 す聽 

穩 S きき 414:1 

SSs 次ぎ,. リ德す さるべ かさる の 省な 1 

軍 記 I 

:#i 讓屬! き 

§«).^^5^き郵便%拾六錢 i). 

中 萬に 戰 ふの 奇歡 





» 文 館 縞 局 校訂 お 

校 豫 §^ 

訂 聲 JS3 

1 画 種 lip, 

き 三で? 4、, ぺ ^ 

之. を 古今 ま 酒 化せ.^:^ 241r1ip まして 中难 ^ 

ii 墨 謹ま 

疆誦誦 蕭 

もメ說^-.7^」54-£^^、 今 合せて 一 §^^:c^^. ズ) 

醫き 慈跋慰 鎮華 S .チ 

ぼ 





,i 風來. H 人 像 




ポ I 




f :f 1 一部 * 四卷 4r: 本 一 册脊皮 上製 

正價金 五拾錢 郵便 稅拾六 餞 

g 風 ^ 六.^ 部 藥馨极 し 草 ® 風流 志 1 軒傳 

^ ^そ 几. 9 草懲 金の^る 木お: ま!^ 侧 

次.^ i 幅 n ,き #弓 勢智 S 湊 新き 键 5 ぎ 

^ 氏 ® 田.^::. 芝居 (i i @響ぉ±顯編}1?^?^1 

平 賀鳩溪 實麵ー g 紅)"" r lik „ i 

尾 崎 紅葉。 渡 部 乙 羽兩君 校訂 

f 



全 集 I 



原書 廿ぉ S 百 十 一 卷 合本 1 ー册脊 4 乂 上製 

正價 一 册金 五拾錢 郵便 稅拾四 餞 

し, >i 本朝 樓蔭比 事 ..,fc;KSWMis::rr?^55^^ 



博 文 館 編輯 局 校訂 

一一 一 ョョョ ミ一顯 

校 




00 



見 八犬傳 I 




本書 ハ 發賣ヲ 禁止 セ ラ レ ター 



原書 ^八卷<1: 本 三 «脊 皮 上製 

正價 一 册金 五拾錢 郵便 税拾 六錢 

§11 〔馬 琴 氏の 八 犬傳は 實-、 

宇内 有數 の 珍書な 

不便な チ中憾 むる のみ、 水 館仍て 之.^; 一一 卷に 約す、 用 就 ー| 

精 真、 印刷 鮮明、 製本 は 美-, L して 堅く- 挿麝 は密 にし J.^ ^ 

屬 虹;4? 首 依田 學梅 先生の 細 評., 

以てす、 先 批評,^ 讀 みて 後 木 書.^^ ひなば, 必 やや 手の 

舞 ひ 足の 踏む-^ 覺.^ ざるの 妙味め らん 





博; 乂館 編輯 局饺訂 

魁? 種 彥 傑作 集 i 

§ きき 囊き liiii 

書 七 部 四 拾 K 卷 合本 一 冊脊 皮上氯 

正憒金 五拾錢 郵便 稅抬 W 錢 \ 

一 ©淺€ 嶽 S 影 草紙 像 逢 州 執着 》• 正本 製 ,ク 



\ 



校 



本 地 像 1: 波 鳴 i: 物 詰 

§111 馬 傑作 集 i 

原書 抬四部 四 拾 五卷 合本 一 册 脊.. ^丄 W 

正 K 金 五拾錢 郵便 税拾 六錢 

I- 孚 a 風呂 書 浮世 床肇 古今 否 • 海 四寸. .^ 

八 癖 ® 辰 巳 婦言⑩ 船頭 深 話 傪船. 如 部,.^ き メ 

. ダ 



\ 



目 人、 ひ 《 機 W ⑩潮 來婦 傪 狂言 綺語 ⑩大千 

*ー 世界 樂屋 採轡 酡酊氣 送 麻疹 神 表き 資 

人 狂言 紋切形 




01 ,n >a< 



lilllilllllliiiliiiillililillljJl 



lillllillliliilliiilll 



.ruTJTjxruT n_rLrmjTJT.njirLnLrLrLj 




博 文 館 編輯 IS 校訂 

i 赚梅曆 。春 吿鳥ー 

1^ 書 八 部 百ニ卷 合本 一 册脊皮 上製 

正價金 五拾錢 郵便 稅拾六 餞 . 

爲永春 水の 小說は 天然の 美人の 如し 敢て 意.^ 用 

ぬて 修^ ぜ ざる,. i^、 情 致 纏綿、 愛嬌 滴れん- す 

; なれば なり その 人. な 動 r 。處は その 天眞 

1SI ,梅暦、 春吿鳥 ビ爲永 

流 即ち 人情本 中 e 傑出 j おに 

て 彼ば.:^" ザ、 種彦、 丁 凡、 三 -it 等 マ」 倂稱 せらる 

な ?悔曆 は惠の 花、 梅曆、 

• 辰 巳 園、 英對暖 語、 梅見 舟、 

以 春 吿鳥は 春吿 亀、 



灘 g 梅、 春の 若草! Msg 

漏 ii 簡刷、 • 




^ 校 

01 11^ ー卩 



一! ョヨョ 一一 ョ ーョヨ 一一 ヨョ ヨーョ 



博 文 館 艤輯局 校訂 . . 

道中 膝 栗毛 I 

原書 西部 七 拾八卷 合本 一 撤脊皮 上製 

. 正恒金 五拾錢 郵便 稅拾 六錢 

快活 霜 落なる 二人 もり、. 膝 栗毛に 鞭ち 又 海 內ん. 拔求ノ し- 足, ^尺:^ 

f i4f し、 項 天 立地、 旅.&>,し1骸.,くぉ^,;^、ゾ放ー很^^リ& 

稽 き f 襲に ま霽ま 如ば * ^^^^ph^ 

、の^-、,、^の磨熱.7勞る、の人 M. 事 LL 困し むの 人、 匆 ip: 倦 

; 5 る 力 人、 共に 一 本ん i んて 以て、 淸凉の 仙丹に 當 U 仏" お^: 3" 

^^dj^^ 曰パ f f ハ%£ ノゾ, 釘つ 一一お ー參屮 

^M^^uu^mf .^H^n^ 1 代の 奇人 十返舍 一 九 その 人な 

^.^=^1^150 人, お 卷 首の 詳傳. ^讀 みて、 ー九ミ膝|^1^? 



= igg 騷 動實記 i 

翻 IS 書 五 S 百 廿五卷 合本 一 册脊皮 上製 

麵 正價金 五拾錢 郵便 稅拾六 餞 

闘 主觀彌 しつ.、? §a リ、 權奸 威.^ 弄して 俊 邪 之: 乘す、 奸臣 if- 

画 マ」 相 ;^、 f 、謂 騒動」 i に そが, ig^;^ 藉 射す 賴 

画 今-小 ぼ;? まで 袷、 し 一 輸 に出づ る もの リ S は け Jifis 

i ハ 護鬆 l<"^f ,s、 一は s.§:、」 傾く に 回 T 、び i 

^ -. ーゾ: — 毒..^ 设 に., さ、 る もの 稀な り、 主たる もの 深く t み 

m s.w^ おる ベ けんや、 若し 4^? 以 け.^?^ S リむ、 

囊 家め 龜鑑 に充 つべ し、 If り 消閑の 娘 I あみ^^ ざ; -な 齊 



i 凹 






Issi^^^^^affi 鮮纖 

^在 大判 翁 毎 編 寫眞銅 ま は <f 

tlii^n 冊 (百 頁) 金八錢 め六播 

l^f£gtx 拾五錢 f 十一 一 ™ ル, 

も 五 錢⑩廿 gif, ゆ 金 一 ffi 六 

,可^ 願の 手配に お.. 

一^^^^^ 9^:19 養菌 醫£ 慕 

揚^ ffii 暴 isiisi J 

議藤霍 i 續輕舊 醇置籠 i 

00 華 J J-^ .: ,リ!. ノっ „&.^、 O 海軍々 長 華お き妃君 ば BJSi ヌ矛 

1^ ,4 謹 本部、 總 m- 有洒 川宫 殿下 麟耳軍 中 將揭. L.¥ 糸 一 ォ ま ゆ £ ピー p,。 勻 KI 

皇@ ぎ ぎ Th 宫。 東西南北 四鬥。 定遠 「ぼ, お S " 

一 第 四編袁 i m。s„.l 四 f 画 tq^-^i^slt;:; ヒ 降お 1% 識 1 ほ il 木 爲楨君 

仙ム E 第二 i 

長 陸軍 中 仏 



製 






山人 編 



ん 



む i> L 





な 




桃 太の 遠征、 猿 蟹の 戦爭、 鬼の 

功名、 雀の 報恩、 是等 はお^ば 

なしの 傑作 ビ 仰が れ て 幾 百年 

來幼牟 諸君に 謹聽 せられ、 琴 

吉も 家康も 西 鄕も 水戶 も、 皆 

一 た ぴは是 等の 談.. ^無上の 講 

話 マ」 も小說 -して 喜び たり 

さ, され, W 錦の 衣裳 も 目 馴れ 

て は 鹿 はし、", らす V ヽ 幼年 文 

學の 大手 擎 たる 巖 《ォ 漣, 3 人が , 

敏妙無 額の 奇想. ^凝ら. (快 筆 

&t ひ、 古 構に 就て 新案. H 且 

て 一 層 面白く して 有益なる" や 

う^らる 、に、 書 は當代 十二 

名家.^ 撰びて 每册各 家の 精妙 

なる 総需. ^加へ、 全部 十二 册 

ミし丄 % 月 一 一回 發行 する もの、 

即天ド 無 の昔噺 文庫な り 





本 

昔 





次 



第 一 縐 

第二 編 

第 三 編 

第 阁 編 

第五 編 

第 六 編 

第 七 編 

第 八 編 

第 九 編 

第 十 S 

第 十 一 編 

第 十二 編 



桃太郝 

玉の 井 

猿 蟹 仇 討 

松 山: 

舌 切 

大 江 

俵 



つ 



ち 々 



瘤 取 

文 福 茶釜 

物臭 太郞 



寧齋 主人 題詞 

大. 江 小波 述 



^ \ 第 三 編 



戶川殘 花 唱歌 

東屋 西 丸 記 管 原 丹 陵 ffi 

Ilia 



ハ 九月 一 日 發行) 




ill 





笑:, 暴 谷 白靠ん 

% ュ ft 吸 fl^ ^ ^ 
Pip li 逃 川 貌 赛 
リ、 叉敢 i 氣ぇ 



第お 七篇 

江 見 束 ぶー 4 if 

t 渡 

箱 ^ 

I 一 ゆ 

参 

入 



〇 
八 



九 
九 



七 
九 



七 



五 



四 



— A 三— 




1 



短 

小 說 



? 明治 文庫 第 十七 



⑩ A 



江 見 水 蔭 



二) 

,四 蟹に霧鲈 



A たき 5 ち かたき .5 

敵 討の 歒 M 



lpr。 菌の i?、 i1?r J に i き 

s:。 g の s ,ひ Mff 。 s^fst^K flhd ? 

rlpupi の f Hi ぎ ま llfi し。 i 

i 一一 i の i£ ず、 さ 噂ぎ しくて ほ:: fr 8、 ilici 

r きの 8 こ f F、 ii ずク ぎ棄 菊の f ま、 糸 打の! ぬ::? の大 S S 

^M^^rkMt きき rs、 I だれき 美 u、 雪に は 

ほ" 

かさ C. ち さしの?^ ' r 3 

一 の 笠の 內差观 きし か。 



血 染 



「やれ g し卞. Kg 卞る i^&s せき ぼ. %、 待て 

櫻 (一) 



"ヌ Ir さお^^^ 



血 染 櫻 (一) mmil! 二 • 

TCP ■ お "び . ほち. ほ: ? 1 I ん -=_- _i -』 :-- _^_=„%liIlfl!!JJ 



郎。 ト矢 f Kbf f 、 ちか s せて i すき、 0^^kr ft§ 

か。 「?: にも 誕が fry た。 「して i ぎ 旭ば しぎ f の。 「しらぐ し,、 、铲 

?.: : が: f の はて」^ F^!r ぬ。 .roil&?li 

,1 郎が 敵た る 水 島 S 郞— 好く も 今まで £ ら き。 if て if か、, CO ぎ、 ぎげ やきて 

P すべき、 和 主 も 武士なら 尋常に f 合せて mis なせ。 「? k づぎ S よ、 それ はひ& ひで ぎ ざ 坐ら き、 

拙者 人に 怨を 受け、 敵,. 呼バ る、 お ほお 力 曾って な 無し、 まろ あば 十 g どやら 2す«:;- も 被せね ズ、 IT 者 や は 

f sf..r 申 "ぬ。 . 「ゃァ S なる & 九き、 f0lti. r にき、 て f f は、 

s^t^ ど^ めする ど ひた,. - ひだ かたなき チ あま CV さへ なんち ち . ^ F/ / ,r 

I く、 額の 左に 刀 s、 加 之 せる ■ の g« 霧の io. か、 る S の わる g を、 

未だ 甚 張る よな。 「まなる まさる、 ひム かな、 f0.it!lf 

ぬ。 拙者 は 瀨山剛 S ど 串して 浪 々、の;, S ぼ ぎれ, だ vii を r けられて i げか くれす る のこ 

は靈ら ぬ。 但し 素性の 分パぉ il なら、 靈で& I。 「あら is 鮮 どや、 塞く き」 が 

きながら、 口 賢く f つけられ、. ぎに ぎ £s さ .:•:: ilf が £ の はや 

fL お、 ^ みつ ,t のつ ま W いま かんにん , J ^ 



て浪士 の顏、 a&. imfii f やひ. れ? て、 ffs.mf 

勢。 否々 人 違 S な I を、 彼が よお |ら? も、 露の 1? で g 九き に 鍵 f らず纏 め、 あ 

はや 刀の 鯉口 放た む f るが ぎ、 %の^ ぼ まあ f たる g が"、 mt ff\ 



一 s や I パゃ ^ >i^p y o 「やや、 ム 1^ ぉ錄彌 す. GN や 和 主 

rfsfi を r ッ しゃれ。 「遠山 錄 ff はて 1" PL-l 

のれ、 やれ、 srt き % のおる 不 俱戴 夭の 父の 仇 遠山 錄彌 sf 處 てめ 

わ i の ひ人ビ 5;、 葡, feif み t しが、 f く 世の中に 分ら| ある 物 力な で 

ほ lrs?u?r た? se"" て、 き r れ? したる だ m に&ま た i する、 -れに は f 

ml なる I に ほか 敵で なうて fd^. 、 に rf P まれて は、 鍬お の i、 f 



,义} ^思議なる 戤 w 、節が i ズ るう 1 f ブ J 一き/,.^;:, ろ こ,.. まへ ! し 、t; 4^n.0. f 

0ei i にして、 f4, Jli.<^^^M^ 

き& ばん わ, t. の-し, ,おらぶ されえ トロ々 に 呼 曹ブ) -歹 

でも r るに しく はな k ピまァ ,f はに ひきてき f 、 & 



れて i き fs。 ;ゃ f! に 「留めて ほる 1 

i :、: ,l<b かおき 5 ち > .5, や. ぽ >ニ> ? Is. & 3.8 ヒ. £」 



f S やら、 ir、 m に, が? II じぬ 

,ク め きもぶ ど 

,》K こも 奮 太 

rl を?、 ii ま 乘る を 、、 

「lr やらき i ぼえまい、 歡! frslf ノし rsrku 

え^ 革 かた きい 」^;し、 がビ.^:^袁山^^らハ 却 ッて此 力 力ら 

. Ko«o rg ビても M 抓き に 敵ビ言 はれる おほえな し ,1 接 力 録^ ブ- ! 

£1: r"iFt 「lf お? P あすか。 「f i する か。 



■ o 



t2 を •::... ノ つ-何が …:… パ 「? :...:. 。 「何んだ .:..:• 。 飞斯 くなる ぎ いさぎよく。 「M に 

勝負: r 「决: f 兩 やが 嘴ず S ら、 ff i( fgf すに、 . 

。12 又 i よ" つた::、 れ てへ 怪力 15 華 irfi f く 

鼠戶 に逃8 男 供。 留める 者な くな て は i:?lr& ふ ii&:< ん、 i に の ^ち 刀、 れ, -<?^ の 

1 ヴれ ば, ま 1% を t 船に f f 、 11 に、 ぎ へ し、 ま へ し、 frl は 

雀めかして囀.c^c^、 ひら ひ 



tj^. • -リん っ^み ほさ *v き 

花 一 輪。 蕾 程の 血 ほど パ しれば、 を, ゃ切ゥ たど、 i ^つた"、 1^ られた 



らば ッど 逃散る 見物 



: ほ Tri? 紋 5: の???. て、 t 始 f if f ぎる T=< のおな、 i ぎこ 小 f きき の霄 

^.^d^. あて や 力 すがた さ 5 つく こ 7- V £ ザ- > 



ほの? の 葉、 ft の r 屋 &?、 i rfisiifp 

f ! はや もの な この おんな おく や ハ^ なか ゎナ, 



fr- そのば づゅ な ば, 0^ もゥ J • ( JJ .' < 

御お 方,. A くや、 sfirfo if けひ|ぉ、 獻せ あばの f If 。 「まァ ま 

ァ御 待:; r れ r: せ。 「ゃァ 女、 け 怪力 我す I や、 f f 、ま f 「まぎ、 ff ッ、 ぎだ K 



Jo . 「怪我 は" つれ i& ひに f すだ、 も i はきし う f に、 まァ if ぎ f ま 一 

する 花ハ静 らして 見やうよ 6N、 棺の 雪が 眞價 とやら 



J 雨 はよ 6 切 結ひ劍 £4 田 S4pf 5.^ に ま,. たるて 手 S の,。 「きして ハて 手 

强き留 方 「抑 も gpciil ぢ やよ、 



-0 -,^ ッ言 ふな。 「留めるな ッ 

の: て なみ する さ !^-んな 



「おう 小染か 



をの. J もめ, み < わ * , 

「其 小染が 見分けら 



「.cd;LU-A さ たかよ ほ.^ 賴 1^ ーュ EB"UC / ミー V:-,.* -'. - さ; .^ ^)^r > 

P の 冒 誘 i"i 霞 

I、 at ま f 水の は 上" tir き .5 

£o rf, がり ン やう ど。 「s ^力ぬ 



ン. こちら ゆ さ-う"、 を j5 

「ぶかなず s。 「をん なら 此方 も i 上 女 



:rpnpl リら は、 f I II なァ。 

フカ 7 ? し! ぎら 

どめ あし たか ほ^ W 



おすめ しば ゐ 

nil ン 浪にも 芝居 嫌 あし たか ほく W ; 



e んは のお i ぎ ぎ 衆 歌舞伎の 小屋の 內. -て a ズ 「力 「M r* ん いづも „ Iciio 

HK.. ff^§ 職し くど、 nn.M 

く。 11 J リ M 猶 「い 

i うの f i める i や 1 外の, 急に て 此 I ,d>.-isio 「わけ もない 

やく frsiy げな。 「なんの 喧零 や。 



染 



ru^ おぬ 



六 



血染櫻 (三) 

こば こよ 

き . . 難い 恐 やの、 攀の、 atf. あ i ので: に l?i ぎたら 

it?;! ま I はげら て 年 1 きく。 if. 3 は 謹 i し、 i の f はさら?、 

離方 尊 肝き し、 半 扇 開きて まま ッ しゃれ & てみ? も、 ^t^f^^rfit ^PT 

たし o , 力 

野 石 洗 ふが 如くな, cvo , 

たる i はせ。 「,, れ 「Af 、 禁 f れ はく 薦 うてく 1 £ たら i は s で 

らは? 1 き S て」 f によ ッて、 fs が らまて がれば、 ぎろ のき V き Irp が、 いやらし 

sir 舞うた:: リ Tt" き f もき f りぬ。 iMm^tii I 

やや ら危ぃげ な。 f がききのくきぉ flms!. §0^. 。 「はて、 さ 左 

ぽねし し!:: ます I。 imfif ilfopiff 

每日此 樣な麵 がき £ ぼしめ して は、 S ksffo 「それ なれば 1 &、 もラこ 

れ から i まねば ならぬ、 S に i れての li、 ^ゥ やて ッ fife ッ gis の。 「たきお 



II H Mr ^ r(0kfffffft 「逃げ や 

:::: : ば 「Hnt ^ぅト f SI 

.ft? し 乳 rfrsf rriul るに、 f ぎつ ぐず 

て i?。 「f は 1 が 惡ふ| T まする 人- 实 飛して 1 き }kt^ 

て 第 ま? 力 ft" -J メ f c £ ぶま 5" >ド: o 1>,£、 ^a-ii^ にも. めけ 卞 役者 K 存? 

と、 ト 一;^ 鹏ょ 6^ を 取. 9 て、 舞臺の 上に わけて やれお a^a^^n ぼ あ ひ い : 

なされ ませ :^.^ r ころ "じ. 4^.^tf 0K^. ぎ f き 危がぁ 塲合ビ は 言へ 野 M 

: 職: sip" 11 1 

1 1 S (せ 四 V" び》? お。 ひ siif r せ r ま!: f :ー¥ き 

切? iTS" る しても、 i"? も 手 14 

これで は 成らぬ ど 小染氣 を!^ f つ r >な.5?,:ヒ、 ビ^.^で&?^しなされませぬか0 又其迹 

2 it J . ^sr^>s&?、 つぎて これまで の成行を 此 Si て „¥?1ブリ ー 

ませぬ、 ぎ 遠 I から 善の 起因 つきて これ ま . に > れて f でり ませ oi4 にて、 

せ きさ S , -、 御 たづね なさる 一 部 始終 御き 力せ なされて;; . tt. 



血染機 (四) 



血 染 II 櫻 (四, 

一 nmn ョ |ーー| i 扁ー g—iaBErs - I i 

「; 1: ほふ も」 理:: :-4rf 、 きかれよ、 匿 I ii 

I 醫響 if 嚟 f しに、 iids 

梗の 歸途に ^呆 W 是り .1X3 瓤、 , r ぼ ほ >5S み.? までん i — - F 



-sljf こ、 ほつ,、 -み I けん f ゐ こん , ;」 . J ;{ ofi^^n-^i&^s 眉 1 寺 開 

T 夕 間 f 遺. r して ii の i き、 fLrnl& 

期 り 水 島 2g ,て、 近き I 國 S て ま間も なし。 ^nsn^ii^ 

M^ri.lf 蒙 か、 f r 歸广き S 

『5 よ p ほさ かせし It こて 、今日?,. あ ふぎ i、 f . あ f & ぎ f a 

f れば? 此方に、 ぉぼ えの な, 舞す また。 f f#l^^> ilr J " が! 

ほこ 4?J- ぎ ずえ いま f{ み ^ ^/ .s^ag.^ 朋 の 家中に て 實名 包まぬ 瀨山剛 

丸 If は 代々 の定教 。今 は浪々 の^に^, l.^-、ll^p お t 1 i p. 

f I4i. ? 1^ , 未 踏 lo 和 s 春 I 詣, 霰酒 の 

J り - 君ゐ i 营、 f fl 九き はま ッ や-のお、 M0 0i 

1: 置て! ハ I 似、 f し f f 。 iL^^ 

山錄リ をの 5 り ri»2ursf f ; 、れ f き- 羅 f ir 、 

むは、 ペ銜 若い き簡、 眞實 拙者に 敵 t& はれた か、 sf 1^. i^.f 

れ たか。 「何と |ー§ るゝ。 「わ 和まの i まに ぶて は の il、 ^^^1 ^f^i 

L^-^ ^:^ , せ? や きてん I !! 1^ はては*法の敵呼は.c^ 到底 言葉に て は 留めが た 

しど 見て f ま拙者 の 氣 轉。 f .1. fitfih. 



「え ッ をれ は 誠 



: 力 

i が k の 首 は 御座ら 



mllBIIIIIIII - ^ で かたきよ ば 

^^il^n^t p^l,0p^^. 口から 出 まかせの 敵 呼 は, 9 :…… 

武道の 極 《 を 弓來. 9 此 TN 力ら. - * 力,.^ またせつ しゃしん わ $ . 4 f V 、 r 

ら た」 いつず し ター I 一 1 ビ きか こあしら ッて、 打 たれる 隙 を 見の かし^ 力 

KJJO 1H a( vi ながら 十 

f^mmo an J ;; _ l^s .1 めて f vfc を まくれ 

s は 5 ゆみ 5 はおが 义、^ を& こがる ビ勿 w ちに、 i さ を 少しく 威 じ もめぬ ち ま こ、 

sil き :5 けられ.、 tfi にて、 Jf 。 . 玆:! 

of 纖菌: r Hi 

,11 申 V へき 。おばすな が" 和 殿の? はき Itr 成 申 。 「い 如 r も .::.: 。 「は、 はッ 

i =19^111 



Tl 染 櫻 (四). 



血染樱 (五) 



せ 御酒 1 献。 「r かづきの TBif う。 は, ぬ こし. お たが- 

を rrls>。 「一」 lay; に. _ 1 !: ぬ?: の 豪 乙れ 力ら 後 はお 5 



;、, 3» > そのち, かひ 

心 を 明かす 其 盟約 

iA^f i な i! , i な 



「いづれ ず 思 ll の ll の f 



み s^f |g は I4i、 f g して、 iE?。~ 



(五) 役者の 戀ゎ づら; s 

お ほ も め そのな か 



0^ , , —s まさき むすめ f$.a i:, ' ; -n2d, 



お? S 中 は? f 物 ustr の、? if きで S あ I は f 、。 

掬 ふためし な, ONO 

0a i$ iifi すの を 小 rf が i くま。 一 s 

そ t 亦 S ノの I に, かれて、 ^|?|^. pfn Mif 



1 雈 、 の s みて、 $ Fi^. が樣の 御き P 5 

test? 

響か rJrrtHHU ト重禽 

ビ ま!: ん たる i どや、 役者なる 此身を 彼 は 愛し^ ふま f マ ft! 力 1 ,u^^ ) r^t. ひぶ i£ しゃ、 

ど パリ W こ ひ ほ 一?,、?、 1* でられて ケ つのる 此方 の^さけ わな 苦し や 

ち r ^ ^^D^po 餘 i 基な きに 迎るビ 力 や Iff カレ- *.->.^7 ^ P * さつ.. す 1 

疆醫 ill 

へ、 I の 神の 緣ま は 身の』 r わき :パ S こ r ああく しあが わる ビは; まで 知なん 

め、 .sii れ て&ん * た 方が 極樂、 秦 がらの 地獄に 彼の 樣な 美しい 化 力 

^H^. a 乂 ト おる si、 も S のぎくから i か、 きぎ,? ら J は"、 

何した? や 。チト うきく J なさらぬ- *-^r P, きこして、 Ms ひにちよ ッ? V- なさ 

りん ^At. しお や oi らし ふ はない が 五十 年ビ言 ふ取抦 薬纩 , fj 

rO れは源 ク- 食す T . こ? ち かち > ,r- 、え、、"、 C- や も 何處の 

まへ しん S 、ノ し: や; V ま, y ュ。 「を. i も:^ 口が 可愛い からちゃ a、、、 V や 

lo 「お前の 信 切 はしん^ お ませ》 [ ^ I 



血 i+ 權 (五) 




兵衞 や; l:T ぼぼ, きして ii れゃ、 ! sh し";: 

ハ、 r., ひ J1 言 は、 大養。 m, iiir5 あ i の r 句、 な、 .、 

れ ;^今日§ひバ;f ませぅ:卜れ:*ッて|:かねばぉ御£のかなはぬぉ御£,ぁるの! f 

y、1nr 一筆、 ! II 。 きお |,、 111^^ 

ひ おら 喜 J 書 1.^ が、 其、 書き は 仕ます る, な。 「ねう r て^る か。 「船が? 

個ぁる、 それ%ぃて.£^^^,-^ > rlj :、 た V ふ たの きくらげ . > 

p 「ir うは"., 何ん.? ま 太夫の 賴 きら 木 海月の ず- if ならせき i 

樣。 「其檨 な 道化で はま、 い 仏ち にか、 はる i おや わな。 i . t これ 

o_^.r^J src いのち r . や ^ 太夫の 命に か、 はる 事なら、 扇 

賣 源兵衛 折紙 ノ骨 差が 命に か へても、 へ、 へ、 かン ど點 又け ま ハ り。 . ^ £ 

「?ー r ノ たにん いひ! . « ^ン 》 弓受 W まい^。 「はてさう 言 はれて は蓉 かしい。 

羞カ しい"!;? r への 言 草、 さァ言 はしゃれ、 &、 の i はケ き? た。 「き f おず? て r 

! ..li 書かう わい の。 「ま曰くな 身れ へ、 ト i を f て、 S す ま悪 にぬ,, 



i なし 

み. やぎ の K ぎふで くち ゥ • „t ト-、 

宫诚 野の 萩 筆 口に 割.? て、 仏 あ i にさら くど If ながし。 

in れて i$ び。 fif しに- k の 竿 

、 , k 一た のた の B C ^ 

(六) 賴み賴 まれ 



1 , 2,- くださ 

「これ 見て 被 下れ 



なげいだ か? ヌ 

投 出して、 抱 



「g く s、 i^vfk$o 置 は 、- 



せんめん あ •、 ^u..€r^^^ > , 

,扇 面 取上げ. て 源 兵衞ぉ 形め 

^^a5v^^^7'^lc!I/.... i, > お?^ おりあお き? S 

ひざ ; 「;? -ノヒ ノ CJ、 L ^^^o 乙ん な 事なら 御 家 物の -.. に $ 

ベ 々びし? . 0Kt^^ ^p<o r 讀 めました 乙れ.? TT- la. 

一 ミ- ■FyFf にず されお、 tsf 4 丄 ぶば: 

I 气 何故 早 ふに 打明け si の ほ しゃ i>^:r.>^-n. :<£ の 御 I 



謹 f" ませぬ i 重 ip—u ギ H の i。 「ききれ き 

きれ きん、 till ,^1^ま,ゃ 。 i& 

"あは if ませぬ。 「よしんば 知れ: r, では 事 、 ^MH^n?,.^ 

力 飼 V 御 f ぎ. s は 何 曰きて はめ I 一一 i 彼の? ^親% プ J ゾゃ 

? "£Ht ャに S リ r す I。 ぎ MImIS れ。 . 「これ sr: 

の 舟! へ" f 3 " ろ; iclrs きぎ i、 fik^l 被 衣に 

きはだ ッた所 もな いか 色 T-e ふて a.^ ズト 1;, a^. ^-so 「まて それで は 

In P めきき iii: ふ 姿 風俗 又" f けい £ ぎ 

. S をん な に i::-??,^ し、、 >、 だすまでの 執心 ビは きょ ビぃ ソ 

き n で M、、> 、-、 .-^2 ぬ、 可し ろ 女に わきた 此方さん 力 病 すま V- グ幸ゾ t 

如何 も 手 か、, 9 力 見. ィ をん. - も』 >o .5;?.^ し: &を强 ふ 持ちな され 

「gsfi、 f^fB., fi^t 

染 櫻 8 



、一 c?ri^ 



血染樱 (七) 



1 四 



まそァ H した 1. か、 なる? 今時 slig 露 鎖 s§、 の つき;;!^^; irl^ 



1^.. ら居 1 役 i? 言 ふ 處らに 惚れました。 「もれで gpi はや 矢 g ので 出ぺ先 きに、 0f 

言 1 御浪: ^irrrjl 御浪; や、, おえても i ュ導 fin!, pi 

は ^^?ドス 用、 せ 一 所の-娘 御が ニー 一 「日 1 -の r は S らぬ おの si ぶ f 纏へ ぎ r し 

sffjtnult 、め 母 S せられ、 ?く J ら fifes で ipff わぎ。 

へ の 內所話 C さて は 其 役者 は 此方 か C 「がお やわ C り。 「 5r^\k..>^1 i f 

i u ちゃわ &の 「それなら は 彼の 娘が 役者 を縑 ふの も 道 狸、 

f 好 mgsr パヌパ して、 かの ぁッ てぎ ノ歡 おがき f ?、 0!i 

ij t チ が ff ます I や。 「あ、 をれ では If て も i、 a 

; 2 だて affi, gf ち智 f ち 地き の 

t に/:::: して 隨 1 耍 卢っヽ 1- る fc、 な? もな し、 a fa 

大 g 骨折、 ^^f4. 乙れ は p ひ if きから き、 が 

なされ 力く ば、 ヌ 一 ッ 此方からの 賴み、 なんど is て ttglr ぬか。 

、 を ど、 こ を どこ こ ひ 

(七) 男が 男への 戀 

如何せ 人間 は 浮^ g ヒ、 ilji^ffo 00it, もなら バ; I 



\ 



勞御無 s 肌"、"。 「船ぎ f へ r 持ち. * &、 お ま-まのお 願 ひ 

kf0o き f ほ 否や かわる、 へき S /』 まれ &の ¥1。 , -れ から 

i でもき、 ませう。 i^iK 實 きの 源 8 も 人力ら t まれ^ こも、 

何 * て もき 、まに ' S '^: •> ひゾ? : …: 「わる ども. 世 問 さらの ま 中, -も 



f I - • わし こで ,LV- ,i o r.^ る? 一 も、 

ぎへ £ えて m ひませ う。 「t:f 私へ 戀す は ての やうに。 「- SS 餾 

P し、 がぎ &り まする。 丁度 此方さん か 小 羽根の 御 娘 を 萬, ふて に 

分き て爭. -の御 リカ 御ダ !! £2 _ 1. ドビュ |、、> おに 、 h^io 

力 



. * , * * ぶ., ん * こしす. 、 5>』 お Isuil^^ltJ し、 1^ 滅の稂 箱 

た爲 めか。 ^0 Mu^st f f か 

「何 む" ト まき、 れ? is,ti ェ風。 

!ま處 から』 仕" ぃド强 の』— < 「備 ir? まだけの? ?な 。 て 

「fflf は:、 ゝゝ。 



はに ti^ てる ビ言 ふの は 了度我達の兒面...^于さチ . 1 1 

血染櫻 (七) 



五 



M, :>1 にず、 S 



V,- 



げんべ 



血染樱 (七) ^^^^^ 

せる が ,衞の 働き、 maffil^t il^ 

(。 吳 I い" r 身 ぼ ¥1 ぬ きが r ッて 



き 於から i^ls す 編、 もッど - し,; 7TnT:m:::::" 

DK^^i. . , に; な, f D 若:?"1?? らして ない 結 局源兵衛が獨%% き 



^^0^ 其 S 中 s??: ほきぬ、 rifi 

; fttf- をん ノく; 3r0 せ ^?5?ハ41り,»|£ヒ_:1?】、 、 ^6,rs^ k ) ^ に? こ, ら こ そで;? A ザ 

I . きせ:: jif 笠 I ..t 衣裳ぶ 好みの 伊達 搽へ。 小袖 慕の i へ かくして おいて、 g こに.^ 

£ぉ/きは義 よ £ く i, へに 爵の驚 華 す i て i て sy 助" る、 i 

藉 If S4rt る、 ニー IF て、 さん i げられ る。 「お Ig&w 

rur : 誰 暴さん" >はぎふ I。 「if !if ま f 。 「. 

れヌ相 5 つくで 負ける のか。 f ら r 人 gs せて g ひでお, て、 ijfim 

^^iir : さてく や。 「? きつ I で |;。 「n 

: ::rf て 13!复5||ノ 「4f r 霧 F。 

ツモ ジち やよ。 I に 3ぎ、:;:',ぶ c-fe、 .>i^i: ほ _ 』 さ よ? 



もの た. 

物語、 



,ほ 力 のぞみて な ゑ -I 7S-3,- 

他に 望 手がない^、 さしづめぉ『1ぉー^.-ご|?.^.^ 、 f P び. - 

^> ^ , <u i つ,^. 5 ぎナ ニノ- ^頼む ため gてこ^^呼留めてrJれまでの 

ト ぬからぬ 顔の 源兵衛 ロ輕、 t1 人 はき ま へ て爵 し。 「f ゃァ が,, 、 ト の 罵き 



げんべ:, 



f llr 人き。 「s やく itf の げら へば f „f が、 II. 

ばよ ss なェ、 .cxfss^no 

よわ たてし ゆ 

I ip SIPf f し。 If f I みに ml の" 5 

をれ 花に つらき は 夕 嵐 女に ウらき は グ >i¥ ら, ?ろ ビ f > ノ 

P きく は 十 If If T: 請 養 

"へ あ f li。 I の 扉 FIfr は ま? In や! 

I ; &xfr£、 な.4|も5:*5,^"こ€ビ^ へ、 ,^^^は萠岀づる靑芝の上に毛氈敷© 塗 直: L r,. 

樣が浮 S て 飛 ひます ビ C 愛 もなか 事.. ffl-rf へ 1-2 f,Mh 

にして s は ■ に i&s<。 ftij^i 又た く. の? の J^n" f これち 

11 a. sl、 f . ュ i 腰 fr^tsc し: 

0! i i き 一一 f ぼ に、し、パ 丸 管して lip 雅人 こ 

A き、 :れも ail il 腹、 JJJ^fM^ 

辦き 五ず、 ill き U4 tl、 環! S4 

0^! f !2;s のぼ f 。 「!! 



「; U て i て ii て 酷 5^ 目に 仕て 吳れ る" ゲ 



「g ッ iR の 弱らぬ かぎ 

.ト おは. > ながら 獻?^ する は、 m ぢ i こに ぎ 虫 がられる 



血 m 櫻 (八) 



1 ちゃつ こ み ん ぐみ な,, - 

町 奴、 微盡 組の 二人 

彼方へ 引けば 此方よ 气 引き 卯 かれつ、 flf. までて t く i なしお。 お 1 はいたく r き 



なて、 只 あれく., J ま 鳥、 f らば i ら、 1 ならばき、 .^opilo f r き で出て 8 を、 

? i ら S る:: r が は? 役、 1 一 ロハ IT 人が うき まひ、 が&に S めの て 手の、 Iri に S い, ぎ 

に 重の 如 はかな y ?て 居る のが, の 露、 ならば の Ifrr き、 if 

小脇 指、 ,一 ^.Jt .SI ぎめ し i の疆" if^^i. が 霧の 1 よ あ 

ど.^ はれて h へ 二み 人の 中に J ,ッ" 入 みれ お」 l、f , れが sf 、 ff$ £ 

ぎ 飛 はの 上に 見せて 一 ^ Kf 暴 倒き。 「is くみ 見れば iT し, 蒙の i に、 fs0. 

擊萬。 「好く も 我達| けき く ifi^Jf 。 「i&rf ,A れる は、 トづ圏 

ぷた 《- またな: わかしゅ ^ &り 2 It >t >.: i I 

1 _ そで を か た いふ 

「や、 や、 釉 岡の 太夫で 



の 



にず て 二人 又 投げられ むく き あ 露、 ぎ ¥ の Eni きて。 

はなうて。 「和 主 は 見知らぬ 他の 「お ッ、 ビまッ たらむ^ 



5 ぬら &5.J な 

「汝等 如き 投げ 



ら は か rf :r 八 ましい ミ? ァ、 ト, て か、 る を、 g げられ 



る 其拍ゃ lEi. ぎッて if の i、 tn.a0mfo 



おぶ 4 



ふ、 ミ' - , 
;ミ I グ' 



r 



血染櫻 (十) 



二 〇 



口 \<r 少々 急ぎます. る 用事の あれば 



へんじ 



o 「 ハ fp&kM. 霧な imB^ かぬ 

乙の をで 

つかな 此釉 ははな さぬ 



是非 ど 



ひどた 4^、 いた こ、 お 

人 立が 致します る、 此所卸 はなし 



まった 一 



も 今日は 返事き かねば、 ^つかな 此釉は tt なさぬ く 「ぁ丄 

ゎド さぞ れんませ。 「まさぬ く S つまで も 扉す から に は、 乙れ、 た あ: ::: 「さ、 さ、 

私の f ませぬ 事、 S づれ まんき か I、 まして、 しませう、 fffii 

す 高枕に 厚窗、 紫の鉢卷で寐 て 居 f f 者 ビ き S に? くお るいて f の I もの、 



,だか 知らないが、 此上我 を だます 氣か 



む: : こ! ま さァ 全く ir、 寐ては f したが、 iff 

§ に、 押しして 令 日此 裏。 「いやく それ も藝 I、 懇 まなら ば 11 あ、 f0 

ちゃ ッど來 やれ t あれく 向 ふの 花見 彼の^へ!: &、 ちょ、 ちょ、 ちょ ツビ ::•:. ト铲ね f り 

f バは 大事 if が、 ffit usi ろで、 nafc^. i. むら 

.胸は 麗 ける 如く、 折角 彼の 娘の まに て、 ffif0 I 纏 は 驚き, なる? 

き 離 も is み、 0^r^^<. 00tf$ ゥ ざば r こ 

氣絕 なした. ovo 



(十) 



わかしゅ ちが 

若衆 8: 



ま' 



'ゝ' : 



f 1 S TMBMa げたる ほ gr: 好き 

加 St ら? ぁィき マお:: 、 Bちひ、^:^rぁc1Hぎれ、 y つで どもな く 逃, ける。 

i 、へて へら あ、 きえて 居 i 一一 tris/s.!: t ん rlii、 il. 



捨て, 貝 グノゾ クー -, T 1 ff であ 

び ませぬ、 人の 心 も 春に なれ は 花ビぁ . J. どん _ 、 クては で 御ぎ る。 

い. g トひ おも 0. 力まれ St のおれ よ 寄せて i ら $m 、ま 御宅 は いづれ か存 せね だ 御 歸.. わ ッては i!^ て Ml . 

£,。 何に 致せ 又もや 彼等の 押 寄^て 1 き q し 5 , 匸、. お^すで &® ざ 座り まさう、 ト 1/ 度 か辭儀 

ric、 S, 能 ふ まする、 i 言葉に 從 ひまして 左樣 致す て 御座 まえ . こ t ノ 

ns"" 3? こ ilt。 「お i で, きがれ まして •:::. H 

了して、 娘 供に も 目 配 すれ は 皆 一^- iK,. -」 

「ぎ ft は i ?、 さらば 乙れ にて 御免, ませ" ん liHfki. r 

ふ::; の sg;lt ハの、 i だん-きき にぎ、 2 六: < の 舊 ひ 歸る S さし 

「树は せ するどお ぼお た 

せっかく たす ま を 

ま う、 折角お 助け 申せし に ! I 二 

染櫻 (十), 

t^t^^ I に I ふ h F > o I 



ず ¥ 



血染櫻 (十 



ニニ" 



裏 ほ れ:: すれ. ば、 如卹 ば? S あきれ ませぬ、 skftN^. 

出 川 通、 I 寺 さの い まして、 0i0s, ii KB,f 

る。 「5 れ はさ 幸, ひ、 拙者? . ioli^ tii^fc. iif 

ませう n^<00s( あ? きくに かたづけて、 iv^r の 五六 だ, 霧へ 



たる,; > か rLfgi..f 誕|_ し.、 f!fli 

らば ど 同ヒ樣 に、 川岸まで は 送, < ^艇 S . 

"^やまろ,、 さ む 1,, めた ち 、 、 

遠山 錄彌 は、 娘 達 を 5 れ くに 家へ!! り- 

し 去ら ひどす る を、 くど^ さてお g る、 お だの!!^; si^^mo 

お H^^u ま をし あ ち ひな い 

御 禮を申 上げね は 相 成らぬ、 ト 言; 5 なが ら の g を つ 



小 羽 S の娘ヒ 乳母 を、 門1^まで激.4!け、 ,j れに てず 



r 



先づ 



a 方へ 御 通. なされ、 S^C 



山の P にて、 iSv き の IE ではき f ぬか、 



見て 

問 ひかけ たら。 



「きぼ わ ふ is- 

「貴殿 はもし や 和 州, 郞 



^ • • ^ ひ-, Jr-WJ § >」 つ 

(十 一 ) 眞實 の氣絕 



i ま r 進 r> て i!..!* ひま i き は isyai する きて、 i、f ? 難 

t 雪. I ほぼ に まぎれ て 一 if きぬ。 lgit、 



. ^絕 i せ, gl 磨 iiT きの f 一 f s£u れて、 ぎ s せ. のきへ ff がぎ 



さ 




て 見物の 手 # も あ. 9 舞&^ て r;;J^«-fkl I て . ^ひご 、ぶ i ら、 ゎハた -x- «ト 

in... s』r き i め、 ^MU^Bi i 

tifi. ほ rrr を h ナき まて # §ff L 

t 仃 かう 5 ふ 故、 をれ き 此方の 一大事 ヒ 34^ e り P ク たの もれ 4 し £ 、お f えの 

f frrgB リ f で私截 :5SU ささ、 St きれ 

f うの is か 4、 ;も大 ■Jtli;!:;!::!! 1 ^ 



組染櫻 (十一) 



S I F 



十 



血染櫻 



—その, まちが ひ お-」 リ L _ i- nillll 四 

其 大屋 £ 起 f I 、氣の s£f ま舉 S よき あ: 

居る 內に、 あのお 娘に ヒ やれ かけて、 い g ぐ g 影れ 5, 7 \ 2 f^? P 

、一 1 へ, t まちが 1 最中 あら はれ 出で たる 編 笠 扮裝、 これ も 若 力 ^ の..: 

伊達っく,c^ もれをぉ前ど間違へて、 もろ ま、ょ. 1^ I がり 一 

. ゆ? ゆ な i もり r がまし 力,' 一 え ぇッ 5 れで n 人 違 ども 

ぼ?? す.. iM?sg マれ?,.,.。 「ぎきの i きき げられ て、 n:<n J く f す、 

娘 U 餘 li,^" れ、 fi へ Iff ぎき 1 き 0a 

』L おめ、 U は歸! し"^ か、 や、 ゃッ ::.:. ト C ,て 》 は S なく、 

眞實誠 正 銘の氣 絶 7 

^^^$^ni 1 く 一一 i 蒼 f して、 |?| 

ひ 1.;!!!! 分 r 倒れさう に f て、 ゃッど gpf き、 トシく f る |5\。 「: 

ulps.? び 着; に 花 itn、 お r まん I の i -、 きの i 導 -がだ 小 i- 

itlfsrr 內 ぬ?/ 守 刀、 まて, の i まも、 , it げ るお?。 

ほ il 一 針 一 兩§虛專もぁる ま。 Is fif m 



IMyulpJto III にして、 

げ こなな み. sni..,、 り, n に 好 わる 圖な. h.。 V . な 

MMM^^H 歡きと f 、 御 

ぽ I: 誘 irtH 寒 き f I 震 ゆき 

『!: : |なァ に ば 11 れ、 f i の ひ I く: ぼ! 濃 

? けつ ヽド! リバ 、 J>k まま (ト &fe ふて r き^ぬ。 「f 人へ はくれ, * 、 

力 仏、 け 今 ふ 日の 失 f 取り かへ さに や 「ノ 11 丘 fri 4 . 、: :I.,1T.?. ヒ、 み., f おる 1 がの 



ヒ、 くださ 、 

も、 をね ほせ 被 下ら ませ 



IsiMk ぎの. nv は、 iLii. 見送る 被 衣の 銜殿 



s、 f0k&zp. 



しゅ. け ふ けんぶつ 

f 二) 修業 か 見物 力 , . S L^l^« rc^^ . 

T 一 こり M 一〕 IJ バノ 0O 「ま& こも 和 州 郡 山の 家中で 

こなた み?へ,^?pこほ1,yビ?ぉ^r^,ぃ1i^啩ナしにど、 遠山錄彌は少しく驚き - f たが 

1^ おり 身ヒ、 知 顏に金 左 捧严カ 4 お-," . さ せ t し, や >1J1s5:?,si-p、 k 

. ^づグ ク ふ ^ 5 ほ 「R!- てよ! iS 者の 目 鏡に g は .5 4. 



「が, て is の に 1 はす、 七 

藝 ir し: ipll!: ヌ 



,& - 



t 5 tr . 



血 



二 五 



(十二) 



,t 1^,^ 1, lil^ 



血染樱 (士 一) 



二 六 



奮ら^ U はお 誠 ftif ヒ r ぬ 儀で :::: さ、 さ、 nfiu&u^. 

ト錄彌 を 執て 一 間に 通しぬ 

C ^ 。きんた ざ もん si や ろく. や 

門? 1 鼠?? 彌& ?。 a^^s$tmi 

lof 役で i?5 か" が?: ザる £5 て、 き、 } 

は國 "立ず 此 J ひ しま 氣樂 くに, I る lints ぎ 



指南 致し 『こ r:?: ぎ 11 て m€ 着ぎ, i の ill がきぎ 

シテ又 1 い 下い は 何 御用で 此 ぎへ" &i れた、 ぎ爵 のた 爲 めか、 ま, ft^l のぎめ か、 r 

,"ぱ "き l^u^tf か、 f 變、 三十 一一 まぎ i しぎ if 御 

, 力。 叉 御 見物 t ば 金閣寺、 f il^fcl 

が はヒ めて か ) 1 その? r V, , I I "ズ 

また、 れ 

れは又 誰 を 



「まや 其檨 I では 御座,, ませぬ、 チ おねる だ, がきき,, まして :.::• 。 「を 

「いや、 乙れ ハ 



か? ち . で 「敵討に國 お出で ましたる 磐、 i? あ PIf ます る- -V,. 

萄 r れぉ" ひま、 fill?. 。 「き isi 

UP^ISS ど iif ほれ まき:,銜甚 て •::: -。 きく If 



ぎ ヽ-- ざ ^チ , J . 4 f If i /y^wL ~ I 

なる 儀で 御座る の、 義兄り;^^ C^J まひ て- IV こ、、 2S 、こば ね きんた ざ も え 

チ尸 ジ ^^t^y j ス やさしき 御 心掛け 小 羽 05^ 金 太.^ 衛 nt^、 i、 



かん; ^ふいた 

感入致^-た 



あ %fi をた、 き p 氣の聲 で 賞め ける o 



* ^ * 本 * - * きんた さ も- もん t^ts 

き ほらぬ J 彌 4 。ぼお ぎ猶, の f き、 もれ て 小人が 小智 

;リ や rlii&b;fifeg き f 出す 11 if • 

できて が、 りで おら * 

(十 三) 敵の 手係寶 の行衞 こ g t?- o 

一一、 。J く 50? まろく や ゆ 4 ら^ :、 "お * 、疾 £ り 鋭く C 

Ir^f . U し &ぁ もな くの きる 遠山 錄彌? 胸倉 取:: r . Z 染 はる 



I sifft :::: 。 ?れ はぎ.^、 其方 は氣 でも 狂 チノ のら か、 え 5 

「貴 郞 はな ァ/ \. 如 しプ 物て 御 aA す ^1 一お > g い、 .^.5 一 ど ぼけな さ 

K ュお萨 i こ i ち ッ,, も ^ら ぬ §。 「何ん の 御存じな S 力 t ま 4 力 ? 5 ひ 

の 分、 ぶ "、ききつ s,i£ ごま して f ました は、 其, 

1、 妾 纏 M きき f 。 「i 

事 p 前: i ま" ilH^ 

わたし It 1rp£1r ま、 rftff^. 今更お 捨てな さるの を 伊して 御" チコ 

..-ilk:^!^ 呆、 をれ はもう * 郞^ 妾 d 身. 勿 カレ t - i せ 5 ij f 、 f 

たは s 力 i s^o o 「は S 、如何せ 物 狂で 御座います . ^や 

^,tie 。 ?ら 5 ッ Is ちゃ: 一 ま * 

血染稷 (十三) 



二 七 



ほ JilIM 



ft . 



i ^ 染 櫻 (十三) ml 二人 

一!. If !:御座$ す、 sf ぎ ませう か H i ぎ も f ま;: :II;7lfw:H' 

仔? frg 分ら? は; _ ト^お いに 鍵な ま、 ?。 「をれ では チ ョ コ 

チ ノコ も 申し ませぅ 、 J?f gs. r き r¥il す參。 「ず f I 

、i へば、 え t か、 如ぎ も歸; &w。 ?れ, ぎ, の屬、 あれ はき 

手 どやら。 「如何にも 當時 "i? きられて ド! おに; ?厂, ,1、 お 岬.. . -の § 

「あ おむ i ^ わて/ タ 金 太 左 衛門ど 申せ は 大方 知らぬ 者の ない 程ヒゃ 

一 「彼の 御 娘 御 は ::•• ,夫 i 美しい さう でぎ 座? す。 「虻 r もき の K で、 ? こも 風パ 

I o 「をれ、 をれ、 をれ、 もれ 靈| れ ませ ::•:• 。 「1 がそれ I。 「え, 、もう、 わ I し 

は 知:! rig いな ァ、 I . ^ぎ に、 HSI 「?、 街 か、 を 

1 を Jf 字の ゝ、 それ I き i 推 ま, ハき r の i&f f な? ある iv 「いえ { 

妾い がたず 知らぬ 事 £s で 御, ン せう が、 ャ ン ii^o a 

y し? I に •::.: れは& の おきの? は、 mal^. m^timsi. 船して 

娘 御お にも 逢む ふまで ま,、 : 被の, gifl はま!:、 im¥^i 。 「いえく そ 

S? 表 。| 「? ァ 好く f で、 f やれ :…… ぎぎ こ 小ば 羽ぎ の M へ は i きのぎ g がき 

入 込,^ 故 もしゃ 敵の 手 褂., でも あ, C はすまい かど、 をれ を i さに i ^ふのお や。 「いえく その ま^.^ 

にも 裏が f あるので 御座 ン せう、 ト S みて は 編の、 P こかろ のぎ i まろへ。 「だ 



-nnnnni せっしゃ ち 5 さ S つ.^ *^ つ 

が i い g な、 ま、 ま、 sfc して i ッて被 下、 I が 仲裁 仕 



ろ う、 ト ^ 風の 影よ. わら はる ゝは 



せ やまが 5 すけ , ^ 7 

一 こわし ? , : f. ^1 て > ;! 「ヒ、 ヅ:^ り HVJ^ ゝ, 9 か S 



か < べつ _ こ, ん にち 



,が i ッ たの は、 ぎ, でもら 御 さ 座-ぬ、 かききの 手 fp,.,s.^uro 4 わん I 

,8-1 「iil びな され 。f も 亦き |る寶 の 行方 も I 力ら a .-.^ 

"^ゾ / ^t^ 



かたき 7 v> p 

「え、 ぇッ 敵の 手 かゝ. 9 力 御 



ちゃしつ 

. (十 ^ l^^i 1 ひま 1,11 お i i^s. 

Mpj&s ん がし、 六角 諮片ほ ビ&に 千, t の 革 f a K o 

t< 0i if _ ぎ fll>w "ほ"? けいお 乞 i あおきて、 

f へ 14 て Tl、 f1rl%i へ ^I^HU^^ 

i にお きれば、 i へて。 iJJ^^MM^^^f 

io よろし!, f まする。 「,t れ I じ!、 わ Jus 様へ I 代 は;:. I*】 ぐ, か 

^itl 「き は if ョ ます: 妾:: t 一匹 rMr 

M 、き I ましても Tiliu せぬ、 ■ て; 




血 



(十五) 



は 



Ho 



「お喜びな され 上々 吉、 太夫 は 呼 寄せて まする。 「をれ はま ァ g し い g、 r>^% 

未だく 御, 初心、 もッと 御け SrJ なされ ませぬ ピ奧 ゆるし は p ませぬ、 さ ァ!: いつ . 



ながら 床の間の 褂物 取はづ せば、 だ どの S?3 ガ, C の^、 まる ロ¥ 



ネ 



一一 一一 口 ひ 



なか 



そこ はづ ばっせむ さ c おしや 

其所へ羞かしがる*瀨を無鉢に押遣6^、 れ よら 中へ, 入れ やう^す る 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 



この どき-. 



W 時. よら 〇〇〇〇〇〇〇〇 



















ほる, ぼ 才ね のれ へ の I く、 靈 i け s、 I 

n.0J.. 男 1 では s 皇の 5 一一 一。 女 き&# の, 『4 のぎ irii ざき、 |> 

藤に、 蜻き水 5 急がし い 貧して、 F 上げる fi&kfs。 :§#き&£ の I 

お. かむ く i ひ お 間者の 達磨が 注進、 E も. 在 ど赋 づき、 お s,af 

して、 もれなら ばせ fir 乙れ くくの S んに てお i を P す Ifetoi かの 御み き 



はつね ぷ ろ ま xP しゃ わつ tx 一 きに >E 

た I な 風呂に 正 5 1 f f f i く、 §mf0f.Tlif. せ 獺 §1 こ は 

寶の 行方 大 S れず甚 ふ。 か、 るめ 目 はま 叉ビ わる?、 i ど 妬の 痴ゎ 話&れ び 



(十 五) 馴 合の 喧 if 



ヶ; 



き 

や リ 



ll^r-lr-T^^^l^^y きき は, i に S や & ぬるに、 瀨山剛 > か 1 ちの,:: f ; ?i な 

も 一 一人に 劣ら 卞。 扨て 賓は 11^13 S せ .sffi^feo fi«. 御 組 先 か 

して. lli きし一、 千 辛? rsf は f き 1 の 

ir.,sr こ rvfeiir きな? おる SSS i がち 西 1 與へ r おら ":、 > 

戰揚の 名 t-,^- > タ き iLf^^ . ^ r.^ ^c^_^^ ノ- たる 水 島 » 九郞 を^ 力 i 

i ひだり ひたい —さ % ひ、 t ひゆ,? きおの If にて F 戊. -ビ言 者 わ, 9。 う 

H 左 llss:、%u;5f i& し、 f て は ilf こ If の 

p^ppu. うれしの ff ゲ i ききに、 II 

tf0J0a 4 染の酌 u ひ 5r き ぶ,. 5 一ず T て ふ 風ろ 呂の 麟" siffK 

i る種霸 p;i J、 ,ほ 

ぼの:: 中: U y pli き、 纏 や 4 へ、 

に 喧嘩 を はじめて とたり 7づひ.> ン ノ J 、はふ りおび こ^ちし かば。 「何奴? 

さやまが s-t, ォ をへ 力え』 i^^*> 危く興 助の 0^ 一 フ.. .-T お、 I プ t 

liHP? し 具き 情 

騸々 LV P 、 c^^. 「まい. 么 f へば 首^ 胴ヒの マー/形 i Bp 

「靈の i-f を s しい ヒぎ居 ッたは、 ft!:!!!ll.::::l^ll.7n . 

(十五) 



■ ^-, --- ^ 櫻 (十六) 

かひ 3 を そろ そろ r^TBmmfllalmll^I-JBI 11:1 

買 申し 候 かしく 揃 ひの 命 不知。 「£s のせさく さは 敏^お 1,,、 ^^yn I ^ 

「あ g ひ;; f,,/DSJ ど、.. ri^、、 ミ ^日 母す をれ を 職々 しい ど は 何ん のた わ こど C 

ひ 1:!J:s:f 1 ァ? ト打ッ て か 、る。 「ぎし は i か、 しの ¥ 「f、 

旱の 天竺浪人、 ifli-o 「ず や f でも r あ? 力 S ひん 

で! 意 1" い べッ て, んで irr て、 r7H 『鏞 S 

■ る 4 ぼ、 ,て f る?。 f き P 

H る" Jl "i くく。 f i !。 着 己 f 人 

錄彌 も此騷 ぎに 驚きて、 おの し。 「ぎ 力 加せ 瓤に I きき S 酽! , 

(十 六) ~ 磨 f のに t 

乙れ 皆曰附 きの 喧嘩、 扇! ivl^ly 、! tT.^ s^^^ - 、 Ji^^ ききつ しゅだん , t 

い siK^tls ? 力? 孔明 得意の 書 手 &ん。 §铲卞 して if i ぎ、 

itf !1 男 I 飛し い f 々il しければ、.. れは f ?r て ゆく。 

長追もせ^-其儘にして、 ,^^^こ&"ハ?|-、ぉ> ,.^ts: i i „„ 

「3.JV £,.s 弱い. 《 暴 3s 山 は 顔 見合せ。 「えだき l;r 汁せ: r て 

2 ^^^^^J^^lhjl? ? はぎし pi の m まやら ぎ. i あ、 

たし if 捕へ て I し £ ろ を、 ,ぎ f r if ぅ: シ, H 



「|:>れ もさ p か、 f t ふ t で ま 

"めい r、 え L だきに f f r 二 チケ、 Ir て! 

r する に、 lu. ヌ へ;! はわら 卞: r 

の ilt ぎ if 11 き、 ぼ % 雜ド にや"、 lu^ 

! f i れば、 itt I, し lii, の、! is:u"」 

しょし ど^まち & 、 ^ c^i^'hyfpp 0.h-^6.^Ay 」 

いま こ、 ろ H に. >ク£ 、トムき っ呈寺 s たるに 中々 取替へ に 求 さ ゥ 

< ゾ こ > ひ づきて 參 るな? りむ ヒ .^e:^ グ和, プ -i F し. e. つたつ こ よ ひ ち 

UKt f くるに、 fir. fu.^ 

,? rsrcH 气ト きぎ f ま、 PI f きで も かられ ま" 其 I の 

iul、 t 

s:u 群! i して、 II 

ぉ嚷 をさキ ir/f を 5 かまん のじ よら 2a々i:r^L'>ti§l-,.rt、 "がぉり^を呼=^3して これ 

きも。 f か y t-I こ、 -しビ sli, おお 亟に 遠山 錄彌の 姿 を させ . ^羽 招の. を n-xl 

衣 CM を 取替 へ た.? やど 言 ふに z^^^^^^y^s^ilf^ 



血 染 







血 



i , ひつ ゆ たくみ おそ かたわぐ ろ S5 

を 引 さら ひ 行かむ 赛計、 ゎな恐^cしゃ片輪車o 



染 

たくみ. 1 



櫻 



(十七) 



三 四 



つき 



(十 七) 

ふ ひ 50 ゆ 



ひど が かへ ち 

人 違 ひの 返 討 



月 は あれ ども 夜 は 更けて、 人の^ 來 も,^ へたる、 三ま:^概の棘:..0^、 i%p^^^、3tt:<o 



そで を かばんの じょ 

釉岡 半之亟 



'I あ ふぎ S 'りげんべ ゑ 

人 は扇賣 源兵衞 な, CNO 



そなた お かげ 

も 其方の 御影で うま 



こぎつ 



この げんべ ゑ けいりゃく もの, 5J ? 

「何ん ビ此源 兵 衞の計 §、 うまい 物で 御 塞う ませう 



ヒ漕 付け、 rJ の檨な 嬉しい 事 はわう ませぬ、 ^1_へ は © がく:^ の :…… 

だいち や S ぶかね わきざし さ was ビ -5 ちゃ だるま さ I ,, - > > f ^ 

" テ 大丈夫 金の 脇 指、 ?兩 蓮に 簾の 1 「人 は 先 さへ i ッて ひか をぎ 一 f て あ g、 0r 

から 彼の 人 を 用 あら 氣に呼 出せ バ、 それで" 役目 は k む ど I 一一! Kg 、それから m は gl- の. i が!! :…… 「s, 

手 可 く. トま, '、ビ し て|>-,??-.?4、 おき ご卢 、 ノ " . - i 

どして らま セ^ 此 間の 敵 を.^ 何 かして M ち.^ いもの ぢゃ 「尤も:^ /) 、 

J に: ず.?、; 'ひ, どひ > マ-つ,〕 ド ろ, かへ-うち よば 

ト 呼ば. 9 な 



1 人 は 

「 $ や 



r 



D^, "や 3 ろく や かへ りうち 

「遠山 錄彌! 返 討 だ ど 



呼 何 ど^く 氣がを は < 

S す 

ト言ひっ 、過ぐる後ょ.c^, 不意に 出で^る 一 人の 1 乙 食ハ 

々け づセ I こ かたな た.、 いっせん 

から 竹 杖に 仕込む 刀の 只 j 閃! 

血烟 立り て 倒れる を、 見て 吃き 源兵衞 が、 乙ら や, i らぬ ピー si、 ii を 1みど|! げて t 仃き け, Co . 



乞食 きれに f 吳れ す、 まれて i しむ SLi の iif g ビバ、 お Irl かしぎ。 -. 「くきい . 

ど ほや まろく や (5 :i I ' -', H- Z X 



遠山 錄彌、 $ゃさ苦しかァoぅ苦しか^cぅ、 . ぎ! 主 も 1§ の 1 をス 見る の は 1 めて.. あるう が、 微も^ S の鼸を 

し 好く 見定める は f てお。 S? や 111で きのか 歌 V 气 小ぎ 4r て、 f0kff 0f 

仕 f やら、 其 時 5 置に 居て、 i はび ッ く,. え 。をれ いら i は iafe 



え! 4': 



やん つ 



小 こ つ 

ネ rsj し 

、 す 
柳? 內 I 
のぎ 、 

影お' 漸 f 
で くや 
待 ま 今 こ 
つ 宵 さ 

て m-; 
居& fi' 



By ,,き、 If i: 4" 祖^- 

ぶろ おぬし > ば ひ ,5^|っ51?5こでぼ.^、ぃぁるから、 出て 來る處 を 一二 條 も 

ふ 風呂へ、 和まが 這 入る まし; f の 衣た 14.^ ひ" II こ t£ も、 摩き か? 藻 

0,?、 ト im な; 5% ぎの ま. 手に、 SH If ゎ> ビ 

搔き ける 



4 リ, i f も?。 「,, の sfi が i の £i して、 msf lfi8 か矿 

乞食 は 又セ、 ラ笑 ひて 乙の フ g 賴 つ 1 ,ん ss. 、 4 ^-sci^s にろ。 &らゃ れ から 

i、 iif f ず は 一 i、 ^1^0^^H^K^ 

ばんの じ 上 fi: 

わ はれ や 半 之 

すみか 力へ , 9 

住家へ 歸る うか 

よば もの 3 

ト.^ はる 者 あ. 90 



逾、 佐保 川 f 待 1 rr" 「に". でつ fa。 21 い? の mi やま,... ^めす 三 so 

は?、 f ッて 導が 、自由自在に I 曼物 ?if 。 i !ゃ續 

:rl? ,きき、 rr ト U 刺し il 

oif Mtif. 「人の? s 內飞 ほつ 

Iff $kftfi. ま ァまァ 待て ッ、 



ひどち が ^t,t£« 

人 違 ひの 會 



r や i か } こ、 ムハ が^の % を 通る 時し も 土^の 忍 口 よら 一井 出す 一 ,r 

i.^ 船り に £ 管て,^ 羽 限の 家へ 急く^ ゆ ^/u^*. 、、ス -ノ; まつ i>^si I ノ 

,f i ^.tf i こ rqf て なさる は gg: 伍し わ まえ 出 t 力 



(十八) 



111 五一 



M (十八) 三 六 . 

ッた i 、ひ iL の i を S れ なされた か、 ト ts の F ぎ、 I まに へ那 がれむ f 0^ 

rj^,^ 力、 > 1 ひど 1^ が せっしゃ さ や f もの & ざ c- -5. 

きて 聲を 掛け 「それ は 人 違 ひ、 拙者 は 左檨な 者で は 御座らぬ、 ト fm へ^おが に;! を はなさ 卞。 

「あれ まァ作 ftv 聲の 上手 さ、 舞 臺の上 ttm も 角 も、 此 で其氣 にさ ぼけな さるな.、 きの;^ II もぎ!^ ぎ 

ね、 今日は 御宿 下- V の 願 ひ を 出して、 ぎ i から の fi、 ^の 二 • で^ I んか ら、 舻!: IT 御く 苦^なされ 

て か 知れ ませぬ、 さァ くち や ツビお 出で なされ ませ、 ト S よく, くきつ きられ、 ふ不 I- に I ぎの 鲈" 

に ib びし は、 御殿 £言 ふ 一事、 はて、 これ は、 Lrm 、辩 か. なしに i!r へ i かれられて、 め 7^ 

をビ ン ヒ 下しぬ。 

玆に御殿女^の<初瀨は不i?の快iをぎ,c^たさに、 liy かきぎ ぎんに^^ 似して、 II の IsiiK" の M ニ^ 

に、 半 之 亟の來 る を 待 詫びた, cv。 はした る の;!:、 わ^ si;^ び を 一 i くして、 ま^ ir びつ、 、ぢ、 れ? 

y き ひぐ らし こ ゑ およろ こ 1 

る 時し も、 蜩の聲 ^して。 「さァ く 御喜び なされ ませ、 彼の 檨が おいで にぎらました、 ちゃ ッ., 4 

逢 ひなされ ませ、 ト突 遣る 男 は 1 を 1^ ぢて か、 おの 村 にても IS を^ら す。 乙れ はきつ 5^:1 さうな - 

ビ、 1 一人して al けば、 yl:./ 如 rir、 S ふぎき なれき、 ff&l 

ゝ お SilJ ろ こし を こ 

に 乙れ はビ ばから 驚きて、 腰 をぬ かして 其 所にば ゾた. ONO 

1 - さいせ" ひどち が , 、ち すま を 、き 

- をれ 御覽 なされ 最前よ,? < 違 ひ ヒロ を 酸く して 申しても、 さらにお 聽き なされ 卞 して、 乙れ まで!! 



Illi 



^^を爹す^なされ、 ^んたる事で御鹿りまする」の, ん t ノ t 

5f ? う I ぼせ:? が 世 s は rs 



S さして^ k かず ふに、 蜩は恐 人, -て 



「,し 



.手を 合 L て拜も 



, > フ ふる 

S ビ、 ^ の * 瀨も震 へ ながら < . frsvc _ 11— : ^^io 「をれ は ビて 

おねが I ノ rs、 ト ゲめ目 を 付けて、 おやま, 2< る,」 5 笑止 なれ 「を .^hft ブ 

猶: あ f i ほ: P,::H:: 



下, 9 まゼ 力 =PR ゾ, 5-4" 、 - ほ 5-? へ, 

つ ゆお なに ど どな, いみつ ^ -、、 >i - S 

「&觀 のまに もで は- $, 故、 何卒 內密に 御 は 力ら 1! 一 I 



-0 



/ 1 . ; £5 しょ どん 5 さ 

「ム、 れ V/ 御 f , おは、 こか, 方に も 所 S 御座る 

- Z vr^ f ; ,* もちやう およ 



「では、 ky&,9 ませう が、 其 儀ば か, 9 は- 

.0 「い 如, 5 で 御 る 返 

.V み €1 だん 

-言 ふか ど 見せて 油驂を 

ちから むす 



「it ば r 宵 ひ I、 i ちて ふ I ぉド 1 か: , Ji 

f 。 ijlf 1、 tMiui きめる、 f のき 

やや、 き」 れま I、 I 戰 •:; 。 . 

M.^rlll?o 「I へ I 瀬 山 氏 も g! 

る ど r.i、 て も が r 入ッ おな ァ。 ひでん 

しんけん ころ - な、:! irt 

(十 九) 眞劎 殺さぬ «傅 .,上 く 5、: ん し f r 

; i ..r i の 、 て、、 み 42で き i5 が, やつせ あ 8:<ん 。紫 銅の 擬贊珠?& 

m こ を ま 口ぬ ぐ ふ曲漢 はてれ^ 水 島 費 

血染機 (十九) 

a ! -T" & ヒ v^^^^iu —— . 



1 ^ ^ ! - 三 八 

一 水 f き 大き、 方へ行かひ,.1^すき、 is て あ f rif きに ど、 5_5^>れ し? 酺に ぎク 

一 I され f 不敵の 水 I れば、 f fkfi&M?, . 

力 J 了ます I 御座ら? るか。 「き f も S の 射 i にハ、 fl$ 0if 

る 物 t、 上 5 つ、 軒の 蔭 を 出で f ずた る ま き はセ、 ラ ぎて。 rgri の n;^ 

も J 小む 釉、 今宵 は 春の 變に 散らず き 某の,, Mm ぉ御きの1^^ぁぎめしの¥她ずら、 瑪 

?免? r せう。 ^v^^lt. Iff. P^Bt^i 

彌 のな 1 はして、 瀨 ?。 iaf0. ? くま vr き、 i して f 一一 口 

へば 夏の" 虫、 飛んで 火に k る lisfrm、 r き歸" f. ぬき i べんよ 气 

{ つ ほ ま い ぬ さむら ひ まや このば ヱ こ , - ノ,. -ej \. / 

尻尾 i いて 犬侍、 早く 此塲| げ るが よい。 「ぎて f ば Irii ゃ彌の f S 內 ちに、 きき 

1 ふる 支 1 きし リ。 「如何にも 死し? 霞め 奴が、 > ぉぴ f て舻 f でき f ら、 1 きげ & でもな" か、 

1" て ド ほ 引取った、 今き ッては 逃げられ 2。 「ひ は、、、 g かやき? sii し たるきの 

!! 者;!?? 飞: T 「如何にも & にき はない 化 「ぎる sigv が fp- 

亟、 1 名高 ssg。 「や t — 。 「TS ひで なきば ■ す ir ッた、 また 1 

.55 最 £ほ やま しが ジ fj fj»f5k ク. fj ヮ i ク 

"し J い 遠山 は 妻の 方へ 11 して、 え も s。 えから P 藤へ、 こ 小 ま 羽ね 根の g へ 駆て ゆき、^ 

年の 遺恨 はらさせ やう か。 「なに & きれ ゆかるべき。 ^nfm£^i 



して: Fslrk: き" 

X かげん , 八 c、 M ヒ!^ 射さした る 上 、樽. 9 て 引 連れむ も なれ け さ 

く、 好き 加减 にわしら ひて 彼 を 1 み. つし〕 で お YiSI5> 一,, や、 ぷ はぬ ど げ て t 仃く、 先き" 



ぎ をん ゐ まん 

ま&の 鳥居 前。 



>c .^jb- き < ^も! じ や.^ ふ 

三十) ^が 雛で 妹が 情婦 t I r8 

(二 サ) ヌカ i は ひ As ユ も り軟 り,^ た, 9 を、 切 付けた る 派 山 M 

¥ mj 鳥 fiTS 5_1 く is にか、,/ こ 小 V 根のお まで 

0i<ll li&t 「ゃァ f f & ビ やら、 

ッ てがたら、 f r &i し、 此 f tfm、 .^d』s。 まき 



nf. Jpk^, 環 i す s ろに。 「其? おい 

ひしぎ て吳 れんや、. 三時の え. <-"8^»^ 一... 1 ^.^^?.\ti 

il4i、 ト g しあ 1、 luu^. 



まなば しら 

f な 鼻柱、 $ で 



一二 九 



血染櫻 (二十) 



n 望 
M し み 



血染櫻 (二十) 



0O. 



wi;* 助 ほい Jff ^して此 所へ。 ま P て f 農、 f 

て 毎. 々?ヌ の: ん赴 ir ま?? る。 えど P まする も 1疆 に、 S 

: I 度 踏みて 御 願,/ 掛け、 ゲま pir よ 夜。 「lir ぎ f 13 る £がサ贴 



, お >っ た ? 

か銜 討し 申した,、 



つし ま せつ ,L,o 

ち 水 島に て、 拙者が 



4 つき ど 

いく 突 留めた. QO 



そのこ; 



1 f !§ 3i ろく や I 「す:. や 其 乞食が 敵で 御座,^ す どか、 やれく g しゃく、 こ 

れリ! f 御 引合、 ?ほ? 、 K くぎ r& した.。 濃が、 f r 

て?: f 。 £4S に: 瀬が ぎ も、 ぎ.^ r,ig, 、續 び 夏 sl、 かね 

, ^露き はた H J^fn^lpo ifi n 



わ? か、 此方の in こびに お i へて、 ligs おいやさろ, ぎ" I、 き I か %み^ た^〉^^^ ^ ,ば5 

こ 、 ひ I ざ J ^ V4^i»fe 寶殿カ 敵の 水 島 を、 只今 rJ れ にて 手 を 負せ, 

此 fs へて 御?, ます き。 「§繞,、觀 かぶ、,?、 化ぞ。 「それ、:^ や こ 

^fhi もど、、 つき t ごさし,, ,: , f それ 此 IB:- に 

ト. 



き 鬓 抓みて 月に 面 I 向ければ、 き 九き V きぎ、 i ゃ彌 のき あ fo 



に委ノ> びので 勝負 r ばへ, 此 あ處 では 仕て や?、 ffi ?に、 、がん S き 編き :.:•: 

ふに や 及ぶ 水 島 傅 九郞、 義兄』 の i\ ^僻 するど。 :,: 

けんぷん いた 

見 分な 致す であ スぅ。 



すけだち 》 

助太刀す るまで もな し、 瀨 山剛坊 rJ れに 維て、 

V ^ そ ..^1 >J ほ, おろ こし 

なに を 白 # の瀨 山に 遠山、 愚か や 腰に 受け 力る は、 カスた i で 避み もな し。 

やく みづ しま 4* ら? r i-r 7 

い み 

言 ふ 力 ど 見 



立てぬ ど 見せ § 此方の き/, きの ,た 太 s、 ぎら れ るなら r てみ 見よ、 



^ 翁レ ブーイ &ざ 

t によし f 、 ^k?pifi 「をれ では 貴 郞は兄 様な, 9 し 力 乙れ 妾 も J に 

てれを知,.たる女性^-を、 もしゃ 妹の 染 r ならす. - r あ 

JTr の Ti。 「をれ.. p する うきら は :…… 。:さ i か ……: 。I 妹 r:H しゝ兄 tr- 

§ ^ ^ M ベ あに さ. ヌ.' D 「";^11*^8?-2^ケしぃ や ん 



g ズ .:。 「一 f きりし1 の ふ I か ……: 「f 錄 f 契-し 力 やや 



,f、 ゃッ 



X i<0 £0 :£、 i、 i、 iitl^o 

B さね ど i ぐ pfef on^. T 入 は i へ、 T 人 は 喉へ。 

言合 さ ね と 兄お ^' ? こき ; S み マ は . • 、 , . 



をめ み 



な" ゆ も S しやろ 力い 

「ゃァ 何故の 生 *1 ど 



fii^f . ,gf0K すれ^ 早 や 深手、 傳九郞 は 小 染を异 て 

vneiy^ &山 は.^ ガ を .g^u トフ I ノキ や、 ねんし. おつ ;:; 5^ ヒ 

- , 、、 。 に i かズり i れた る、 pfi( 日頃の 受|滅 なし I を 

「血迷 ふた か、 乙. 9 や 妹 .#少 の 時..^^ ブる お- i まんしん S せん た f 、 . 0:cz 

は、 ち、 ち、 ち、 s ま。 ^4J^iM.^ 



血染機 (二十) 



お 



m 暇 s 



血— 染 櫻 § 四 二 



る、 如何にず し擧 15、 を は鼴 お、 isfr ッてぁ S を 1§ ひ 人 V きふ は、 猶 るし 

ふ 御 坐う まする、 をれ 故 此身も 兄 上の、 n ぎの I" の戤^ を :…… ト I 一 n ふ, 4m しき" 自 1 のお、 ^は 111 す 

落花の 櫻、 散る は 無常の 祗 園の^" ||もぁぃれゃ1|の5^、 鹂l-ぼ^cのひ.^のょ世に、ぎしきi:/ぁ彫i^ 

けば 此後 拙から む。 皆々 よ h: しく iibsr ん、 四 酽. の にて 

水 島 小 染§ 死骸 は、 SISi" なして、 S の P が I の i あちし と?。 spn 

M にも 角に も 敵 討の 本意 を 達せし ょ气 こ i^.; 酽 ir せし に、 の あ J をぎ し はカ赈 なう どて、 

fssimf^o ii^^^pMtt^^^is^l. t めでたし。 

せ やま &ぅ すけ こ がな ftf てい t • -/ ^ プ 

瀨山剛 助は黃 金の 鼠の 手に入 .。 しかば、 ^^i§fsk Ml の i き あ g を へ 

きか や、 わ いら、 めでたし。 5 御 PT 一 iff 囊 のく 口ち ま i く llf i ず、 1 に £ぁ< 御 

後に a 雁金 屋辨 三の 妻 どな. co^ かや。 g はき; な, -、 わら、 めでたし。 ifl. んき ir の ill に は 

!絕 る 事な し、 乙れ 生前の 妙藝が 後にまで f は, 。 し t なるべし、 i に i れ^.., せば、 か、 る; _| まも 

ある 直きに、 あな、 J たまし。 giT% 九 f if /おいに i あ r て、 IT きの £ こ 

せ, Ms. マ た むけ まなみ づぅ -ゃ & ぶん ま 5 . - 

線香 手 向の 花 水 f 、 隨分 儲かき?、 わら、 めでたし。 0mf.pff^f&m 

r \ , > V . われなべ どち ぶた なに. - > 

せし と 力 や ^Jれ破鍋に閉蓥な,C^、 何しろ めでたし、 鬼に 剛 めでたし、 めでたしく (を まら) 



( 1 } 



一の I の I 矢 ままき セ ir;2 



まゝ -H お i ぐみ ^/n 

ir して さの 確 :7s::;i:f 、 まき III 

の15^孖ずもなく』^?{^す內。33仕してょ,..今日ー初めての^リ の -。 . fK 

ki 恃、 片隅. - 一人 離れて きみ つけ リ kk¥ Pafkl0 

一 r 坐の な 中に て は fv きき f 言へ るが 見 付て。 :: れ忠 if 御身 & ¥ 

^ き r, ^ P 、Kr 二三 一 督ッ てあきれ、 左 すれ f l? よろしく 御座 

座る が、 "、: tli き 二 。 :れき S だい ッた、 

る、 ,.1 一 n はれて、 はッ |き樣 威き 正し 其 fif 一 I】 一^" . ? flMf 

SI ノ气 ビ I 一 ロムに、 又 人く す-, \»ビ 笑 ひな 力ら *sq.v, fjd 

:Mff , され ま、 li き 

フ な あゆ ク . Ittt >1、 k^^Jois 目 まく 頭 を 低れ て 



^-17'; 、:>/ J , ちらの しんめん ゆく あ^ ^1. -0 



oftt ビ 夜間の 健 ^り をも^ ヒ るく- -ゲ. あ.;: き t な ノ 3 、 

P ズ £ お f つ. . t ^ ,0 お. C: るなら は 很のヌぷ 



てんじ 々5 つ 



まら $ 方々 のタ つき ^>^13^. , か ^ 、 だ おが こ is? 

p.i く f でる に、 f -!f I. I-^UU^ d 

は— ほ: I iils : iE - " - ri s: 四-" 



i 俗 直 物語 (二) 



て ある 葛籠の 下 を 通る 時 能く 能く 氣を ぎけ てお M,o なさ 



四 四 



s 力 やぶん べつ ,e .p- だん ベ か 

か-何 も 夜分 C 別して 御油 斷 ある 可ら 卞 

^ゆお 



. ^ッ あの 葛籠 の 下 を 注意して ^»れ? 

さて こ I れ &vg、 is めて sits 



よ,, V 編に? お s 葛籠、 謎 わの ずらぬ 3 が f て t かヒ、 が, らい ま 

なに よ ぎ 

何, 餘の 儀で も 

ち fj ほ 

お ッ血沙 が •: :… 

ど 言 



しく 存せ しが、 甚 切る F は、 i に P きをき へ、 P し は m のおへ きか ひて t 

御 坐らぬ が、 夜分 彼の 下 を 通る i は |q 冗の it" にぼッ た? き.; g が たれる どの!." 



、びち *• 4 - ? つ 

と 首を縮めながら、 わ^ ヒ高笑 ひして 



何 を ® 串 &H ひ 給 ふ。 其樣 i^iz がぎ Sj る ^ か 



ほて、 此 211 に 惜し や TiK ぎ,、 wm^f . s:?.4? 靠き けて、 ^旭 



ャ T の/ Li.^ き ほ よ いたのま ふみなら ます、 

忠之進 勢 ひ 好く 板 間 踏 鳴して 四 五め 少進 みかけし が、 f ど g| うて か; _ た 



た乂 . おだて 

V も あれ ど 煽動け る。 

今のお 話で 目も覺 めた, >、 ^sf や 伊 gL 鬆る にも 财ズす 

を あ 抱た へ ぬ T し。 き rf て、 0fii0^fi^o 

! め" 問: ほほ: f の 若 侍 %is^?.r. i&k As 



ど 言 ふ, 



同い よ 



きょ 5 い ばら 

興に 入, ON て愎 



. ^ら W 何れ 面白き 物語 御座るべし、 .1}^直のっれ 



進 むれ t、 仔細ら しく 咳 

三) 



せきひ ど 



何卒 語ら 聽 かされよ、 



ッ して、 さら バ 1 席 語, 9 まし やう かな 



>の< !^、 ざ かだい ふ かた 

ど 各々 膝を嘉 太夫の 方, 



^ こ やう も >Vr きた け ほん e や $ 

抑 も 此烏城 は 元 浮 田家の 本 城に ど あう ける 



確 

ま 
略; y*, 

囊 

た :询 



y 1 な. iMP&im!o 侍の 小 性 に菊岡勇 一 ii へる ま 

g に は 八丈島の 鬼 し 中 i; 秀? I . 。 t?rfts > こし V4,、 職き したる 

£ D ク 1§ ヱお ノさ 1 ま, -ては i しビも 申すべき か 顔の 都 面: a 力" し",、 *H まプ 

人 わ- S 。家中 一の S 姿 美し さもな 、み 3 め ほひつ > ひり g| お > 、^もや 丄す.^ しさ ま ぼに ゆる 

、 る、, $§ii f^. I 又 夏の S,? fr? f「\ !、 

かビ疑 はる、 程 iH-i^f i s 々 tl nrsi ゾ.^ t、 ,a て 言 i でも 

, ち i すべ か. た :t,^ さ ま!^-(.-..^上に何ビも言はれぬ麗 さ8 a^ttl. 



s& きしゃう み 3 

^して 勒 ぬ氣性 も 見えた, 9 a 4,5 . ノ,. -、 

Mfr. fill.! き 4、 r 人 r 影 淀 |:: 纏 ""子 

h、 fn ius: てし ei、 If r 入-が 

MH^lp..! I 蟹, べき" ^.ii t り 

て和询 viR レ. 诚け! 弓.^ t 16 skmi raf , 二子 山の 



まし 上 5 ^きつ * 

て 和尙を 說附 け、 

き あた ..〉 レば- ぼ こ f で fs^gl 來 にも、 陣幕 漏る 屈な 8 カウ- ^«„s ろ; み: み, こ 

> . ゥ . -ぎ、 ん s^i おが i に. が 下に 黑髮 も亂す 

f ら こま、 ip& くまな で, -ど 。花 月 共に 吟き: : きの 人.., け" S 4 .こ』: 

^^^fpii ふ>55.;_ほリ-;>は>な,.^こ7良&:1しき81^ 



^せ 

くく、. 瓜 夕 森に 賤ぎ て, i^fi, 1^1^-3 - - ;, - - I, C! はらみ も? や!; 1,1, い > : 

い』 p, 重 1 1 る、 



四 五 



,|| >n,^,^mfh 



せ,^ くんな ほいへ ころ く オハ,, ,0,,、 : 蟹" 5 一" ■■ - -"- ■ 二-" •-" ---- 國 -=, ■ ! -JiT.- iili------ 



先君 き 肉 の^に 1 の f.^ ずし 層が liifflsi: 

捨子に して 親元の 《かかなら ぬ.^!. ば M,^n^f0^^^ lr、 rj 4 が ひふか ひで い^こ d 

v^^^-s: ゝ か ふるま. -こ? お 人,^ ^ す 言 i しけれ は 元よ. 猜疑 深き 秀 家な. c,c ^1 

よ.? もに 油斷 なく、 菊 岡の 擧 動に 眼 を 注ぎ ^5 る ど は、 m ならぬ がの ⑩ 三お、 > ま は 

や if か f て?。 i0f S 力う も 知らぬ 間に、 早 

ゆう ら S ある 50 き にち ひま a.^ ,しゃ * 

一二 21 一 曰の 閑お 膨 うて、 1. ぎ sfi せし 霍 

It I ひ は g だば li^ この pm、 ?。 へ る f IO 

% の rf 、! -If i の il、 #n^u 

,.0fji ^ i i ■ , ^お JBE ふに 連 之 助 答へ て、 されば 1^.50 

此 12. 上に r て は、 1 舞 1,1 J 事 f て、 きき れ、 risf i 

1 同 處、 及 ぎ f でき f べし。 -f と? つ/ られニ 

連 之 助 四邊見廻 し。 さらば £1 ね-す i に、 it の ひ けられよ 。 れ ^ 




J II むる f so i き 助 はっくぐ 

:Jilf 律き" I 

き へら, -J* す 事 これ 面 J の P7 る,、 き。 , 、あぎ— if f につけ 聽 くにつ け、 ?山 

k に rff み、 f /l!?t お" 2:yhvt のみず If 

き!、 I く 見 1? しかに fISIH せ H。t;J 時き なすべき 

わ は,. P んこ y の Si お 寄-、 黑髮 H 落す 時 もせ r % 0A^L^^ 

わら ュぶ、 &ひ 切りて 妙 K 寺 を 立 ま . 一 タ ,2!^ ひ. - MfAy 

にして 立 去らん 》 師ク ノ坊, ズぼ, V . 、ひさ 1>ノ てお^ こまな. 、いらへ 難く 西大ハ ( 

き 一 i きたる 1 に ut、 H^^u 0^rn 

iffv おて、 師の怒 r ほ: 惑、 III 



iM 直 物 SSi 




お 〈.x£"f おや 



I 直 物 mi (四) 

Si た ひめ ひ- BUBSBmwJSSBBBmmflnnsaml I I 6l ヌ 

す ぶか, ahp か 碧ん 1, おど ft ゝ g 、?て お 

還され、 連 之 助 は? 詞 I が.., 、まばし: ま。,: k みしが。 f^li ^r^t '! さ 

^J< な こど い . 力 V4> をれ も 5 れ なれき、 追手 を 避 

j ほに パ成 る事1 ふに。 affmsft^n 

i. 行末の 心がけ、 おの & 力まの き s ど i し、 iiifl ^ . £ ら 

. ^づ せん サ ひら ま ノ> -s?c るピも S はれお は 好き 程に して 勇 三郞、 

齧の 扇子 開きけ るに、? く S れたる いそく どして i ぶる。 ふ 1 よ 

みち あゆ め 4 き ちょ か ヒズ^ ける 之 を 連れて ニ几涂 炎り. £ 

- き J 寿きき るべ し、 き E を S ま E f i? 

連 之 助; S を かに 手渡しな した ft,o プ 

(四) 

こ > ろ きょ もの ひ で 1^ • - 

^淸 他人 S ぼる rl^s して、 if 

し f 連 之 s、 惡人 輩の 續 I け、 0£i ? 知 あ f i 計 I 

はれなる C - 1 

J ぼひて よま Is が ひ f き、 續ぎ て、 蒙 I 

iiffi fir の T: き i& に 1 め f 、 fih 



! i I おめし &っ 4:^ さるく し、 ビ おはた > しき^^の 口上、 何事 ど さ 购-. ^力...^ 

、、^こ g り 卸 召 なれば 早速 御 出仕め さる ハ ^ 5, か きん e めんく 

ikilu ほして S も f わ へ卞、 中に して、 え に!?? ん:" 

£ut『p、ts ききて、 淮 I に I へ f ュ. 巾 58 

f ぎ? る i、 illllfo Isi ハ ッ 1 

血相 &て ゅヌ. 3t ^ f f に ぉト- ノ fo まク、 是れ 

ゃッ、 れへ ii5 ま 何 ほ irn 0PH 

け f i ふか。 til します き 勢 一き、 今 ず 、膝 

i" . て, f まする、 flit. r 下 slii" 渡 

U sli き、 f i? 4U? 寺へ, y リん 

r 君み に は V 何に して も れ を S じに ぼ f まする。 きせ ぞの 如く 妙 145: ま. H 

リ菌、 き ii し l§:r 。 - ま 

さ ふ、 ら ^. ■ は. S せぬ か、 よも をれ は I れま じ。 備中松 山の 城主 三 村 家 親 力 ^ 黨? a 1/ 

如 何 樣に1 『過 は! ^ 、 §0au. 

ケ。 何ん と 御意 S はします * b ぬ r tt^i らまき ぎ- r しに、 

i 厂 にぶ …し,、:、 Bp^ 一 r/ き g 参、 殊 I 據 g き t れ IgtB き 居 11 




直 物語 (四) , , 」 

laM' _ - 一 一 —— ■ ■ 五。 

今り 日 sf 乙れ s、 人 をして 窃かに i を k けさせし が、 f ぬ If が ff 、1 せる かな ひ M の ふ g 

は S て、 4. し 一 人 If 何か變 f しょし… i 。 ひ、 s の疆 § 

何 Jfs〔 申す 1 し H がら、 寺 門 f ぎ てられき fi なし ぞの ゆき 一一 ま。 よ 好し ま sir き 

し 一一 一村の 變 S れ g ば どてに 捨 つる i は f f iiro 靈 で靈、 fffm 

に爲 な". jiy の 徒に 組し まし やう。 F な! i はきまでの, あする ど, や、 i き 環 ビ f 

しふて J を 捨てし や 知る 可 善。 され ff まで さかのぼ あ、 釦 がみ 平、 入 

ひるら 風 f 出 所 知れねば I して、 更に f きらの i は y き。 た 口 sli せき は 虻 r る f か。 P 

&け! 

此儀は 人の 身の上に か、 語る に りら き^ながら、 ぎ!; に^ばぬ おじ まし やう。 なれ^も i ど II くひ や 野 :3 

i 鐘な f 憑み に V まの il どし かも霸 f か P まし 言。 きれ & らふ?、 f I 

;! の は I へ 御 微行 あす、?、 if I 一 I はま T< mff0%m<tffk0 

の. 勇ろ まば、 此小 虫の 光る 雜 f ぎき切ッ て f てぎ よどの 60,s?4lf — 

誠 管 害せん 心 まば、 くも. i ま Jffe て が 5 — さ、 えき も し 避が i 

g ら ゆる? れ、 &み f p&£^oi 三, 摩に、 きき し 議,、 

力 さ tvj ば て もぢぷ さ M み > - 5> 

重ね かける 詞 なくて、 手 持 無沙汰に 見えた ける。 



if - ^0^fLk ; TFT の p う l<f 。 ま.^ あ f p にも f 。 好し、 

れに は氣 の 着か さ-し ひ 刀の:: ; S し、 v> ほ? てな を 鍵ず せ 。ま 

よく iif ど, るなら ば、 (0.1J.^^., ^0MM8 

if tl ザら i るべ し。 駕 れ ur^l^u 

i,.rol 三 まこ If は r い iii に 無し、 さ& ながら 糧 は 却ッて i こ US 

たづね ましたれ せ、 mt ?M..i?,^mi 

f o LHr 下の ii の i をい 入れ 酽 くも 稳 Jl 喜せ?. 力 一 ir- ^^^>r こ i お 

^0sski ips へ "y- 更!: 近 s へ I? はつ 2?4 い" 

^^-^J^fc^-i^lA^B せ をの どき をのば は ^^V^D6 リ乂りこ出^^:1近ゃぉ.>^ ッて 

ぎ, ケ i ね、 ^mioi. ili^Kun. II 



さ、. き 



宿直 物 語 (五: H 




直 

物 

m 

pa 
五 



此 ff のぎ^ i ばせ、 t<a0kt if fly i たる, ¥kf0 

るか、 又は 火藥の 破裂 まなば、 なんどが 1 ふ& 御船^な るか。, 如ぎ に、 い 如!: に、 ぎ 船^の け たし、 

い つ しんこ ばんじゃく &ビ つ •、 ら 5 へ こし 5 ちか ? S ^ 

ど 一 心 凝 ッては 磐石の 如し、 葛籠の 上に 腰 打 掛け、 動く ベう も ^ ク^, ける ゃゎ^mな.c^歎 

*?を こ す さ す さ す さ ク, t 

三 郎其所 返れ。 返.0^ませぬ0 返れ! I: ん.. f せ》 されて, パ か, 9«i". ませぬ。 

主の 言 を 用 ひぬ のみ か、 1; に& せて!! を鲈ら せぬ i !、 f. 5 れ^^れ! ビ霍 4 

のま、 凝へ たる 歸 rfs よ, 4- ッて、 p-f f f . f£mK0i< 

動かさぬ に、 ,g 間な,, i 象、 お を 1! けて ¥i す ハま龍 il は ひ i きて ,虻ぎ にし sif の, I 織き" « ^の In 酽 

つて 釘 6 色々 の 中 を 分 くれば、 さめ 安き 紫色の 包、 rJ れ? e 霧な ftN ヒ! i がしく ぎく に、 ばらく どきり 

る 震、 ^.^i.f iof ^^*,^?o f 二 t が 力 s に srir 化く" irs 還 ir き 餅 

が 家の i 酽、 薦、 S ど if さきす _^&f 、 Ti: んの m に mf たる pl&p 霧に g し 

盡し、 其 枝葉よ ft> 引て 极を枯 せよ^の 敎 書めき たる M 一 mo , 

囊疆 ッて扁 giT く、 Mfff0fit SH 。よ あへ 慕が 

ら歸ず f にての iir ^れ くにの 述べ る ま。 : 彼の ら igs^rf i は、 S あれし を 

天 勝た 中、 惡人 盛んなる の E^,cs け $。 ^は i を か 一 I 屏 かんや .0、 sm€ 囀^に き 1 の 一 ? 一 M し 



^i^nM^i^l.-^. sli. ぎぎ 敗 ほ rsi 



ビ、 穴, - ける。 秀家 翁々 罄 荒ら、 け 11^; rr にんじ t 

ら、 れ. /尾 f: の if PS せ、 Hi 1 翁。 

* ネ ネ > を いし ちらみ なが まよ 



^$y^2^l -/V 1 > J > みぎ y か た いふば な 

ゆ >ず: の 1 し。 S れ霍 のま I まらす やど 右田 嘉太秦 し? ぬ 



f S らしき 禁- i, き 一 5、 sfd^M^ 

Mi す i ろへ 、 I の ig 一一 P へ るが、 f ?it。 . 

ま I プる ils 々ト TN5...,U ばな 15 L ? b-K と 年 役 なれば 嘉 太夫 か 

ぐづ、 き , -D ひ jlu-l-t でり、 S こ孚. ^されて 居 はす 遲く相 S ナ ^ ^ し 

Hi ハ as きゃくる に 是は行 广, リ fi、s5•カ〕cォ> . ひら. S れんの すけ P . L. 't 

0. rif に。 + 議 II しました: リ ん 5 

I r し rf . . おは §i の i& して、 llsf 



おぎな I 



した、 € 一 S まれて 敷きながら 口々 に闢 へば 



£i IRi Illt^o f 儀 1御座ら£、 Ir 



五 111 



53 直 物語 (六 _ 



1 "II F >a^^0: 



^^ゃぅぐち かぎ き ぐ だ,^;^; Bil 屋 li =1=1 - 5 

锭ロ ほして? 被ヌ .r. 一 iv きして、 r.,y あへ f i 



直 物語 (六) 一 

曆 

ゝ ださ 



五 四 



しんめ いわく. sr I 

) 進 迷惑 限. 9 なく、 怨めし 

ど 其 所に 座, CS て gi^Qの, 



ほに 嘉 太夫 直 詰めて、 r もせす r ぬ ど f あ IO 



ぢう 



ちゃ,, ぐち ! 5 ざ 

錠 口 は \ め るの で靈 るか、 早 や fi?。 S、、.a5c,3,, 、はや: ん 

? … ..=-^N-^ 、實 はもれ に& 及ばす、 早く 貴殿 



i?s"r リ % 一杯 ほ II"? 辨。 mf.. 

己 一 f に f て ,べき 場所 5,,?。 sf ,sfif 。 f X 器 f ひ 

してお 敷 I され、 1ロム; ち 知 霞 あ も,.,、 B I ド まか ,11 柱の れ方を枕 に 

5C^ p)^^ やぐ K 案 內の事 なれ は 何事 も 先輩の 指 園に 委せ、 ふけな しビ g まで I 口 

うて 言葉の 儘に 夜具 をのべ た, .i<t 

むろ 43. や 5 ちう ふけ ゆ しづ 

I 『更 i2 ぼ! JI ii、 ,f 、 mff 

^^i^JJtti 怖の „ 間. pa 

IJf 明 は 1! のぼ, i の rif て if 、 蟹: く!^" 

f irr ねて、 I、 I、 ^ 

^還つ か經 るが に、 ち 中 r つ t pf る, ど f 、,て 

glilo 恐 I る i しきに、 f ri て、 i 



いちが ふ さ r 

: 論輕職 uf ttt 

を聽 け^ W て五沐 に, S n I 、ふまお a が,;? r ネスく a^sr ハツと 思 ひしに 忽ち 魔界 破れ 

は , ,ひ 1 の ひ r 間よ. 狐老が 聾^して 二言 三 言 名 を 呼 ひ吳れ n . 

trk 71 ちたら S き つ)" - » 

Ifrjf r "MP き、 II ッ 

^い、 ビー 一一 一 n ズュ 忠. N 缝 に 一 e しこ。 しろ す & 、、に ca す: も litt: お 一 

!ら - : くさ £lrn? は ぼざき らぬ or 隠 赢の擎 を 御存じ まから .f「rr:r 

て 被?。 . や H£?>:;5^s レ p、 t き 一 f 藝 なめ 目にあ 逢 & にて 、 ずき 者が 

ビ f なされ やう、 I も * めて i つに f fr は 一度 鼓" I. 、こ をた ぶ f f ぎて、 ろ 

おつ. て a して は疆, どが, f らっ f あ^ >1 っ魘れ 申 ^^^P^.LO 

^K-f?. 観き n のきく、 f 、奪||は」 



と、 薩の 1 る Afr き &之 進氣|- 

すの |j り//、 ビ^ へ り、. 巩の 間よ .^if ff I 



み わる は, J-*^ 



ぇッ 1 おに £ ビ f S 攀 f ます ま 

を 見る に 此時, 



五 五一 



宿直 物語 (七) 



この L ろ ま 



, ^直 物語 

V き だ I. す 



iff ss" ③請、 ?f If . 

一 If i 謹 編? Ifiri れ? Ir f 

i ま 参く tf :Mr? ほ此? け?、 f t れ? か。 

afr. it r 改 -.? 通丄同 揃うて 承 はるき i のぎ? で 

にれ s f,i 臂 丸き 撫, 裏して 、 えだ で g 



こちら tcct 

ヒ此方の岸のかゝ^^:^を 



& 0ki し 、 Ih^.^! :: 力 へ て 蘭 東 勢 大勝 利と ど f ら ける。 

f^li き rifn .ョー 



(八) 

化 5- らお ほか ゥ: 



S の r 讓 iiLillf r。 眉:!! つ 

4^MM^<, ill. 崎 ifer ss? し 

:r" き Kp き I Iff 指示し 

さる かと 居へ はす や >.,.\ y-p 1 -a HI ぶよ 4 ゆ 

> こ、 はも t ビぁ卢 て i% が i "し。 ぉハ t 部、 刑 部 隆 ,,2;,. ,s- . てせ 3 

きか i るに 又も sa 上ソて ,え ぎ たか sr>-s,c、 る^ &m の に、 手勢 

14 針!? 坑 こ!? 4.- たる を、 刑 部吉隆 薄々 悟ッて 我陣 所な.^!; f !!5 I 

I 殿の 內 f 受け f び a けに ^ Misl^f I 

f&mA I の .Isrf . く は!;; し ■g:^ も, g が 1 の f ぎみ、 ^ 

のき I き f I 。同 r や 2Hi ほ 1 の で I 

illf I JHn 、ね 一? お sm? i 

1 よ Irs お 十五 曰、 asd.^ ^^^Mt^^^r 

き膚; I 籠: ii 眷 ける 

ふ 忙し さ、 未 S きる S も 未た if^;L JiM^. 0.§.hsf 

こ、 ^1 くが たく、 1 化 はせん どぎ 躇 ふ處。 關東 勢の 窪 島 孫兵猜 チ f に I 



宿直 物語 (八) 



t I 



, 4 



㊃調 rin 跟 競 



(其 一 )j 

かたきうち はなし 



ュ めつ かたきうち よ, H レ f J 

世お は, も珍パ しき 敵 は I はは. ist の s の 露な はれて s け&灣 お. &誠 



1.^1 尋 ぬれ I き I 年の.? かや。 is ま: の" 城 やお i き, おに iif. 



語らむ に。 抑 も 事 



もんな りしげ い 

生 重 ど 言へ る あ 



f 



離 討 白眼 競 (其 一 ) 

いつば s.- ぁひづ 



ふ もど よしたか 

さら て 麓に は吉隆 わ 

にほん? 決せ? し.^、 P 藝の f ひるが へし、 ¥ 八 千 S 六 f 



よしたか 

ロ隆を * ちた 



に! S 圖 ^ 尊、 .fm. g を f して いづれ 

5 s.i 、 ノ、/ 11.^,1, SI ti" し, ゆ:. ひきつ t i くビ 

時に 山 を 降ッ 



み, よしたかば がみ われ り、 £ 

くど 見る よ 6 吉隆齒 切 をし て 我 を 詈 • 



1^ で ゆ ふ ぎ こつ やる てつ 、 

,秀 秋 の 不義 骨髓に 徹し た As ど I 曰 ひし 



^ あは ぺ:. ifs の 華 きれの if チ て 響」 んき 意。 sir お 

者 あは、、 馬鹿者 輩! 



し fJJ^ お ほケ! ばぎ や. -ぷ よしたか ぷ,. 

それ 其 所に 大谷刑 部、 吉隆 無癦な 

.S ち だ. S4,i 



ひで いへ 

. 秀家か 



.雷2 ッ たか 1:;^ のま i&if ッ た ビ、 



大事?。 迚も 此 城に 居る ぬ、 i& れ、 8i、 赫誓! 

拔刀 I して S ?、 城內 f くぎくて、 i.if. fffl 

(完) 



I 



げ rt^. 



な A 

何 



toc^ さ &らひ お > の/ \iy 

り- ? 3 の 武士 は * 々武- : I I , o;"i; 

-,; \」 お 駄!. な 1. お. い s^la&J する 處は a 道に わら 卞弓 f l i . ら:? あ 

.etJJ^0JL .^^t^ f 。 き 目に ぎけ て は, 家 fff し。 f 

さらば 化 あに f たる I 甚ち 1 J, すがれ % み J "し。 fiol^o おの こ 小 f 

ばばん S きの S の r ずべ く。 .1 里 後の * の へし .^tn.do ^1 

u。 きの f 。 ff imi( 0!i f 

き 5 はやしけ る o き f f きこ o gri,Ji さはし けれ ビ本地 

ispli し。 afo f らは用 ゆへ o 

に 五十石の 御 加 增ゎ& けれ w d 頃リ" ,,101^|2こ旷%、|,的き„4ゃど^^圖思ひたち給 

III att^^^o お 御 i これぬ を ir 

ふ i r ききへ f 髮 Mfi ひひ, f 

て a の? f れ くにみ 身 jt_, 俄に J 翅」 0ti.h^K0f 

まで もい 4 はつ、 かす。 f まるき !。 ill lj ん 

(其 一) 



敵 討 白眼 競 (其 j ) 



afipo 3s? ^ メ .5 1 つま ,ニ狗 三, - 走らした る 城主 は 。府中の 6. を 離 

る 事 年 an き 城 外 ぎ某ケ岡ピ云へる坊主出にどぎきぎひける。 f ひ ゎづ 

> :^^^6 J T づ かた ろざ ももん い 厂らめ つ"^ f まて 附從 ひて 走續 きたる 武士 は瞻 

力に 二人。 一 人 は 手 塚 太 郞左衛 門ヒ言 へ る r 徒 t^- が i にして。 S 』 L!^ 

お: . -Fl^ 1 ノト 《被の 千里眼 ど^ 立ちた る南條 噴左衛 



『ソ "7 に" 力な か 今 曰?、 f¥.:§f きれ, r あ 尊き f し &ぁビ すぐれ 

iar 申す ド曰 頃: r の: が 好きから?。 i&afo 。野 f i あせて tvTgu 

者つ "れを 見拔| さの 催し?。 stlrilo^lfe 

ければ。 兩士は ^ ッ If し。 $$p0f^ttpf . 0^ . i I 

は 4r き., ず If 藩き f あれ。 ぎ やき 

a ト はるに。 flf. faf ■Tlliu 



0^ rl f .1 fl f t I いづれ 

が は 4 しど も めが たく 候。 ト言 ふ。 

此 時差 控へ居 フカ ur^^ I ,:o ベ し V つ 欠ぎ こよ?^ 卞ゃ。 南條 『這 は 手 塚 氏。 

ら; lig の Y¥if に i みおる は野衬 半左衛 R にして 近 藤 又 t 次ち き,: f.: 「一 i に 

ら, 途に 一 タ scA 1 f 、ゴ》 > $ やくゆ, つ ひやくち 5 ( ♦ P k > to お こ卦ォ て 

ifftio f き 零る 南 II 門。? Jgu:^ や 

は f:?ii て ro 4 き、 て p でし を。 £ハま ッて f かに i ス けつ。 屬君 の 御前に て 

どが 頃り 短慮 面に わら はれ 血相 * へて 言 出て しゃ ^gr ! 

i£l^l^£ まけれ き。 if t に は, f き &みし I き なれ 4 貴 nr.:^ 

爭ひ 致す y:^^.^,," !^ ろ !! P し n ,,0 こ.^5ょ|^『甄1んなる9みにしてまま卞勇氣の續く者に 

おろに もれ. Z 見 f たる 日頃の I は 好く 知. -5 パ近藤 は 客 S パ さ" t"?1^ ふ rr? て 

ま . K 一 L^OHZ0fi J, ざ^ I 一 n は >眞 先に 進 ひ 者。 今日 も 中^-,^ て 

一 わ >らャ0 これに 反して 野 衬乙を は 沈 獸の中 穿 i ま. つ お 七 ちさん >S 、な 」ニ 

一 r§ ふ 書 - わ?、 节封 こまお して oilM にわるべき mo is らく は 遲參の 其 中 にても 牛 左 

わ 草 f へ 踏切ら ャ ば。 我 々と ■ に II て ir ilt . れて o き f k 

もえ せん ビ ) ほ" こ& -、、 ナる 。成 主 は今兩 士の爭 ひを酽 力".. -て 西 

一 SSST^: ピきぷ らゥ ト 落着き はら ひ r-1E ノ 〈プ り,. * ヌ 1-71 ろ ばか さき-ゆけ 



敵 討 白眼 競 (其 二) 



山ハ 



敵 討 白眼 凝 (其 二) . 

の むら い i - 二-一 : SI 六 二 

は野衬 ならむ^ 言 ふ も 一 S わ, cso a .o- 1 ,i ) 、ま 3、 > ここ かれら i- f 一 Ti i 屋 一 一 ,s--e-l. 一一 一 i 一 i 

.o 、 . 1 よ い r れノ 5 力負く るか は此 所に 彼等の #,o?:^fb で ま;^ れ、 t 

順 左 衛門は 近 藤 又 六が j 番に夾 T るべ しヒ I 口"。;; た K-p," 产ぉ p^l ^ a J . li 

^nl^^M. cis 手 * 太:: f 衛門は 野 村 半 右衛門 先ぎ るべき 一 n 乂ゃ * 

yM§^ 勝負 J る,? iifel^rf 

は" は し:: 手 S15 き M く。 illt^ao f 

て は 近 藤 30i 九十 郞。 白木 g£。 鬆は p まぎつ 辨ひ. SI に ほ こ、 お 1 

, なんでき ゅん{ ものみ - す 七 ヌ人は 筒れ て * きけ る。 兹に於 

千里 服 ども 言 はれた る南條 順左衞 門が 物の が を E<K.^K>.P つ えせん I 

^rjo S: . え ? は In , 手《太..^左衞門に負けるにど0 君前にて}^ぱを 

失 r し f ほ 1 無言 sf f の .置& へけ る。 z&fti i びお 

iLI s 衛, £f i?l きから f ? ゝて。 ii あ L み 約: 

、? 3s: おのれ。 やれ。 !, iLf か t rr 時。 lii 

sf 。 4 養 居 n メ f て。 慰 rf 候へ。 into iF^ 



fi)^ 君 ( か: 

三き 臣ぇ た 



s^tsmsBmmmmmmaBmamammmmimmmmMMMmMmmMm^ ... 上 S せ S しん もの み 1 

,* じ "J 主- きまして S すき は is の 鶴。: れぎ者 せ卞っ 

i さおれ 斯 程の 事に て立齒 なし 伊タ r^i rf へいえき: お MM お. jsi が 1 せ。 トが 

鶴 I 環 IMS 鐘 sliii 、歸 

a よ Jl^l? お fJ^UH あ氧 II。 f の滅 

p る や。 けて 御 出先 i の 君の 御はピ 承- .9;りヒ£、..1%4擬..ての1髅"ーゃ7ぇ 

つ I へて f f るまで ii あれ ビの 事。 畏ま ッて御 f 1 し、 む l^rvrrg まが。 i 

fir お こま ss< せ。 0i まもなく。 き If 小者 二人 居: なる" I" 

元 來順 は 門§ I がし ソ: ^ i%f し i りに き 長け 居 は ひ 

スナ ..-^IK こも 小者に も 暇 を 出し P 一 ソ》. -ァ >f >< はふ お S - $ a^p^^J 

ひけむ 4 ノ,, i.g にぎ? 今日し も自 f 嘲りた る諸士 の"" 

tpr し。 f て I き ,|け る。 

III 霞: H:H: 

一 あるち 知" 4。 Fsgl およえ? 潜^^; ^l^ff^^^^^^^JI 



敵 討 白眼 競 S ハニ) 



,き ^1 



(其 一 5 

ゎづ 



いま 



敵 討 白眼 凝 !!! 

ゆ.^ ひ いへ 5 ま —― I 二 =- - : I 六 SI 

し 「も 武士の f 生れながら。 tmipfo 趣 y 1 

o き:!:::: yH: !f ぜ ぼ IfhB 

pui s リ 1" に r s 呷 ほ.." 好" :: め。 

- (其 三) 

き し か 5 や さん c : 

y p> 石" 坊舍 の數? "千 七 百 七十 あ。 fit lato i 

1 し 5f の毒 水。 故 跡 £ て は 寿の か i せし ぎこ S g£f g こして。 >L^r^ 

:u は isi J せ: 画 ifr し。 れ W2r 



sflsluyl ゆに f£ 通 詩 SOS 

i! 、て ぺ气 ま。 に 逃げ まる ビも。 f 分け 根 出し 無念の 匁 一 刀;!. 

f:n。 s る f ,き。 1ーにの殘し て r? f きれ てた 只 1 f 

を VJ 9 \ ふ 2: ゆ 

袖に 包; f rfJTip 4 。 f r ひき f 。 ^iff あにな やみ。 鶴 は 

f てて 手 r 太ろ f I 七の 主 從ハ。 西に 行き 東。 にん 歸: ず 南" 返. IJV の f 了く K:f 卞。 

しみ。 S の 匿 rf めゥ くして。 三年。 sst 路?. 過 1?":> の £1^ え i ピ CM 

リ の f ける は。 a fff. g 蛇 柳の 此 r": 御 I 

^^M^psf i きくぎ rm。 J^i 

^ii^liilt^to 乙れ s ば T 打 驚き。 IK 

S に は 言葉 も 出で^, 9 ける o 




敵 討 白 限 競 s§ 



敵 討 白眼 錢 (其 三) 



て主從 諸共、。 き"に^£^をき|に:亂して0 おこお 



li .r^H^^.iMn 舅, や。 1 

や。 ト吾身 を撲, cs てな げきけ る o が も • く D な フ r ブるカ 殘念ゃ 。口惜し 

3J\ 8 マ k しき ける 五 郞も髏 6V つ 太 一郎 『位く ま、、 おく... -V*ts5 f もど 

:6^^^a3-^')D まお めく きこく な £ ,"し ^ くま ヒ。 今 は 歎く? なし。 4,1! 

藝 に。 f 1 層 H 謹 

r Hat 11 -fo E や I ド。 m し ic^.w VI 

f6-fo M^ty ,, い? た われ i >MA>1 委しく 申傳 へて吳 れょ 。女子 

禾も {プ るく V も 細き は あらさる を 。令 又 探^,^ お ^;?了^?" えす ゐ たび ミ 

きた ま r . ノ 3? 力, お p どなう 行衞 定め QSKOO > -々 む,?, a 

r: 聽 rT? は 4きき ぎ。 f あむ L:!::。Kn 

s も 主! に..。 出立 致せし其 折 柄。 气約 S しき 。 lft.gr わ ft 、 。 ,T" ち 

にして。 F^^p ^-16 、% さん で き ^.4鬆;-^«户」ォぇ6>しカ0 負郞 I 人 を 坊主 

々, て f カタ 一 る 御 J へ歸き 出ず せう ど。 fffMmao fsf 

ト 忠義 を 面に あら はして。. き ハぬ ビ い.'— 。 >、 i I 銜免被 f.. れ。 

れ g。 が rJKS H^i 4 わ ili らげ て。 太郎 『ャ irEO 乙 

f 七 ず あ 鍵 la 。ま tggfgo pr^f fffi 



flwyus? ます! ば。 響 は I。 r からに 

は 主で もな so 家郞て もない ^At 7 おお こ l。thA を g かさむ よ .》0 ,0 れ 。此兩 

? C ち きこ <- ,-0 * 麗. 何 陸言 ふても 同じ 事 。重 わて 口 を 霍 カリ",^ ^ 

は t ぎ It ?。 きる If も,。 J^^^^ 

を說 伏せて 。切る は. * ft » Hi t ' J i > o ^^«o 

、き も。 も? ^ 1 ly2 ,つ ゥ I£is0u 工^ SJO 親の 敵 iv-^ ほお^ 力 letft^l^^l^l 

て^;:5^ぱろし。^^^る者に物言ふ如く 『ゃ$ ^ ち ゆ o,^r?akpo 

siilil 

rl しぬ l^^^l?io if け くも, f まさへ て 。 if 

議誦 il 環 

illii 



敵 討 白眼 競 (其 3) 



敲討 白眼 魏. OS: 



^ んズ, :- L* , もの しん まい はち く かこ £ か せき ま へ おや か きおも- し ,S5 

i たく 南條ハ 死した る 者 ど 信 t て。 每 日々々 欠く 事な く。 彼の 石塔の 前に 到. oso 親の 敏思ひ 知れよ。 南無 

あみだお つ み た どな よい もつ ちゃ 5 5 つど 

阿 彌陀佛 ど 三度 唱へ 。如意 を 以て 丁》 一打つ を 勸 めど 乙 を はなした ゥ けれ . 

(第 四) 

を^:>7ちくっぞん.- しゅ ザん や 5 や つ このうへ i さ しょこ { あしぎ, や な し fNf CM; 1 

其內 空存か 修業. P 漸く 積みた ftv ければ。 此上は山を去.c^て諸國行脚を爲tへしどo 師の, 坊に t ビ 5; 乙; 50 

い, り A ほ. , I 5^ み ぐ." ん , ね な 5" |<5 よるべ さだめ で ヌ&ろ も ゆきを あめ . り 

命 を 論 卞れる 草の 上の 露 身 を 觀卞れ ば 江の 中の 萍。 寄 邊定ぬ 旅 衣。 雪に や 染め ひ 雨に や 濡れ ひ。 網 

せ.^ つ な ま 》< なで 5 ら なみ わ だみ 3 き す ま あ A し よこ > 

攝津 浪花 を 船出して。 ちぬの 浦浪 和 田 岬 須 磨に 明 石 を撗に 見. 



&ろ がさ ^ 

代 笠に 首陀袋 錫 を 飛して 



な だ おひて かせ 



て 淡 路の瀨 芦 を 越の 島 播 磨の 譲 も& 手廊。 k— 州 へ きぎに, き omiim ま^ぎよ ^し。 



さぬ き, 



阿波の 國 にて 二十 三番 土 佐に 十六 伊豫の 國 にて 三十 六ケ寺 讃岐 にて は 二十 三ケ 所。 化せて 八十 八 

^ryl _fc のた だ 5 しゃぶつ s~ く りこ 5- めぐ りち >J ?、 あ d たち A へ いな さき s-5t- レ? し c し, C 2 i w 

の 靈塲。 其他の堂社佛閣を殘なく廻.c^て後o 再び 阿波に あ SIftvo li ケ崎龍 概寺ヒ fc へる 41 一 In のて a; のま ま 

で來れ ば。 頃し も 水無月 一 不日 餘。, ももる まぬ nlm の。 さ を i して i ベ 欠-やお < ^ろくと li 鶴の。 

穴 丄に碎 けて 鳴 響けば 這 は 溜ら ヒ^ 思は卞 知らす 駆 込む 法 華 阿 彌陀堂 をれ かわらぬ か 研 g に g をぎ 

けて ど 休ふ處 へ。 立 出で たる は 主人の 僧。 主 僧 『旅の iiii てお はすに や i^l- の 1^.1^ に « かし 皺ぎ^^ 

ふら ひ。 晴間を 待に は 此方へ 上て。 ゆる, 9 ど 休息な され。 トー I 一 lo 空存 『ii? にやい f§ の蹄銜 J さらば, iss 

ば したが ひ 5 ts5 しや したが い .. S 'へ vi ^5 > ^ C ' , 

葉に 從て御 報謝に 從は ひ。 ト言 ひり、 上へ ら ひどして。 Ic^ ひに きをお $V れば。 ^^«^*?^o 

は 又 f; も。 如何に や 奇怪。 高 野に て。 土ビ たる i^Lb し。 ,i の 艇^ tfiS; つ 空存 『ゃァ Ir しゃ 



に, , . ぶ <"V 
'つ,, 一, i 

け, や,, 

:. め, '、| 



對 fjfi - 11 ねんい せんつ お %- V; いた JiE:v;si?r^l。 ま ッた七 人の 明 輩 を 切 害な 

^^1 もんて コ く §『 -1 ク も .4ヽ¥^ 節 S 身の ハス 太 郞左德 PR >^ 、ノ -SJr JJ . 

:: iip る: f 1 き S: 

へ I られ す: 御覽ド 如! rr て,。 日 H き? ?lf 

お I はぎし か I トほを 1 す爲 め£』-1;^;_》 はバゾ f s ち I き。 

io f\sftao 西 I のき 寺中此 所に 巧 事 一.^ J して "い 

我 を 吊メ J i o いけ, 1 しまむ o i がの 手に て 殺されむ は 

こヒ^^こて1がにめぐ,-ぁひ0 益み因果を悟らた... 今はゃをカず,^7^チ さしの 一 

idski し。 y くず f 。謹の i に f れょ。 i 延べて i 



(其 五) 

敏 討 眼 競 




C 其 五) 



敵时 白眼 競 

なんで 5 か sve 



^ 七 

敵 祖 1 し はは 高? の it て 5 せ:. .feip のぎ s。 i 善 &i ケ i きのお f 

て? f 宿? r の 原因。 J,olsn^t--o mfffff 

u 怯の 仕 1 ビに 14 く 間 s たるに。 isfi ぬ 1 あ。 fir 

忌 ひ 日 はて 身! 2 原に 朽ノる i。 名のみ f ひぎ。 Mil iipff 

の! さ 所 f :r ミ f 祖 はけて w/f fe: ど f て ii 一 f し ¥ s なき, 磨の sa, 

s"? 晴ら ほ: r ,1: 御ろ 身に な證 しちた- f?i の If ^<&t<in 

r しきざき? て $p ちき ひし, ,。 Si あ! ずし けれ。 き s の? 齢 

?て 善人?, u?§。 今 I ひち ずた るいお への so; 討て 13 れて も! sf-rfi,? へき。 

ほ ノ"? 4 助け rs へま 5 に の喊。 afi fi f 

御身 も 憂 を 纏 はぬ 像ら ひに は。 PJ. の; 上に て: 討ち もせ ひ。 ; I れも pi ふら ひ。 ff^p 

tr: ひれ も 叶 はよ ぬま; の 結局。 現在 敵 は? な がら。 ぎに f れゃ。 f,i たれ ひに も; 討ち 銜は 

t 鳴 呼 如何にせば 好き 事 か。 ト^が ぎお にぎれ Sn た §。 

くう とんに ま a" ひざ 5 

空 t 俄? S を 5ち。 a 0tfaKtso まの K がきと s のぎ 

:!f ほ i にしべ: r」 ifmf iffatf 

結 ぷも舊 か I や。 i$00ofpBt i へき V き is& 卞る, さ 



I . お- sfo も& の麟ハ ill ッ てに 白ら 眼& はだ ビを fo ?將門 は 戯れみ に雁行 

ず M 月 『を は 尤も 好手 段な. 9 唐|^^豕齐 , き , d ^hrhfo 

4 や,.' c I ぐ Is ノ sat / o 一 意 一 6 に 御身 を 白眼て 白眼つ 力 

. K <s£i し., 3^ ふ 1 わ. 90 さらば 愚僧 を 白眼 殺し 給 ま へ 恭はヌ 一 f r f / 

I み 落 tl ふ IJi さらば gpn 候へ。 やよ。 な I 順左稱 生重。 今 手 

て^され ひ。 空存 『早速 御聽 入れ 被 下 恭 けなし さ W 徒" - 1 さう f , 2.. こ、 ノズ. :;^ 



® ま 



ふ si 



i の? if て mi の i, 眠 もさ 覺 めぬ f れば、 沖の 白 

i( がぎ の楚 ssi、 えの みはま i らも 眺 

病騫師 (上) 

r^^f^f^M^i^ J fe!JIbs^B 



おき しらほ 



f ぃ卞。 f して f は. SI 



こなに ちゃうて s ^ 

めら れぬ 此方の 長 汀に 散る 



七 



響 



病 書 —き (上) 



2 ほ? 飞"; 彼方の? f i く の i なるべし。 f ii。 



七 



おは を、 だばら はまべ f からこの ち さ」—; r ま- /„; ぶ— ノ.^ ヌづ 似^ ど 言ふ此 所の景 お、 

ひ 人 1 若!!。 年 塞 ーパ ほス, 身の ず f Fr ?。 おしく r やら &は i れ てき 1く: r に 

わ 日 J の 床に ずけ む、 ぎ m,,.f く、 ぎき; 5 きるべし。 蒙- f 

若 f r パ * き: ほ-; I もぎ、 f £F、f の i 一 i。 

もれに 14 身 を 倚せ つ、 ぎひ Ivsr て。 ぁゝ m し、、 るし つ F . cte 

ミ、』 „ スミ さ、 びみ g a ぁゝ 苦しい 苦しい はもう 死ぬ るか も 知れ 

ない ど 言; S つ, 一 度 一二 *又、 .a;fc;lL ノ r-o S , C L 

51 1 三度 胸 ^ 下して さ, C なから、 如何で 死なねば なら. ぬのなら ば、 f 

き 1 書 H、 ^4.SBfr Hi k 

主人 .:•:.. 世の中から 見放され. て 誰 取合 ふ ii のない ふ 不^ s*^ り .5 はす- 5 r, 、よ f i わ < 

s^.^ でき そ のた 1- け >.-<.?7 V ォ isw の fj の 貧 水 を 好く ま ァ 世話 をして 吳れ る。 

我 大書の I か、 もた の も If 爲 め,/ 田 r。 g ぎへ て li けよ い、 がり,, りえ すつ おれ 

の〃 p 獨? I 諸 S 言 H ぎ、 ■ のか f i ff i しつ 曰お 

I? giat a,m^, i 、率 : 得 f のはぞ 



i -1 V く 1 あるひ ばんがた ^ 、 、ノ、 OJiu1a、a^ / 一 了く、/ ち J,^ ど 田 、しひ 1- を i 伯ジ -ttl リ& 

R 謹猶 Mil §41 

貝、 らぇイ 8 レレえ f ちか えつ、 i,、, ^匸 ま: K こか 《 ^し、 つ」 ハ 

I はか わ v^^^^rv ば^ ■ こ.^ ゲ 、船 て 臭ぎ を 地下に 埋ら る、 ヒも * めて は 世 I 遷しブ V 

B:H きき ! Jn、 

:0て、 if やくき。 お Jtf dMS 

めし あの ひ. -の? ぎ、 1 が f 、 m Ha 

を i らして、 s の i ぎ。 i の f,l。 * * 



if く 11, ず % J、 ?卢 B l^dM^ 

f 1 一一よ キ< 九までの ssr しきが f f なし r 戯 f 居る 圖は. ひ クン 4ir 



福 面 織 出した る 錦の 帶、 脊丈は左||^^^らねき|^;5;:く"^|メて、 ifM",^ 、 I き め ま- I 

. ,kj 、i a れど开 女く & ひて 髮黑 きを 高島田、 生 際 濃く、 眼 一 す,. 

く 鼻筋通ft^、 殊にロ元愛らしく、 をれは{.きくノき_^_ぉ^はこ卜、 . i 

^.JJ f、i§lrf f すして、 if^liof r よ 

a らして あ. 9 インチ ヤン レッド、. 1 ンク、 ハ J( まくわん ま、 を、 

ま くち ひら タ d ヤンク を わくの 色々 は 鉛管の 15^ に耐 r> て、! >^ン 

:nyl5 かぬ も は" の I れて 3 き r る r 人 I、 ひれ:; 

1211. 豪て 鬆颜 く、 ih 

力 i き享- S! 

iscs"! し i ビ ド.. ぽ み? f つ、 ききめ ゥ 

u^ilrjlt r 來 たく,., f し が、晴窘ぉ_ー籍 



^^^^^ I^HS^SBM^mBBB^BBB^mB^^^^^ - ン ビく ち. 3J 々まけ 

L れて、 ifig. In 秦 家の s 奮 1 物 發 して f 火の 

きした にず もぎし? へき。 1< . i 4 V 、 fff 

チ g れんば! Isrf ,.ん な、 もんな、 大? の 其 ほ. 知:::; 0^H^ 

Iti の P はもう i はぬ。 .TInlsfo 實 物のお s 大きら ひ 

t 夜 は f て、 IS は £ る f rii に f 5& く i:!\f^^,„r て:; £ 

■。 ifeis. Bf て f t きれ、 誰 til 人。 0if s! 

f Imf ら でね 根, お 11 ま.^ ぼ I 手柄お H。 。 f き IKT 々し 

よろ/^ y よろめきて ィ ー ズレノ を 倒さん ビし氣 の 》 きて ハ ^ ネ S び e んな i.、 _ f 

urr に、 きと f s ら iril る i、 I? 美人の 淚、 !ど 見て 

^だ 一 句 もな し。 • 



七 五 



病窗師 (下) 




病 盡 _ 肺 (下) 一 



亂水 乙れ を &切, CS て 。• お fgf . 、 び,。 f . 、 i ゆめ nj- i - "二- . . ^丄ノ . 

AO ノ J /fr 暴力 今夜の 夢の?^ E しさ。 ぎて はやた も r すの か, in 

ふ いえく 夢で は lu、 まき gg が ,ました ::•:• f 、 、 "ま に 

f ぬか、 「しの i き、 y ^Hni^ HI ,こ此 f "立ち 

た . , い いつまて 其方 を 》 うて 居 やう ど、 もうす ッ., か ノ vo、0,- ?/. 

字 15 はせ ぬ。 きピ, C いく 應 きしても んハ, や , す ゆ ふ ー 田 t ソてき くの どの 

こ、: ろご1 ど i4 J h ュ しても 用 はない 。え ッ卑く 出て 行かぬ か。 f 

妾? さ ,J 郞に 打明け 襄ム でな うて は、 fiji , t 

しい ぞ よがる もま、,. ぐれば, i の、 ね、. ? f く』 セ r 俗 腐の 其方 、おら は 

tso 聲張 上れ は? 力.? ついきて 一き 苦しみ 。ぎ If 5 き f て やわく 

膽, き 

し tp 漏^ 

咳 入る に。 Ar^sH^I- p-..^ わる ざ ™ プ^く とヌ張 上れ は 又もや 强く 

i。 n& に、 mglgpgrf g ..、 f .. ほ ., . 



七 六 



;;: ^TiHiy しませ: きへき:" す? ぽ H 

よ、 e 御" 殿 ひ f て f ;i はたと へい 如, 何な る わ 事情, S つても, 人 まら 後? さ、 づれま ^1 

^p! おぎ f ぎぎき きあけます f、 一 5.:ff ま. おろい i 

F?5 CI ならぬ si、 0^.4^^<i^^M^ 

n^^Ffeo 112. つ 仏んで、 i し、 4?!; し? r、 Jf^ 

- 浐リ, f f ので きんせ う。 さき fiiHri? ほ は 

ませ: trf 議 をぬ f f せぬ: ド 4:- 1 樣: S ん f 、 

gFSO ggrf み 見 f ぬ il なさ もし i も 御 i ん せぬ: t :; 

もし、 si、 is せきき I おします る。 は! uuri 妾き はき _ 

して ir ら、 sgi ききた,、.^? ntr:::UH 

M る し cr ト、 i,w-r の, f なさ ss 、親み 甲 I き方樣 力な 

£寺フ て niP ました。 待暮 して 居り ま L プ も^- ひ n f. こ ちら て ふ k 

さ 易- r " . I K お t;>1r でお おや。 れビ ならばき の i につれ? せし が 此方の 手? 

がて は 彼の 時の 御言 葉 御 * 勸 。ロハ 一時の 出 來£ 力 をれ ビ.' 

あ %っ 瀨 ヒぞ fix Ill li if I 

In 病 il 師 



^: I Jffii Jl— iw^^wx 




…二" ^^^^ ^ -- 



病 麝 (下) 

■ はか こどた ン iBIOH£^i^iB-i«ilIii__ifl__ii^^^i .^A 

tt メ is I 敢? * を賴 みに して、 ぎて、 ぎ f<v,ic 1 J I Jt 

に、!: i こ ii! して ^c-e., . あん て ニダち つくして をれ でも 貴郞の 御た よ. c,|| き 

リ ^慮 ふ.^ 何して 御いて なさる かさ 案ヒっ いけて^ ました、、 >o ?. .,に 、な、 til わ" 

%rim ました。 た 力 親? 、めに 否み かね、 石山 樣、 1 は 



らん サゐ ます/ - 

E 水 tt 益々 孩人$ ぬ。 お 緩 はな it はら 



ほしけ 聲は醫 ぬ、 Ego ^^f 101 



化 を M し f ませう、 f S お. ; , , 「!- .1 J"r こ 5 J,L て I の 膝に 鎚 

rr J I i た ち f ぃぷ . f 方 わの 其 力へ る さ 箱 根から 今日^^へ あ ,o まして 、おり 

なく 食 事の 折、 淫の女 しぎし き II の f み 見 f てき,.^":』" ""い 3 何の?: 

直ぐに も參. ON ませう メで ン2,>、 お 「> ど」,' て まへ >^ ざ さ. ト 

! ? ヒは g ひました 力 良人の 手前 も 御座ん す 3, ゑ、 ffu ぶく お 1^.,- ぉノ 、 た,、 

今氣 うまして。 ^0 X &んり はは お め ^ 何 素な く * 場 を 過して、 や ッ ど 只 

ま t ピ《言へ何の切褂もなく御目にか、るこ" > a、 っ.^^.^ひ,ll ^ 5 た, ん 、ぬ 

IL,2.: p.^l^l き る, - 力、, - 力ね .^の1間に茫平どして^1〈^ ジて£5 

ま L プカ黄 6« 力 最前の 御言 わたし : 1/ 

£5 . i [ 5=.- C まして それほ^までに 妾 を 接しんで まいで 、 

度 は 之れ 程までに 慕うて おいで.,? ゆ 4g み よ I て銜 いてな さるの 力 叉 j 

き. I、 ほ f ian!:::』:nTT" き不! 

I f み . ど 跡 は 言 メ にも 急き 來る激 激。 

貧 水. ッて 書面の. 美人 ど眞實 のお 德., 2- くら ^r-islo..^. .1 こ、 f 

■llllllllll ん お 「,^矢 張 W 一方 は 天女。 誠に 貴き 心掛、 さ. 



I この l< き t^; "へま. inS; >o こ e ,<-si さ t、 。s 詫 を 申す、 樹詫を 申す で 1 

Iflll. 此 逆 自 f れ^の た IO み 未 f f きの 

ikkk.lK R 一 言 5 願 yflss いひ Is む mil ひま 

?ひ Mii は srrf す。 ki^. fun^ えい ム 

醫:: :ypiii4f 

Bfmft si のさ も 樂し氣 なる。 \ 



银 霆 師 



^ I I ねお よの び 

-I お k クるは 1i« にわら で 、維子の 羽根に 及ぼす 野 ゆ に 

ひ I spulguts こ S のず をき、 r も われ、 f も われ、 ij^. 

三月 一二 日 Is 日 J 白 f り? き きまろ、 きお やらぬ! のおに、 fa 

fi .nlio I4^.^^^n たゝみ もやら 

fl. ぎ f 、M,f も。 ズ f たる 芝の 上に I 束なる 一 人の ii: 



10 (上 之卷) 



上え 若 力 わ' め 

に 者 さ 



i*si- fir : 



旅 (上 之卷) 

ゝ rso け しき なが よ ゴん . 

下なる 里の 景色 を 眺めて、 余念の なきが あるの みな 6,0 

年 r; 一 一十一 二、 け 乙 だ 食 さへ f やらて ふ、 1 やけに ぎ i く。 S の f &f て,、 1 の ff か 

、 風め に ませて 1 れ しま、。 さ g め 目 謹の に、 ぎ f なく £ くみ 見え 。い 衣 こ i 

ならぬ, r つく も 道?: 一 2 】 J ぎし 腿 r ,f 0SM§. Is も i 

ほして、 ! 4f fi 0Klfl i れる f F 

半 ま。 JJiiK 0fff¥ ftfTk f i にぎ; 

みて われば、 深く 調べぬ が 作者の 慈悲 o 

どき いまこ や 3 L たり く . , 

f 5:: はの 下よ.?: Arr imum^. f 一 二の をき ず 一 人。 f は 

,土!! 早 S なんど、 ? にも 前 f も、 SI, や f$0[m. Ifi 

:: て も i 一 5 彼え の! f ? め 座に た?、 lf£ft &れ 

多し、 S 少し r:r&55ll。 i も 3f f まゝ、 si け景 

めて 同 ヒく佘 念の あらぬ 體。 

さすが 名所お、 ^^^is. gcsi&K ひ、 i のぎかぬ る靈 5 まき。 酽 

^?? 11 ^ き德 If g げ 2i にて、 もま?? 



參 



ぎ や i しさ f - し、 rfr-p^r^^^f i n はま rJ どに かく。 かゝる 次第の 色 合 を 

な 了く I ずに!:、 Il.f., ^§ fn 中程は 



yp^n^.^^lui. さ s き ノー fit 卢?。 

p^uf f^lo 一人 ill 人、 m 

やつ 

《ちょ い ビぉ かしな 奴ね—》 

ひピ - 

I; 乙 わい 人 だ わ》 



《泥棒 見たい な. 



•} 



f ゎッ、 き 乙 える どが つて 來 ますよ】 I. t y 

- わた tr な まで,, i あきつて、 r 回 は 纏、 S くお めきて、 裾 も わら は 。さ 

一 言づ、 の 渡. 9 薹詞も 深く は 行 力す。 又も 立. つて 力 r W あい > ifr^^so 

わかもの 、 お r- うつ、 こ,^ たこ^きし * い、 はじめ こも 此意氣 組 いつ 力 は 解けて 禾く顔 

は, いし さよ^ 若者 C 顔 をし 力めつ 乙.^ ブ,^ 4^ き L 力、,. み >t? ノ \1 对, T し、 

Irf ず は、 かきき? き。 i もしき ぼ" き。 今 は 種 にしべ P1 

びし、 ytl i にだ ii きは每 i て さ へ lu $0 

けき り uf ま f ? ビ、 -1 さす が .ffili; 



旅 



騫 師 (上 之卷) 



八 一 



れい" 猶 f もせぬ 一群。 も%$ f — ^ 

I は々 てつ Fsr て か、 itT よわき、 き 7isi M 

これぎ li の き あて 『れ は斷 I せ sr ?。 

l?Flf す 二 で: "意?"" くやし If め、 きの f - 

て i よき、 fhH^^^^ r! 卞ま、 £ し 

子。 一人 二人、 4f fir 拿め て、 P あ 。し ほ 近ず し ヽ十: 一の P 

て i も J> よらぬ のみ か は。 mf f 

みな 

あ 一み よれば、 f ちの て の b みはて I ん iFi 

ト d づ 我よ. ぎ をす ゆれば、^ よめ &; ^こお」 だ て I : 

I き、 f つま ニー 一き B^MUi! なれ? 鎖 



((ァ 、- 一 i さ、 一 ,やう、 a _ ^ijl^. 

《おやぐ; < お i: hifefi お f ん に云吿ま すよ】 

詩; き! 5 れに LI きぎ i 

((何 處ッて :…… )) . . . 

?れに 鎖 さ f ぇ£ ら 木の f ん? S5】 I S C と U 

pffs :::: はみ ィん なかう だって、 褢の爺 つて ブヒ I 

(r のき? にて は i きるべし) i がぎ きもき ¥、 マ ツチ e つて 點 せん Is 折り や 

r のリ子 I i f ミ… り、 かおの f てす.. 1 せば、 まの まパッ i え あがる。 っト 5 

0cfo 法 わら ビ云 は!^ は 力. 5 l^^i , しュ " : わん こ t さくらば やし > し 了 

H!^^, ま はぎ f f て? f f i 一 ¥ ^tiunf 

0^H^§ a ¥a 白烟 I る 

PI. Ihi ぎ llf て 手>|、 s-^Ti^^^r 

ispfi や、 n.fn II ビ i る け 

,-- ^ ™ « (上 之 港) 

irtt!. ^ II sh,^^^^ 



10 (中 之卷) 



さ 3 いさ 



ばな 



に檨の 勇まし さ、 火花 を ど 散し ける 

. 《お 衣服ず;: お ぎて f ます、 aff^^I. rtvlr の 

起 もです から :.::. 鬼に 角 宅まで ..:.:. ^うがせ,, までお i し さ い J 

fi の辦ゃ i に r し I, えど ISIS ビ ri しぬ。 . 

意 : - 中の 卷 き の S- まだ まッて 囊の鬆 

し 大和の は J!. は 一 ? ある i て すて、 摩ゥ きの" 門 W f 武 け家づ I ri<^^ 

.i J き |て顏、 arf rf LL • 

や ^H^lf001ff yii に まげら るゝ if ?、 i<M 

Hrl 云" 2 年?" 余! if i、 gl. irnll て、 I 

f、 .pyut^ - s ► - - t > » ' r ' , ^0. ひ 3^ その ひど をし 二. --v,.、 タ 

ッなぇ も 譏る 人 われば、 其 Ai る Hi な 6, まや。 されば、 趣 にい 入る 



ば、 身 も 共に ならて ほめ、 

ひ. - まか もん, i 』 . si . I , ン. -ォ k s ノ i.-i.vfts- な, ov どか や c されば、 庭に ぶ 



御賞 美の s かくく、 mmftifff なにく i め? し WKi" 



I ^ こ" J,^ おも しろ y 

- "I — I き なん I P ん 一 II こ Pi を まかす る^て、 此ガを 面白が. 9 目 

き! の T nsuip て,、 I に 

S わる M":M"prl ら,、 il^ 

出す が常。 娘 小 兼 は 4 千 u ノ 「 J も ^^?,ズ§ずか。 一 まつ 四 か 日、 1、 の 壁、 

なり 5、 うし, t£ る 事 多し、 れ: f ね ris^iu ち P.AQi に、 さ ila! きく 

こして、 fstft ず 卞仙 三の 過失 ill 花見 は", 機;:: 、 f 

i^I^rl の if ■ のお ぎきで ff くれしに、 J0Mdt 見れ 

さリ ほほけ I II 若 ^、^ f し はお、 fit 

ばい 衣服の 燒 たる 榛子 ,」れ は 一先つ 力ま まズ I お.? f o^c^,,- 、: を ii けば、 かく. の 1.^、 



,5B ii: ん rrsj?l、 

i をみ f きしても、 賴 もしき ム物 なれ は、 tod^M I . . ^^k. 

らすビ も 今春の 新, な fi" ニニ 一 E:5^、、r<f きば 

4;srr 一 し ^ まほ わ. 5、 M いじ をき なく どた ッ ての 詞 :…… ) 、 

美術 取調 員よ. 9 賞狀を 得し 物澤^ I . null . 

1 一一 一一 BBBBBSB^^B^ ス i 



(t. 之卷) 



お ^tlx, 




湊野 がき i、 fmlpff 一 t PS: I y I o ほ I . 

? o mfirMN ノ In 平? に、 Ma! 

ff r^ri ま M 、 知 51 何處 ぶる f rgf ぎ ,ッ、 

も if ゲ鍵、 n に i" の 導 rip ? Ilio. I, かなく 

こ トビ" げ ネ^ 一 い 分 は 力う 面よ .o- 二三 一:*? も. CNKC >1>、:、 g しづ 

一事 繁 ければ、 どま かけて S する g ニッ 三く -、』 一; f\ ひ、 て あれ" 風 吹く 度に 沈 ひ 

ろ f した 2 - 虫-二、 ノ三ソ はて は 飛んで こ g る。 ビ f : 、 、み か S £5 

籠、 下 はつみ こみの l、s はれて、 い., んす, J^c 一ば ; 至る ..fs のみ 見 ゆる 春日燈 

し、 こ さ はれて 存部燒 の 鹿 は 岩の 影 ドーなる 。これの み、、 お, sf>4 、ん 2 \t 

んで鍵 i し 去る、 i ど r はきの まふ * の& 勿の、 され &ま i^」 こ. ドみ 永 ほ 化ら J や 又 飛 

LMNUiif かえ ッ 

や. M-.v. 一 ami, 'i ^^n D c - 「 纖 



旅盡, m 



(中 之卷) 

しゅじん どく. s 



筆 を 置く 業次郞 o 



((よ k: し 



ィ 



b あま. 



すケ た ふ せん: ) 

慰 を i す 仙ミ。 

《ァ ー ずが だるくな ッた》 f, 

f io き i たへ 出て - , しま r か I k 。 や. i のま, - にかけ よれば、 

I じ t た 、、は?; Tr^ や を はく 。がに 余る を 引す, 9 て 昔 高く 八ゾ 橋の" ど 力 

is? ば、 WH-^ll J ?「pf i の If Ji? もな あす 姿。 

t I e')^^cpso &ッ て何氣 もな く靦く 水に 「鏡ケ a や *^, 

郞は 漸く 水の 岸に 近寄る ^、ズ Id ^kkv c^^o をれ よ、 を 

::i 輕" ii! アツ: ::..::•:. . 

《. ^うか 被爲ッ たの)) 



t ふよりの 褂聲。 , . 

f :…… なに、 鍵が :…… ss$8 

r きら f もぎす よ。 緋鯉 も) - 

《 さう です か、 どれ ::: e 

i こ、 龄めク i^,, い s ッば や. 9 の、 男の子 を 負 ひつ、^ る 

si 戶の ほ^. 9 に 娘の パ戴 カ^レ メ I I 

B^i 衋 師 (中 之卷) 



- 見れば CN 



、^の、 ま^^!を限る 



八 七 



M JgB- (中 之 卷~ 

((おやお 庭に 居らつ しゃる の J 



八 八 



澀きが 故 か。 ^ 5 t 見 謂 力 3 れど. も 亦、 業. 次郎が g の 



((いやく、 $ち纩 う、 §ェ ちゃん、 あ cr う 

3^1 I - , り や S あし >4 る ノづ 乂、 



顏を 背に す 力つ けて、 i や ST を Iko 



zT 、0 P こ^い 

やく もんな 事 云 ふ もので は い こ P ざ、 -ミ い、 ま この かた き 

だ S.C んな g を r て齊, て、 1 た ね 

露 ff»f。 丁て S ねえ うらやまし ィ ねえ、 だ? 一 If く :•::. 】 



てなら i ちゃん i&,,、ff あげる る 

《いやく、 衍 ふよ, (铲 



姉ェ ちゃん』 , 

- 一一つ : • . たやう こわ こ n 

((お \ も、 情の 强ぃ子 だね お)) . 

, あ ,》> もど t • 

遺: rulf 知らせて、 ひ § つ 、さ 去る。 0^0itk, て 1 ぷ: くだ 

て 後の 恨 r、 pfs & いるで。 意 <ffafrsi0i ^ 

ビ ころ えんが- Net ' 



eg さん、 おお を 入れました、 まづ】 

ター .1 .V 6..^^ 



akk^,^. f$ め 41 の 櫻 菓子。 

《なんなら t 芳野 葛で お湯 は :…… )) 

《ィャ 、もれに は 及びません】 り * g " 

ff i^^lo の 4, きする I きけ。 

《お 撇は麟 ずへ お出、 さ 之を以 i 

菓子 二 ッ三ッ にて 人 を 掃 ひ 

5J き にし しつれい こ乂 . 



g なず f f すが、 0a0t 



((が 入し はや -9 ますが、 ^う も)) ち If 、 f ,i 

さんお の i を if して は Mi ません か)) . 

せんた な^ > 一 \\ 

(ま 射 il せん^も わ.. ません、 が、 マ ァ 全体 何方の を)) . ? . ら, I . , 

リ" I ユミり ミ. t ふ, で 。ま 、ぉ來 から 申 ませ 丄 

《ふ ィ 娘の を 願; 5た$ ので 御座 ィ ます 力 ,f 力 J{ 



き ほ ち, や D-£uo 

親 則 通 6. 茶 を 1 口。 vi. ねん だん でき Z , 

Sp0t fBf fiit^ 



力, 



八 九 



旅 籣 師 (S. 之卷) 



• 西 



.fgs し? As^l^,^ 




((ァ ノ小 兼さん: a】 

『へよ—、 は rjfs+f f ままし £ まの p.. く f ける にきき、 f 

f^^: て STIr J のに、 こちら i、 ま ii& うて 

は 基 s ?。 看資 4 して f が ある, i おす 華 ま 

((よろし ィ 下手で よ,^ しくば Y ッゃッ て ませう)) 

《下手の なんの く :::: ふ 鞭鲈ィ まス、 s?^ の^が 1i』 . . 、 

喜んでた、 く讓頭 * i が. -ゎッ てお ん&ダ きお t f&rm^^o 禁ド . < 

、 i i I ^ ュ え,, 'ど * く依ォ 業 次 6.; はもれ 所でな し、 わの 

娘の 綠 一疋で めく はさても あの 娘 81、 OKfft ^11. fip 

たく o 筆を險 へて うな づ くの み。 

下の 卷 t ど酽 のおく、 i れ f 野 t のみ 水づ ... 



, よ は わ 5 じ つ f わ r 

眠れぬ 夜半。 往事 を^ # す るが 



〇 



業 次 郞&。 fmmBf. ffp 1 $ 



J^^f. if 一 fp ^fet 



. : わ や 5 せつず a どパ 一-一 . - I ヒき .1\ "養/ メ fif3s,l いで や 我 も、. A 



^ . も 《- せん 5 へ の IP 

一 ^ 0it f は f I お、 ずのば し iL?ui にお: ilc ず 

き F ,rf 、- 1 毛? ¥4 15 きに 羽根 取ッ て!、 

p^cnv.. "ずき きて、… きお lr。 之 i て 

ドひ .i^ui 、くずや f ま へ, iAainf き 、光線の 加 

よろし み I. k^^o g 々濃 色に ど 移,. ^めく。 

から 卞ビ、 擧勸 でさ ビす 業.^ K 今 は 中々 ^rr^ ざ あ 'r8^p 



さ、 K A ^> ^ c ^ / 5.=^ 3 1 jl 、一-く k るて さき おの づか ソだ i 

PI. i.、 ¥1% f き。 !" 震 

:r—。 fir? 。 "4iu1、tn ハし 1 ビ、 

つれてせ き 一一の 菌" お Ir.s し.. 砝の 5! ほの f "f 」:まは す"、 V お 



じて 一 語- 



6 



ぎ: 誘懸§|、 §11^ 

TN 一 



旅 



(下 之卷〕 



旅 翥 _ 師 —(下之卷) 



聽零 きらき、 i は Isf? やく。 p??*£^^n 

fEI" o せ、 、みかげ わがみ 1 ,パ 家に 蹄の 音の み 

,ご * く I 思 ふま ヒく、 見る 影 もな き g| が を、 な^いた わるな ゲ., - oi ? r,c て f いさ 

:: き、 ril^H" 綱 if M 

たるい 2 大な るず?" 加えて 小 兼, も 2ル ずし ひや g あ i の ある V よし、 f 

翻! if お、 asri きる? er、 iiik.^^^ 

^JJJi J たしゃ l」f 1 る 1 人き It, うこ 小ぎ も is、 

Jl^. B の 先き 見 ゆれ, fel4 卞 が if 。 

((仙ち やん、 .; -前寢 て ft 舞ッ たの】 

,正しく 麵、 M^iMO . 、 

《おや 御免な さィ まし、 ^^くぉょッて19らッしゃるのを .:::. 】 

《いお 搆ゃァ しません)) 

は 云へ^?^^ な .c、 ぎ も m まに、 ッて か。 ■ .. 、 

あなた ね S き き 

? ?寢? 着かき します の あれて £5 まし §で。 :::::: ,やん 、きまし な n 

ちゃん】 i 



な、. Ts- 

腦裏も 



%中 ながら 仙 三 



《5,? よ。 S や 55、 で まじ やな i】 

どず g スッ ボリと i る。 せん 

((お ッ かさんに f られ ますよ、 ^-れ仙ちゃん》 

l^f l^o 5, やお ッ てば、 1 しても ィャ 

《じ や ァき着 5 がて、 ぉッ S んに I 云ィ ます 力ら】 



《クン 



ク I- ム 一一 ャ 



】 



^まあ を ッ に妒- ながら。 



け ふだい 

【兄 第 

か あい 



^く ッ て 乙 ま. 9 ます】 

ねむ 



《141 さ ふに ま, 5, からでせ う】 、 、 

せば, わなお てお 氣の毒 さま) 

に n,M へ i "つ、 fi f f し。 it 



を 



わの |@は» "日頃に 出來 まし やう か】 



r 麄 肺 (下 之卷) 

舊でノ か; :…… まだ 二三 は。 し t おきの i です』 

f なせで 御座います)) 

《でも 美 い お 方の に IL;^ ですから… :::•: 】 

《ァ -フ、 あんな 事 を .)) 

暫し 無言、 ifT f す。 のべつ、 f つ。 

つ 《の ァノ、 あなた。 1、 伊 パッて ,た S ,ぎぎ? すが)) 

次ぎて 演べ か. -る は!、 ffr 

f ヲャァ 着かえ 樣 か』 

ー1>0ッ くらした よ、 不意に》 

? んケ して か, くッて f れなィ も! 



【では 此 所へ. おいで。 さァ、 さ 

こ、 ぽ t^, . a まきき 

..^i は 仙 三に 寢衣 着せ ゥ\? 



はや 

早く ……: } 



《ほき £ 願 たいので きぎ? す』 



((ま ァ佝ん な 事です』 



狐 三 を楣 にして 顏を隱 しつ、。 

si の 事に つきまして)) . ! i i ャ 3 

. 、 V 兼 V 手 を i れ、 fff\ f ながら 厠へ。 迹 I ッて 



((申 惡ィ 事です, が ……: 思切ッ て】 

て 手に こ 4 ももな く、 『1にま^-し、 i うりむ けて。 

t,J ついこ *> &ざ - 

C お 田 1^ ッて鮮 い、 ^!して風き?-^^ので御坐ぃます^ 

?ッ、 醜く ……: 】 • 

f 乙の li でも 醜 ふ は 御 坐 ますが)) . 

《をれ は、 ま、 ^うした.^ 第です)) 

そのし さ 

《其 仔細 は • 



Ln^^iH ,,れ 謹の i かちに して、 S は鍵& に^き、 f ぎ f ビ、 迷る 

雄 Igs^ あけて、 まる, 一。 . 

((姊 r" ん、 まだ 居る のか ヒ) -5 を つゆ ひ 飞づが 

n タす 

((お休み あ をば せ)) 




ず.^ 肺 (ァ 之卷) 

f 留ひ、 姿ュッ て。 mfMut 



九六 



I II、 ffnEB4 f 

f まだ 仙 三 は i へらぬ どお おる】 , よ 三人 は 生徒の 群 を 一 々に 見定めつ 、o 

一一 ) みち かヽ- . 

((あちらの 道 を歸ッ たので は あ, ませぬ か』 ., / 

f ではお 目に か ゝれ. ^せんか、》 

I バズ I 

いづ せん 

出る 仙 三づか 



-ッ】 



OS さん はお 歸. 9 なさる の)) 

わたし か へ ^ 

((私 はもう 歸ぅ ます】 



Z なさる の】 



((今日 屈ィた 東京^ g 鼢ん に、 きたか^^お 【お トヌ V る 

. ?^. -匠カ 大病 ど 云 ふ 事 か 出て 居ました ので、 ほ かへ 



さび \\ 

C おや 淋しくな るな ァ》 

((お前 も 御 見送, 9 をす るか 5-、》 : . - 

《行かな く ッて) . 

k リ やな こ C やらし 

^^^び!: く m すがら、 背の 子の 情 知ら 卞 . 

i fj- へ 5 ち S こ,^ 

((蹄 ェ ちゃん 歸 らうよ、 ぉ內 M 仃ふ くら いまし ば L9、 

it fflyf 、 drills 

てた ベ、 rJ れ好兒 i 

《い 好 5, ぞ だから、 一 IS な 無しく してね え》 - , 

fl* へ おや 一 

|^の^?ま.-^,くれば、 前の 親。 

なへ こ、 & めん St らむ * ノノ 

《さう、 むつ かれば、 お前 は此 所で 御免 蒙る かい、】 

f ir き ir , 



,y さ - ノン 

ffc- え、 も うぢき で 樹座ィ ます)) S よ 

ク 1>>ァ t ^» せんた 5 ども づな かたて , i ノ召く o 

; H ふ i ぎぎ g 、,へ- f o ,ねたる £ の 船頭、 I 片手に く § し 招く 1 ト 



たち >}• 、ま 

立 溜,^ て 



^^ia at, f に I へ i す、 ii 

In ^ lull 九 七 



嵌騫師 (下 之卷) 



m 

螫 



F 

i 



f の こ、 ろお き 

者て すから お 心 置な く』 

((ま Nl とに ね 世話にな, ました)) 

P 世話 ヒハ 手前 lbii、 こ i に i 赌な iu.」 お して】 

((ィ ェ 、 ず i きして。 mm.-f0^fft 

す } 

((^ふか、 吳{. もね 願 ひ 申します)) 



九 八 



、 V. しゃしん ざん C い. f- やく 

で あのお 寫眞は 暫時 拜 借して をき ま 



云 S きて i の!^ たへ も。^ きお、 ? むる ま 眉 ゆ、 ism 

— ねが ま を くるし しさ C- J.e ., , ? 



ヽヽ、 Its a- る くるし L さい ま を f. 

f 願 い 申す 苦 い 仔細 を 申し たう は £ い ます が 



•】 



たいがい さつ を - I 

ぉ爲 めです、 貴 嬢のお 爲を 思へば 乙 を ……: 】 

.7 , あ S がた &ざ 

《をれ は 有難う 御 坐い ますが、 f も :…… W 

((^うしても 成ら ませぬ、 私 か!; が あ,.. ますから 

い. き ぶ ュ P r : 

云 "切 ゆ? 船 ほに 7、trwK?f られ 4 す、 お m の i し §f ね气 i は f 。 二 

:: 一一に パ 流 g づ: f ^.^1. f . i 一二 は ir? 

之 I 殘。 0m 1 p. ffflt 



f, ながれて!: くお は、 imi のみ どみ 見えけ る。 

しん ^ . Is^f, され i ばに su 為 

P::: き、 pi 『III Ji 

、"/し。 



藝艰^ 



it の? f K ii にして、 二ぎ i J の f -f J:f 一 ? な- 

( I To なれぬ 貝拾 ひ ほら - 

pp 、き。 If ; Ju お^^^^ 

の i あげて、 ,4i せられ。 きければ、 tuHnur 

展 巡 鱧 (上 之卷) 

ま UPNfewi^ 



巡躔 —(上 之 卷) 



1 00 



? 、な"! は らか どき サな& りお 3 I 一一 = _ 一 HJlMiiig _ 匪 ョ|_ 

く 力 浪卒 なる 時 は、 漁 あ^ど ふが お Si り s^o . 1 く あ:^ I „ 

& - やく ,- ど..^ 力:? 5^.^ の ffc それ を 又 我から 好みて、 .PC 貧/めお 內 だいし さま 

御 i:r si のき 一 月、 霸 r す 誘、 ! おき 

"4( て; 1 1 1 Sri fl 重 

一き? る 蟹に S みて、 きで &hf. み』 "fisf もれ 7 an な i 

i • 、、コ へきす 度 s |、| 尊、 f \ 顯の E 

-し 「おばあさん、 どうも^い j| ねえ。 

ーをft^ぅたせ、 唱 もの &ち を, がめ て。 

「あ ァ": いねえ :•::. if f J-to 

「イン 干 妾 tt なんども, のうま せんが ::.:. おば ァ さん、 ,k rt^ f ! 

^a^re^tr- .-は ァさ/ 寒く は 荷の 中に、 妾の 宇 天が あ., ますから、 

^IniifK よ、 ^iffifr :::: 。 

ィャく 妾 は:! ん なにき い?、 證せ卞 にあ f おえ。 



腰」 



i な 1/7 , ^ズ レー JiJ 

鼻の? り 撫で、、 -Fit 



》 ふ ,》3 んれき しゃ, ゥぐ T つ 

「今日は 新暦のお 疋月 さう",. 



內に 居れば 着 1 でも かべて 



力 



りつば ど し どる 

. 立派に 年を取の だが ねえ 



1,3 



p:^^、. もう m の i は I 一一 署 すまよ、 て 居ッた 5 ですから。 

「5 て &、 なん ぼなん 5 て、 あん、 msT^O 

なんだ 、 / D 

ま ろ. (-^ 淚を る ほして。 

「お 田 1ひ 出 だす ま たッ て、 華 i に は i さ ァね。 - き 

- 昆 rr/ ^ 1 r て f しず。 I う si 喜せ う::: あれく もラ來 ましたよ 

「 , 1 ふさ 沙 ® か立ッ て.^, な L ダょ Er »v ,d $ むすめ 

g』rk〕 B0( まき、 .ii£lf t。 娘 は 

母 を^ ッか らヒ i きて、 I 吕け i の ik に 舞 ふ を 知らす。 

「ず しい^ i だッ たねえ。 

. 「11 にで も 這 入 は^ませ なんだか。 4 L お t ヒ 

「ま! 《1『 入な か ッ£、 どうもお さぎく ッて、 , 今に 死ぬ るか i ッな 

,封:; うしたら よから ぅヒ思 ひました。 

「おや、 まァ れ^の 慰 にな ッた. よ、 i 

「おや さう です か 

「どれ &k へお 出し :…… 。 

sij つ ,、 P &ビ 

てき f & ひり、、 又も 續く老 のく 4 



し^ 物 だね え. 



巡 fj (上 之卷) 



〇 1 

^fib^ilu I 





この & ろば や 



巡 

ぁづ! 



艚 (上 之卷) • 

iliii-i- -■-:_= ■■ I 10 二 

の も 前世の 約束^ やら 云 ふので. らふよ。 

「ねば ァ さん、 I 向 4 では! f あるで せう、 f くな I い m に、 MmfFTf 

ァぁ. 5 ません AO .T , 

「さう だね え、 又 風が^い てお る, fe, だから。 - 

思な i して S の 唱名に?:、 なれ r 街? は、 sifi itf¥ ir 入 

l^ Ji mt. im のぎ f ば?。 f Isr 人 も f す。 



► ぐわん じつ またむ c や 5 

一 て、 元日 も 亦 無常 



坂 東 三十 i の P よ、. ぎ i の靈 まに、 いおの 繁ぁ 

居ながら き spsil の if X へん? きまて。 

くち をら ' 

"れを 1 に 暗ん きに お fe^ する は、 ぎ s ど, i き あきに ig&g て、 

2 で £晨 はなし。 觀 6 の ii たのみて、 P 豪の 拳 "き 1 の If ば? &酽こ て f| 



身 If t 啦: In ftl え、 れ i き a 

i けな $ から o 

r \ J i ざまん <kl も .-^.9 ません 力ら o かる 

f :pl、 一 ほる: rvr"Tuy 

の g さも r て- i "すらぎ、. i おで 拊 から 寐 入る。 寢 入る 顔 

は: r ! ttsf U li きき ④星 

sliuulk き |?、 醇 f r i。 1 じ t ほ 十 は I 

ム へこう C>> "を! S 力し nsr 弓 „^EI 円ギ f さすが こ、 ろ t.c f 、 ^ r £M 

ュ, > , c きつ またき や 5 / ヾ、 4^35>ひ«^くて„^じしく 力 は 力 

1 の ir のる。 き;" ら ビーガへ.^、 直 W に 歸るビ 田 I へに? i リ fi.^\^ 

お よて ブ矿 S ひぎ。 にお i めの i び。 我 f 共に its の 3 は J 

:猶 upr i のま まし J るで: し、』 



し 1 のな き齊 州の 海邊。 物凄 乂喊ス a^.s^-< - ,にの 



娘 



、巡 鱧 (上 之卷) 



乙の f のがお ッ&」 よ。 z^^mfm 0-^^|^ 

み * 

たあいな &身ヒ はな Ay- D 

下の 卷 



〇 四 



か 4. つど やす ^^ImfilB^BBBBIBBBmuM 



起きて居る間は^41想に^^"を|^了 て ぎが, v^va. め み, t ! い か 

2 ^\ r ゆめ て r あき 越し 方 を 夢に 見る 。今 S ぶ は. Ig^ こ、 ぉ&レ 

たる 不思 儀の 夢。 ノ, して 力 飛 ひ 離れ 

ぐんぷく ^ タ f 

拿服カ^1,.5たる立派なる男- ぃゥ の^に やら お rx?5、 >- i ぉトん { 

顧の ぃ|ピれ も爾 ましく。 sr て わ £«ぃ巧定 :: 言 出 1 の 出 く、 サ— ペレ ノの 

Ifcf ば、 ssrr^ し H ほ丄 I: a 

if —hf p:lr£" 一、 r 馬の ヌッ T?f f 

ir f きれ、 f s 猶 rsjrr if 

るし き 一 i fi^h^p, 群 は の』 どよ〃?」 騎。 M 

さらば ど f に f I てば、. -^. *1 1 .t. や 妾い の ts もて 、何事, 4 きせん。 

?? わ tf« タ 放て は . ^々ど 燃お 上る I 驚き 醒れ ば、 こ はせ こ、 S - p<i ? 、 ^ 

の 猛火 立の ぼる ,0 れの みは ぶ. 9 ナ. 9£、 。 I ,.2:: 堂內 一面 白煙 満ちて 釘 色 

9 ォ,; ^Tl-bjfi! る .9 け. 9 ど .s^vぎて老ffi-をKが.iJV 、 (? C: y わ" t 



ist f も i へ t きずて i るく み 見れば * 安置せ る p 尊 f 

Mr I せき 爆. は f 九 ま f の J4!t 

く.」 まきて、 skfft y きき i ろし けれ、 H ず〕 根の 輿 丁; f ふ J 

ではなし、 0§mff 0.fiLO 祭 Vg まし やくして、 fsi 

かへ さんど、 f、 ぢ. 9 ビ 火に 近寄る。 a . f 

まへ たち かんしん > 、こじ >.ssr> こ l^v^;i"^ik、pケ<^Jの,も.sら卞寝人ッて居るからo僕なんさ 

「お前 達 は 感心お のう 此の 寒 いのに 僕カ.^^@<: - J - 

ァ たき I- でもして 暖まらな いさ 兎ても 寢られ な so . 

ず II よ, ち きれて 居し 老母。 



& めんく ださ , 3 

「ハイく 御 被 下い ませ。 



II くよ のべて、 嬉しげ に暖 りゥ。 

「お 影樣で わた、 かにな, 9 ました。 ミ たち この ひ き ばん ノ, 

「i がか 、ッて f の i お S ぶッ 5 け ま。 き 達 S 火の まま やうに f し£ 

¥ よく % おる 木 を 取 ッて來 るから。 り 二,, if ?.? へ み 



娘 巡 .禮 (下 之卷) 



〇 五" 



^ 1 巡 .驢 (下 之卷) 



^ か はらた くち よ, ち ー國 — -- _===| - 

俄に 腹立ち 口の 内に つぶやきつ、 I すがむ かひ。 

「ほん ピに、 もった S ない P する だ ど:, よ、 sffe}^ に Sr の ざ ,、 - . 

ゆだんで き I ヌ, J ^体ト が 者たら うねえ。 

- ..^s ァ さん 油斷は 出来.^ 5 ねお。 

言 ふ內、 歸 ずる! ^都。 - 

そ ど 

「外に はなん にもない、 こんな g ゑかない . 

投 出せる はお gigl^jl^ ろか ^£,^、 膽、 i いか . 

ほ 1,,^ 箱^ 五六 枚 男るょ,:^老母は赫ど怒み は ッたビ ひお か,. ナ., ,o 

I a 飛ん? な s ,する ひきぬえ。 7f ひ 力き け &。 

✓ > またき SSJ く 

® ろしき 力、 又氣の 毒に て か 

「い 、よ、 おば ァ さん S ゝぢ ゃァな 2^ か。 

「u して ::..: ! ft ! ずす るき I が f 

若者^き. に、 ほ、 笑ながら。 

「あ、 ばァ さん、 考 あか ッた、 fmff^. -ぅ えな なつら、 、 . - ? 

さんな。 Z バな 事,,^ まない 力ら、 そんなに 腹 を 立な 

^ん たい まへ 

「全体お 前さん は、 なんです nro • 



まく f しょ ォ」ぃ I 

「|^"、 僕 は 書生 さ。 わ., 

「は、 はッ f §1 な、 もんな に i れ なく ッて も,、 5 04iay tio 

「 へ え ー? や は. 9ml^ さんでも 廻國 をな さるの かね ェ 

r ヲホ 5, やな、 おば ァ さん、 おは, - . 5 ^1 おや お —や. 



親 を 親 ども 

さ. ま- ,ふぼん, 4^^^ 



ーヲホ く,, v.^ ゃリ つ、 C/ ョ i い S § れ みもち わる 

こ、 I. S は ?"。 お ^ き 一",^* いみ 身の 54 ばな し 。らめ 母 は 云 ふ、 實の 息子 は 身持惡 . 

體 eiiF る 1、 きり 1、 !虐! - 

::SM;ir 零 ぎ 鍵。 1^. きに 河 ー 樹: 

こ, きく,。 き! る, J? ぽ r:i;^s!l: 纖 

to 1 疆ち知 i ひに? さめて、 ff fo 柬 驚に 驚!: 御! J は 顔 つ 

は? て f た玉まへ さお 30g に はきむ 村の 伏 I、 館 山の 観 

11^ 西 。東に は 昨日 通りし 砂原 わ. 9 用 *1 て, 4 き 3〕 i ^f. i i 

i r ケ ii, ぎ, ま s おさめられよ 11 、ぎ。 sin 

ゆかし -、 s.9(. わ ちらよ. 9 も、 ^Jちらょ.C^も、 終に 姿 は 見えすな りぬ。 

一?^ - め- . .TL,"^rc,?-<、 xま^^りかiu.sMッて.&は-^、?&i何にりけてもはきくどせ中o 

さても 奇妙に して 又奇又 妙なる は 今 まての 考 V,. ...in 、 1>— I I 

ma 銀巡譴 (下 之卷) 



へ ii き f 



步む事 ど、 駙の &r し 1^51 お 

ばい くち/ 1- ご 《 

S する 口答。 ふれ もき か y きん あ 




一よ, oir- 



力 i て 力ら は、 心 持 元に か / 



、漸く 一句。 四 言 五一 一一 2"rK へば、 



ぬ 



(完) 



養へ < 







(其 一 ) 



ちゃく あきせ" f 避して fcfp て P つ gui^i てして つぼ 

きながら 足に のみみ ^ をけ 蹴る あ. ,0 r f n フ賴家 は淺き 處に滿 ちて、 手 を g+ 

き il してき: め 目 rH"r 無 一ば? tt 小 E ねて f i く t 

f ? まレの ng?: お 2rr"【1? く? 1 きる きし f 

LC^'-§ 1 ひま ミ.^ .>ぇ 肖. 5 て 木太刀 を 造らむ £ln ふ も あ. 50 お IJPTgxs:^ お 

れいて 水::? ほ 様? t r 飛き く f てて きのず rrf じ f も?。 き _ 群の 軍戯 

I ま If f f i;" け \^ お ミ r 

も ある。 3i ノな ひ^ おた— 大きな 祧だ 。梨 



いちじ 



HI SI I il Eilg—l-iilni- I5i-i5iliilil t /t ^だ ながれき た 

r?g?sf i し? i し&の ザ,. しおる, I 亂れ な? I らお 

一 f p - たくさん ( 

私に た. i ひて^ん ぶ. -こ. --さ t れ は.,, ^澤 山々々、 i i !し. つみ 

i 尉ジ きして あれ 条 f あなし。 霞ず, S ゲ、 III 

まれ? して,、 まお きひた るき S せし も to ! か、 

§ のきぎ f て囊あ tfs ある の i^t" 片手 4 麥は 帽子" はえ"」 し U 

:fffs0K 0titio 營く 縮れて 獅子の 如く、 鬚 ひよ. 

c め i& さわ •J 

0off pf の if E ?。 ま. n 



ゥ。 議で囊 か 、ト靈 に i け tpif i して。 - 1、 

こた _ . 



盆燈籠 (其 一) 

nrlrr^^^ —— —— —::" u 一一 ト ps^x 





ひて |ふ檨| 調子に て。 さ 左ぎ、 あ & 

3.^-> 丄 • ら. ながれく もの fr ふ づ i ノ ^ . 



;り& > 乂 .ら ながれく もの すくな ノー 一 

- 淀の 子等 は 流 * る 物の 少 くな, たるよ,^、^ ひ I ^はず" いは え ひど L 

J. h くち s / 上に 目 を 着け 岩の 上に 人 ある ^ を て、 ま 

彼の. 賜物 カヒ 言合 さね^も I 同が^ を瞻 II I i1 こどば 導 まて 1 て: ,5 

げて gjL い。 一一 n メて W 次き の 言葉に は。 もつ ど^: 

J^t- ど む ち 5 な よ 

旅. <は 夢中に 成, OV て、 好し,/^ ヒぅ, よ 、、つ., -,. -、 かばん ど ミ . 

置輕 励 肩 

tti. き" て fiani 

(其 二) 

u^,. お 野の 鬼 f も f し 。ぎ 

UH 、 If くば Tift Lpr^ , . 

れ 早く 上? f されぬ か、 おい、,. れ if e も P り If さか t 上 s 

fif ........ 。 a ァ、 又何處 かへ ff§ うな。 

ばあや こ、 ゐ 

i. 此 所に 居る よ、 ト言 ひて、 i せ 瀬 にがおけ 旷 . f si J . 



如何 

あが 



wylfflK" る; きも f れぬ u、 r の 

^^<f( ト if ず f てず ぬ。 Jtl 

『こ n が F てぎ は、 I?, i に f 4、 I^M y 

は,, ずな かく そ,, ノ ナ,, ズ、 い 一 ちが ノよ, (.i まりて、 瀨々 の 音の み 岩に 響きぬ ち W 

見 幕 t 々に 恐ろし けれ は - ^ V r/ rrj^ 1 " ? ひらいし 5rp:^rK-- 

I 4 ン,/ ,5 ご條 し、 if 女も^ &こ 下. -て 火の ii にぎした る-牛 石の 上の 衣服 を 取 

on. 0trMf fill 袖 

fflpffi if silo 

f れて i、 ず f 御せば、 SOM に ふくらみぬ。 s ,^>. , ら 

B き l。l ききな s まき^ 

ぼ i し か rrrs"::: "、 rin す I き、 ぎへ る f 

ey Mnp き I If I し、 . 



盆 燈 籠 (其 三) 



やが る-ま f きれば、 聽に r れ b ぎ、^::: CTHrrrm^ 1 

t f 蟹の i のおに、 ? it(r/ r けても ill." / 

あど り. 一 フミ r る- G-rlJ す クほ 》ONjJ^,9 て、 冀 fMO/ ,、 ド、 > ^ 

、 i i ま i ^眉へ た c 弓 かれて 行きけ. oso 

の 去.=> たるお 喜びぬ。 ^ f ,や "出 L 赛のカ 原に 鬼 



) . よろこ 

の 去, o> たる を 喜びぬ 

f 帽 f r、 t4 あく rf^f をき: s ど、 p^t 1. il のず て 

0ku <h ニヌ ひ. & もど 橋 を 尋ねて 急 足に 去 6vgo 

兹に 茫然 Ji 蓄えけ §1 な |-。 》 



> > J か 

力、 急に 皮 



(其 三) 

21 壁、 き^の 藝 撃の i のおよ,, £1 れて、 i ^ f . , . 

f[fF[^.. につ S れ 力て firi- 垣に s、 in 



4 婦 J きまが i:"。 



ノづ, -ョ| ふ J、l ズ を s ヒ たる; g 

あ-. -。 これ を 連れて たる, か, も あ,..。 

旅 1 佛ぽ rfe4 び、,! きの i.4p?。s も 一お の . 

づ 泣かば 切 i して もど li こぎ 殿、 こ 船 力く こえ あせ ?母も1^^の淚を湛へて、 誰か先 

I ^し.,^ 我 te 禾 根に 《曳 く 水 手が 苦心、 汗せ に まぎらして!^ くお .2 わ" ベー 

は 二人の 樣 子に- f なれて、 乙れ も拔 g 、 Is も を 拭きぬ。 童 







つ-, ひ 



き 



1 



ipl き: i J ほ醫 

--し ます お"、: o 、?" ま? 5 ら A こ暮 して 居る 事 ど 思 ふて f i11 

, き、 f 1 覽 H 菌? £t 

ff. 何 飲 死んだ。 我- 41, ん たな. 1 しの 2 

SFO し ii ききて、 4 MtirfTf 

!> ふ まり で、 m の s& ん でぎ?、 知ら 卞に居 I 奢 r 

どよ。 今日 も ¥の名 J J てお-;" こして、 £: に, V は r ながら、 if 

い ¥、 ffKtfo f 好い き 一 人 遺して あ—, 

3^ . ひき や 5 I . 

こ, が i く ビハ、 T まァ 何ん たる悲零 や。 



— 一 一 一二 

"^燈 籠 (其 三) 



盆燈籠 (其 四) 



きみ まん ぞ, 



1 1 四 



足 if れ、 at fipf ti^ 

が 詩人の f でお らう か ..:•:. f0ff$tp. ^^p. . 

せつけ 》^ きし ひや AT すね こ 、 「4」 こ £vs 71 fi^ 

? J しひ: る? 萍水、 ?所 fj: ぽ さが-、 ss&ti&i, 

我慢の 綱 を 切りて、 兒を引 寄せ、 聲を at して、 も, きくな 6SO - 

(其 四) . - 

f 涙? な:: 物 I あ I で P て f き、 ^n&n^^^pip^o 

^li^nt i き i の 還に て i あれ? きぎが、 fff 

義叔 な:: r!:?.: S 付 f rf 。 仔 f はむ£ あ f f i めば、 p«rnbl^ 



きつ, 力 雄 を 水の 前に 押 遣. て o. 

-L 了. 



乙れ 力ら 若の, たよ, なさる は、 此所 にぎ るぎ が 〔御お や ほ^こ 



好 力く た 行 J^l のみ れ、 ト矢 I ながら i ひたる i にて r ぬ。 られ や if i し 

て 語る 能 はす 首を^れて A かに 鋭^, 

&し さま あなた fe ^ * こ ヒ」 つま 

岸樣。 貴 1 いの 御名 は旦羅 から、 好く, て 知? f する。 f,0f.tf 0<tt 

J misfit ,の &f f ?、 や e て if 、 f . f i 

fs-. f 、 f . ?¥i ま f は? から、 0tf?f 



言 ひつ V けて 死 1^ しゃ ま プ r さ、 き— : 、 Tlj ト: is- ス.^ さは 4:^0 其 機に 弱い 



や - > , VCS^JW デ?り まし 4^0 常から 疼肩够 #1 フ ^ その. ズ かよわ 



0,^^^^ 皆 死 まし 力 力ち ま/: J . t だい こど な- -' 

^の fly ,5 のこ & t^;^,.- onfo rn^ 一 乙んな事に成らぅどは ^15^カ《5^き 

の、 を だてに いりまで も、 || つて 居 やう^ は 居,^ も 寄ら》 一. -んプ f ^ 

から 知. 5 ませう ど。 t i おに"., 0i, サに/ s^^u,、 Sri: ^がま で^の &で 如何 

Z Cf0f. i:^ ,.5 御 ざ痤る やら 知れぬ &、 御 報知 申す 事 も 出ず す 今日 力た 日 まて! L"Lt々,,、 

たよ. 9 に 居ふ漬 ま U f おやな こ あな,^ ら- 、 , ^ 性で も 

: きゃら? げふ f f す。 ^^^^ 



が %J、 bp cfe^DR^ Affn ^ J-J^ • c J ✓ ' : , あ 、をの どき ちそ, 、し 

i は: し f?!s き f に ま! れ 

お セ. る.,!.」 ?, ら fe^ . >20 」tJ5<f.&,,, 卜 4^ らう ど は ま— 力?^ き 



やら^ ラ やら 育て わけ SJifJ^ ば 赌ピ、 f f . ん: には^ 

おや, y ま をし わけ 、 ス U にヾ >o-l^ C ®7P 耕し 穆ち 1^, な /pr 

に.^ で通ハ します る- 



に $ 通れ 2;" お、 f.^f ^14^. 

n ど!:? wiisfei ん でぎ 鬆、, f のま リ s 

げ人こ X 人 i 話 "HIHVi じ IT 人 V If 14、 i 

樣は此 所に わ t 走りて 親? 所 み!: ぶ。 1 も ひ他ゲ は * 矿/ ま 、但し は 

li 1 五 

4.1 燈籠 (其ぎ . - 



^の は 其 所に ど、 皆々 親の 手 



盆燈籠 (其 五) 一 一 六 

わたし しん じつ さ おも & か あさま r s^o, KM ざ 

妾 を 眞實に 左う 思うて 居な された のか、 ,坊 の 母樣は rJ れぢ ゃヒ言 ふて ……: 鍵 付いて 3. 御座ん した。 

, k a>0^ あの 上 やう しん かわ わし しゃ をな た く しん つじ やう しゃ しや fea し, e 

おう 乳母。 黃, M の兩 親に 代って 私が 謝す。 其方の 苦心、 れ までの 熱情、 謝す、 i す、 ^いに ^す。 

わ.;? た ひ さんす: P あ ひだ す &ぐゎ & いま ねん むかし かへ ふた、 レ Ac- くだ It あ i ク 

私.. P 只う つら ど 山水の 間に 醉 しても 居られ ヒ。 今ケ六 年の 昔に 復, cv、 再び 人界に 降って 浮世 を.^ 

, きを さ SS し. S みなし くらし み おれ ち、 ^、 お i Lo^ ^ 

は、 ね はなるまい か。 乙れ、 力 雄、 もう 慘儋 孤兒の 生活 は 見せぬ どよ。 我 を 父 ヒも修 ども 思へ、 此義叔 

5 つく も V あだ たび 5-^ 

は 美しき 菓 物を與 へたる 旅人で はない か。 . . 

(其 五) , 

き 1 ん^ ゆし^ あかね さ VI いで な、. L がば を くつ ゎづか t-J み L らく もた ふ. ォ ムもビ ぃゥ. & 5 きし..,, 5n?o 

霧 深き 朝、 赤 根の 里 を 出て 名 無 川に 沿; 5、 轡 塚を撗 に 見て 白雲 峠の 麓に か、 たる 一【仃ハ、 岸 S 水 It 

一 as^ S ち I ひや 5 ひる ふる かばん かた か りきお あたら き やばん ば わら あさ 5 ら 

力 雄に 乳母のお 市。 萍水は 古き 皮 籠 を 肩 よら 懸け、 力 雄 は 新しき 脚半 を 穿き、 草鞋 を 直し^て 麻裏の 

fr^t 3 、 ち ろ .:^^^づ,:み も この あど L たが ひく ち さ 50 もみお く た おな むら 

草履な ,90. お市 は 布呂敷 Q を 持ちぬ 此 後よう どろどろ ど 從來る は、 小き 友 を 見送. CN の爲 め、 同ヒ衬 に 

せ. S ち, Isjif おな が. _ く か s- かよ おな かば およ なかま ひ &ろ い たづら ものけ ふ かぎ A どな みち? た >H っビ ビ 

成長し 同ヒ學 校に 通 ひ同ヒ 川に 泳ぎた る 仲間な. cvo :fl 頃の 惡太郞 今日に 限, CV て 音 無しく、 道ぎ に Sg 螽飛 

たれ ひ 303- どら これら せん & & ろくび き お ほいぬ こ いぬ くろ しろ さ よし 

ベ さも 誰 一 人 捕へ む どもせ 卞。 之 等の 前後に は 五六 頭の 大 犬、. 小犬、 黑も おら、 白 もめ .oz 先き に, # ^れ 

ねだみ ち ま あど きた くちぶ わ よ 

る は 岐路に て 待ち、 迹ょ. 9 來るは 口笛に 呼ばれぬ。 

りき なに いさみた f( あろ たれ はなしか おも め 5 ども だち 。 ば s- 

力 雄 は 何 どなく 勇 立ち 揚々 として 步 きつ、 誰に か話褂 けたく 思 ひしか^、 妙に 友達の^ら けたる に^ 

あ >ひ^ , * や. *i むか ► さ こ をち おくく ど いち た ふげ ぃ;^>' き 、らしよ 

合 抜け 止 ひ を得卞 乳母に 向; 5 て、 何處 まで 其方 は 送, 吳れる やど 問 ひぬ。 お市 は^の 項 上まで 一 所に 

ゆ いやす いよ /1\ どく. S み 

行く ぺ しと 言 ふに 安んじて、 彌々 得意に ど 見えに ける。 

jJ3>Jnt3-mg——813a—a9 a _ sl l— _=lll=i,w5-<gs ll ■■ -■sis— m n—mMgsusls-w .l sliswsJgwsfiw I— i -i! - i n- 一 ——| 一- _-——_^|^^^|||^851 



こた ? hsr^ 

£i;::rsi、 gi きし、 き f ませ"; Hh. 

Bp , f c. 广ノて も 飛 じ IV.? 、もう で 止しに 仕な され。 さあ 若よ 皆さんに あ^ 

i 別れ 申しな され ト注 きを 力へ》 iai こき i ^^^rp^o 

^nt ト i<l へ a。 さ!. 服 

よ、 ト.^ 郞ビ言 ふ 子 は 答へ $^ 



铲 f て, を f 、 S げ てき はせば、 f^^lllf 

わかれ : - . 1|?«ま?;^|^ぉ_が|^に^礎して。 詩人の 叔父さん、 左樣な 

5 れで i ず はすな おのか ト言 へ," 孑 供 達 は 又 萍冰カ は I. . か • ■ . § 



L つ ひ £, 

では 失敬 1 



しっけい 

失敬. 



I .s^^i^ JLe ^ ^ ト pi へ 》5< 一. ri^ 、- ヒス フ- C _ ノ—, ! 1 ,」 ひ 

ら U t: ゝ r か flss。 f に f な£| ら、 01 

p に を げたる むビ する 力 雄の に ま s.- つく.? t 




ノ 




ill 
I 



, ■ 盆燈籠 (其 5 nu 1 1 i 

いばお ほ きんばん さんにん の g Ic r3 さ .|^|88«||«||^|3|--| ---= 壓---_|||8|||||39 

岩 多き 急坂 を 三人 は 登ら はじめぬ。 尙 小犬 を 先き にして 二三 の!! はきた I しが、 あのよ II す i ろき て だ 

6N ゆきぬ 

麓に は 行 を i んに して!:!^" のき liflu、 f の iv に isgis て! ^さまし。 

りき を きふ さび ひし たず ふ! 一 

力 に? きね ぼき 幾度 S た-ぬ、 され?!: ん にも r き!。 ^fff0k 

乳 * の 顔 を 見ても 同じく 青し :! つの t に tf.: が,^、 & ちて ipfc かつ &| めの ir し。 

f i s> ま やま な きふば, レ ,、 

山 ほ 生れて 山 は! Isfijuft. に U? たく. *f P に iri の隱 く、 1 

£ 音, か f 。 皇 8絕頂に達 すれば、 靈 i れ、 菌は griv 囊 あのみ f pro 

_ き 拭 ふ £ く 晴れて、 お rry るべ し。 if f i けば 霸、 f r 力 f i、 I ぉビ してて デ%ど 

^ ► f > - ' ) , むか ど 5 き やう さ いづかた - >L 

分ち かたし rJ れょ, CV 向 ふ 東京 は 扨て, 何方な るら ひ。 

i の 標石、 S したる て、 ft^f,t0^o きひ I 雜? き。 

纏て 乳母は手 に 持つ 小包 を ,のき? ず S に i びつ け、 f か、., sip? きめて f て。 

をれ で"、 若、 もう 此 ft れ ませう、 ト r ふに、 ! きき f けなく。 き!: くの か。 a 

い ……: 。 教^, ト言 ひながら ま,- かねて、, 0^^^f,p. め ngfc.c て r 返け て。 i 

をち さま タ ^ Ji 

事 も ro れ から は 叔父 檨に 御た よ, C なされ。 ¥ t 対も^ 鶴み します る さらば、 ト In ひき, ctg に 力 i 



f$ i の f に f て 姿 は I。 

(其 11) な ^1 ^^^cri お if 曰し げ氣: をみ 見 i してた ^に 立ち 

? y/ せ 船 まもせ ざ. 9 き 。お 雄 は 泣きた くも 泣き も ひれて 泣ず 名 irj^l る r きを 

呼へ え" r らき ふ? きき や. 5 こ ^鉞ふ大きて さ J しからき 二 S が 輕くカ 雄の 肩を扣 きて 何 

2,90 m に 聽く老 鶯のニ 聲三聲 夏山. 展吵 きて 漆 力.' こた なほな ) 'op;t 

ブ r ""つ r, わよ c^s りら S のか、 上 f され ど 答へ S 立てる のみ O I 力 は 

を其の樣 に考 へて 居る 乳 きブの 力つ ノ r ^tto 

いつまでも f て i4 ヒく、 "を? ひ tv. 取&て 。へ^ p へ k に f お f 

こ、 てま ほ 、尸ぶ i-r- も s/s け AO サァ をろ/ \» と步ま „ ^力 S ュ a. > i 

此 所で 手間取て "日 か 暮れても 宿 〈寒す I I . y . :155^-.こょ||ぎの 

はない か 乙 S 限 r ひ f r .H,st^>$o MTf0so<f,r 

しみ づ、 々;、 り SI ? らゲ めた 氷の 樣な * の 出る 泉 力 裨 J 

淸? 言 ふて 岩の.^ 力:?、! 1 に! つ ; ヒ T ノ f て iT ッ f て; でれ からず な 山 を 

lilUn ふ Ir わる of の淼 、唐傘 松 、小さな 山 をーッ 越えて ヌー, fx /> ごまつ 

^ uc-^-fc ,s.s' けしきみ 一、. I ,7-5:11、 ノ, A こ 一 了. A うで まな S 力 

ff どんなの。 li^^conH^. 

まへ *A み /に 5;v. に r>、 ご e も p 、おに 育ちて 山から 外に 出た 

おうお 前 は 未だ 海 を 見た 事かない 力 を ゎタ其 箬丄, み k >^>fo.t^^ 

/ 4 ^^^-^^^>||^^. ト I 一 n ひ. & がら、 身 先 づ坂を 降..^ 力け た..^ ブナぶ も.. - 

o さら V- 少しも 早く 海 を 見に 步 力うて..^ な V 力 I 

> ,- し J=J が . 

がな く、 すた ij 從 ひぬ。 



盆 



そのみ づ なか C 

^r^crb f i I いい . 、、 3 お 一く,》 其.^ の 流る、 方 も 故嫩に 5 むきて ハ|: くな,? 

;追 にて すれ違 ふ 旅人の 赤 根の 里へ もま rvT ^FMy 、 ^ i r、 L ^ 

f ,^t^ . i ゆき r L み.? f へ は f 懐き V もも 起うて、. 成らば 傳言、 、が 

義粗カロシ>1^^めて:?^】.£^^,,31?«:牛>は3ピ^>. . み. て. , むら たく r る , ^ 4/1 



^^.>,^h> ゆきげ L ^1 み 1 す; くだ .-^i マ おら 3 傳言 の、 鳴 t> 、仕た し 

ほ 力 Si 極 r し說立 雪 解の き? r ば、 fmf0i io^^^n. ^ 

無 川の 蔓橋ヒ |<ぃ したる il^ もな く。 f¥ s^. J ゅづ fi:: の 曲 棱涉れ さ 名 

のず い、 I s}^ ヨ iH- のォぉ 何程 も 珍ら しいら お 1. や 4 ひ : まゆ』 こ、 き 

ひ f ま t ばた. たけ^ 广ぃ 2 足つ 力 % い ト K 足 弓きながら 行きぬ 

見 力ね て 萍水は 道端のお をき,.,、^ Lr てきぐ ら さ。 : f ^ f み 

つ ひ みづま むら ちゃて. I .2 > 、、 

終 y J ュ;? i:、 f r て rF ぬ。 ¥しけれ|、 # 

着て 此 f i で 、愈お^ s か、 ぬ。 if KUFJ" 、" "た . 

w^.^^^^io を.' す、、、 《 おは *^ 子 ど 話な 力ら 行き、 馬 は 首 を 低れ て 尾に i を 

一 人 f^r に? f て、 ¥ は Ift にて ゆ? く, 一 

れて" 追 r はヌ は" ^ ratf^ 

馬上" f れて H 足の f も 51 れ、 



i s , み J. ひ. IJ」pf 1、 i いて 2§に,っす れば、 ,よきる 

s:^ に.: に fiiffgs れ? S5 くも ぼる I し"! fl£n 

ノ ずて、 SMS.^ へ ぬ。 おき は if ずぎ へて 馬 には道端の草.,」 一 01 i 

もビ みち 力へ 「 

らして 元の 路へ歸 しぬ C 

き? Ifi.. おて。 Irsv 正る まも t うか。 0JJi If r 面 t:; 

.P^F, ト r すて、 f ぎ tlsiil ぎへ f 開き て、 力 

こも A め、 自分 も 食 ひぬ - .'--s«i 6 M しょくじ し ゐ, 

腳 i は なき! 4£g て、 きらお r が、 ず if し は く、 up 

Ho^p ! I ^ な 4f る 甲、 船 i?sr そ^て i& ひぬ。^ 雄 は 

$ が 上の 冷 氣に汗 を 去. -て 好き V ん I になら f る萍水 f^^^l. グノ ^ si f ク Si ナ 

ひ r この ュチ I お f ,5 いお ゆりれ す 。せがなければ ill の に tl、 .S の 走る を 見て 居.. ナ 

午睡 を 好まぬ 上に 旅 励れ ね は f々^ られす 、.. まブ l4.-rf P だ I 4 し ;で :K丄<^ 

り。 imBtt らさ きして、 ほ , :. . : , 

: 盆燈籠 (其 七) 



I- 盆 s M _ (其 七) I 

み tsp- f た .- — „ , 一 ニニ 

«w 降す 方に は兀山 重な もて 次, 辦,, ;,々 こお &c^r > 、 ^tt 5 ^ I IJ1 

f p i f 一 , s. に 田 t、 州 t、 森ず、 ft 

驛 I; ず 1 又 小山 重 r て 果て は藝ジ n^^lo^o r 

"於て 力 雄大. i?。i>ii 一, しか。, i f ! 

目 4 んき SI れ しなら ひ。 f ぎば riff f sf ぎ、 聽 . 

何 II。 してす i£i§lf ;; 声 P^^M 

k 歸. ぬ。 . 1ミ>- ^ヒヌ 元 



檨 

しゃでん かへ 

の 社殿に 歸, ぬ 

^>^.< . ひや 5 するめ 



して 萍水き| し、 I し 5 にき さぎ S f .pf >i^>. 

to これ &へ はな I して、 io ま P む 1 i" は ッた のか、 

ん か。 f、 ¥r o l,?f . 義み叔 さん 0m 

んカ 海 か 無い もの か 。杉林 を 出れば がくが お な K み C 

: i$ i t 2 l>v^. いえ 見えません、 」.H* も a や 

" 兀。 山 if : て: き、 g き I?" ^ 

,7 hljl! £、i です。 i の f のが i だ、 ト Ir な 

力 ri ひ 1:14 き f 。 s、 ii です。 0.fah^ 

トー 1 に、 萍水思 ま 打ちて。 きく ぎ, だ. お g の, r ず f 。 e は 

き 零せ; う。 ねう、 f Hii f&p^^^ 

I の s の 事 だ。 ぇッ :...:. 。 ま f て f 



* ^ 5 みく もみめ づ z > 一、. Tts 

i^<Mpk^0L0o f はぎ t し; 海 iis らし 力ら 卞 r 

^ I o ばらせんた ,、ばう せん. 》 

を f してみ 見れば V 何にも ぎま しき 物。 きれて if 茫 f 



? f る i、 1っ1きて警き 



ヽ ^^のまに ii. を 掛けて。 



ッ たらう。 き 叔 さん、 海で し? ん。 

おれ 

^ 



ま 1: だ 力 雄、 « で わ 



す 



も g は 形た。 ^^fmfff0p^ - 1 



ffhfai きぎん、 私 は 海 は 好きで 



東京に も 海 は あ, ON ま す 



; g さへ われば C- 人 。き^さん、 § "海、 が 好きです。 

^京 こま、 人每が ある C V ゝな ft さ 〈f^.^" 14^ , す 

I ^2fs.^o f0a をれ に I るの は 組 何お。 をれ も 好きで 

では、 れ 前が 鳥 50 見た 船 は 如何た f ネ,? 

S- きを か S ぐんしく わん ^II*t,/、 ヽ0 

す では 力 雄、 海軍 士官に 成る 氣 はない 力 

4 V (其 £411 も r き、 g ぎゝ 了き し に は ひお にが r られ& るず なし。 

Mlfa€ SM5 S リ r を こ くミ键ま? 

着は傑作を出さ,5」ズ|き1;1|な顏して0男もれな:^ 

T^t たるきの、 礮 ずの まぜ ずれて、 l.^kn4^^ / 

S の i ひ sfc き る 種 重!?。 

PS? ,の 1、 i きの? s^itl^ 



に は、 いん 6i がわる。 



7y. 



きし ひや S す ,Q 



盆 燈 



(其 八) 



ニー 11 




. ^燈籠 (其 八) 



一四 



水 の 簠 5; 價を 知る 者 は 皆 泣きけ 6^0 

岸の 住 f g の議、 01sts0i ffr^ . I 

^h^. r-^)^ ひ. ずす ゐま i « 言ノの な. =^ けむ 手を盡 したる 建築、 ゑ 

る 机;; 士 1 單 |1,|のきみ。 I! ま, r R 

:s 箱弋, ug ま ぼ ビ, f ぶ I き" r" き 



と 座 板の 高き 間に 道具 小.^ き は C- &LO 

また 5 め.. i ば . i け 



Mwi., Jif て、 ff if 



力 何 t なく 5 不自 f 、 Irlki ぎて f i めぬ。 

唐 被 一 重隔 ちた る对 の^を?^ ぎの ij^ どお め。 0.0^ n, i i 、- 

が.、 の/お s-( I ?か j 定 ri. 机槻 本箱 は 桐 其 他の 文房具 は 一一 一 in ふまで もな し、 が 

ICS に 求" 1" So0if i のき r f !。 

出 來?, 道具 aB?.: ^n-in?o も f ? の Ifv 何して 

なん C 



かよ ほか 

【通 はす 他, 

なんじ 



J 時: rsrr& ベよ..、 きして, のっき ff ぬ。 

力 雄 i^^lgfl す は、 0rl-it ifif 



ぬ。 $ fo ?, Ti の if f 卞ば、 , に, 卞。 有名の 遲讓が 生, ての 讓 

鹳れ Atw:^ 六 ケ^^. - たる, ろ は。 

W きを "だ 1 な 、 &リ旷 クも おち 乂£ お: レ、 ュも らー T き.. --of, おお 新聞社の 18 途、 

されば 力 雄に 友達 少く、 學 事を勵 ひも^ 叔ビ; たら ひ t.. ゐ い 、—はり 卢 、みく づヒ % り、 

ぎんざ ? 一 1 ん./ な c、 乙れ を II ほ^の 泉水に 入れて 烟を おさ if 

5^』 坐 乃 一 物 ハ.^ に立& ^.9 て 一 >.^rf^ 物 b つ J 才タ i ヌ ま" r お 

M^tfki liln^ofl. わんなず 御 

f5s る i ならばぎ く. s てる も ローが mi に? ま すなの" ! ゆ . めづ もの み〕 r 

お g がの き は;^ お f i しき i の T つ f 。 $pfn 珍ら しき 物 まて. - 

ちし な たっしゃ ある, ' - J-0 . 

る ほ,^ に、 足 も 馴れて 達者に 步 力れ ぬ た $ 

S ひなる は羅ぉ i 、乙れ に ft は i な 共に 頭 は J さい, : 、 

iai の? pff?? ぎ、 f 曜 1 作! 詩! I 

ョッ k ッ讓 せし s。 f ま攀 i. て, の, る を 常に 耳 傾け ^き£ 



---IP, HL ーョ p J . I ). "i お,, :i つく わ ひきしま げん 飞コ 1^!^ 

^01 S したしむべき f 言て は、 ^J^l^4J^^.^^ 

i §1 きすべき i、 ilt<l?o.^^^^« 

の S きみ £、4lf る 蒙、 きに 1 ず きられ siil^s- けむ。 H 



盆 籠 (其 九〉 



二 五 




盆 燈 

&ヒ あせ f>sf. 



籠 (其 十) 



て 玉 ま, ぬ。 謹き て ir,wiH;7:tti..n.. 

I て 作詩 は 苦しき もの £ぼ ぬ。 mthilf^^^^.^.. t 誠よ に „ir 力? れ 

濃 へ が f 酽!? x«t な购 だ ^£ 吖? 1" 飞意 はし.:、 秋の が" 磨に ぎ" さびし。 

i も i き f き u£4:、i: 机 r き 置 ま。 ?對 して g ま if な .0 

< ? B き て 我に も. < 形 を 求めて 被 下., In ぷ。 ? -^C.tts5c> J.^ わ,^ ま。 

この &ろ ひや, r すゐ た f へ 

i 墨: S: 謙ぎ III き 

U ひ々 up ま, I の^ &r ?。 f 一 igfif 、 f 

の"? を 待 ゥ聲は 市に 滿 ちた. 90 されせ も 慰 ggi 待 £M ^たお . てん STrs: さ r t{ 集 お出 版 

か f 力を入れて ,f I きら s 折。 ifii^fff 



■I f JJ " ^^- ど釤 おし、 1 も i れ たる i を i.9 て、 に 校正 を 染める ビ雖 も、 を 

ビ、 夜の 目 も 合 ハせ卞 詩 刺 を 使役 * I C t i i めく si :A 

^を: し、 If も られぬ 眠に 就き けら。 C ち rt i へいき) 

1 がき Lvt しく、 ま i し SI St き、 

:れ し:! I き p きも f しくず, に:!? |i ましれ tTlnls 

な: くだ ,r おもわ.,、 ^か 板に も 力 書け さうな, C.O 今 ど 度の 日曜に 散步 して 何 S き を 見 A 

jp え、 2-、 下らぬ 條も わ, 9 Iuli^ 力ま £ 力 51 S 1^ 

たなら ば、 さう. た。 i も! -5- て 見やう や。 II : 

レ - W きを dK>&, :s '-^ >50 ^务リ き/のま 本 新聞 翻き ミ. れ A/ 

ひや 5 す& くしん S 、 , 、ノ、 J^)fi,J-t^ >.-^AV<^^^ft 6. P 一,^ S f ^ さ ー!ま 

sif.^ り iin^-tftlll ふまで もな し カ雜の S ブ. ISVJ-y - - , ;.,' さ ひぎ,? i 少 、 

ずの, g はず;? m4 るな..。 早 や 午後に 至れ £賀© 店 車 持: r 

M^via 1^ ちに ii5,」is1s" へ 飛ばして、 苒版五 千 部! ザ, - , 

:; 一 P: きして f i き、 f aiu^ 



I i 二 七 

盆燈籠 (其 十) 



盆燈籠 (其 十 一 ) 



二八 



此 4 力 y 驚 ヌつ掀 Mrf な成| ft たく > it? まき?。 雲れ & 

へて 曰 aH。 JJk af fii. fii 

きてき 防 は、 草木 SI すに f て、 ii! miiio f 

聽 いて 如何 も 分らす。 

(其 十 一 ) 

此頃: 軍! f は 通 t: 猶 £どす 。 iuni f&f 

待 ほて 咱晚 よ:: 支度な し、 ず や 零 ? ボンのき、 きに 環、 si 



ど 小刀 i 包 I 管 を i し si ぎ をぎ け、 i いき の 



飛んで 出で ぬ 



紫 $ の 細き 杖 を 手 に 振り て 一 



ま ち ばな ±<c L 

II は リ1 て 知る 身に きき。 gf piir も、 ift Mi^.§ 

I H つ? 着 r る F の i ャ、 ぼ sii き- まぎれば ir る 

一し 實 木の葉に ずて 落ちて t。 のきの F 越しに 1 ぎる きのき く、 力き ゃ屋ぎ £i 



) さう に 眺め 



【 



の llf て ilf ぎ: ぼに き 見て: iif ば 

お PSIr しぬ 。iKf ぬ 野 p か-.. ては 讓 上げて き 吟き 人の き 見れ は 

傳 If i き 1 み。 f I き: S<^J 

き靈に J るき: irf-: 

. ん ば / . f ダ ク, かム r り^ を i き、 i き 岡の 燒 芝の 上に 橫 ft- 左 も-^; S ソ > 

"知 ぬ。 艇包、 麵包 どつ ふやき な 力ら 皮" U の.^ I こ: 1 にも ベん? ^ p^l^^ 

i, み J ^k. は |S り: こも、 1 乍 人 共の 辨當を 開く わ り 乙. fTN のヌ薬 s.i い 

.9 たる ¥i を はじめぬ。 見渡す 田の 畔 ^おの 上に も ? 

c"t^A4?t>.^.-。 ^^は靴^?を!-み、 犬は飢ぇて吹ぇぬ。 I - , たね %、 み,、 

る.? f くても Iff : i まます 程 M 鎖 

I r ひ 5、/ ; >L, fi0^f. が雄铲 起、 鉛筆 を 削... て 耳よ 挾み 手帳 を.. 出 て 

步きた らば わるべき 力と ! 1^-^ ナス * をォ i ャ 

力お;; ^に!: ち、;^ を 立 出で た. -。 マ- 1 i I -11 .^^^hcf 

^ . て? 1;.^ お £? こ^ e たも 、^こよ^ ど^じ^ のぞ 頃なる 子供 一人 小 * を 持ちて 立ち 

き需 きき、 .iil 



盆燈籠 (其 十一) 



*? は 



,3 



^ I M 籠 (其 十二) 



のが? る、 41 。f I き 見 通して. Trs ヌ ぎ铲, 

) いま f てず したる 連中ず るヾノ o fel ご 2„ - 乂& もて ふ 

て。 でも、 がに がる、 もう じ ¥ 、お、:、 ど ほ I え rf.k るへ し 旗 を 持ちた る 子供 は 手 をお 一 

一 t^: 。 I _ :f ? If ト鐵 f して 威 F ぬ。 



i0f 1 ft f なら る ト鐵 f " て S6,。 

:..o なんでい、 g や まず, く、 4C りこ 子" ざけ 轉ん 1 路でま S だ f 

fii Ff&.n riff. 

露き 雜 J ぎて €lrr^^ 

r つ 一 ノを B みて ほ 力/ \ ど亂 S.O ir-UM r 、 またびつ こ 52, つ こ 

iifo I はて I 使して、 又 着 やい、 い、 f 

J0i0it お ffg し § 、え、 がが tg、 . 



< に p" 。:ん If ァき。 !惡戯 rr, え 

口惜しく クて V -,.2ipp-c?^^^lo r 者々々 >J からか はれ 

やつ 5 つち や P ? -、 si.? 父/一 7 クて 可ん およ 蛇度贫 thi 卵に * \ 

J"!:, ppt i の i に 零 , f " も L ゝ 

pro 5 £ ^/\ ^ x^i / ^ > /i い せんせい か 力- パ > が ^ 乂 1 >r i 

やひ ^4. 、 ?おぞ は 霞で は f ま。 ち g でも S へ i ッて、 先 生に 輩の 稽古し S 

で 足 rJ も 不具た か んな 奴,., ね 4F『 j し,、 し iK、、>li; お ふんい^き £ 貧 ふし、 

ゐ 、? S t tlcii^f "こ1^-くのではぎ目だo 我なんさァ父#カ學"^ かん 

ッ て 居る が、 親に 言 はれて 仕方なし: i ィ ."JTT . .Ct0t^t をれ はぎ 

4 I う まゆ arfj、.,. 一 ゆ 了、 r-i- 、た うし v4 に 居る け^も 本 は 好で 每暴 

^^が貧乏で又學校へも行カれす F 期う し ヤ^ ^ よ , v,、 3まei^^ビsa^^ぃ4ら ……: 

:: ほ: 



だ。 ぢゃァ お @ 1 人 か。 sc.? .J0^\ i お 紐が です るの だね ( 

f ぎ 1 鍵く SI ァ 鼠ら 5。 する.. 此 踏切 8A は if 一 A^i 

わ、、 ト答 へた. 

盆 



ふ lis 



i さん WTf 。 環さん は :•:••• 。 每日 * 



かよつ ► ! 

通て、 朝 



二 11 一 



籠 (其 十二) 



W は ^^^^ C 



-1- 



んぉ 



盆燈籠 (其 十三) 



ニニ 二 



.J ; ir; ま、 なほば な I 

1 人 は 木 柵に 倚褂, 9 たる 儘、 尙會話 をつ >け% 



君 は rJ れ から 何處へ 行く の 



何 處ど言 ふ 目 

的 はない の。 何處 から 来たの だ S 、お 厭の i は だい。 徽 はま まだ、 断妒 ^1 らおた のお。 

きみ どつ さま なに ゐ >J? さま -.is- さ . 

君の 父 樣は何 をして 居る の。 父樣 も母樣 もお, やしな; では If ヒ Sg るの。 §^ さんだ 

ぎ叔 さん は 何 をして 居. るの。 僕の 義叔 さん は 岸萍水 Willi 詩^だ。 1^1^? g もぎ だ ざ、 

せく みづの き, JJ いし • 、ん まへ しも リし -r Z 

僕 は 水 野 力 雄 ど 言 ふ 詩人 だせ。 お前 詩て S 物 を知ッ てる か 知らない。 , ひづ かし si で、 やさ 

し S 樣で、 面白い もんだ せ。 き は をつ 恨る ぎめ に^うし てお 。いて るのお、 ト! ま^うて 一 §n ひぬ。 

旗振の子供はっくぐヒカ雄の扮装を打見遣,0^。 s^tt 酽, まがな くッて も!^ いき^さん が ある ど 

える。 あ、 好い、 義叔 さんだ せ。 ii- に は i がわ ッて もぎい と i ビだ、 14 さん はまた.? も わる 

♦ い ひビの を 5 1 え 

か 好 $ の は 一人 もな S や 其 か は ftv 姉さんが あるから い、 ではない か。 1 さん は |>i がッて I 天 

れ るけ, ヒも、 ::••: 本なん ぞは 知れな $ビ 姉さんに おも はるが、 が な S から i る。 

知ッ てるよ。 僕の 義叔 さん は 英學ビ 獨逸語 ど兩方 出が る。 ^かし 徵は截 1: ばかし m ッ てるの。 英學 

は 是非 習 ッて 男た $ け^ も :•::• 僕が 習 ッ ただけ なら 敎 へて わげ て も S 、や。 f 、 II なん ど は f 具 は 

- ^ * * ベ ふる あ その か 4* にち え ひ こ 

なく ッて も, 9、、 僕の 古いの を 上げる よ。 其 代う 日曜日で ない ビ來 られ ない よ、 

の 通るべき 時間 どな. ぬ。 

(其 十 三) . 



a く ひいが く 

僕 は英學 



言 ふ內、 又もや 汽車 



r ま Hvr て、 ナ ショナ だの 觀を& へ、 其 tl け £s。 . , 

日に は、., M ヒ. M づ \?T く s: がぎ,.,、 をれ のみ を 足らぬ 事に なして、 他 は S ふ饞 

き 儀詞 R い" I f u 

J^^^MU^,^ i まぎ 三枚 

中には 何 を か 書 力む^ ニノ "ズ くま ゾ 力 よめ I S (; 、 fTfsf 

rii $il<^l 力 雄大い に 素て 我 麻 力 f る f 

ti .V. き い ス ふ. d I r- 



6 

A,- のなか 



i ぎに s 0rff 4 ま rsu- L! 。 s: ま I まし ヒ 

こ ULIl の ro^ の りに して M あね i 一一 f で 出版な t し ヒ 

; prsi ん』 ill n き: uy 

bir 苦 f 。 I も? ¥、 it .fiill リ 

r しゃき まう o 

5^*- こ して" a くさ 言 ふ社規 を設リ た. 9 ざっし J kf ,f0 

事: T つね p ひ f ぐ魟 ぼ. ft, た に、 雜 誌の 材 f 集む る 力 雄 f 翁 

き- 導 fll 



らしく 

t ぼ歡ど fa ふ i を る を-得さ. 9 き。 



I im 二 



盆燈籠 (其 十三) 

」n ^ FBE^^ 



Hilo 『遠山 霞』 其方の ぃ忙 をが しさに ii&f も r す、 され あ ir 人き f よう 



一、、 びっこ こ !>- 一 も リ 1^1 をし い 

飛 出し わ はれなる 跛 者の 子供に 讀 本を敎 へに さ 言 ひて 



v-ij や *d 力 TAf^ だいさんが ちう もつ ど ひや ATSV*. ん る. レ おん 

『遠山 霞』 の 第三 號中 尤も 評き f 韻文 t。 え は &ろ路 のぞ, &し 51 にて、 かき r,csiL ひき 

^しヌ つ ぶ ,. つ こっし fen-t 9 s.i 5> -ノ ? C 



たる 芳 松の 事實を 骨子 どなし、 rJ れに 自分の 理想 をが したる な 

.1.1 踏切 f 人?. ほ モギさ 1 の-似ぎ てお S き ,ま r fes の f き f f 

其 內虫を 追 ふ 蝮の 如く、 恐ろしき 勢 ひに て は ifts ぬ 



何い 1" 列車の 窓 Is に、 其窓 まなき のき r ひ、 やの まめの i のかん き i して, 化-の 

ば 1 眺 15 ま 付け、 は ッ&ふ f Sf や i ぎ、 i くの i の I ^にて 菌の ft きぬ。 

^^^JJli f なく きく、 ,しく、 1|れむ£ て も きられす。 ぞ やぎの 

娘の 此所を 過! 事 せ f かビ、 ^ff0¥ki まきお ふ § の i ろに がちて l^sf 

の 過ぐ る を 見送る ヒ言 ふに 筆 を 留めた 6,0 • 



の 韻文 を 尤も 喜びた る は 力 雄に J 、仏な, ,0 tr 人 て艇を かしく!^ ヒ ぬ。 まひ 日 W かぎ ひ r 入 Irss,, 

i 萍は; f i^t 塊へ て a の g おに? たる 『rikl の 藩 『1 の 1』 

わ どら 言へ る 1 編 I 出さ?、 總て秘 あは 露 g にお やひぬ。 f られ るか ど? しに、 f<a 

笑へ るの み。 後に は初號 よ. OD^ せよ,. 一 In はれて、 ^^なく; g 膨を 



ひや s すゐ み ま^;-ぉら 

.0 萍水は 見て 叉 笑へ るの み- 



^^^^^B^^^—B— — I ? この ころさ 

n "Is ま 1 ナ,、 -も 『き ほ ま1% の S ,にも わら 卞、 此頃淋 びれ た- 

n=:in ク i が々 说饥. KnS なう ゆけ さも 『遠山 fi』 :2k 一一 イク ネ -.' J 

き yin"prit ぎ lis に f ね" rsf t?5! 正し 

則 的の 運勸 ww.^ す Lv- ず, ィ } くた みめ -っ. i :^^^-^6a^^^> まで 

:iiiipi れ 



(其 十 四) 

0^$pf ベ II に "一つ 種の 大作に 係,.^ た 



-。 薩し、 ri し。 ii がた 

、ど 出て ゆきけ.. 



ssir^sTf あずまの 8? ず、 虻 f ぎ かの 讓ぉ; - ぬ。 か 

四 社を辭 i f^^yu. ^rclf f . s ら s?* して、 f 買 ふて 

さり ビてカ 雄に は 惡ぃ顏 も 見せす ブ雄: r rJTS け ^ ^li; 

環 g あめて, れ、. §AH spin 

;sっJ,1s/まfー1^^gl^^?*を%#せ.-o され仑も催促も受け^."き0 も < I. 

活版屋へ は 三 分の 支.^ を 退 7 ん J ノ たらば よ 好き か、 i を 組みぬ。 力 雄 も 

r 時き に Ir て iibf たる なれば、 流石の 萍 水 驚き Iff 

もビ お ろ - T- 

素より 驚きた, 90 



無む 生 



4S P 



^さ 



盆 澄 籠 (其 十四) 



1 三 六 



I 米 ね 2" ぽ して 4f I? てき^: fl;^ 

!^來?5!31ぬ1其タ?ー X^J^m0pfl ii^ 

J はづきね、 早速 一人 女中 を顿ひ if 一一 n ふて, ぬ。, 露へ ま i にき.. て、 080 

婆 は 喰へ 來. 9 ぬ。 I 



L ^ a^r^^s S き 一で あん Nl| 

をれ ど 知らねば 萍水も 力 雄 もこれ に 安堵して、 一 人 は 作詩、 

もや 女中の 影 見え 卞 して、 になき i!^ 船の II を^る のみな 



人 は 稽古 



) S ふが た へ み また 

力くて 夕方 歸も 見れば、 Is^ 



p<> つ S た > ひ ,!,1»^.»»か みば、 つ. n きた 

J! I せ : ; 翌日 又 一人 狼 婆 は 連來. 9 しが、 こ 

れはほ !! は:: 背 っゝ I ぎ; 埋" れ f g お M おお igl^f れ ども、 f g す fn 

し。 矢 張 主人 同 樣の不 ぎ, 馼、 .0 れ では. ir あなし ビが; がよ. 4^1 しぬ。 

21.. おれ も 好 ir へ お ま I は ft きょ さく 口 ちい I ちき を r 繰る る 井 r がつ、 

?は涙 S し rssgf 檨 なる. 0f fv 米 f f て、 うまし く, fe. 

く せ ほ に ほ、 ?豆、 ,:tlr、 fii&f 

如何しても 男世帶 C isst r お あ pf て 募。 

も.^ 雄 依て J 所に 一 i6"、 a にハ ii の if r しめ、 i に, if ビ f させて、 人: f 

MHO giro f §§ommtli^. 



_dyNyyyy.- -I in ゆるして so 

^>ilr.^lt.. i に は iiiif 重え て、 s き 

rso さらく sif つ-はきの f 障る にや。 I . ! よ 子し Msk 

作る 韻 r 今宵 i 厭!? の も、 iiv まりて ii に禁 I ら む。 L 枝き-に 1. りて は ,1 

/て もがた. 90 & ふに 芳极 は此 雪の 夜 も 外套 を 弓 冠 つ?? 21 > ^rpfc. 

Hll i^i^ 0111 f I 

: ひ!!^ パ,; ヒ鉞ケ に は 開きた る讀 本-^. 9。 ;: わ., かさん ぐんじん. な, . 

IJ^^^i ず i あて gii のづ圃 t iiJJ 

書に は u ノ ゾ y の fff:r 7? yf£^f .i では f 、 f 私 

t if んもぁ f 御敎 I さるれ/ ん f 何も r 軍リ Jas. -、 ^fe„> lif やら、 i 

一 I lllll I ------ ^^almmLMifli 



一 三 七 



盆 燈 籠 (其 十四) 



にお 



. -,? ケ --も 一./: f vr 、あ、.,".,^ 数 後 

ゅ^^蒙::ぜ|ま?§祿1臺 



盆 燈籠 (其 十五) 



三 八 



何。 ^rf f !i:si//,if し、 iil して f よ。 BWH 

父 か 咱ョ? した 天地 sf S パ ひつ > ける あ^ t^f ^L^fel 

(其 十 五) 

4^ap&^. ^ f_ お: m し? ける。 I き みぬ。 ぎ 

"の 口 i て、 詩人、 ほ、 fit 顏 f If ぬ。 I 

i 上 をひ大 急!: また づけ: sfiEtff ぬがし 3。p の て ffilrtl* 

1 の 火 も ft て、 震へ ながら r 間 f f 、 mfff. g さん f きへ、 ト s 

リけ ;^" れ!: きれが S?r てま る? よくき。 き? て は 露 ひ ir し 

ひ S ば f して 鍵 I きぬ。 § あに あらば たのしみ £ て、 

太 ずん は? 郞 さん、 お 勢の 友 f 、 f, Miff. m?if 

彦: 此方:? 4 成:.!;: i I llili の IF 

の 奴な n ^UJH ffnt f&0i 



好し oc 裏に 山 あらねば g 勒 のおる g なし。 だなん 



パ, や 5 いへ ひビ w を 5 _x 

、.^なるは故鄕の家に 一 人 居る 乳 



冒 ir"n 前 rl4:" お 

r- ) v> 、 t>^4>-fc 方に 歸, 9 たる は ぶ esb ノ soosl- リカ リ ますく £ た、 . zio 

ぎ ま gHMn ト r、 II 

1 開き ビ oiK る;、 ム 一一 5、 fill 0i I 

.sunrn ゝく s き、 ft Ifl I 

ム。 今 明ける よ、 誰 だい。 もん をば か^ s>o おうま 

ir。 i か。 p け t ト mf がた く。 §1 に? 

か。 乳母 力 i ブ ノロ き も 化、 ナ C あ f^、 早う 

.f^^o わせれ ませる fi かぬ もまし さ。 firhR^^^^rr 

I gm§immmKitmBtatmai |||_ 一 ー疆| 一 == 醫 SSS8SESB" 一 一 ニナ 

, ^燈籠 (其 十五) 



澄 



くた さ 

明けて 被 下れ o 



ぃ| 



"ひら り や ,りば i て f 

i い 5 ? ?.; t i ■ -;— う、,. f4 扉は兩 方へ 開きた. CNO が 1 ビト 

;カ 雄、 n€ i あ、 ,て、 i 。せる? ci"l 

袖 も" 



(其 十 六)! 



吹" メ" J ぎ?。 F る ii られ i く F。 f 糞き 



て 力 雄の 襟首に 落 入る 雪。 おめた " 



乙れ ttx- どんだ 事 を 仕ての けた、 ゆるしな さ,, 



巧 かま ばあや / )| :'f ^ ジ, iv プ ^2,*?L^sh-/\c 

4 何い J はない よ。 それよ. A 母 if まだらう、 だら う、 えなに 鬆&ッ て f せ 1^ 

の" へ? 4 1 1 して 4£f 、 r してきき ま"、 ^ 

家へ ほ I ば、 トカ雄 は 先" に f てす ばんに if 。 ftifi ト. 大 a 

ijjl. お i 言: rl&K 入。 m きの Is へば、 isK. 



そ 



よ 



何: li. if f は f に f ずて。 f した 



\ 本 統に來 て 居 ま? よ、 ト言ふ 

まこ ど めづ ばあや 



され 

さ Jf」 さま 

岸樣。 ヒぅ 



や、 誠に 珍ら し, so お 母で ぁッ だ.;: ゝ 



—— ? VI い できた ひや $ 寸ゐ 

燈 火持ちて 出 來る萍 水。 あ ッ ,J れは ffiia? 卩ク 

市. ました。 . 妒 くま ア^ • の-をに:: 

はいくお!; ませう が、 こ^ぎち がで 



をれ: z 卜たら 1 ら ねばならん。 S し 冼§ら,1£/1、 此 r 力:: 

てれ はまみ 夜め 目に もし 知れる 鎖^の 屆 かぬ 板の間、 して 見る ど柬 

や。 ?f S あれて は f ま。 i で、 さ、 さ、 通るべし 



御座り まする 

もぉ瓤 も、 ^には^"足>,.^へ藏るぢゃo 



I の f i にして II: す: 力 雄、 i も 

ひ f き。 ぎ5,|の|ぽ、 誰彼の 5fRtsu 

から i 一に rg 鎖 言 また &r、 ぎぎ 直きせ SI; 何 ひ 仔細 は 尋?ぉ^ 

if ら。 ftl fl0 _ 人: K 

しの g^、 ト?。 f J やう:、 私ぺ" ほ 閉口、 :s5n 

rlt^o fan 5 考 へて、 然る II げ t 力 5 

:K に pv」i みて。 if て 東京へ 出て 來 たの: . I i っ气コ 

麵 8il^so EIn fo Irm 事で もき て か、 心配な 事で も わる s 力 

¥ i は が^やう ど は 1 にも 思 はな かッ たよ。 



さ g もお へ はして W 、きずお、 itli せ..。 大きん t であ 



: ; ?=. お t 



盆 



(其 十七) 



四 二; 



ました。 §夢| し、 雲 iJylL 高 f 

^Hu^ 娘が ほ 成: な 基 1 も il、 iri て f き、 f 

はい 1 圖に思 詰めて 來 ました ぞ》0 、 ? 

(其 十 七) — 

さ 5 て おきいで もんぐ わい *^ きすて な 

の 後"!。" ,?墳 び、 ,環 —f f せて、 や:" n 

:f T 世ぽ ほ。 S しぬ。 iff IF 

てム さぎ !!!?^。 が お t.ff>ft ノ: セ. たび <っき ^0, .>,:> f^u^ 9^ 



• V なる ほ そのば € あらま? C : If ノ. ^BP2yyl まァ ピ S.Kns 

て ふ I 得卞 oii 、洗 は.. お だ f た 立つべき た 足ぎ、 ま, や ザ. よ r しう.. ノ,, 、 

i 、ろ irisx ミ、; 、 P はん: よ 卜 , :: ?ぱき中ふ は ほき シャツお. i ホン あ も 



セ ベろ びかぎ ざき やぶ つくろ : .3-* C- »^ L sla C i ^ 0> ^ 

s、 mM^n^i f if f f き、 igif f 、 



o ff i - ; J- -l.p^. 券の 小 M 山 を 築きて、 所謂 勿お なき;;^ 

JlrsrI 儀。 ぼて i も薦 r べし。 き 人 f s、 i む I 見せ 

まけ 程 ほ は、 H ilm^fel at 

は 思 ふ 程 わら to . . - * > * ス 

f f の" 膽, 00ffirt ii 



iiiilli. 

pli ぼ i ぼ: Hrru. s 



たす き 



高く F げ、 爆|| liil、 I 

ゃ篇の if も 、ぽ s へ どぽ ず。 。 よいく、 ト fes で、^ の * 

te,^ 、リ い" れぉ ^ ,ゥふ 、はは 女の やさしき 聲な, 90 は VI V ! 

き! うに?、 ,f J: . 何處 X" きか 

2 わ? ばる f i I . 、、> 、 ゥっ、 藥ま卸 £宅 で 御座 $ ます 力 ITSEi-- 力 

k . s:7/MO 1^ は 春 山里 ビ 申します か おの 力 雄^ は^ s.l.>r> 

お市より 問へ f 妾 はま! J ^k^kt^,'lTff^t 大方 晚 

ブイ るく ^1 あいに < お るす I 、 、 > ^0 ) > ^ よ わの 

I , hf これ も 階 御 留守で ね ゥ御歸 ,9 力,^ れまゼ A 

へ て腐 !,、 ぐ f ます ハ k 其御禮 かたぐ 參 I した ュ 



力 



盆 



燈 籠 (其 十七) 



I _ 盆 [, 燈 籠 (其 十七) ,: 

|§ -- 1 0^ 

それ なれば 先づく 此方へ 上ッ て、 fiffi i に S 扉 i^,, になる か r 

"せんに" いだ はい、 難 有 御座 JJ^ :…… お, I. くして しが、 Fr^^i. 

き はで i 謙! して、 秦の ri き |?、 ぎ 

一 J 水 P も 力 1 にも レリけ 1 てき 了 ませ。 え は,, な, ir ますが、 S 編の 

池に 1" ましたの を、 isi^. S の if S す? ぎ 5, しう ぎぎ ss、 わ 

き;!? 目 ほ??.^ えしく 御り たへ & ひ?。 ^Iriiisto だ 

が 折 S 御 入來、 まに は 何 ff ませ あ、 ffi£io ま んせ 

うに。 あ-がた う 御座 S ます、 が こ 今 曰 は 御, ます、 ト r るに i 善。 て s> にぎぎ して t 仃? ど 

せし が、 又た 立 かへ て 顔の 色めから め 

こちら さま この あ ひ IV ち S ぢ 上ら AT ク * 

おの lis 此 間中、 御 女中? くッて あ て,. ら P は 

^^^fft^o 妾 は 昨 晚?ま した PS しまして きから ,酒 あぞ 船 f 鋭 

あで よ 15 ます。 それで: I 女が 乳母 樣で 御座ん した か。 !^if0Ktio まかし 

ッ しゃれば、 ii でも i 鍵で?。 sf s?to si の霍び では 

御痤 51 い。 ず 男の子 S ッ f £? の、 ,から? て f ほ& しが ッて 

ま{ん だ、 トー 夏、..; 直 は 力なく 首 を £ て。 £、 さう でもぎ ぎ? すま S :…… ト fin み 



nMWMyyl^ ilr^^t^o 吳 t 御 一 ザに 兔 

:" /て r 水 ir に は f 、!せ g よ, しくお! へ? ませ、 トは II 

りビ去 hv ぬ。 

rsllto iJ.JO され, i が は-お ^^uk ぬ。, I 

f る は、 ^rl. sigs ぎし i きつる に; ち f £ ひ 出 f ぎ I 

ffff. ^iiiKf4l ま:? isj 【樣 

f 、 a-if, f え: あの、 事! 

雄 r。 灣はれ|- Ifef の 響 

?ん, き irf s ッてぽ ほ. f>i けす せ i 



だ 



だが。 だが。 5 ……: ト三 i ゥ i f 後には默っ て 仕 まひぬ。 



み 



;r、 5 . 、srl.,Jlr4;ig:^i?,.?3v、 っら,--家內の樣子を見るに . ^和 も 

、os^i?p 泝こ 二!! 三日 居 カ雜ど 4. お.?^ ど =PK--1 ^-^ ^ . ざっし 

.-市 は此 お,^ 二 は r Mfpf^. がす./^ 損の 行く 雑誌. - 

ぎ 1 くて、 ま.^ るし くて、 馬鹿らしくて 見て 居られす。 萍 水より 話 を S レ ぉ ; 

I I ii-ii-l . 1 四 五 

nn 4^ 燈籠 (其 十八) 

9^^^ €, 1 



盆— 燈籠 (其 十八) 



一四 六 



^の?^.^ASめky..^.y 營?!!ん;く?、 一 ? .M^^ 

みれ 1 日頃の 擧動 お" て も、 十 何き若 力 i じく, 1 fnao .れ が 1 iff 

身 持 r m^^^J^ ff 1 f ぎて、 m は & へばず r 、 f & 

へば f 寢る、 机の 上に? て 居る iF ま 一 は、 $ffff0kMfft 

ふ氣 i: く ほ 不都合、 一 fikt i か 三が 鎖に ま 十一 ー酽、 

廣過ぎて 蒙 こ 至 ま 極。 き, ひ 引き くるめて、 ^^rf -II 



bo やれ 

おも ひこ 



困った、 ぉぼッ ちゃ ま 

いち い つてつ ひやう する つき 一 



御歲 はいくつ に 成られる 

fr ほひ K 、^ち » いってつ ひやう する つきつ 

0a J 一 徹。 萍水 I 付けて、 ,、く 吐きし ぬ。 だき だん ま m、 II 一口 

ふけ f ま、 ?;: -f:2.:;f I にて 璧せミ Kisr て. き r ぬ麵。 ぎ f して 驴 

>ら 詰められ、 玆に 詩人 的 力 £き<; おあれて、 lrri& 善。 fffsf 



けれ, 詩 は 知らね き、 家の 事 S 郞ょ Afr、 r でも S お i せな. され ど、 で、 f 

rfito 泣寐 入-に f て、 環、 if. S やく r 拔 けて 『謂 S の鲈 まき I しが、 

ち澤ゎ 山つ 取 みれ?、 &て 面白 #の草 双紙の ぎ i を 力 書け ど &ま。 ぎ 日 f 、 f i 

田 町 I 室 間の ifi して、 STi の衡 やきれ へ gfcs まげ,.。 



Ml き r:^rs^ , ろ 7J ,,X», が ¥士 ずしの てきび すれば、 うに、 ,持て まつ さと、 

こ M 日 ii ガ 松の 所へ も 15 力 わ i- ブ^ ゃブフ C: ォ おはお ろ , ほ いつほ 

t?^^Kr V メ いち だいりき にぐ る 1 やど n^'^^ • -r \ こ 

ft ¥に1 人して m の する お市 は 大力、 荷車 lit I ス If r 

つず、 れ? 5 し II く濟 みぬ。 

4J f-^ ゥぎ f>s. かん のば こ W io *i の 

! にきき ri 卞:、 や, ほ 週 is^ln な: K 

^はぞっき & いく、 ikt^il. 1_ ッ Irul バ $M り。 

w 単に 晩 ま r ゝ? 怖 u 勉 1 な, . . .11^1^ 

き r てお おの r 曰 4Bcf,5rr 幸 ひの 夭氣、 風 ま sttf 詩人 

, 『羅 r f ;t ず」、 藝き fir る, f 4 道 &。 

お を 雄 はまの M く て r ぬ。 きず 留め f は、 人 s るな きか 故な 切 

いちだん たか ぎ. ん ノ、, fo 

p::p き、 ft か、 き き I? む-: 

ゾ 謹 i 國 -=-- -1 醫 三 = 3 1 四 七 

I 盆 燈 籠 ハ其 十九) 



盆 

ばん にん L 



(其 1 1 十) 



一四 < 



: び、 ^lAtffo r 小ぎ i みて f あれ か" flt*>l2l 

春 山の 道具 あ I して、 mf n£t p£u r 



さ 5 



f たの、 震 i は. 



o 



MK9r、 きかきの、 霧?!、 i 

A ク: ^は 茫然自失して、 只 眼 を 見張, cv ぬ O 

えに の、 秦可 i? なの は、 i ッ? おさき。 あれ もい ft ん 

. き ま ? c- 1 Kl^ ふ?^ 力.?^ 力な, ト老? ^.^1 一一 ロム 

HMf 、 ff i して、 JE ?。 P 

よ 6^ 泣な から 尙 一 散に ぬ。 S 、匕 



(其 

しゃ す 



十) 



力 s し: ?。 liii なして、 あの IIH: 

u き 古"』 r> る; J きて, し、 ,f r ぬ。 IP 

r.tc.s 门: 土手 R: 譽; 植 p る?。 載 霧 I き Is し? 5 



此 所でが すよ、 丁度 此 所で やられ ましたよ 



iiyyii-, f ぼ! n 



また、 ) 

- 瞬き 



なみだ ふ ふお r?t ノ, z」o ば iS の, I 脈. 9 の! 11 け $ 者 を 二人まで 殺 

ば 謹 霞 』pik せ"、 i 

し て^ま ゾ f 兎 や える & . i X ,,、 ぉ卸せ£粒.^ひゥ"し^^んべ$ビ皆さぅ言ッて居.9ゃすの 

て、 ii が Is しゃし^が、 親類が 好く ねえ 力ら 御 石塔お.,^ クカ カスへ"^ 

一 さ。 し :1 し、 4!fo 1 I" 故し 死ん "たのお らう、 爺 やん、 

Vfs> してがん だので せう、 義叔 さん トカ雄 は間メ プルお-まへ t t あ < f 

d& . \,、 もこ ft ねえ、 ft. fffijn. ト 老爺 

トカ 雄又問ふ。 は 乂 U :竭 if ST を f て。 V 故 死ん: J か、 

は g へね。 何故で せ 1:: ねえ 力 1 り p„ こ i が f てる i をみ 見れ バ、 g 分力る。 

そ? たが ひ fj- し Sn SKSr ぷハど ヨ ふけれ.^ 『詩の 雜 誌』 に芳 ぉカ癢 V ズ/ ネ I ク丄 うた 

漏 冒 li 養 

居 "MMHi れぬ i きき^^^^^^ 

きて il。 III, ^^^rioHUP 

f^..ctf に!?。 ffr., 汝の 逆境 を。 



盆 



s (其 一 一 十) 



1 四 九 



お 



盆 澄 籠 (其 二十 一) 

(其 二十 一 ) 

け ほ 三十日 ±fi? にぬ がしく、 SMiilsio 

ほ パ;.れ| ば1^^が舒さ|5&る?。 ょ.„4 



づめ ん V? ん くわ しんぶ,.; It つず り ふで C ; ( V5i »v»KM-i < —-1 こ, 

i のき 談判、 加へ て 新聞 i の 筆 はき、 ^f§ff ft の f 5 すば、 

t 口 も 開? 13 ねばなら 卞 。おいに i,, ぬ。 fc へ r 出しき f はづ して、 まえな にわ 

,*^ますのかぃ0 

ひやう する 5? や を /\ ト、^ つ - 

J 水 J 力 雄々 ド § 付けて、 ァ くて g も f f ,,、 §t^t( 

JntS* \ '^c \* . 9 r..3c- i ふ, I ィ I- 力に. らんぶ まん S^A ? ,!、 5. ' p > : . 



し r ま 尙颼さ毛 穎 I うぬ。 洋 f 眞ぉ にして、 g 每 ぎに fi ベ、 pi^ss 



、る? しび つぎ ま 5 に ォ …,- ^wi-a ハ ^,y-€5^E^t 

此燈火 I の 間よ まけて、 お市 は sr の 還 f 、 f きのき ぎる: & 母の? に f if 。 

十 かに 時に f f しぬ パ 11 る は 好 I る f て 眠 siFt fiifKt0p 

i しながら 問; s ぬ。 萍水は 輩 や: f べき m の I? あれ?。 s まれて p やきみ て f しが。 

W れ ら行 ッて來 やう か、 ト r な?、 還 £ て ぬ。 0fiaf 



乳, 母が 言へ ゎぱ ? では rf。 ま V は a: あき がー t,,。 をれ も fff ん。 




' . 16 ,01 ト ei ぎち i>¥ きた。 - 巧き は;^ も^も^ ッて 行く 物 は 一 一度 ビ 書き . 

が!: きませ うか、 ト言ふ 力 雄。 . ^ぎて は 途中 カ嶮呑 たゃくも" r や .40^ . if, ち こしても i る 

r 'af ぎて M る g? れ だけの f 。 たし 昏纩 S 暴。 万 i:^ は 何方に して 11" 

1^1 持って S .kii ? f f g の r 思ぎ t うか 。此 J 

f. - I まん? f„,,ier-o ピま M が、 何 ヒか言 ッたッ けの^ 力 さ.. す ,^1 

•J!ss,,sl.i 1 一"? ノく繁 li の Ti 一ず ふべ から^る 不 快感の 天地 を 造. p ぬ。 てん .1. If ,k 

PCTS 群 f f ぬ s 匿、 lm。 J- 

HHP, if MafI I 

!、 fur お: 3 

なが s;:i^<v<^.".CNO :^^6ぉブ{:しを造.9居る丁利は お 升 

のまに i"、 さして ils- ぬ 。中に"; ii?-^ 



燈 



(其 二十 一) 



1 五 



w ん5? 



■l-IOBI 盆 澄 _ 籠 (. (其 二十 二) 

if. 漏 " 誦 i 画 -「 i 二 

n^^^ ;; < らッ牽 、引と 呼び?。 f0tpfiafLM0t 

1 詩人 II を 知? る や. f 晨 ばす J にきき めた る S ぶみ々 v%M&r たるべ r 地に ik て、 

四方 しぬ。 る f つぎの M の S のぎみ 見え、 i^i&^r. f ?f る, 

る」 が 如く 見 ゆるがき, て、 f<0i&i s 、よく、 あ r き 



J を、 !! 味き r、 品々 撰み て歸 にぎよ。 If. 0lnt^ft 

殘ら 卞拂 うて 遣る どよ o 

(其 二十 二) 

* へた 聽 えしが、 i て f isf f 、 f00is0i f 

こさ どメが う i れ? 未 il ら气 きの、 i-fel Kn^f ぎ, 

ほ 御座: r し.^ rr: Mrioiiit if 霞せば、 い 如 f 、T 

水? I" ま詹メ 、き 、一霞て f て?。 istffi 

rr: 何ん にした て:: 不纖 なる ひ ?? fcoir r ばお &く 1 き」 くて、 r の 

筋? f .1 つへ rL 徒 1 なら!: あ f 、 ir 麟 f て、 f よく., f はれ f 、 i 

r ち 去て つ r 又! 1歸?. ノの 如く、 化 £ て も Mr なし。 # は i になら て、 き f んく, 4, ふ。 お 

市は鐵 挺の ta く i おべ: ぷ, ► ど- か < こ、 f , 



I して、 fi: にも 此 所に 5 ビ、 s£ ぎ rr ぎれ r ぬ。 §p ろよ 



- k せ M さ いふ 

らず つる は、 紐の 解けた る 財 袋な, 9 ま S か ^ Ik. 

「J£ ..Ic f€ ?^. c^^o 乙れ に は 何もな し 。何も 買ふ て 歸られ I f 

一 tnsusl ト攀! て f れば、 i!r き。 . 、、あ i 

r :r つも r 。なまき、 き f f て f ペ r さ、 ミ r て も I 

. . ;ょ ノ tl、 tki^^ ……: 。 き はま ァ 如何な されたの で 御座.?? る 

もう 小言 は 止して 吳れ、 呵 るの は 勘忍して".^ れ . y ざ <00^. 

い き、 < s^.^^ ".n:ls> ぶ さ とので 御 1 坐. 9 まする。 もし、 もし -T 、お 水椽 

0t トハ气 5r4 の f 1。. 之き く萍水 氷の f くな::. 」 . 、き k >r 

ぎ 5 き、 i きもう? せ £ 、ォ £! き!!???:; TtL!! 

きまし. i ま、 ッ isi 、もう 十一 百? 三十 一 Idu:,. 

わ, たよ、 ff i-s. liio 二 時 過ぎなら 寢る? 、へし 

gr なれば きます I、 -、 i 駄 當に riiM SHrJfi" 

て i は f f しゃる。 f ら?; :s、 

, し, 5、 f あ 2g* な - . ^^^:^^^ >vct 30 1:::^ ッたょ 我 力 lOi あ カツす 》 と 一一- > 

1^ にも r き^をさせる^ な 有樣。 何ん たる 因果で ませう ハ刀 ブ 1 1 



一 ー画誦-- - 五三 

,1,1 燈籠 (其 二十 二) 



盆 燈 _ 籠 (其 二士 5 



a 四 



言 ひませ ぬ、 决 して 無理 は 言 ひませ so でも、 をれ でも、 I 曰 ひた や 



,て、 ぇッ、 居ても 立 ッても 居られ ませぬ、 トか しての ^く^"0 

- フ" た,、 ちょく -4 I を 5 ち ふ い をの., I て 



- まァぢ .ON 



ばが ゆ 

齒搔 



,しく if ぃ出 で ひどす。 1 

愈し 吃た 驚して。 乳母、 何 處へ狞 くの。 はて、 れ? if 9 へまる の lp、 ^-1. 

!: 支?. な : れ: 署 えに んッ、 赤き 、冴? かい。 f( fffi 

a も 伯父 樣に 御前 樣を 委して おく ハ、 かがませぬ。 

(其 二十 三) 

r! -ほば んて卞ん は i ,。し-に, i^rrs もき i けて、 0tfif 

rfo ヌ歡 f て更, に 語き し。 きぎ、 f あれ ¥ ffl0ff 

以:: 見た"? 大!! m;! してお? 5.- ffsfsffil 射 

"始め f ???の熟 ほに 吊 ほ 謝 は 2 其 5 にある のだ。 なれ f iT 鹗? &く S て f ねばならん 

いのは、、 y も此 世の 生活き £ 外 s£r 水 4 か、 fff. 被 S うてまで もき の g 

Jff? はやう どえ したの は、 何の 爲 めでお る? r 、さァ が f ,てぎ がれねば ならぬ。 きノあ 

? やう 事 か; の 上 etr 出來 やう 事 か: きふまで-なく おの fwiQirhfe さに、 それお f て 

Mis 一 片の農 から l。s£s>if て i に^も 勉るまぃ が、 S "に f ぬ P ビも 



す X 

"*、 

き 

t た > :' 
',"'ベ、、 

二 1 ビ 〜- » 



いや";. 

きで f ま 

ンヌ, 

m 
m 



s ^ 5 -,n o %,ー_^^すーヽき、也こ,ゎる.?-、 さ、さ さ 母 少し は 

g す も が、 5 れ から 先き は 如何す るり も. 9 ちゃ 孤 を 托すへ き, < や If カ|< i Jrf 

t の irrfg おが i ずれで fi てられる ゝ。 ぶ r 言 はに 到ん れ 4 " 

れ で"" な. ッ g はまが. あで 5£ら1き はして f ッて居 r ぢ rt. 何 r 彼 も 

f きへば、 お 1¥|ぎで わらう き、 まァ御 i を 1、 こ 聽 P 



力 



か LB かま,:,, 1 お 一 「! ぉフぉ sm^iol^. が f f 流 

うどお #a ふたが、 ,j れ in ふ も 自分 ビ 自分 を 知らなん た の兀 っ^ 1,?!:r 1, 

n .1111.4, ts.9HP 

II i 1 ^HrFCL^. Y 家 分散 を 仕 魔ビ思 ふ。 乙れ も i 印 力ら 計畫 して 居ブの 

田 W の ee^—, I ! 。ばド tTl 、、こお^り l、4al、 f& 苒び 旅に 出る 力 雄 

d t^lf<:,? I、 、 - ,、,?。 t く ^6.- ^<^r60 乳母は直ぐに^^^^グ SI 〈 |ぇ ョ トー 4 

漏 i へ if If llfxINHB. 

1 五 五 



^ 燈 



(ば: 



Will 
IM リ 



' jlU 'J 



-ii 盆 澄 籠 (其 二十 四) B!!B!!i! 1 五六 

我の 意見 はこれ だけ ぢゃ、 ト 一 氣.§,..^、の述べた<^け,o^o 

最初" S の ぞビぉ 田 一 ひしが、 11:^ の に 麟:, i,r、l きの Hi/I の》 ゆ,, たるお 田 I ひ、 ぎて^ ス したる ひ^お 

の 本心 聽 きて 見れば、 扨て は 矢 張え らい I- ぉヒ、 1^:;., たるが まかしく なう 。おい あ 齢め g し&^ を P ろし 

この ビき りき を おも ひ^ いきぐ み & 一月 一 V 

此時カ 雄 は 思 臺組 にて。 義 f ん、 をれ では わき 議 r んの i くへ t 仃 くので ま さ 

へ かいぐん ん しぐ わ,, レ にや & ^ 、 

うだれ 前 は 海軍々 All で I いか。 ぎ さん、 ぇなぁ^,1です、 くの は膽 

かいぐん いや わたし ぐんじん 、や / 

です。 海軍 も 厭です。 私 は 軍人になる の は 厩です。 

(其 二十 四) 

た eg く い や かいぐん いや ぐんたん な を も を 

太 田の 塾 も 厭 海軍 も 厭、 軍人に 成る のが 抑 も 厭 だ ど、 あ ァ射ッ た。 をれ で n かきき、 fettK,^? 

なの f 左う 一 I できう 5i§ ら g でもない、 きが のお f る ir かッ たで 

さ 5 ばんい ひだ よ さ 5 ゐ こど さ - 

もない 早晚言 出す どは豫 想して 居た 事お や g て もァ. >れ では ^ ッ た^かな 。どんだ 歉 のが 似^して、 

詩人 熱に 身 を g させ か。 S しながら i、 ねぎ K の r 手の 力お、 K 何なる 醫 がわる, 4 一口 ふ 

事、 よも 知ッ ての 上で はわるまい。 只 此伯! < を ^康白 らうて、 尠ッ て!^ たさの i がんで あらう。 もしもれ なら 

. ど こ その ふ れぅ けん ど ^7 

ば^ 處ま でも、 其不 了簡 を 留めね ばらなぬ 

でも 義叔 さん、 私に は 軍人に は 成れな い。 li^i&だに;チr4れるのですo 

ゝ I«c さ だ ちゃ . うじ や つに J-CN ヰへ 、ひご 

はて 5 れを 見定める の は 長者の 責任、 お前が 言 S3 すまで もない、 妒 くば i から 谳 める わお。 ¥ けよ S 



お 



ffffffiK^\TikiJ.^t されば 力 雄ぶ 

f f あ f S て、 u は .7 ひ^ 

Mrsllt がきに vlllil? ほる 者 p 一 M 

S は F も、 I き f f も i ひ I; ぼの 詩: 後?? の 

K"。 if え I Ji を p:l 

^ fan I n ノ ナっこ 5 す 、 ; く, の ひ w く. 》 .flj^ -、, 3 、 ^ 

る, f ね!、 ff0a, をん な 詩 41 す 過ぎて、 其 はか f 「へ- 

If nrtio fn ノ春は H に: S 

M の?! 0safn. 鳴呼斯 くの 如く 大 ISJ; 

ri r,^ ブ , 、 な ^pdi f^tir. ? 苦しむ で 人ら 

|b めに して 敎 化の 編 を 作ら ひ 力 之 も 眞 の 詩ソ, 《a す II I. び 1/ . ,^fpc.^ 

む f るの か。 0kj f に 國体 の f ほして で 

I n lli— 5- - = 醒 一 tssBSSBmmBmmssasBmmm^MM 



盆 燈 籠 (其 二十 四) 



1 五 七 



盆燈籠 (其 二十 五) 



<sroAr- た 5- いつ 



五八 



一 フ 想の 人まい 唯 一 01X1 i. SSSI せよ。 さらく f 

眞 似ば か- 'ハ 仕て 吳れ るな、 g むく。 

說く者 未說盡 I、 聽く者 も ら t i やおに は ii の if f 、き %i<T 日の i は; S みぬ。 

麻裏 田町不 震の sill^o かしお に, て 纏ぎ 疆の gMS が f 

ぬ 、 

(其 二十 五) 

『遠山 霞 』f のま &ん、 纖も むきす 過ぎて |ぉゐ のぎ i のまぎ も f 卞 f ぬ。 f .i,.^. 

"て、 太 田の 塾に t。 ゲ歲 續 18 の L 試 1 ぅ受? 、ま 未だき 4g のお 汰 1 ら卞。 ひ久 さ? の S せば やど、 

拂聽の 中に 都 門 I ぎ、 Mfft S にもの 乘急。 f て i& きる i ろ は 1 めて. 1 リ 入る 

の坂路 は,." 10*^011. i ずき? ぎき、 Ikf f lEfe 

? rs;.?srf.s ほお やき f f f f 藤び ぬ。 i. g¥. i の i、 ^ 

瀨 川の 曲 橋、 I の f 、 I 々々& か LI へば g しく。 rf 雇 r しあ 足し も f i 

の 3" の i さ。 こ 小 f 禁も iF 秦 もき 1 ぎきき さ、 $g 霞 r 、も :れ& れ 

I 根の 里 は 一 目、 舉 前に は 霧 き か, CO 、が ど、 あ 汗せ を ながら 赋 てす たく fe.^ ぬ。 



ppl と、 I きて: 1 ぼば J: 中に も 我 

:p5il- な if か ユカ si 。され" I 

; p くき 画へ! も? t て、 ま 111 くお ッ * かなし。 

<— * * * なつね さび 

しき r 路ち も、 M の&" か i くして、 f 20 f て は 人 f 、 I も 4 處々 r こ 1 り 

1 に; かづ V ■! Tf ?パ S? 此 4r 事 p%f 

r くこして i は ぬ。 lifflHl.^.^?^! . 

^pf . Ilf f ぬ。 ,薩 • ffll 

な&の i& らさ卞 や 盆燈欣 1,。 

,き #ん で t 仃く。 . I I 

II 11 1 — iiill i- i 一 一 五 九 

盆燈籠 (其 二十 五) 



nnwiiTi 



.lis 



卒塔婆よ, 9 芒 は 高く 繁 るな 6VO 



さら 



^き かさ 



鳴る は 早 や 秋の 風 



C お 親 やの ら さす や Itlmo 

み .9 たむ け かひ 

水 を 手 向た 5. の 甲斐 もな し 

思 ふ 事 通す に か たき & 世 no 

船に 乘 れいと 義叔 さん は 一一 一 la ふ。 



六 OI 



なき- j タゃ S .^ 

U 親の 顏 らさ すや^ ggo 

つるで i t だい 

翻で 文字の 題され もせす 

わ」 がて- ふで まか も 

吾 手に は 筆よ, CN 他に 持て ぬな. OSO 

. f せんきん てい 

なさけ は 重き 千^の 鼎 



C 親の 纖酽ら さす やゆき Mio 

消お ての 後 は 元 の^の 

ゆ ふっき くも $ 

夕月の 雲よ. c> 山に ついくら ひ 

*?yAr> た まャひ X 一 

歌 諮 はねば 叉 人 も 》し0 . 



步 a れて 西の 坂 



ffi^f > け てかずき く。 きが? し;? の 坂 に 5 

U に^ ざ i や :れも f i の f f て、 SI て、 ぎ ^04 

pnri の ill 喊 n" 

へした るが。 smffi もう 仕お が 5、 許す く 5 れ 程詩 人に 成/く は 

(({ デ!! 



; (口 



J 



lof pp^^. ?は s s 木 橋の 下 く - 

こ 5 わ ふ の 1 ^.^ ^ ) 

ろ/ \- の 紅葉 を 載せ て^れ ゆく ! ゐ yo ir-p ^ru.#.w 

t I このけ い . ド : 、 .feb ぶく、 W がちて 居た る 事 久し 。此路 を^ち て K J 

1-が1こゎる4^がし、 此景に對して詩もなく 歌 もな 唯"^ き たれ i つう もの ノ。 

ili して rii、 ilnlr. ill §1 力 1 



V? 扪^ irs に に 



巾^ 



に寥 落た る 山なら す や。 if 

三 岳 寺 t 和尙? 5 あ if !。 ^Bai mfrf. 

か、 る 詩境 は少じ In ふに わらね ど、 s"b ぬ II め t こ、: i.: バぁ 1/ ば " 

A>, こさ をん せん ^-s こ、 きる _ に 長く 留る など は 如何なる 心に てず 

一 Sfl 軒、 § ? iif f I。 

白 石、 碧 流、 I ふ、 0ff0fi^ff 

御產 て 11^ ゆる ぬ。 i.l^r. f0l!, I お 

や: > ふ.. きく ff て r 、ダふ s^ferfi るき。 

兩 岸の 紅葉 は繁く 散. 5 はヒ めぬ。 藤 はま. J が. 9、 fAC 0k L.r i さ 

asy^. , ! 5 i え ^ S5{£sslc く as に くる 音す さま ヒく聽 おぬ 。树 

て も f の 塞 や。 夕 H 指す. g のき r む ど、 Ir あ 4 き、 £ff お 、t„t ... g 

^-.1 えの みは g<、 € 編の い 石よ- 石よ Is え。 

i 所" r して f?>"rf るぎ ぎ<1 ピ ぎれば、 いつの r やらずに け ひ、 f の r 立み たる? 

_ 人の ド." 。 fir. rf 1, i て i::: 

優しき 處も 見えぬ。 1 7 



9:f 、き f て、 fit fit 勸 s る I の 如し。 

i も: まの i くにて なけむ。 

£^ 11) な M か t こ、 ろお こ 、 わ. が 

if f くぎる が がれば、 i 。令劳 のぎぎ なら S も なく f な:; 

trll たる f fris に t て、 f40n^ 一 i に 水 5 

ブ- f リー c よくた か ー あ ^ば> う/,:, PJTZ ク r 、 舵り sftN て ゆ』 



Ici, さへ ぎ お,, 

み 。 Z .sop る: て、 實 まい なお。 髮のぞ 4 ば ひか、 水流の, け 恐 

らく は IH s く 4.4 又 rs ば iKrL レ f i ぎた るに、 S め まれ, ぎつ 着 

し 、にや、 ^V^XJ^J 睨みて 去る 事な し。 我の 橫木を 踏む 爲 め,. -バノ L 1^ け, か げふ しろし 1 ?, ほ 

U るず II きぬ。 0.^4^^ f II、 ! 

! 溜 P る I の, ■ 

がお を all? ざる 時 は 鳴る ヒカ ゃ爵 人の 不斗 y ~ 力 屈クき P I ?ュ A- , 

て f 鶴に,、 £1 fi fl 抑 も 亦 何 i 

たる や、 何 をか觀 り、 ある や。 さ ビ, P , ,,.,ぉ.?,スナゾ0 3!,^、 

, ひ M、 g はさお f る? なら 卞。 fff0iilf , 



谷 



川 (其 二) 



|の水底 きをき I、 漏に f i 



六 四 



力れ この げん こ t ちで ■ 

彼は此 f 答 ふる 能た:?。 1 はふき ど 問 20 



彼は是 にもぎ へ^う き。 ililli は酽 ひぬ。 

さらば 此 所に 憩へ るに や 

この どき かれ わえ 

此時彼 a 我お つくく どかち ll,%o • 



,ド いの み 

銜身は W も 何物 を 見る にや。 







このば! i たま 

此橋を 過ぎ 給 ふに や 

^ゝ i サ シ、、 、 .1;^ み ど y ころ 

3 ^らす 御身に 間ふ處 あるな _ 

ば f4 ひビ かほ S つ > 

ガ 面に 人の 顔の 寫るを 觀ひビ て。 

み 

® 身 5 れを 見た る や 

いま- み ;!^ な ゆ ふな こ乃4^し す 



谷 力に 何物の 潜む や Q 



未ば す、 r 2f f る f て や iort ゆ ほら 

は虛 言なら む。 - / 3-.^男プる事なし- ^ら, 

み 



見た る 人 わ. CN ど聽 くや 

見 ひどて 來れゅ も、; S 力 びわん ぷ 一,, ,?, せ ぶ . , >: 我 i え A す 走らす 之 を 



1! f る 参に るリ; feLP 



「扪们 がぶ L J 】§! 



f 



べし。 gri ひぬ、 fiM さ s もき 破りて 未練に も 今日は 立ちぬ f 

あ. す t ,K ノて、 て、 此 に立ゥ まじ。 

や 翌日より は WL< 311 J - _ - 

M の 鍵 どい、 酽の顏 どや。 



1 > し ひど かほ 

此 所に 死した る 人の 顔な 



ち 我 は 繰返して。 



^1 に& したる かビ l^i^ ひ 給 ふな、 言 ふ も # 



えき 



^ したる は酽 ど、 何故に 死した る ど。 

^ したる ハ^ ど、 i: 故に 死した る ど。 

す ふ も 益な し、 語らば 長し 

F か 、 る i いき 谷川に て 人の 死す る か。 

f. St の i くきい おの f たるな 

なし、 まらば 長し。 

y し をぬ ぎの il。 nfl f i き I、 f 忍 s 

るが g ならむ。 & したる 尸 矿,、 親類 か。 



何 



谷 



川 (其 111) 



1 六 五 



1 w 钔 コ,; 




さんかくた く 7^ かュき 

三 岳 寺の 暮の鐘 は 頻らに 一 をき びぬ 。わ I はこき 讀ぁま 、ザ, ろい 11 

かんせんろ 5 かへ £5 b i ]^ j Y s^na T^AV M^O.^>JJy-*^&l>^£.J、h^、 

碉 泉樓 に f § に やぎ f しぬ。 g あし &s、 疆』 はの、 r ひま 

S' 1 , ひど、 く-か £ If: し L て 出^ r 晚臂の 膳 を 整へ て 下婢 ハ 待ちぬ。 

Jy,. 一 J 利 傾: けながら、 ioff, imosi 

實 f しき § タ、 お ほ? ぞ キ ぎ if rr 意、 fit 

Hpl が If pr a 磁 

ぐんし § さん も, ^6 ^Lo 

け、 piil ず、 n£i ぬ、 f ?i ぬ。 F 

次で 問 ふ。 

その ゆ ゑ や 

I !! 故な.、 し r 止 f まや は、 mii, i おへ 、 i へ。 

和 尙は笑 ひて ! ^ 

>ん み この たま t や fi- わ I It • 

J せ 身 ひの 好きみ f ぬ J 話?、 ffa if f ,fe うけむ。 -ー 

1 非 I かし s へ、 l<r きわ 我 virs ま 1 く、: 彼% き t 死 & 

左なら む。 : . ン J 



Mii は 膝 を 進めて、 粗杂を 投ヒ。 . SIS チ . P I I t)0 

さ 左 fr 身き ならば、 i るに!: んの まもな し、 懇 ずは 今 ふ 曰に 限ら 卞、 細か I は 眼の 屆 



力 



4, そう も ^力 タま D 

ぬ 愚僧、 a れた. 9 どて 谷め 給 ふな 



f g や 山 まも i のま if 、 g み 身 あれる if 殊にん 多 やしま: や 此ヒに 一年 g 又 

し。 0&sf0t ff0liii. 眞に病 i ふ 人、 又は 



射 露し からぬ 舻" を )1 しぬ。 つ 切 は 此方の 關 せ^る 處。 



身分 展し からが/を "お T-.^ H - - > ([- J P でんな-、 f ゆ" 

画の f 、 I 婢 Iff:- Jf ほ びぬ。 :: 

a 懸 なくて i の ぎ i あまにて f ぬ。 二三 人? たる 中に き I る 



lii はゲふ 1、 r に なき。 ま は f ずぬ。 彼の 父の 死した る 時、 愚 惯は疆の爲 

£f Iff .fe る f ま の i、 M^0t fMtH 

SI?>^、 SHr り * 期の 手 向 を 受けぬ。 り.?. ケ,' f 令す て さ 

i の f g が i まる l^f て、 お i の, の i、 i$ ¥bi の 時、 振 捨て去りぬ。 

川 其 三 



1 六 七 



谷 



- ~-rr -一- T. 



s—= .ゅ=2.1?.:::: 



谷 



川 其 三 



六 八 



は 行衞は 知れて, しが、 ? ii 曰へ ての si、 f きへ にも き。 お i える, 

ほべ ひらす:. f 捨て、 き,! ぎべき、 ffifi 

後妻| むる 者? しや,、 聽か? き。 こ 子が St ば i れビ sfMif 

^ つ さ- 4 i 、 E- : 

19. 母? れ?? 覺れ さも 、ま S の i は、 f i ふて f ? き 。ぎ m し 5 鲈 

の 操 をな 失 ひ これ 父 が 朝夕の 言葉 な i。 

iasf ^の 靈& み、 變 f f みぬ。 aiflo 



田 面 S!Lf ???:§に8 あした るま¥ £if ぎ f ぬ、 

ぬ。 is 心. まき 5 も、 SIri の g、 n もぎぬ きを。 

J 呼 e れ, 子等 三人 は i に ずれて F のみ?。 ^m^sl. Miff 3 を 

思へば! r。 r に.^ r てぎ きに ぬ。 ^if SI f&M&t 



れ ば。 一人 も 喜び」 や、 母の 惡 しき 事 を 知れば,. 



, おや 

-さ. なから 親な, 



>^ ち、, 、ゥ しも i i、 h 

.子なft^、 父 を 失 ひたる 折に, 母 を 得 



ひる IV > つ しか i しく? ぬ。 酽 g の f "gv^t ぬ。 ff. fff 



i^- を^ち て o 此度 ハ行 衛 知れす 



穎 類の 節 ^^-f « ,i まへ さた? r 

&の觀 S ビて 靈复ら み、 ij i ifl I . へ ま 、 

s M.. し s げん 、 ,^^たっドし:、 1っー<15^1せでょカ^丈卞なりぬ0 由松は兄の家に歸り、 .fe^ 

さ江 入 、二 も &實の 祝言す るまでに 至らす して - 1^^ - 1^1 - いへ でん, ゥ し 

され ど #, : …… [ き、 よっかい ち ま, ; お, てれ/、 とまず りれ ぬ 。家ビ 田地^ 知ら 

ぬひ" こ ほ;;^ られ i rjn ま の^を 自由にし たる 結果な りし。 、; 

ぎ ざ f ぎみ 身の i にも f れて、 s!if ぬ。 ね 錦ほ 身? r お "s^c s_ 

t lii £<i^t<, ず、 弟 ど、 又 彼の 兄 f 睦 



まヒ く、 i しく、 おぎろ あなく、^ 面白く 暮 さむ ビ 思び ぬ。 み. > < .fe< L も JJ .^A 

r き f き f f 、 lo ぎ f :±? み、 洗濯し。 霜の 朝 I ひ 

、ぬぎ しぬ 。"ある ども 燈 心の 短! で 糸車 If 

s も i 還の f f て, 組? に 春の 業 を爲 お。 

,s£ic やおの 震に tr?。 tkft..^i 常に リ S 

き、 i&lf , 0i HA 否、 少しも つら 力ら す i 



1 六 九 




へ o よ, 



一七 〇 



苦しから ひト 問へば • 

々つ- ゑん か , この e 



r ミ い ! i. さも,. の 苦しき 事な しト言 wo*li は 1 らもして t れ しど かや。 

I て ほく 十 S ヌ きょ 41 や 山 3 の ii き.。 g!pr き: T き 

f る >ir2l ば Is 夢れば、 f て 層!。 

客 崖す る 1 M^^^i fpi ,なる f ぉ鎖 や 

ん房 If 戾 :1 立 r、 fa al 



呼、 ? せば r?pp きへ すぎき ぬ。 



slrpf T f!F?>f I にて Irr 。 ぎ f けて、 1 



る 事、 道程に なほせば W に る,, し, 



f 錦 は? 中.? f っヌ" ,ぬ、 Ff ^atf 



"sy. 父が 應 まで 言つ iif, il^ioMi. 



夏 去れ は、 右 SAg gyf て、 0safsifmf! ig 力な 



iia. ま きん そのいち はん D 

る, ぃ留 りぬ。 お 錦 も 其 一 人なら き .-11 ずがくな aTf $J 

き f! るず、 ilf して J? 學 r : 豪 r • 

u>iTl き f ぬ。 ず n,、 In 

^^^^o ジ > . しんば い また ひど かた 

,み て、 rfffs,i0f. 欺 I ほ: ハ: よ 心配 も s」" 

■It で 出 f だけの s& して i ずな さしめ、 ftfi In 

f i らしめ、 ii たる に f しめ?。 : ! ii . 

s[ti, fk^k¥t<ii, 存外 學 力 もな 



よ 4 き P に i る は Ff -。 ilf の f ほ% ず麟 r 床の セ 湯、 炭 

f に gf ir、 fpiff^. 最ト 1 は 人 tr 立 tls;;1i、 

f み 見 f IAS 、を のず u りぁラ つし にダく 11 jii こ STt 

"sri、 il の! も、 f ぽ f T し 4 折 f Hp 



J, ^ 川 i I ー七ニ 

働きし 時 §異な,, 、 何番の き i は £:i ま,, 一 ri の、 fms$k<!o sf 

ヌら ゐ ぷま き te ん わか &び 言き 5^^^ S る / . お V- ま ヰに 

i 寸に 居? 客人、 f に 御 l§s きしゃ、 き i しく.; s§&s ら llf て— nf の 

lJJi.f.MO 5-1 f si。rr ッ薦 さぬ か?, に、 

敎 へられた る 口上の、 何 か 用事の 御座な き やど, ふ は、 II なゥ き。 

きゃく いもの あらもの.^ 

づれ n、 ?ら k お、 f f : f I- ひ、 &ぉ のみ g ひ? しこ、 

,市の 客の f しさ、 ?又 優し さ。 Ts:^§ ねられて、 s、 S がらに 鍵 5、 ms 

M ぼして 聽 いて 被 下れし どて、: g;^ て に!! らし g あらき。 , 

わかもの さん ほん 寸ぎ あど ど S き ら., 

よ 若 ふ 者 か 三本 杉 わぶ、 リく r!! 、:ぁ ぎき、 mapi 

夜更 くるまで 若者の 小 說本讀 みて わる を!^ を て I- きる^. ^りき。 

あるひ こど わかもの か a おも i fr J * 

或 日の 事 Isl しくず、 ら? r き f J あき。 

はよ 丄 ニニ 曰 は 彼 少しも 來ら? しが、 is き,. t き V 脱 1? に f きみ 見て、, つ 力 f し, ぐ 愚 

僧 知ら^, GN き。 

はく ^ き^ こど また. L aJJ K ち . 

其 翌朝よ, 9 来ら/さる 事 又 四 五日。 . 

若者 は 又 病 を, ぬ。 矿ちま は i ひま!:? やおの ん た., ぬ。 

岡ぐ く g if て、 お P 一 あしずし が、 I. fA$fKf$ 



-- « i.r ば C- ちょち ろ $j も そら やま ひ , io^ 

^も酽 ふ il わらさ り しビ。 胛 蒙の 女中 供は虛 病な, -ヒて S けりぬ 。一 



TPBf む どて 爵の i の f & はらしお ず K に 入る 若者の 聲。 ま 一 

7 ^ifs. ? rlt に ts、 れ よ.. 1 に繁 なし。 りれ なきに も? 5 

われ。 

お 錦の 

分らぬ に はわら ね 

ぐ f L ばぶ き はなし P ' I- 

愚僧の 咳 にて 話 は 切れぬ 



わらば くろ 《 ^つ '^^ . 

- 妾の 苦し さも 察し^へ 



P- ,a ネ にぶ ク つき もら め S せ 5 ゝ け3- ん - y 

^^^^.r^co 月な き s に w 星の きらめき M ひ を 力 

めぬ 



ま f i あ!.、 ぎの It にお S 河鹿の f 切 



. -; このき よ たに かば 

i&of mfci^^. f w の. 4¥ ながれで。 け, 



さむき 



7pf-sc ジ. OS ニー *iiws < <feB-c El - , 、!. , -- きの ふ こ^ かせ 2t»c 

i^il^l^ ttk0fo i のぎ 昨 曰に f ら g、 風の 寒 は 

II- ^ ,r ^ え や- みやき け ふ?; 

し 巧 «sg ケ羅に ii はわらね^、 令 日 は 不見炭 燒の烟 



谷 



(其 四) 



i 



お" 




1 七 四 



わくら 葉の 散る 物なら は 散る をよ き 



鬱 



i 



ひきさか おも f 

1" 裂れ M か, s は f らしが、 f?smmf. 力 川ば に は 



パパつ- たいら. & たいう か や 

昨夜 は大雷 大雨、 蚊き をャ た 

£ で H .ノ .; 其 fr ォ きたお、 m きされて r5、i.f rif て—; 

?額! f く!! T 4sf i!if if ?p、 lit 

おき. き! g 蒙 I みきけ る。 fmM^ 

メ, た M。 メさ; 家 f , き し。 pof.Ly^^^ 

fsiiiiff へ るに ff ベ し。 f 。1: ほほ t 



rivmi¥ か。 きく まぎ t 一の あ 足 V 踏む で、 0tfkfa. 我 i ハ十 餘ぁ囊 ど 

ふた a- 

二人な, 9 き , な: .1 I よ 

0apf. よ ぼく どして f まる 1、 mo ず f て 山 越す るに や、 sf 

なバ? ^ヒ& へむ ビ、 II: ゆるめて i ろよ. 9iJ バ。 ほ、 \ ^く 苦しき 息 を 吐きつ、、 すた- 登 行;^。 

iS く T き. きか, -、 がの 肥 Afe めて は, S み、 も を II ねて はき ブ、 ロハ さへ 拔齒 にさび しき 口元 力な 

げこ X< しく i きて、 こ 4 る ii の 1 なる J 入? ば 間 2 げ?。 

f S だ &i ?。 ぎみた る S の, たれば、 T 儀に す ベネ i け f if な;^ に 左; 

||く|^り|こゎら§、 SHStti に i れて、 すさ まし のみき き so 類の 知れ fr 何物 哉」 

^ r - - / ( , あ ひ,^ はかせ つ まひ さが 

^tff if , たる r¥HrE>r き 木々、 S やが S 上に も たる 間よ. -、 葉 m に 連れて 舞 下る 

i、 ぎきの ぎ攀 f V4if £i§&r るに、 ばた くビ, てず は、 S 山 蛭 か。 夏な は 

さむ ひる くら > 

寒し 晝 暗し . こ, ば つ ミ t あい 

irl の ii-tfe^. &ま^ 猶ー r,9 ヒも、 胪1 に. は して、 〔盏 より 詞か くべき 0^ なる に、 前 を 過れ^ も挨 

y へ f g の S をき く & かし、 お? み 見つ, 2.^ あやし けれ。 fjfp 

を f て。 1 も i しき 屋な ら卞 や。 si, のさ どかしが B せらる、 なるべし i ひける に、 只 左, 

やと 言 捨てし のみ。 Im 

I ^ 1 1 1 一七 五 



湯 坂-越 



lulllull , ヒムへ 

萬 一 お 登る に f? ちけ まば、 i よら r て it へし。 rr て 震 xlnTyJy 

ほノ 及ば? て、 口元き くビ さし、 f か、 る S に 5 上へ あ f たる 囊にぉ同な じ。 

ほ rr; へし "にまねば; 1 儀して まみ If に。 ?f ひきお 折れ、 .s^ ii く、 憩 so 

is 押 分けち て 1、 f のまく へぎ r のき 木の f ir、 if^KflK^ 

聲の管 I え、 霧 薄ら 萬る, i し、 mfi0f 霸 r る, i し、 g に ¥f 

の ほど. O に 出た, cso 

^ak^li fin i ままる か。 inrM^. ?は f ぎ 

::。 此所は 蟬の薦 しく、 lif 1 -々 V 曰に て昭1 され、 蒙 は ii か,, f て、 f の § 

門 を 見出した, 一 

さ まつば, やし こかけ ^ k 

子の 此 f f 5r 時、 っ附 けたる p のき しお や flf^ 

書き、 今日し も 計ら 卞湯坂 越の、 が"慰をふ踏みしを|^^;^^|5た..,0 , 

意 m にで:! は?/ き & ?。 0if^t まけ f ばえ 

uiii!i-^0^to m の S にて き f く, fels 



⑩攻 



其 



f :! 雨: i は irf まれて芳 r t 塑れ III t 、 

^^niiH ま攀 羅 f i れ £ii きて、 

:、 坂 2 J し:;? て、 Hi 一 I 霧の f き、 



.も草鞋の裏は破れぬ- 

i ? いき t かた み 



ぬヌ" 一 ?な i つ t ゝ、 |き ば、 i 響 r vilf 



み 



ど 見 ゆ 



れ樣晴 し B の i 知ら 1、 しょん? up ちて ぞし, 。お 田でば これ ま i、 fp 

雲の 中なる に、 ,て は f き fflr、 f fnr あしぬ。 所ト 

ru そ おちば *k}*K;> 、ろ .^ ^ > : 1 )1 で K WV 

ね lusts ろ々 つ at. 

,ゝ、 幾 4J し j い、 litKmofi^^ 

柱に 打ちつ けたる 木 札 さ へ 、 虫に 朽ちて;^ し。 



I ^ ^-^n. しま まけ f f も、 00,.fkt0o き 全く 雨に 拔 けて、 

乙れ よ. 9 下る 事 力...' 移し ブる fi3u, 冗 c,^ 

ひひへ i 、r」tfp., も 4i て、 よます 蚓の おる なるべし 。腐 p に狩野 何某が 丹精. 4 した 

『螯の 上に 枯草繁 .9 根に はぎ 芬ジ" す 出て swi*- クが、 フ L g ひろま、 たまいみ に 

Si のま も、 at li ^n^^ 



r£i ぉリ f わ-つか f ぎ f 

片隅に 積 重ねて 座 板 も 大力に は 力して 李し おこ パカ广 r ま よこて 

f .、 i の? f す! べし。 が? にが r は 五, ん』 

fig して 嫩 ism きずず 鶴 をむ へ kj nr4^^ 

Hii く: if 謹し iSr 、 MP 

い f すがおかん ぬし s > 、? nl,- ^cp^ . レく、 tO れ 5l ゾ南问 某ビて 浮世 を 厭ふ不 

な. ぬべ し o SS; 翁の 姿 は 神官の 故なる か 1& ビ して 昔時 ゆ 力し く て わ 7 祷 

, ど は 後に 至. 5 て 知れた. 



If is く。 i きみに r4 ぼ 4:; ru 

ま f きる はかに 醇 のみ?: £roJ 變 し. t んはゾ 

li お r& がん」 kii iit . fru 光る 物 は 



笠 檜 後 其 二 



5»^» 8!«減;;>^»れ'鲴貪 ^ ^~^-»^-^~舊 | ^ ^„ ^.霸 - ^^^ 



笠^ 後 其 二 



1 八 



^^^14^^. 0it き まきば、. 

>^M^ i きけ るに、 ifi ? upt^ 

S;t! 言へ % 確 IIS れ t i は; s の ii は i ぎ。 f ,? 一十 i。 ^ 

; ほす? I。 き if て f が s&i せし も、 m^pf^^ 

知え る は M れま ぎきて、 にぐ r . -Ifi 事ぎ 我の 

b さ 5 あく * ゑ 

我 か 相の 惡な るが K に、 C- つも,, つお ン: \s> 、 ! i みち ど 

ォ u ぼ 人力 我 は 取合ぬ. 我が? uf" し 故か 。 ffff, srf! 

0JJi Mm0lt ぎよ 4 しても、 

ど、 づ i は iS なしぬ。 もまても 世の 人類 を騷 ふての 事 

010 1 4.1 の J4r i きして、 if ir す。 

■ii 囊 する は、 き f i! TpliF:.sl 




く、 震ぎ べきき に, ぼし; き ttr くす るの i,4、 0^.,J4^ 

?く ff * 明け、. fa^§. §li, 抑 もや 聽臭: :は此 1 の >1ノ 

nfe.il<is. わい i へて 立 出る 人、 此度 



は 四十 餘の 女な. 9。 

せ、 三 

^fflft f0f ? にも 私 なら: f の f 驚 一 f 

ski mis. 

uii のき 1、 i きも。 t 仔 ST の m つから は、 f! 



^ft さう やう かんがへ も 

t fffi つらく KV まず & 、> ひしに、 f Isf 持 

I r 山な f iif に はわら?..、 ^i^i まき r 度の 案內き s。 f ほ:; 

あな r に、 んが、 へ ほ, > ま 7 ぉヒ ま,, ; ね,, 、おも!; が" ち i どに はよ も わる まじ。 何 處を以 

I ぶ l5rs> 缜なキ :} 想 を 持ち 給 ふ 力 は存ヒ ませね ど 0^fu^^fi} た., 

されば、 i にき f ぎお f r ャ i にも、 f て, きけ 給 ふに は 

A 

後 檜 笠 其 一ー1 、 




«, チ 



に f 、 



;; -ヽ, :、;;rf; ゆ" 



一 八 二 nui 

我が 夫 は S 中の 人 さ,? f & どの も f す f 禁 、翁の!! き 

, > . つ 1 わたくし きら こど: .a ク ,"? - , > 



如何にも 然, eso 

方. ら e つ t ■ ?ま ゥた し .-■•—, ]= i- スノー, J- >- c |^/> J 

る さへ 縑ひ にて、 實を言 は 3* たる 妾 を さへ 繼ふ ill つの i- し。 さ.?,^§ャけぢはゎ射..を^のひんの,ぉ 

"不唄 不徳、 不忠、 不孝の ずの Lbf る、 ビも、 fks ふ i4tis "きろ あちて f \s 

身 を信ヒ 居れば、 去れ. I はれても 去, fc$、 ff<iffo ffti 

き 故ば はい 親" な" I も? 親,. sf なし、 t は稱 れ fg. ひ? も? r さ 

して、 眉 は愁 の f ? ぬ。 i の i くんば、 is:<f お 己の r ぎ あめ f £ のし 士、 Y がピか 

?.^ f^sf! へ けれど 3 に 一 r ,ば、 きる.: s> ほ、. 4 夭ら i ひ、 5r 身の Is 

^如く i ま g きま!、. i は、 p^fk^a ar 

) 、 こどば こ. をな i くち. J, - f ^ r f ;t 

思 はる、., 滔々 甚 る詞、 是 女子の? あでん と はき!: にしても お 田 I はれす。 ^^kf. 

河 1 色に St て、 上 T 人 ひ r。 f Is なの plr く f べきに お 急、 fh 

あ:::;:: 事"": f ほ々; f なる ベければ、 S 鲥 する, るべき。 !ば あが 蟹 

そ はお ほせまで もな し、 11 に^^ ヒ まきし ますれ さ、 おな の m の" f こ 



たる 厭世 說ヒ、 何^に 龈き給 比ぬ 

に is、 .SMf .sf£ 



て せき ふ へ、, 

よ また この ミ、 f な 5 . . -朝 一夕の 不平に わらで 、これに は樣、 々の 事情 も わ 

い I も ある ま。 古人 S 善 今の t の ひ.^ -は i みが f ひん? どて i ふお s;r ば、 の: き 



I 一 ョ, 陽 —Mr—H—H— a——— Bl ! .-Jo くし «- ち をの. Jis き * ゥろ li!J-.« 

r れく II か。 I はお r。 f 內;; s?2 

"や、 fat r 身の さ 去お 意 ? !"、 

0.111 ,r、 射の f な, つ u き r . 致し リ、 I 

二三 y: け&し &f 。 fi.k. 其 所まで j へ 申すべし p 彼 

て ど 進みけ る。 

rl ききぎ、 

rsl や if べし。 き J の や,. 案 r"" S れ it 

かならねば、 ibpi^. .s^v>f が 如し。 ! さ 1 ^iK 

r きお & しなから。 f,.s?^flrn. 



後 檜 笠 其 四 



八 n 



千 早な ftNO ♦ 1 



の あし AVJ つた 

獸物 ら、 五 J ノ ける 5.. なう ri?i"r れ。 rl できし や 

. srfss 歸 るに。 . . 否、 ift ぎく Mf i— も tf も あ 5。 お 

はも し S しか。 . mBfiff IV き 十 s!fl 

事に や^ 問 ひよ るに、 睃はっく<>,-^を;,^:^^め€0 瞇 U ん S"K?i な, I み 

さい f 2^? な 力めて 御身 今年 何歳に 成, 9 給 ふや。 Sj にして 二十 

ニ歲。 ず」 swf 暗 い Jl rkrrf. , や . くだ ゆ T 



-2理^.息ほ.^。1|^,,まで,て、 ,r る、 きろ?、 f 



J 、せがれ かしま? こど ; - J-.^ 11. 1 メす 力る、 S 姿 を、 見る 

r こき も 1 出け 息: Tztll 露の 事。 ff 511. if ぎが P も f ャ。 



わた, 



さいせ vtj 



に 氣が!! はに は あらね r 5: 事 あす は て、 Tt 問 へ ぬ。 い 如 rr 子 y S しか 

.ち| ぼし 給へ" ^i{of ski 醫. f 

1 のかた く 1 に 似 f 此 山中に 朽ち はてん は、 ^o^flr?, iopf Iri 

f して、 1> のか 爲 J ん,, つくし わ ひヒ、 ぎ懲か i" けれせ、 ,K 何で, ゆるし f べき、 た 口 ~ 一 m.^ 

らぺ に:: U 他 t に f ;?、 妾ち 1 こみ.? かにぎ て、 nff して まし 

ぬ 其の 時 妾 は 知ら £ して、 ^m^&iritf , f If 



秦 



よれし 儀に は、 iilkfii J^^l s^fj 

る rr fit lli、 暇 さへ- i 來て、 t:f の S 

!, n してく 髮 r れ しぎ はに 

(if. 辦 のて 手 i&yt きぐ 冬る よお t て、 れか U に 二 年ん 餘 aon 

: あきし。 ffn お 維お す 4i はし r: もしゃ ゆ 44 い r、 

rf 8 にて、 stm^. 兩親 共に き f れ ば-勇 氣 asl み J, 

£ のず ら r きしても、 S づ くまで も i せ!、 ぉヌ な" れ r 被 下? tlr ハ If 

Ti にても よろしければ、 0a. fffi s 得 I きし 

* > Jf^ みだ .8 ぐ やう I 

たる^のお t おに «ビ 力 i して、 ひも かに 涙 を 拭ふ樣 な..。 、 

其 五 - こ、 ろ た 上 

おしく こ 小 ^5 1 おは、 f に 警: :; 

^pflziksf 0.siK ぎ ず Ig 托して 旅 力 

i ia I i ■ 1 八 五 

愛棺笠 其 五 



3 =J" WIS L is: 



後 檜 笠 其 £ 



八 六 



ら 



. き "ま i! !、 言 ,絕 I るふ 不霸ず 。 ま r& める mg、 i は 花の ま 市 f ぎれ、 1^ 

居ます 家の 上も& はれ、 ぎ" きの i や かるべし。 _ フ 

,;く f 1 1, i す f 、 k:HP 

程 i1 るめ. J 耻, は J" 此 ば? てま。 mif f .^.^<.|. は 

i?s は? f の爲 に、 千里の? f i す、 fmtt. s の f f F て、 

外 國に涉 る 心中 分らす o 、 

だいた げ ふか けいる & た ま 、レき 

大め 1 家 は!! fs ゆる を? て 霊すべし。 ぎき の f if 、 mf0ii i 



S4^14. 章 をき て 、羅 のぎつ きし g3i は if 。 rf て搬 れふ 伏す 

i、 お 風邪 召すな ド# 織 かけられ るが、 i の 殿の なるべし。 

せで 

ふる ど i- 



なにば 

J めて 

たのみ おもむ &, ばん e む U f?v- さ , で , fi^ 

御 依ヌド 万事 胸"? i、 や r 子 f f $ つ 御 i 裏すべき- 0if 



し 10 、 ふ? /if J. パ、 1: Jil / iHL -s^piilv 130 舅 庭よ. y 誠意 

?:て き 此の 不孝. 女 trrg るに、 fsFg ぽ pit の r き gr。 0, 

御 願 ひ 申します る、 一 家の 泣, i し どま, f く I せし なるべし。 r のく さ 左 FS 

う、 .-0,、 ほ. が r は, .S あ! ら く ち,.. . ; — ^/^(s^s. 



f が 矢お さりの Tiifcl しす ひまし、 0k$kfJ0drlo 

0^0t i ちて 11 の讓 に、 ^11 態に 散丄ぼ r ほ ro 此 

^;管 て il。 これ iff ?、. ず?: はば;: tl きの? t::- 

- : : > むな か S. 、- . 、 I: は 山; g の 谷に 響きて 雲梯 



,w、 ん- ^ハむ a あ;^ , 

を 濯ぐ 感慨 胸に 溢れて 

やま すみやき ォ ふう 

の 山に 炭燒 の烟。 



もの ま をカ嚼 むの 種な ら^る はなき. 



1 rR>o -コ| フ V i rf. , , ; » t のま、 さんばい , - . 

>|| いはろ に、 み こ: sifi れ 0」 りこ ^ みお を i ぐべき にわら ぁビ、 其 儘參拜 なさん ビせ 

る 楠 神 社の 後に 出で 御手洗 は 木 きれ フ J ^i>.ih^f , 



^かこ t おを^ぎ て、 iS の きに^ 幽な -9。 一 步 一 句 を 練 

f 、な/ n f ^ し こ S (2 こ 5 み.^ カズ 

, 、すの きじん じ. 3; S, 



る^ ^ 社の^に出で^< 御一?ぉ^.3^.^楚ォプ-.«'フ..-1 J ilf. ! I fi ふで シ 

tr の is して、 ¥i 蟹が、 こき 早 it は、 il の 

M き あか. 5 しが tf て、 f に 叱し ける。 . 

mf f i る I ぎき &、 ||撲せし f Js, ま はば」 

jEH BS SEi = ii 一 一 一 ^ 一一 一一 一一 画 霞 - ■ 1 < ^七 



t お 檜 笠 其. 一 ハ 



11- 後 槍 笠 J4 

^ , す みち す こ r=51t か 

翌日の 道の 少し にても 短 かれ— 

ハだ g 



八 八 



J 、,き K や ま、 $、 あ -:誦誦=顯誦||5=| 隱 , HJaasgii 一一 匿, sg£ti 

時? も 早く fl はれよ ど、 S のぎ まさが らも、 ^ 



一 心き 冇:; ,1 一 ^TM.fft きの f る i は、 I の g 

,0- を 告げて、 畑の 烏 を 畤へ歸 しぬ。 

^y. ば *^、 んり, よ を さ A 

烟; JtKrt て 氣に f るの きし。 ikffif 

?ば、 ^.^nfi, 小ぎ みは gsvf pgl、 f ia. 



消え て 雲 雀 の 聲 漸く 靜 かな. CVO 

e ふり たら チ つかれ 



ひま 浪 11?:! 不 f JJ^J^^^ifsl if f おぎの i 

; r:l 仕納ヌ はき" f きばぎ ぬ f if klf 

ヌ 1 の か to ヽ數多 上 て、 ,の r 意 If 、 i まぎる i! に、 

,r2s て、 同 ひく 上 If は れば、 ilt^. f f r れ ろく ど i 



i ら きん け ふ ばれぎ こむすめ 12 J - .Ir> ふ rtl— 力. 力 さよ ス 澄 

ノ來る 老人 あ ,.、 今日 を 晴着の 小娘 われば、 ひ.^ のっ^らし きもき らしき も、 fkt00i. ^ 

ほ吗ん もみ ふくみ C- つ? 5 ちな & I J"./^^4%^e:^#;^カ-*=^ 皆 

満面に 笑 を 合て、 西の 一 |;^^^1め、 す项 こま、 」 卜 ♦ ^ If おな こど 

は け ふ あめみ ち!^ r BL 一 。 す 一 rf は 矛ん 姿の 見え 卞ゃ 4 ひ、 獨密 言に も 同 t 言の 

葉?" f« の 雨に 道の? きが 爲め、 ft ,な |るな れ In ひつ,、、 Efef 5 てる あれ バ。 

"れは srK さて 今 は f^g ば I く 》 な I 一 It rLlr n^. i 

^^2;^ の I らしき が、 前にっだふ£&,. て、 そ 其 f た 立ちな ば 力 £ る だ < 目 にこ のみ 見き 



る £o i ら r 火き i し I し?、 mf¥§fi 女 は 直 打ち かたま 

K の s を • らしく、 ii る T=< ?。 .l!l^^^^.Jg^?. 

むる に g は,, t て i のまに す。 八舗?してさも ^^^,る Jl。 .^2"此ほ 

i るべき f れば、 iK? 組れ て、 おに f て it つるに、 3 ^が か" 一 人の 男に 

f て、 の § ひ 1 ゃヒ k へば、 1^?. れ r でな し、 



2i の ひ人ビ なれば、 Ksmffi 



夢中な-. る 

ぎて ひ r 入の Ir^ii ぬれ は、: れは心 |き居 て、 —「| .ん べん f ? ^ 

f に. ifif ふが なて 、き 一 ^ ?,、 一 J に 一 髮年 一一 十ぽ! .1? 

< ば、 一 f If i ?、 變ぁち v4 ぎ か-に 行くな 今日 ハ其若導が 歸 



m の, なれば、 i 乙 51 へ 居る なれ 



だいじんぐう さま お -n げ 

太 神宮 樣の 御影 も わ 



に r レ, I- りゃく この むら おの, > 力 力し - > 

たナ, -.^ 、 に t 呱を^ せて、 御利益 は此 村の 繁昌 己 か 昔 も. -れ 



l^5r^^ C ? I. ■< : 、チ- おん & S み- こき-こ D 

i る m、 おぎ あにて P のぎ lisi, -、 節 響し く 伊勢 甚 5聲聽 え? 

其 七 



> f きこ いち AJ.rf ば や! の くち 巧 

す は rJ を^り あれ. 9^ て、 一同 芝 山の 登. 9 口に 集 A 



へ i -, 、 ま? 



一九 〇 



がいせん しゃち ぐ, I £y_ & r TUS^^^BHI-IBIBBSIBBaHIBBIBII^I 一 Jy C 

お: llsfr 魔" き if の 一 B、 lorr^p^ if f 5: 

鳴 八 :! 上 s 子? へて 「見 f > てぎ; i の f 」 ど、 i&flf 

S^.J^i, ^^.i!s, ぎ あ も mi して、 ぎの f た あ i 

へい, el け:!、 il に、 I の f FH、 n 

"聲! r r§rf く/:: く?? 5f If 、 ff&t ? 

の そ, 5 ど 泥 を 踏みて、 不意に 鳴く 瓤の }!^|:| ^なる。 

生; て歸 るべ:: §ftr:±: £|??.<0 Mgi の pi れる、 i の I- 

I へ 5 が 如く 。嬉しき 雲け 架ぎ こぼして、 ぎ わき, 。き: お. - . 

ひ n?y サ ねんらい ミ 、ir- オノん じ f,ffi,,CVL 力 ひ さも>も細カ,c^c^らん 

::! 慰 1 ヌ れ" ひも I 置に て、 Mat ffmffz^ f 

物語に 過し ける。 

I か p もぜっ g もて、 羅編 のの ぎ-き if し。 震の pii の f rpf I, 

て 親類の 者 I 後お I み、 が やく £ てが f おに、 ! :| 脇 rs も、 ぉ& の i の i く 



も、 y はず, s え やらぬ がわる のみ- . * お 了き . 。お。 つ 

loss, fiki Im^^^ ^ J0iHl.p 

ぺ子ず pf f i むべ I。 ま? 41、 ^Lnlik i 

チ ぎく 來&ぎ i、 ,,れ ど iag にお えたれ r。 ,^,^^^u^, ?づ 花 

bo さ の il めに、 一 f f g なして、 i^dA 簡に &の明 

りき え、 s£、 $ life?, ilr おに 折れ、 mj 

せる f f し は i。 if 1 る まるに、 isAi<. imfn 中 

こ は lii して igK™? &居 f き。 • i 



® 後 ^ 笠 天 * め. J や:: 

f SK< &。 "不 气加。 之。 山 lpsp。 ¥ ^l^o fft0o 謝 II 世 

• 家。 "一 S SIO f€0fo 

tpio sis 二 if ま。 &iig。 




,花の 卷 

ひ の議 llrf i れて、 1 のぎ i まお のギ 

;は 1 廊の 此方、 管 格子の f ¥ こ I iiffr^ 

0J%.m^^^<lK§K ま に if て 翳る ョ人。 T 人 は M ば 

J1 21 の 靴 4 き、 ilj. f if r?io«!o 

、、一、 人、 は ひ を r 、む iiw ま、 If 

isig び、 ぶ 1 ぎひ 1> きめ?。 キ:. 4r 上げ Ipgv 根 srs な? き。 



おへ いさ わか § -w- -フて II ふ i€G お fflsa なか. CN き C 

に き 皆, ン& いね。 ,の は f p?sgs。 お、、 

m 一 ffns ェ". ^ふ あおぎ?。 が ン Ir へ t ッ て f せう、 



を どこの こい やん なの こ L^^ し • ; ' :- 

1ほー: へば、 14^?. f 仕 5 う、 f して i& みませう。 sst どす て 

拜 みます。 何ど言 ッて ::.:. 別に? も f ません わ C f t みます わ。 smt 



てん わ. i- へいか ばん ざ ひ 

天皇陛下 萬歲. 



し 子 gsrf t<f 滅ぁら せ lim ッて :…… 。 さう、 妾 もさう 言 "f^ は 1 う。 

i "あ f I ッ てず、 SS, き 謹,. 

i みま f 。 tl -ig、 fig. ff fsJ<^vo 

^Htlrf I? では 辦も m&l 一 1? ませう。 さへ 早く 行 s 



;1 人 は i も鬆. 4 みながら 1 まのお へ >.t"s。 :ri し S の .f 、t 柏手 11 かれけ る 

^nnto i 屋の f f」; S の, 4 ヽ の: f し。 1 



の がしき i は、 Ktf I ベく。 き? :1 出す; 喇 f ノは; U にき。 74 f "、 

し。 ら 5 に r あは、 mmf^7fi im f! 

われ?、 si にして i きに、 is のまみ まひに して おら ハれ ぬ" 5 ゆ 

lop^iis. UK iomtf 本社の 後 I は-て 一 

き so わた.」 こた ,i • 

f ^fctt :…… -sio しても 私 は :::•• ト答 ふる は 男な-。 



「き 



月の 卷 



九 m 



1 1 1 - 社 月の 卷 一九 四 

今 我々 が勉 めなければ、 後に きッて する も な S のです。 I 恥く If へて き i なさい… :… pm 

前に わらます るチ :…… いづれ の ilis ひで も: ま P て わるもの は、 のがみ のお & して、 斷 

家 il 觀念を 放 適して 博愛の 假 面に 迷 はされ た :::: 14 斷 の;^^ ど ぼし いからで .:: : i して ダビ 

は 忠君の 情に I ね は 成らない :::: t きき ri をぎ. りば、 さ &、 が ,s うに? S の ふ不ず 

益位 は? f な もの ::.:• 今き ず」 g は i の航ぁ る: あど 15,、 , が r ぬか、 Mr- らば 

投げられても 又 起きる C 投 けられ、 倒され、 i ばされ るれ には^ん W 化 r なる でもら うが、 Tggt ぎの 躯 

居 を ゆるして f fewf れ fe"SM&i、 sf f ss. のきら す、 f は ……: f 

a ……: ト聲 途切れぬ。 

,やち や 2 た つ ろ;^ > 

漸くに して 又 乙れ を 次ぎ、 さ ァ输ヒ かければ もゲ la きませ ぬが ,:::. ト、 乙れ よ,, Tti を i め、 俯 

^を やらむ ひ をく ど 語,. て。 今 言 ひました が i ですから、 矿辦の HSI に i られて は— i^fe;, 

脆い 私 ::•:. 系累の 爲め に勇 氣の 挫ける の は、 ir ,て f す。 それで は ,£ の ぬ 

どお 思 ひです か、 良人を勵ます^^の出來ぬ女どぉぉ田^ですか。 いえ、 さう r4 思 I では あ, CMH せん 

が ……: 妾 を 寡婦に は 堪 へ ぬ.^ なと おお 田 1 ひで ン すか。 

*^3、,1 ゝ *f な^ を どこ さけ 

鳴 呼 貴女 は :…… ト男 叫びぬ - 

^ つ はふ Z ゝ ひビ あゆ この ビき てら ふたり をた S つ ^ 

月 や 傾きし 人ゃ步 みし、 此時 照す は 人が ぎに^ く&ノ r も 



a の 卷 



レ 。 さくら つばき すぎ えの き け. もゅゝ ^」iT",^ こ^ 

11 鶴 や f へ,, に 2frr ぬ。 ?、、 ?てに杉、 禝. 5 SM^^ 

f てき は a ぎ f あぶ。 f0LMf 5 J 築い? f い ^^li 

ぬ 。 ,: に i す i の i 腐ず r て r れ illp ぼ t し ド爐の Isu き 

み 御 Srtrg4if て 、精お ま J もき の" はる ほ は、 

力. 卜 ク ク の 襲き て. リ。 flftAeifl 41 は 何人 かの 

sl^, ぺ ンキ i の i お f ぬ。 其 ほ f は?! t な . 、 g 

f i のい 一の 讓、 r はてぬ 。まきの T# ぎ はてぬ。 力 彼 處に5 蒙 纖も居 ひる はかげ 彼? づ 

リ k の? ム f f るに、 IV 彼れ if i する のま。 や k 藤き あ f るの ほ。 f の? 

け。 P 十二 ii のみ f li は 1。 f PI れて f 。 

?ぁま i しぬ。 f^kf ム、| せる 蟹 t。 又 1 雪 は降 出しぬ。 I 

SKio ioiso m き はまに、 rf;^ の議、 ■ の f Is i 

で&ノ l_ 







社 



月の 卷 



一九 五 



" «Ma ntt urf-^ ^^^^ ^ 



猿 



曳 



一九 六 



5 



^ (探題 五十 分 急 作) 



あれ、 お S を i^t て。 Ifil pm^i. mpfip 

つ:: r は S ほ T え か; ?き 蒙。 蒙の 齦の f r 、 

の 綿 入に 更紗 縮緬の 下着、 手に は { か へ i をぎ ちた, CSO 

處 £|の澤の餘 おの しも iff て, へ f きする St て、 た? 

s! 人 十七 はの 象る f は PIU きて。 mtffmt 

に! S 方 f る 人に や S ん。 きの 環 に r? ま:?. は m れて I 曰 あ 

き 太 f た us らビ ぼく £て2^ びぬ. はぎの ぎて ぎの S がず nr.- . 

一 れ チレ さる おつか さま rt V/ 17V VV 

^.;^^!^.^^.. 5 母 5 は:^ 1で!^、 ね あ I、 fmf お P ぎして 

願 ひぬ。 ゥれぐ 場の は^して I お 

たいこ 

、ご 、 . . i うた ひい だ : . 、 I '-•i^^.i;. 月 rp^?^ れ太皴 

やし わかれた 4 し I 出しぬ。 され f :气 何. 41? けむ、 こ 小 i./ 舞 |!。 

: これ や 太夫、 如何した ものな や。 I: が tiEv/ 御覿 にい 入れぬ のヒ や。 お y しッ 



見せて き、 ^0rtf0^^^c0 



a flit がて こ 小 pr<.p て、 g あ f f つ、 f 



太鼓. の 手 を 止めて 



1^ 



力. Cv^/J),/^ ま i いみ s,^ , 一 

さ g も £ はきお どして f E ろしく き、 ,ふくらし、 0a. il 

に:. k 前 を^" 入... たるの み、 尙舞 は-さ,.. き。 ,飞だ そ? i ま i, 、ひ W I 

Mff^o s は キヤく ヒ f つ、 ぎ」 きっかな くも I しぬ。 

ぎず S め?。 ぉビ、 て はぎ テレ る、 の 酷に^" f ^ては 舞 ひ、 

0ur sr して 1 0i F おは 歸に f s" て、 1? ; 1 

まから あへ k?&f ゝ き ひぬ。 き £i^£f て、 ぎ B に 投げん £ て、 却って 片手 S 

お y 一 

li«^?c、 S を f せ、 f i げ さして Irl らしめ、 f ゴ1 の 人に I しめお 

ぬ。 SSO 爾は P て §s し、 Lsi ま れば、 ..7 

(tfii S よ.. f き。 こ 小 f f は |の被5 のつ 片釉 わ:::" !。 ... 

rgr. Is. ? ながら, f 、 f し &| を^ぬ。 上に Jr:" 

まの ¥1、 に は f m でた る 1 の ほ、 あ 2. れ な::? 1を1 へ 

1 si<o 乙れ、 i、 SISf ぎの 娘に $s 



猿 

> その ま- 



曳 



九 八 



めん 



て 居たら、 其 儘に は ゆるさぬ ど 

此, S よく S して、 ま 1 の f 摩み く。 され .、 £s ノ 4 

さいば ひ け i ビ操 返して 言 ひ pro 

幸 にして 怪我の なか- し 事 を 母親の ^がして、 こ eilKma こ - ひ" や. むすめ ひ ふ しめ 

fr ノ この ひふ - ;れも 不意に 驚きて 泣. まぬ 娘の 被 布 を 示し つ。 

矿 力付き ましたの は此被 布でした、 ルぎ 事で さ 御 ij います。 

いま ひビて fe& > .C VI/ L 、 i 



4 せ i 遲 sfp ば? ではす むまい 、あおいきく、 あ ゥ、 晴据へ ひ IK?f 

し广- もう &ハ*> -、 p- 5 ノー- 2miL、 ^ 、 さろ ひき この 5 へ いため., -J ^ レ 「nr-; 

.^i わ ゆるして 遣れ i めぬ。 驚は此 上の のきて、 ふ不酽 P も 持た 上! 

上なる 人 ビ顏見 As せ。 や、 や、 I 動ぎ は …:… おうお (; S 



筑 波の 爺 か Q 



. ^つ^まち だんな さま 

* 町の 旦那 樣 



も 



常 州筑 はは 奥? St た: f 好き の 紙 有 い? お pi し、 一一 t の S を rf ぬ。 i 

^^i^^^ if してきれ てす s おの 概 f、 121 あし まだて しめぬ。 

a 其 紳士 I 所に ぞ ある MM 乂 にして gri 爵の i ?。 ff0f. 

な. nN し 



奇遇 は 酒宴 ヒ成气 ^て 鎖^ n が;; なからぬ 疆 ^を^、 こ觀ま 力お 難が t ノ きひ 皮 lg,f 、! ほ 

, . 1- I, きたて .? き ィ, /.^f 尸? ジ. あ ォブる * しき 被. 1^ を 得て、 共に 倶に 

(完) 



喜びつ、, の m の Is て、 ぎ?., のぼ. 4: きけ る。 



;雙 I 



;く 



⑩ A の^ C i 



1^ りお まみに のぎ 參 ftA の 暗路ょ 曇る 鏡の 話 



恐 



^/ ( rrr ri *-, く, ,し 

ん しき « はぎぎ ひた. % る 翁の みがた き 用事の わ, 9 て 



わ. e.i つく わう やまぶ f ' yik ' . 

我 日光の 山 奉行たり し 時、 をれ は- < コ! …の」 ひ 5 くら I かな はづき 

sff. ns^. skpt 晝 - (1 並 ほ" 4T 

ながら、 ,に riK して、 i&? ,v れ. £1 ほて" の 1 端に- 

f<m^^i^f fls. ぎて まの橫 手に ず、 I の 陰に.? 潜め 

尸 きころ ゐ ,J 

呼吸 を 殺して 居た... ける。 …きつ ま、 いし ざ か ふみし ゆ 

f も iisi は、 1£ る まに き^ J;si^ 坂.^ 1 ぶ吓く 

^れば穩 ぎめ たる 纏 f^t. がきち?。 ぎ誉 の 肩に 亂れ: 胸に は 

一 け?。 穩 のき i したる 観の ぎ は F まち、 i^lirffrf 傷 U る 

ぎ 濃.^ こ、 P く f る きれち f^$»i 紫き の を I j 齒 にて 1 グ" 

がら、 f sit iis かなれば r て は s 射::^"、 J. 

り、 f ,i され? i は、 sinl にきち て、 ffii 躍 出 I 一 ッにほ 



丑の 時參 



九九 



s," き r: f i のお?; f:: て:., いつしか f たる?" f g^^flfl 

影な お出れ パ、 齒の根 も 合 はぬ 下部の がぎ、 ffmto もし if け、 ナスして ず, て 

2 成 ませ.? 切らぬ がんか^ i へて as さに やならぬ。 はて、 一 まッ た 

恐:^ し ます r/?"、 如 ぎしても f f t、 §ii T^o^ 

べし 又 f L 又 曲 u、 終に I のぎ 隠れ たるが、 is^v き f て、 ぎ霍の i, 知の み、 あ 

る やなし やに 明滅の 光。 

^ 3 乙 ^^.^,s > だんな さま f» ゐ ひ 

ゆ 下部 はや わくと 胸? し。 ?旦 if きき f。 つまら &でひ I を S しな さァ 

はふ甚 、"がへ 疆のは f でむ 善る i、 f やき しき i して、 t- の? - まきる st。 

S 物" るか:! S け 吳れ: 手に sr 錢 nffl^s 

mM^^ ia< の, しに はきな し。 

間 も? 麓の 方に ^ネ。 きゃッ ヒー m. si ぎる, 

§ は!! 佛 si、 ^^? I mfsii f i るき 

れは . ?ら 2 白::: 物 を f_ に嚙は へて、 0f^^<fo ぎ はお iV fBl 

して、 これ を 己 If S にや。 きの g に酽? 群、 r 々、蒸に i れて r ぬ。 



二 〇〇 



^« よ^^^ 舰 の^むる なく ヒも、 さ n を r でむ はな か. 9 き。 荒き 鼻自 t、 鏡の 響 も 幽かに 消え 

たるず U まで も、 ^^を r でむ ま なから き。 (完) 




定 文明 

價 庫治 



錢六; t ー税郵 



I 有 所權版 i 

^mmmn — 




武内桂 舟 氏 書 



1 慣拾 ニ錢ン 

郵稅四 錢, 一 




俗傳. ^排 し- 正史.^ 取り、 異壯 なろ:^ 筆.^ 走らして、 1 

正の 一 代.^. 記實 し、 以て 日本 武士の 摸範. ^示せり。 故,、, 

永 聞の 奇談 多;, られ ども、 亦 未知の 逸話 少し まぜす。 ま a 

正の 孝なる- 忠なる、 智 なる, 募なる、 誠心の 發 する 處、 

ii 情の 溢る く處、 其 人に 接する の感 あるべし。 更,, 筆;, 

轉 じて 淸正の 人物. T 解剖し, 論評す _5吉生 前の^ 正』 

ミ 『秀吉 死後の 淸正』 のニ大 篇に區 別し、 又 分類して^.^ 

佘窣。 中に 最も 壯 快なる は 『遠征 淸正』 て ふ 一 章な り 鬼 

上官^>専鮮八道..5*蹂鑭したる事廣.^見んミ欲ぜて、 必す 

一本.^ 求めて 坐 右 LL 備 へざる 可ら す。 . 



纖佛糊 大橋 新太郞 

B 本^ Ml 本 町 三 丁目 八 番地 

ほ! 者 曲 田 成 

京榜區 築地 二 丁目 十七 番地 

印 S 所 £S 東京 築地 活版 製造所 

仝 所 

東京 日本 橋 區本町 三 丁目 

§ 兀 博 文 館 



1 册 (二百 頁) 金 拾五錢 

六 册 前金 八 拾五錢 

十二 册 前金 壹圓 六拾錢 

廿四册 前金 三 圓拾錢 



明治: P 六 年 八月 三十日 內務省 許可 

明治 廿七年 十月 一 日印 刷發行 




江 見 水 蔭 君 著 武 內?? I 氏 J!l 

1 今 




全ー册 和装 

f 正惯 拾ニ錢 

, 郵 稅四錢 



ま 、カリ 出て たる 今辨魔 日本一の 快男兒 人.^ 抛け 舟.^ 曳. き 錨.^ 

扛け 鬵.^ 仆 ほし 大 石.^ 掀け 鐘.^ 支. W 汽車 ミ疾 行し 外人 ミ 角力 \ 

し 1^ 子 7」 鬪爭 する 等 痛快 壯絕 知らす 日本 尙武の 美風.^ 滋 

1?^- し^ 姿爽戦 蒼天に 飛揚す るの 猛志. ^吹き込まん ミ する 著者 \ 

が 少年 文學の 安排 少年 諸君が 大 得意 の 物語り: g 

江 見 水 蔭 君 著 武內桂 舟 氏 書 



)!" 全 一 册洋裝 

や JJJJJiir ぷ JJ,-a:<ti<>:<>: 力 <<<<<<<< -'^ U- ) HD ;プ ヒ 

斤」 來の 流行^ ミ して 幼年 諸君が 最も 富ば る 、處 の^ 舞 C 勇壯 

舌 1に して!: 民の 元氣. ^奮起 乜 しめる 處の钮 舞。 遊戯の 中に 

ら す/ \ 據慨の 士氣. S 養し^ る^ 舞 C 愉快 極ま リ なき 纽 

舞壯絕 限りな さ 鋭 舞 C 優美!. L して 高尙。 意拔 にして 猛-; »。 幼 

年 遊践ミ して は 最も 適當 なる 釩舞 は。 放吟家乱舞家.^以て自 

ら 4! する 扛見水 藤氏の 新ェ風 C !-螫 慘儋頭 腦.^ 碎き ての 今日 

於て 成れり。 喘 物歷史 物の 二 欄に 分ち C 詩編 合せて 百有餘 

ic 中には 吟詩 家の 心得 ぁリ 演舞の 注意 わり。 電光 虹色 紙面 

-卜 傑き。 疾風 急 雨 文 外に 漲る 一 讀 情夫 も 起つべし。 再讀 手の 

舞 ひ 足の 躍る.^ 知らす しズ。 弱虫 も 知らす 鋭 舞々 々 々 々 



全 一 册 洋装 

正 惯拾錢 

郵 稅四錢 




\ g 簡易 治療法 I 

•I 一 I!lll¥ny,4"^.ts17 一:、 き; そ 

が c^^ls 病 一 s.^ 半 3 ふるもの、 及ぴ 健康者.^ して 豫め不 ほ 

へ 「防 や 健全 なる 快樂. ^得せし めん ざて; -ITJ: 

一 だ糾 期 他日 常 吾人が 忠 ふる 最も 多 さ 疾病 敬 什 ォは 

: ^^航^ 鎖 法 等. -詳說 したれば;;:! 命な 、る 才士 佳人 は 勿論 

- 何人 ぽ 一 坐 右に 備 ふへ, 

第三 高等 中學^ 教授 醫學士 高 橋 金 一 一郎 著 > X 

i 通俗 看病 法 =ま謹 

間: 行 はる、 看? き う- =- , 、、 &^^ „, 

\ の LL あらす 

LL 知り 所べ 



全 一 册洋 I せ 

正 屈ぶ g 

郵税 ニ錢 

i 議 iiisp 

の 類に めらざる なリ、 



: 病 書の. g く、 漫然 種々 の藥? 咄^し」 は: 

病 多く 世間に 行 はる、、 名 稱.^ 附しは 明. 《^ 

5リ ®4 射 親 i に 其 看護の 方法. - 計ー吒 n しれ 





き 冊 頁 正 
— i 前""^ 價 
稅金 拾一 

一一 £ 册 

册 IMie ま 八 
— I — し 一し . 
ハノゝ 广ー 

錢拾 二百 

I m^m^ 

次 目 一 

く大 田み 

さ 舍'、 

、 龍す 
れ 聖は 

綠 王者れ 

00® : 

戶古 it • 

!隱 山 



編 四 第 
次 



®®®®®®® 
都 庭 隅 風 新藩緣 
の 田 流 語 

土教川 f 學媒外 
への S 介 

產子秋 記 士人緣 



m 乙 嗟 田 川 漁巖蝸 
山 切 折 臭 i 峨 山上 山 g 牛 
紀 1 I の 花 眉 山き 露 
^^£^11_丄屋袋山人人伴 
編卞第 —― '一 
一 U 
I® ® ®®®® 
薄 鏡 銃 母 一 ® 



®®®®®®®® 

雲霞 漁信斷 骨初劍 



烟肺 
過の 



天 武 



眼, 郎翁錢 者 嵐 客 
®®®®®® : 
一 わ 故 若 儘疳、 • 

夜。,.. - 癖红 



編 二 第 
一次 J 
®®®®®® 

驚姥薄 li^ 福 雪 

命齊 
く の の 折 
1^ 一 

鷗櫻子 IS 神 竹 



51 石 嵯廣# 川 



加 u 

次 目 
®®®®® 
京格黑 秋風 
流 

自 上衣の 辻 
占 

慢月冤 蝶 飴 
®®®® . 
花 山 白け : 

m 



暮花 人 = 
紳 

山 綠 獵 心娘士 



田 紅 松 松^ き 
山 き 地 

:?2: 山 十 庵 
化 人 八 主の 山 櫻 



編 九 第 
一き 一目 
®®®(S)®® 
故 新 こ 戀捨浮 

鄕奧ぼ A 田 
錦 細れ ― 

綺導梅 様扇蕙 

花玉脾 京お; : 
川 田 —涉 



の 家 丄見 ) 見 橋峨津 井上 I mm^i 
J れ 太 水 水 思の 柳 弦 眉 け禁 

宿 霜— 一一 —— IU 



齋 山-旅 息 鬼 さ 人 



-、 八 第 

—も 一 目 

)®®®®®®® 
夜 滑 二 國若花 村 



春 g 行き 十 民み やま 
蹈汽义 日大〜 I 

學貪車 男 月 帝づら 5^ 



正 "戈 抱 眠 g 骨 由 嗟 jfefe 山 
想1マ、屋^:部 j ii 花 f 皮 山哦, よ 星 

I, 雨 iiiifpi^iiy き V ④, * ぎ あ- I る 



琳 U 七 5|1 

^—目 
®®®® 
破 俠狂俄 

蝴長 

鏡 魂 蝶 者 

片合: 
中 

時歡衬 
花 

雨花瘦 



; sin ハ第 
一次 目 

® ® 
世當忠 

女 お 

婿 安 



依 福 
田 地 
學 櫻 
海 痴 



^ ら 

花 文 逸 



行 



釋 



ぶ 



納香若 星 片加锞 迷 
利 

豆の 木 時 f 美 
尼 

%^^ . 甲 人 霧 
: ; : 小 : : •' '• 

g 廣柳 金巖村 



藤 萬 葉 信 爪 
人 末 

金 夫の 
の 



祷丹 露撂痕 
(? )®®® : 
和 犢竹胸 : 
字 南幽嵯 依 



未 世名吉 
野 
'拾 

紅 中譽遣 



開 の 歌' 



わ 美片斷 I 新 啼偕衋 月 

m 9 
'、'人 破 磨; 美; s 花 

Tff 園 物 
姬人梅 肺 IS 



幸 攀亍義 Ifl 

き 右 石 石 〜〜レ 「化 駅,.:^ 化 干 

メで 生 橋 橋 橋 ^^岡園ま|井崎田 , . 〜 

^ 愈 忍 忍 忍. 1 柳 主!: g 弦 紅 露 淸 ^ #4*^^ の ^ い -^^ 



戀車月 花 
®®® : 
羽可充 • 
石 



i 鼻生算 tfsi 峨 田 W 愛木 橋 I 字 想: 



®®®® 
繁 心餓懸 . 




F 化 



次 目 5 繊職 

太な 木 大@]£ 原 g 



g 訂校 s 



平 し 朝 鑑ー僧 塞お 
f 已饞櫻 @ 代 

置藤武 男;;; サ:; 

本 產事傳 一 企"^!^、 
害 @0 衆 代き 

1:5 新 織 害 已 リゼ 1 卞 g 

發可留 ®®f 合一 g 

禁緣義 水 女き 2^;| 3 二 »?i 
止 三理代 ⑩郵本 g 




n 話 翁々 浮 ffi 胸 § 譚, t ブ H| 
g 渡, 福 後世 舍大 論き^, t 叾 g 

i 部 杜助夜 名 操 師⑩六 塞 ま§ 
i 乙 選 緣の所 #巡》 や 磨ま^^ I 




^君お 酒 翁 妙 像 萬 根霍古 詣氣八 范ョ .jr P 

1 1 トづ, 尋1 ゆぬ き fe; 徒 我々 役 事 草 七 罄|^ 笑. 郵^ i 作 臺 



/l^v レン f 小 仪 jf、 , , M ン ヌク ^ TT ' ク 7, 
mi fS^?^<^i?222§ ャ 判錄々 豆中盃 筋合 帖 

tl®* i 々 の ® 痴 霞 纖道 A , 
々俊 稽談茶 粟 ti®,g 

&m^m 々 物 古 @番 毛き Lit 魂 S^- 



元國 川リふ 
綠は 



穿 三役 樂《 指の 膽ニ 



醒驃醒|1 锡 

i 人睛本 傑作 集 1 

全 二 册 洋装 脊皮上 

翻 五 拾 錢郵稅 拾 © 錢 




ri 11 套秋ー 季萆#考,^^雨葉パぉ爐好^ぶ 

火 I 晚八醋 鐘き 恐る ベ し ® 契 情 肝 粒 志 像 f,*^ 

タ^^き 藝 ぎぎ 蠻ま憑 傾城 wi の卷 



i 其 磧自笑 傑作 集 i 



Jiiilill 



次 や Isls5sissii® t 情の 手枕 

® 自笑樂 日 si 




ほ ん 



む 




野戶 

寧^ 巖 

齋花 谷 

先先 漣 

生生 山 

題唱人 

詩歌 編 

全 ー册: 

正 價金五 

郵税 ニ錢 



桃 太の 遠征、 猿 蟹の 戦爭、 兎の 

功名 t 雀の 報恩, 是等 は お 他ば 

なしの 傑作 ビ 仰が れ て 幾 百年 

來 幼年 諸君に 謹 聽 ゼ られ、 

吉も家 康も西 鄕.. ^木戶 も、 皆 

た ぴは是 等の 談.^ 無上の 講 

話 >」 も 小說ミ もし て 喜 びた リ 

さ、 され ビ 錦の 衣裳 も 目 馴れ 

ては麗 はし だら す?」、 幼年 文 

擧の 大手 筆た る 巖谷漣 山人 が 、 

敏妙 無類の 奇想 凝らし: 筆 

古 構に 就て 新案 あ 立 

て I 層 面白く して 有益なる や 

う 綴らる、 に、 麝は當 代 十二 

名家. ^撰びて 每册各 家の 精妙 

なる 繒 裏.^ 加へ、 全部 十二 册 

して 每月 I 回發 行す る もの、 

即 天下無双の 昔噺 文庫な リ 



日 

昔 



次 



第 一 

第 1 

第 一一 

第 SI 編 

第 五 編 

第 六 編 

第 七 編 

第 八 & 

第 九 g 

第 十 編 

第 十 一 編 

第 十二 編 




松 山 

舌 切 雀 

大 江山 

花 晚 爺 

、俵 藤 太 

^ ち々々 山 

瘤 取 り 

文 福 茶釜 

物臭 太郞 




饗庭篁 村 先生 序文 靡 谷 漣 山人, 

落 合 直 文 先生 嗒歌 武內 桂. -舛氏 靄 



全部 拾 二 卷 

毎月 一 一回 發兌 

洋装 大判 美本 

每編 有名 書ェ 

之 密書 數個入 

? 04 

本誌 定價 

一 册 金五錢 

六 册 前金 二十 七錢 

十二 册 前金 五拾錢 

郵稅ー 册ニ錢 



鬼 

所 



: 本昔ド J 

、第 四 編 



^ 鏡 



一 册 



やが 




近 



干 



f: 後平 横で 檨 
ら獅^ 笛 、赏 
千^な 雅は 
な 等 始け俗 我 
れに めれ 諸 邦 

ば 至 、ば' 般固 
せる 神 音の 有 
間 ま樂樂 音の 

n% での 曲樂樂 

m '噺 4» 二 器 

の 糸 1H 子 成 用: 

大 民さぬ し 
a^^ii 間い、 ざて 
書ら のろる ' 
なさ 数 程 は 上 
'j す' へな な は 

最唭リ く宫 

i 、 、;^ -廷 

丁 秋 本, X« 

寧の 書 ヒリ 

詳七 (1 ネ^ 下 

綳草雅 ,は:;; & 

I: 、樂乂 民 郵正全 

說勸 3 募, 税惯; 

さ 進 越? i-pt は 

明 帳 天 i 至 SiiS 

樂, 令 る 錢錢裝 




雄 



笛 I 



之 



, 調 後の 閬人翁 
足 等 »戶 無に は 
其 子 、絕て 尺 

外、 夕の も A 

敷^ぐ 珍本の 

n 十: れ: き!^ 吹 

《么 又け' リ 

大 S 書 K 音 
律み 、中数の 

繪 くに 日長 

、る は な 短 

今が 数 ら 及 
キ 集み へす 拍 



わ 歌 し^ 

詩^ い c 等 



A 



始 illif^ 法る ffiffl 
足 め 精に 及/おのの 
ま 4 古 も 琴 jui 罕 
I 登 政の 、曲す' に 出 
;書彈 の '至づ 

君 な 琴 彈本リ 



著 



■ ^;太 自 
九で j 祭 由よ J- 
連ん 祝 自懇 
環 六 B 在ろ f。 
"段唱 にこに 郵 

|# ^ま I 挽 

流 m 春 禽累& 3 

フ さ 雨、 苎 T 錢 
西お こきし 



黑リ しき 書て f 
一 、得 方 はは^ 
等 編ら よ 著 、音 

数 中 る で 者歌樂 

- 卜 1こ V 、お、' のの 

Iffi は樣ー 苦み 著 
も 組說も 辛の 書 
り 歌 明 漏し 本 其 
て ユソ. ら てに 數 



I, れ事 i てな 
唯 



八ば な 



正 全 
惯 



"p^ 千 、く; 未ら 
^代師 一 f だす 

め 、に 111 

珍獅 合"^ 



曲 



之 



£ « 子 ゃぜ 



'就 以ュ; ^雖垂 1^ 



JUL 

^ 和 



、くてま彈ミ^^ 

ブ"? 越の 初フ/ m 



正 全 
惯 



百 

ま 

,ね 

著 



拾^ 

錢 裝 獅要者 J 、手 獨錢 錢 装 



後必學 ij る 



b 、四 



. 越 太 一、 ま — -r:^^-:-^^—^:^ 

の 中理ィ ミ諸洋 f^®^^ 百 本 之 開此者 5|:1 



曲の 、す も學樂 
譜 高教 リ槪 校の 
の 尙授ン れ皆我 
音な 法 手 一之 邦 
符 るに 風 方' "^1 
ブ おも 至 琴に 用 八 
8 挿の る 等 偏ぬ り 
1 入 、迄の し ざて 

1 ぃ淸 4>彈 てる i 
U: 樂 說眷大 は"1 
—ミ& ^な 都 
§ 明の しぶに し 鄙 
feOi 、て リ 通隨の 
に曲獨 移す て 論 
は兒 、習 調る 之な 
3 明 そに 法 者に く 

1 ぜの 便: >v ソぉ關 流 
リ 他な 異見す t^r 
諮ら 付、 する 盛 
種し mi 本 If に 

のめ 视,' ; -し JH^TA 
歌 又 怯 はもて 郵正全 
曲 日 、亂種 大税惯 ■ ;;; 
ぼ 水 洋琴々 四 拾 f 

餘俗樂 、も 小 こ 



曲に"' 音 者線樂 
1£ 等 因 は 符ゥ" ^等 全 
ズぉて 直感 多に- 着 
登 音大に 所 年 11 第 
符に 胡. もる 二き- 
君 も 其弓發 の定緘 
て蕴の — の ミ 
丁 奥;! Stf 大昔 し 
に - 習 ら欠符 て 
に-至^れ 點な出 
'きち るな 、なくて 
載で \ 此 る 、す: 

ぜミ 得き-^ まる 
ろ;^ ベ; ^嘆れ は 

二 得く 公ゼ" 感胡 
さん 、に ら所弓 
他 、從ぜ れ^の 
の 拼來ら し 示 菜 
諸 中 胡れ 所す 7 " 1 
篇 に-弓 jQ な : "J 
に-流な。 、リ 

同行 習 一 L な 來ぎボ 正 全 
じ 曲へ す: で、 し胡说 似 一 

イド- ― 



子な に 使 法り 

k 



I 絕樂る 反に ざ fef nrsi 
足 無の ふ 覆 就る ff 日 ^P)^ 

1 の秘 vj 丁 力、 はく; ノ 

I 登 蹈曲便 寧 ざ 大:, 
習に なにる に然非 
君, 書 至り 說も 憂り 常 



弓 



: 著 云 ま I: 示 淸べ雖 
'ふで 圖 し樂き も 行 
ベ 百 解 本のの 始 し 
き 有の 書 樂ー終 、 

な 餘 如;^ 器 端教都 
リ曲さ 坐 何な 師鄙 
乂ハ 右れ リ にの 

木尤 にに 百 m 論 
ま lUil て 足で' な 

俗 鮮けも 登 ざ 

樂朝ば研君れ月:ぅ^!^ 
V 詳明究 之ば 琴,: >JC 
も 細 淸膨 :,if 

附 |-- 樂習 着究笛 一- 
き! i しのし 眼 習 胡 郵正全 

す: 曲 ら いす ふに LH^f 
リけ に/) れる の 和 

古 im さ、 教 な"' ポは" ぶ 



登 
I 君 

I 著 



し 二の て p)m: ぶ、 る 
. 、ビ深 一 即さ 5 さ 《 

:g き 4^ 淺 夫ち し §1 
m?lii — I の: 《 



〇 



凡 IX 姻/, お レー 一 も^ 
5 i*. 法 g 從婦 家の, ま 

人る 此^て 人 合て っ^ 

ラ^の 親 種 倫の 先き※ 
守 如^々 の 基つ 婦 g 

る し、 く P の £た 男人终 

ベ 終な g 差 道る 女の S 
—き?? る^め なの 兩心 i 

,% ま i 




業 5; 高 



i^^iSfum^^m^^ はき さ 1^1=^5^ 

i,l 廳家霸 

i 肅 まき ii i ,女 等 



して 、揭の もの そき 書 ふ 
後 I け 誤人大 の: 
2,:£ま文偷異項^^^ 

任 n ん噃れ 開 I: など: 
務 r《% る 明 しる/おの※ 



み 



た 



述"" r さ 例,' さ辯ン * 
える の婚, おし 广な, ず— 

しも 希の 示し^る ず IJJ 大全 
て の 望 害 f miim^ ,! 5 判 一 



'ヌ im 

※子等 學 
蟹 職 肺 

歸博 

き 校 校 
※講 助士 

ぐ さ 教 

i 師 1: 

I 慕 加 

^ お: 

1 弘 
-※ fe 之 

※作 
^ 卬 生 

'&君 序 



a 屋 g る述多 f 
良の^ 所べ 数め 



m4 



MJi^rm nrn 遂2 重 学东这 

き It i 政 虐|校ま 

?廢 ザ ■ -れ *ひ 



ぷ著文 



-m 、平 f 

て s 物以 ふの.、.. 
家 雙キざ さき g 

概篇 のま i 目ビ、 



; i の 



突講教 校 
g 師論 長長 

i 寒 細 
川 
潤 



效 澤 



ェ?^ fAIS 纏 
, の 1| の ^襟^ - 



4 草 
fi: 蜃 



観 振 ^ 

― 
^ 作 



-— -,, > 5<y 0^ 
分 人物に き※※ 







ml 



ての 望 害し 婚 I こ點 ^._-7.„„ 

亦|^4>?ま自姻夫;^其 ハヌ美 t 
餘 丄こ述 事由の 婦歷務 や 4tSl 

系 i 嫁べ 實結 方は擧 S "錢 本!^ 

庭 卷は花 聯が女 
の 中 一の 語爲子 
讀密々 教^に 教 
本書 古 、揭著 育 
ミ數今 文げ すの 

し 力 y の 次 所要 
て 涸女教 でに it 
は^の 、短し 家 
眞撺言 道 文て 庭 
I: み 行の よ 卷 I: 
得て 4> 教リ首 あ 

難 頗擧等 長に- VJ 

き るけ 7 お;^ は 本 
2 解終說 |_ ^こ數 書 
良 得に き 入 字 は 

書 進 、幼 

なお^み 其^ I 

ら藝身 さ 名、 IM 
し^ 通, 平教 

夕 a 德 育 

たて 教 《の 

f}* 之 m 作 I 料 
は ^ に 法 り r! 
女 結 及の 舉 充 
子 ぶ び 教 語 X 
家且て ' 、ん 




郵正水 全 
Sf? 版;: 

拾 密!^ 

錢 錢僭裝 



文從正 
學ニ _^ 

士位位 
濱チま 三 
田川條 
徤顯實 
次 正 美 
郞公公 

先 ° e 
生從從 
校 四 三 
閲位位 
. 淸渡 
« 浦邊 
本 奎» 
義吾基 
顯君君 
君 題 
著 序 



デ^ 待の^'? 平 き 大全 

れ密遇 整 主 易 判 r 
んに 、頓婦 に ハヌ %f 
m 室 、0 家 錢 fiJg 
^ぜ內 品務政 ま"^ 錢本裝 

之 4" 版 人の 女 

^用 情 心 大 

- ョ、 迄 相 f f m 

p な 似 無 事 
す れ り す: く 古 
るば' たるて? 
i 者 置る 獨 ir 今 
はに 好 逸 な 川 

m 當 書 國 (ま V 
磨 , な の 流 

扉。 \ る 有 時 個 
かお 處 ズぉ; § きをれ 

I ききき 

5 向 譯ダれ は 
て 者 プリ 時 
'《の 力、 ィ本世 

ノら 好我ゲ S に 
f 羅譽ス < ,連 
r It ,女 最れ 
it 盤し 史 もて 郵正全 
疑/: ^ の 我 新 = お f 
? f る 應著曰 ら稅價 冊 

L ミ すに-; S ? 四 拾 1 
疑る てミ き 錢錢さ 

-な 樣十氣 ii まタ& 
く 意 五 風"^ 



郞 

ま 君 生 
序 



著 文 




阪 
田 

孫 
四 
郎 
抄 

譯 



小會 3 人 

小言 3 ん 



明治 文庫 第 十八ぎ 

藝互疑 

参 博士 違, 

⑩鐵道 旅 行:: 

® 去年の 雛 

⑩ 鐘の 音 :…… :: 

® 深山 物 語:: 



目次 



. 櫻 痴 居 士.: 

. 櫻 痴 居 士: 

:嵯 蛾の や 主 人: 

-* 山 人: 

: 小 倉 山. 人. 

;. 小 倉 山人. 

:.^ 川 靑 孝 



-…: 一 

: 三 八 

: 四 〇 

;. 七 一 

一八 1 

一八 六 

1 九 二 



明治 文庫 第 十 入篇ー 



⑩ 艮 M m ((新作 滑稽 劇)) 



井 智 



遠 

木 

淺, 



柄 

井 







テレザ 1 ベ ^ク 



:識 

つ ツル 

外 

子 



居 士 



圑 

新 



十 郎 

藏 



登塲 人名 

東京 ノ 紳士 

淺井ノ 朋友 

淺井ノ 書生 

淺井ノ 妹 

佛 蘭西ノ 貴婦人 

淺井ノ 家僕 

本舞 謹 lli き け (佴围 ほ爐 



福 助 

テ 1 ォ 1 

四 人 

なつ 



だんろ <1 



うつく ばな も f ぬか „f. の , • 

美しき 花 摸 樣の鏠 物した る 



く フ > ,i レ S へ t ど けいく わびん 50.., かざ をの 

ま 1 にて ふ あぎ 有 之) ^^の 力 甲栃の 上に は 置 時計 花瓶 等 飾-. て 其 仰. 



互 疑惑 



互 疑 



二 



は ほ > 具 f へ u る n んの ir 驚の irs£ へて せ iiwriii 



よ 



しもて か i -,-- 一 { -ノ,3 --' > rf, 月 *pr-@«s^es® な. 9 此煖爐 

褂 け其_1 は ほ 並に Jul 其 上 1 ぎ ま fi の 翳 ど ff せ 

r:』: ぃヌ tsl 棚: YIPgi 髮ね t お v:f r は ヒ 

ISSST «21く座^圑^.,, t €出%ビ1€ヌ1下-手の1§./日ぉ 

ほ 一一? ぽ: r て sai しきる きき I 

節 流行 S は. a 洋 in? 座 itr ^furr 

トツ チ入 Isff 並べ!!. II?) I%l.lf< 

.^rl しく:? rliai て あ ぎ mi 井 i が 露の i。 s に, が if る i 

. m は i おの 羽 f8 單. 物 白 i にて 椅 ri まけ 1 こ 草 あひな がら i に, ぎて ん 

P ま i 鳴 1 3 ぼ I 還^ 

右の 手に 横文の 電信 を 手に 持て! ^射, 41 时に^ ひ 

t . so を やま 

書生 モシ 遠山さん く . 

は. & 



遠山さん 



呼べ? 遠山 は觀に r 入ッて 取に だに ねば 爵 は!? fe, て 



t そのこ ゑ おどろ ^, Jf . , 

ト ぎべば 遠山 は 其聲に 驚いて 首 を 擧げて , ま , 

き 木 i な 何 V 用う だ ft が こきず f で體 にゲて なん S ん g だ 。時^ 

を讀 だか 

上ん *j どみ - 

ィ、 ェっ ふし か 讀だ事 は 有 ft. ません . 

せ 1| だ は It いど。 ム、 i は i 貝 公佛蘭 西 は讀な S のおな . 、 

, の 藝で は薦, 讓 4 ふ 佛きぎ まひません に 由て!、 せか; . ! で き e 

ナー Irf T 雷で まひ f ビ。 ィャ 1から ぬ f 。 の 世界に 生れて I 西が 出 I 

くり 5¥ 雲の は耻 Vk ふ ものお i^f き i£ ふわし、 が 段.. に敎 へて S う 

デ. r 日ち では どもき き& 5if せ 4 I . 

ぎ t? 。謂 ふべ if セ 親に 行 fs?r 

るき よ 世の ¥ をき きぎから t ? へきの ま I か ff f 蘭 f 流で 押? i して? 

SKtf へ ま VM つ てぎ う ものなら iftv 勿 r ちに lis て ソ レ ¥1 

HJtlf . 、シ醫 さん! & できん な 踊 はド や-ます りよ、" 

rIKK のおせ 世ぎ をば 一 t^-h-f^. H00m 

しゃりて き 11 はめ s が i あにば t く f?. てに もてる せ ■ 

L--- _= 5醫|醒 一画 靈 一一 , m 

互 疑惑 - 



ベ あ 



I のしん: 



遠山 一 

書 一 

遠 一 

書 一 

遠" 

書 一 

遠 一 



ェ n xsf 



互 疑惑 I 

• 書 si! うか 私 II の i た 事 I すつ そず る やう お,.^ g し. ききます 

遠 ム 、f ゃァ i 事に も 仕て f うが んの igs がで 出 き來な く? は i るせ 

書 だか ら 今日 からで も 佛蘭西 語 を 稽古 $ た しませう ど M ヒます 

I ^^^.> 4 け, いこ ば e 

r 夫か宜ィ-,\-早く稽古を,观めさっ.^ ュ 

書 〕勿? の g,, でき f ます。 きし i の legs: 語が. だお 來るズ; で ぼ f ち? も r 

f!* . . • I せいよう <;, ゥ JMC-,VJ5 - ✓ ^ 



遠 



書 



遠 



書 



來 ません が。 われで も 西洋に 往て 大層 もてた をう です が 

こゝ たいしょ 5 

サァ 愛の 大將 ぐら ゐに 



あい 

ぽ 



せ けん J I ..f.f 蘭 f il ふに f あ?: ィ でも is さくき? 

世間が夫|知して吳る から不きサ。|^きがそれきょぎぃーっ銜でぉ躬の辦胍だフ 

成 1 う 5 で ざ 14 すかね。 f if fK へ £i では I まの 騎 ま f fr;:^ あ A" 

に 論 t て 御座 6N ます ネ - 

S ぐあい ろん . - . < 

サァ どう 云 ふ 工合に 論ヒて わる か 

て もつ しんぷん ま r* かへ V,-A V, 

ト 手に 持た る 新聞 を 撥 返して 搬 して^て . 

なろ a*I こ、. なが ろんせつ で お 

成程 此に 長い 論說 が 出て 居る が。 ナ 一一 つまらぬ ft ぎ わし も 1, ぎい ョ 

へ、 H 夫 ヒゃァ あなた 何を讀 でお いでき さいまし^ 



I ^ • U * 7. ) このげ きへ $ ろん よん る 

遠 何 を讀で 居た ど。 此劇 評論 を讀で たの ョ 



^tBBMImmmtmimmmmmmMmmmamMammmBmKimmBmtmBmmMMmmiMmmmmmmt^ この^ 5 ようた c こんにち け L 

へ 、 H ,や ァ it のま skst^fc ,御ぎ ましたが。 此 東洋 多事の 今日に 怪 

ぬ 



力 



ら 



i& からぬ S は C の mf Mpy ヒー f 事 £ら ぬ もどん Stt な, 



さてな げか 

" テ籠 

おで I 霸が がき ii.? に: f て J! ほぼ 委ね!:: 

い ク prir に f S ら? ョ 。 apl 士 f が圑 力? f』 し U 

:r きをみ 見せる けれ I おくわれ B が isis のかの けの きも 無い 。ま, S 脚 程の 力し 



力 



フ 



ァ 



& ざ そお ほんど 5 かい s'^r 、 

もうで 御座 5, ます か 。夫で は 本統の 改良 も あんし、,, ず、. ! えきよ S げんかい み 

わしが!: にに 日 ほ 4 せ i の霸 ff て ii^zf も 未曾有の 面白 sli て 見 

. せて やる 積. OV サ : 

& おもしら こど, y ざ • , 

5 ぅ& つたら さど 面白 $ 事で 御座, 9 ませう ナ せ わ,. しん; t ようかね も 5 る ひに ゆん 

^ てみ 見せる が にや ァき う i な^ ii 華族 紳士 豪商 金 持 或 f ひ 順 

れ きて 手?. ぞ るに f 麵もく てきち て 二百 日 S つ.. 打ち 通す 乙 i 貪 

靈 155 ど y るず &御 f ませ ぅ&ぁ きに 闢ゎ船 ひて f ぎう? f ます が il の 書 



記 生 ぐらな に は 成れます ま い か 

遠 ム: if. よ 生 あ? 霧の isir ゐには ,てやきが、 i にしても そき? 4 力 しづ、 i 

のよ 脚本 を讀ん I」 か つせ H 法律 や 政治の ii は 二の つきして 懈覿 ぎめ ち 家が ぎた 麟く あん を艇 ぎひ 

て讀 まなく ちゃ ァ 役に立た 無 C, せ 

書 はく? ました、 そき, ci から C がろ あ fir しませう。 お SM う pli 气 sit 

上ます 

しょせい き がらお ち |j .<s まよろ t» つ 

rj; 生の 木 I 多 は大悅 びに て f ぎへ て 5 &.. 1 て fi? 置に ぎ i て f f 

ャァ大 霞く 、モシ i さんく、 f 5 はド、 ドコに f つし や? す : 

ト吃 ftN ながらう ろた ゆれば • 

さわ . . , 

何 を 5 ん なに 騒ぐ り だ 

デ、、 デン シンが 來 ましたから 

でんしん き 

ナ 一一 電信が 來た のか 

でんしん 5 けどつ 

ト 電信 を 受取て 

宜しい くまく 君ん はいお で こ 古ぎ it あてぎ f によ 由て わし . 

こ^ きから おちた あん にし 3 

ト是 にて 木 柄 落 多 はや ゥビ て 



をれ で やつ 付ました、 ^うど 官 L 

)'1 : しもて い 



書 



遠 



き ぎ てお ふた は f 。爾 は. r 矿の f 明けて 奥に 向 ひて 



お, 



む 力 



お M/^li"!^* が^ ft. ましたせ、 夫へ 持て 參 16. ませう 



い ゾー 5*^ 

云へば 卢の內 にて 



淺井 



をれ まい 

ィャ 夫へ 參 らう? 



i へ て|ぎ^^^:<ん1^ 鰌じ,^の鍵巧きひ卒らのはきて1ぎぎながら出來. 



テ y グラム き 

電信が 來 たヒド 

みぎ でんしん 

ト 右の 電信 



ビを やま 

J 遠山よ, 9 



: き 4^す子 に f ぎて g いて み見て 佛 pf まらぬ ゆえが 入し 笑? 



含みて 

を やまちよ ど よん Z セ.^ , 

遠山 一寸 讀で くれ 玉へ 



わ t- ビを やま 5 けどつ も."? / 

せば 遠山 は 請 取て 默讀 して 

かね 



遠 

遠 



^2 i なし £ け さま 

ハ 、ァ、 テレザ ー ベ レノク ,レノ 、ム 、配ての おぎの わった 孀婦 ですな 

ト ずに せきこ 込お. P き 1 に 4r5i や i はわ f 落付 顔して 

け 今 さ 朝議に f r ぎ 1 ま E にて S へ & くお iff 霞 ホ ーァ だに てテ レ ザ丄 ルク— ノ 



s ^ 




淺 



遠 



淺 



ヒ g で gpi せば。 禁 て疆 をぎ 



JdJ マ ダ ム ベ レ ノク丄 、が義 のきぎ わ 此れ &に if の霸には,ぉ へ ゅ往 くに S 

て 待て 居 S 云った けれ, 實き! か にならぬ や S だ &つ& はもし やき 來 

ぜ^ ^,- r へ もつ =^,5 びん でん.., ん さきぶれ フ > is > 

f な :2; うた I 以て i か 電信で 先 5ょ£ て くれき., つち If の, やが きたの こ、 

ま 何で 出し f 遣て f のでぁら う。 f し は i 鎖,? に f ヒか やう か、 ィャ 

f た ズョ、 へ 若しもき ち ああ rfr はまつ ああい g ひ をす る tr? の.. 



. 煖爐の 上の 時計 を 見て 



ャ.. ァ モク 三時 llTils から £i でい 往? も: ぎの f は! £0 ふま &て、 g で S る 

ど 仕 やう. £ - 



ト 798*: は 3 わ )(,》 する 是を 見て 

ィ: は f€!? i れ てきぎた 霞の &で if は r 入 % す,、. ife? ぎせ ぬか 

ど 御 心配 は 御尤さ 子 

せ S だん 

戲ほ f つまに ダムべ レノ クニ は S で-き 5!if しも 5i の 6fir 

: 心の 合ッ康 問 上の 交際、 を? 酽の からぬ、 なる lf£r はきで 5^ ま 



コリャ s ゥた、 i し 籠,^ f si も s な s でも s る ま、 i はお かし いき ァ有 

" 、 rf0afi. ,お t くから S ふに f Trrl つた?。 其 所で 力 彼? 

もモ ク pi るで きうが、 さきく き 君 は 歸ら卞 に 居て くれ 玉へ ぶ I わる I 

1の& 旭?、 STt た i につ 供て あ 逢ふ のにき しで は Is いが、 大兄の * 

オット 二人 sstr 、ぎ r しいの、 が If るから 震な く啦 させて f まへ。 わし も 羽 

g ぁ搬ゃ て で 手に ぎ くれ? へ 

承知 仕ました i け 

ト5^の&^は^<る0 淺井はを^-らゎたらを片付ながら ゆき., S かんしん 

spffi^^io^. if の酽: が S あへ ■ 氣 1 るの は 5; に 威 f 

な ものお、 f f ではい a く i る r ある V アツ S ッ&に は ゎしは少" ばレ 「ま覺 H 居 

た Ktrlw ァ かたなしに 1れ たが、 1 き iigs らうて な、 宜ヮ 遠山が 

、おから II しに は 少しも 差 支 へ なしお . I I 



|;;1;; 



互 疑惑 



〇 



I U ば をり 

遠 大兄 サァぉ 羽織 



座敷 4 ぴ付? 居る 所に。 遠山 は ピき 手の f あ: £ て 13 で f て 手に f るぎ ずひぁげ て 



,後 H: よ. ON 引 掛けて きせる 事よ^ しく 有って 

-^^ ^.t^5 ^ e ん き くんみ 



淺 た r ぺ ドク" ilff の y んだ から、 simfa. 

遠 囊サ、 巴 善ち の 美人 I らゃァ If す、 3 の ぇ笑1 でもぎ r ゃァ f た?. きれま.' 

からね - 幽 

淺 蒸|£1 はばれ るの の, ばかさ ゃァ 3 、 ispofp 



遣 



はんぶん くら & 5 ば こ 5J 

て も 半分 位 は 奪 はれた 事が あったら うせ 

> あ w 

ァ まさかそう でも 有ません ョ 

よろ か よ 5 すて A / 

宜しく 纏の tit つて fi: に 。霊の き 木 i た 多 は むきおば しく f 

► おきやく らい &ざ - ォ It . > 



Mn . おきや くら. & & ざ 

書 へ ィ申 上ます 御 客來で 御座 ftN ます 

せいよ S め いし 3 い 5 へ 5 1 ど 

西洋 名刺 を 一 枚 盆の 上に 載せた る を i せば ii, は g あ 上げて い して 

淺 マダムべ レノク サァ. S こ 曰 I へ な I?- 

かしこま 

書 - 畏 ^>ま し. , 

-急$ で 向 ふに は 入る 淺井は 遠山に 




しょ 5- ちいた し 

,承知 仕ました 



淺井 . slii^o it ふよお r 木 1 は t ぎして 先に 立ち ベ ば, クしノ 夫人 

画 |塞ら等はき木 のき 1 きんに て ri 1 さ 人に:: 箱 一 たさ 人? 

て も? r 添 ひて ぎて r にぶ 舞 f 1 -、 SI 井 て (ましぎ 等 は 箱 f ,て直 に は 入 

る) 



ァ、 il; さん 御機嫌よう 



せば 淺井は 握手の 禮 をして I でんしん 

マダムべ ぶし、 わ?? r 機 威よ ろしう、 はた しが 舊濱 よ-の 電報が 届きまして ス ーズ, 

シ ヨンまで sgi まする S も t 知 ひに i でぎ f ました。 あなたが 本へ 御 出 は-ますな 

出迎 ひに 參. 5 まし.?^ もの 

ト if る 。遠山 は f if 通辨 しゃう? るビ I I I この: ん え .ん 

フタ クシ ワカ,. マシタ 載の ず f 申した f ね lr& しあ ムノし 4 ぅ此 曰/ 11" 管存 

:; ましたに S てば HT 里で お?. ずました、 おど &す f 酽 ぎせんが 醫 けの 事 は 大体!:!! 



さて その & せ けん なら ぶ: ^ 國 i= ■ a s-l-MIBi-Bi^lin^l^^^^ 

u f»f 間た のまで 何 > かや f あが is ので ツイ 一 曰く,, が r す も diri:: 

旭? ん r で 見:: 每 にあ r たの 事? X ききして i して f し% が、 攝 さき. にぺ Sri 

i 日つ 1 見物に? ざ掛 やう I ふので き はわ t 一つ f % にお 田 £っ てば £里 あち やうく. 4i 

潰に 着まして 御座. OS ます 

お トも答 ふ。 是 にて 歲 iv 椅ずに f カ褂け、 淺井は i し;、 のき きれぬ s、 遠山 は やう ヒ 

思; 3 ながら、 I 夫ん に: きに %らぬ によ あて 響の きて 

卞 かち 上 o, ふ じん .is かい くだ , 

大兄 一 寸僕を 夫人に 紹介して 下さ. ません か 

ム 、をう であった . 

ふ ん むか 

ト 夫人に 對; S て 

マ ダム ぼ !! S 申す m や sfagf f ます、 ^liil 

- つ? f はない ので 全く 失念 致し まし S へ sf i ぎん をき み I9f で 5 御 f ます 

大 そうで 御座.., ます か 遠山さん お 1 に % め 目に ml 亡て お g しう ぞ&ヒ ます , 

m マダム ベ ルク I ル御面 靉 を 得まして 私の 榮譽に 御 Ij らます - 

たが あいさつ 

ト互; S に 挨拶して 

t> 1 1 , ふ らんす ばな 

< 遠山さん わなた 佛蘭西 を 話します か 



遠 

淺 



へ 、 Hp に は? ¥8i してぎ し g え i§ 語 s?? て 曰 本 語よ. i 手で 御座 

ます 

^では i が IT か 申し si;^ がら? をな す ゥ て 下さ, - ませ 

か. L.J / 

畏ま. 9 ました 



おか 

, Ttt 、へ, マべ, 申され ますに は、 ぎ iTisi く へま ff う 

あきれ あ fi れて f したが、 sk^K00ff$st 然 らば E 

- おも たつ ば W す . ほつ; V く ノ 

一 さう^ 俄に 思 ひ 立て 巴 里を發 足して 



ォ ッ ト 遠山 i て くれ へ 、 をの i 友 ど ふ は 語 は 男性 6 女性 か 

もちろんた いせい 

勿論 男性です 

フ 1 ム 

tfl i つ をく やう や こんて 5 上 こばまち やく な 力 - > -、 • 

を rJ で 足して 漸く 今朝 橫濱 着に 相 成た のです 

ァ SV すか。 ン へ 御 1¥ は" つれの ほ あ を £1,- にナ か.. まし? 



ノ フ. ^( プ - - 1 ; 3 . 「 < . . 。、ン ベ— じ15 のく (た いん けん 

『まし まく t き? ば.^ - ます! Ek 土から き iif f まし あ 買で 上 隆を1し 印. f;^ 



r 仕 な、" ら ii で, てお %ff ,ら s で 震" き 港 上? i 見物 をして 長 崎 へ 



互 疑惑 



i& を, msii つお, あ 羅ぁ? ,ま V 

. つ 5 べん..; t ど 

_ 遠山 は 通辨仕 やう どす る を 淺井は 押 止めて 



四 



淺 成程 佛 i から M ぎた 淝 に 日ぎ M がば あ r 御 ん Ivis らぼ露 1 にて ぼよ 上 IT に^ . 、 

それ だいぶん & だ 5 て て 3 ヒ £ ざ 二 《\»VKW , フメ 

夫 ヒゃァ 大分 御 道中で お 手間が 取れた で 御座 ftN まし.? らう 

夫 ハイ 四月の 三日に 馬 里 塞を發 まして 六月の 廿日に につ 着き 今 曰が 七月 サ 八日 歡 謝!^ 百 十五 日に た ^ 

ftv ます 

I すゐ ぶんな か & 3- 上 < 'こ fi. いろ^ おも ろ & け, I ぶつ 

淺 ソリ ャ隨分 長い 御旅 行で 色々 面白い 御 見物 もお. ましたら うが、 ^%ん は^き、 できぎ., ます か、 お 御 

k 叶 ひました かね 

,1 ッ。 ホン フタ クシ ダイス キ glk や 5.<那 を け%き しため 目で た きに まました i に はま 尨で ぎ カ^に^ 

きな S に 成-ましたよ 先づ VI ふ %f ;r£ て g の i4i のきぎ つぎ is ハ f ずお g 



夫 



遠 



ぎした i. に 蒙が $ て 葡 fiE ろ は, 議 のき>铲で|ますしぎ1ぁろ? 

さん うか け L き よい こど こビば つ: C に , 

でも 山水の 景色の 宜事は それ はく- 詞に盡 され ませぬ きで て S さばが^ の^: ^がかいた; III の で 

古代の 美術 i 地に if &にみ見| して pfp ろい 鬆は Isv^f ,y ま 

じます 

1^.^ け.^ に セ乂. S ふく ふ.^ ぞヽ さんす- Q f^^ す こぶ ム e んき t 

大兄 日本の 衣服 風俗 や 山水の 風景が 頗る 夫人の 氣に入 ft. まして 



淺 



夫 



書 



淺 



夫 



ム ぶかつ../ \ き はふ 气 人ん が 【おから mi のず き ,謹に はおが お をぎ てき. f に 

^ » >^ / ^ 、 K-f L ふじんせ ひ に ほんけん ぶつ 

つて ply Tiii な お に カ^った ので 御座り ませ ラ。 だから 私、 が 失 人に 是非 ども 日本 見物 

,、い 入らせられい、 ぎなら 气田 r き 力で に si な 5 ^どし f にお まめ 2^ し §是 肥で 御座, りました。 なん 



A たくし ま を こどば 5 を p さ. . 

^ずが 申した 詞は噓 では 御座. 9 ます ま い かな 



^- ころれ たく I 

あなたのお i しょ-は r わ? ぎ 1^ が 群 腐 てれ ます ョ。 れ? i して、 所で 私 は 何 力 



わなた へ 气きを m て じて i し &まし た i-5£A/f まする 少し 前に 不圖 した 

でずに だ.. ましお 不思議な 古物 : だ お ま I、 をのゎ た 

ト聽に S はせ ておの i をロ纩 させ 體あぉ li^f て M し? は.? なる 綿 包み 其 綿 



を, eJ^A ん M が M§ のフ 1ゥ% 灰に い^た ま、 つ^まれて 化石に 成た るな り是を 見て 



これ み 



.J れ ん げん ほしもの 

ャ ァ コ リャ是 人間の 干物 

// さちの あさ ゐ ちか 

ト して 立 返けば。 淺井は 近 



ゥて是 を 眺めて! 



ム 、コ リャ 街の きずら ii したる が fgjss うして 是 がお 手に入.. ました か 

トが P の i を i して Ml なく r れて 居れば i £ すで-き :ん 

,& f いの?! らで ます oii は £A のが p& て 居き ぎに 出して 旣の 事に 葡 

r り S ,,に f .gf P 、わ g きたへ £ らう.^, て 直に 求め g で 御? ます- 

疑惑 一 



互 疑惑 



1 六 



■ ^い い &ざ ぎよ 

御意に 入. CN まして 御座. ON ませう. ^ ;、 御 



I . これ だい み ,ゃ ボ 

: 意に 入ったら 是が 第一 のお 土產 



I このく わせき みめげ わたし く. こ feo, 

淺 ナ -1 此 化石お 土き して 私 へ ずる &し すます つ, (.^0$ Mr は ぞ存ん 

ヒ ませ STf は 上野 SISi へ i に i て が爵の 霊 あきたる だん I はに 日 ま 4 

では 是が 1 ffi 1 1 sgL の辭 fir 髎 あげて S もな 無 si こび、 が: 御鼸 一 

を 申 上ます る 



書 

夫 



ト頻. -に 3! しがって み 4^ のく き をみ 見て やる 61 らょ .4ょ曰1 の r 木 ぼ は . 

そ.^ これ ち しん つぶ にん ザん く き 5 V, 

へ ィ 夫で ハ是が 養に 潰された 人間の 化石で 霊,, ますが、 K n の %i です か、 iirtt 

あ. 9 ますまい が 

なんの 日本の き, C まや、 コリャ pfmx&^fs^ 。ホ ン ぺ ,. Wk り 

ほく.^ ざん はい ため まった 5 つ どき ダさハ . ? 

か噴火山の灰の爲に全く埋まった^のんl^- . 

そ.^ この あ ひだ ち しん たち ちが 

へ ー 夫ヒ ゃァ此 間の 地震 ど は 質が 違った のです ね 

言よ、? f fK へば sar 山ん の繁の i おきい の, 

ヒゃァ 東京で は 安心で 御座 ゥ ます。 対で やつ 化ました 

ホ、、 ホをん な 氣遣ひ はわ § ません に; i つて、 あなた その^ きを:!;: しわき へよ せて 乙 ちら をて 手^ ふ 

て 下さい ましな . 一 



書 



かしこ 



ふ じん さ しづ たけ か, いだ, • 

;? K 人の 差圖 にて 竹 籠 を 出せ は 



U 1 

へ 出 



夫 if ん、 コリャ i らしい f でき f ませう、 せ 先日 印度 i 物して ァグ :: から ァ:: ヒ 1 ッ 

ます tf£ 、&: 河の i で f へ たどぎ て ir てず しがつ レ y 居た の を 私 J 買 はてい 

. 1^ み すき r4ili 船の まが こ A やれまで 殘 つて 居る 稀 類で 極 



をれ ,,- ルカ クタ— まい 

夫^ら 甲 加 塔に- 



編な,? て t らで もき f つた まし さ、 みんな すげ 無く 5 つてき 

たへ お;^ ぎに^ しませう ど 存じて 持て 參& ました の , i 

遠 た わ, ました かね、 if f &ii?f L St.. 云 ふに 由て マ, クムが 

お^へ お %M に 御 持參に 成, 9 ました , 

トが ぎの 纖の pi ィて に ¥ッ て ; M? , ; r . S I 

ィャ コ リャァ S だ、 に 曰 f も ひ 曰の? に は 三ぎ 力. つき f は气足 VI? 奚 S へた 

i の gf^k ぎ は f て if ぁ羅 だら ぅヒ わたし はず 瞰 ずて I が、 コ レ見? へき 

ずが 盤み 足し を磁 へて く ツ^て^^ てる" % は 三 を.^ のぎに 見える で わらう. I 

- I i 醒" i 1 七 

互 疑惑 



淺 



夫 



淺 



夫 



淺 



¥ うだ 是で年 來の聽 ひがさら, きて 

する 



11 お iff く V 人ん の爵、 0KM,f 



. 力 で f 座::ます か; に 立て &r おきう F まする。 きたき f をば f きの r 間 ひだ 

活 して 持て 參 るに は 大ぃ& ^が^れました ョ 

で 御座ったら う、 鋭 1 に ili の; |! や ggK? ね e 三^, ^町, > 、 お ! & ざ 

や- ^夢.^ r ヰゃダ 脚 妒の內 て 三度の 食事の 世話ば か々 でも 御大 体で は 御座,?^ 

そけ まわ t しに をれ に 纏な 品 は 襲び あます あが ど ms? ますので 

1で 私 r ざ 困らず ました ョ、 ずつ £ff の腾 KJii の i に f すれば g も ぎぃゎ私たし の 

悅 びで 御座 6V まする 



この.? 



毒 S 此: r 無 S か は 觀1 でぎ f ます る、 . >isrii\i 

し て 大勢 を 驚 か し て や, 度 もの:^ 

ト大 i ので 体? r> の. 纖の f r て ひ K ぎ f て f m に、 i は のし 仕 f て猷の t ち 

rr 飛 s," 麵 こ! f るく, 夫人 は 肝 あして i? 淺井 遠山 I 三人に て r へ if れ f 

き 蝦 力. 5 は 此間 三人お かしみ のきし よ J く あ 有?、 ひ&は 霊の S に i れば 

ソレ木 柄 を rJ を 捕まへ 無い か 



12. 



早? ト 
う 氣き 

m 味み 



ヘイ. - 

- ていだ, え 

がって、 手 を 出し 得す 

な ぶきよ 5 をど乂 

,i いか、 不器用の 男た せ 

, 、デモ f へたら さう で 無 氣眛で 御座. 9 ます もの 

なん くいつく だいせ 5, ぶ : 

i 仏の 喰 付 もの か 大丈夫た ヮ 

B ^ぉ;5^なら«|5術まへ&.^って下さ5^まし 

つら .-ft ゐ きさま-い、 つ-?. i r >、 r 

s おれが, まへ る 位なら 貴樣に 言附は 仕ない ヮ , 

ト f m に ir 暴、 &ぺ應 る。 淺井 は、 ド 、>fE& て 蝦蟇の 上に 冠せ て 

> i-Jrv き おら なば tv- ど 

^tMH 遠山 をのぎ からさ, &で くれ 玉へ、 木 f の 繩で? シッ 力- 

V あせの 二 ひ かほ ふ , 

上 llAr にて &ぎ S をし &の f 入れて。 淺井 は 汗 拭に て顏を 拭きな? 

め、 ^!^!^を^らせぉりた、 お 1 でび つし よ, - 汗に 成りた 

あせ ふ をば ふじんむ か 

ト汗を 拭き 畢, CN て 夫人に 向 ひ 

おきに 5^ ま を 致しました 

J : を さ め で た 5? ん > 

夫 , ^う 1 しまして、 まづ 無事に 納ま ゥてぉ 目出度 存じます ォォ、 、ホ 



'0:, 
Ml 



I 5 ' 

ii;,r| 

|;.|:1 



窗. I 



淺 



互錢惑 

ありがた ぞん 

ァ 有難う 存ヒ ます 



二 〇 



K 

ノ 



ト此內 に 書み 1 匿お 5,, てきの 彭 ろの i ぬ irf て は f 。 V ムは し氤ぎ SI 

りて 自 から 小箱の f 明けて いおき F うに r 手て にて f if て 手 i?r く r 机る り 

上に 置けば 

5.7 1 これ & らん 

淺 井さん 是を 御覧なさい まし 

ト押 やれば。 淺井は 遠山と^ に どれて . 

コ リャァ 不思議 だ、 ハ、 ァ石 冠です な 

r , いし かんむり & ざ 

ぃかにも石の冠で御座,c^ます 



シ テ此石 冠が ど rJ から 出 まし 4^4 



三 バビ の *f I ました, f せ らで 出た ど f i で、 へ f まし §ま る f 

が 買 取つ 5 て ざ 秘藏 して 居られました、 fir! へ S 言,? てきき Mir してぎ て 1 

つたので 御座らます 

ナ -1 私へ ぉ贈,-下さる爲に無理にぼ船9に^ましたので^ぎ6^ますか 



。マ鑑 望の 說で5& しく fi^ の に g;s?sslf 申す g で S 御 f ます 

5lg 代 sk»lf ぬ、 §f fj. ひ 謹の て 手 の, や ヒ 



遠 psnx^o "^ifllt VE の f 古物 研究の 

ちん Is ん 

夫 さう で&御 f ます。 淺 井さん T ずの 菌 rsi せて み 御 m なま まし ひ.. ? 

淺 ナ 一一 I 恵ん おしに M ミ rfc せらる ゝか、 、ドレ t 、いて 見 ませう か。 ィ ヤコ リ ャァ獨 冠れ 



ぬ、 遠山 冠せ て 見て くれ 王へ 

► . ;n o.e5c i た 



力 



ト 1^ の 招 m ヒ i^,- て S5 あに 持ちて 立ち へ I な . 

. Itts-^o i0l^<fa^^K f の 前に ss くて は往け ませ 

んせ 

淺 お むせ、 で 宜しい か . : i ! ^.,1 

し を rrn^ を i にして 遠山の f まば。 遠山 は 抓 体ら しく Ifcf て 



遠 サァ まず \ 口; rH^i ん hi かかせ まする ど 



【下, ヌ <r ョ广 を S カセ V5,.<-- 4i t ら え かんむ 3- ふち P 

ト f の S ぎ 井 & せ る淺 井へ 兩手 を環上の冠の緣 に 掛けて 

ihk ro な lirH& のか は ぉ亀 何で &御ざ 座るな 



互 疑惑 



夫 淺 井さん. をの 兩手を はなして 、御覧なさい ましな 

淺 此兩手 を 放せ ど 御意な さる か、. ぎ^で ぎ Ijftv ます . 

S> や 5 て はな ふ じん な*^- 

ト兩手 を 放せば 夫人 は 淺井を 眺めて 

^ s^^l: r^v > < わ,, さま み 

.^ 誠に 宜く 似合まして 國王樣 ど 見えます よ 

淺 J 且く 似合って i わき r きせう が、 きの 摩ん & くて S れ ませぬ せ (トか pf まれ f 

, 獨. - では 重くて 取れ 卞) ォメ遠山1^.,^てくれ,へ 

遠 よ マつ ダムべ t ク丄が 楚には 麵§且 く S て らが ri ぎ f る £rfl るに 

由て、 今 暫く 辛抱して 冠って お出なさい ましな 

淺 ィャ 優美で も高尙 でも 肝心の 一き" がめ, 込み さう にまゥ て^た、 麟 Eg? ,きい si; く^て くれ II へ 

は や VI つ ち HJ" マ : - ♦ 

夫 遠山さん 早く 取て 上て おあげ 成さい ましな 

I ふ i> ん ぎよい どつ 11 

遠 夫人の 御意 ど あるから は 取て 進せ ませう 

ビっ もど &ど チ— ブル 5 へお da 

ト 取て 元の 如く 高 机の 上に 置けば 淺井は 首の 骨 を 樣んで 

淺 ャレく f g の かった、 Igs いので、 へ? ぎ t&t- f 

な あきら わい " ,/ - 3 ^ 

C 國 王に 成る の も 明め もの だ哩 



夫 

淺 



ふ じん さ つけ 

へ ば 夫人 は 聞附て 



淺. しまして きました の は f の S およ. fcg たおの 冠、 男 冥加な 事 

& ざ 

で 御座. 5 ます , 

しやよ せ & ざ 

遠 ^の ^なか ゥ てお 仕 合で 御座, 9 ます 

こ 、.《 

ト 小き 

ナ 一一 蝦慕がビぅか^^し升た 

ィ ャ サ &rf . ひ g% も;. ぎ i に しき 品で 御座- rrf 1 nf ,」 。 

囊らし£|4して? たく醒芒 まする、 Jr"? 

!!: で 11 き气气 人ん に 曰 本へ ね f な 4 し, まき £髿ん にき, r^JA あ へた. J 

:?。 オイ 遠山 t が 霞 Qi のリ へに のせて わる 縦 をば は n 齓" が S 參 して 下 Is 

尸 さいしょうち , , 

遠 委細 承知し ました 

かみて い. 

ト 遠山 は 上手へ は 入る タフし しょ さ だ こらしよう? ゆつ ひヶ it, お- フ 



夫 



、が、 聘ぅ i 見いた し 度う 御座 ft. ます 



淺 

夫 



け丄、 S に 珍ら し S ミふ であません が、 0B&tfst 

.^^> ^ わたくし のぞみ & ざ 

夫か何ょ,c^私の望で御座,9ます . 



ぶんこ 1 



ト いふ 中に、 遠山 ハ* よ AH^l を g|3 て 

i たいけい これ 

遼 大兄 是で すか 

淺 ム、 未だ 

ト 受取て のぎ ききぉぉ よ 611 の!. ら m のき 5 き 5 へ m ひ, て かおん に^せて . 、 

夫人 h 是は I 李の ま i でお き 三羣 きんの 請、; T も 萄フ まっき わ £ きて あ i すが ボ 霞 



- 古雅な もので #ませ う 



- すなば この ど,? 

は^ 樣に瀉 させて 即ち 此通. ON、 ナン 

夫 是が曰 本 ひ? 三百 年 f まされき 一, If I か、 §mF0f^is 

.*を手に取ゥて頻に眺めて賞がば0.淺井は&\&^ビっ541ぁせ$^1^&.して 

淺 マ ダム 本の 古代の I 支那 4 ズ仏 5! れ ませ あの 凝 御 f I4K へば is は rf 

夫 力 A が 日本 古代の^" なる ほ &i でぎ しあに li な もの をす びへ i て Ig っ气き Ft ざ 座 

i ました - 



ャ男 ばか. -で tt 御座, リ ませぬ、 か If に は 4^ んも ii;. の ち; S まし. V 



■ ( I たい 力 さり う つ ^-ざ 

其 古代 の 钸を寫 し たので 御座- 5 まする 



筏 



夭 



淺 



ィ 



ャ くなん & して、 コ タヤ S きで 二 千 撮の i& めて feyfef ので 御寧 



ます^う で 御座る 麗しい もので は 有ません 力 - I ! め. ゥ 

スリャ き 一一 千 S のき、 乙の いきまら き/あ &f 言へ ぬ" S うるわしくて 美術の 妙 を わら 

りして ますよ 。こ 曰 み 見る につ 付けが 代の 美 % か 知れます ネ 



まがたま どぺ み. -.; S3 > 

ト 勾玉 を 取て 見て 居る く、 i ひ i ぎ いだ ふ C 

御 f S 本の laif 遷 f もので s!¥ (ト得 1 なミ ひ. 5 扇 i 出 

5 ゲジ f 百 が iii で W4r8f ス 曰, 4- 歴史で II 

M ち 持の しき i き I 寺 i に 霧 あた! 一十 3< しの 手 こへ ほ 4rr ひ 

百 S に 日本 では きな 書 &" へ 御ま しま子。 邸ず 草木の ヱ 合 は 面白 £f 彩 

.if . ; >;..,. .1 二 fet どころ *y,J« ;: :ii . , I 



夫 、 

しらの if ど は fwrE きの i し師に はお あばぬ "所が: 御ぎ 4 す 

淺 デ有 ませうよ 

.ぉ^の|^^^^1^の〔*を船して 



ト 文庫の 中の 装 S の S を aL マ I え & うしろ ひい 4. r^so 

マダム f f き " £f i ふ. で f が f , ま 上へ?:: f に fr!,? 

s^^akls. HI. い へ る 古 Is? 五 百年 8 

i:ffe だ ど £ す にも かの のせて 有ます I 

霊 - 二 五 

互 疑惑 , 



丄 Bli iti la-M は Hi 




このし なく わたくし あ Jyt 

ィャ? あな わ 上げ ませう! き 翻め ました ゆきう だ! ませ 

コ ノ 古代 美術の 品々 を 私へ 御 贈. 9 下さ. ますと な 



I い ut- ? - よふ 

淺 如何にも 左樣 

ありかた ぞ ん 



夫 を,, こャの 1 ふ? ます 此品々 は 鍵で きが ま I 向う £ ひ 口で i くき si が こ 此の ■& に 叛 1 

きが 此中 におの づど籠 ゥて& ますれば f,:!f ね g しう き!^,??^ 



I ^^け ルふ ,じ ん た > よろこ 

遠 , 大兄 夫人に は 大したお 悅 びです せ 



夫 ^.^の品$|すからは?&ビ£:けてぎ ますれは。 淺 井さん ず r£ いになる 



の だかお 手傳 なすって 下さ いまし 



? i, ふ じん このし なく ちゃくよう ff? . - 

遠 夫人が 此品々 を 着用して 見 言と f しゃる から、 しな 

ォッお f 、力 個 i に f ので :5 ざら if ます 



tMBmmmmmmtmmmmmmMMmmmmMM^^^t ► $ > b 上う. く こし むす ひ あ ふぎ も 

,淺井 は si を g へ へさし 裳 を 洋服の 腰よ 結び 檜 扇 を持 たせて 



これ 



サァ是 で 宜しう 御座. 9 ます 

. . i7 ぁハ ち 上つ どす がた み - 

夫 う?^ ヒ ます。 <$Jれ® ^合ました か 鳥渡 姿 を 見 ませう 力 



. ^船の^に 艇, 9¥ に與 して おれの 姿 を 眺めて 



まん きふじん 



^では 立派な 日 の 貴婦人 ビ 見えます 力 

S た 1! ろ &Ti のに 日 S ふ气 人んで if ます 

is^ に fim で ii で^ ひの i &ぉ 姿に 見 へ まする 



卞 ノ C 1 X — : ffb>» t き か 



も M ^ころ たち も ^ 

け卞 原の 所に 立 戾ゥて 

"曰 II の ^に « まし か たら は" 日^^に 鹿 ft. ませう か 

ぶ たい 

. ト舞臺 へす はる 

を 乙へ お 座, 9 ではき.. だみ う 御座. 9 ます 

す. J かま 

ナュ 少しも 搆 ひませ ぬ 

それ ざぶ 5J ん あげ 

夫 じ や ァ座布 圑を上 ませう 



さんにん 



! r あは ilfl にある ヨ i の&ず pi して ョ 川な、 がらき f すわる 



遠 



互 疑惑 



二八 



まった K ほんふぅ 

^^れで全く日木厠に.^»o^ました 



夫 

i. • • メ- 一 I En. 

fu どころ 力みて ^s-rf; る rr^&rl 5 . ) 

ト言ふ 所に。 上手よ. -淺 井お 兼 令嬢 やは^の かさね fi のの f にて 4 でて f, 

兼 ぉ兄ィ檨只今歸ft^ましたo ォャ化1.|"さんょくぉ^\,され|^した 



し 



あ. & さつ ふ ij ん み 

,挨 接して、 夫人 を 見て 



I &ざ 

あなた は^なた 樣で 御座.?^ すか . 



たづ 



尋 ぬれば 0. 遠山 は小聲 にて 



あの、 御 夫人 は マ ダムべ レノク ー レノ^い つて ilr#i&I からお になった 御 ちん 



ふ たん むか 

,淺井 は 夫人に 向; 3 



I ► , 、これ わたし いもう ど かね こ - まう 

淺 マタム 是は 私の 妹で 兼 子 ど 申します る 

せう かい かね てい^い 

ト 紹介 すれば。 ね 兼 は 丁寧に 



ばつ 



兼 お 一羽に お 目に 掛ら まず 以来 は 何分 どもに お" >i ろ rl, く ます 

/ 、 ゝぃ" lr ど こど^, ふ ん い お ふじん まじめ 

八 € 妹の 言詞か 夫人に は 意に 落ら も、 夫人 は眞 面目に なって 



な に^\ん 



& き げんよ ろ 

夫, 御機嫌 宜 敷し. 



いたつ れいたん あいさつ か. a そヒき つ" 

- 至て 冷淡に 挨拶す る。 お 兼 は 夫に 氣も 断す 



き 樣か お出な のに I おお も f も S 卞に、 マァ け怪 しからぬ、 こ 曰 F から P 邡 の.; 寸? 隨 



ちゃ あげ 7 • 

もます ネ ー、 必」 れ お茶で も 上 ませう 力 パま、 ろ あさ & こ、 ろつ 

ト T まして かきへ" f S はう きろ V>B の S になれ ども 後 井-心 附? 

i マ ダム ilr のぎ i かんの is は £1 て? まま 



mir へ は ili づゥ たばか,.^ で 旅館 はま だ 定め ませぬ 

お y も つ ,, 

シテ御 荷物 ハ . 

夫 は橫 a の ホテルに 預けて 御座. 9 ます る $7 f J ノ 

淺 ? でぎ f ます、 i にき f% ば おおめな さる まで J く f?5 きへ I 留に相 成 まし 

て は すみ 

夫 さ 左 f if ます、 きしまき かねに f ましても 濟ま ら ft. ^^icp^ 

濃 もて 手 ¥て ぎ、 ^ 0i4^fln . 

乙れ は?. f i で i」&T まし S§F みに £ん にかれ ます 

»* じん まへ さしだ . ,、 . 

鬱を 夫人の 前へ 差 出せ は 

互 疑 







二 九 



い iy. 



; <f、 



.ゃ や 



s 疑惑 I Ho 

夫 有が たう 。併し 乙れ は 私よ ftv も? さんが §1, 貝 わんな され ませうよ 

1^ き はな かな あさ ゐ まへ つきだ か, a - - こりて、 ケ , 

、 ト 右の 花 籠を淺 井の 前へ 突出す お 兼 は 此体を て ムッヒ してお あへ はい 入る。 はず g の 

爲 して , 

I ^^^^^ . あげ ばな か&、 なん ぎょい い 《- 

淺 妹 かさし 上. K 花 籠が 何で 御意に 入 ませぬ か 

夫 お^ f か t たか 1^ んヒ ません が、 ね If しい^^ だんで 勢き, C ます ヨネ 丄 f きま さ t 

さ 5 5 つ &ざ 

遠 左樣ぉ 美しう 御座 ftN ます . 

夫 其 御 美しに ろ けても 御 邪魔に なつて はきみ ません からお gplf しま う 

たいけい ふ じん いどま いた さ 

遠 大兄 夫人に はお 暇 を 致さう ど 仰し や, OS- ますせ 

淺 なんでお 歸 にな, CN ます ナ 

. ^こばま ども だち まつ お 

夫 ハイ 橫濱 にも 朋友が 待て 居ります から 

-5 ども だち まつ &ざ ♦ , 

淺 ナ 一一お 朋友が 待て 御座 ftN ます どな 

これ あ ゐ す こ ふきや 5 な ふ じん さら げき 一 

ト是に は 淺井も 少し 不興に 成れば 夫人 も 更に 激して . 

夫 左樣 さ、 私? て も わらう では あ 有ま せんか。 ifc. の羅 llgf aif ません ョ、 子ム |ゃぁ 

さん。 あなた は佛蘭 & の 風 をよ く^ 存^ j^ftv ますか^ 瞰 &I では .sk き \r ,う な もので はず 

.ON ません ョ 



遠 il^nl でも ii で 御座. - ます 

ふ じん なん おつ 

淺 夫人 は何ビ 仰し やる ネ 

ふ らんす ばな し ざ 

遠 ィュナ 一!、 佛蘭 西の 話で 御座, 9 ます 



遠 イェナ 一 1 , 惯穩 B に stswQ.- ま, 

淺 ffn ^^^l^isf 佛蘭 西で? うで S から 劍吞た 子 

— > ォん りん は, -か r き い:,, : 3 fIJ し 3 , iv 



夫 



ゎ铲 ました 3 、 ず s です、 ff0ifj ョ 



カヨ ゃカIT^^11 t ; J/ — 3r , ふ じん をの ざ 

0fi fife?. . ITffi. 夫人 は舊を 



ばろ 



たちあ:^ 、 . 

立 上って ? it w>. 

まで I に がお き, fe してき s の gl、 ifiji:? も 

であん な f s たもの、 isrs kMl4UJJJ し 力 も 

g で, f ます さう だが、 えな ぎれ おはず の i でも f や 紳士 fsl か! r す • 

. i き、. f 5、 ム、1 は • から, J ,,ほ モク risy 

き itsfcw ナ、 ま! き はは 心 ははる 中 やさしお 



1 一 1 一 



互 疑惑 




/ < 



: .,-y 



ノ 




, え ^ 



夫 



ほ. 惑 II 三 二 - 

^も だ うか 5 やく そ < ば たん こ .^ir^J_J_BJmlBIBHIIIIIIIIIIIIII_ 

朋友 ど 同行して 約束 破談に わ,., く 來られ たい、 に" 耻ち辱 を ぎら せる!! か。 くも tifn^gr^M^ や 及 

花 の樣 なる 美し せに En わね iss.ri ひ。 すんでの 觀 f S れ 了5搬 で f るナ 

ャレく 恐.^ しさ 簡、 すんでの i にだ 曹れ てこ ~ 身の な ふ M ろで きた 

, か 5 が. S どつ み 

ト さした ろ笄を 取て 見て 

此鳥も 夫婦 連て 睡ぅ 行末 を^ぎ げやう どの ま は ひの! ^銜、 をれ で "きたしの 

_ ^つ かう が. S なげだ むな ま," t»* V 

ト持 たる 笄を投 出して、 胸 に^たる M お をお て 

玉 は 丸くて 紅の まか へ ぬ 1 ヒ やのに、 えに 1^ か へ Ifv 、? f つ あ! g&i ム攀の 

の 立つ 事で ある 

トな投 II して m だれば。 Is て 一 

泣て み 見せる あ i む &ん でみ i あ f ナ 

_ ^ば くわせき しんぶつ み , 

ト傍 にある 化石の 一八 物お 見て 

此 化石のお も 摩で あめ て isv.^ に, 知 £, あし I ん&: ^の f あ へ ? もぎ 

姿に 成つ-たる, H<£:s の ifc^ いに ギ ぬされ P に斷 るお g にが 附 f ゆきに f . 

, , , たかつ くも s へ かんむり み 

ト 化石の 人物 を 押 到し 高 机の 上の 冠 を 見て 



夫 



ぽか いてぎ に f - し s& ぎ S3f れ しも if か?? 報の ほ 知:. 

きの i き, しい されて ほおき もつ お ri ざ はで ひなし も 知れす、 其? きる 石 

も ャ レ /^ず k し で わ た 

ト g のかき i て 1だ 出せば 。ふ 气ムん は 組に f る f はづし r,,> ? t I 

, の rltfi にき はっ& なる f の ff あ fi せし やら、 思へば 此方の 淸 



溝を榔さる、^^|、がする、 H 、氣 味の 惡ひ 物で はわる 



兼 



をば ひ f;- き あ ふぎ 

ト傍 にわる 檜 扇に 

ふ tow な ど & ざ 

ま ァねー 一人 さま 何事で 御座 ゲ ます 

. ち ^1 に? I らう ヒ する!! 1 に 



ビ る i ろに い ■ のお 針" は I 酽の 線ぎ をき 配つ 付けて 出て 來- 



夫 おち I に M が ti バヒ やら、 サァ i て 行かし やん せ 

ト& ぎの iri&15。 おぎ 立腹して 



何 をな さらます 失禮で 御座. 9 ます fj えてん なげ なげかへ S 

ト # ぎの に., f す。 sl^pfe^o 一一 1 て 人に STI す大 さわぎに な 

, る。 Ifkitv. 霞 は# ま s.. お ひて 

遠 « の か, I ヒま せぬ が マ ァぉ if りく 下さ ft. ませ 



… 互 疑惑 三 四 

ト雙方 を ir ひれば。 もお M も i まってい 椅" 子に 組, け。 III は i& 井に^ ひて. 

た £: はいせんた. S し &ざ 

大兄 全体 ^1 う 仕た ので 御座. ます かな : 

淺 ナ -ー夫人が何だか出接に1|,,出した:.;1に2|の|1:|:^^の概ぉどーぃ}^ふのが^ぅも般しく^はる、に^ 

て 

夫 是は 仕た う、 5 んな な i しで い^は il^ さん I 貝 を 15 もよ つく if では 1^.- ません か、 00,^ 

ヒ おかし S 中であるなら ば 一 初め つ から 日本 へ は遙々 ヒぉ 尋ね 申して は參 ftv ません ョ 

遠 だい 羅 がお i し は f まし £、 §ぎ1ぉきら髮\&ねてに£へく來る鎮はぎぃど5:され 

ます が^うで 御座 6 ます 

I .」 、 f , み お ほ 1 その ど ほ & ざ 

^ 成 ほさ をう 言われて 見る ど 大きに 其 通. CV で 卸 座る ナァ > 

丄.^ あ ゐ S たが ひ き げん なほ ど ほや ま ん ttv むか 

ト是 にて 淺井 は疑ビ けて 機嫌 を 直せば 遠山 は 夫人に 對 ひて 

I あな?^ な Ji & ふき. や 5 & S, つぶく 

遠 シ-グ 又 貴婦は 何が 御 不興で 御 立腹な されました なァ 

夫 サァ遠山さん隱さすに||して^せてく下たさ,.^ませ、 ァノ 伊酽: <ん は さんの ひ ふた は 鎖ば ゥ紐^ 

おく あ s- 

奥さんで 有 ませう がナ 

t.^t^ - > - ゝ い" ど £.も5ビぜ5^^きぜろめぃ &ざ 

是は 仕た. 9、 妹 も 妹 正直 正銘の 妹 御で 御座らます 

をれ せんこく み ぷ り あやし おも . 

イエく 夫で も 先刻からの 身 振が.^ う も 怪ぅ思 はれます から 、 



、 ァ! p、 $^ifh^&t<f tf€ 



これ めいわく せんば;^ 

ァ是ハ 迷 威 千 萬 



; £:yi:li うず!。 まぎ? if ?1:: 

^sk§fi, iisrg ぉ壓 ひます もの、 W や si 鹿く し 

う 御墜 ります ョ 



斗 了 r シ こ. -ェ • す こ ろた 

ト おし 鍵に なつ v4 一 口へば。 夫< は是 にて 少し 疑はヒ けて • ! ちが 

i さん 養 5 に si のぎ f よく 譲 をして ず ましな、 をれ ではき つ £ 妹に ま はない 

のです ネ . 

いも S ど をう tQ P ざ. r - 

ね 妹に 相違 御座. 9 ません 

5 れ では M さんでも なく i 井さん の 情人で も 有らません か , - , 

て ああ^さん の でも 慠^ でも わ,.. ません 、ひ.. れ 

サァ きうで |きぁ ゲ のま S の im が f まし £ 、き & ました か 

さつ ズりど M らました、 こ 曰| で わ I し. 4< 安心 を 致しました 

ト 膨魔ぁ し 3 のき, ぞ、 i§i きて 

ム 、それき ァ簡 さんれ 4iV き ビは? 蝕した f 御 f ますね .1 

! - : 一 醒 ー ■— ■■ r マ 

互 疑惑 



ュ.^ : ほや ま せきめん かね これ - f かほ あさ & おも > いれ nnllll 

. ト是 にて 遠山 は 赤面す る、 お 兼 も 是はビ 思; 5 て顏を かくす。 淺井も |§ 入が つて . 

fcs , そ.? • ふ,. C ん あ ふせ こど y ほや ま かね f あ な iv ち r{ :s?r 

淺 ム 、夫で は 夫人の 仰の 如く 遠山 どお 兼 心; S 合った 中で 有った か、 さう ど は 射まで: _ 仏 1;- せんで 

御座った に 

夫 只今の失禮のぉ詫に私が媒人を|^.3ませぅが。 1ま„さんど4|まひを^^<$鲈にしてぁ.&^にき|:^漱:^ 

-は 有ません か 

淺 嫩ま sgs の i、 i にム P が irr に 於て は し か; r も i ふ, ま f ます 

よろ. &ざ ビま やま 

夫 宜しう 御座. 9 ます。 を rJ で 遠山さん は 

I あひな s- まこ ど わ Mf> のぞ ど a i ざ 

遠 をう 相 成ます は 誠に 私の 望み 通. GN で 御座, ます 、 

夫 シテ 令孃は . 、 

P, ねが ま,.' . 

さう どお 願 ひ 申します る 

se ► ふたんお どり もち きま 5 へ あす こんれい. Silt や 5 ふさ <5' 

淺 サァ かう 夫人の 御 執 持で 極る 上 は 明日に も婚禮 致させ 樣が 二人 ども.^ うだの . 

«. れ &ざ あに さま f むお をの まへ 

お 嬉しう 御座. 5 ます かお 兄ィ樣 がま だ 奥さん をお 迎 へ なさらぬ 其 前に . 

I ゎはュ , ^^^^^ なん ぶ もんり よ ,•- ざ 

遠 私^も か婚禮 いたす も 何 どやら 無遠慮に 御座. CV ますれば 

淺 ム 、私の 婚禮も 近々 に出來 るつ も だが。 モ シ、 ベ V ーク ー レノ; ^ギ ね ひが f たから は 4 おぎのお JJj, 



夫 

遠 



あ ITft さづ - - - 

改 ト て手を i せば? fers に f 鶴 も, くま ピて、 r 組 1合ひ はぎ 

ませう - ,1 いた 

をれ も しう ませう が、 1n1^ では んな目 出た 時に う 致します 力 

に 日 ほ あで は^う^^ t どき は^ゃ 酺ビ 致す がなら ひ - . よ, I 5i つ だ 

それで はわ 私た しも £ ,葉 I ら f やら & したう S4 すに 由て、 淺 井さん 1 寸 見せて 下さ 

ひ rpi や f II。 サァ, き I へ 

畏ま. CN ました 

あ ふぎ もまへ で 

ト藝を 持ち前へ 出る § め も >J f ひきみ 3 ^ 

う rrf の? めきて。 fn ti の f から。 II 1 浪に: は 千 

々に はせ の i の。 ^111 fj^^^. ^4sf 

. きか はす pym。 fmsi i にず ゝ 桐の 葉め。 窓う つ t ね f 

. れて。 - Iff S ひぎの ゲ ふ 日の や sss し 妹脊 中 



一よ らお かね-のらみ、 夫人どp^^はi?れてlゅれl5る«な^ぁ..^て聯^きどiにぼり張をぉ 

す 

⑩ 博士 違 

本舞臺一 面の^s臺m^c戧i3のき曰きi、 象へ て ii^l- のぎい^ にて よ あの^な. 

、や, お も や S な W もの まく あ 

ら にて 佇み 居る。 乙の 摸樣鳴 物に て 幕 明く 

わたし かまつ き し 

婦人 私の 新 付で も 知れ やうに、 まァ なんどい ふ 事 だら う、 今朝から^ う も 射が f くって なん ゥ. J> まど 

U こゝろ もち ひク で く JSJ t>* - ; 

も 言 ふに いはれ ぬ 心 持で 熟が 出た, C 下った してぎ られ ないから、 ぉゐ醫 しあ さ i のど 象。 へ f 仏て み 見て いま r た 

S たの サ 。お前う そだ ど 思って 居る のかへ、 をれ はほん ど ふなの だよ olb しい g ヒゃァ 辩ャァ しない 

よ。 夫に ま ァ動氣 がする どいつたら 一通. 9 ヒゃァ あ, やしない のさ、 スダト i^ii 姒 りて Is る 職 

友が、 直き 此 脇に 好 ひね 臀者樣 が 住り てぎ る さいふから、 を^0へ^て|^;3にかけっきだのサ0 11 うん 

を 鳴す ど 直に 若 ひ 人、 が 出 v4 て s?^ けて くれたから、 魁 ts-i? です かと i ねたら、 

ど S われた 時には 自分?。. £ ?。 つれられ てきいの Is へい 入って 11 が i ど、 

ゥた 人が 何の 御用です^ ヒ きくから、 < ^う も if がして が::!. ません に つて ifis を I かひに 

出ました あへ たら、 だ Y ん, iif て をれ まぎ 禁の i&l なきで しゃう、 ず を 

I おぬき 遊ばして 動氣 をば i かせて 1^ たさ いま せど いふから、 1 つかう s にもお せた € の Jii を r 



-ひ でせ iis ふ r にし r、 i き f 3 た fe; へ f ゥけ た-して ほ, S:f か 

iif lif 1 優ヒ 141^^ 



パノ. 7, レ ノ, f*. 一 . - - - . ろくく へんじ 力 k 

ftlifift 碌々 返事 もしな は- 

一 こフ" 7 :: わたし ば せ.、. / \, 、: tJVKlJ ) 



ひながら 口 まめに 1^ 漏 命 € ^ヒ 力き に &ざ 

まで?、 a ま i&r せう H つ r 士ほト 4 は 御座-ま 

の 1 せお L ます,. 一 I き、 き f f て f ri へ かけ fi 。ァ ノ靑ニ 

おの 『I で酽 で, 4 ホム^な 姿^して 馬鹿らし い 

ト rJ の^^ょる しく 鳴 物に て 慕 -. , 



ぐ わつ. Us の ひ 



こ1 月 I 某日 は 曾 さきが 百歲の誕 きなる あて、 ぎ i ぎき ビず て藉の iif は 1: ま vf ぬ、 

此時佘 よは 十に 歲に して 精 ははき & なれば、 ^ ぎだ ど羅 すま I してき!: の P から 

れ-、 余 は 何! く 心 面白く、 早" 出立の ひ 日の i え g を ま へら、 11 一一 一 皋 i のおき ひに て i せし が、 や 

うやく にして 其 日 ど はな, n- ぬ 、 

f> !、 ^は 1 しく 厨ん どに 擬ひ して Ipf ぬ、 総れ f IT 夫 &1 を f 1、 i& 

送る? tf ん願 みて 最後に、 『左き-, お rl』、 ど F しき gt4s の t しみ を, f され 

n 母て は 5ts あべて、 『夫で は氣 あてね』 ビ r?;5 き、 &咿 s に まの きのき!、 : お 

2 が " J せの ん淚 |、が爲 めに はき,. -き、 sifena?p?f t^. f 

よ は f>£ ちて 佘 £き見 送.. 居? き、 fftfi^. limps 

?町ト r:r x:^.JE^ff - 、きき s£ きに えて、 5 の i 

和の 夕 波の 如く 最靜に 波打き、 , , 

やま. L な ゆき きっぷ か ど た き 

食 山 科 行の I 貪? 五 時の is きめう、 11 れば ー气& は §£f 一 I へ ちきくするたき 

あれば f 、 客車 は 各種のお 裳 を 着 の を m て 1 されて あ. CO が、 iisfi の ifi 




ぷ fj 、 A ひ 

> こ,:^ して、 ビ なく ゥどょ めき 居た 》9 き 4? 

? き 5 の iMri 議 あなる & へ て f き f mf の f は f 

めじり f r s > Mls^m 腐に & たる も 居た.. き、 其 外 職人の 職人ら し 

す、 眦の稍 さが.. て 色好みら しき 梁 U 伯の 豪 侈 Z? ョ ミ { よめ .0 、 く,, 、ひつ】 

き ;、 lifer!, i ほ t ぎ 如:: r 

0f 一 J/ なに,:、 さ か. こ, で; 5- :; i I , -><1> A r?c『.J;i-5^ 



忾: ii: しレき 、 や.? imf き, r . 、 、 H 

お! 2/^,2, あこ』、^ 余 は © ひぬ、 , あつ 

導が i へきし 『i ま i がげ ッ t-f て 人々 f 延す? t た: r『u5:? す-は 

f ^il. I,i&r」f して 1 或 ^^"Jfsnnr 



J Tg, に 21-- レ 3if 一一 一一 p . •< 「- ろ ひ *J 、ゥ かう, しやせ,.: し、 どち」"、 ご K ^ノビる 

あろ ひち?. i ひや ゥ , 、あ. & ひま & ずり us. を 1 する も わ, -、 或は 行者 同志 途. -の莉 合 を it 

^は 地方の 便 否 を 評する も あ..^ 或は f 回の 文 野 は す J かげ 

H t^^iif く靈 がず、 Tife^! フン ブの 光に I 轉き H 



四 



鐵道 旅行 



力 》CN き • . ■ 

f^^^%T!0. あして 礙の s を i め f るが、 

て 我 a 送 る 風 色の 變 はる iri の i 群ら じげ る i& ろの £ のきび i ゆる は、 ¥ 

な r 神. t れ ん、 ?の, しめ やかき-て 1 の羅を i ぎ かすめて ぎぎる、 

る 農家の 收 納塲には 頭に 襲 をき ふれ fe- が、 辦 g おげ し P ,れ である もき ゆ.. ば、 

其 に f> る ほ ば 、三 ssi"s に 9 

て 豪る 山 は 雜樹 輩 生? て I く、 あ iig 一の In けんく きて,,、 P 

2 し ril 山 i 一 r きつれ?、 ま: 野 f て 震き のきみ 見れ ff ぬきす、 if るた 田 

中 の靈を 小? 率て 農夫の ゆく、 此、 處 のぎ rfi.42 船の 女め の 1 しもて?、 カ歟 霸 の £ 

にれ おきるべき、 旣 にして I 西に & 一 ff¥?£fmfm£f 

!! rr、 余 2f に げて攀 を f r し" il^^afep. sip 

?手 f 絶: ュ物 f 居? き、 it 子!: こ處 i くよ 世 なれて、 f f 1 i の f よき、 し 秋 5 



波 を 送る 目元に は j 種の 愛敬;^.!^ 



7, if 俨 T¥ の 3,r う も f へ i たる、 1^ 



i く 甘た? 樣 r は irllr; んぎ f ?ぁ甘まゃ? る r 鍵よ.. 力 ff& き S は f 

尙會疑 ふが. 如く、 ? 不安心の 視線り f 卞る 斅きめ?き、 『きな ぎ!』 ぎふ き舊は f 



翻; 

リリ i つ.^ X.,- 



; "ぶ 

> に ,ゾ. 



顏 



f くち も VI r.-^ ば 

が はけむ る樣 にて、 口元の 句 ふ 斗り にや 



事 を 得さり き 

1 ひて ジ ツビ i がよ の 容貌 を 睨みて f ぬ i - 

ま こ M こす ぐれた る S ま を 持て... き、 額際よ, 9 眉の 力、:. なつ 者 ば、! つき 

f , 力 にく I i ほ、 しろ 、お r\ -ノ匸 cf.^ ぶ. 9、 其 ass 脂ぎ, 9 し 肌膚の 香 ど 言 ひ 

ニナん も g や、??^ をむ ける 如き 頰の白 さ艷々 ビ して 輝 力ぬ 斗.: r u ま か f a. 

、- き? 驟% の" ビ f しひる-きひけ t ?、 f ! く 人の 注意.:? ひの hlif の 

ppp、 lllf If 。 il? 

おれ、 !n くされ、 ^敬 を i だ。 

^nfl 一 Si ま I はさる 事 を 得 ざ. 9 き、 ち あ, I >±> . 

觀 ii 通? I、 Bf 

てん あや きろ ,£^,、 。、 お こ., 冴 じ 氣に余 を 見る どや? 

のみ、 1 船の 怪しむべき 所な きに 非ず や 1^ 力 故,. feL 穿,. -豸 I 

しッ けい や 5,、 

失敬な 奴お 




四 m 



■ Is 節 ii lin M- a 




々たる 素手に て前髮 せわしく 搔 ながら、 目 を, 細々 どま ぼし さう にして、 i« を^の:^",. g ヒ たる, 、>、 "ず 

は 端? 余の 視管出 き、 き は S の 穆&き 4化 はま i も?、 ,pfmml. 

2 して f ぼし さうな きの、 in^^i ,る g が、 m&ff 

s し r r?:ir?「¥^l 開お?、 レ如 f& らしゃ &ひ てみ 見た る it しが、 こき vi 

女の 姿 は 恰も 此樣な 愛らしき 姿な ftv き、 . 

余 は覺 えす sfeigg ば、 0kK0£pfp . め nnr 兀 どに l.g の 1 け を i び、 一 f 

愛敬 を 溢し ゥゝ、 

あなた ひどり か こ. S 

貴君 はお 一 人です 敷、 何處 まで 往らッ しゃいます の? 

ど 問 ふ、 其 言葉の ¥ に は 一 g の? ッ ぼき 力 香の i て、 00&mt is,p よ 余 は して i 

ぺ V 

わたし やましな まで 

、私 "山 科 迄。 



i しなまで 

山 科 迄? 

や , て>、 i i ! き 

驚け る 如く 言; S しか、 ヌ 賞む るが 如く 慰む るが 如. 



よくね へ ね 一 人で、 强ぅ. 0^ んす 事ね へ 

や この ビ きりんせ き を どこ くち C だ - 

ど 言 ひぬ、 此時 隣席の 男 も 口を出して、 



^^nxrp へ 、 {skff I へ 、 ききあきずに 

は、 ど 中 :! も;;,. 1 して は 15 れ ません わ、 途中が 心配で、 

fi.o に S せる i く i じ f るが i 余に 向?、 .. 

ぉ幾歲 におなら です? - y 

じう さん 、 , 

十三 歲 



もぎ I がを^す ッた 事が わ. 9 ますの? 

^ ひ^ り ) 

ません、 一入で は 

では tl^ てです ね、 能くお 寂しく 有ま^ん ねへ 、 . i 1 .if ./^f 

い , しカ.^ぉ 、 ぼ ^r^l.kf.^cm^v^Ti 乘客 一 同の 親 線 は 余 ども 

ど k ふ、 余は默 して 答へ さ,?..^ 何ヒ なれ ^ 彼女 力 余,. S み JdrBnki^f 

m ffffJ^.K 耳の 邊少^ 4 る fl^" J" 

I づ, ら 1 まく?、 ずるに こ t 自 f ら f き、 i によ 佘、 i したる f 、 011^^ 

一 圍 国 二 i =__ 二 画 一 - , 四 五 

鐵道 旅行 



さろ ゐ 




.51、 に 



ぺ, まつ まま? n 

-マ- おにつ: 



Jit ^^^z^i s 



"は d A^M£ 



うよして くれ、 ば? 4Li へ气 彼女 は w の £1 ひや. -も なく、 , 化の li^ もな く、 

a むひ あめ &ど 5- ひ 

文字に 佘に向 ひて 雨の ふる 如く 間 をく i A チぬ、 

す、 に ノ t こ; ろ そ 、 . こ、 ろ? あ 3- - ^ 5 

少し は V も 細いで せう? H 、 心細く は 有ません の? ホ ン 二 如何です? 

それ す こ 

其 は 少し は •:•:: 

こ、 ろ ほそ 1 

心細 いの? I , 



ホ ン 一一 左檨 でせ うね、 

其なら 私 一 所に 往 てあげ ませう ねさう せ 西 京まで IT のです. ら 



ハ ィ 何卒、 

. ^め よ よ こたへ き いや 

彼女 は 余の 答 を 聞く や 否や、 



^* ^^c > 、 わたし そちらが ば ゆき 

左樣 では 私 其方 側へ 往 ませ 



5 



言 ひながら 傍の 手 提革包 を ど. 5 て 左右の やか, ひ、 1/ ひな-いら、 

それ わたし との こ さん ば 5 , 

• 其 では 私は此 お子様の 方へ、 . . 

ゆ > ゑ l^f よ なり ざ 

と輕ゃ 力に 會釋 して 余が 隣へ 坐 を うつしぬ、 

余が 心 かれ 气 M^tft^af. is あ &れ まに i 卞、 0i 

: も 非卞、 又耻 しさよ にも f 、 f^s なる 一 まの 疆 r ま、 §Mfff€ % はお 



一至る I 適當の 言葉 を 見出す f はす、 ^-m&f&Ft はおが i りへ || をう つした 



るが、 余 を 顧 ftN みて 



^ もつ 



てち だ S 



^おはま K 爾々々 微笑 を がら、 さも 親 



^カな t tL 

貴君のお 荷物 は? 

: .5" たへ た • ひか ばん ゆ • ひさ 

^は^の 旅行 革袋 t 指して 

是 です。 • 

さき、 では 是れも 一 所に 置て 頂戴、 ; H 

4 一口? をよ 佘にぎ ぬ、 よ 余 はこ 4S の 革き 並べ S- 

しむが 如く、 

.a I よな ゐ . 13 

さわ 御 一 所に 參, 9 ませう ね 

^^|;^酽^1へ!^く、„きなるがは立擧りて 

f は r 機 Mi う、 で S を、 V 田 i ですから、.. だ . |( / 

あして l,f 。 i 。き r きる ギ ゆ、! 

^ 1 if して Iff fj^^jn^^ 

の 1 1観にして 、 J!i" し Ms 

ぬ、 ず 手き たる ひき im き 4、 ;中 化" S の 光! 

一 . >? ? L やち? あいづ _ ふ,. - : ふ, 二.、 f "^"rNl;-^: か 

こ ほ J? みせ 



鐵道 旅行 

なほ 



出しぬ。 余 は 元の 坐へ 直. て 彼女に 向 ひ 

な おどす &ゃろ . 

波の音 は 凄 $樣 です ねへ、 

ぶ . . k かめち よ わら .5, な づき 

ビ言 へ は、 彼女 は 微笑ながら 點 頭つ 、 、 

是 から は 又 箱 根へ .£、 るので すよ、 緩 肥へ か、 る ど K 戲 が^ぎ も 都ます よ。 . 

ぶ ひ ふた、 ま 《J かほ いだ み 

» と 言 ひぬ 佘ハ 再び 窓よ, 9 貌を 出して 見た るに、 , - 

この どきき しゃ や 5 ざん さ ゆ 5 せま きた あ,, くろまく ち « - . 

此時 汽車 は兩山 左右 よら 逼.? ^る 闇々 たる 黑 慕の 中 を: つ v^lo 

彼女 vf 向? 賀問を 1 めぬ、 Si の i に はぎ y にい 如!: なる がぎ る r ぎ Hi, に ゅ往 く は 

佝の爲 めなる 歟? 祖母の 家 は f 何 I へる r ぎ mi&i は i れの きに ずて \§ を i^J 



へ-る 歟? の ST あ; 51 めしが、 こきの iS の P ぎ, is て、 I にきな し f S 

に? ぬ、 此 gsf あず £s、 f imi ビ f て、 i ぎぎ sf ビ ts、 

力の ちょ いくたび か ど S ざいりょう きょ 5 ぁひゼ ら、, t / ^ 

彼女 S 度歟 東西 兩 京の 間 を I して M: にハ なれし ぎる s、 よ? ゆく は f の f なる き £ 

ふ 事、 彼女 は 非常に 小兒を 愛する ど S ふ i !、 が 1 气 4it 怕を もい とほし くォ g ふ ど $ ふ ii:、 ^お, 

に は 今年 十 一 歳になる 少女の ある どい ふ II、 iir も は t れの 1% うへ ゆきて.、 い の L 食 r まむ 力歟 ふ il、 

何故に 少女 は 家に 留めて 伴. ぎりし ぎ ビ いふ g 人き て ssjpil^ らて 、おはぎ ピ なく ゆ I 船に お 田 17、 

余ハ 彼女 ど は 路上 一 片の 知己に 非卞 して、 ぉき^^ょ.c^のま?bの-iLfへ.c^、 1 どなれば $ の i き 一 ^ 



-f t7if inf たび?..1?_^、?な"!ー。へ 

Hfclfl^ へ t が ii ぎず 婦ムに i して、 大に其 心 墓 めら 

L ひ ir すん はま. a ひて きち f? き、 や i ひき f ,ビ& しく f し,." きし けれ。 



lia^ はは &の i^f つ、 なしなら、 かか. fss ぬ み : --, 

11 藝 11::、 ^^^^4f5^^nK 

は、 f0ff flf0, f 隔て? 語 "しめさる を t は Jfn 

け:: のみ。 I や if へつ 着きぬ、 s^fl^^l^^^^ 

I しき 、へこ ,,」f 、おが ST こもたれ て, る も わ, 9 き、 一人の 農夫 わ, 9 後に もたれて 

、。何ん Plil5、 irri き、 aiM^ 

kpi ffi^ if f お t ければ、 I 

わら、 ね、 mmf て、 さ & します よ、 1、 Hi 



鐵遣 旅行 五 Q 

さっき い くか^ to "^IIIIII^B^H 

る 前 戴から 幾度 も あ、 して 居る のです よ 

ひ かのちよ を の あ s-ro ま なが ゐ よ f_# '、さ- • 

ヒ 言へば、 彼女 も 其有檨 をし げく ど 眺め 居た. るが、 やがて 余の &に g デて、 , 

ほで ばかく かほ こど 

眞 成に 馬鹿々々 した 貌 です 事ね へ。 

^ * & & ど わら その ふ 5 い A 

ど 言 ひ 聲を あげてお さな子の 如く 笑 ふ、 其 風 如何にもわ^ けなし。 

余 等は尙 暫く 談話 をな し 居た るが、 Mtt^^^p^*.^^^6^^. ^は! I ぇ卞 i.c> かけた るに、 かき 

ちょ ュ かたて こ&ゑ 

女 は 余の 一 眉に 手 を かけて ゆすり、 小聲 にて、 

マ *^ ん だ い や 

灯燈を 出して は 厭です よ。 . 

ど 言 ひて 笑 ひぬ、 余 も 笑びながら、 

ね; § たえ ほ むね - 

あ、 如何 も 眠くな. 0, ました、 堪られ ぬ程睡 くな うまし 

い かのちよ よ ェ 

言 へ は 彼女 はやさ しげに 佘を 顧. ON みて 、 

ホ 、 、其 樣に睡 くな. CV まして? 左樣、 其で は 此^へ 橫 におなら なさい、 i がま i を 船て あげます か 

あなた まくら 

ら、 貴君の ケット を 枕に して。 、 

佘は彼女のぃふまゝにして睡.c^ぬ、 然れ^ も 汽車の 齓衡 の^お I はれば、 % が II は獻 |§ どなく まぶれ て、 

熟睡す る 事 は 得さ § き。 1 ビ ぼひて れば、 ? e 紺ぎ 儀なる II、 ^は. Sl> じて わ #4 にあるな.,、 は ^ は 俯 i: を 

歟佘に 言; S た. co が、 其 事の 審 か,^ ら されば、 さん ヒな しける i、 が は i に は あらで、 STi ど: > ど 



t§,Kft siL ^pl.^ 30fff ^ . 議 とし v4i li、 



ぐ さ ゆすつ そく か ば きで I .» > 、 

草 を搖て 足下に 葡ひ來 fts ぬ わな や 



體ひ, も わらば Nl.^、 佘が腰 をし つか 》9 ど纒 ひぬ、 予れ! 力 

れいかん はい 



を;^ めて P び をり かみ さけば、 ま ^ の i.4 曰 どして ま,|ん ど f s、 IME て 夢 さむれば、 冷汗 背に 徹し 

きぬ S る ほ _ 

て 衣 を 潤せ. CSO 

if め 目 を i けば、 f0&Kf<f 0afsff きして 余が 枕に した 

る" あ^は、 g おの Ie よ .9^ の 航^ か、, -て あ, -き、 衡?^ の^ 手" 余が 腰 を 蛇の 如く まど, へ. 9; 

ぎ かき" 職 てり かみし は、 S 、が i〃、 きン おがみ 身の m の^に あらさ- 歟を、 鳴 i: 何等の 怪夢 ど、 彼 



f,0fBk ft 一 i は i あぞ 霧の 如く、 元よ-取 るに 足 



る ものに 射す、 せま r ffx£f よ 余 i こム& せんや、 嗚呼 幻 ャ. 誰 * 幻 の 世の 夢 

たれ か ゆめ しん かゆ ゆよ ^< ' > D 

を 信 せんや、 誰 歟夢を 信じて 彼女 を 憎まん や 

航ま I へ る^^お は 辦,. ^ど Si を i きて^の 獻 きながら i 雷して、 

め さめ か . 

目が 覺 まし? -歟? 

は" 一 

の 一 一の g を i ヒ S ふ 1 つねう ましたね 惜 らし い 、 何の 恨が 有て ^すの? 

ff0if,^ks. fpf0ktf. i る 風体で 臥て 居る 



たれ か まゆろ し 



礎 



鐵道 旅行 . 五 二 



ビ ころ た ひどみ はづか い くた びか i$ かのちよ S や S て しっかの おさ つけ 

所 を 他の 人に 見ら る、 も耻 しければ、 幾度 歟起 上らん どなした る を、 彼女 は兩 手で 緊縮 ど 押へ 附 ながら I 



はづか い くた びか お * あが 

. ^^,し ?ーに ノ 2 ,3 一一 ^u^'ctf =r え, f、.SH »• - p ^ fc : 

力、 

なん 5 らみ あつ く 5, かへ X い よくこ 5 ばて あわて 

「何の 恨が 有て V すの よ」 ど 繰返しぬ、 余 は 愈 困 k 果たる が、 周章て、 

まこ ど しっけい む ち 5 さ 2- ぞ かん にん くだ S くたい へん こわ ゆめ み 

誠に 失敬し ました、 夢中でした のです から、 何卒 勘忍して 下さいよ、 僕大變 怖い 夢を見た ものでした 

ヒれ ま ちが 

から、 其で わの 間違へ て。 

い ** たおき あが かのちよ なほお さ つけ 

言; 5 て 又 起 上らん どした る を、 彼女 は尙 押へ 附て、 

こわ ゆめ さ ん な ゆめ ばな " 

おや 怖い 夢 を、 如何 樣夢 でした、 お話しな さいな、 

ど そのて うし いか む しん さて S か お f あんしん これ こた 

ど 問 ひぬ、 其 調子 如何にも 無心 なれば、 .sは怒6^ても居ら^-c^しょ、 ど 思; 3 て 安心 はし たれき、 之に 答 



もく こた なん つ かた こど この ゆ, *f 

ふる 事 は 躊躇せ う、 暫く は默 して 答へ^ 何ヒなれば實を語る事を好ま^1;.9し故_ 



ん な 



如何 樣夢 を御覽 なさつ, の? , 

かのちよ ふた、 5 たか ひ そのこ 5 き しん おこ よ いつ ば 

彼女 は 再び 問 ひぬ、 疑 もな く 其 好奇心 を 起して、 佘は僞 .5 ぬ、 

&んな いつ ^くね. 口さん ふたの SJ こか ft かや ま のぼつ あ. y & どころ ね わさん けつ まづ. & あや 

如何 樣ど 言て、 僕 姉檨ヒ 二人で 何 處歟の 高い 山へ 登て 遊んで 居^ので す、 所が 姉 檨が蹴 躓て、 危ぶく 

f ころ » くびつ く w たす おも .L やう けんめい そのお び ビ ころ 

山から 轉 げかけ たのです、 で 僕 喫驚して 援け やう^ 思 ひ、 一 生 懸命、 其帶の 所をゥ かまへ たのです、 

た ぶんお び ま ちが しっけい ゆる くだ 

多分 帶ど、 間違へ て :::: 失敬し ました、 許して 下さいよ。 

ビ ま 14 おきあが かの i9 よ なほ おさ つけ ろ よ か f! のぞ なが 

言 ひて 又も 起 上らん どした る を、 彼女 は尙も 押へ 附て 許さ 卞、 佘の貌 观 くやう にして しげく ど 眺め 

ながら、 • 

い,. . . : - - - 匚- . 



義が f I ひまして o 



I 口 ひて る" 觚 く^の 獻を る、 鬚お 離の 第い さ、 目の 中 さえて 言 はん 方な く淸し 



くち もど に ほ あいけ 5 

口元に 匂 ふ 愛敬 

ま1ずこ?|る、^;,.0^、 4si ヒ もつ 附 かぬ^ ま昧" の酽 にて、 ュ? - 、ヒ I 口 ひたれ 气 俄に 耻 しくな. - 

だれば、 あきて 力 S の i に f しぬ。 f なれば こ 4if 1 ぎ ぎる が i くぎ 力き i、 

?ゃ? ずの i る i?. ^のき S の i くぎ" 于さ 1"、 ち2る花の如く佘の 



め 目に さへ ぎる に、 iri しさ、 ゆ かしさ、 な 2 しさ、 i はし さ を 契る 如き 一種の 情 は、 花の 露の 解て 

i れ て^る、 i く、 まがの ¥4 よ, -i-.^,- て、 おさなき ザの ひ仏ヒ 麼は しむる 斗 なれば、 余 は 何 どなく 耻 

しく、 g しく、 ^!はしくな-^て、 I: つ 時 11 も 1 も あがらす、 此ま、 にて 居た き 事よ、 ど 心に 思 ひし 程 なれ 

をの ビき かのちよ わ t;- , 9 

.rt 其 時 彼女 ハ笑 ひなから 

はが 人し も 1 ッては ません の、 唯 怒た 風 をした 斗、 

&i で irs -、 i を わげ てお S の ife く I ずしが、 に聽 S らし か" しょに 誠 >5 の 

1 の M に ほ 乙. C びて、 曙 の S に 笑 ふが 如くな,?^, 佘も 微笑 

ある、 が M くな I、 lii は Ir 一 こ 個の きる f どき だして、 

お^^に,^ ませう、 厭では有ますま^^、 有の 實。 

さしいだ 

どい ふて 差 出す を 

鐵道 旅行 五コー 



A き あが そのこ、 ろ なほ W め - 

ながら 起 上 fts たるが、 其 心は尙 夢の 中に 



i : . 鐵遒旋 行 五 四 

ありがた だいすき nmnllllllBUIIIIIII 

有難う、 大好 

- 墓曰ひ て 11^6 ぬ、 ナイフ を i い I し て^を 俯か くれば、 11^ よは; Is f^r 兀 どを^て、 

あぶ てっき -fsj J » fe-ff 

ホ、、 危な ッ かしい 手附 です Nl ヒ ねへ、 どらお 出しなさい、 w てム るから。 

此時^ is 正 11 /坐して ね l.4g た ばッ ち, c4 を ひ i いてよ 余ら 等の きす 子 をき め、 14 都 If に 1 滅ど敏 Ik たる 

»k 9 まぶ ねむ , 

か、 又う ヒ く睡ら け, 00 , 

佘は遠^^なく、 むしゃく 子 を 彭ひ ながら、 IS のみ k ひて かす はこ IT く き g せば、 1!}^_はぎ^ ^ 

さう に、 首をかしげて 眺め 居た るが、 

.^U^I • ほ, だ あんま すき 

貴君 一 々吐き出して, 餘, 9.; ぬ 好で は. いの? 

否、 大變 好な のです か、? kii が^いの ですから、 ぉ^^1は£1すの? ぉ、1^ぃ、 

^u^) ^ ^ i . * まゆ ひな そで ばら その ふ 5 い A わ^ 

仰.: d らしく 言 ひなから、 眉 を 顰めて 釉 うち 拂ふ、 其 風 如何にも あやかな ft, き、 

i f0fpt^^r.. 纏 §の¥ はきな 日 まが? すから。 

如何して 寐 ませう? 革袋 を ま ぬらに してね 寐ま せう か歟? わ、 だきなさい、 酽 して P 妒., だへ ま 卷くヒ お,, , 

、 ぶ & よう ゥ 2 し よ: 

さんす ……: われ 無器用お rJvT ^ら私 か 能して,!^ ませう、 

かのちよ たすけ よ ど か,, - VE を 

余 は 彼女の 助に 據. CV て、 鬼 やら 期 やらして 橫 にな, ぬ、 而 して ij;5C -、 

あな^ ね , 

貴君 は寐 ない の? 



I 



わて し ri ねお 1 

私 も 眠ます よ、 睡 くなる ビ。 



祖酽 にして^ は, ム狱& しくな りぬ、 余 は 眠る どもな く、 眠ら S どもな 



うど 



ビ して 睡. 居た る 

さむ 



が、 g ザ; 1: に& しの あ % の 1<氳 やかに.^, 9 たる ii 獻,^ て、 |ノ§ の 何 く にな. るに ケ、 覺る どもな 

く ノれ ぬ、 ぺ sT にめ 目 を 5 ぎば、 0a^ffl. 其 儘佘 が 上に 倒れで-し 

もの r、 す やく ヒ して IV 居た!、 そ S やかなる M なの iiif 、.ffi の 邊に落 でれ る、 玉 

* " t ie** これ きヅす その どき かのちよ ほ モ> . 

t^kfff ^> Rft r k 佘 覺 I 之に 接吻し?、 舊 彼女 は 細 や 力 

にめ If て、 きぎる め 目 i§t5 の 1 く、 よ 余の 黼 をみ 見て If きみし が、 又? くど 

& ねむ I 

睡りき . 

r ふた、 て ふ. J んきゃ 5 ひ ビ ,ゝ 

^も 翳る ベ からさる^ 魔に せまられて、 再び 蝶魂鄕 の人ビ な. 9 ぬ 

おは きずし V r.r 歟ず ゆす あの わるに 驚きて |覺め ぬ、 



めさ ま V ち, よ々 ビ 

さあもう 目 をお 覺し なさ いよ 1 寸 



さわ a 



ど 1 おは 實 ひぬ、 わ, いど 言 ひて 佘ハ起 上 *9 ぬ。 



こきき S や は 化れ の £15 に S て わ!、 m0ff. 名 直々々 さ 叫んで? 5、 

ぎ 荷 W を氣を 着て 居て 下さいよ、 私顏を 洗て くるから、 




冗ぶ 
談 i 

半き 








b 


此ぁ 


客 i 


ぺ 




b 


て 余よ 


を 


只ち 


土 ど- 


高?' 




曰 ひ 


のく 


り 新え も 
き 入? 急 も 


NJC» 


け 


見み ど 


見み 

ノ" 


取 ど 


mz い 


茶 J 朝 i 


影 




b 


れ 二 


れ 


分: i 
ノ ふ 


る 


を 


で 


は 


飯? 


も 


、 の ぎ 


郞き 

ハ卜 な 




ば -三 


ば 


\j? ん 


ぼ JV つ 


持》 


は 


土 ど' 


は 


見み 


流 1 ms て 
石 か' 客 1 車 4 


君た 








な 


て 


有き 


瓶 ま 


淸? 






臾、 何 の 


此あ 


ふ 


も 


ゆ 


ま 


に 


洲す 


卞 


は m をな 

東? 方 £ 降 A- 


早? 

1 や 


に 


れ 人 g 


時? 


調で 


の 


< 


せ 


一 
がい 


に 


な 


く 


し 


の の 


俄が 


子し 


だ 




ん 


て 


ら 


海な なた b 


往 $ 


て. 


車 暴 み 


然 2 


に 


わ 


の 


歟か 




食く 


ぬ 


第 E る 、 


て 


彼 2 


よ 3 ど 


ど 


て 




が 


ね 


錢 X 


ひ 





一 マ 急 S 




女》 


b な 


し 


きい 


ノ 二ん し 


有 S 


へ 


な 


し 




のセぎ 


洗 t 


は 力 


もま b 


て 


ひ 


し 


ま 




b 


が 


時警 


市 L のて 

府ふ 中!^ 水き 


歸た 


無: し 


m 


ぬ 


て 


す 


是れ 


し 


、 


役き 


て、 タ 


來 S 


數言 を 


常? 




ゆ 


も 




が 


茶, 


夫 ふ 

尚 か 


な よ 鉢き 


往ぃ 


のし' 、 


の 


佘上 


く 


の 


杯い 




は 


b b の 


ら 

ン 


b 


乘? 未 も' «? 


も 


擗 4 


歟か 




彼 力の' 


一 


く 


、 大 5 元》 


ク 


ぬ 


客 1 H 
、く 事き 


沓? 


甘 そ 






女!' 


の 


ふ 
由て。 


E 海;: へ 


し 




四 


gfel ^ 


に 




で 


はわ 


宫き 


を 


心チ の ゆ 


や 


手ぬ 


我 S の 


圍 6 


子 L 


な 


ク 


は 


笑き 


に 


吹 ふ 


にろ 潮 さ き 


い 


拭 S 


先 i 理" 


に 


に 


る 


さ 




a 


て 


ち 


感 え' の ほ 、 


X 


に 


に 由 


辦 


て 




ら 


尤さ な 


呑の 


し 


b 如 急^' 




て 


ど を 






破な 


お 


%^ 


が 


み 


が 


く ぎ 




手て 


降? 充? 

立? m 


ぬ 




て 


ッ 


土 ど' 


ら 


し 




\ 入い て 




を 






仕し 


さ 


瓶 2 






汽き 

車み 


此き 6 で 




ふ 


て に 


唯 5 




舞 ま 




く、、 




を 


有き 來き し 




さ 


彼ず; 解 力" 


見み 




a 


道? 


る 




ね 


は 


樣 1 b 1 




な 


方な し 

な 得 も 


る 




诤 


中ず 


み 




力 > 




を し 、 




が 






廿 


を 


で 




し 


然 4 


眺 g が ど 




ら 


る さ、 


乘 f 








す. 




け 


たん 


め 、 貌 S 






水き i> 




财か 




け 




れ 


る, 


や 東? を 






鉢? し 






置 さ れ 






音き 


b 西 ^ 洗 t 






の 余よ 


は 






て 


>^、 




ぼ 


を 


ぬ (こ a 






ft « 


皆き 
先 1 






往? 






に 


立? 


奔^ 、 

須き 走 1 急 さ 












の 


ね 




買 か 


て 






ft fl 


を 






で 






ふ 


名な 
古 こ- 


萝 し ぎ 








爭き 






す 


だ 




ベ 


にて て 






、お な 


ひも 






わ 


ク 




き 屋ゃ 
暇 さ を 


し 、 又! 

て 一 歸^: 






;:^Ct3: 力 > 
急 も ら 


て 






其き 


て 








車 4 










な 3 


後き 


混え 時 e b 






にき' ml 


ピ 






君た 




力 > 


に 


雑 § は 來 1 






て よ 


降 も 






取 ま 

ク 

て 






b 


せ 


% 非? - b 

鎭ぁ 常 t ぬ 






貌 S ら 








誰 g 




し 


b 






を 貌 S 








が 




を 




$ まの 、 






洗 t を 


殘? 










以、》 




て f 混ミ 此き 






ふ 出 だ 


る 






樣な 




なて 




mt 雑? 時? 






な し 


は 



え、 面白 $、 割て お 仕舞 ひな さ V 

え、 割て 仕舞 ひませ う、 憎らしい! , 

爲 r 君 節て 1," さ な、 I き "が S ですから。 

よろ 

fm^fi せ 土 M& て ぼん ..iitfs, が、 S は爵 に" 一 ッ三ぁ 1- て、 路: g 

il, ■ 置れ て f 、 n の pf 、 氣に f て、 お I の 

&ど わら,' 

如く 笑 ひき、 . 



す こ きちが ひみ , 

if もき は聽" きぎ S て、 Ipf 1^11^ 

if i して i ひ 机お? しが、 は 鍵の 1 ビ爵の i ム tl ゝ t ジ、 >1 ほ 

L 色" の Si んに, きわす るに- 0.mtf. mskffi m 旅 I の 中 

ffikff0t ぎき ¥r 夜の 事 w j なよ ぬ; 1 彼 J の 51 

fmtff ffk^flf さ 然るにても 彼 ま 如 gil ける 



鐵道 旅行 



•a li 




ft. f Jt.. ぷら附 I る £g る £ の, の i は ナホ レ ti を ic めぬ、 

其 な If 肉の わん t にもち ぎれ て る . 、 爵靈? の 、i く、 き gf if i 



くわい せん こ 5 だん 4J 

て、 誠に 快然, K る 好男兒 



の 漂へ るに、 更に i£ て: i ふ?、. F の t ビ 一 ffs.s 

ft 余 は 向き 直, 9 て 彼等の 談話 化 取 を IJ- しぬ。 

其 時 彼女 は莞爾 やかに ふ 》o> かくる 情 1:^ の I 鈔 らしく、 

わ ゝ左樣 で S らッ しゃ? t、 i で 化 保 i? ざい ます ね、 ,、 

;ー^ ひながら、 更に? Is る爵 きぬ、 f^sl■ss.腐のiにlタて 

吐ながら、 

わ、 、 霧です。 0Mft0p&if€f. 

さや ケそれ ひ、 たの - \ * 

おや、 さ 左樣 で、 其 はま 宜 i しみ? ミ ますね へ、? 5; しまして もお i び nis ぎ? すよ、 

は 左樣!: す はわ; Jili おぎ f まが、 き f If ので 

il の 先で 同行の f .s「tl し 5 ら、 慰 ひつ ゝ、 

この ひど を りさ-;, き > . , 



^p^^^^, ^ 、ばき ト この ひど き へこ 

„ ^ノカ 其 西 京 博士 もやて、 萬事此 人の 敎を請 ふつ も で、 



i sfsifi いて せの;: の 紳 はは; 對 

して は、 £N なく i なる は、 i し r きこ 顧 を f るの ひ 入 "にゃある らん、 力 彼女の 塞昏 やかに 愛 f 

ふ. まき ウ、 

- 、2di で! います Ir fiff へ 歟ぉ定ぁ で I S ませう ね 

1/ しん..! ゆ 5 せん あき ど ひげ はば 、 

ホ、、 、 ど i き 街 1 ひ を p.^ きになせば、 紳士 は 悠然と 腮の髯 を か S 撫な 力ら 

K は Irf & めん I や、 が i 体何處 が宜 でせ うな 5 1 こ れい 

f ながら S の爵 あする i く、 め 目 も i やかに な i ?、 m 笑?、 ぎは尙 一層 蜃ゃ がに、 g 

9 ん. \J J 'ち あま か か を て, ^し" 

めけ る 原素の 中 甘き 香の 薫る 調子に て . i? f み i た 1 

おやま な 4 せんので、 fif^^^f 御 滞留 中 S の 親戚 方へ I り 下 

さ (まして は、 精々 氣を 着させます るで ヒ さいます 力 



し, P し も ば やかの よ み I が.^ > 

紳士 は 最早 彼女に 見 惚ゥゝ 



d k J I つ 一 HI ン 1 - み re ■ ^こ 

さ きさ I、 II は £ へ f て &の專 が、 li ぎ 身 寄の fx は何處 ですな 



f f 1-1. f もう f i&iif て f ます から、 何事 も 御 自由で きい 

ます おこお へお に? ましても、 きは靈 i£f な-ませね ばな.. ませぬ が、 



鐵道 旅行 



五 九 一 



I 六 〇 



,? ば JTI て餘! It 御 散財です、 fs0§-ip'smfi. M 一 

にお 震メ見 J しの 好 f $5,f から、 ff&a. Mkp^ . 

utR.MJi{ ,はて 手 f が 一 mn 

^JLr> ゎ1、ぉレ ヽ ひ ぶ さけめ づ かひ S 

,,.^± の >も は tfi:^ う 疑 もな く 其 情 目 使の やさし か.,, し!! め.^、 

—ゎゝ 左檨歟 。如!: しゃう のう 慰? • 

疆に 鍵し! 疆は、 - 

左様で.^^ S ますね へ、 ii はい 化れ ども^ 蹴 If 、 

しんし ざん G かんが 

紳士 は 暫時 考 へしが 



T , か 



き 其で 1 や ぅ歟、 2lf の , き f て、 III へ 爾す るし、 a 

氣に 入らな かッ 力ら 晚 まで、 f£ て、 f0f0ff 

左様です ね、 其が 上 i くで せう ね、 

i 伴 %s X、 ¥は1 おらし くぎのお に t ?、 

其で は unf , i の is へ if f i にし ませう、 

彼女ば W ど 聞よ, 4 彭 gbn ぼた くと mr^ に r& しながら、 . . 

でき? す歟、 績:^ き, ませう、 



ひ 申します、 { 

ら き や 5 ic さて また しんん も 力、 , 

ど I の gmm を ももら さす、 やさしき 愛敬で 虜 にし ゥ\ 扨 又 紳士に 向 ひて 

さく, e あな ft さま ぎ ふ どま * 9 ノ > .^rv , 

昨 は 貴君 樣は 岐阜のお 泊 ft^ でさ さいまし^ 與 

しんし たばこ ばい , ば, ヽ、、 > -、 -、 

紳士 は 煙草の 灰 を ふる ひ 落し^から . 

わ、?^ ぎです、 な %良1 で 5 鵜 ぼ„% きを ゃッ たものお やから、 

.yr^ おも しろ あ を 、 

おや 衡 il を、 をせ 一 はま あお i しみでき いま したねへ、 あれ も忽 々お 面白い 遊びで S 5 す 

よ 、わ r も きられて i ッ まし £ 、 

これ しば う かひ だんわ 、 ノ, > ゝ .^/v!^t^s* 

ど 曰ぬ より 暫 らく は 鵜 飼の 談話の みな ft^ しか 彼女 は 又 お ませい る. 

羅 うは P1 で Is ジ& びが き 5 す、 ぎ 紙 Irs に ハカ 可ぎ b し 一い 子供 も九勢居ます から、 ホ 、 、 

、おめし 御 馴染も^^ いませう ねへ? . 

し,^ L くわん C ろち わち 

紳士 ハ莞爾 ど 打 笑 ひなから 

^、 g めて 酽|! の 1^ ぢ やて、 左 ふ 者 は 無 方お やが ね、 . , 

tsfef 、 おまでき 5 せう に、 お p な ッて、 ねへ I、 お 在ので とま ませ ラ? 

5J う v!,,^ しゃ 5>0 ばん L や わ r ゝ 

ビ笑 ひながら 同伴者に 問 ふ、 同伴者 も 笑 ひなから 

一 如何お 歟私も 知りません がね、 Im n 

^ 鐵道旅 行 I 1 I 六 一 




六 二 



あら 貴君 迄お 隱 にな ッてホ 

あいき や, ゥゎら ひ ちお c,£Alf ^ ir * f 

愛敬 笑 をしながら 一, 寸 まカ へる^ を sl^ せた が、 . 

い、 み ど S. もちい >J 

また 好の を 見た て、 お 取 持 致し ませう、 ホ、 ゝ、、 

ち fvi- » r^^w. てんせん らいらくば わら ひ . 

ヒ打笑 ふ、 紳士 も 輾然ヒ 磊落 氣に 笑ながら、 

i や! §f ^まう、 ねき 0ifi( nsl^i 

誰が 當 時の 流 I 仏 子 かね o . 

き? すねへ 、まま 還ん あの ひき 街、 i liss$..^. 

一 1 ,J il , >l> • 、 * ヒ fe/r さ As お -ATI 、 J. 



好器量で;^^!;ぃますょ、 佶 度 旦那 ぎの li- ュも M ますよ ホ 



て、 全く 紳士の 心 を 奪; S 去, CO もの ど えき、 組ゼも ^5^1^ ひて、 

否や、 擊 もき I がの、 あきに 御せ 世 f なる で、 V 日 はせ 是ひ非 ir 君に も 一 S ねば、 の, fcr 君ん、 

左 檨ぢゃ 》sl^? - 

左檨 です ビも、 是は 是非お 禮を せねば 



さ;, せい しんし rt, よ/,^ まん, VJ く f 

ヒ贅成 すれば、 紳士 は 愈 満 1^ らしく、 

其に 我 輩に は irr よ. cfi、 0t&^$i$f. ァ パ ( 



ど ii に f ひに ぎき、 編き は £ なる 一 士 あに i,co が、 1^ 1 € 思 ふに 

pan. % はきて ilslr に i て、 禁の iT をく i つし f が、 紳士" 疑 もな 

T. ノ 「14>>t > ^1 -、 V しお き や 5 きんしゃら く もの ビん 

く ifr 子 t て、 1 み 身の ゐ 位ち 置に r 足く しつ、 Si によ 世 &る人 なる ベく、 然も 胸襟 洒落に しバ 物に 頓" 

まくせ ぬ ふ 風う わ. き i おはま 『i ひも?" §b 、が i 街の ぎず が fir が si に S 基た き?、 常に 1 合 

の i る i に穩 ずま はして、 f00MkK f iiife^?. 以て 幾分 歟 

?ど する もの、 i くみ 見えき、 よ 余 ぎ fv&a する きびて、 1$ の f る 力 歟想 像した る 

が、 g に m きく はきぎ 望る 人し なるべし Lb ずに, て、 囊ひ さも 半を减 じき、 _き . 

li しき 1 射 の 體ょ豫 もな く f て、 If ち讓の 15 ちきく し s、 s<mff きの 城 

4 あ ひだ ぎ せん くも そ。 ひ K 、 

は 百^の 間に 巍 然^して 雲に 聳 fe ゥ、 立ちき . . つ, 

謹" i. . ,^£M$mmf 1 せきき i くを季 、 天下 を 一 H に 定めの たる 

の 隠ケ廳 は、 f§Kf 一 なす、 i して si£Ki あ S なら?、 曾 て其名を 

おぎ f 、 sl^. a 霧の s なからん や, 義 i" i にぎ sst、 «l. 

Mt fms.f き IT 洲 i しに? i る、 s 十七 i て 以て 根據 のず なした るな-;: 此 

PIr て 8 七 萬 五 千 ii に i して if て B がす、 0mmkt 巳に して 粟 出て 關ケ 原のに 

f 攝に聽 の S な *?、 1 しび 尾 1 の あ、 歸ケ原 は、 其 西北 平野 のき、 



1 鐵道 旅行 mlmsill 六 四 

州の 山 i に f ん? るの i きな ゥ、 お f$ い あずん の gr」? 、遭の I? 爾ケ, 

まこ ど て,^ やくそく この どき あさ 4.1 、ぐん - U if P / ^ L 

誠に 天の 約束の 如し、 此 時に 軍 十二 萬 七 千、 S 七 萬 五 千、 ぎ £ ;ぁビ すれば、 S くし 

せて 東少 か!、 aufmmfff mstmmoFfamf た大ぃ 

uir か I れ ばなる らん、 1 してち 地 1 のま f へ .Co も f 善 や、 if IV お 十き ち. 

兩軍, ケ原 のき f 、きい i しく IT てき l:i し、 Knif のちきず ぬ、 pi 

の 勇士 多く は f 野に 隠しぬ §、 まぎき i せ f き、 M0.nmfmf 1 E れる i 

秋の に 軍 は、 fspffm?. nln に靈 する g 

s; 恰: 雨ん 軍 s の 心 r て? ひし めん 5f 参 もの 、きくき お S 雜す、 t き、 f の 

is 軍の 陣中に て g2 ぬ . 1き& れて if I し S 、し I しられず、 ? -1 

のお 手に 歸 しぬ 大 垣の 城 は 其譜 代の 學: たる £ 建に ぬ、 f$ ffmB^a. ゐ威 

复垣 十万 石の 領內に ふる S しも、 い はよ 世 f sr て、 iio まねく 來る こき 

> ^^^^ . Z 、い 3 はち?' いにしへ しの - r i 寿- tfcw^iwr 

の 旅客 をして 徒らに 慶 長の 古 を愁 ばし むる のみ、 . 

佘は 古の 豪傑 直 ふて f に ip ,つ、 わる サ Enf も 1ゐ 井の ivf て、 I ケ t の £ 

場き して 走る、 頭 を S おに f して 霸の i んせ るき つの skt ぎ? ききろ の g せる 1% 山ん 4 

處ど? 正則が 叱 I 戰の地 は 何つ fp. i 刃 Eft て x、rs 蒸の f 



m 



4; 

'おつ' 
ぶ' パ」 

り ' 《'i 



ゾズ. . 



/ ,: 



'や' 



ビ 



1 1 、f ,e *; 、一 £ i し き しゃ この^き やま 力 

f とぎ? I を f あ Ife よ.. &A4f してみ lg、 ぎ 如く f 汽車 は、 此時 山の 一 角 をめ ぐ 

i ,1 ^ころ み ゐ こん、 

—て^の 指させる 所 を 見せしめ^る ど 遺恨なる 

i にお おの ハま "して 謂の, ゆる P か 6 き、 S は i の li5 にチ舊 乘客 i 

i. に grg く をき へつ、 まへ まへ ど は 40? ょ佘. お M に 慰 化する S の 風 色に 送- 迎 へられ 

5 ち たち ま ? i6 やま たん こま 严け , • • >) ^ >') ^-sx^ 

て ゆく 中、 忽ち 右方の 山の 一 端、 木の間の 影よ ft^ きら 



f ん ていえ c" き H みヒ 

^して 底 こ, 映 t 來る もの、 わる を 認めが 



こ 曰 まぉ大% る » にして、 みおの i& はし i 旷 m を i ふて、 すお め队" % もつ 鉢み の^く, よら かな.. き、 佘 n 彼女の 臂を 突て、 

「啦 々々御 覽 なさい よ、 大きな 池 か 有る から 



1 おは,. A ろ を M りみ しが 、 忽ち 高 や か に扣 究.^ 、 



あ s- こす ゐ ぴぱ こす 5^ 

わら ^ では 有ません、 湖水です よ、 琵琶の 湖水です よ 

こ すゐ 

胡.^ ( 



^tir きぬ、 が ゐの& らん §1 にもお 田 一 ひ き-けれ. ば、 雨 眼鏡 を取 出して 其 風 t 見" て ゆ 

skf^^Mki^f - oflt^. ,s おなる f 思? 又 彼女に 



t 力 き k 1 

向 ひ、 パ, .j 

このし ろ なん しろ „ こ, . 

寸々々 此城 は何ビ いふ 城です 此城は j 

彼女 は 又 ふ ft' かへ 力みし、 が、. 




" 」il 1 11 A d vH^ 



鐵道 旅行 



六 六 i 



一 ぉ&ろ S まひ * てがん せ,.;" しろ み : ll—^l^w^— l^n^—^^^l 

佘は f ぬ、 今迄 眼前に あ- CO 城の 見 I れ ば、 i はぎ はす, 1 まちき る咐 のい Ig; いた 

る 古城の 影 を 見出しぬ、 

あ、 あの 城です よ、 §i ま?, は 齡., 艇に えた ものだ^. 4. す-おか ッ . . 

あの しろ あれ ひこ rf し!, -5 ■ , ジ 

あ 、彼お 城、 彼は彥 根の ね 城です、 S 城です よ、 t.ssk^. 

佘は讀 ss きて >&i く 1ぅ打ち ぬ、 爵 i の 四 §還 の S き K 田 r ば 百ね * のち 知き 己に ぎた 

る 心地した, ON き * 

これ き しゃ す & 7VJ すし ち C* フメ • 

是ょ;:?汽車? 水に 添 ふて 走 あくう 中、 何 f 二 四の if も f して ぉ:津 の i へ f ぬ、 i-^ 

よ:: ぱ指 みして、 が 彼" 大メの 町に:. て 4 處 にぎる が fi、 ffK$ きのまたき れの獻 

S 半 は 1? ほ 皿 名 ほ〕 ほ!、 ど f るに ど、 羅の攀 PS 

助の I 渡、 栗 生 II 戰き 4、 m$0m?. f f くて ぎくて な I、 f 

in. 旣て にして £ハ# ぎ f して ioi に I ぶぬ、 if 

さあもう 貴君 ども 御 別れ 申さなければ な.. ません ねへ、 ^ひ f ッ おが §m です^ら。 

甚ぶ、 余 は ii pi て ,霞み 水ビ かけられ,, るが M く、 ど ッ£ て f ベから f i しさ 

4、 1 れ てよ- 以 s て 父ぎ 臂を i れて、 £Twffmi mfifM^^ 

sat 我を勝するひ人^& へば、 T=< ヒ して まぎる はなく、 扇 si の a おのみ、 



ひして 劃^の « く やさし か. にぎ ひたれば、 是 迄は大 に. 心强 か.. しもの、, 今又此 人に... れ 

fi€ pffTf fffff. 知ら s に?、 往し 事な 

I ノ さび こ、 ろ? い かた ,、 . ^ゆ" 

き ,の f ず、 まら ぬ i ぎ 田でば、 i 力石に 先の 案じられて 寂し さ 心細 さ I ん方 もな やし 斯; 田ぬ 

ひがたれば i がぎたき して か ifi けの、 S の i に f れて、 i ろに わ 別 力れ の f ま る 、 ど 止み 難な 



S ままた この ひど 



&ー 



§ 縦 どして さし 俯向き 居 4^ れば、 彼女 はやさし 氣に、 



i. I くし 仕 £ J さいよ、 i をし II くて あ! ん ir iM§ のの 無 樣に 氣 をお I さ 

わたし てつだつ あげ . . > 

いよ、 さあ 私、 が 手 傳て上 ませう。 ち., i 

gf gf なし くれき、 ぎ 1 ぎ S ゆるま、 にず ii し、 み 身 のまピみ 見ぎ はして 取 散らせる ず 取 

まどめ、 1% に r 入れ し、 $^ft あ へる 停車 塲に 止ま、 

iAs にて il- の ひん をお ろしり 魏 りして" ■ 、びぎせ"』 しぬ、 其 時 彼女 は、 . - 

さあ、 鮮きは すよ、 い a, もうお ¥ き 、辦 MSM ッた らまし のおへ あきに f ッ しゃいよ、 

きつ £ わす いや . 

jll^ です よ、 忘れて は 厭です よ。 

ハイ わ、 が 6, ます ^ 

とよ 余 は f 2 が、 g しさに 蘭 は せられ、 1 しさに" i ろ は f れて、 物を い ふさへ 自由なら? き、 



ま 道 旅行 六 八 . I 

唯 心の中に て 一 分 時 も遲く 汽車の 着よ かし、 n 赶る i: の i;: の 4 ゆみよ. - も.;? くわれよ かし., 1 ひ^れ 气 

無情なる 汽車 は 何ん のまよ 豫も なく は あ,, て、 1: り きへ r しぬ、 % はた s,cs てせ 1£ て 1 に^ 

ひゥ、 

それな きげん お *0 わ . 、 . 

其で. は 御機嫌よう、 ぃ^^く御世話にな,9ました、 , 

い くち 5 ち かのちよ はこ ら 

ど 言メも 口の 內な うき、 彼女 は莞爾 やかに 笑; S ながら、 

さ 5 か をれ き っ卡 い 

左檨 です 歟、 其で はき i て 往らッ しゃいよ、 P きふに も續? さ、 ラな、 きの やさし さうな!: 

上 よう か卡 お 《t まち fc " メ I 

寄が 宜 ん すよ, 馳 るの は遲 くっても 間違が ないから、 せ fe ま I ,敷よう、 

& きげん -ぉ 

御 機き よう、 

f0£<pr. 二三 S きて ip まぎる に、 0a0li0f£ff 

るが、 再び 莞爾 して、 

左檨 なら、 . . 

X さび. せ 5 な & 3- 

余 も 寂しき 一 笑 を 名殘 に、 . 

さや 5 - 

左様なら、 

其 聲の秦 s: にきへ??、 き £は壓 を ぼ 吐きて き だしぬ、 f 一 0. f0Kpfs 

せん、 余 は惆然 W して %^ ゥ?、 ffi; の 俨射 ぬ。 



£.>て£の1薦の越にぎるにぉで がは?ぁ5^ゅ<、ば:?5りど^.て 

て C- しゃ „t§ い で まへ ちゃ てん い, 

に^ |4 募を屮 3 て、 前なる 茶店に 入, 9 て汰 



4 一 



まの II に啵 ける i ビ^ ほし、 數 個の 菓子に 餓 たる 腹 を 

► € V is' て?ら す、 上 る ま め 

f<fk^. If S ちし f る きのず-、 1 人 余の 傍に 進み T て、 あ 車ら へ 召し:: 

上 を ほ . 

を 装 ひつ 人、 



ff. Sf0ffi. iir 管つ けの ら 其へ f いものお。 

わ、 穩靈" さ 左 f す カ歟、 8 ん tir 君、 I ぎ ゅ往 きつけん 者 はおません がな、 もし 

I 一 n ひかけ しが 後 を ふ, 9 向て、 - 、る よた 

おいぎ た 太よ、 敲 ii んへ 1! き や はるお かずる さかい、 お 主乘 せて 往 にや 惡 からう れい。 おい 與 太よ、 

何し くさる 

さけ s_d きかな た I 

ビ W ぶ 時 彼方に て 

わ、 左樣 かわ、 . 

It んき し A しゃ?^^き を どこば し き ゆ 

ん て、 三十 七 八の 元氣 よき、 然し 正直 さうな 男 走り 來 

あんた さ, J^、 

貴君 樣" 

私 車へ お ぼ, しなす ッ て。 lull 

截道 旅行 力.^ 



Ir 111 んへ なきや ハ. - ますの は、 と S ふて、 t^l し樣 へお 出入し ます さかい、 何卒 



-; 織 道 旅行 ulllllllll 七 

t. な y& ど おも つ がふよ こ、 ろよ nammnmm 

佘は 何事 も 思 ひしょ 6S は 都合 宜か うし ど 快く、 . . 

さ 5 をれ て 5 さ い、 も フ r 

左樣、 其で は 恰度 宜、 持てね 出で。 

車夫 は 車 を 牽て來 うぬ、 余は此 店の 観ピ すまして^, 2n りれば、 j^?^^A4せたるま、^«の!H赋を;s 

ばし ばし 

た 走- 9 に 走 6 ぬ。 

稻の穗 の i:r ビ みの.. て、 か 膝に な % 打っ^ I の i み を i てて、 ai に i 粼 する g 軟を? 9! ^うに i めり \ だ^の 

片並樹 の 木の間 影よ- N、 吹お に耐! ^§ せて ゆく なれば、 ^を i る、 しさに gi^ の i ピ, i やかな 

る I えぬ、 i,c, ければ ぎ。 おに 射れ がし 群 S も、 ff 1 ff0sf^-i. 

Bt01f. i をぎ ぎ、 is の i あ &a く s ぬれば、 Si のま 

々どして胸中に起,9來,^ぬ、 旣 にして が^ぎなる 酽肥 の^へ おきぬ、 だ獻. に Ii6v てぎ のうむ! ^は 

たかば やし け ひ^- くわん き こも もつ むか -fc- > t f -'J's.i ズ r- „ : 

高 林 一 家の人よ ら歡 喜の 聲を 以て 迎 へられき、 嗚呼 旅 r 仃は 憂い ii.£ いものなる 

( iisp のぎ も i して、 i の S に f したる が 、ぎひ 日 か S に i したる 摩に はぎき 

r、 ^-^J 、! Js」 ゝ"? ゝュ ゆ, この ど, f い, ま いた までおよ ねんよ せいさう ふ みやこ ひろ 

て 其 家 を 訪ふ事 ハ敢せ さ, CN き、 然して: g 時よ, CN 今に 至る 迄 凡, V 五 年餘の 星霜 は 經れ. $J も、 ず は愿 し、 

東西南北の 人 ゆき 4 ふ おに あ 遇 ひたる S! もな し、 ぎのお はお, 4r なきやい あや、. £0fmK 

い, ほ、 . ^つ かの^^上 おも いだ こど 

未だ 曾て 彼女 を 想 ひ 出さ 3- る 事な し。 



率 
の 

お a 
^氏 



が is^ へヒ 建れ 行きぬ o 



去 牟ゅ雜 , 

I 七 二 



ち 居 f 間 Si ハ? f. なれ, ffffmf 1 i あに g る、,。 五 さ S や £:、 

持ち はば 女お 去 S i きして、 ii. ioi 

の 橘 さて は 花 車曳く 乙女. a> き、 皆 新, しく^ず たる. にど、 i は if かく^み を., て、 

(冬) ま ァ大變 好い のが 出來 たと ねェ 

ほ さえこ ビく 、 -5 i 

ど、 褒 ひれば 小枝 子 は 得 か if に、 

s0J^.ti4^^Tft 1 さん i まし? くッ 2f きに きし. 

よ :…… もラ 1 遍ぉ 前の 樣に 成て 見た $ 子,。 

i.0pf メ レ ン ス S のぎ lif 、 霧の ひ 火 I の鵂 へき きながら、 . 

(小) まァ J さ 4 きま さい ナ! ほん ビにゲ ふ 日 は g かつ? ねェ 。わ!^ し はおぎ かひに おやう つて & 

だから .V れ迄 出る 譯 にも 行かないで :…… (小) さう へ 。. (きぼ だか! _ 力 おの 力お の いが、 ,も 本 ど 

くで り わで る きんだ 豪。 (小) をれ I ァ まさん、 ゆつ く ,41 て も r んで しゃう。 (冬) わん ま 4 

然も 出来い ノ いよ。 (小) i 晚位 泊まつ? て r おや あう ません か丄 冬) ず も £ は (ダか な い よ。 

(小) ァ ラ 何故 H ? ずせ 春 日さん がお H 寸 なん It ません か。 (冬) 里 I がお お ッて ……: おき 



Ji^ らっしゃれば、, や てるから.。 (小 T れ I ァし 信ち やん も si れば 可い のに。 (冬) 一 

r もさ 左 S つたけ ま、 f か. ぉ藝 に i ん でる 居 まら、 おみ 土ぎ? 來 るね i 東し バ; 

議 i てぎ のおよ。 (小) £ おやし 仕? ずい :::: W く 御馳走で も あげ まし やう。 姉さんが 早く 

fn. 0ffi? ドレ m て 居らつ しゃ マち 

ぎぞ の^いで つお へ t 仃 きし は、 膳部の 用意と 覺 おた. 90 よ よ 

f & は、 旭 f まに fif i めて t しが、 f?fffi. や? 引き寄せ 

て it れば、 f に はまん まひし i の; し氣も 無く 押し込めて to _ S ま 

?f ば §ビ きお、 鶴に S ひし こもへ ST 己が 十四の, ま 句に、 十 軒 店へ 乳母 i1 きて、 自 

ら i みて f し, もれよ 4r ちお ち才 にな f ,な % が .f ども" に て、 い-も 艦^ 

paff$i. の f ^れ-れ?膨、 ,へ拂 は £f しさよ。 ?:; 5 わ 

るなら ば、 きな, やきら むらん。 r 恨ら まる、 わ sf へ、 實に 恨めしき は 浮? 

气 &afmf. MFnkmmom^. を iif ぢ らしき。 . . 

01) -ズ け、 I 10 こ ねだば か n 

r 一 rsi き鬆 は、 PLPff^2. i の i を f せせ、 夕の 籠? f 。? れ、 t§ 一 

ぁ赠の s、 si<f - ^fo mumoff はや 八 時 fi しき 頃、 ,も 知 I —ー 




お yj くら あすこ だれ ゐ 

甲) オイ 乙 倉! 彼處に 誰か 居る せ。 (乙) ドレ 



^る 程 誰か 拜んで 居る m だネ 



ビ、 i の, きて、 szli^ rsj の義の g 

ひビ s- ほ. L?* つむぎ しょせいば お 3- しろち り も t 7 IV.. : 



人の 大島紬 の 書生 羽 



ちゃ やまた かほ 5 し .st,、 C, ま 

マントに 茶の 山高帽子 を 頂き が 

ゝ しろ^!^りめん .GJy まき ろ やまで か あ 5 し A ふ 、,フ 

白 縮緬の 襟卷 をして 黒の 山ー咼 帽子 を 被, 9 たるが、 i つれ もて 手に ぎ- M を jL げた 



, ..f i もど なか むらら 5 ^しく わ かへ 3 み 

る は 鳥居 本 か 中村樓 の、 宴會の 1 歸途ビ 見えた, cvo 

力 ふ むら をば いつ み 

(N^ レ甲 村! も? 側へ 行て 見 言 I まか、 ず もき 人ん らしい せ。 ^§kifi 

ら困 るよ (乙) ビ云ふ 御自射 も、 . ^ん ま, CSMifq おの!^ 5 で... ない "酽 せこ。 

い 2- ち ふこり を ど, だ 5 ま、 き 

云 ふ 中に 二人の 男 は、 ブラく ど^の 前まで 來 たらしか^、 fi^ よ., 皭だ にぎらう ともせす of い ft^,fe 

ゐ ,5_;ん な よこが ほ fc.^ ,E > ^ , , J r . \r 一 4)^^/ 

みす 居る 女の、 霞 を r く 眺め f しが。 nif けん、 yi マ ン ト をき きて、 ! 一三 IT 了 

き 過ぎり ゝ。 

、 . 'きみ ふ たんし t 

5 甲) 君! あの 婦人 知つ ,か。 (乙) い、 や 知らん。 sffm^mlf^. おれ はソ レ 

力 力 S ち サァ: < ント il,r,^- ト , 、、 , J/ ^- . 



力 か S ち サァ: < ント "すが サァ" 、ン 

春 日の 家の 下婢 だせ 。( 乙) 春 日? 下 あ (甲)? (乙) きうして まて f (甲) grg へ tf ねて r 

能く 茶 を 持て? 舞。 (乙) フ 1 ン、 きく はま &ゥた f きいから f んフ。 (甲) きし i の? g 

心き るんだら う。 (乙) 行て 聞いて f がきい や。 (甲 J ば 馬 f く 々しい、 も 其ん 樣なま i ねられ f のか。 

. 力 -* 力 い £ . • レ? 



■■■■■■■■■■■■■■^ z レま リイつ ヒりチ 1 u 

ft てる か. fei する なんて、 ? くきげ て 仕舞? つた。 (乙) 妻 si 奚ふ? 

をれ も ir 理は I: な。 (甲 )i% お 1 ひなんだ。 きも はまお あ 彼の^^ を 知らん のか。 (乙) 彼の 事件 ど は? 

(甲) ぎ-日の ん。 (乙) ぇッ、 かきの 編? を 其ぎ あがわる © か。 (甲) わるの か處の 騒き ヒ やな S 

さ。 (乙) へ ー はき 聞き もの だ 子。 あの にして 化 i あ, -ヒは0 (甲) だから 思案の 外ビ云 ふのお 

t が? £ でぎ &、 T ずお せ あならぬ み 身ので、 0H$kff. 一 週間に 一 度 宛 通つ 



くる をん な • V / 

て來 女、 がわった^ 思 召せ o (乙) クン 



(甲)|^ハ&5でぉ¥の, !^の妻君45に着ぃて、 一端 緣は切 

CN たもの、、 f0ffi. ik ど f i る 彩き き きろから、 1 まに 成て 又燒 木 杭に 火が 

✓ H/ . r y^z A- 1 ^ ち この きんじょ しんもん せん 

っォ いて、 k^&&^io (乙) あの ¥ は 何處に 居 るんだ? (甲) f 此 近所の 新 門前に 

ド いさな i を 1 i; ん f て、 i さん を きけ て、 き&擧ー1^へば、 si にぎし のず 云 ふ 寸法な 



あせつ けの 



んだ、 が。 おから だ i 铲,^ にや かないが、 ^ に 所 IP 若の 樣に 成て 居る のお。 (乙) 眛 付海茗 ど 

??^ ? f . ffffffi (乙) 成る 程、 然 きれ は 不思議?" い 

かに も£ ぎネ。 (甲) i も f ずし 思 i がる i も f 2^な いか。 (乙 )§ て 春 日に 限りて ハ、 决し 

(甲) だから、 M は けに ぎらない よ。 君の 樣な 野暮な 男が、 



プご ん こビ な しん ゐ 、 , 

て 其樣 な 事 は 無 いも 信ヒて 居たん だか • 

1 ど都ゲ T き ゥ た. -ビ LI へば。 §OIfo .1 然し 妻が 氣の零 やよ ないか。 (甲) き 

Kmpfi (乙) ず £ さう I きェ。 (甲) IT ,う Is し §§、 中々 此計喜 や 



去年の 雛 



七 六 



無 いんだよ。 (乙) まだ 他に あるの か。 (甲) siT あこ 處 ふ のが、 I 攝 T き Ms れ入 しのう^ 

ぢゃァ 無 いんだから 子。 (乙) へ ー、 ivt で、 の If だネ。 

» ^-^ あ 5 ち ふた S- を どこ チ んも, 5? & 1^ r 、 

ど 語 4 ふ 中二 人の 男 は、 はや 隨身 門よ A 園ん &ち; でしが。 0pffff. ^ 

ル せん 



い 11,, 向く 途端。 只 見れば 二 .,、 ぁ步 てく 來る r 人の T は. ま S の 裏にて、 み 見 i 

q の だ&^ ,?< ら お さ i な i I Jf 

し 者に 相違 無き r^、 乙 倉 は 驚きて 小聲に 成, ON、 、 



(乙) 叱ッ! 叱ッ! (甲) 何お? 

な む さん. くび ち t- 

—南無 三! 首 を 縦め ぬ 

(三) 



かふ むら 

甲 村 も 見 か へ. ON て 



故鄕 は f 難き かや。 i0,u0$( fff0si あは: s の r によ 呼ば 



れて、 今日は 親里へ 歸, C ける が、 慈 ひ悲に Is みたる S や、 い ir.4rin だち て、 ぉ乂ぎ か., し-きも、 

かく I 堂 1 まて、 |£| らふ 囊 しさ、 fife. St きお て、 ,は fK へ 

i 實" 人質に でも 取られし 如き、 S からぬ ひ 曰 pi ベて ハ、 f000o : る P ら辦 

に、 歸 .cf 無く 思へ?、 f して れぬ r:40 r の? を r ひに、 ffa0^. ま 

S まれる £ るき に、 apf. ftn.. & 0f0^ . 

(小) ァ ラ 姉さん! まだ 可 いぢ や あ 力ません か! 先刻 八 時 っ^ mftx だフ 



ど、 す 執ね 拗 るが i くずる も、 1 が ひ 日 まの" きずし 知れば、 せめ ミ まる i にこ を、 つ 充分 保ず させん もの 

おも こ、 ろ まこ ど , 

ビ、 思 ふ 心の 眞實 なれ。 こよ ひ . かく はや かへ 戶 

skoi. つれば i る だけ、 i の,, の f】 はしければ、 今宵 は 兎も角も 早;^ 歸" らて、 

fffK^. ゆるく i びに i るべき、 f られる 丈 悲しき 袂を、 思 ひ 切て 振- J よ ひ は 

あの 酽へ |%、 つれば、 ? I も i に i きて、 f f んど S る を、 お まのに 入ら I ト、 

ふて ざ 座に f- せ、 ^n^^^rs f ぎつ 時の f やら 用意の 車、 はや 雲に 跪 

ゑ わるに ど、 お 冬 は 小枝 子 を 返, 9 見て、 をん ..ん。 よ い 

(冬)! うぎ て くれたの、 fiffl (小) 何です Til 慮が 入る もん 

です AO (冬 T れ では r 卒 M 翁に も is にも、 ま s?gir よ。 (小)? か 皆さんへ もえ 

》 さ? r み や みんなく る; 5 な 力 い 

しくお ssf iVg ちゃん も に。 (冬 & ちゃん へば 先刻のお 土產は (小) もう 皆 車の 中へ 人 

れ て!^ きました。 (冬) それ は だつな ネ。 をれ では 左樣 なら! (小) 左様なら! 

一 げ下 ,も持 ち § 謹 ひぎ、 ぎ あへ ^f0r(k 後は 月の み獨 4 て、 

の £ に し 観の 辆、 ii の^に 1ES く、 お の廿 M はふ 如くな. -。 

r 立ち 路の Ff 、、 1 あると 十 蟹-、 ,や ¥l:If る、 春 日の 家の 円に 止まぬ。 

が llli の ぎ sfiti、 ffffpo さ 5 良人 も, て s らん、 



去年の 雛 



七 七 



去年の 雛 



を ひ しん W 

甥の 信 一 



セ八 



e,? ^ . いまと ろ まき ビら む s- f ^ C- S 

二 も 待ち 遠う さに、 今頃 はお 卷を 捕へ て、 無理 計り 云 ふて や らん 

だ. S 、ち f>550 め 5^ の き げん まさ 

に, 姑 殿の 機嫌の 程 乙 3- 



1,1、 ?薦 ぎで、 麗£ 



そ は 鬼 も 角 も 第 

^ , ) ; ふ, お f て まひ >2.< 

も 知らす 車夫 は 表よ.? K 聲に、 . 

: . おくさま かへ &ざ 

(車) 奧樣 のお 歸 うで 厶ぃ ます! 

ど、 云へば m よ. ir?^ けて、. r ォ、. ; を.. 肆 はせ! ど、 酽^ する P 嫩 のお まあ の^に、 「ャァ さん 

が歸 りて 來 たど、 さも 嬉しげ に^ f りる は、 まだ 六? の Isf を, CSO 

ふゆみ ね が ほ つく 

お 冬 は 見る よ, 9 笑顔 を 作 ftv て、 

(冬) オヤ 信ち やん、 よく まァ 温順し く て まし^ね H0 お ゼ^ を りて おました よ。 

^ まき かた ばら J 

ヒ 云へば ぉ卷も 傍よ, ON 、 

(卷) ほんどに 温和で ム S ましたよ 。破ぎ おみ 土ぎ を 濃^お;!^ げ纖 ばして |L ださい まし。 

ビ、 打つ 合 管ぎ 11 は、 き に ながら、 ?ぉる|§にみ身を1ぷ振.,^ 、 • 

(信) 叔母さん、 早く さァ丄 冬) ホ 、 、 、まだ^へ も 1/ 入らない; g から ::••: サぃ <r 出して あ 上げます よ。 ^ 



なか ふろ t きづ、 み 

や! 車の 中に 風 ca 敷 包. があっ^ から o (卷) ハ ィ 



V なん &ざ わたくし .S た?' た な-ざ 

I 何で 厶 いまし やう? 妾 も 頂き 度い もので 厶 います ネ (信 )| れが I 退る もんか! (卷) ァラ あんなお ■ 

こど しん よく ズ。 

ら t V 事 ( 冬) ホ、、 、、信ち やん も 慾 張^ ネ 10 



ミ.? 2 さ 

此でム $ ま しゃう。 ォ 、 

だれ や 



たい を S おも &ざ 

大層重^:;ぅ厶ぃます 



gts 酽 にて、— H へ ゾど i ゆるま こ警 さて は r 母 1 も 御め 目 さ 醒め かど、 こ 小 i あへば 點 fs 

んな さま , ^ざ 3 

11 「 シ -ズ 旦那 樣ハ? 」 「まだで ム います」。 

(四) 

i& , ま しう どめ しの もビ き た-、 いま 力 《 

おお はやが て!^ の 間なる、 姑お 篠の 許へ 來て、 「只今 歸. 9 ました」 ど 



, C, ま ばんしん こ ^0 ろ \ 

一 す^ば、 今まで 半身 を炬 踺に埋 



めて、 f I 、に g£ の 4 うず、 f :f て Ff お i は、 f 綠: の 目 霧し に、 此方き" リビ 



y、 



a 條) オヤね 歸- 



カイ 



お^ &鎖, たッ たね ュ。 (冬) ハイ、 もり ビ 早く 歸 らう ヒ思ひ ました け^も、 り 



ひ 織が だめら れ まして。 (篠) 然し まァ 



さぞお. ttL ろ こ 50 

-嘸|© 白い 事だッ たらう 



ひた I、 にあ を f 。 ぎ f &n て 手 f ふ風ろ呂諮みを铲、 ¥ょぉぎの 重箱| 



だ 



:p して、 

I 5 ざ おつか さ あ ま 

(冬) ァノ, i-f&i です け?、 まだ まので ム 5 す 5. ら、 阿母檨 にお 上げ 申して 

i いも ど ま を 

吳 れ^、 妹が 申しまして :…… ■ H ャぃ 

ビぎ つ、. のまへ, す を、 fl?. 蕩の ff て 見れば、 中 は I 子に 鎖の 

さて は ilvs& なさ 一 ids て わるに、 ぉ篠 は 一一 ッ コ V 笑 ひながら、 

§rsmkmfo (冬) な仏&5 すか、 Mv?i へたので ム 5 すから、 i 



卜 



お 口に も 合 ひます まいが o (篠) い、 お 大層 好く 出来て 居る よ、 まァ 明日の i:. みに して ^ きまし やう。 

ふ!^、、 ふ ^ かた ばら お しん ざ ふ ふゆ かた ヒ つ 

ト 再ぴ蓥 をして 傍へ 押し やれば、 信 三 はまた お 冬の 肩に 取. 着きて、 

を ば ^< みや ま せ V* しな こど j ん 

(信) 叔母さん 僕のお 土產は 未だ ァ? (冬) ホ、 、多忙い 事! ド レ をれ ぢゃァ 信 ちゃんに も ij げま しゃう 

か 

ど、 云 ひつ、 次の間へ 出で 行けば、 其 後 を 見送, -て ぉ擬は 5 り ビ窗縦 を If きぎせ- f よ 4^1^ を T ぎ 

つ 3 だ て ば や .v^ ちな こ , 

摘み 出して、 手早く 口へ 投げ込みぬ。 

, ふ, ゆ ちゃ ま 《*5*J つ ま ど しん ざ ふ みやげ も A へ 5 つく .ひ^*.5,,£し It 

お 冬 はまた 茶の間へ 付き纏 ふ 信 三に は、 土產 にどて 持ら 3^fto、 美しき 難 ^21 子 <^、 ^に^^鼷なる 

ゑ t1 ん さつこれ さえこ あた fj んざふ 5 れ ヂ ろ. M ら, -ぶ しこ も 

繪本 二三 册、 是ハ 小枝 子から ヒて與 ふれば、 信 三 はさ も 嬉し 氣に それ を 受け取う、 洋燈の pil: へ 持ち 〔仃き 

力れ ひね これ もて あ さら よ ねん な てい おも 2 つ こ え まき もし..' f - A 

て 彼 を 捻う 是を 弄び、 更に 餘念も 無き 体に、. お 冬 は 思 は 中 莞爾ど 笑みし が、 ぉ卷、 がお 更が を^ ふに ハ仏 

. k , なん さ かた き 

付き、 やがて 鈉 の 方 へ 來 6N ぬ。 

この どき ふゆ 3 き むか 

此 時お 冬 はまた お 卷に向 ひ、 

(冬) もう 九 時 は 過ぎたら ぅネ。 (卷) ハ ィ 只今 打ちまして 厶 います o( 冬) まだお 獻 |3 は 無 S のか ネ 10 

- !' / . - , fe^ だんな さま かへ S- な おつか さまい つ ,0<*« み 

(卷 ).^ うせお 晚ぅム いまし やう (冬) 旦那 様が ぉ歸 宅が 無 S ビ、 阿 母樣が 何時までもお 休寢 になら な 

力 ら 

^ ^ . > ろち G- めん ぽ を w す やうぬ まき どつ *J 、に -^; f ^ 

く檨に 云; SCN 、も、 黑 縮緬の 羽織 を 滑 ベら す樣, ふ脫 げば。 ぉ卷は をれ を ^ て * み &け、 一 ず ぺめを 



ぎて こ 小 i にな-、 「ァあ i !」 &す 子な ぎよ 呼び 搬る にに ねき P め &i を や、 つしながら 「何お 

ェ?」 ビ f f i、 miss の ひ 火 1 に、 Ti れ てみ 見 t を、 あは 暫時つ St しが、 I 

しまし やう かが l-H^ すま S か。 (冬 )1 だね ェを かしな! 用が わるなら-お 云 ひな子。 (卷) でも 又 

マ ,1 6 らん さき ほさ わたくし 

&御^^1释ばすど :…… (冬.; バ^ 1 も 1 う. 1にし 仕 やうが な& から- ^ま はな S 云ッて 御覧な! (卷) 先程 妾 が 

J i や さ A さま まゐ り かへ み ,一 

ネ、 iiM^ の で!?? で^.? ましたから、 ちより くら A 坂樣 へ. お il して 歸. -途に :…… (冬」 

菌 is うした? §き でも やきり % ぎ frs の 力 4^ に i ひき いますが ネ、 妙な 1? 聞 

S たんで がざいます よ。 (冬)? d 礎 :…… S な^を? (卷) ァノ :…… 申しても宜敷ぅム^^ますか知ら。 (冬 一 

« だ ねュ、 肩 も Is やしな から、 早くれ 云 ひな! 

" > \ ? -. ,0^ うす き 5 なが つき ま 

,- ^は i がに ひ i いき〕 れば、 鹳 を, き^け たるま、 妒 を^め て、 樣子を 聞かん ビ 促す 折から。 次の間よ. - 

れハ f- んざふ め.,.: す-なが ばし , 

例の 信 三、 目 を摺り 乍ら 走. 9 よって 

(信) 叔母さん 僕ァ もう 寢 るよ - . 

い お^ろ た あ;^ 

ビ云 ふに 驚きて また 立 上. ON はや 

(冬) をれ! 二人し i て は., きを S へつ 仕ぎ たら、 f に, して わげ ますよ。 (信) 早く 

ト -ら, J をズ さま めし か へ &さ \ D 

よう、 (卷) さう.; 4¥1 ばした つて * 叔, 母樣 はま だお 更衣で ム います もの。 

swir 塲へゴ "リ &i るに、 ぉ卷 は? 寄って また 抱き起し 



. 去年の 雛 I 八 二 

i) 信ち やま、 如i:iばし^^<^で:uますネ!ぎ,liがぉ鳅,,gばしたら、 fft^^ 

したんで すか。 

ど、 云へ ^も 答 へ す^ n も i き 1。 お" i は お^ど 鼸^^ せて 、 

(卷 ¥ うで 厶 います、 此 通,?. (冬) ほんどに ぎ ^ のぎい ものだね ェ。 

(五) 

霊の 正体 i. &に、 おきが に t;s、 M^ffi$0Kffff . 

L© ひど よ や 5 す かば ゆ も ゥ. 

て. • LP こたつ どつ 

れば, ぉ篠は 炬躂に 取ら 付き たるま、、 . , 、 

(篠) お 冬 は 何 をして sgf. どの,。 ぉま卷き. & へて (卷) - ィ お S を 1 ^ff 

き もの き か くら ゐ いつ. -、 る 

(篠) 衣服 を着更 へる 位に、 何時まで ,つて 居 るんだら う .:::. 5 れが, ん だら^^へ^ て、 鹛 を^いて 

K ひ 度い ど 云り ておくれ! (卷) ハ ィ. ……: それにぁのit.^ゃまが、 ^がれ mli ばし ますので、 :r^b 

4? な あ を わ し よ 

鼸し 遊ばしますまい。 妾で 宜 ろしければ :••:: - 

ト さもぎ f ぅュ fK へば、 おき はやき ii? しが。 ^^ttff. 2 に t g 

ば、 眠らぬど云ふ信三の事ゅ^^、 聲ヒ其"氣に1ら;3て^4=1てられても;^^^^酽しど、艇:^ながらぉ|!に^ 



(察) そんなら^ のき I: くまで、 お前 代. 9 に 叩 $ て お 吳れ! 

ビ、 f&kft f Si の Irf らバ ト、 覺束 なく I み 



VJL よ ほねぶ ば X 

、 年 は 寄れ^も 骨太き , 



お 〔I がー f を^らん ヒ すれば、 おき は 急ぎ 見返らて、 



(篠) お ま、 手 は 淸潔か ィ? 、 _ わざ ! I 

ビ、 f もき 衣 g あされ まき、 f ふ うの f さに、 お i は 心ず t けれど f 裏に 畏 みさて、 

「さあ f ふ 風ろ f ましたが」.. r ば、? れなあ し 敷 S れず. J.^ 、安心して 猱ま せる IO 切う 下げ 



にせし 胡 摩 si の、 はや ゆら/. \ ど 動き * めぬ。 き _ え 

ftmt は あ, S へ を? て、 ぬ脫 ぎぎた る こ 小, も いん; f ほ まひ! かせ は. .。 ふ 

一 T1? 气 If して、 か irf ぎる に、 f:f も i にして、 信 三 SS1\ 行く 時、 は 不ゃ圖 

fff. Si に i る ir ぎ io ?は iVi の ig ザ 「ぎ 揉んで!」 が「1 むか、 早く 

、ドレ 1 いで こ%| ね寢か して、 i にか, て や-ましよ ど、 やがて 信 三 を 捕へ て: f 

f0kff7< s のな 中 かへ 議に歡 へ;^ めば、 f でさし おむ 眠が- 2 信 三、 如何なる 

ひや,^ し にば か わ. れ f" へ 、 

拍子 か 俄に 吾に 復. 9 て 



(信) を叔ば 母さん、 i か. vlr (冬 T んな爵 はすに、 楚は ,れ休 寢な 5!卒 常よ 4 

ii いんです よ。 (信) だってお IT しなく ッ ちゃ ァ, られ ない もの。 (冬) ァラれ かしな! 先刻 はわん な 



いつ. f 



, 去年の 雛 n 八 5- 

に 眠が つて 居ながら、 今に 成たら 又 其 様な is :::: (信))クーン腊はもク^^1ァき|ぃ :…… (冬) 隨っ たと ネ 

こんや -か をん いちわる こど なし .5 

I 今夜に 限って :…… 其檬な 意地の 惡ぃ 事。 (信) だッ てね is 、がきく ちゃ ァ :…… よう %| さん! 

ど 信 三、 S ゥ かな 聞か^れば、 お^は SkI; なくぎ" i いたる ま、 にて、 おきお き I な:^ ば、 力 i,c4 かせ n す 

る もの ゝ、 心に か、 る はね ii の ili、 i ^にたきる めの ^縦、 ま bsi^nt て、 i 铲に赠 も? あからす、 

柳す 話も自 から、 身に 染みて 聞えぬ を。 をれ ど 悟らぬ 頑是無 さ、 iglTittJS§^f;?,.c^ 「をれ から, 

母さん 如何した の」 マ 途切れし 話の i 俗 されても、 ,ら IT の艇を SI れて、 や t きせば P は Si3 

し、 量れば 尙も眼 は 冴へ て、 II はか 可ず gf 、 ゲ議 うはて 手に f て、 

^ , る P fen こ^ば W- 、 I . 

五月 蠅く思 ふ も 道理な, OVO 

折から 奥よ. CV 彼のお 卷は、 急がし ぐ *け% た .0、 , 

、 おくさま さ 5 ぞ い あ, y 

(卷) 奧樣 何卒ね 出で 遊ばして! . - 

ど、 云へば さて rJ を 御 催促と、 はや 1 を i ろかせ つ、 お $ ^は f ばが を 船し、 . 

(冬) 何 だィ? (卷) ァノ 只今まで ね fe^ を-揉んで^ ft, ましたが:…: わ l<^tt ま!^ に!^ しません ので:::: (冬) 

今 妾が 行く からい、 よ。 

、い! : しん ざ ふ たも ど つか 

ど 出で A ヒ すれば 信 三 は袂を 攫ん で 

(信) 行ち や 嫌ァ! _ 



はや f t 、 お f i て? お Jf "? みよ:、 (f ilk まァ 31 

i でぎ す あきま ま f で;! 5 はら、 4, し uf. 遊ばせ。; r, に 

いお IT をして わげ まし やう 子 •!: ァレ S 通 も 。 0iJJ>Jf m^.Ji 

ばし ますよ。 は &f S4、l ふ, 5 は-に 信) 雙 J: 

f ゃァ t た、 トひ日 PMn はぬ き$ も、 が i る s§ 知 s、 fmJJ.,^ f 

s^f, はやおき? /きで ゝ、 お g は き へぎ .Co が。 0mt 



S コ レ信! 何 を 云 ひます 一 



だ^ま. ャ 、つ r し.,、 L"、 '..kk^^.s^. さすがの 信 も 腰 を 折られ、 溢々 ながら 袂を 



、STi み f れば、 ま、 きわき 祖母 の ー言| ざ S か 

i せば。 tf$f( (卷) さ、 もうまで が 1 すよ: ,lf0^.d. t 

/卷 Vfi にお ii ばせ、 ト? おしく i する に、 SI だへ 膨脹な が 4 に 其 儘 元? f 床に 入 

れば。 ni\ 00^mrff\ ffi 屠所の 羊 St ん。 

お 湯は Sn の 己が sarf て、 ぁにま あませな、 がら-、 はお; 底に 針 わる 重 f i i . お - 

ま、 もの を、. お f f ^ll^?il-IJ<ll^-u^ 

I 、 a 八 五 

去年の 雛 



ねる もんだ から ( S に 4? ん なに 成て しまのお。 あれが, g まへの &で、 0ti 

寢られ si しふんなら 知らん き、 もう P ッ iTf やない か、 で f れな& も ある ま。 

をれ まんな に 仕て しまったの は、 f 1.:. i、FIV き, からだよ。 

ビ あた お、 J < リ 

f .§ 飛んだ 八ッ f ど、 思へ きおき デッ& へて、 (き,!: あ I せんから ト、. E に i る 

い.;? らし さ! - 

新 門前 も 繩;? t て、 はやき 鍵 g& ろに、 pf^ii ffi. あ 

r の び 4 が。 itiu. (Li s しき f I れて、 

立 寄る 人の 額 を撫づ べし。 

r ズ ft£、 タ t さ f の<^. す させ、 frt i^o SI の 一き ント に、^ 

Jil, ¥S は廿八 九、 f Fi なる が、 ft 

の 目 鏡 を 掛けて、 鼻下に ハ 薄き is さべ s^.^ ぬ。 

車夫 2 や; t て f!r の fa へお, みすて- ト ンく ク, 1: き、 maor. mi^ 

よ 6 小き 紙 包 を 取り出し-.、 

, .1 , これ つお . 

(紳) 此を 取て 置け! 



ど^^ぉにiせば、 ^ぉは額の汗を拭きながら、 . これ 

享 i-i か ::.; i も ilr して。 f れ 是!! t 車) へ 、 

、 (紳) i てる f r きる がて。 (車ヒ 1 び! 難 1 ム います。 

gs ばへ if f て、 が きしぎ し は、 ui, 。 

3 オヤ f つし や S まし。 (s&f i ひ ^ ( 婆) へ HJJ ね 光さん も? 

. (!^ i ぉ瑪那 if if f^ui た u?) 

^htn II きで ぎして 子、 £も 貴郎、 妾 の i 

f れ ましたん でお いますよ。 S " 、 、もれ は氣 の i ッ た?。 . 

ぎつ ゝ¥ は, i れば。 i は 8 おに 向 5、 

フ?. > r* ccv c- ゥ? 



(婆); i:^ せん i& ぎ Ini さま、 i か へ la 〃ピ f 服ね 遣ん なさ い 



it ま f かな rfr$si』f して ふ 鶴£& き 謹、 種 r る耄 を、 

おど き "5^ 、 

なる,、。 .pl-f ii^f f r^. fYl- ける 中 ig の g よ 

! ■■ 霞 _ー_ー| 瞧 霞 一一 一一 I 靈 - i i i . A 七 

去年の 雛 



-讓 kr^ 



去年の 雛 



八 八 



あさゆ ふ 50 こ ちヂ おろ mr^n^n- 

も、 床 ド揚 卸し、 f rs きのき き、 iirf> I の i むな 

" 吾一 人に 引 1 けて- ^^n^^f%00ppi いつん g し &ひ 

.?しが。 iiyf£ き、 ffi! まきき 

もく にて、 もれよ ftv 春 日は國 許よ 气 例の 對 まお 『|& かく 

みつ なつか あ た. - ジ? f iff を a へて 一家 を ふる 事 どな, し 後 も、 觅 角お 

JiJ 彼 SI となし 度し、 i^ff f 

22 金よ A 血まで、 吸 取メる ft う、 f に fv きれめが、 rp^n% に 

が 楠 2 も ほばぬ 量。 nff &ia i で r 釣る お r 鏘。 p 

u 方 は 次 はても、 はチ ャ ホヤ ど、 milsiit 

な、 お ほ J にぽ、 ffff at あ 或 

る 時 は悴に 向"、 I 程 其方の 眼 、あれ., ら i にし? どて、 S 微羅 かし, ¥ ぎ いが、 



I 



ト^ ビ、 irri に 二め あ 坂 を ふ 踏みて f は ならぬ もの ヒ やな ト、 今更 愚痴 を 飜すも を かし。 一 

>isfhf き&の 1 ど f なに、 iif 1 ゐ井 ik 衛 が、 或る時 態 4S て、 四 

が 1 のまお、 わ g& める 養 sv,s に i 人の m あるが。 爵 はぎ は 好し す: 其 や 上物 f ろ 5 のな 

ずれ,、、; <i ^はまん に するどの 1" giia ふ は!? S かト、 #ぃ事づ くめの 緣談 に、 春 日 も 稍々 心勸 

けば、 &affft 養? ii の 露の 1 が、 if f き氣に f しま、 方 も 探せ かし 

嗎 0ff ft I? あ 合 はさ 版 あ まきに、 1# グッっ f 込みて、 直樣 先方へ f 行 

き。 ,¥ の i なて、 im でも、 i&IJO ^Ji^^^ 

、き f んの f f w i^il^^l 環 & ずて、 tis 

If i ぎく if if も、 fpMir. が 世 ii も ii け I らんが、 邪魔 

あ fil でも?、 こ 4 お f らぬ 口ち。 ,ら霸 なき 衛. の 事 I、 よも ゃ褂直 はわる まい 

ヒ、 i^nt. i に S のきつ のず、 11?. i へ f しはい ム" の 妻君、 越跻 

むすめ ふ, ゆ . D 

の 女のお 久ナ な, 9 け . i 

され Iff 霸 ひけん、 ずて i£ みき J ら す、. 霞お も 切らで、 体-く! けん どな ゆしし けけ 

! ^fiff. いおく g あてけ g も f お立て、 は 1 の f 11、 ,殊勝 U 

t": けつ こ,.^ »r すき み わろ おも 、 ゝ i.::; 

こ湯も1亥は卞0たロぁ^^くに1るふ書|^をょ寄せて、 ま.、 & めに t の 結姻 を、 置 味惡 く 思 はする まで 一 P 



r:;i 



去 年の 雛 n 九 〇 

あして あ、 さに, へて, 小, ?の i に まょひ て、 ffpt^o 

のみ、 せめて は 君のお 姿 を、 餘 所ながら^ ii ら せ!^ く、 ^ぬす ⑩く さまよへば、 まふ に: 彼の ひ.^ ど、 m 

しき 君 P 睦まじく、 語ら ひた まふ 姿 を 見て は ひの I 曰 さるの みな ど、 I: に f せて f ヒ, 2 る こ。 に. 

み れん やど 乙 つ a *j 、ろ こま くる 、 . ,• -7, 

未練 は 男の 常、 心の 駒 は ムラ、 ど 狂 ひ 出で、 なさす もが^の へき ii をば、!^ ちに I 退-, て^ づ, ままな 

し If 5 ん ため、 私 かに iff v41 びぎ 2 街、 g&pi のへて、 ,Q が f の气 分い 

、こ、 かこお こど , ノン I 二 J. 一 

に „s 處ュ圍 ひ 置く 事 ど はならぬ。 , . 

さ ながら 一 初めの 程 は、 珍ら しきま、 にね $r も M あが, -て、 1^にぁ0^1、ぐはず〕は^60が0 15 る、 に 

つれてお 冬が 心の、 飽くまで も 温和 過ぎて、 ぎ rrf まきに ¥ へて は、 1 いどきて 手の i きて、 P 

みつ かた はる^, まさ おも しろ ク& >-*^ t C J - I 

に 味 ある, - 光の 方 遙に 優. -て 面白ければ、. 遂に はおお を li^ になし、 き鲈さ へ あれ バ^ 露 へ^て、 崎 

に C 1 夜 を 明して 歸, ON ぬ。 

- (八) 

「オヤ 入らり しやい まし」 ど、 奧 よら 立ち 出で しハ おかな ftso 

年 は I 廿ま f f べし。 pamff^t^. i て iisi しま、 に、 け も. P て鲈 

せし はや、 さらで も 編 T f i きん, なる が。, の み ホン ノ., r SI? 「 

ト際 美し。 ,や、 m けれ f 、 親 g&if る ゆ 8 ぎて、 ず 1、 らん F ま。 み 身に は 



ぬ s- Ij れ き や < 'ふう 



g の r き、 謹の きの まが、 靜 1 の S を? ム g ず if 縮緬の f 、 t 京風に は 

-T ル. I /V / - ^ i J ヽ J • つ く ち ; .-J せ え rit/l 

の ir ぎる が。 さして 5 きふに はわら §、 1 ま i らしき 其 口 f 、 脊のス f£ て 衣紋 

9 よき この ァ *„ -んな しんし^ 5 ^ 

付きの 好が、 此 女の 身上 ビ 知られぬ。 - ! . . ま なま.; 

お 1 は f ? ま、 霞し、 ?」 i 力 曰の ずよ あ 子 i け 取れば、 實は尙 外 奪 着た る 

ま、、 ,i の i へ ii る を、 ぎ f i&v ぎ、 

な NJ &ん ぐ わ. S たらめ • 

(光) 貴郞 何です ネ、 外套 召した な. 9 で 

上げます はネ 



さ ひ さむ たんせん 

りて れ! がれる ど 寒い。 (光) お 寒ければ 丹前 を 

もの 

&ぃ 



fksff El は あのき 衣チピ i しき、 If の 111- 出し、 5? 

^^に 歡 だるま \ ぎ 日の 外套 を 後よ, 9 脫 がせ、 

(光) つ ir におぎ 纖も おぎ. - なさ S な! (春) まるでず たな。 (光) 其 代,. 物 を 上げます は 子。 

ど、 ini を F たる i へ、 f たる 鍵き 、つ. 4 せかけ、 ,ら顏 を f 込み£ ら、 



(光) 何う です、 r しれで も 寒う 厶ぃ ます か 



ど、 一一 ッ コム 夭ら つてず ず ぎれば、 r 日? のきみ 勢に グナ 樂を 組んで、 



(春) もう 宜敷 



コ レ 1 里い、 放さん かィ! (光) ホ 



恐 $事_ 



に^ は¥ま¥ 入 .91-、 し i がに T 劇な しり 



I 去年の 雛 九 二 

一 (婆) 入らつ しやい まし。 今晚は 大層 御機嫌で, 4 います 子。 あの ^;!^をーぉ いたんが、 おた へ るので:^」 い 

一 ちょつ ど 5 か 5- みく * I 

ます か I 寸 伺って 見て 吳れッ て… …: 

ど, 料理 を 入れた る 《 折 を 出せば、 お 1 は i がの ln"A.J, たす、 . 

な 八 こ ん どこ もつ こ A ら 

(光) 何 だネ! 此樣 な處へ 持て 來 なく ッても 可い よ。 お: i へも条 てい 入らつ しゃ るんだ ネ。 ネ! Ml! 

ど、 辦に ちから を V れて fK へば、 1" 日 は する n に、 

(春) ィャ もんな 物 自家へ 持って行 くに は 及ばん 此處で 開けて 喰つ ちまへ! (光)!^ ぎな さらす に、 

矢 張.?;^ 家へ 持てい らっしゃい ましよ ネ貴郞 :…… お 家に お上げな さる, おがわる でし やう。 (春 )!! ぎ 

云へ! (光) ァラを かし く^をぎ はして!! ^^i^i の i を ま i すんで:^ いますよ。 ^!でもね5|の|:カ母^ 

^.^^ k せんな, よろこ あそ L 

に 上け て御覽 なさい、 何檨 にお 嬉び 遊ばす か 知れません よ 

► ^ ば、 はやの みこ - 

ビ 云へば 婆 も早吞 込み、 

(婆)ほんどにぉ年下の阿母さ酝にぉ:1^げ^ばしましたら ……: (光) 滅だネ よ 餘粼な ^;。 (婆) ホ、 、;! は ぷ不斷 

法。 (光) 何でもい ゝ から をれ は 車夫さん の 方へ 返して、 !0f く lli をち やん どして お れ! (婆) ヘイ. へ 

mis ft ぎひ 火 i の f に Efe へ、 f がれ v4r 日に ぎれば、 か# 日? 

れを 取って 一 ト 息に 呑み 干し、 「もう 一 杯」 ど II す を、 お lb, たした ま、 につ 酌きながら、 



i) お i お Igs けた ど^え ます ネ。 (春) クン "wr 裕 事の 仲 か 酽だッ たもんだ から、 ツイ 後まで 殘 され 

\,. プ / フ WH- ノ ス,' ^かやつ のこ これ まんて い ゆ - > 

て。 (光) をれ にしち ゃァぉ Sfs ぢ やわ. - ません か。 (春) まだ 他の 奴は殘 ゥ て、 是 から 万亭へ 行く ビカ 

f ,に i いでぎ たが、 きき ど& けて ぎの さ。 (光) なで 甘く れっしゃ!。 2) ナ 

おや i ぶ ど。 (光) え なぎお る if ら r けれども。 (春) 言して ず $?. (光) 妾 I 



まっぴら 



しぬ &て^ il^ なん.^ :…… (春) 又 わの 事 か、 もう 眞 平お 



この ビ きば *- ,>ぃ • お, -、 

此時婆 は 二階よ. 9 下, 9 て . 

よろし &ざ? • 

(婆) もう 宜數ぅ V- いますよ。 - 

f つんの f あの、 ill. P つ〃 の i ず、 f£^H 

,の sgi るべ し 。ま况 してきぎ るき. は、 良 入 は 大方 優しき ものに" の 

i になり ミ S と、 ip& さむれば、 r てきしき f わ s、 T きれ 添ふ 良人に 好かれで、 何樂 

しみに が を 送らん ビ、 去る 細君の 語られき。 , , やけん め むじ? I 

f は、 s なる £ あの!^ たに、 p^ta 邪見なる? いか 無 る 2 

f ?そ 揃ろ へて 嫩 f み 身に、 SI4r たる ふ不甲 \ 子 ひ の警 農け て、 而も 容ま人 

r 勝 ぐれた るに、 f!mff¥ fkmkfzi. 此た 方に 微 ぎ度 の わるべき。 

九 一二 



に I 

は 1 



去年の 雛 



j " : 勿 九 四 

只お 冬 は 大家に 育ちて、 萬 事に 湿なる が f、 00im^fft sr の if るが、 



良人の 機嫌 を 取, o 損 ひしの み o 



され f 身 は 女に 生れて、 1 端ん かに, しぎ、 f^r^i^^T^ 

ss^t な きも めい いまさら こゝひ , 4 i ^ 

れて 幼き よ. 肝に 銘 t たれば、 今更い かに 辛し. J て、 此處を Is でん とお 田 I ひも よらす どても かくても 

ii らめ、 只此上 はき ビ もして、 のぎい 入る やう、 を. r 人のお の f やうき、 m0sfi 

の、、 鬼 角 此方で 思 ふ su、 彼方に て は ir は t « つて ひ 日ゲに g まる 、のみ。 舻" のま 1 を:^ 气 取る こ、 

來 ぬ事 は 無き f る を、 f I 口が がの ipf " g へば i あらまん ヒ、 mfkfo 



-Ay 



今宵 もお 篠に 呼び付けられて、 ?ff. お g の: は i える ひき I く、 f も 揉めば n い あか 

輕く 打てば 利かぬ ヒ 咬き、 3 れ程 心に 適 はぬなら、 ;^騰;!から腐まねばょぃに。 ^^!に1ぎのまふして、から4 

の 幾度 か 倒れん f る f 、 fk^0tt fk&t fif0i 

る も、 休めば 又も 怒らる ゝに、 i,f ? さの g れ?、 i に 1 はる lr、1g く せつな さ 



せめて 良人の 歸 I ば、 此用 は曹る 5 に、,!: つ そ ぁひム nit せで、 ぬ i のみ まあき、 はや 十 

ニ時も打^^c^どす。 

. ^1 ど *、 ぉビ i ま JH. I. t - r , _ 

ピ云ふ 



この ビき 

此畤 やう 



. 表の 方に、 車の 止まる 一 1£ の^へ しが、 ^もき くお i はがし. cs^ て、 rM^i 

に、 ャ レ g しゃ 1 上 力、 お g に T?i" て、, た 立ち i ん ずる i ふよ.,、 い 入 ,c% る は ど 人,、 ね『き に 



f i &k^ffi m^fff 大 SI ッ して 



ビ しょ 3- 



rfifff^^. f きに: r./ 入れて), らお If したせ ェ、 目が 妙 

よ ひ るすばん 

. にがえ てし まって。 (春) 宵から お 留守番 ビは ? 

ビ、 1 がが 酽ひ, 锨 すに、 お f は堪, - 量ね、 

(冬) ァ へ r の r 宅が、 f まして. ,::• P ぎみませんで ム? した。 つ (春) さう か ::••- 

る留 t 寸 i に ……: &っ£,ぼる が r? まか。 (き 、ノ ィ ……: (春) 此 t 氣 をい 付け;; が 可 いら! 

ト、 &ぎ M ぎず はテ I、 さ ..g^if c、 ぎ へし ws 卷は、 恨めし さう 

をの かほ みつ > 

こ 其顏を 見詰めぬ 

pffp-p. 衣 ま をき 着力替 へて r 間に" るまで、 遂に 一 f ? 開か _ , さ 

ぞ i らに すしに、 ねき If 扉 あき、 ,の ifc き、、 i の Is^ll 開け 

^o&fe^f tf . iKS うの わる f 、 r りまん で識 so お 1 兼て ひく わらん 

つす く かんづ 



ど、 0Mffs. fiB.t iif I?. ,ば、 はや, れ ひたる、 

ぎ 日 は 彼方 を 向き たるま、 にて、 





去年の 雛 

を M- を 《- む ,, 

折も折 どて 胸に ギッ ク. リ 

(冬) ね 衣服 を疊ん で 居らました C 

» い, こも ふる 

ど 云 ふさへ 聲は 震; 3 た ft> 



(十) 



け ふ 



にち ねう び 



今日 n 日曜日で もぁ气 かねて は 昨夕の 1 ず も あれば、 IT 日ハ sfe き^ゃう く^き Is で やがて、 m 酽 

I まして、 新聞 を 一 ト11$1、 ット 15. し Lf ふ に、 ぎる isr 恥へ おきて 、 i ふ經れ f 

出 II。 お S 用 t て のみ、 ffsmk^&f. 1靈 のおへ ir つれば、 ; ^ 



I。 ぶな こも ねこ みづの &ど 

ヒ チヤく ヒ 話す 聲、 猫の 水吞む 如くな, 



お 冬は疾 くよ.? V れ i して、 fm£nfo お i は; ^Mff まゝ に、 二 S1 に rife 

ふて 持ち 行きた る 時、 SL?fT 5.0 二三 霊., て、 givl に Ffe ぎれば、!: 



更 さして 驚く rtS 足らね さ、 例のお 冬が 取ら 沙 ^ な, 90 ^, して あ 



& いんま i だん —さへ あれば 奧檨の 讒訴ば つから-、 

御隱居樣1邦檨 も、 PIT 日ち の 議め の i にして ろが りての あら I 白 か、 ?§i えぬ お f 、 ぎが 

しゃ 540 きもの まき きし., W わろ たさ ■ --- 1 - > 才 -K 

正直者のお 卷は、 - 氣色惡 さに 立ち去らん ヒ せし 酽が& ^に 13^-0 は、 ぉ龢の^^ょ.. rig」 の 一 

ト言 or しゃう」 I ふの か 「せまい」 ど fw ふの か、 が Ki は il.cov f$fb€^ 

み、 ひきた また かすが くち みつ、 \ - TTIN ノ 

も 耳 を 引 立 つれば。 又 春 日の 口よ .Co て、 「お 光 は」 ヒ ,が ふき. れ ぬ。 お!^ —— ほんに 



た、 をれ が If のかで はない か。 ……: まに よ 依った,. ¥ きをり 離まして、 其 後へ ね 光. どか 云 ふ 奴 を 直さう さ- 

ふ^ 械戲 か、 …:… コリャ ひ よんな に i た^ ュ、 ヒ 思へば 胸つ、 や ワクく。 . 

をれ にゥ けても Si の、 ffkmtt わの ぎぎ smf 、 ati 

i > AJ こ, ろ す, り や 5 た にん わたし なみに 

ずに、 |! も!; ヒ V4i^^ の 鶴で、 き « の を ぉ赚 せぎ C す、 其のお 心 を 推量して は、 他人の 妾 さへ 淚 

(f< &の酽 ひ^ ずき が、 ^^ぎた^ どは^つ たれき、 &ょ K^lf お 家に は、 御 辛抱の 甲斐 無ければ、 * 

力 ^{.*«- »| ^ノーノ フ ふこ か, N* つらあて 

fffpf. ?ずて V 仕 ばせ。 isf わ I らば、 ,v れき. ぉ兩 方への I 

J J ^ ^1 さま なに い 

に、 & うにず」 ん ^ で や. す もの を、 ir 女 もわん まら^ 氣が Si 2^ ヒ、 申し上げたら 奧樣 が、 乙れ 何 を 云 

ふ if い、 g にもし pi. r らは、 i の, お i な もの。 0,Aafff0K もれに 此方 

から gir は、 尸ビ のず j にわる まじき f、 tMii も i が .0 る "し、 .^ てお, 叱 力 I- を i ス けたれ.^、 :…… をれ、 も 相 

ずの ^ に f 。 Ri あ f か 4、 sspl の i にも、 S つかな, ぬ rio 心の 卑し 

S^I. 0.3. わの 霊な 墨 ?n、 ■ の爾 へ. if s、 ffa. 

SMAfe ふ f ま 喜、. i ダ の 霞で、 fff^^^^o きらの 1 ッ iAS は、 今 

一 fff. mff< §. Itff 一 人が、 霞の 分の 若勞 

まで、 おひ Hif, ばす が i はし さに、 デッ ど^ 曰 3 はして またもの、。 わの^ 樣 さへ 無いならば、 誰が 此樣 一 



敵! 成な 
は 'る 
ftl 、 



i に 居 や 参。 思へ バ此 rii な&、 それに も 穴掰く i のお f ii せ、 .& し ァ 、腐ら 

ぬ. 沸き返る 雇き か?、 お isolrig 腐れす、 0^^7ff. あ に s< の 

(千) ぉ卷 どん :::: 何處" 居? -ん だ? (卷) Irts 辦へ i つてたん だよ。 (千) オヤ :::: は鲈 うした ィ? 

(卷) 何う もしゃし な いよ。 (千) 何う もしない ッて :…… 肥い V- たな!。 (卷) i も 、きき やしないよ (千) 

パ^ きま むしば おこ お I まじな N 

噓 つけ ::•:• またお 極 ft^ の 虫齒が 起つ たんだら う、 吾が をして やらう か。 (卷 ).^ う だよ。 (千 )!! 

くッン くす る? £ ね ェか。 (卷〕 163^1- から i おがぎ S ゃネ。 (千) ひんが :…… お 鎖 きんが 

なつ ひどり さぞ. S そ お i C つたき , 

なく 成て 一 人で 嘸忙 がしから ぅビ 思って、 手傳; S に來て やれば :…… (卷) お きに お f ぎだ ァ ね。 (千) 

コ レサ さう 逃げる にも 及ぶ めェ。 (卷) え、 もう 五月 蠅 てば ァ 

(十一) ,. 

は ふ てんき にち わ 5 も ふ もの $ め 

今日の 天氣、 日曜に ハ 儲け物な う。 梅に はま だ a. しと 聞け さ、 に &くは ii なし、 せめて は i の i 

ぃ鶯 にき f ふて、 のき を i な はん ビ、 f fel-fc^. 三だ酪 のわきず。 いた も 1, 

おし. や r ふ:; , ざんだ いがく せいど L 

樣の 帽子 洋服 は、 東 山 大學の 生徒 ど 知られぬ 

( 一 ) 今日の 檨な 天氣に 成て 見る ど、 |<^.5 就 ttl^ だね ュ。 三) さう,, も、 化ビ なく It か 殿酽に 

造化の 配劑は 不思議な もの さ。 ( 一 )i. にお r4 は I: ^へ!: くんだ? 三) こ此、 處 までおた: 4 は、 わ 吾が 



fifli^^o ( 1 ^Mf&no 三 )3 期に つ 1 みん みで 其檨 な 

霸を f F 气 i き f f i は、 鼷まは r 開に る、 半開 ま は s 零 見る の をが 

fffi されば すて、 ,らば +i$2f 賞玩す る so ( 一 ) 其の 

おな なら バ十 五六で 田 I ひ 出した か。 、 ま だま つ ある る 1,^ 

ト、 iiwK ふ i は、 五六 S にた 立って、 ii テキき あはしながら、 I て 步行ぃて居る男 に 向 

ひ , 、 - 

ふ^ ゐ l&li きみ-た ほ ; '5 / 

( 一 ) オイ 藤 井! 何. を 君は默 つ, てるん た。 

r >5 ぢ& t タま こたた む K 

ど、 tK へば &井は 立ち 止うて、 此方 を 向き —ォき 、 はん 

(藤),,。 ( 1 )f f め 目に で 出られる. fe るが、 ききの 1 件 何う した? (藤) S 一件.? (一) 

ソレ ……: き4ぎ1产%&もし^^どずて、 醇& しがった 奚ふ 一件 さ。 

ヒ tKR てま はな 何 r 、 f ft ら めしが、 ナ化 氣 無き 体に て、 I つ、 

§f も i やせん さ。 (一) ぎます 5」 き" "Iff て f I。 ナァ 二見! (二) さう さもう ほ 

ん でもぎ ぎん ど ( 1 ) キ-く いやい? — ぎ ぅ何だ越路 に似て I らう。 



ふち ゐ この どきば t J 」 お I / \ 

藤 井 は此時 * めて 笑 ひ 出し ど 1^. £ めん が 

S) マ、、、 11-. ftfi 0ftl ( 一 ) な? 



去年の 雛 



丸 九 



w に ゆ rs 




步 行の は 御免 蒙る ど 云 ッ たんだ 



ヒ、 態どッンビしてまた先へ1^:き^過れば、1.なる11.5<は3..4、に、 



m , , . ^ろお どこ こし だ C- ふ 

二) ョ情 男! 三) 越路 太.!^! 



ど、 惡氣は 微塵 も 無けれ^ も }i 白が つ v4s ぎふ は、. I しき f の II ヒ がられぬ。 

折から 下 立賣り 門の 所から、 一 ^に!^ せがる 一 i 一の: < が 轳ゎ, C.O 

,1 の 羽 y !、 髮は lti& にぎて、 i の i の P ち を r 、ぼの S のか r に、 舗ず 

形の 櫛、 總ヒて 上品 ひ ra? 。が、 li は ir 形 V 色ろ m く、 フック ジビ舊 かに。 , のず、 お 

i ?の 好き 重 側 眼、 高から ね f i で f i、 0pif 

ら g 々しく、 素直 に^おて 而 かも, 力 I らしき、 ;< た^ のぎ: <ん な. ,0 

1 瀨はき 見る ま, f0tt i やら Tmf しが、 f ま、 に H ヘン ビ 1 i 

ち"ょは1 にく、 藤 井 は!! どや fp?f ri る、 i,,t す、 き 極ず わきに 

irfft よ すれば、 彼方の 女 I きせし が、 rts あて r!r 氣 のな 名 f ど f ぬ。 3 は 

忽ち走<^寄.c^■ 



( 一 )s: だ p! ,す slf う。 三)? し v4M.£ii ん 5£ ら、 中々 牛肉 S 肉 

- In ( 1 IP 一 fs¥. や Rpi 誓 (二 Tsi どに 濟まん ねェ。 

i、p5 から &r る、 に、 i 妒 のまて はまる &く、 !霞 ききる に、 何? 脇に は 汗の 溜-ぬ。 

,(十二) 一 

さ 小き こ 子 は ゲふ日 しもきく ir、 i のさ 温ら 習 f i まん?、 此 f ば, か、 -し?0 . . I 

1 fi. f みに & しおれせ も、 き S の r 直 は あるに、 號砲 打 ひ てュ間 も f き 今頃、 

! sff. 0^tf§o さあ チか i はさに わ l、lp ば 訪づれ て、 

さ 小 r 子 は i の E なる に f 、 iff ぬき 氣 きて、 fsf00( 兼いて ー 吾 J 姉 やの 

に f めら れ、 ,に i はる ゝ s、 f もみ そし f もしつ、 きに f 1 ければ、 何 ま? ふ 親 

4 口げ て、 fmf0k まねの s を S はんもの ヒ、 f 事 は數々 なれき も。 さる 事の 御兩 に:^: 

れ ては、 §&t0ft ff0§f. お LI 陀招 iisp 何卒 吿 

a i がた 達っての if れば、 よん %1 く f て はゐ居 so g 々危急の 塲<?2 らば、 何げ でう; 5^ 

r き 雷ぎ おるべき 、,に f い 出で、、 1 の 1 に 1 fpft 0ait 實に此 

一 0ziff. るれ お &§、 ?賴 もしき昧方な.. けれ。 - 

一 - 1 。一 

去年の 雛 



去年の M 讓 10 二 

小枝 子 はやが て 河原 町なる、 春日の門前にてi^s.p.^、 ま、, ガラ くど!; くれば、 辦,? きに あき ぴ 

たる、 彼の 信 三 は 早く も 見付けて、 , 

(信) ゃァぉ 小枝 ちゃんが :::: 

ビ、 iff^f V 枝ぎ g に i きつけば、 0km ti\ s の pi 

く 撫で、、 

(小) 信ち やん、 今日はね 自家に i んで るの •?( 信)^ 顺鼓ン ^ろへ I:- のうどお 田 I ゥ てたん だ。 (小)^ I さん 

はね 自家? (信) ァ、 ::•:. (小) 叔父 さま は? (信) ねる 留. J 寸! (小) おば 气母^ は? (信) Ss らッ しゃる。 (小) r 

處に? (信) れ奧 だら う ……: 僕ァ 知らな ぃ0 (小) さう 

i しながらお i のおへ き、 みおれば、 & のき r 腾 のお 韈は、 のおよ, 46,43 で、、 . • 

V- » ^ さ. S さま &ざ よ ■ - 

(卷) オヤ まァぉ 小枝 檨で厶 S ました か 。まァ 好く 入らつ しゃいました、 サ?^ _^|:^ へ! - 

ビ、 云 ひながら 禮を なすに、 小枝 子 も輕く 1禮》 しつ、、 1 ど i を g めて、 

ね さま ちゃ ま 

(小) 姉ヱ檨 はお 茶の間 かィ? 

き, まきおな こ 5- ゑ 

ど 聞け ぱ、 お 卷も同 ヒく小 聞に て、 

(卷) " ィ :…… 只今ね 裁 i を i ばして^ らっしゃ います。 (小) &っ f i は? (卷) ゲ €.1 からお^で « かな 

すッて 居らつ しゃ います。 (小) 昨夜 は 何 ラだッ た ィ? 



ど、 IK はれて お 卷は氣 の 毒 さう に、 , _ 

(卷) ヘイ ……: . : 

ヒ f さへ pi れば。 £r 、?れ S して、 」 一 

(小);^ i かお が 出た のか ィ? 1 一 

A さ -kl こなた わざな > /ゝ -】 

,3、 IS ねて 問 ふに、 此方 は態ビ 紛らして I I なつ - 

(卷) ィ、 3 うでお S ません が :::: $fffa 少し 晚く成 たから 

1.:^. , . 4S"S し しん! ^ 







ヒ、 ^t:< が! =1 ちながら ひ をく, 譯 知らぬ 信 三 はも.^ かしく 成, 9 て 

(信 } ね:^ & ちゃん、 サ 叔母さん 處へ 行き まし やう。 で むか g ふゆ 

M¥ くにが &r きな く、 ?ま 間の き f 、る i しも、 i き S て出ド へし: 姉の は r 



is せ、 ,に 》 を きけんと する io ぎ f -.^B お f 、 iit て か 此方へ?、 小枝 子 

を 見る より 笑顔 を 作. ON、 



こんにち 



ifpffK ようま ァ。 P はき ilv 產& ム いまし? 曰 はずよ 

r, つ く € せ 6 ぞ 

う 尋ねて 下さ $ ました、 サ 何卒 …:… >た! ふゆ み 

ど、, n ちに i して あき、 taij? ? さ 小¥ 子 も If i して、 iifi 

^ d プ c む ,ゆ ひ を 

11 顔 を 外向け て 眉 を 顰め ぬ C 



去年の 雛 

T 三ド 



〇 四 



力た きゃく あか つら さど 」 ばゐ , 

|f?r 面 ひ 定ま?、 i きい さ f す、 pfcfei きの sfEf ぬ、 ひ.^ の 

眼に は 見分け 難 かう。 . 

"れ れ? 如何 r 尉 だん ri、 Ef!. fpi 

^,iva, さて は 善 i ぎん &る、 f P の la,? ける。 

錦 れて、 ? ,げ なる iir、 ff-as 

れて ft ゝに、 11!^. さて ハ^ん のなら ぬ g のか ど、 fcis して f る も あれば、 

"SS 彼の 小 S 子?; い i で? P るべき、 sf^si-^, ずらぬ おに 

て 其 儘に、 お 冬が « 間へ 通らん ど すれば、 . 

(篠)そ れ よ.,: 8居# よのお が、 かかうて iw、 きち かへ.? P るく お,! - 

f 條の 1 葉 がら、 お, £rr はれて、 i-t^o fki^ 

は 事は後に てと、 眼 もてさ 小え 枝 こ子に? せつ、、 お も チヤ ホヤして、 



みき f い 入れ 獸 むるな 5m^si きのき るに。 £: にもして き% &、 si れん ど ぽ 

も、 I の 俊 コ矿^ .,4 て 、「お 1 の 51, が^いた から、 儺 ど T 所 に^に 行きません か」 ビ、 云 ふ. -を 丁度 幸 

なれ ど、 ss^^r> 靈 ずて 肊 にて 1 へで 44 ち、 其 ik を步 行く i せて、 漸くお 

^の酽 を i み、 ぉ锶 の^^の 駆 近く 進みぬ。 え ! S 

おき 1 人 i してな ける が、 の, T 越しに? どみ 見て、 一一 ッ . vlio-\ 願に て 招け 

ば 肥に て^へ、 ^技 子 はやが て 居間へ 通 fc- ぬ。 , . 

(小) やう/,^ 逃げて 來 たの . 

, ど、 s;^ ぞは へ i らん ヒ すれば、 おお は&ぎ のず を 休め、 座 蒲圑を 取て 出しながら、 

(冬) まァ おず! (小) 、ノ ァ きう。 If fit ,は i だッ て? i られ やしなく 

ッて? (冬) れ はがれて &るゎ 子。 (小) ね |り# もくな ッ たから? (冬) をれ も わるけれ^... :…… (小) を r 

な たす 力へ 、 

ぢゃァ さん は、 もう i つてら しッ たの? (冬) なァに 旦那 は 十一 時 過ぎに ぉ歸 宅お ツ^け^ も 

i ん や 

(小) では 何お ッて 遣られた の? 

^ぎ IV が や、 熱心に 問 ふに、 お 冬 もやう 

ビき むらしぐれ そでつ ゆ や^, _ 

はや 時なら ぬ 村 時雨、 釉に露 を^ 宿しけ る 

さわこの こ き * ち.; f— ノビ - - \ 

小 K 干 は 殘らす 聞きて さも ロ惜 しけに 



? ; あ ^< こ V- ちぶ し,、 i こビ ばみ じか -^^ I ち * 

ff. まがの i の 1 伍 一 什、 言葉 短に 物語る 中 も、 



去年の 雛 



〇 五 



til 



去年の 雛 

かへ お 



〇 さ 



, (小) 自分で も 晚く歸 りて 置きながら、 縱 さん, ばか,, 叱 カウて、 をき き |ん させる なんて :::: 其 撥な i.. 

鹿な ::: : 春 日さん も實 えだ:… :1 し はまさん の iLI;3, すきに、 わの ん がまに しく ッて 

堪 I せんよ。 SHfsKf わの ひんが isAlt ません か、 ……: まさん が £ な 

つまらな^ 目に 逢 ふの も、 みんな あの人の お蔭 だ 思.^ ヒ、 1.;. 以 i しく ッてく (冬) ホ、 

事 云ても、 藤 井さん だッ て、 元々 故意 妾 をく 窘める i でした- i でも わるまい から。 (小) f き 5 でき I いから 

か, ひ 50, な 5^5 せぐ ち き つ こ, nr? 

ッて :…… つま, - 彼の 人が 媒妁ロ を 利いた もんだ からで さ ァね。 •:: .4rl はき 1 さんに、 ぎ m の f で 

あ あいさつ や よ おも / 

逢ッ たけ^も、 挨拶して 遣ら なきや 好かった ど思ッ たヮ。 (冬) ホ、、 、1 も g きさんの I ゥた g おや 

あるまい し。 (小) でも…:… ほん ビに惜 らしく ッて , 

(十四) . 、 

鬼の 來ぬ i に 洗き V ^s^op. &"; S に" iir てな く、 き?? Ir つきささ、 きらく し 



. ュパ 2.- . k J I かしん ざ ふ い もが ばい ! 

ける 處へ、 椽の 外よ 彼の 信 三が、 急はしく這入,*^來, 

3i5 く は さが 



さえ こ、 き f5 く 

(信) お.^ 枝ち やん 此處 に來 てた の? 僕ァ 方々 探しました せ。 

S さえこ ほ、 ね KJ- 

ど、 云 ふに 小枝 子 は 微笑ながら、 . 

/ * \ , わる &ざ わたし さっき こゝ ゐ t tc 

(小) ホ、 、をれ ハ惡 ぅ厶ん した ネ、 妾 は 先刻から 此處に 居たん です よ、 サ、 iij も 一^お てお i しな さ 

いな! , 



^^^^^I-VIII. iiil き £5、 f f 手 s へし 



め こえだ だ k 

梅の 小枝 を 出して 



ジ-パ あ 2-y-n> い 

(言) 借が ケ おってぎ の。 おかき ちゃんに おげ まし やう。 (小) オヤ まァ SS わ. -tg ェ- 

; , ヶ. ;、 r g ふゆ しん ざ ふ むか.. 



も a ん あ W がた I ^ * い .5 

.繪 本 を 難 有う 、(小) 何う 致 



ビ、 さ 小 &こ子 は if を f、 i のぎ i め れば。 おき 望に 向? 

(冬) 冊ち やん! 啦4^ のおせ きのね ま を云ッ て? (信) ァ、 さう だッ け。 つ 

しまして、 i らな S もの を、 ね i ではう?, ゲ ます ネ。 (信) だ? 義は繪 本の I にわげ 4 

す。 (冬) ホ 、、、きなんて なき fi をし 知って るの so (小) ホ 、、、、 ほんどに 信ち やん は 可愛 

こビ いひ ど I 

&事を 云 ふ 人お と! - - すこ - も、 おの I か t さよ, 

ビ、 0k$rmft< ffi0i. 自己 ss ッ i し 寄せて、 



(小) f やん 上 信) i ィ厶小 が 一 街 &!. (信) 叔母さん さァ。 (小) 其 I は? (信) お 

pl^ ちゃ io (小) もれから? (信) をれ から :…… i もちつ ビは 好きだ。 (小) もれから は? (信) :…… もう 

/ +/ t く す か あい,、 ク 

I、 ル S や。 (小) もれお や,! <さん は? (信) 使 ァ おんま. - 好きな やな いや、 可愛 かりて くれな V もの 

i ァ さ fj^ まく きら 

(小) もんなら お 視母樣 は? (信) 僕ァ嫌 ひだ ァ 



> わら あらた しん ざ ふ . むか 

I に 一一 ッコ 奚 ひしが? ま I めて 望に 向 ひ 




r'l I 

u. 
CI) 




去年の 雜 _ J〇 八 

わさ まが ほ £ かへ }. んざふ む ざう さ m^^B-HBIBB 

ヒ 態と 眞顏に 問 ひ 返せ バ、 信 三 はさ も無雜 作に 

(信) だッて :•::• 叔母さん を 叱る もの :•::. . 

k い ふゆこら か • 

ど、 云 ふに ね 冬 は 堪え兼ね、. . 

. i) 其樣な 事、 信ち やん、 ぉ祖母樣の前で云ふんぉゃゎ,c^ませんょ。 (信 )!: き? (冬)!:^ でも! 

さんの 叱られる は、 叔母さんが 惡 $ のです から :••:: (信) ナ 一一お i な i> か ある もんか、 §ァ魄 てら ァ。 

ど、 小兒心にも平常ょ.c^、 ぉ篠の 所業の Ik なる を^れば、 ^^ぞ が tf^ に i.; はれて、 SI くも E^^,4.」 

メ、 ^ ,^ さ ぇ,こ か あい ひ& ろばい われし ハ^し 

し 信 三の 心の 賴も しさに。 小枝 子 も 可愛 さ 日頃に 倍し、 吾 知らす 抱き^めて、 

(小) だから 信ち やん はほん どに 可愛. S のよ、 , 

S, んセ &ヒ その う かいだう くちびる つ 

ど 林檎の 如き 其頗 へ、 わが 海棠の 唇 を 接け た, 90 

を w か まき f やう e そ ど 

折から 彼のお 卷は、 障 紙の 外よ ftN , 

f ども だち い 

(卷) 坊ち やまお 朋友が 入らつ しゃいました よ。 

ど 云 ふに、 信 三 も S めて 心 付き:;^ る 如く、 急 はしく 立. lfcs、 きへ 卵で ゝ IS てのお へ!^ 6J: かんどす る g し 

^し ぬけ つぎ ま なか あ f- やう e かげ しの こ •、 も よ 

も。 唐突に 次の間の、 半ば 開け 4:;- る 障 紙の 陰よ, 9 ぉ篠は 小聲に 呼び どめて、 , 

しん ちよつ ど い - 

(篠) オイ 信! 一 寸ぉ 出で! 

ど、 云へ さ 此方 は 振ら 向きた るの み、 答 もな さで 行き 過る に れ篠ハ や、 聲銳 く、 



(篠) ユレね!: ち ビー かへば! (信) だッて 4. お 朋友が 來 たもの。 (篠) 何だネ 大き.^ 聲 して 

ビ、 お^の Ss 酽 のお を 舻铲 いる ま間 に、 lj が を" 贴れ し,, ■ の 如く、 はや 信 三の 影 も 見み 卞。 

(十五 ン 

¥ で fev ぎて、 staj-f y し % ゲの確 fpffo 其 下に 管た る 床几に、 思 



を li へて、 の g を || で、 は、 i,n..fe"l の I- しさに、 餘念 もな き 人の 群。 雅も俗 も 打ち 



まき、 i いもに m お, のま おも、 F 日ち の f る ¥s、 fs^mmm. i のか? i れげ i 

L ^ / 5 > し. よさ 2 も み .s- ん 



r ^ ^ ひ^ しなさだめ み かん さか 

0^.m&fmmf. f^f,t^0iit r 仃き かふ 人の 品評して、 密? 下 

な 物に ビ ふの ii、 きま しげに i らふ は、 fEMi にて さ 小 &ぞ& きぎし、 藤 井 保 雄 を S どして、 

いちのせ. 4 たみ にん 

1 瀨 二見の 三人な ft^o 



T 麟は ずに is ちし コップ を、 n-^ に^して 酌く をしながら、 藤 井の 方 を 顧みて、 

(ニナ ァ r 井! 羅 のお あれ ¥ま な。 § なき 爹の こず? 三ビ ぼけるな よ。 ソレ S 途 

のお S き :…… なんなら ま1 でも 中& せ。 (藤) ば 馬力き へ! rrr" できる 理由 は 無い さ 三 理 

^がぎ いど は はさん ケ。 ナァー ふ f が! 三) さう ヒも、 僕 等が 此處で 通り 掛らの 婦人 を 評して、 美 だの 



嶽だの4^ッたりて、 驚 i 龜ん I, んに, きな s^。 I: こ處 のず は ども^れな に、 彼是 思り た處 で、 先で 

は f も? はせん、 IT に li& ビ やない か。 る,, f£ のず は :…… P ず I 嬢の I 



去年の 雛 



〇 九 一 



去年. の 雛 Bnn- m 1 一 〇 

の 如き は、 昨日 や 今 白の 事に わらす、 ^vも振o分髮の其昔時ょ.c^、.g;5にg;5っlttれっで、 お!^ か 

ifffio :…… まして i んゃま lg& た? んど は、 MfiTM 

禮 をして 居^も の、。 めの …:: m を 1 寸瞥 つがん した、 鵜 i4 うの? 11. ど つたら 1^ ち i のきなる もの e、 

is^ んまん む f- ゆ 5 .& み ふく £ こ C- ヒク しゃ も wn,t- ,」 - ? 

千 萬 無量の 意味 を 合んで 居た 事 は、 かく 云 ふ 拙者が 眼 鋤 越しに、 グッヒ g んで& いた" Si こ g て 

こお み - こんにち こど ふたみ し, やべ つ,, ^ 

之 を SJ- れ W 今日の 事た る ……: 二) オイ 二見 、さう 饒. 舌. 續 けで、 コップの 取 fts ッ:^ し Ac かん ケ、 

こっち ま ま こ.;^ ま, riK- I 

ちつ ヒ 此方へ 廻 はさん か! (二) まァ 待て! 是 からが 本論お . - 

ど、 fff i& はせ る 11 ん a- や 、難に gr た 立 つれば。 m£MO0s 

な 顔して 此方 を 見る に、 まだ 不醉 なる 藤 井 も、 最ー g は! < らふ て^き Sg たれさ f はきん^ ねて 1=1 ち;^ らん、 

どす る 折し も 0. 彼方よ 6^ 掛. CO は、 ^が! _1 にて. E^i ュけ Is る、 ^ 敎 s!:5is.i なる にど、 は 

ふたみ せい 

ぎ 二見 を 制し、 

シヅシ ツチ— チヤ ァき , 

(藤) 叱! 叱! 敎 師が來 たど . 

ど、 云へば おは に、 きが.? ッ ど I^lg めしが、 ^おひ け^ 卞、 , . 

三) 噓 吐け! 來 やせんお やない か、 其 i な 事 を 云って 1:4^ させ やう, ogf りた ッて、 ^^の^:!^はさきたげ 

さて み あすこ 

ら れん ど (藤) 嘘お やない さ 見ろ 彼處 を! , 

30、 云へ f ま:^ まらぬ irin あみ i で、 ffmfm^ts. i た 方 も t 人に て 



f kg から、 ¥樣此 方 へ 步 行み f 、- じつ . . I 4 . 1 

§0,mfo (藤) , ィ ::•:• 01 In 實 1 つ 今 ね 宅/. i 寸 

^m^ffo (藤) さう でした か。 mL0^Ma (乙) ですから 何れ 明日 上る 事に 申" 

て F ました。 議も &f し?、 r 卒さ 其う 樣ぉ りし ゃッて さい、 (藤) " - さう 申し ませう。 何 

ない く Si な ま を こ i\ 

のぎ i がわ るんで すか。 (乙) H 、 :•••:. ち ビ內々 で ね^し 申したい 事 力 



ビ、 S め 目に まての 議 しに。 禁の rf:upy¥ う ipi ろ ひしが。 Ti はや? 進み出で 4 

I こちら - - か、 i - Z です。 W 化です か 一 杯、 (乙) マ、 それ ハ結 



け ふ よ i- た いつ か, へ〜 , 、 

今日は 用達しに 行た 歸途 で- 



(1K ひつ、 i み^の, き t つて) 尸ラ、 ビしノ を" 本拔 いて 來 い! 



( 一 うです 此方へ ぉ掛 下さい! 獨逸 流に ビ 

二) で、 お 一 人です か。 (乙) ェ 

nss^ ずが ちし コップ を、 グッ ど吞み 干して 乙 倉に 指し、 

せんせい しつれい 

,0 一) 先生 失禮 です が 

、十」、 ン 

8§、 m にわる, を S なれ。 i は ど あにて、 i も g ノが懇 うの &續ま に 第の ど 

f 、 mfff. r 資 あがお くる I、 す おらぬ、 醫も われば、 保 雄に 對 しての 言 

ひも、 , の 1^ ぎ を 1% ど は異, 9 て、 自づ、 さ 了 寧に. 閬 おしなり。 



す ろし おど ぐら tAn t ,,.-., 

敎 飾 の 乙 倉., が 混り てよ ft^、 何 ど 無くけ むた き: 



去年の 雛 



い- Irt^ の n ゥ だん は、 "鬼が お がお にわ 1 れん ど すれ.^、 藤 井 

If! - ニー 



きばな を ふ わ ナ , , に l^lll^lnmlsalis-sllc 幫 

が 頻らに 話し をな し 居れば、 振, ^すて、、 I 仃く譯 にも ゆかす。 やがて 鋭 i を! =1 ち Ih で、、; if を 

ち あ 5 ちい まひ かた ふ きょ 5 つ : r な き M. つ 

地ど步 行く 中 今 は 日 も 傾きて、 興 も n ゃ盡 きんどす るに、 餘儀 無く 歸 ぎ に はまきし もの、。 t^^s^ の 

f fmfff. i1?f せる 遷も、 ひ にも f おの i へ 

いへ ちた さ 

スゴく 家路 を迎, 9 け ftvo 

斯くて 其 翌日、 午後ニ時に學&^^キきて、 i まが^に 默, 9し¥ はや sinll づれ is て、 S のぎ 艇に^ 

兵衞 ど、 俩 やら 語 合 ふ氣 配なる に 保 雄. 441 へ Is でん M せし が、 き!: なる I? つ 4 か^れぬ-^ の を、 を 

れも亦 差し出がまし ど、 自ら 扣 へて 吾が Ssi へい 入う、 It 酣を s^ln へんどす る i しも、 まんのお を i ゥ畎. 

, . こどし ばる むか わがい も らく , 

し は、 今年 十五の 春,^ 迎 へし、 吾妹のお 樂》.0>0 

らく み よう な た ま • 

ぉ樂 はかく ど 見て、 用 も 無 けれせ 立ち 止. ON、 

(樂) 兄さん 今歸ゥ たの? (藤) クン。 :::: 4" のおき.^ く は?:^ 飴さん だら う (樂) お ゝ。 (藤)! :| 戰 からたら 

おひる すぎ 

しった? (樂) 正午 後でしたら う (藤) フ ー ン …:… 

保 雄 は 暫時く 默 つて 居. 5 しが、 お 樂の尙 其塲ケ 4k ら ぬに、 また 1% て 一 mnll を かけ、 

(藤) お前 今日 學 校へ 行り たか。 

ど らくし こど. S la か 

ど 問へば、 ぉ樂は 知れ 4^ 事 を ど 云 はぬ 斗り に 

|( 樂) お、 行きました ッ。 (藤) :…… ^き fi. さんに きった か。 (樂 )|3 ひました ヮ。 (藤)^ ぉ&. k き 2^ ど 




ビ、 少しく 不典臾 な, 9 



らく もた つぶや f k. 

お 樂も亦 咬く 檨に 1 



i§?RV は- fl ヽん ま へん わき 

§ まだ a& ぞ さん は、 (藤)? は? (樂) なん £變 、?。 §只變 では 解らん? 

Z お 一に., i : > この f. ばろ な か わ 5 な 

ぶい A I うしたん だ? (樂 )|^% ぶ I おんなに _父¥ 好く してた のに ……: (藤) 此頃は 交情が 惡く 成った 

" / / な. ^ク, * しゝん 

^。 (樂 Mfk か n ぃッ て: :… •! ^は I ん さも ®V しないん だけせ も :…… 何だか 妾に …:… 變 なのよ。 

ど、 ffim^mf. g% は i びかけ し ¥i の i を f し 龍に てデッ it れ、 何やら 

し 思 II に jlsH し、 い、 ぎ:^ わ て^ 點 がき、 な i の繁 ぎに やちょ ビ點 頭き て、 机の 側へ グナリ ど 坐りぬ。 



禁羅も i き f 、 P らは 4 くの i よ. 43 で ま?、 ひに き 雄の I 屋へ 来れば。 ぉ樂は急ぎ て 逃 



るが i く、 gss 前へ ¥ を i し s。 きら は if ぎ、 

さく じつ , しつけい ) 

(乙) ャ、 昨日 は 失敬し ました。 

、 すよ やす を ひばち をの まへ ゆ U - 

ビ ひながら 坐 ^ れば、 保 雄 は 火鉢 を 其 前に 押し遣 > つ . -. 

(藤) IT きお しました。 もうき irtr まし ま。 (乙) ヘイ 只今ね 目に 掛て f した。 (藤) 一体 

I ル のき. 服なん です? (乙 r タ、 :…… おみし^ II のね!. で :…… (籐) さう です か ……: (乙) ナニ 郎君なら お話し 



ちょつ SJfeJfH やく 

1 寸會釋 して 



去年の 雛 



1 1 一二 



去年の 難 1 一四 

ても搆 はん 事です が。 (藤) 何う 云 ふ 事です? (乙) i;; しまから i きおお i がわ, CS ますから。 (藤 )1 の 

です? (乙) ナ -1 春 曰の 事で。 (藤) 春 曰 先生です か。 (乙) わの の i! です。 

ヒ、 云 ふ 時 保 雄 は 何 思;: S けん、 吾 知ら 卞眼を 見開き 膝 を 進めて 何やら 聞かん ビせ しが Htt^^. & 

つ きせる つ 、 おさ 

も 付かす, やがて 煙管 を 筒に 收 めて、 

、 しつれい 、た 3 た, V の 5 ち 

(NJ) それで は失禮 致します、 いづれ 又 其 中に、 :•••:. . 、 

» ^ す たちあが 

ヒ、 云 ひ 捨て、 はや 立 上. 9 ぬ ノ 

(十七) 

今日 乙 倉の 訪づれ し は、 春 曰の 妻 君の 事に つきて ト、 聞きし 時の g 雄の in はやおの 1 くな. CS き。 さて 

は 兼て 人の 噂に、. 春 日が 家^ 風波 絶お す、 お 冬 一 人が 憂苦 を 見る ど、 聞、 し は ili;,6 て あ ftN ける か。 艇に 

わが 父 保兵衞 は、 お 冬 を 春 日に 配 親せ し、 ま i にて ある なれば、 さて rj^^si のこ 44 口げ て、 おかに 諧 

> だい i ろ- Z ' ) われ つね この こど い si: ん かん soc さ た き にがく めん く 5 

る處 わらし なるべし。 吾 も 常よ ら此事 を、 友 入 間の 取沙汰 を 聞きて、 苦々 しく も 面目なく、 艦 を 打た る 

、心地な. cO が、 まだ 眞僞の 確 >5 知れぬ に、 ゎ、が|^の^^.に」入れて、も#21はするも1^1,-ヒ、 ゲふ 日まで 

る わざ. (\ おど くら たづ き これち、 つ r ご 

默 L て 居たら しに。 態々 乙 倉の 尋ね * て、 之 を 父 k 吿ぐ るに 至. 9 し は、 よくよくの こど ど えた $o 

1 ,、 、 お U 、あた-, . さえこ このな ろ を ぶリか 15 ど A くむ^. L やさ は わ t フ t:^ な 

され は rJ5 思 ひを當 る。 I 小枝 子が 此 頃の 擧 動變, て觅角 昔時の 優しき に 似.^、 吾に 强 面く 見お たる 

こど 

も かゝる 事の あれば なるべし。 



"きまで, >、 ffft —襲き み ¥な急、 fir の I にも、 fl 



に 親し か. CN し so^^ta^vBK ノー? I む,, にく 

r わ r の iEf 、 ? -rf . &if り. すれ は、 む r 無理なら r d 

む も if き 。ま1 き 零お i& の ff 力 彼の T, 人の 罪惡の ほに: く 九族 Ic:: 

nti. ひ 開ら ナ ぬぎお きにして、 f ま あ fi ばんぎ は 81 む ども、 其 人 直 ま 1 ふ、 a 

ノク f か われ, さ f こ, > み,:^, > dr-k. 



し、 を も, i む i、 今 も 聞きた る處 な, 90 



f も、 iirr て > g の爹の rf せ. い g ィ 1i 

まんと、 r ち f §1 しまし。 ffrf ぎのお き は 如何ず、 吾等 親? 恨みて 

、 4 

を I 

や 居らん _ ミ な,」 このうへ ふ,.^ 

, て も y あなき f 、ひお B み を f るき、 IgfJ^ 

f g はで は、 ,g のふ不 fi きて、 ^111^. f て i に 至る 時、 I 不 圆或 

る f お化けば、 i ぎ酺は i れん 手。 



る 事に け W iss;?^カ2elk^«ォ/-- >! i i 。t け あ ひだ 

0kit ilstso aii 越 I 井の 兩^ 

一 - =- - 、 二 五 



去年の 雛 



n 去年の 鍵 nn 一 一 六 

は、 未だ 血統の 緣,」 5 結ばね、 親銜も 射ばぬ な, 9 き。 されば ¥ 截 のつ も妒 きに、 ssi ん のま-の 

さわこ .5 す. M ゆろ こ、 ろ め; は A 一. 

に は、 小枝 子 を 保 雄に 許さん 心の、 はや 芽 出せし やも^ら れ卞 

1?^ る や^らす や、 It 人 は i なきよ. >s.oi まじく、 さ 小^ こ 子が- il, にして まけ 氣な 無, n^i ろビ、 ^零 かち 沈 IT に 

して 仁心 深き 性質 ST あど 共に 調和 を^う して、 S ひに i> が、^ がく i に は、 ぎの ii も 一 まならぬ ま 

k ばな Je- たな なか 

で、 離れ 難き 間 さはな. 9 ぬ。 . 

さるに 此 比の 小枝 子の 擧動、 腑に 落ちぬ 事の みなる に、 をれ さへ みあわが がんの、 力 S 气 1 をば ii いて、 爵古 

^ftf Ivf て? i れば、 ffft ぎし I た爲 めに s の、 0§f 

なば, 幼き よ, 9 樂み にせし、 彼の 一 事もう たかた の、 泡ヒ 消えなん 悲し さよ。 ^斷は iu?^ ピ i してぎ 

のね 冬の 憂苦 を拂 ひ、 小枝 子が 胸の 意 恨 を 晴らして、 もて 事の^ 爹& らん ど、 %1 にも II ひ f ちし:^、 

. よ また し あん うで く 

さて 何ビ せば 可 からん かど、 又もや 思案の 腕 を 組みぬ 

(十八) 

や、 わ, 9 て 保 雄ハ、 漸 うに 思案 を 定め、 兎角 は 父に 謀らん^、 其居間へ行き^^れバ、 父 も然ヒ く!^ 1 の 

をば 5 で こまぬ ばう せん 

側に、 腕駒拔きて茫然たft^o - 

やす を す * よ 

保 雄 はま づ 進み 寄, CN て、 、 

おどつ な 5i あん ,b ざ 

(藤) 阿 父さん 何 をお 案 ヒで厶 います? , 、 



ど、 w« 無く 尋 ぬれば、 保 兵衞は 重たげ に 此方 を 1 や. 9 ^ 

(保) icNst が 出 * てな ァ。 ,ざ こ あ ひく 

ヒ、 ffpi m^sltff ぎき 低く して、 . 

§5HS きん、 が :…… (保 Hf r たか。 (藤); :…… ま ssii はで ゆ £、 ぱ 

0liio (保) さァ ……: fn レ まま 4 

&^, ft iffo (I すから 大人が 矢 J -、 先 ゆ こへ? 一! り 

しゃ. たら f です? (保) 藤) r 日さん へち きつに :…… (保) 左警 :…… 私 もま づ其毒 どき 

て るんだ が、 Ifffsf ……: (藤),? g 事 はまで ません か" 5) 

0fkm<0^x^,,^. nl-i. 、何;. 云 ふ もので 乙 ほい か 

はな かつ ま? ズ。 (,れは 藝 です。 (保) 囊尋. (藤 まえ" 5 "え-;、 一休ら 交 

力 情が よ 好く 5 ん です。 (保)? が i いの か。 1 . です か 拿 &も1 向 I をして 居らん 位で , 

. to (保) フ, ン 1 それで ハ 何も :…:, まゆ ひらみ 

ど、 ちしまぎ、 ま以 f も f r々t て、 さし も 顰めた る 眉の 間の、 や、 開きて 見 ts 力 



,. 去年の 雛 置 一 一 八 

さら ひざ 寸、 -^B^BBBBinllmnlnll 

は 更に 膝 を 進ませ、 . 

• (藤) をれ では 何も .:•:.. 御 心配に は 及ばぬ どお ゥ しゃる ので 厶 います か .0 (呆) ィャ. でもない が .:•:•• 

. f へんげん ばか しん 

總ヒて 片言 計. 信じられん もん おやから 

> お r つ み ? S なほせ こ 

ど いよ x.. 落ち 付きて 見 ゆるに、 保 雄 ハ尙も 急き込みて、 , 

(藤) 元よ, 9 片言 は 信じられ まぜん けれ^も、 :…… をれ が 爲にひ e 倉さん の 一 いぶ ふ^は、 できい どおり 

しゃる めで ム います か。 (保) お へ i でもない が、 力 St ま は 蒸れ 凱べ た』 へ できい ヒ、 か f て SA/l 

く墓ビ なる から。 (藤) もれ は 御 道理です。 然し ••:•:• わの i; に^て は、 はわ ま、;;. ぎ ら 断き;^ んで 

居りました が、 まだ 確實 な話 を存ヒ ません から、 5;1濶に^ぉげて經^^"|ぃを|けても||ぃど.^ヒて、 11 

ヒ 差し 扣 へ.^ 居,?? J 々ヽ (保) それで はお 前 も £s て Ss たの か。 (藤) え、。. (保) ンノ… :… 

の 在る 事 も :…… (藤) ぇッヽ 外 妾 \? . . 

わ, れき. い かひな この さ. S& いち &ん おそ きも け 

吾 も 聞きた. と 云 ひし 甲斐 無く、 此 最後の 一 言に は、 觫くも胆を^さんビせ,o^o 

r にやき は 尸 ぺ r にて、 If 日が is ,ひ 非ぎ は、 fffMi. iTi の わる i は、 

未だ 耳ぎ も 膨れ? し。 され U おのまに、 ii を i めて r て、 おく 1 ろ あきれし?、 pi 

力 , k いろ この を どこ し この こど た,、 しん がた 

日 は 偏人に して 色 を 好まぬ 男^ 知れば、 此 事の みは 直らに 信ヒ 難く、 

そん こど しか • , 

(藤) 其樣な 事が わるので すか ……: 然し まさか 



い みな 、 fiL > , 、ゝ 

ど、 . 云 ふ を 皆まで 闐 力す 



3 サ 、 をれ ぢ やからね 索^ は 信じられ ぬ ビ云 ふのお や 



と、 IV あねけ たる 1 に、 保 雄 も 今 は f 折られぬ- * f ! f - , 

されせ も 雲 4 の、 II のき」 して i ぶ? fsv ュ jrs? ん; r57 なが』 

かう f i ならわの i に、 .wisf て、 £aK 急 St ぎし S2。 

力 ラノ w「7 5 まさら ほ 七 かみ く、 ^?-にけ^^,^ こに ース rf 

も ff ぎめ、 & くもず? しど 不覺 なき、 今更 f 神なら ぬ 身 は 分ヌぁ r に 迷? 



(女) お SI が i が? ま でム います。 



き ふ々, g ほみ あ^ 

ビ、 聞く よ. ftM 1 人 はお 



し^し こどば ナ. -f > , D 

、 雲 時 言葉 も 無 か ft^ け, 90 



(十九) 



广 ITIINy ^> ふ^ まきつぶ や 

き、 ま 丸 わの Mm ぎんか あへば、 お is れを? 消して、 _ I , 

をん, S 、 。: L な otp さ おへ 4 了く^ おりし やって たから 、今日はお 翅 りに 

(冬) i 其 檨な事 ま Is よ 。此簡 力ら 籐井 さ/き 。r どナ" レ >oi よ, 。(§ 

fff^xo ssaf^. i00MI (冬) はァ (え) 

なかう ^ ビこ 

マ ノ ぉ媒灼 人の 處へ :…… まァ 



^ の I 明ち 



去 牟 




(冬) 膨 井さん へ 入らし つた? 、何で 豪に ir だ 子? (卷) ヘイ ……: §ff! 

ヒ、 云 ふても ぉ卷の 言葉 無き に、 お^ C 旭 LbiH して、 ゃがてぉま%^」た立ちさ去.0^^3 

おい 卷 S に 昨日の 朝、 お g ビ ir 證を、 if にき 聞 I るに、 fvK ふ if も、 わが K 

f 入:: しか?、 f 胸! いめつ、、 tuf あ 案 V きし is へ i もや irp 

人の 許へ、 _t どきし?. ん I き 聞 I、 ? n^^Ei か, r まある、 f f しが。 さて 5 打ち 

めけ て 云 ふ 事 もな" す、 mft て もお n はしゃ 5 らし さ、 はや it る g 

眼に デッヒ お 冬 を 見送, ぬ。 



ほさ かすが 



iifffi &i<s§^ 、 まづ 「おきへ ず.」 i& 

して":" れ よ:: S ,へ 趣き、 衣服 をカ更 へる せ 世 わ 霞 f るに、 ? i 継の ニッ三 ズ、 ff 

はき 春 日の、 何 どして か * めよ, fer て、 f Ma?, 卞、 きば i の f のぎ、 it 

如くな. cso 

元よ. iss ば i4、 itig. fiff 



れば, 今更 さして 恐れ もせね^、 叉 快 く は^ふに も あら, 卞。 ぬながら ああに っ從 きて、 If 居 ま 間へ I 一/ \ 



の その ま、 



? I をい 入れて^ むれば、 IT 日 はわら けなく 1^ぎ み を 耽. -て、 グッ ヒー 息に 呑み、 其 儘ク ルリ ど 机の 

ば 5 む , 

方 を 向きて" 

つま ひ 

(,ノア、 約らん 曰 * た 1 . 

K i めて i せし ITf 、 にも &の M に 1 き i の あへ て、 ?も 不快なる 刺 撃を與 



へぬ。 



かすが き. ふ ュ 



さて は si ま 筆! し、 お i に &ては £ ぎなら んヒ、 & は? て 出 でん ずれば、 春 日 は急 に 振 



む , 

向きて 



(春) 冬! ^ るに や 及ばん! 



ビ、 聲も銳 く 呼び止めたら C 

て 1 も f-N * や i ら 

$u ツビ SI ひせら、 まき II の is に ま しが、 さあらぬ 体に て 物 和 かに、 

なに & 上う & ざ ,5 

(冬) 何 か 御 » で ム$ ま すか。 . 

,T ぎつ、 ii しに S げたる i を 、睨 むが 如く 打ち T、 ,つ. きさ. I 

(春) ィャ f f はきぃ が、 fplimift 阿 力 母 さ! |貴檨 は 大切 だから 

けつ こ *、 ど. S ) 

もう 决 して 小言 は 云 はん。 ぷ; ! 

K ず も よらぬ, の ST れて せす、 f(0iss. f f 

1 ニー 



ま 年の. 雛 



去年の 雜 : 三 . 

次ぎて、 

§is にお. では かった。 it ひで あ?。 讀は; あずる :…… g し g がに も ぎ 

がわる チ。 よくも 吾に g 辱 を か、 せて くれたな。 (冬) ま 恨 ……: 肥 を!: うして! な 5^ が ……: 

(春) ィャ 知らん ヒは 云へ ま $o 實は 今日 藤 井 を 尋ねて、 吾 は 酷く 1〕 ら れて來 た。 (冬 )1 を さんが 

:… 丄春)何を叱.られた^: :1- 其 樣なこ *|i/<fStK ふ H だ。 |,し麟|-がぁんな;|!を_}^のも、 り ま, 4fe 

が 云 はねば 知れん 事ッ た。 (冬)何で妾、が?^;ん樣な|!を0 (春) Jfe が fK はんで 11 が 11^ ふ? が おの し 

さま ムゐち 上う をつ! KJ まち をん" クま ,一 

樣 に吹聽 して 良人に 耻辱を か、 せて 其檨な k が に 

ヒ、 云 ふ , 

三十) 

性來內 i なるお 翁の i! なれば、 かく^だに tK ひ "あたれて、 IS に^ 鎖す る^; ^きく、 "取, 4: く 殿 服 1: 

, ^ぎ しょん as- あめたえ ふせ S 

の栩の 愁然 ヒ、 兩 に堪. ^得ぬ 風情なら。 . 

S る^から のおに も、 § パ かに^る- ill の i、r お 應ァ母 iglr て!」 ど、 i ぶ はま 正さし く ilur るに、 ^ 

事なら ヒ どお 冬 は 立ち 出で、 どっか わ 茶の i ^へ" 奢 て^れば、 お r しもお を?^ ずに、 いきまき く 

立ち褂,c^て、 信 三 を 打ん どす る を- お i が i へ!^ けだ. > て、 1^ き ygfltui に ^酧义ひ、 «れ るお i を 

な だ てい ふゆ いそ ? よ 一 

宥 むる 体に、 お 冬 も 急ぎ 走, 9 寄 ,9、 



!ゎ て 手に せ ^1 します。 (卷) サ S お腹 も 立ち まし やう 



(冬) まァ 一 ^1: うした ので:^ S ます? &っ I 機 もま ァぉ靜 ま.. 遊ばして 

fffks. ねき 振- i ひ 

(篠) お前 の 出て i る處 ではな 5^、 お離し S しん S 

K isii ばして! (卷) きた 14、 まふ 鰣か存ヒ ません が、 信ち やん もお のま 

r て P つて f i ですから :…… (篠) ない-の なき、 i 出る にお 及びません。 ぉ卷も臺 

fi 旭が おる ではぎ いか! もう i りて ずます ま 上卷) サ、 左樣 でも ム いまし やうが :…… ife 

、もう 關 ふな ト 云へば! >^ き かね i はし 

ど、 i は 四 がきれ f ての if 、 tirl 流ぎ ¥曰!-兼 "やい Itf 

しぶ- (^いんきょ じょ もさ ゆ 、 

雄々 隱 居所へ!^. 9 行きぬ。 ^ f ^ ^ I ば 

fimf i も gr かに §尸.^れ\© く 藩! ナ きし i え、 f 泣き の 止き つ f ばた 暫 

酽の P ,ぎ、 ^rftra *f ii にきて、 其 儘 望" 背 ま 勝: i の 方へ 

flK ilf( お f き の r t 、—此 曰の ぎ 後の 1 ン. - 

i^.0f<0$ 露の S 編 五六 凡、 居 - 



しが。 0?uft ね て!: く舊 



に マチ おにば" ゆ 、 こ、,; 2?.^ げ— ノ v^ls 

ピ f て 「ャァ 鬼婆が 行きよ る」 ど 小 聲て嗨 り し カ^ 



去年の 雛 



二 三 



: : n ニー 四 n 

憎に、 ま i からぬ きの f 、 £¥t し せす、 £6 して f めん! き、 ま; 霞 は, 

れ まき、 齊 しく 雷せ し?、 や、 sigf ,ま、? > や if み 見 f て、 「おお ィ」 ビ f 

たるに、 |も今 は f f ら す、 口 r ききめ? ね 睨め 3 しが 。ぎ & のこ 小ぎ:! に、 ぎ 動 r。i 

12 を、 早く も 認め 置 きたれば、 I にきに f さん ビ、 f g して ま はぎて f ? 0P 

* まして 歸宅 せし 後、 雄の 赋 f ぎ i ろへ、 i& ぶ 臥れ たる s が、 fkust^ r 

ひき ビら ^5 もん ら J どこ 5 こ C? 一: - C 、コ ノフノ E- ン 

るよ ft. 引 捕へ て E 問せ しに、 男兒 なれば^ も^く、 II, ま 1l ま 1- ひ, 疲 へせし よ,, 、剁 はお g も & ピ^へ f ね、 

.淺ましくもかくの始音、 お i がー Jfin に |たる を、 k^Tff ttffo • 

此 騒擾に 紛らされて、 お 冬 a& 己が lin も 1 れな f もい 何つ 時 か 1 きしが、 gt 一 1 はさ. 41 しげに。 §く61^げっ 

、きの 背に、 負 はれて 行く う 後 姿、 み 見る ふ不爾 さに Sk ?、 & がきし f ,れ て、 r に i は f f 

ばてた まひば ち. V ばみ な ふない .f ..VSA* 、え T^; 

に、 果は 堪らす 火鉢の 側へ、 身 を 投げ 伏して 泣き; <,a> ぬ 

や、 あ, c て 身 を 起せば、 は Iff ゆきて、 pffff がコ ンモグ ど pr こ、 

f 丁度 不在 なれば、 § ザし 5f れ ぬ,、 ぎ f i して ir おへ、 4 でん ど すれば S 

^ら , ti :? い しん ざ ふ いつまき &ん X* ま メ 

頭に、 歸り來 fto 例の 信 三。 何時の間にやら 機 g も あ. c>、 

(信) 叔母さん 何處へ 行く の? , 

ど、 愛らしき 管 掛けて、 はやお 冬の 手に 取き くに、 さても こ 小 IS あのぎ、 1> g はす P に 



ぎき \ めた. ONO 



(廿ニ 



や? ゆきの 魔 f き、 まの i くき i へ 寧へ し s、 ir¥ に ふ不き 霊 にて、 W に 一杯 甚 けしの 

み、 ゥビ て 重の II へ すしが、 てお 篠に s、 



(春) 阿 母さん 



ちょつ どさん" ほ で ま 力 • T 

1 寸散步 に 出て 參. 9 ます ◦ 



ど、 f}- ひ^て、 ゆかん £ す るに。 ね $,5 をれ を 追ふ樣 にして 

(冬)? • お は :…… (春) 此で 可い。 



くも "に けれ si" へ^た 、 . I 帽を 取て 冠る 

をのよ 



11; く、 ぎ 所ヒも 無く 出で 行きぬ。 

f> んざふ 



,もはや 九 S きに、 お g は i 還へ, たる 籠 s£ ら すの み。 嵐 一 もまた 皇 1 勞 に;; 宵 

よ. c:;?f たれ ば、 & はが 一 f をき に if f f に、 0afn f 

灘& みのぎ ずへ、 きひ??。 ヮ i ,、 っ, ,* か 

i まる i に g のき は、 mtt. fn は 無? 

れば S あにて、 ^Tm-ittf ^^Efe-S. またも. n の はみ 1; 針の 目 

の f f に、 ぎ f く S は i のおに t て、 きから £„f よせ、 TiJJ^. 

1 二 g& ひ r し, i の fs^l: しあ 明け、 s,s く 入 i き、 誰か ど 



み ず J- き まき なほす、 上 

見ればね卷なft^o れ卷 は尙も 進み 寄, 5 て、 

(卷) 奧樣! さう 御 精が 出まして は、 御 目の毒で 厶 S ますよ。 

い おの め ぁ^- なみだ あど のこ 

ビ 云 ふ 自己が 目 も 赤 ふな, 9 て、 淚の 痕ど殘 るなる 

ふゆ なほが il み が おも おもて な ぼ を む 

お 冬 も わか 泣 顔 を、 見咎 みられ ヒヒ 思へば にや、 面は尙 仰向け たるま \ にて、 

、 r , た」.^, くつ , いまちよ つど いっぷく どころ こんや だんな さお るす しん まや 

(冬) あんま ft> 返 屈した から、 今 一 寸 一 服し 處 なの だよ。 今夜 は 旦那 樣もぉ 留守 だし、 信 ちゃんも^ 

ね > な, <^ さび ヌ へ & よ、 ゥ な こ、 -H な % 

く寢 てし まった から、 何だか 淋しく ッて $ けない 子 お前 も 御用が 無い のなら、 此處 でまして お 93 で 

な! 

なにげ い つもり こも い つ . . はな か、 これ c ま な しゃう こ み 

ど、 何氣 なく 云 ひし 心算 なれ ど, 聲は 何時に なく 鼻に 褂. CN て、 是も 今まで 泣きた る 證據ハ 見せ ヒど すれ 

し まき そのよ こが ほ み つ 

$i はや 知れた るに、 お 卷はデ ツビ 其 橫顏を 見詰めながら、 

, : なん. さび ばん &ざ おく ま ひ 50 り ね やみ ひ あ を 

(卷) ほんどに 何だか 淋しい 晚で厶 $ ますから、 奥樣ぉ 一 人で、 鼠に でもお 曳 かれ 遊ばす どい けない ヒ 

ぞん ばな あが &ざ . 

存ヒ て、 ホ、、 、、 ね咄 しに 上. CS まし 4^ ので ム いますよ。 - 

わざ t, やう だん い ふゆ かた ほ み 

ビ、 態 ヒ串戯 を 云 ひかければ。 45? 冬 は-一 ッ ど片頰 笑み、 

(冬) さう かィ。 好く 來 てれ 吳 れだッ 力ね ェ。 (卷) ヘイ :…… (冬)それではぉ茶でも入れゃぅ^:。 (卷) ァ 

おくさま, ほ t ぶん. S - かま , 'だ ぷ しゃう まへ ■ たり 

レ 奧樣! 欲しければ 自分で 入れます から、 何卒お 關; 3 下さいます な! (冬) もんなら 不精して お前に 赖 

、 ► _ . ^に, ぶし, 5^ う &ざ わたく £ ゑんり よ あそ こご な &ざ な, 4 5? ん W よ 

まう (卷) 何 か 不精で ム い.^ す? 妾し にまで 御 遠慮 遊ばす 事 は 無 S ぢゃム いません か (冬) 何も 遠慮 




fisrafi i :•: …(ト 云 ひか?^ ん €^ 醫し) 御 遠慮! 

こ, 5、 if f 上 卷葑し も ゲふ日ま でしき 1 して f - ましたが、 まう I が 出 f せんから、 今晚 

aftMi^fo ft0<ff< わんまで ム? すから、 

わき i をし!? t です が。 :.:••• きま! iff お i ぎ, せ! ょッ f ,. (冬) ま £ 



前が 其 樣な事 を。 



(卷? さう きしゃる の はまで 545 すが pf&f に f ので は&ケ ませ f 妾 も 聞い 

§f^^i vf こ事を?( 卷) 何檨 な事 を ッて、 貴 は V ッくし 

てゐ 居らつ しゃい ま?、 U つて^? r 離ず きけ f します よ。 (冬) 先方から 仕て 下され ばれ 

あな , 

ま, :::.. 、(卷 ) ァレ、 を、 をれ だから 貴女 は :…… わ ……: あんま め I i 

K 漏よ., i へく し、. ひ悲 まの i き f て、 わが 眼 あひなが らも、 If 

i^pl ……: にね ぎ y のでが ます ……: 旦 J 

. a £ 謹ば して、 ,ぎれば がます が、 ?此 比の 御 J 子で n、 御 

も ii も、 &i る議 はお 5 せん。 れ.. irl^? り SSS4?、 ^ 



わたく- 



去年の 雛, 



二 七 



去年の 難 二 K 

ひ,) 上 ふた S- おくさま £ ^ えんち を い ,JJ さう だん W し^ き ■BTTa.TBrliBB 

IE- でお 二人 か、 奥樣を 御離綠 遊ば r きど 云 ふ 御 相談、 をれ も 確に は 聞きませんでした が、 ギ日 

が 藤井檨 へ、 お出で 遊パ した ビ 1# ふ なら、 き!? の i$ に 1ひ4 ざいません。 :…… で:! いますから,、 鎖 じ 

7 二 T > に こっち きれいで しま あ を f よ 

先方 力ら 云 はれる よ 此方から 奇麗に 出 てれ 仕舞 ひ 遊ばした 方が、 ^ん なに 好い か 知れません。 

ど、 吾 を 忘れて 膝 を 寧り 出し、 說 き^めた る 赤 4 にお^ は i しさ 戴に 鎖れ さ rt^ よ. clf も^ ^ つ あれば、 

よ 《.>& ^, しき な ふつむ W おも 

容易に 動く 氣色も 無く、 伏した る 頭 を 重たげ にあげて、 f 

(冬) お前が をれ 程に 云って くれる の は、 ^してき^5驄はな5,が。1しはきっしても船^を、 ^0^^ 

で&ど でき 

出る 事 は 出 來》$ のおよ。 

お f • ゆ い はな なみだ み しづ 

ヒ思; 3 切って 云 ひ 放し、 またもや 涙に 身 を 沈めぬ。 

(廿 二) 、 

/ *ー Z 一 ま^、 戶 i 'いわけ &ざ 

(冬) をれ は 又、 如何 云 ふ 譯で厶 います? > 

ど、 お 卷は尙 も 急き込みて 問へ パ、 ね 冬 は 暫時 Ilk もな く、 ぎゲ あうて H だ を 1! み Si み、 

(冬) 今更 云 ふ 事 もない けれ^、 常々^をする通.^の妾の隣|<観、と?ふ^&^彭の 1^なぉで 一 體ぎ 

ぅヒ 定めた 上 は、 决 して 後へ は 1! かぬ iiil、 艇に 1 ュか iiu ずる i へな ^は、 f^fhs ^び!: けて、 

ぅ&: S てから i のま ビ、 - m^^Mrfs. - f OS 

if 二ぎ ふき 酽 へられぬ もの、 Lmir しさ、 ,のき 威が fF? せ 世 g に はよ くわる 



かれこれ こ 



f が、 4 にも ひん」 のず なれば、 k&ma. fmsno m 

ふの"、 fpfi fc も ii のむ きめ、 i な 編 i にしゃう?、 幼稚い まら 育て 2^ 

せぬ。 ……: かへ すぐ も ザ、 う》 ヒ f こ f わき て、 きの M あす 事で も わつ き-、 再 

び こ 4 や 家の たきん 踏ませぬ.^、 あ? つての i し S :…… " ィ、 ぎて藝 な ff ませぬ、 I 辛抱し 彫 

しま?、 IfMI. i 編 til までち は 



へ たが ::•:• まだ をがぬ 腹の 中に、 高 をく ゝ つて 居た のど は 一 入 

f たし i:: ::: れに また ii までが、 ぼ I の f .vi き、 ね 目 をぎ けて 下された もの ゝ、 此 頃で 

は f i つて、 mtfk$ ぉま& して くれる,、 妾 はつらくて :…… 悲しくて :•:: • 泣 



ビ拜ん で やう 

しら どめ さ. a 



力 



t1f く > / t /l-'i'l こら ゐ このな ろ やう 

ぬひ 日 はぎ. ナれ炙 &k が is のおつ ゃッた 、 き i えて 居る もの、 ……: 此 頃の 樣に 



で 



flpt miiff. 1 がお ハ i さへ 船卞、 块の 中に 顔 I めぬ。 

ふゆ い を はな 5 . » 

お 冬 は 急ぎ 鼻 打ち かみ 



/^•h>^si<iJ1. ; C わたし たら ゆ ゑ こん こど 

§fffff. 1 し $ の つら S の奚 ふの も、 みん |が足 はぬ 故。 til かも 

おへぎれ て、 s^fift それき.? 何の 檨に、 お I 受 るか 知れ や,^ ら ない 

お^の ik. -、 ^がか,.^ にで も :…… もれが 巧 一 眞實 で.^ つたら :…… も. 2 りれ 迄 ど 一淑め も 



,「s ITX! い. 

去. の 雛 1 HQ 

する が …:… 縱令ひ 何様な 目に 逢 はう とも、 妾^,ら11家へ.^るビは ……: k ん でも わ P は^がな いよ。 :: 

: . いも. T ゼ > この あ ひだ あ たび &ど わたし こど しんば C- ち ^ 

:: それ:^ から 妹 か、 此 間から 逢 ふ 度 毎に、 妾の 事 を 心配して くれて、 縱 さんから は fK ひ ii くから うか 

わたし お 50 つ さま ま をし あ 5 ち かへ t く 2-- c I, 

ら 妾から 阿 父 樣へ申 上げて、 自家へ 歸る やうに しまし やう ど、 幾度 も 云って は n| る けれ^も、 をん 

な 事が 御兩 方に 知れて は、 入らぬ 御 心配 を褂 るば か. つ々、 i しが!: if が まいから、 g して rn つてね 口 3<れ 

で ^so 後4^,だから申上げなぃでト、 i の i^^i も 魔んで Iss た. …:: 

くれ を こ、 ろざし うれ か ひ づナ なつ 

して 吳る 其の 志 は 嬉しい けれ^も、 斯う 云 ふ譯に 成て るの だから ::••: ^う も 聽く譯 に は ゆかな, C, の 

けつ わる どつ ない 

だか、 决 して 惡く 取て は 不可よ、 

ふ もて は つよ かく & まき かん しん いま し a こよ ュ 

ヒ、 面に は 似ぬ 强き覺 悟に、 ぉ卷ハ ほビく 感心し 今 は 凋れ たる 聲 にて、 

(卷) 左 檨云ふ 事で 厶ぃ ますなら、 もう 妾 も 何も 申します ま so が U ど IV も 1 が、 あんまりお!.. i さ it.- 

おも ゆ われ わす まお しあ きな .cfo <_> 

ど 田ら ました 故、 我 を 忘れて 申 上げました ので * それ をお 聽 きが 無 S からどて、 1 で^くぎ ひまし や 

う。 5 れょ .cv か 妾が、 ^,3まぎれにりぃ^、ぎぎまし.5:^^ろは、 i ぎ, 御 Hit さい まし (冬) なんの か ぬ 

い われし , ぎ こ、 ろ かん., ゐ さま 

も 何も 入る もの かネ 妾 はお 前の 忠義な 心 n5tt、 ほん ヒに 感心して 居た の だよ (卷) なんの まァ, が、 樣 

! 忠義の 忠の字 も 存ヒは 致しません、 鏡 山のお * で a ム います まいし。 (冬) か ど fK へば …: . ひぎ MM 

が 氣樂な 身に 成ったら 此ぉ 鱧に 芝居へ 連れて行か うね。 (卷 )5 れ はま ァ :…… か Ji. が して !!ら ま. 

しゃう (冬 )5 れも 何時の 事 だか …:… 目的に せ卞に 待てお 居で! (卷) なんの 其檨な g: が ……: もう 窿き 



^n-^IIBB^I^^ImllllBlB 11 -_ き VJ ころ 5 ざ 

で だざ いますよ。 わ て f ます もの。 (冬) さ S く 奮ら うねし (卷) れは 利きます 處 では ム 

いません ホ 、 、 、 j , ,パト 

K i は F-i らして、 f0^ff. fff0. 容易に 枯る、 可 i 見え,。 



ffff f ife^. I ^はきに もまん のかたん fo 

f にも IT の!^ によ 寄- たきに、 si に はた 立ち .sfe のむ f ひ 一 へ 、 IrlKsmi: みて、 少 さけれ レ 



&さ いっけん K かい や, ) 

も 蹄から ぬ、 一 軒の 1 一階 家お, 90 

にば まば- 4 



^?カ-^-》 - s-c - -pl ( ビ つくろ せ 

ず if 力お i らぁ i のた 似、 さ 5f し 知れぬ さ 5 の、 して 5 植えられ たる 此方に は、 花壇 

はる、 もの 十, ず t て、 をれ に ま & て S き P のみ 見 ゆる は、 年の 內に i を 立? べき、 

に,Mぼ:^.… !—. .!, : 一.. . ; ; … ; >フ さ 』.- きい、、 あま しか a ^^M. ,.:r 



Is ろ ふ ものなる べし。 殿衡^はー本のぎ樹ぁ,.^、 太 さ 二 抱に 餘 



しか 5 すくれ なね いろ 

而も 薄紅の I 



: も 云 はれぬ 

a. 0pfff. mpKM-if. わら . き 墓ん しら. 

If ^nl. r 一 i のみ は f 「きて f た I* しく、 ま屋 は f 、 tf^^ 

の f て、 ^0s-i^. i: に Mr へ,?。 % みの あに は 丸 I れば、 東は嶒 ^ 

r 寺、 fpfk7. i¥ きもて 手の f るべ し。 ?も此 家の 主人 何者に?、 1 の 中 



去年の 雜 I 二 1 三 

程に 設けた る、 古き 衡 門の 柱 を 見れば、 ん r 日し も 皇祖の ふて、 まめに^ げたる^ の;^ の, ぎの^に、 

雨に 陽ら された る 表札 一 ぞ ひし あ & さへ^へ. て、 観お 輟 g ぉ七齡 ど、 まピ g を ど^めけ る。 

朝 まだき ょ义 <睡 れて、 風 さへ I にもよ I; けば、 鋭に は, や i けれ 气 i を!: ばせ し の 1"- SJ. 

峰の 櫻、 まだ 菜の 花の^ 色 も 見えね き、 ^は ii? の 1 ビ^まして、 Ik にだ v^i ろ も & き^てば、 ^を ii 

領 たる 東 山 も、 4 かふて こ 之を迎 ふるに、 四 艇五艇 の^の:, W ら でも、 殺歡5^な#ょ2^き嫩ま酽、こ|!まで?仏れ^- 

k さすが ふ にぎば »yl ? 

て 流石に 今日は 賑 ひけ, CNO . 

ビき じ なろ き. かさ J 二 、 ご- -レ 

時 は 午後 一 時 頃なる べし。 北の方よ.. 鉱 n をき"., て、 :S の i: ん g に^か、, C たる の を か.. あ 60 ち 

淑ぎ るべ し。 き i の ゎ# ムに、 f の1 齷、 i た 多の 力き たる f 、ち,: r らしく ゆれず、 

茶 S 廣の 帽子 少し 斜に? て、 に i き スープ ツキ を I 犬き、 灣仃 g の ii なる は、 か1薦 玄. 41 は 

る 

バ 冗ん を どこ もん へ > ^さつ ちょつ どみ ひど うな づ て C- とりき、 [ . » > — . 

件の 男 は 門の 表札 を 一 寸 見て * 獨, -點 頭き たる 体な うしが、 IT 儘つ ど lai^*!: き、 まっ;^ の 1^ へ&) は. CS て、 

50 i なれ く ク 

SS の 外よ 》9fH; 々しく、 

ざ 5 ざ $ うち . 

(男) 七藏! 七藏は 在宅 かィ? , 

ど 呼へ は、 內ょ. CS ヘイ ヒ答 へて is でた る は、 1^ の i とも^!^ る、、、 四十 |# の を:^.^ て 、"かこ を^る よ 6> 

あはた V れい 

連 忙しく 禮を なし、 . 



(女) オヤ ii でお &ま すか、 よく まァれ 入來下 5 ました 

を どこ ば 5 ビ ^.^ - ノ、 

男 も帽を 取. て輕く ー禮し I. I g I 

(男) 七 g は So るか ィ?、 (女) ヘイ 居. - ますで ム います ?サ 何卒お 通... 遊ばして! つち f . 、を 

f i に ilf f 卞、 ゃ.¥&1へ;|ゥし¥へ,の懇ぎ£、 0^af 

にて 入. ?^り 女房 を 見る よら 小聲 にて.' 

(七) 誰樣が 入らし つたんだ? - - 

ど酽 へば、 Mrf fpKiiii. : を 

(女) き 井 i の i 、およ。 (七) S 編の? f " i^fM. - it^o 

(女) ぎ K あへ い 入らし りたよ o( 七), まへ i し 申せば い、 に。 . !? 

ど、 pi に 七 i は め、 おぎ i ず f して 霸 i へ r ん I しが、 また 小戾- して 窗 

み、 5 ち 

に 耳 折 



(七), ひ 一 4 上げ I- ィな。 (女) あの 力お はま-やしま-。 れ? ァ鮮 がよ からう。 (女)." ァ、 

左檨 しまし やう。 

(廿 四) 

K も sr-p, 蒙ん、 S きに ©it ,力 彼の ま らん 5。 



A.^s » . こ ひ ♦、 ど さえこ Aj 、ろ この ころお もしろ あ 5? さま な ひ £ すだ • C -、 ►* ゥ 1,, 

さても 保 雄 は、 わが 戀 人の 小枝 子が 心の、 頃日 面白から ぬ 有樣^ 成. > しも、 偏へ に 春^の i の 1^ ぎよ 

し - な KSJ ぞ を て >ゥ わ ばか わ こ、 ろ やす 、 しき おも ひ くだ lc<>hj 

ど 知れば、 何卒して 其の 調和 を 計. 9、 吾が 心 を も 休めん もの ど、 頻. 9 に 念 慮を碎 きし かち iy! がの 

.f- た k やすべ ゑ い けん き、 め のち {43 やう きこ ち、 て、 ? ->、 

方 にても、 保 兵衞か 異見の 効驗ぁ ftN て か、 後 はさした る 苦情 も 聞え す、 父 も 漸く 安堵の:^ にて、 |_ じく 

ひ ふ ばか た 5- さえこ いせん われ つれな み ..,5-- わ if \ き ,,》,.- * 

日を經る計ft^なるに、 只 小枝 子の みは 依然 どして、 吾に 强 面く 見 ゆるに ど、 ぼ. 怏々 どして 氣色 慰れ す 

まゆ ひら ひま な ^^びゃぅ な ふび や 5 さ を だ ばて ft で り 5、 ^ . 

愁眉の 開く 間 も 無き に、 持病の g 病 さへ 誘 ひ 出されて、 果は學 校へ も 出る とならね、 パ、 41 は^を 斷^ 

ちお ほ や 5 よ い しゃ す、 め らゝ ゆる ャ- う. 9 C 

な 地に 置きて、 ゆるく 保養す るが 好し ざ、 醫 者の 勸 論に 父 も 許せし が、 さら どて 揚治ど 云 ふ 程に も わ 

かねで. S ざう い へ しが £, ばな 5,, ころ さいば そ こ しばらくげ しゅく ひ クー し - さ 5^ 

ら ねば、 兼へ 出入. 9 の 七藏が 家の、 市街 を 離れし 處 なる を 幸 ひ、 其處に 暫時 下宿 せんど、 獨,^思||を超 

め、 觅も角 も 諾否 を 聞かん どて、 さて 乙 を 今日は 訪づれ しなれ。 

ざ 5 やが やす を かい あんない こ 、 で ふ ひど ま A み C 矛し £1 t -' レ i> 

七 藏は臁 て 保 雄 を、 二階へ ど案內 すれば、 此處 は八疊 一 間な れ^、 上手に ハ 一 ^の床の^ゎft^て、 像 

•ij &丄 ゆ;^ . ちく- かみ ひな き 5 れき したが まへ もくれん ん さい ばち これ てもりし 

ハ 知らね^ 吳 春の 一 軸、 紙 雛^ は舊曆 a 從 ひて か。 前に は 木 蓬の 盆栽 一 鉢、 是はぉ 手の 物^ 知られぬ 

, ゆしい.? なか k あたら めん ぐんない ざぶ? ^いだ 30 こわき ざ す ^5 

七藏は 押入の 中よ,^、 1^ なた 新しき 綿 郡 內の座 蒲圑を 出して、 床の 脇に 坐を据 へれば、 保 雄 はもれ を g て 

みづか まろ ま _ ^ば ちん しゃ St あ ひせ か おもて け しき なが 

自ら 丸窓の 仰に 陣取ら、 障 紙 を 明けて 臂を褂 け u; 外の 景色 を 眺めつ、、 

、、: いっき, まへ 5 ち みばら よ 

(保) 何時 求ても ね 前の 家 は、 見晴 しが 好く つ てい 、子 

いざ 5 ちゃ 3 だ - 

ど 云 へ ば、 七 藏は茶 を 入れて 出しながら、 , 

. » みばら どつ &ざ このへん だん ひら まる 5 ち きん じょ でき . ハ ま 

(七) ヘイ、 見 晴しは 一 等で 厶 いますが、 此邊も 段々 開けて 參, 9 まして、 家が 近所に 出来ます. ら、 ^ 



Iftii (保) きさ。 がすつ ち fefe てし まふせ。 ヨ へ ッ、 

if (保 まって、 i^too (きき やひ 操ち 4; if っ出來 "メでざ 

5ムノ ます. か。 (保ず うれに ぎ??。 (七) オヤく、 れ, ァ 今の 中に 何 まへ 引越 わす;: パムか 

ft (保) もう しぎと ぎ if ぎ i.s 一 f 。 (さ 、ノ 、1| も 中 

なかし や, 一 ふ:? ふ -、 & お、,, 

み、 商法 氣かム います 子 ビ.. し 、やつ、 も もき た 

0tfMa. i の f に、 しき 露 子、 八 個ば か;. 盛;; て, f、 . 

(女) 化お S せんが、 P お 1 ッぉ ff しまして i れに 今日はお 休 曰で ム? しゃう 力ら!, 

tef<kt<fl giffo さう 心配され ちゃ 困る。 (女) ナニ * 

,0\^f0ffl. ま し f も 何も? や 致しません。 . 

ff \0f^^ へ t 打けば。 鍵に 鎖^ は 七 藏に向 ひ。 

(n? きに 七, (七) ヘイ。 (保) r 曰 あお 1 がわり てき I ん g 、だう I いてく > るか。 (七) 

へ ィ、 ノ まま" r で 力お ます P ら。 §fl & のぎ f 雷 貸して S 度い;^, た。 

(七) ヘイく、 をれ はもう •:•••: Sr5cw あばし まして。 g^p0fix.,§ 

M こおみ r んだ V ffF (七 T れ I、 ァ Is. きに 居らつ しゃら う ど云 ふんで ム います 

ネ。 §:tsi ッて、 一 f&s 儘なん だ。 If らう ぁに爵 f 無 けれ $ いてく れんかに 



去 年 の 難 ! I ニニ六 

ョ をれ まう ti で: Is せん r く s&iFi し 1- うお? すが 

^ こびん か いに 

云 ひ 力け て 小鬢 を援 き、 さも 云 $惡 く r.- うに、 

S , * をの 

(七) 少々 ::•:• < ^う も 其 :::: 

(廿 五) 

(保) をれ では 他に 差 支が あるの か。 (七) へ ィ?^ お でも ません が :::: 園に 巧 角で:^" います 

が :…… (保) そんなら 强 いて ヒは云 はんが :.::. 一"#怵|ぶふさ#^ぉ^んだ? (七) へ ィ -i. (保) IK ひ lisiS な 

ら, 度く S いが。 (七) 左樣 おっしゃ S ます .0、 わ ■ipi が :…… き is? せんが.. IS は is 

ネす め" £ ざ まへ <h す,^ 

娘が ム いますので。 (保」 お前の 娘 か。 (七) ヘイ。 (保) ^〔尿に ^5 るの か。 (七 }が え、 に" 居う ますの > 

(保) それが 何う したんだ? 

% fa^ L- > ね^ こどば ぎりい ま つ、 よ,, 

^ 疊み カリた る 根 問;: S の 言葉に、 七藏今 は 包む に 由な く、 , 

£ へ iM 郞 2? すから、 mifffi. pmtt. おる pi のき 、にな 成-まし 

て、 御 妾に 成て 居, -ま すので ム いますが、 usi^ii に は、 麟ヒ した^ 觀も おお .oi ばす の ださう で、 

頃日 其お 豪の 方から、 i か襲& つ &r、 ,黑 iplK ふ 1に% るので &ム さ? すが。 ^ 

る 影 も 無い 娘 も、 iui に" 日ん 一ず ま の S い 意に い 入, - まして、 が、 -iin けあして 射" あるれ h:^ は 

無い。 只 世間体 を 繕 ふ 斗 $ の;^ だから、 し瓤 i の あ %#ん| いて、 ii へ歜 りて は iK れま S か! i¥ に は; % 



flyitiH^ うし、 ?ず £4 へまつ ま 1 て、 ^^^u^ I 

I ふで は r 、 gB?? す、 JJa^H5^. ? 

こ iyf & ムノ ますから、 & まき" 11 しまして、 き I ジ 5 中に 今迄の 處を 引き 拂ひ、 ra 

S て f ますから、 r へ M つて ir す S に、 ぎ ff ますの n:l へ. :•::. 誠に: tr い 

Mpi また 義 ぎ さすが、 へ: .:•: 1^ :…… 折角で ム いますが、 此 度の 處 

ヒ、 i る& くに i る 》、 ftffmiK ml "導 酎 はい fj^ 

ぎせ て、 fffl. きず,, if f して、 上..? し 例の 女房で る、 話の 

ちき, 41 ば、 ffm&K 雨お の 間 へ 差し出れ、 ! II 

nffxf. i らしく t いもので i ます V 何 i 山 召 上 4 して! 

r ざ 5 f* よ す W \ 

ビ云 へ ば、 七藏も 一 所に 坐. - て I ま、 . か, き 、 

(さきう も S でお いますから、 1 もお きく I あ 上 力る, i 喜 せんが、 如何で ム いますお 5 

と リ辦& るく r るに、 g ままきく きれ" ず は ぼぬ rlr 、 T ぎ f ぎひ 

f れズ 、わ r も vir、 七 i もく 口ち をムグ r して、 Is fa I 



susfisgsgs 一 三 七 

去年の 雛 




^ I 去 年 の 難 II! In 1 三 八 

一 さるに て ir の 話 は、 此間 父よ., き 聞き r 込みし、 f でか IT の^の,, に、 ぼ ヒ矿ふ も i かに. て、 . ^うやら _ 

一 其 事ら しけれ パ、 重ねて 問 はん どせ しかき も、. どやら、 S かる、 g が,. て、 一^ ひきす^ 

氣 i く、 邪魔 I ふに まらね f 、 なお は ST の i く 1 ば 場 を さ 去れ かし ど、 ,f0ff 

今 は 御舆を 此處に 据えて、 容易に 動く ベう も, えねば、 いど^ I 总な くも!^ g| な はた 時 ハ^ を g しけ...。 

稍々 わ .0 て 下の 方に、 人の 來れる しぬ。 『1^ よ. 4 べ酽 41 人の か 家な き、 1 に ひ ムのゐ 居るべき 1 ぎければ 

ば 5 あばた 5- ざ た fj ャざ しき A ゆ 2> : , 

房 は 連 忙しく 坐 を 立ちて、 下座敷へヒ降.c^行きしが、 やがて 敲き wi, にて、 

、-- たれお も みつ 一 

(女) まァ 誰か ビ 思つ 4^ ら、 お 光な のか ィ . 

k S. こ ゑ きこ I 

ど、 云ふ聲 さへ 聞え た. CNO * 

ゃサを これ き 

保 雄 は 之 を 聞きて、 

(保) 誰が 求たん だィ? 

ヒが?酽 へ t 、七 i は PT 凝が、 

C 七) 大方 娘で ム S まし やう。 (保) ffXo た :••:: ? (七) へ ィ :::: S 酽 i も 蒙 ^も^れません ナ:: 

、 だんな,)、 ちょつ ど, U めん あ を 

i (保) 其 旦那が :…… (七) 一 寸 御免 遊ばして 

f またした ゆ 

七 藏も又 下へ 行きぬ。 

(廿 六) 



ざう St した ざ しき おもむ zf ゝ.^ p、 ノ£> 二、 ノ 

七, は 1^ ぎ 下座 敷へ 赴きし が、 間も無く 弓 返し 來て 

やつば むすめ & ざい I . 

(七: 矢 張. 9 娘で ム まし l?-o 

r ^1 きづか , 

ど 云 ふに、 保 雄 は氣遣 はしく - . 

をの だんな い ひど いっしょ 、 > 3 • 

(保) では 其 旦那 ヒ云ふ 人 も 一 所な の 力 

£ f ちょつ ビ か.. -ら ふ ► * 

ビ 問へ バ、 七藏は 一寸 頭 を 振, -て おいでなる I 

(さ 11 人ム いました。 f f ^t?. ,ら r 入 f 成んだ さう でム います。 (保) 然 

し i からく 來るま く來 るん 50 (七) へ ィ、 きんで あ、 S まきし ました f つ 就きましては 下 撿分 旁 お 

. ffft f: でだノ ます かお n%l した。 §5 れ I 私 "もう 歸る どしゃう。 

(七) i をれ では S 喜す、 f fesi しません、 0f<AJr こな: 

Z 一、 ろ K-ro け. I きみ こなた 

ビく 口ち こ は 一 がへ^、 l^l^lj 船へ t 仃 きて よ... 、ぼ どなく ソ フ-, - して 1 狼狠へ 居る 氣 色の 見 ゆれば、 此方 も 

if f に、 (? r も f たま ら ねえ) お居す る は M£ の i、 f 今 聞きし 娘き、 もし わが 

f f fpft if it めきなる ベく、 此方ら も わ? 

0tff. 七 S も!^" sssvf 卞、 きくの iTf 、ぎ 設け s 害? て、 欽 待さ へ 

き i せ 卞、 鍵の 震 pif 、 ,に lirl ベ つ、、 ぽ の 外まで, 出しぬ。 ■ 

I ^ I ^^^^ nm u i 



去年の 雛 1 四 lull 

かくて 保 雄 は、 七 藏の家 を 立 S3 でしが、 さるに て も 1 ぼの の、" きろ ュ ま- > て, へ 鍵. さに、.^ ぼ まるも^ 

い, さいば むすめ だんな もの あど こ、 く い しば し こわ ヽん ff^r ごり _u 二 

意なら す o 幸 ひ 娘の 旦那なる 者 も、 後よう 此處へ 來るビ 云へば.. 暫時 此きに 声 f ひて、 ill^lM を 麼ゲ 

こど さ ほ ゆる ゆき、 ひどめ つ ゐ うちば る A-HV- た かた まし,、 s^r 

んヒ 故ら に步を 緩めて、 往來の 人に 目を 注け 居る 中、 遙 かに 川繍の 方よ, cO て、 走,?^ る 1 i の 人 m 

> D :^^その5( ひどみ はた がな そのお もて すで むね 5 ち がゐ か かすが ちゃ 5 の寸け 

車ゎft^o 不圖其 上の 人 を 見れば、 果せる 哉 其 面 は、 己に 胸の 中に 描き 居た る、 彼の 春 日 錠之脉 な, 

こ、 ろ みつ めん- SJ う ばう し ま ぷか おもて そ む t*^ よ. 0. すな 

さて ハど 、もに 點頭 くものから 見付けられて は 面倒と、 帽子 目深に 面 を 外向け、 首尾 好く 遣, 過し. 5:^ る 

の た 50 •、 そなた み くろま わい ざう いへ もんち A すゝゅ を こ 

後 立ち止ま ftv て 其方 を 見れば、 人力車 は 吾が 出で し 七藏の 家の、 門 近くに 進み 行きて、 やがて 其處に 

かちば う おろ ^ 

梶棒 を 卸ろ しぬ。 

^^/\ L おも よ こど よ wc£ ばっけん ま t ど か 

さて 乙 を彌々 ろ わな ft. けれ。 rJ は 思 ひも 寄らぬ 事よ ftN、 容易なら ぬ 事を發 見せし もの かな。 誠に 彼の 七 

S 吾が 十五 六の 頃よ.? して、 吾が 父の 愛顧 を 受け、 平常よ 6 出入る 者 なれ^も、 彼に 娘 あ. ON>J 云 ふ 

け > ふ,、 > ひ 、 P - 、 3 をのむ サめ かサが たまし ひ まった 5 ば ふゆ もの t b れ 

事 4 日 か 日まで 聞きし となく、 况 いて や 其 娘 乙 そ、 春 日が 魂魄 を 全く 奪; S て、 お 冬に 物 を 思 はする (五^ 

^ fen 、zl く か ぐ わい しゃ, 5 げ ゆめ L かの ざ 5 もど 

にも 物 を 思 はする.) 憎むべき 彼の 舛妾 なれ ビは實 に 夢に おも 知ら^. 9 し。 さ, 9 ながら 彼七藏 は、 元よう 

腹黑き 者に も あらぬ に、 何ヒ して 其 娘の、 良から ぬ 事 を 行 ふ をば、. IT ふ もせで きて f くに や。 まが おぎ 

も? カサカ 力く し し そ ほんさい なかさ さ ち、 , こど し J う 

なる 者 を 春 日 學士と 知るならば、 其が 本妻の 媒妁人 ハ、 わが 父な, CS ど ふ 事 も、 知らぬ ii は ある まヒ 

k が てん ゆ 

きに, さ ft- どて は合點 行かす 

保 雄が 双の 腕 は、 何時の間にやら 胸の 邊に 組まれて、 頭 も 自然 ど 前に 垂れ、 足さへ ^,どもmたげなft^が 



L い つ ひが I まるた ち き-' 

ると もき t に!.^ ず u びて、 i き は 何時か 柬 丸太 町へ 來 



か、 



.9し 



力 



5 しろ いはほ ひ f\L - 11^^ Z 、づ J. 

折 ら後 よら 勢よ く 駔け來 .9 し 車 



ぶ 夫の ii に P されて &|早て ゝ身 t けん f る 時、 車の 上に 聲な て、 - . 

ふち も くん 3^ こ いつ , 

(乙) 藤 井 君 何 處へ行 S です? 5 !. I. f や 、 

fm§^<. pfss. 低の 乙 倉なる にど、 ssif . . 

(呆) ャぉ乙 ど 組です か。 § き 鐘 は l,f す?。 (保) ュ 、爵 う、 i き、 I 快し ません から 、今日 

は Tff で 出たん? が。 Mf (乙) iiTif でよ きしに f まして、 鼦る處 です o( 保) 

だ^です か ……: もう 酽 m はわり ません か。 (乙) H 、もう^へ^ る 斗り です。 (保) 途中で 佣で すが ……: 



iiiT¥li^ が :…… (乙) さう です か、 では からぎ 一 所に 行き ませう 







デひ つ、 is"r、 mffff. 



こて、. 3 き- i.5<l :: e っチふ ふ.,) ぎこ ど はっけん 

……: ほの i です (保) まの S さんのお で。 (乙) フン。 (保) 實は 今日 不思議な 事 I 見 

したんです。 (乙) へ l- ……: , 



ハ廿 七) 

ひが 紙 て、 & きに^け たる 1^1 に、 ペンキの, S も 鍵い く、 滋養 亭ど云 ふ 西洋 料理屋 あ..。 奥 



bil , フ、 す 5 づ さしむ か ふた a ♦ で どこ こ, れ 

またる 1F、 さ II ブレ. を fl? 、よ 四 個の 椅子の ¥ 埋めて、 差 向へ る 二 個の 男。 f 

P ら どが、 M あに 纖 おく、 fmEf^. f へ は步皇 し t べし。 




去年り 雞 ヨー . 

食事 は 已に了 はらし £1- しく、 _i へに は nl ヒ ilif 嵐の み 魔., て、 11 の 齢に rN;^ る、. ストック ビ ー 

, あ a- びん 5 さび 

〃の 空罐 の、 キ〃 クも 失せて いど 淋しげ な ftNO 

おど くら な、 いす もた しづか や £■ た つか 

乙 倉 は 斜めに 椅子に 憑れ、 靜に揚 枝 を 使 ひながら、 

(乙) 成る 程、 其のね 話の 檨 子で 見る ど、 ^が ど Miti ど は、 なかく i れる^ i は i いですな (保) 

きう も左檨 らしいです。 世間体 は 手 を % り たど せて、 ま:5辩粼の毅で§|^ひゃぅ4^ふ :::: (乙)^ 

しそれ なら <ェヒ 事です な。. (保) さう です ::.:• |^は1111%がぎ"入ぎの1、 k もな くまが さんが お ま 

したから、 阿 父が それ どなく 遠 廻 はしに 意見した のです。 するど があった ど^え て、 n 觀は 一 

か 5 ケた -5; う きこ その コン キゥ は, 5 てき C- どま ビ , ?. 

向 苦情 も 聞え ません し、 また 其 外 妾の 方 も、 手を切る どか 暇 を i5 す どか rH ふ i を、 ir 爺に も tK ふて Ss 

§ うです が、 て f すれば、 れも S けの i で、 iir かき? >i い 入れ やう, 4 

ふ :::: 實 a 怪しからん とです。 (乙). V れで II 七顯と fK ふ if の 燃で がな び のま 1 である ヒ IK ふ iS は、 

大人 も 御存ヒ ない のですな。 (保) 無論 知々 はしません、 でさへ け 今 ふ 日 1 難め て^いた です もの。 (乙) 

^る i、 i しぎ 似 は、 £$rfftp?. IT も 二 isr せし は 

甲村の誤ft^なり) に 聞く まで は、 實に 少しも 知らなかった のです o( 保)!: から? P の さんです か。 

(乙) ュ 、o (保) は、 ァ ……: (ヒ 私に 點 頭く 体な 力、 乙 倉 は 見咎めて) (乙 )1 です か。 (保)!: んでも あ 

-9 ません が、 K. 村さん な. ら思ひ 當る事 も あるんで す。 (乙) 何う 云 ふ g です か。 (K) あの!^ なら、 Mi 




tmmmmmmKMmmmmmmEMmMtmmBmBmMsmtBmMMmmmmmMmKmmmK このはん さ. SLi かん Z \ , 

七 魔の? 4 に si して Se た も あ. - ますから。 (乙) 成る I 程。 をれ ぢゃ此 件. 5 最初から 關係 しど るんで 

すな。 ィャ Tsf r をお つ f な f m 組の 禁 11 で、 i に if た f 奴で ち 4 は" 

a あ S つて f に 望 ないです。 (保) i し S さん! まに 魏は、 實 さんが 彼の 家へ 行く 應 

わ 載して ぎので す?、 もう すが。 ::•:• 仕 易く? ましたな;. ん (乙) い 

かに もき です、 ii の iv S へが f g お f f f ずた ぎ、 0JJ^^h 

、が ……: ,ゅし霸..!-攀がャ日ぉぃ出でにな成ゥたず、 ,の はかで 知ったなら、 I 何 か I の 手段 

力 f な ほタ こいつ こ 

を I 退. やします ま か。 (保) さァ :…… をれ も i 合 はれま せんな ……: 成る 程 此奴 は 困 まった な ……: 

i ^ おも つ や 5 

ビ働^^^||の^な--し、が、 ゃゝ ありて 何 か 思 ひ 付きた る檨 に、 い 

(保) ィャ i まひません。 Iffk^H 0fi fuj 

?鍵 して £4 す。 pim^f. 00l<ft 七醫 つて 自 

むすめ 

\ 良 C , 



ぎむき f す もの、 f でも f きて S させて、 t ちまら 手 I らし〕 し 仕 ぼ ほに 違ないで けに S2) 

舊!; れは なません。 き々! < から F 化ければ、 - きめの 方 S も S 話で 

が グゾく ぎたら、 薦こぁ £ じ 人 V 腾 しく S をして や-まし やうから。 (保) サ 1 か i 

,ます。 (乙) 齢し t 似に f は、 if ャ餘¥ き f し so 糖の" 知が、 却て ii ら つし 

やる りに a 



I .3 , ジ-凝 一 四 四 

* なにげ,, な い こ >j ば な K ゆ ゑ やす を おもて また そ くれない さけ さ 

ど 何氣 無く 云 ひたる 言葉、 何故に や 保 雄の 面 は、 又も 染ま. て 紅 な. 00 はや 酒 は 醒めた るに C 

(廿 八) 

こ 、 へいあんち よがく か 5 ていない . 

此處ハ平安女學校の庭內な-^o 

る 1 i の si、 0ffsf fffi. ilT の ,陶 せば、 10 

こ たか 4 ば" , * け * ふ ひよ s- め の みせの も 5 せんし ;,! 

小高き 芝生 は 今日の 日和に 芽 を 伸ばして、 綠の 毛氍敷 さしに 似た, CNO 

K ノ 》,.,1;^32:^?> 、 - B ► ^ 、 ゾ ね. i な J- ゐ ひど W せう ちょ きば 5 も 5d みにく 

今し も 其蕻に 還れ 膝の 上に 一 冊の 本 を 開きて, 餘念 なく 眺め 居る 一 個の 少女 わ. 90 容貌 元より 醜から 

す、 衣の 摸樣も 宜 を 得 たれば、 宛然た る 一 !i の iii、 わ はれ 松,^ の 鎖 にぎらば、 li^ の ドム を や^かし 

得ん 

ぎきは§ あければ、 ひ 日 あの 4 か i にあら て、 mii に? たる S の p、 f 1 て 照らし、 

ゆ あ.^ まへ がみ ひざお て かふ ま..: ろ 5 へ 5 つ を さも ( かせ 

其 力 可愛らしき 前髮を 膝に 置きた る 手の甲の、 眞 白き 上に寫 したる が C 折々 誘 ひ來る 風の まに-/^、 

かみ ゎづ 5 な まで かげみ ふ せい 

ほ つれし 髮の 僅かに 動く 迄、 影に 見 ゆる も 風情 わ. 90 

4J- う 5^ よ ^ ぎて まいば か ばつ ちい つばき えだ も しづ くち b^M- も 

少女 は 1 羽め よ.? の 手に, 二 枚 計ら 葉の 付 さたる、 小さき 椿の 枝 を 持ちた るが、 靜 かに 口の 邊,, に 持ち ゆ 

きて、 葉の 尖 を 美しら: 唇に、 ちょ どまり て はまた 纜し、 二 « の 鱗に て^. かすな き、 5 へて iir きの 酺き 

k こ、 ろ ひら ほん 5 ち まった 5 ば £5J 

にて, 心 は 開きた る 本の 中に、 全く 奪 はれた る 如くな ゥ。 

' . ぶま, をの をば ひどす、 く L しん め しょせ う そ、 -ひ つ let- さ 5t3 ま li? 

され は 今し も 其 傍に、 人の 進み 來るも 知ら 卞、 一 心に 眼 を 書 上に 注げば、 何時 ど はなく 幹の 後に、 又も 



ひどり ^vl め あら 1 JrJJ-o 

はい 以歲 の^よ \ T ッ fT ッ i かるべし。 赆れは i も に t び、 誕 li" ず を,. 4. げて、 肉豐 なる 九顏 

s つく あい? - 

の、 美しから ね-^ 愛嬌 わ. 90 ; ミろづ 

き r 女 は f i を i び、 『の i お f 、fif i がて t し、 が。 かくても 未 g 付かぬ に、 

ばて われ こ ゑ か, » 

果は 吾から 聲を褂 け 

さ. B こ & べんけ 5 

(樂) 小枝 子さん、 御 勉強ね M! 

广 te こ、 ろづ こな を どめ い、 . ふ?, fn -.、 

ビ、 fK ひしに W めて 心 付き、 此方の 少女 は 急き 振, 9 向きて • 

(小) ぉ樂 さんな の? まァ 愕然した ヮ。 

さて,, を 3 ざ、 n& お?、 濯の pi? けれ。 - 

く この 5J3 まへ ば 5 ^ ' * . 

お 樂は此 時 前の 方 へ 廻 は. 9 て 

さっさ こゝ S , 

(樂) 貴女 先刻から 此處に 居らし つて? 

い さえこ な は 5 つむ • \ 

S へ ば、 小枝 子は尙 俯視 きたる ま、 にて I ひ? ! 、 e . 

(小) お、! (樂) さう。 if S も 知らなかった もんだ から、 S から 扣 所の 方ヒ、 方.々 探して たの 

よ。 (小 T れ はねぎ f つた ま。 •::.: をき に pi して ::•:• な何か用が あるの? (樂) 何も 用? 無 

m ぎ まら。 51 が? (樂) i ぎ ss,-? 置ュ 成って なら S ヮ。 



去年の 雛 



四 五 



去年の 雛 



1 四 六 



» あま aU ど St さ&こ A へつ l^^i 

ど や 、甘へ る 如く 云へ バ。 小枝 子 は 却て、 . 

' » , こど なにき な 

(小) を かしい 事 子 。何が 氣に 成る の? 

れい だん あいさつ らく ふ まん おも、 ち さ? U t > t 

ヒ、 さも 冷淡なる 挨 接に、 ぉ樂は不満の面持にてニりっど小:^子がg^をがぉ^cせしが。llめ目もrらc. 

-; Y^- けん V ^か こな サこ ゑん5^ょ .L ば こどば ひ A を 

書見の 休に, 此方 も 少し 遠慮して、 暫 らく 言葉 を扣へ 居, CV ぬ 

稍々 あ 6, て 小枝 子 は、 何 思 ひけん 急に 本 を 伏せて、 の!; を^- 5, 叩め、 i に Si を! j ける ビも なく、 ぢ 

ひどみ こゐ らくよ ム. ち K) ら 

ゥ 50 瞳 を 凝らし 居る に 。ぉ樂 ばもう 好から うと、 再び 口 そ 開きて、 

(樂) 小枝 子さん! 、 

* よ きこ さら へんじ な な t< かさ 

ど 呼べ^も 閬 おぬか、 更に 返辭 無し 尙 重ねて、 

(樂) ネ ー 小枝 子さん r. * 

, > ちから い. い さ. S こ や 5 や こな む _ 

ど や、 力を入れて 云へば、 小枝 子 は 漸く 此方 を 向きて、 一 

なん 

(小) 何です? 

ど 云 はした れ^、 をれ さへ 1 向氣 の乘ら ぬ返辭 にて、 何やら ^Ig の ¥ に は、 ぎに i ヒ i の. G るら し。 

此方よ 々しく 言葉 かけ々, る を、 彼方に て菅 無く 受けら る、 SJ、 g 白から ぬ もの はわる ま to お g 

は 幾度 力 小枝 子 を 呼びて、 話 をせ もど 思 へ^も、 小枝 子 は 何が 氣に 入らで や、 I にがち 1^ る if:^ もき- 



お: iJ ろ 



-o 



だ 



ン ケチを 取. 9 出 



i のの i のお を f 、 やがてき t らん f るき ぉ樂 は 驚 I4CN て 

さえ. こ 

(樂) ァラ 小枝 子さん 待て 頂戴! • - 

ビ、 1 急ぎ 袂に 取. 9 付きた. =^0 

きビ 取られ? が? は、 mftti 0ff0^<. 

(小 }i の g なのよう? 速くお 云 ひなさい な,. 

ビ、 fkiTt f まむ 覼具 るの み :::: ? しけん 急 はしく 袂ょ 

し, わ 吾が g てを^ ふよ..^ おしが、 rfi 鲈 I: に! はや 涙 を 啜る 體な I 

お 田 まひ も よらぬ お i の i まに、 さ 小" 枝 こ 子 は 言葉 を 和らげて、 

(小) オヤお i さん、 泣いて るの? まァ 如何した のよ? 

ら i して s!ff く ッても i 鲁ゃ t$ ん か:., . . . f f0 

ビ、 なき sir むる き、 お i はきら t び? に、 持ち, 本 I 中に 收 

め、 I: の^よ. く して、 お 簡の顏 を观き 込みな から、 

いの? (お i はた 口が i ピ f ) ::..: iffif 103 



去年の 雛 



つ IJ し へんじ > 

f 妾が 返事し なかった 力ら f 



."セ んな 




" • ノ. ノ:, - くい おな: 



? て は.^ 词し たの? 妾に なら 云 へ な い 事 C- でし やう。 

, い; S さ *s すげ な &4 やさ ビ 

ど 今 は 先の 菅無 きに 似す、 si 優しく 問; 5 かくれば もやう く gr げ、 Ig ふ i に戀 



し!":!、 小枝 子え! (小) . ィ。 (樂) わ •:•:: き :••••: ももう ゎ%1 ビ £が つて ずら :::: 

後 は 又 堪え兼ね たる 檨に、 ?^. o^^^ft^o 

小む 枝 ほ"? ききて、 gas ある f の? しか、 Tif まら に はぺま らぬ g に 

て 無造作に、 

(小)? f 1K ふの か LI つま、 f^sk$^K X がらない ッて rK" まし さ. (樂) 

でず:: (11? 何う したの? ァ 、鮮 つた。 ま はま、 I? ん f m を f な? ん だから、 

もれで f 思つ こてれ らっしゃ るんで しゃう。 a$hf SI? んずく 口ち をき 利 

かないの は ……: 此は 他に 少し is 由が あるから なのよ。 をれ Lr 女、 まま を ま 廻 はして :…… (樂) « に!! ッ 

て倾? (小) 其譯 です か •:::. をれ は 云 はなく ッても 可い !;》 の。 (樂 T、 をれ おや^^ ……: だフ。 y) 

ァラ虛 きんど 吐く もんです ャ (樂). え? f fi (小) ぎた ッ やしな s& 

も 

ひ を あたり み ま 

ビ私 かに 四邊を 見廻 はしぬ。 - 



(小 T§ や M ザ c ますけ f pi? Mi ねぎの 御 I さんや、 I 御 兄 上さ 

んこ、 さう i つし ゃッ ちゃ i です よ。 sffa (小) 吃 度ね? (樂) え、。 (小) もん 

なら i しまし やう。 議,. ふの はね、 ^も if でし やう、 わきぎ to (樂) をれ が 何う した 

の? (小) t が 可ず うなの.? れで £: かして f して わげ 度い I つて、 每曰 5S りか..^ 

,てる もんだ から、 ミぉ藝 f m を !:£ お?、 1|を讀 でもち つ i 誉られ なくって、 

ほんと に 困る のよ くつ 

1 めて あ 明 V さ 小 や きく も S ",& たれば、 さして, たる 氣色も 無けれ^ ? 一 層 打ち 

し » 

凋れ、 

乙の &ろ わたし くち P • , >' ) 

(樂) さうな の もれで 此頃妾 ど 口 を 利 力な 力った の? 

14 ま 5 らみ ふく い さえこ あば 

ど、 11 も 恨 を 合み て 云 へ t 小枝 子 は 周章て、 1 5 

(小) だ? さ。 ff$f fltfii (樂) さう •:••••• 大方 左醫 

らう ッて、 0fff (小) え 1 い 上 i ず (樂) え、。 兄 も大變 心配して るの :…… 

(三十) 



去 牟の雛 I 一 五 〇 HI 

I らく, さいら つ こ^ば さ&. J き、 すてが た い をが ど 

ぉ樂か 最後に 告げた る 言葉 は、 小枝 子 も閡棄 難く やお. けん、 急はしく問;sかけた6^0 . 

. » , , やす を . S こど しんば い ゐ あな M 

(小) をれ では 保 雄さん まで、 わたしの 姉の 事で 心配して 居らつ しゃ るんで すか。 (樂) え、 …;. 。貴女の 

こど ゎ亿し こど 

事 も 。( 小) 妾の 事 も? まァ •:: … 

さね こ むね ビ?' ろ おもて あら 

ど、 小枝 子が 胸の 轟き はは や 面に も 現 はれた, ONO . 

らく あたり ひどな な a さえこむ か 

お 樂は四 邊に人 無き ま、、 尙も 小枝 子に 向 ひて、 

あなた 5 あ くだ わたし a な C つ. 5 ち あ a あなた この aji ろた ひ を 5 はら 

(樂) 貴女が 打ち明けて 下す つたら、 妾 もみん な咄 します が、 實は 自家の 兄 も —— 貴女が 此頃 大層 腹 を 

た, & や 5 これ きつ ど ふゆ こど ちが ふゆ £ く ら 5 もど 

立て ゝ居 らっしゃる 樣 だが、 是は 屹度. お 冬さん の 事に 違 ひない。 . お 冬さん が 御苦勞 なさる の も、 元は 

S 5 ち おどつ なか 5 さ から きつ ビ おどつ 2- ら ちが 

ビ 云へば 自家の 阿 爺さんが、 媒灼人 をした 故 だか、 ら、 屹度 阿 爺さん を 恨んで らゥ しゃる に 違 ひな so 

わたし まへ ま、 や 5 した こないだ さなし ゐ 

をれ で 私 やお 前にまで も、 以前の 檨に 親しくな さらな いんだら ぅッ て、 此間も 話 をして 居たん です 

t あに たいへん „- んば S こ ん こ こし.; C どこ 5 ち なか わる" まこ 5-1 つま 

よ。 ですから 兄 は 大變に 心配 をして 此樣な 事から 越路 さん 許ヒ、 自家 ヒの 間が 惡く なっても、 誠に 約 

はな さ この. 0>J *H る を さま 3- つ い しき き も をり ため - 

らき S 話し だから、 何う かして 此事 は、 圓く收 結 を 付けた S ど云ッ て、 頻, 9 に氣を 揉んで 其爲に 

な, ひや 5 おこ この. JJ ろ がく か 5 $ & この &ろ £ び,? 5 き 

また 腦 病が 起って、 此頃^ や 學校も 休んで 居 るんで ますの (小) まァ をれ;?^ 此頃は 御病氣 なの? (樂) 

fc\o (小) まァ、 何う しゃう?! , 、 

こどば な. ふ どい き しばら めん ほくな 

ど 言葉 も 無くて 太 息の み 暫くして さも 面目無け に、 

、 , わたん わる ぞ かん にん ちゃう だい い まき つ み わたし こないだち 5. あな t 

(小) ァ、 妾 か 惡ハゾ つたと! 何卒 堪忍して 頂戴! ほんどに 今氣が 付いて 見れば、 妾が 此 間中から、 貴女 



したの,、 え,, に1£ かった ので ……: y から sr し審け g も、 J 時 は 貴 はの 御 親父,、 

f!ik また i さん も、 i もね isf f の 、い ……: n^^^< :…… r 

ffiit 編 も f さう ぎれ?、 また 自分で も 段;^ 考へ ^ るぺ 全:: 

i むの I が S ?、 t ず は i ひて るんで すよ。 ; f き2、 ?貝女も 知 r 通 

K If Iff もんです?、 JL 

て、 f^ff0^ti —です け ま"" 今で 

は、 Sff0f Iff ?も ぎ.: t ない; itr から、 貴女 もけ 

してぎ かけち や S けません よ。 真 i まえに も、 i まら 何卒 宜敷 云って 頂戴! 

ど、 i るが 1 くき i るに 、おらき は 齲し さ 面に 浮べ、 お い. 

§l-lfc^ol\ f やもう f (小) 害 や y"? ま 

きのよ 。れに iy んも S に、 & 震まで M して f しゃき. -ぃ" や:? 氣? r: . 

,ぎ うし や!? てるん?。 fim 

tto (小) はァ、 ,あ g ぎて i ド i はま 一ぎ r.? て 身す 尝 r いんです けき 



、 



も (, かけて i.4if ) ァ、 もき 4gfe を ぎ まし やう。 後に, SI す や" 

去年の 雛 



五 



去年の 雛 1五 二 

あな ザ/り もつ ちゃ ちだい f ぞ さ 5 nnnl-llllm 

. 貴女 歸 期に 持て ッ て 頂戴な! (樂) え、、 そんなら 何卒 左樣 して! 

ど、 今 S ひに ぺぉビ 解け、 お i&v¥4l けば、 さ 小&枝 r 十が 鲈 なの, iV 晴れ、 ,一 夭 M の 1 めきて、 ぎれ や 

g ら ^ す のち かへ つ たいち かた な ふろ こど わざ 2 

村雨の 過ぎた る 後、 却て 大地の 堅う 成る て ふ、 古き 諺に も 似た, 9 けり。 

この どき か S だ 5 ば 5 t かん ば S, かね ね きこ t _ - 

此時校 堂の 方に 時間 を 報卞る 鐘の音 聞. ST て、 はや 十二時に な ftv^ れば、 が&? w^i の 断 M ハ、 i まヒげ 

て, つな t 上く だ 5 ばうた せ 

に手を繫ぎたるま 、食堂の方 へ ビ迎<^ながらも 

(小) お i さん! (樂) i? (小) i きさんの &御 ii はお ^.cilr なの? (樂) さう だ ッて。 (小) i しも I ん だい 

い ちょつ どひた ひ おさ AJ の&ろ あたま いた し ,95 な ?. 

(云って 一 寸額を 押へ) 此頃 tt 頭, が 痛く ッて 仕樣が 無い のよ。 (樂) それ はいけ ない i ね! 

、 に い さま &. 

(樂) 兄上樣 居らし つて! 

ど 襖の 外よ, 聲を 掛けて、 連忙しく這入,9^ らしは、 g^が.;lどねl^なft^o 

S がの i あれて、 Mm^siMmK illf i め f る 、 mff. 

(保) 何お? 

ど 云 へば、 ぉ樂ハ イソ くどして ぎけ 巧? s、 

(樂) 今日ね ェ、 わの 學 校で ねェ、 小枝 子さん にそう 云ったら ねま、 か: It^f. さんが おい きに つて、 を 

, > このて がみに いさま あ く 

れ 力ら 此 手紙 を 兄 上樣に 上げて 吳れッ て ! 



きぞ 
■,, 

* え り V メ , 



プ .X- 



ビ、 fmf0ff f f て 濯ぎ r、14llAt- め 2i、 何 かは 知ら 卞 いど 



3 *< こ 

小枝 子 



得意 氣な. 90 

やす を ふ 5 づ、 て ビ ゝ 

保 雄 は 封? 手に 取らな t , に . I こ I 

(保)!^ がぞ さんが iis; つた ッ て? (樂) は ァ (保) 何 を? (樂) 矢張り 兄 上 樣が此 問 云って た 通 

iff. きの IT 上 き、、 ¥i や、 i しまで おんで たん? i。 です け f • 段々 

If へて る ど、 化 も醫で L 仕 &ぢゃ 5 から、 H むの は i だの 無理き 云って、 今? 後 侮して てがるみ 

ん です ど さ。 だからがっしてパ||しちゃ^^けなぃ、 ^ pi にも さう 11^ りて 吳れッ て :…… それで 此れ 手紙 

をお 書きな すつ 4^ の 

かな き やす S 

ど、 語る を 聞いて 保 雄 



f かた— 

I 思は卞 一 1 ッ ^片頰 

(保) さき か。 へ あにぎ たか。 (樂) あの, は ひませんでした けせ も、 妾…. 泣い た 

ヮ。 (呆) t だッ て? (樂) だ ッて …:: .1#1|^}3ぅヒするのに、小枝子さんてばちっども閬かなぃで、 

S へ t 仃っ ちま?? る?、 わきな き& しおて、. f く たの。 m 

が 憶して、. iri しくぎ :…… をれ からき つた i に、 P りた- 辨解 し? したの ……: 矢 張 4 

C あやまち こ 5 みやき _ 

い^ 射が よかった のよ。 (保) 、ノ ゝ 、 、をれ は 過失の 功名お ッ たね。 つ.' 

? を わら この ど i じ ^ . 、 か " SSSJT^ こ、 池^5;^も\.し5?ケ^まめ.^~る、 ー&の 

は iK ひ. がら、 此時ー S めて 封筒 を 開き 中ょ.?^^^の西洋紙に 貧 筆 も. - 糸 々どま. -プス 一 、-' ジ 

lii-iE- 五三 

去年の 雛 




去 > の 難 1 五 四 I 

^ しょ P やら %j だ くち *r ち ト、 を ? J K. づ ll^^^nBLmsamBiBBmBBUB 

書狀を 取. 9 出し、 □ の 中に て讀み 居,, しが。 ^やら 獨. 9 點頭 きて、 の^く 四り に lr、 ^かに 鎖^ 

なか おさ らく そば き づか 

の 中に 收ひれ ば、 ぉ樂は 傍よ. 9 氣遣 はしげ、 に、 

(樂) 化が I 曰いたり て? (保) ナ 一一お まの fK りた さ。 i し T&i の i を i てるが …:… でれ ハ が 

さう 云った のか ィ? (樂) え、 左檨 です。 (保) 道 狸で 此、 處に^ 舞が « いて ある。 (樂) さう。.; feT? 

あした か 

(保) 明日までに 書い ビ かう。 . 

かな *^ どころ おく こ まづ かひ こ をん な らく ゆく も ビづ き • - 

ど 語ら 合ふ處 へ、 奥よ. 9 小間使の 小 女が、 ぉ樂の 行衛を 尋ねて 來て、 

ひゃ<^さま こ、 ゐ &ざ さ.^ き こ , 

(女) オヤお 孃樣! 此處に 居らし やた ので ム います か。 (樂) ァ 、:^ 剥から 此處 だよ 。恥 かィ? (女) ヘイ、 

おくさま め. ゐ 

あの 奥樣が 召して 居らつ しゃいます。 (樂) さう <f 行く よ。 

らく , こ まづ かひ も は- ゐ 3 &, 

ぉ樂 はやが て 小間使 ど 共に、 母の 居間の 方へ 行きぬ 

きに P は、 一 まさめた る さ 小 f の if 、 まあ F.,f 1 し、 ま? llspi して、 

きへ しが、 のけお に、 ひ. ^のが か、 る るに、 I ろき てまお r}^ の M く g め、 i の^を 

»r み, -t - : 、 . ^ま, 一で りせ いく れい 51 や ざ 5 , 

キ ッ ビ 見遣れ は、 今し も 折 ti; よう 入. 來る は、 例の 植木屋 七藏 な- 90 

ざ 5 やす を み す、 よ こ!' し 

七 藏は保 雄 を 見る ょゥ、 進み 寄って 小 腰 を か 3- め、 

(七) 若樣! 一昨日 は 失 鱧 致しました 1 向お 愛想 もム いませんで。 (保) ィャ f んだ, だゥ たね 

io 、:ノ F つ ふ つ > X ど ,2! こ; にち 、めし なり なん &ょ 5 &ざ _ 

工。 (七) 何う ft,CN まして f 時に 今日お 召に 成 まし, だの は、 何の 御用で 厶 いまし やう。 (保) サァ 



ハ ープ 



私 も 知らん よ。 

f こ くび かたむ , . 

七藏は 小首 を 傾け 

にば この あ ひだて S ^ - ✓ 

(七) お はつ S 此間手 を 入れ ましたし 

yff^ft i におる 寸 なれば、. S よ-ずた る、 pi の i ずつ 付けき にん 

まの. vispf 、 £. ず. に if て、 .$if§. 管 染みた る 吾が 襦袢 

き、. Efe ひ、 51 あ i& の Si おき i$、 はや 入相に も 近づ I。 



i きたる^ は S にぎ, 4! みても \ まれば せに 洗 ひたる もの は、 あ 



いろ ひ 



あばれ 



たげ に、 入日 を 見送る も憐な 



さ L め s- ふく おも 

にゥ. 9 下げられて、 濕 氣ヒ合 む裙重 



§ お だの 七 g は、 ま,. c#fe- しが、 fl しけん spl、 仔細ら しく 腕 さへ 組みて、 

1 おき 思案に める 体な. 90 



いろ わる 



へ, 作).? さん^ I: か^ゃし ないか。 大層 顔の 色が 惡 いよ。 

! J く はや み ぶが 



,.「 ね i& くも S かめた れ气 七晴? れに きもせ t やが v4i の i に 坐 I へて き i 服 吸 

ひかけ しが、 をれ さへ!; き i す" き ピ^に、 ^息 さへ れて簡 おた 

さ 1 き きも をの をば おのれ す ^ 

お 卞は頻 6 に氣を 揉みて、 其 側へ 自己 も 坐 は 



去年の 雛 



1 五 五 



. 去年の 雛 画 一 五六 

(作) 如何し たんだ ネ,。 お前さん 藤井樣 で、 おお^^でも i ス、 けて おた のか ィ? 

► のゝし やう JO ひか ざ, 5 や 5 や おもて あ., 

. ヒ、 罵る 檨に 問掛 くれば、 七 藏は漸 う 面 を 上げ、 , 

、 Z さく こま こどで き . 

(七) お 作!^ う も 困つ. 2* が出來 ての ク 

い さく ひざ す、 

ビ 云へば お 作 は 膝 を 進ませ、 

(作) 困った 事ッ て、 何が 出^たん です? (七) ま ア^いて? JK れ —— ゲ^ 麟 からお め?^ が ありた から、 

何事 かど 思って 行て 見る ど、 お 庭の 111." ム々" き • の i! ではき T ッて ……: 驚で も お 1 しょ。 まづ S11 

が おっしゃ るに は、 七藏! 4. 日貴櫬 をまん だの: tfe の il で. 4i い、 がみし^ i に 艇ぎか あるんだ どおり 

しゃる から。 ヘイ、 此七藏 にね 依賴 ST 1 休 何事で 厶 いますて H と、 ィャ ぎの!; で,, P ない、 り! fe の 

4t すめ こ& き さま むすめ ざんじ 5 ちょこ もら た , 

娘の 事お。 貴 樣の娘 を 暫時 家へ 寄越して 貰; 3 度 S のお ど、 おっしゃる だら うぢ やき IH か。 あの ii ェ 

だんな さま こど な" めかけ L や 5 い わけ V- » -A-o 

旦那 樣の 事おから、 何も 妾に 仕檨ど 云ふ譯 ぢゃァ あるめ ュ が、.. 鬼に おお はわ、 l^Kiv に^て るんだ 

から、 實は 云々 で厶 s.?^ ど 云って、 ぉ斷. -を 1 し 4. る ヒ 。ィャ 5 れを や g,- て, るから of の 面: 

. へ 寄越して もらいた 5, どおりし やる から、 旦那もめんま.^まらねHisをtKふがだヒぉ5c^て、^T^^1^5^ 

だから 少し 勃然 ビ して、 をれ は 然し 旦那 樣、 ちつと 御 無まで いまし やう ど..^:: _ ける ヒ0 サ 、をれ だか 

ら依賴 ひの だが、 實ハ此 に は 理由の ある 事で ビ、 5 れ から しに!! るの を酽 いて^る ど、 まァ 

驚い? 5 ヒ やね H か。 お IbSi まの mlin 、ふ C 井 i ど ねんな ヒ のお g の!^ たださう で、 お 一 まほ 4 ま 



お 船^だ も、 麟 1:1 がな すつ たんだ どよ。 11 吾 ァ其檨 な 事た ァ 夢にも 知らね H から、 , 初めて 聞 いて 

1^ 觀 して、 へ,^5^慰でぉv^まし4^^:ビ、 ^呆れて 聞いて るヒ。 又 旦那 樣の おつし るに や、 —— をれ は 

IT の T 尸 や ゲ" 弗 この, liS だから i おがき is けれせ も、 E^IK ふに も其爲 めに、 春 日の 家が 揉めて 

Sg て れば、 i ギか « よ, の 1* だから、 伊 卒こ此 、處は 私の 顔を立て、、 お前の 娘 ど 春 日の 手 を、 奇麗 

きつ を ^かば i わし ひき £ いま、 でさ ほ て, 5 て , - > ' ^ ^ 

さつば ら^ 切て くれん か。 其 代り 後 は 私が 引取って、 今迄 通らの 手當 をして やる 力ら ゥヒ y う 事 を 分 

^ おらた-., めんもく. ぶ わき した あ. せ -;; ; _ ま 力ん 力、 

ナ C ねっし やられて る ど、 吾ァロ 〈もう 面目無く つて, 脇の 下 は 汗 ビッシ ヨリよ C 然 L 又考 へて 

く > frf .NJ レぶ *?1 <6vxi M ク こ た て な み いまさら^ すめ おり SO 

^れ ば、 l^sl の Sil 膨 にも、 御^に あた 事 は 大抵お や 無し、 ……: して 見れば 今更 娘 を、 無理に 引き離す 

ど ふ 11 にも ゆかね ェ。 :…… ビ 云って 藤井樣 でも、 われ 程お つし やる もの を、 をれ ゃ出來 ません どお 

お つ x£ し . ^た な かく 5 け 

す i にも ゆか 卞、 ……: Sn ァ ほんと に風ゥ ちまった。 けれ^ まァ 仕方が無 H から、 兔も角 もお 請 

c--.^ いた,、 き きな つ せっかく、 た!' さけ 

射^?しましたどーぶって、 やうく お 暇ビ頂 S て來 たが、 ^う も氣に 成て/ \.、 :…… 折角 頂いた 酒 も 

« だか 歡 なま」 へ^^つ てし まふし、 …:… 吾" 力う ほん ビに、 心配で 成らね H んだ。 

な うつ 50 さく し.、 う き *y ば * r?^ ちに 5 rt't^ 24、 、 S 

^、 泣く が 如くに 訴ふれ ば、 お 作 は 始終 を 聞き 了ら て 更に 驚く 氣色も 無く 

(作) ま ァ俯だ ど つたら? K ぎ,. t^K、 ^..れが破でをんなに.心配なんだらぅ。 ね 前さん もほん どうに、 何 

ど ふ^のお さな Mvi らう ネ。 だから 低 間で もね 前さん の 事 を、 七 藏ど云 ふ 人 はあり やしないよ、 皆 

-ッ てーゴ てるよ。 ほんどに fis- お.^ なね! (七) 確乎し ろジ たって :…… まァ此 事ァ 如何したら 

去年の 纖 一 五 七 




去年の 雛 lui I I 1 五八 

い S L な さ わ A ひ^ まへ . 

可 S だら う? (作) 云 はす^ 知れて る ぢゃ無 S かネ! (七」 何う して? (作) 解らない 人だネ おぎさん は 

この あ ひだ かすが だんな なん い この こど だれい く せけんし こま 

此間春 曰の 旦那に 何 ヒぉ云 ひだ? 此事は 誰に も云ッ て吳れ るな! 世間へ 知れる ど 困る から ヒぉ つし や 

I , だ.^ じ ぶ きつ ヒ たれ き れい 5 け あ お 

ッた ら。 へ ィ それ はもう 大丈夫で ムぃ ます、 屹度 誰に も 申しません^、 奇麗に 請 合って 置きながら、 

その..^ た ね ► かば. 5 ち ふち & さま わかさま fj やべ こん こドな 

其 舌の 根 も 乾かない 中に、 藤 井檨の 若樣に 饒舌つ ちまった もんだ から、 此樣な 事に 成 るんだ ァね。 お 

まへ * かって ま" こど わたし かれこれい こどな まへ さ 5 い 

前さん か 勝手で 招 だ 事ッ? から、 妾ァ 彼是 云 ふ 事ァ無 $ けれ $J も、 :…… (七) お前に 左樣云 はれち や 

^ ■> > - V な あん こ 50 な わたし い ど ほ お 

困る ちゃね H か。 (作) をん なら 何も 案ヒ る事ァ 無い。 妾の 云 ふ 通う にして お置きな! 

(卅 三) 

さ ほ^ かすが かた その & くじ やう きこ これ みなお ,0, すべ ゑ ; 5, す;^ どら ? けん 

去る 程に 春 H 方に て は、 其 後 さした る 苦情 も 聞え 卞.、 是も皆 彼の 保兵衛 が、 春 日 を 捕へ て 異見な せし、 

^^^^ . > > ほ . * けだ S ひ まちが ひ かすが ぐわん らいかた いち もの じ し i ち A ら さすが つ 上 

其効驗 カど覺 ゆるに 11 蓋し 大^る 間違な, 春 日 は元來 片意地 者に て、 自信の 力 も 流石に 強ければ、 

f」 { へ, い f い > - ^う:?..' ^ru V ひど か丄 これい » つね たいきら どころ すぐ ひふち ro お V- 

吾 か 平常の 行爲に 就きて 人に 彼是 云 はる、 は、 常よ,? K 嫌 ひ 4 &る處 な り。 されば 過る 日 藤 井 を 訪づれ 

% W はな」 わ - 丄 ひん 力 5 つま たい ぶ あしら ひ つ ま わた くび S けん き fj んち 5 す こぶ おもしろ 

て 端無くも 吾 か 不品行 ど、 妻に 對 する 冷遇 どに 付き、 眞 綿で 縊る 異見 を 聞きし よ ftN、 心中 頗る 面白 か 

どき や け おこ めんだ 5 つま むし S- わん われみ ちんき 

ら卞 時^して は 自暴 を 起して、 さほ^に 面倒なる 妻なら ば、 寧 離緣 する 、よけれ、 吾に 微塵 も氣 

い ► さ. ,なん み. れん, りきみ かへ こど ば、 t の ねち り A すが 

に 入らね 女、 去る に 何の 未練が あるべき ど、 力 * 返る 事 も.^ うしが。 母のお 篠は 邪曲ながら も、 春 日よ 

こど な 一 い ば ゆ ちょ さいな い はう か&だ こど のち をし w まね い A" かへ つ 

ら は 事に 慣れて、 所謂る如才無きど云ふ方^:^れば、 角立ちた る 事 をして、 後の 誹 を 招かん も 如何 ど、 却 

うば y こ せんび く ていみ .S3、 で 5 つ かば ふゆ やさ しむ 

て 上面 は何處 まで も、 前非 を悔 ひたる 体に 見せかけ、 今迄^ は 打て 鍵って、 お 冬に 》 しく 仕向 くれ^も、 



r 、底 4 からの ならぬ は、 i めよ. り^お 一ぎ さて、 氣 味の 惡きは 一 入な..。 す i みづ 

さるから に は、 Mi の s&l、 よ 世に 1w.4rs まき 同士が、 假に 一 家に 住める が 如く 水 

の ¥lrli 、き j& らん は、、 今つ 時の よ *? や i ぎし。 お: し f 

され ば&、が き は、 I ,して f ft げ實に n 輪 は ひき を 知らぬ、 乾く 間 もな き 沖の 石の、 重き 

II に i がれた る、 囚人の 如くなら。 お ふみみ こど. か I 4 

か、 る f も S ッ、 t,^fpff tti れ る書狀見 る 1?、 彼の 忠警 るお た 

1 ずに、.:^ i?iE& 、! K の證 f しに、 ,しゃし けん 、 4 子 2 方よ 喜 信 

f.pfff. ^fffft 化 si されん も 知れねば、 11 れん ビ する 



おち こ、 >V ほそ U ' ^-TM-* X 

& 人の、 心細 さは 云 はん 方 無し 



> ろ ほ を 



かたな 



け ふ ひろす ぎ こど ー - L 5 

今日の 午後の 事な ftNO 越路方 



がみ 



ふゆ あて 



ど,、 



-0 



i^kmsf fa お j にたて? け は! 

kaifif fmkif. f あめき にて、 時候の 挨拶 形の 如く、 其き 



、 き F して £ へ き? み 見れば、 i や あは £ へ i し、 小ね 枝 子 は § 校 1へ f で 

環の み Sn の 己が ま 間の、 S のきぎ- ゐ S るが。 ffffiaik. 




ね 冬 はま づ 進み 寄 6, て、 

(冬) 阿 母 さまぎ ま 1,^ をい ^.H^ した。 お in お.; 4i をお !;?:^ざ いました 

. , ぷ、 づ て 5 し - 

云へば 母 は 沈みた る 調子に て、 

(母) よく 直ぐに 出られた ね ェ 

と, 只 もれ 丈の 言葉なる に、 お 冬が 耳に は 何 ど li 、き. て か、 

(冬) ハ ィ 

ダ 一ん t ふる ひ を め し^^l、 

ど 云 ふ 返辭も 震べ て、 私れ に 眼を數 » きぬ。 

t; ふ, ゆ 5 つむ ま、 - 

稍 わらて お 冬 は俯視 きたる 儘、 . 



(冬) わのお 手紙 は- 



4^ £ 上 5 &ざ 

. 何 か 御用で ム います か、 



ど、 云へきも^の鋭酽き|きに、1にて§1しに^:1^れば 

ぬ。 に ! … ,,. 」し …: : — i ^ 



い I ザ, ば、 やうがん a fen, そで ビ 

rJ は 如何に 母の 兩眼 は、 羽織の 袖に 閉ぢ られ 



(S 



しばし ふた S- もこ ビば な 

霎時は 兩人共 言葉 無- 

(母) si も ik は卞 に r てし まって は、 お まも 讓く g うが 、 0^f0rf :…… g だ 



_ 淚に 暮れての み 居た 6 しが、 1 やうに して, は m を if き 



しくま 9tt (すなが、 & 8si き f ぎう が ぎん?。, :…… f f 

ろくな ッて けな so :…… ほんと にお 前 堪忍して おくれよ , 

ビ云 へばれ 冬 は それ を 打ち消し、 

、一 ざ たし >s & らん あ なん をん な 力な 

(冬) ァレ if さま! i をお つし やる ので ムぃ ます? 妾の 顔 を御覽 遊ばす のが、 :…… 何で 其 様に 悲しい 

&ざ 

ので ム 5; ます? 

ざ,, こら-, い ば、 をの S み . 

ど、 態と 穴 そヒ ぼけて 云 へ t 、 . 母 は 其 顔 をぢっ ビ 見て . 

(f )t: ぉ敏が MiiV ふから、 妾 は-街 5 ず 泣? 度く 成る… … 。お前 は 何も 知るまい ビ S ふだら うが.' 姿 

は M がりて るの だよ OIT やま^ に 心配 ケ- 掛けまい ビ 思って、 人に も 云 はすに^つ ど 辛抱し 

fc をの まへ こ、 ろ さつ . たし 力な 

て 居る- 其お 前の 心 を 察しる S :…… わ 妾 は 悲しく ッて …:… 

あビ またな みだ . 

ビ、 後 は 又 涙な. - 

さて はわが S の i を、 g 編に は S に if か ト、, &に て、! £5 チ f ぬ。 

は、 や っ,(.- き ビ なば 

母 は漸々 に氣を 取.. 直し . 

(母、 だが お^、 お m も iwi ての i$ お:: おく 云 ふ 御 i 性 ゆ ゑ、 假 4^ び此 事つ の M おた どて、 先 

. S S どは^して おり しゃら す、 « もぎ もお まの^!^ にして::…. お前が お 叱 陀受る ハ 知れた 事 だが 

:…… お i しに 1ズ はせ て と、 ^§は||その!^」<"の",^に、 繼を しまりた 方が、 遙に ましお ど 用? ふけれ 



.^5 にん れ 5 けん こど てい まへ さ f タ„- な - おも ひ チ こ 

^ ;…… 4- れも當 人の 了簡に わる 事 ……: 一 体お 前 C 何う 思 ふ? … :… 何檨 につら $感 をしても、 取して, 

* ドハ > ) , .» どて L んば 5 で さ ば や ねん き 

へ は 歸らな S 氣カ :…… それ ヒ もま^、 迚も 辛抱が 出來 ないから、 早く 綠を 切りて しま ひたいの だが、 

pf さま て まへ は,、 ゑんり よ & もさ 5 ひこ ど ゥ, J し せ み, I まで fne- 

阿 父樣の 手前 を in: かって、 それで 遠慮 をして 居る か ……: 若し 左 樣云ふ 事なら ば、 か 何の 樣 にも 申 上 

、 おどつ さま な どく., ゆやう た C- まへ, S 一 fc- ,-5 けん 

けて、 阿 父 樣の御 得心の 行く 樣に しゃう が …:… 一 体お 前 は 如何 云 ふ fjff だィ? 

いみ げ じんもん ゆ fj ばし か 5 ベ たし あ, 1* L づ て、,' 

ど 意昧ゎ 6. 氣なる 尋問に、 ね 冬 は 霎時首 を 垂れ、 思案に 沈む 体な. しが、 ノ 

(冬) 阿母樣 のお 言葉 は、 うは ム いますけれ^ も、 i 措に^ &1 へ ii.CN ます, i7 乂 i にも おげ ま 

ど ほ わ y く. し 5. 一ん な つらめ あ さ 、りち かへ 3iJ ,j 一 ざ 

した 通, 9、 妾 は 何 樣に辛 S 目に 逢; 5 ます ども、 二度 ヒ實 家へ は歸 fts ませぬ 心算で ム S ます (母) ソリャ 

き -き な" む? 1 し さ" A ひ な さち.?' こど <=. まさら fcA 一 > f レ- 

わの 時 はわの 時 さ。 何も 昔の 武士で ハ 無し、 一度 盟ゥ だから、 今更 後へ は かれない ヒ、 g 断な 

こど い およ ターて さきみ こ ク ば. や みき 15 、 

事 を 云 ふに も 及ばない。 a も 先の 見込が 付 £ な いものなら、 早く 見切って しま ふ 方が 好 5, ぢ やない か。 

(冬) をれ では 女の 操 ど 云 ふ ものが :…… (母) サ、 其 操 も 事に よる。 人 を て歡を ig けど、 Iswif も tK 

な さき なん もの い み 1^ ほ た t ic ん やく た I 

ふで は 無い か、 先方で 何 ども 思 はぬ 者に、 入らぬ 操 を 立てた ヒ云ゥ て、 何の 役に ネ 立たない では 無い 

か (冬) 阿 母樣! を、 をれ は あんまりで ム いまし やう。 何 ぼ 妾が 意氣 地が 無い ビ 云て、 のが * 

こ 2) . ) みさを やぶ おつか さま くち さ.^=すみ 

な S 事 は 丄 いません。 をれ に :…… 操 を 破れな^、、 阿母樣 のお 口から ……: :,v れ はわん ま ftv なお 輕 蔑:: 

わたし M 'ら ,iJ ざ 

…. 妾 はお 恨めしく ム $ ます 

、 お t C 、 いち &ん さすが ば、 こどば つま しば レ た,、 もく k$ かま 5 tb r<^f 

€ s び 込ん おる 一 言に、 流石の 母 も 言葉 詰. CN て、 霎時は 只默然 ど、 ,お 冬の 就 を 打ち 守. CN しが。 何故か 



^ V こ ti5 ひお か 5 ベ す こ さ ス 

急に 聲を 潜め、 首 を 少し 差し伸べて . 



ふゆ いまい 



まへ ほん う 



(母) お 冬! 今 云 つたの はお 前眞實 か 



ど酽 へば ^4 ぎ 11 てをきげ、 恨めし 氣に 母の 貌を 見て、 



(冬) まだお 疑 ひで ム います か。 (母) ィャ S 

き わたし じつ あんふん , - D 

をれ を閬 ひて、 妾 も實ハ 安心した よ。 



が ひ はせ ぬけれ ど、 をれ が 眞實の 事なら ば、 il 何 を B さう 



(卅五) 



ふゆ おの 



^ひ日^^^はissぎにずらして、 きう やきの 四時 頃、 お 冬 は 自己が 家に 歸り. ぬ。 



is ちぎね たるお 卷は、 述 忙しく 出で て 

おくさま "ク さ ^ なん 、ヌ: ' > _ 

(卷) 奧樣! 御 實家ハ 何の 御用で ム ました? , 

ビ、 氣遣 はしげ に尋 ぬれば、 

(冬) ナ 一一お した 用で も 無かった よ。 - ,、 

、 齡ど勤|^^衝らすは、 ||る を ぬ樣 子なる にお 卷は 尙更 案じ顔。 ず 

(卷) ,?.;-g つき は i し :.:: もし あ? の ^£ffr. 妾 も氣に 成て な-ません から、 何 

卒ぉ咄 し 遊ばして 下さい まし! . 

せつ たづね つ、、.. 

ビ、. 切なる 尋問に 包み も. らす . 



ゾ 



ヽ >r4 -5;.- き, "ま * ふ -, つか. さま よ つ Vf .r- ん , う ヽ」 ざ 

(冬) 左様 氣 にして は 困る けれ さ、 今 日 阿 stM に 呼ばれた のハ、 矢 張. あの 一ぎ-な のさ。 (卷; 左様で ム 

$ まし やう ト ではもう 御離綠 のお 話が :…… (冬) ナ 二 さう では 無 いんだよ。 譯を云 はなけ * や 船ら な 

* なん おつか さま わな. J きひ み おも . わざ w * ん ? ML 

いか 1 羽め は 何でも 阿母樣 が、 妾の 氣を惹 いて 見やう ビぉ 思; 5 なす ッて、 態 ヒ離緣 の,; f 話 をな すッた 

I わたし 5JJ こ 《_* で が, T じ やよ, > ば たど &ん こど 5 ち. A へき,^ ざ い 

け^も。 妾 か 何 處迄も 強情 張って、 縱 令;: S 何様な 事が わっても、 實 家へ 歸る 氣はム いません ビ 云った 

* 一 き わたし あんしん しつ この あ ひだ £ 'はさ き まへ か あい C, ク 

ら をれ を 聞いて 妾 も 安心し 實は此 間から 啤を閬 いて、 いかにもお 前が 可愛 さう だから、, 寧 3 の 

こ 2-1*^^ Z ば. ノ * の 4 ため 上 を のこ ど お ,15 ?ま ま を L あ おどつ さま たいそ 6 & W つぶく 

事: ir> 取って しまつ 4^ 方 か 後の 爲 にも 好から うど.' 其 事 を 阿 父 樣に申 上げた., 阿 父檨は 大層 御 立腹 

, メ ばか をん こどで き さき! Ij ん つら 5 ち、,, し. レ 

遊ばして" 馬鹿な! 其 様な 率が 出 * る もの か。 よしんば 先方が 何様な に 辛; S 家お ビ云ッ て、 をれ を 辛 

ば 5 こ 50 でき 5 ち かへ た い れ 5 けん むすめ けつ こ、 2- ち い むすめ ひど 3- す 

抱す る 事 か出來 す、 實 家へ 歸. 9 度 S ヒ云ふ 了簡の 娘なら、 决 して 此處の 家へ は 入れん。 娘 一 人棄 てた 

おも, &ん こど あき か あい? ゥ ふびん め、 こど 3^ なま さら 

ヒ思. へば 如何な 事 f も歸ら めら れる、 をれ を 可愛 相 だの 不憫 だの ビ、 女々 し $事 を 云 ひ 出せば、 5i 更 

W す、 きレ やね ま . か へつ わたし にか くら & どて こヽろ ..21- け しき. な A お A-r-c いきま ひ どころ 

娘の 氣隨を 增すフ と、 却て 妾が 叱られた 位で、 迚もお 心の 動く 氣色は 無 $故0 斯云ふ 勢 の處 へ、 も 

ま ハ 力れ これ くじ や 5 い だ ひ Oib % こど し どひ あ. し 

しお 前 か 彼是 ビ, 苦情で も 云; 5 出した 日に は、 伺徵な 事に な, るか も 知れ s^s ビ、 それが 第 一 案じられ 

メ r- まゆ, *tl こいろ に? , * か あ 力 さり たま ど かく さ ち ピく れ^^けん き た 

るし。 又, お前の 心 を 察しる ど 可愛 想で 堪らな いから、 觅も角 も 1 度 逢って、 篤 ど 了簡 を 聞き 度 S ヒ 

お f , y . ( よ- 、 、 , I まへ、 さ, つい かく 、じ 6 わたし S あんしん ゆな このうへ 

SCV て をれ て 態々 呼ん おの だか。 お前が 左樣 云ふ覺 悟で 居るなら、 妾 も 大きに 安心 故、 此上: P どに 

f\ んばバ Z » じ せつ く, まつ i また, ての ちち たの ,つきひ ま こ 

辛抱して 時節の 來 るの を 待て 居て おくれ! さう すれば 又 其 中に、 樂 しい 月日が 廻 はって 來ゃ うど、 

^( い: > 、 P i . . , そ^、 じ しんぱい おな きつ ど しんば 5 いな £- け あ ひ?? J 

懇々 も 云って お 聞 力せ なさる から、 ィ H 其 御 心配に は 及び ませぬ、 屹度 辛抱 致します >J、 お 請 合 申し 



かへ き 

て歸 つて 來た のさ 



、ち it L ものがた まき き まゆ ,ひ 化 >.i 

ど 一 が 一 汁 を 物語れば、 お卷は 聞&て 眉.^ 顰め 一 



した、 が ii の i お まも、 もぅ無駄でム^^ましたねェ0. 



. をれ や 何 



- (卷) 力 



,(冬) ァレ、 泣き出して ハ 解らぬ で 



ちからなげ 



(卷) さ. ふね 話で ム いました か 《 

S ふゆき 50 が、 

一 } ^ふを お 冬 は 聞き 谷め - 

(冬) 何 どお 云 ひだ? もう 無駄^ は- 

ハな $ か! 

ビ、 ぎだ、ぎき ;^3みて酽ひかくれば、 ぉ卷 はさ も 力無 氣 マん g,, だんな 

(卷) 籠, :.:•••• lt<aro (冬ず t: あほ §;:5?fs:AS 

ii まのお f き、 儀? れ たど f て、 ぎ あさんの ff へ、 藤の I して 內 通 

ひ i ばす, % ll-ff^.^?. もう? なれ ャ 破れ かさお 气 先 II 樣; ;」 

ii 靈 ばして、 季 f ばし、 si へお ぎん を、 KilsJ^ht^ 

まって し仕ま 舞 ひました。 (冬) して をれ n 化う してし 知れた。 (卷) は S 夫の 千 I ん に。 (冬) 其 S は 何 

il に S5f (卷) もう 還の- をして、 録メ おみ かさんの 處へ參 マました。 

(モ 山、) r 

&fk<( わ まの p 聽れ、 ,に、 1^111^ 



去年の 鎩 



1 六 五 



去年の 雛 m 一 六 六 

-'' ^ \ > い こどな っ& & ざ あなた いくら L ん AJt 'あそ Z れ ろ+ん しょ んこ 

(卷) サ もう 力う 云 ふ 事に 成て 居る ので 厶 いますから、 貴女が 何程 御 辛抱 遊ばす 御 了簡で,, 5>、 所詮 此 

ひ」, & , , - この あ ひだ ま-おしみ SJ tt. ゃこゝ で しま あ, y A: さ t 

處には 居らつ しゃれません o ですから此間も*上げた通.c^、 早く 此處を 出て お 仕舞; 3 遊ばせ! Ife さ 

で *^ で たれ こな. ど こ を &ざ わ: ^くし す や さ かへ 

へお 出 遊ばせば、 誰が 此 機な 處に 居る もんで 厶 います か、 妾 も 直ぐに 宿へ 歸. 9 ます。 :::.. H もし、 

な * の.^ どころ &ざ ば や した. i を 

お泣き 遊ばす 處でム S ません 早くね 支度 遊ばして! 

い ふ-ゆ さら た な くづを L や 5 たいな 

ミ、 云 へ ^もお 冬 は 更に 答 へ 卞、 泣き 崩 折れて 正 休 無し 

どころ おひ しん ざ ふ ひね. S サぁを くた び おもて がた A へき み i - k9 

か、 る處へ 甥の 信 三、 終日 遊び 草臥れて、 外の 方よ ら歸 6N* たらしが、 かくど 見る よ 64-.o^ て、 

(信) ァラ 叔母さん、 何 泣て るの? またお 祖母さん に 叱られた の •••••:• だってお 祖母さん はお 留守 おやな 

か よう、 何 を 泣 $ てるの? 

% ど J ゆす か a のぞ こん たづ ふゆ なほ さらた ま か 

ヒ 脊に取ft^っきて搖ft^っ、、 顏を視き込で尋ねるに、 ぉ冬は尙更堪.0兼ね、 . 

しん 

(冬) ォ、 信ち やん! 

. か、 つべ も, た、 しばし をの かほ if な A だ ばら 5 、 

ど 首 を 擡げて、 霎時 其顏を ST らしが、 涙を拂 ひて ,一一 ッ コ ど 打ち 笑み、 , . 

(冬) 叔母さん は 泣 $ て るん おやな い の。 (信) 噓ク泣 S て るんだ ソ ラ卷も 眼 を, い てる ぢ やな い 

か。 

まき む り わら ひ お だ , 

ぉ卷は 無理に 笑 を 押し出して 、 り 

. だ わ な &ざ ふ IJS- わら ,ーレ な 

(卷) ホ 、 、 、誰か 泣く もんで ム います か (冬) さ 5>J も ……: おんま, C> 二人が 笑 ゥ たもんだ から 此檨に 



ニ淚れ 出たん だヮ。 f しつ い? か? き 

gfT 人の i をみ 見 i ベ こ 子ぎ.. きば 馬 f しても ちゃん i 子 は 知りる ど i 、云 はぬ, の 顏色 にて 

(信) i りて i ビ^す" 仏が、 1:^ の國 にわる もんか。 

-、 ふ不 ずう に ひ 1 ちしが、 f 又氣を 換 へて、 ; I i て 。 ,,, 

(信) ァ、 g が k つた 。藝く S きくれ! (f ャく、 れは 置の 霞で ム さし? ん 

ir^^r^o f あは 鍵の ず ly、 S" げき ぼしが; 

S はしげ に 5 ば.^ る、 sit. i や, ん とせき f ス 12 催促して ノ 

iliill :::: f やん の S さん は fsj 惡、 f.s) 

矿 g る&れ やしない。 (冬) 1£ へ f しゃう 子。 (信ず ま S さ 。f 叔母さん さ 

つ 居れ や C (冬) もし S さん & くな 成り?、 信ち やん 如何し で. 

I 酽 Is にはぞ i" たる f て、 I . 

(信)!: 母え f く f の? (冬) ィ;、 えな 事 は 5 け S ひも 



をん ビき 

-も しか 其 « な 時には? 



IJ^^^ ^ < ァ¥ (冬) き 13???。 §f 、 

(信) もし か 其樣な 時に つて 僕ァ? 樣な^ ァ V ぶ, ァ ヌノこ あ- - 



5>, や 



嫌お ァ。 



去年の 雛 



一 A ハ七 



! 去年の 雜 : — I I 一六 八 

一 ばに なき たつ ひざ ど L-.fi r 画画壓 誦 8|88»>8層 匿 I 画 匪 III 画 一 issmBIHIBI^IIMBBKIalBI 

果は 泣聲に 成て 膝に 取う つくに、 お努. 4. は 逆 \t はす、 

(冬) ホ、 、 、をんなに騷ぐ事^-ぁ,c^ゃしませんょo 1〕4き%4."きなく|-るんではきし。 …: :. lil: つ 時 

まで 經て も、 . 信 ちゃんの 側 を i れる il ァ あ,, ません から、 おおお!!^; 3 して らッ しゃ や 上 信^.. ん 

ひ * や, あんな Z cr-.^ -■,」:;-? ,.ゴ,, - 

なら何故彼樣^^事云ったの?(冬) :…… おれ はがべ g^:.^ , 

V- ■ ^ . る W ころ まき かって かた さ 

ど 云 ひ, 紛らして 居る 處へ、 ぉ卷は 勝手の がよ. 來て、 

一 ミ X f つ > & ばん. よろ. し &ざ 

(卷; 坊ち やま 御飯が 宜 敷う 厶 いますよ。 

ヒ、 云ふ にし 信 三 は、 ffffff 職に きひて きしき りしが、 お 難に ig あ 泸し にも 

P 1 二 杯 急 はしく 搔き 込み .9:- る ま、、 再びね 冬の 居間へ 駆け ゆきし: allt^ 艱を, 一げ て、 

(信) 叔母さん! 叔母さん! 何, へ 欲た の? . 

ど、 呼び立て も見當 らぬ樣 子に、 ぉ卷も^ぃて|5でが^た.0^、 r あに 1 てさきせ しが、」 おの:^ に は ^に ^ 

おす。 やがてす i へ來て 見れば 先に 脫ぎ棄 てた るお^ のき f、 ぎ かきち 行き けん § たにき し。 

(卅 七) 、 

g も 亦彼 の 保 雄 は、 .sr&ri スけ f . し a きに、 ぉぞ がまろ のず て、 一 f め てき" の, f れば、 

腦の痛 も 何時しか 癒えて 此上は 徒らに^に 觀 らん も!^ きし ど、 二三、 ts^ よ § は!: g へ Is で \ fnvji ス 

くる 事 どな, nN ぬ。 - 



く f £ 三 rf の f 吾. ±.し が、! て! f 禱が、 遽忙 

Kff if Iff. おしく IT 日が 手 ゆ f て、 其-本文 S ひも f ぬ -.^ 

ふゆ 3- えん をし.^ み. 

冬 離綠の 申込な. 90 i さ 5 ん このて がみ- -3 

zft^. f に て、 f ?,f ぼれ?、 " の f さ、 何 1/ 



¥、f しビ f 議 f 路, へ、 赴かん ど は s し s。 鬼 1- ば 

pi fsi をぎ では- if だの 1 おぎ-」; >f して? U し!!? せ: 今に J, 

if K の、 f(r . ii は f i めて S5 る」 ど、 f f ての I に、 I はまて 面色 

も、 i らん^に しが。 ま? てお if 、 i . / . 

(f Rsg でが まし やう。 f .;: S^?H5. II 

-1-1. i は に、 きかせず るず は i4 すま か。 (父) 1かして吳 れな" 

f しもし やうが、 れに きょっきが わるの か。 零 V4f f し" S 座 ません 1 

r んが だ¥ふ ず おっしゃ るの も、 一 m が、 S 方の 耳へ |リ< ははから; つ 少し 自 

f f れ おの-たらう &ひ $。 §f 懇 f わるら し w。 (保) です? 私は此 から 9 U 

I 六 九 



去年の 雛 



無な 事し- か 



藏を 連れて 來て、 何う でも 斯うで も あの 娘ビ、 春 Si さん ビの. 手を切らして しま; 5 まし やう。 (父) それ 

がお 前に 出來 るなら、 一, つ 骨 を 折て 貰 ひ 度い o( 保) よ, ^しう:! います、 せが やながら I 退って まし やう。 

(父) さう すれば 私 は 又、 春 日の 方を說 して、 お Mr の き? $ やうに しゃう から。 (保) そんな ら^ぎ: li- 

檨云ふ 事に? 、 

こ、 おやこ て ばチ さ だ 

ど、 玆に 父子 は手箬 を 定めぬ。 

くて 保 雄 は、 直ちにず を 走 4 て、 七 M 力お へお きダ しに、 しく ふ不 g にて、 で 出さ へば i まなる 

に、 保 雄 は 怪し ど 5 もの t、 fKtf^^^T &i あっして び i& ん ど, m ま 

まろた まち も, き かた ひかへ く 、』 : - 

けれ ^丸太 町 を、 元來し 方へ 引返し、 來る どもぎ しに 力 を、 ,西の 力 へど If え!: けば。 化^し かひ H さ 

へ 山の端に、 沈み f る わが i の、 船 たる ぎ ¥ g あ r ン ヨリく Efe- し i く?。 M 

苑近 く % る 程に、 はや %科%のほ を f て、 tilk の i のき &、 F に i く S が、 i も F く f れば、 

tins. 敬の や 1.;!; の は き、 お <i あされて、 r 方に T 人 こ &.^ に r 人、 

を 急ぐ 人の 足の、 忙しき を 見る のみ.^, CO が。 ii^lf きろの"^^に1,,て、 あれ ュど ^ぷ^ の 観、 i 

しか をん な こ 11 ひ • 

而も 女子の 聲 一昔な. CSO . 

保 雄 は 忽ち f ビ f 、キッ どま 力お をみ 見れば、 ,わぎら 卞 PV T=< の" き 1 むれ か、 4、 Siii 

じん ふろ まひ みこら - 

人の 振舞な すに ど、 &雄は 見る に 堪えられす。 ッカ くど^み よ, て、 よ i« を!; き « し、 ^も るふて^ 



u すき、 f r ス クッキに て、 ニッ fi けて う 打 5、 t もの 醉漢| 易して、 if 



へ 逃!^ 行きけ- - ユ, I 

^^fe. おもの ど概 ひ ウ、、 しヒ やかに 進みよ, -て、 鶫を云 はん どせ し 時 

あなて ゃ寸を I 

(女) ャ * 郞は保 雄さん。 

、 み さ 口 こ やす を お, やろ し, , ^ , 

ヒ、 ふ を がれば 小枝 子なる に、 保 雄 も 驚きて 帽子 を取ゥ 

(保) ォ、 小 技 子さん でした か。 

ビ、 ふ を -で酽 きもせ ず、 が^ 子 はさ も M 早て たる 調子に て、 

(小)^ • さん, ま 1:1 しまし やう。 t が 何處へ か 行て しま ひました よ。 

(卅 八) , 

P - ら 4 i き やす を いた おせろ » 

ぉ^の〔^:^知れすビ聞くょ.-、 保 雄 は 太く 驚きて 



^じ やす を かほ み 

. ;, 初めて 保 雄の 颜を 見て 



(K) それ は 又 如何 云 ふ譯で 



A- の あらまし かた 



ど、 S しく f れば、 鎖 i; &き 聞けば、 



44 しも 小枝 子 は Is 



WC .n^tl ノ-, づ, a it おいで た ひ 、 

の 導 11^^. i&l^. 誓 fs に 歸れヌ 先程、 極が J 入 J は 成て」 

纏 rf やらお i しの!!、 鍵 £1: ち f れ ましたが、 く i 宅が 晚 か-し 故、 ij 

やうと て、 i お f に ままし?、 おの lyv^fel く、 v^n にぎて 籠せ しため、 姉 



去年の 雛 



七 



去年の 雛 n lllll 一七 二 

に 逢 ふ 事の 出來. ざ, cO は、 返すぐも殘念ど思 へば氣に成,c^てiぇられすoゅめgもも乙くに,まして、 

急ぎ 春 日 方へ 行きて 見れ X、 rJ は 如何に 家 はガラ 明き さ, 9 ヒは If 恥:!! など!^ かる M ろへ、 fe&^Ay 

歸. -來, -て、 が^ ぞの i を^る よう も、 「ォ、 よ S 凝.^ ぉ觀 IF i^t^glf;: にて、 お gli^l!^ れ 

す, 又 信ち やま もね 跡 を 追 ふて、 何 處へか 御出でな されました ゆ ゑ 妾 も t$ 配 致し、 其處 ifj: を II ねに 滅, 9 

.1^、 しぶん たく その ま、 もしも こ ビ す £-^rn ^ ,、- 

ましたが、 何分. お宅が 其 儘 なれば、 万 一 の 事の あって は濟 ます ヒ、 をれ も iilt られる ま \ smo 

て r®l ら. ましたが。 I 動が がお い 入 ¥h ^された を if ひ" ぉヌ g まる 留 铲1 をば、 お, きひ まあし まする。 II 酽 にお 

兩 方のお 行衛を ど、 云ひ棄 て、 又 行かん ヒ する に。 小 技 子 は 1 層き を ぼし、 「rJ,ON ゃ敏 うして は Sa られぬ 

處、 其方 は 信ち やん を 尋ねて よ。 妾 は姊樣 のお を、 ^ぐに il しに!: かう 1 にヒ、 14 は n まぎて 酽き 

ふたり ふたて わか こ、 • き か、 

て 雨人兩 手に 別れ ゥゝ、 さて 乙 を 此處へ は 來掛, しなれ。 

始終 を 聞 $ て 保 雄 は、 あま, 9 の rJ とに m らく は、 fl^ る s^】 のきく にて、 お たる な 6 しが。 

こ *J- 、ろ せ - 

子ハ >5 の 急く まゝ に、 

(小) もれで 妾 は、 直ぐに 家へ 歸 つて 見ました け^も、 編の が 1 ゥた も わ .irs ません から、 を まね 

て 見やう ヒ思 ゥ て、 此處 まで 參. ました 處、 丁度 貴郎 にお 目に 掛ゥ て、 誠に 妾 も! ならました が。 

さル こど でき わたし あし や, ど A 

もしゃ 鈍な 事で も出來 はすまい か^、 妾 ハ それが 案 ヒられ てな. ON ません。 ま ::••: 保 雄さん、 如 i: した 

&ざ 

もので ムぃ ましう ねェ? I 



nt 、ん ば-い、 ) "お "ヤ^ I,- い i,-^ さんの、 &離緣 に 成る ビ云ふ 事 を 聞き ま 

(呆) サ、 をれ が 一番 心配です 。實は 私 も 先 一系 阿 z# 力ら オタ §パグ ,1V^^ こど 

して、 れゃ iggg ひました が、 ifk^l. n§sfx 

f く ■ し t やう ヒ f て、 (小) ひれ s 

わの isn 、ま 《^ きの & 5 ま。 sfli &に 居る J は 星の fKI ふ 

ものです。 (小) ろれ では, は、 ず/其 こ處へ ¥出で にぎん! か。 SJ^^d^^^ 

f titii. き ip£ 切です ミ; っ不ほ J ら 一 

f ね ,を i して f しゃう。 で、 flfn (小) 別に 心 f I し ては 

fit :::: ft^^^ft 一時 f ま t でもし? せ i ?、 "れ 

が f i?f ま すから、 :…… li^f にき?, でも ,:::. (保) ff れ が宜ぅム ん しゃう。 

. こ、. < ろ.?^ 

5 ん をら 一 ぎ も 後れぬ やうに、 .^-處から車で :…… 



$ を 



ドー、 i 雄 は 急 $ で四让 へ來^ り 

(保) コラ 一人 乘を ニ臺 持て 來 S! 

^^s. ま? -に、 fi ちし 2S1 だ、 * に f 來 し V 

(車) き 一 お S ません が、 お 纏で はい けません か。 (保) をい っは 困った なァ 



去年の 鑼 



七」 1 



去 年ゅ驩 !!! m!! 一七 

、 やけ をの ま、, e T ふた. &., i f z , - iiii- -- --- - -I B==-=- Bm-iln 

ビ 保 雄 は 其 儘 行き過ぎん ヒせ しが ニ步 ほめ U£ きて 立ち 5=1 ま ftN、 

(保) をん なら 合乘 でも 可い、 ニ臺 持て 來 S! . , 、 

ビ云 ひし > ま 方 は 早 合點、 只 一 臺 のみ 緲き おた. CS て、 ィザヒ i ^りに き: ひるに。 i き は f も ^を I ぶん £ 

をの ひま -こ、 ろせ さ こ ささり -.^l-L つ, 

せ., y が、 其 間 さへ 心の 急く ま、、 t つ 小枝 子 をば 先へ 乘せ、 Sii もぎいて ぎ ま, 4 おげ に、 Hi へ 組 をぎ 

くれば。 折 や b 通. C 褂 りたる、 は鲰 ふ^ひ r 人の ァぞ な i して il- をき め、 獻.^ よがし に 11.^ ちに C, 

こク 

事ち や。 

(卅 九) - 

ばな し な ゆ A 力 ざう ふお ゐ A -,」 よ フ . fc- N J in > - ; . 

&i 次變, -て 彼の 七藏 は、 藤 井 方へ 呼び付けられ、 非 ども 疵が おど、 11^ どのず a/ きらせよ ヒ、 m^u 

說き 諭され、 否 ど S はい 大切のお 1-、 しく ヒ らん も g られ 卞ヒ、 P はま i して ま ,0 しが。 mf0 

れば、 成る 程 藤 井 方に て 云 ふ も、 i^yi には树 If けれち Hiivnl 水に 1% て、 お 1 に ひて 手 を ずらさ 

ん、 と、 ーズ よ. ON 容易なる 事に はわら 卞 

元來此 七齔、 S 《に は i 伊に^ けたれ 气 ,にーがふ|.^气驴のき?1がて、 lin がが m が 船め にも- II よ 6il 

られ 勝ち なれば、 家 內は鳴 天下 どな. 5 て、 ^額 【I に ま ビ^.,、 sn^ が^ふ il はがし., ^はらで、 0^.^ 

房が 方寸に わう け.. 、 

されば. S 度の 事な ども、 案の i く 女 iDI^、 ^54^節に^^ひまくられて、 ig- らすも 梨き に p、 mMm 



、ノ 



も、 i き i しに t すぬ。 ぎ ff 5lf ::、 し. 、 

ls( f^rii, livi せし f 、ね 光, _l お 親 41 か歸 は? 1 し" 

is に P ざる、 P おへ r し; ムは、 も は あれ か.^ れつ なれば: jftf 親許へ 返!: ほ 止 f く、 『1 

て、 T 逛 れば、 ま. ii る や-に" it のぼ f やち ト、 ほに 七 ほ 夫? の 者は、 ? 

i して i し?、 lift-. 血の きりて 腰 s める ど、 包 

|4gsi のぎ 4- めに 、^七 銀の み 行く 事と なりぬ。 „k,*. - つ VM ... 

め I、 a fa. 肝 



も、 きれば せに! &き來 て、 えに 七轉? H ふれ?; S 五 だが 1。f ^ip.^ 

はおお £iv £§ る、 七 f |««^- ^4^^^0^.^ 



iliirl 「おぎ 一一 I から i もぬ 抜ける fo ま ■ にど 土ぎ, 足らで、 £ 

にも iSs の is ずし かと、 表 は 人の 山 をケ务 しける。 

ぎ秦 ずがら、 i の 1 く あれる i は、 ?f もの 一 ッ に、 anH^ 



去年の 雛 



I 一一 i ^_ 一一 ニー -^, 一 i ^ I - . - m ハ 

ッ三ッ 落る の、 頗に當 6 て 冷^な う 。^しも ^ァ凝 の i のおよ..,、 i^43だせるliのl曰は、 か、 る^の 

つん そ寸ゐ か はづら ひ,、 わ-こ ゥこ ち、 ゥてレ 、す 、あ 

常ヒ して、 疏水の 河 一 に 響き渡々、 殘-. は 中天/にぎみ ゆきて、 5- くが: i く ir ふるに ぎだ, Co 

見渡し-? -る 水の面、 常なら ば遊雕 の、 一 ニ膽 は.? うへ きに、 お ri.iz&l^ どして、" 口 絡 f 俘の の!! の、 

波間に ゆら-くど 漂 ひて、 消えん どして はヌ I かなる、 M の f ^11 なきが g し。 

£ ^ こなた つ、 み た や、. r- さん ご、 4>,.^,- U . -., 

只 見れば 此方の 堤の 下に、 悄然 どして \V むん あ..。 ど はぎん ね^も、 ||辦"ぉなに|^なるが、 ^ 

やら 口の 中に 念ヒ つ、、 力無げに きて はお f1 ?,、 ^かへ して はお だま.,, 、i 。爿 こ I 田て \ 

なげき しつ ふせい み 

悲嘆に 沈める 風情 も 見 §0 

稍々ぁ,^て思ひ定めし如くッカくど水際に進.み^,9て、 あは や, び^まん どす る f、 矿っ の^に や g 

(男) どつ 乙 S 待つ み o ( 女) ュ、 放して! (男) い、 や 船さぬ …:… M されぬ DS! - 

(四十) 

こび 二 a1 きこな;:^ ばし うへ き, なん M 上 ^ ? に。 - S J . > 

§ 此方の き 上に、 來か、 し 男: grf 人 は、 力 彼の if 子 ¥、 ii ず i くま も、 

JTS \ u みさ だ やす を を どこ こも か 

くぇ<^寄•りしか 闇に も をれ ど 見定め けん、 保 雄 男に 聲を 場け て、 

(保) ォ、 お前 は 七藏ぢ やない か。 . 

い さえこ をん な のぞ 

さ 云へ t 小枝 子 も 女お, きて、 



あなた ねえ さ fjf 

(小) はんに 貴女 は 姉樣! 

ど、 f}K れてを ぎげ に、 一 iisnl- もず, くて さし^ 視 けば、 七藏 はさ も 驚きた る 体に て、 

(ヒ) rJ れは^ 觀、 ぎ うして Sil へ? (保) 此の方の 行衛が 知れない ので、 もしゃ ヒ 思って 先刻から、 此 

ki? 鄉 して^た i だ。 (七)シテ^の./か"^^は、?^舭まから,&んじで?。 (保) 御存じ 處か! 此問 もお 

? I に 話した、 春 B さんの 奥樣だ 。ス七 "エタ! 

f の さし i の、 feno Iftfe あれ やし けん。 f&^ffi 

の^お^に、 十二 射まで it ひたる i も、 i みに 4m を" 脫け Ie で、、 五^ は あ t も^^れし 如く、 只 茫然た る 

が, ぞは をれ に Sn も れ卞、 のた f を" 取-たるて 手 を、 1^ も 離さ 卞 確乎 ヒ 握-、 片手に 吾が 胸 を 撫で、 . 

(小) f さま、 よく, な卞に Sg て すった。 此上は 一 時 も 早く、 實 家へ 歸ゥて i.. さ Y 

い やす を かた ばら 

ビ、 云へば 保 雄 も 傍よ, ON、 ざ 

一 (保) をれ が^うお 2, ます。 プ、 おおさん、 11 歡 TiwI+w さ 5, まし。 種々 お 柳し 申したい 事 もム 

いま かから。 - 

ど、 さ左"ぁょ.4|ずを鲈 .c^て、 ^につ 連れて 1: かんで」 する にど、 今まで は 石像の 如く、 身動き もせ tJ;.co 七 

f あばた,、 をの をで ^> - ^ 

藏は、 連 忙しく 其 釉を控 へ て 

去年. の 雛 一七 七 



去年の 雜 一七 八 

靈 i 曆 靂 一一 M l ミ ー -一 l ni a l l8I Bac 8a_»IBgwBM8BIBBSB— BMM— ■— —81888—— BB— BB— -B— BBSBf— BBBBB— — 1—8——68«|51| 

、 , , ゼち く ^ くだ ビ ちら お いぞん おも かサが さま fe<l わたくし こ 

(七) マ 、少々 お待ち 下さい まし! 何處へ 御出で か 存じません が、 思 ひも よらぬ 春 日樣の * 樣、 私が 此 

こ たす ,を なん & ^!ん &ざ つ いろく ま を I あ こ £ わび 

處で お助け 申した も、 何 どの!! 緣でム いまし やう。 付いて は 種々 申 上げたい 事 や、 お詫 をし なければ 

&ざ けつ おて まど このさき .£ ざ さ 《 'ぞ て まへ も 

ならん とか ム S ます" ら, 决 して 御手 間 は 取らせません、 つい 此 先で ムぃ ますから、 何卒 手前 共まで 

おいでく ti , 

御入來 下さいまして! 

ゆ J\z;- - た • - みた W もの かざき おの いへ みちび おもてぐち い. ひビ なん き 

無? S やりに 先ュ 立ちて、 三人の 者 を 岡 崎なる、 自己が 家へ ど 導きし が。 表口よ. 9 入る ヒ 等しく、 何の 氣 

, で ",つか わ によ 《■ ばラ ひ y- ら つ".!: あ ばら HV,I5J?1 

無して 出迎 へん^す る、 吾が 女房 を 引つ 捕へ、 常に 似合 n ぬ 立腹 聲、 

、 ,1, , さくこ 、 こ おら てめ へ かげ ひど & ろし. ど. J こ か^- 

(七) ャィぉ 作 此處へ 來ィ。 自己 ァ 手前のお 蔭で、 わぶな く 殺人犯になる 處だゥ だ コ 乙れ 此の方の 

1 へき や わび ゆ i こ お ち 上ち 5 t かすが さま おくさ れ うて つ 

前 へ^て 早くお 詫 を 申さね H か。 此の 御 女中 を 知る めュ が、 春日樣 の奥檨 だケ。 サ、 雨 手 を 突いて 

あやま 

謝罪れ ャィ! 、 

こどば すろ^ い ばな さく む." くぎ かほい ろ あ >】 

ど 言葉 說く云 ひ 放せ は、 お 作もキ ヴクリ 胸に 釘、 面色 さへ も靑? I; めた. 90 、 

どころ ぉ^^ かた また い く . ひビ あしお ど なにも の で か まき 

力、 る處へ 表の 方に、 又もや 入. 9 來る 人の 足 一昔、 何者な らんと 出て 見れば、 思 ひ-,: P よらす 彼のお 卷が、 

- しん ざ ふ て ひ ふゆ あ KJ た き しん ざ, 4 これ さ ふゆい ル ぁビぉ -V つ 

信 三の 手 を 引きつ ゝ、 お 冬の 跡 を 慕 ひ來 しな. CNO 信 三ハ是 よ. 先き、 お 冬、 が 出で 佇き し 後 を 追 ふて、 何 

こ し まな ひく- こ、 ろ ゆ な みち. A たまら I 二、 や ゐ 

處! >」も なく わく かれ 出で しが、 間も無く 日 は 暮れし に ぞ-、 心細 さに 泣く),. \-も 、路 の^に \ィ み 居た る を、 

化 j^/ へ か 5 C ゆん ふみ ? -f ひ i か あい をの ま、 V- しゅつ じ 上 ヒ もな くわし あ? ii なぐさ ゐ を W 

1 行の 巡査 見咎めて、 さて ハ 迷兒 可愛 やど 其 儘 派出所へ 伴 ひゆき、 菓子な 與 へて 慰め 居た る を、 折 

まき たつる ミち i: 二 す * た,、 いや. (- ふゆ した や, X 

よくお 卷が 尋ね 當て、 お 家へ ぉ歸ら ど勸 むれ,^、 只 否々 どひ づ かるの み、 お 冬 を 慕 ふて 止ま^る に。 さ 



i^kt. i ほ f if お、 i ぎ^に や、 來 II しに 此 s を、 ^. 

> J ャづ きた 

も^わる^. i、 酽 ひなば をれ もえ 仏るべし く かくは 尋ね 來, - しなれ。 



,しま? ん。 II ずて i に i きもの は、 ?も 菌じビ かや、 #£無 き 夫の 尻 し;^、 非 J 

の i あめん どせ し、 f 七 fff 、 iff$.k^l^n ? 

^immi. ,ぎき s めば、 七藏は s 目 f に、 汗 は 額に 沸 

、が 如し 



く 力 .¥«-1 つ かへ ふた、 いへ > 

をれ よえ f 、 f 1-f f . fi$^K 連れ 歸 つて 再 SI や 

_ 各 



お i の f S にても、 かくまで 解らぬ 奴 は、 1 

i すと ii し。 おは i になき て も、 i& あ ふ? ど、 おに I まら 一ず 込みて、 Mf 

もせ こど I 

風す 事 ど はな, 9 ぬ。 L . いさぎ 上し し-、 > . 

iuf .4ilso ずる IB も 腐き して、 れに 師事す る を M U ざ? は 力 

. -1. マ ——^i,- ル; ^こき はナ 抓して かど、 お 冬 は 



Iwt^l^ii^ 入ん。 をれ も^ linm なれ ii、 ロハい, おらし き は 彼- 



去年の 雛 



一七 九 



糧 の 音 



小 倉 山人 



へ 上) - 一 

r の靈? f 、 ffff. ^f^M^fm II き il め 女房の み; 

み 見る ITi ず f S たる、 V f ^fes^. fi0ift 纖 i い 



0^c^n¥f ffmti fivf き 負 へれ、 烏 啼く谷 中 邊の囊 

こ r くた 立てる 鐘の a ゆ i る, も mi ?、 ^li^^^^^u. 

SOI&T^. T きの if f、 へば、 f にや 病みて 1 れに 1 れし i ど は、 影 暗き 燈 火の 光に、 



I 世 も ひ tisi る もの f け! 。W に 四 五 ままで き、, f 一 k 鑛山會 社ぶ 長 何 2-" づほ 

し 1 ぎへ も、 .ii き はれ、 うき rl に f き f が、 ^iJJ 

f i に r 曰 k ふお のし 代ろ もぎく、 sffff f0it0^^i§i 

ら§、 faf0ff^ fffst くまで は I れ まじき に、 ? 



い; から ざ 3 なさけな み J- へ り.? うて しっか こまぬ くるしげ .r 、ク つり, 

云. ふても の 病体。 ああ-情無き 身の上 かな ど、 兩手を 緊乎ど 拱きて、 さも 可 苦氣に 咳き 沈れば、 f のお 

て ふ き J き や, r 乜ん だ. h り さま い A おも ry^ 

蝶 は氣も 狂窗、 一え、 お 道理 樣 0」i 一一 n はむ >j せし が、 わ n れ^ 何に か 思へ る 會ら む、 ふヒ 佇, て 「わ、 い 

あさ ta わがす がた * おつ 50 み たま げ ズ-ま ,5, まひ つり ここ 

やく o」 この 淺猿 しき 我 姿 を 夫の 見 給 ひたらむ に は、 ま^も 嘆かせ 給 ひなむ、 病勢の i る fs! もや あらむ 

こな だ ち *- こ、 ろ くば 5 ら ぐち t£ 

ビ, 此方 は 千々 に 心 を 配りて、 5 ど 裏口に ど 廻. CN ける 

f ゆ ひ. fs- によ い V か きセ すこしば かり ばくまい なへ かけ なか いだ A ォす りば ち S ゥ ^a, ^^L 

雪の 光に 女房 は、 今 買 ひ * る少 量 の 白米 を、 膝蔽の 中よ, 9 出して、 •. 欠 擂鉢 に^す 折し も、 ふ どま 前の 

事 を 忍ばれて、 g くな.^ はてし 今の 身の、 敢 果無く 憂く 恨し く、 竟には 淚,^ is 暮れて 、「あ、^ の^ ^か 

なさけな • 

情無い」。 、- 

はま; &ら s、 あ、 in ろしい、 あ、 i ま、 あ、 な iir、 i ふる;; k つ &i に、 tiwi ピ mil ひて、 

あわた へお て ふすまお しひら た,、ぃま^"へ - *u ざ おき ぶん か, ー&ざ 

遠惶 しく 隔の襖 押 開き、 「只今 歸. CS まして 御座, 0^ます る、 御 氣分は 如何で 御座. まする か。 ^れ. 5- 胸で も 

撫. 9 まし やう 」0 ど 其方 は 輕く身 を 起して、 何にも 知らです やく ど、 が 眠,?^ る貞 1 をま航 1 に をヒぱ 

みぬ。 . 

「姑く ぉ撫, ^申し まし やう。」 ど 近寄る 妻の 姿 を W りて、 "ぉは如|:にもま思ぎぎに、「乙のまぁ1|ぃ|5の^^ 

み をな た あはせ まい さぞ さむ こど ど 二な Z ? まつく . ^-- ? ri 

に、 見れば 其方 は 袷 一 枚、 嘸 かし 寒 S 事で わらう」 。訊へば 此方 は笑赫 作, て、 「^い 1 か は射ヒ ませね き、 

少しも 寒く は 御座. cv^ せぬ、 决してぉ案ヒ下さ1,^るな」0^;秦ぎしく|^れぼ、 おが 鎖ぎ ど灘! tr| し 

r、rss ノ 5 ►^^w もの , 、 、ひ 卞サら つど か^づ みさほ まも そなた しんてい" あ がた 

て 「貧しき 上に y る 大病 ^み 甲斐な き 者 なれ.^ も、 一 向 夫ヒ册 きて 貞操 を 守る 其方の 心底、 有 




li し. I」。 閒 くよ t はきず て、 「? sssf ? るな 、書に 心 t ふる 一が: 

p^til. 漏 I 謹の f 、ずれ f たる 間 f si 参、 f 1 が 1 

0$^fktf 0^^ft 夫の?, 4 すれ w けし;^ 厭 J 

しませぬ。 ^vfel^. お g あします る」 oi めながら 女 は、 夫の 胸 を? 居 

たるに、 ik け f ? の m いぎれ て、 1 る さき、 &れ るな さ、 fiif. ぁ|し? 

1ふれば、 ^^は眼を覺してゎ、ど粒く0 こ • てい めさ ま ,^ゃ 

I 甲 i?、 f tf 、 攀&1 リの J ば J 服 J 

f!a まの き iri へて、 f4SJ^^.^ 

は f so M の が 酽 ぎ i^f れば、 f 6 禁の おなる は、 た > 其 子ば? である、 f 

で 出て は慨 獻,、 を rt てた もれ」。 

(Y) 、あ 1> ゆび を *f^Ji<u& 

pfell. IT=< のず きて、 は f ぬ。 されば 母 は け、 I 年せ J 

乙の r ひ 2 まに, て、 if-r ば 環に は、 !| の 川 島 家 i きる 事 も 4 むつ ど 比 



7, Ertf がまでの i に は itt $ifa ?に ss の疲る 




I; 一 一 鐘 の 音 1 八 四 

. 、時に も、 我 膝 を 大盤石 ボ^に まみて、 す やくど^ 毗 りたる 1^ らしき i ぞの滅 を miic "、^の i^t 

苦さ も 消お 失せて、 枯木の 吹き荒し たる 淋しき 野邊 に、 早1く§らみ^-る^の|田%11-る:_5ハ%のして、 11 

うち ゑ 

おす ほ ゝヒ打 笑みき . 

早く 死ぬ. る 子 は、 秀 けて 敏捷き もの なれば、 到底 彼 兒は覺 束な しなき、 f 邊の ひ-^ は 評し.^ 口 へ^も、 赋は 

TVI . > め ^ , ぶ この こ サゑ たの も ね お をの こど かんが わ うるし s^^si^^,,- しも 

y くど は 夢にも 知らて、 實に此 兒は末 il 母し ど、 寐ても 起きても 其 事ば か 6> を考 へて、 我 漆の 兩鬢に 霜 

の 降る に は 氣も附 かで、 切て は 一 年の 中に 二三 度 も、 舊冬 ハ い v<: くヒ lin ふ^の 艇れ よかし ど、 4 だに 

こ., 語らね、 我心に は 何時も./ \o 

世の中の 事が 思 ひ 通- V に 行かむ に は、 釋迦も 三界 n 猶 火宅の 如し ど は、 きぎ はぬ 1 なれ クヒ も、 iit の 

^ すべ こ-ろ <w か げ くわた く &ど 

事^ 云 ふ もの は 都て 心に 任せす して、 實に 火宅の 如き どかし . 

てい- き-の ふ ひる &ろ なん な こ、 ち あしげ や 5 す .AS-tAJ り こビ すお 

貞 一 は 昨日の 正午 頃よ ftv, 何 ど 無く 心地 惡氣な る檨 子なら しも、 た. 一羽の 事なら む. ビ 捨て置き たるに、 

日の 暮れ行く に 伴れ て、 い よ)/ \- 体温の 高ま 行けば、 母. は 一方なら 卞愕 きて、 或は 抱き 或は 脊^ ひて、 

なみだ ども をのよ あか 

涙 ど 倶に其 夜 は 明し ぬ . 

翌朝 早く 醫 者の 許に 連れ 行きて、 如何なる 病なら む^ 訊へば、 rJ は r ぢ ふて .OV や」 な 6V ヒー 雜 

治る や 如何に ど酽 けば、 お-だ ならむ 化 は;^ も^も なれち , 1^ る I: "がが もに て "ど、 ~1 がて あ, -らひ 

ゝ ほ t- "^の - ひど かた むか ねん *^」 ろ ものい 

て 絹 着物 着た る 人の 方に 向 ひて、 いど 懲動 にど 物言 ひける。 



く 酽く& く を^ &て わ、 これが、 I 曰" かの 身分なら ひに は、 何^までも 

、 」 , \,f,, /ひ *3* K > 

-11 ま 



s ちから ま > ^ ゝ めか- 

金 S 乾 r^x; 名 一 



ち 治ず? むに は、 i に は i る S も t むが、 よき E き は? も 寄 急、 世の常の I むさお 1" 



おはな i ろ& せで、 S れ ゲふ 日の il。 さて 4f 身の まな ヒ、 貧 故に 胸の g は 

J } J : つ £ ^ ^-^ てい や 3 ひ _ _ I 



fi rnsl くて i し、 が、 sfer 過-る こ 頃ろ にや わ-け H U 夫の 紀念の貞 一 は、 病勢の いよ 

l^w^ II ,1- 1, , よ、 , れ S ちわす なみ::,」 f んじり こ,, 4 

ぎりぬ。 乙 はい 如 力 何に せまし^、 ぼ は 我 を.^ 打 忘れて、 涙 a 合の 徵ゎ 

あ o」 どこ 軋 も i りに へば、 ^^&^ゃ.^ブ?ビ1ぉが..^ 、 兩手を 



はれに、 「負 一 や- 

ひざ まなこ 

漆に 眼ぱッ ち- CN 



IP. 貞ー や- — :. っミ 

I! き缝 にて 「お ッ, さん。」 この ニー r ま^に I 退して、 脆く も 梅の 菩は 散. - ぬ。 



悲 



やき is して は、 s の "おず る Mi? ビハ、 な I 僧が の 給 ひけむ。 實 にぃみヒ 



「力 



も 穿 たれた- 



;の錄 きし .41^、 C ばか. - なる^が, -。 ,し、 にて 朝 タ行 ひ 澄ます は. 



Bel 3,- ひ J 

ヒ淸げ なる 尼法師 C 心よ 



,p あ ひて、 S したる ぎし われば、 P が f に f で、 鐘 I のみ 高き 澄める。 




鐘 



の 音 



八 五 



し やま^ AJ ら ひ く $ さ t ^ 、もど * た I 

知らぬ 山, 路の 空に しおれば、 日の 慕れ さる 程に 宿も^ めばや ど、 ひ 4:^ ばし. に 走 6. て、 麓の; 1^ に. め」 急ぎ 

1QL りきし 5 へ. S :、 を ^ ひ, みづ 4 >J 

たるに、 やがて 斷 崖の 上に ど 出で ける。 rJ はいかに ど 佇めば、 岩間に 響く 水の 音の すさまじ。 

、 、、 いま, > ,お f > S どひ みちみ こだち もど しげ あ を ぐら- <• ばら かき わ 

ぃさ急カむビ&.^ふものカら 糸 引く ほ^の 逕 だに 見えねば、 木立の 下に 茂, CN 合 ふ、 小暗き 荆 を搔 分け 

て、 左の 方に 50 下, CV 行く に、 ぃヒ 物凄き 谷川 わ, CNO 

欝々 たる コ 株の 老松、 自在に 蟠 6 て、 吹き 來る 風に 嘯きながら、 九、 孤 どもい ふらむ MLIk の觀 に^め 

r,t* » tt- な 一?, らさ うりよ 5 しむ も; <J お &ど ぁャり き? ん < わ? せき いづ く ij-;- は, レ ど; ye. A 

る 形 は、 宛然 双 《 の 深淵に 跳 ftN たらむ 如く、 近邊の 奇岩怪石 は、 何れも 幾千 年, の 時化 をず びて、 ある は 

駿馬の 空 を S るが 如く、 わる は罷 熊の 洞窟に 蹲踞る が 如く、 わる ハ あの 牙 をぎ くが 如く、 わる は g:^ の 

あしのば つき &ど 

前足 を: 1: して、 山 月に 噴きたら むが 如し。 

、 い かたな こ、 ろ^ rV ひまった く あめ さび ふい *.、 し す、 

さらぬ だに 云 はむ 方 無く 心細き に、 日 全く 暮れ はて- A、 雨 さへ 淋しう 降. 出で ぬれば、, 端な く は.^ 翁 ま 

でしば し 躊躇 ふ 程 ns、 雨い よく 降 6 荒び て、 近邊 ももれ ど 分き 難く どな, CN ぬる - 

frj "JTf ノ > ► , , , * きかた わけの ほ から きりき し 1 いづ やま A ろし i. ナ 

^くて しく わらむ もさす かなれば ^も * し 方に ど 分 上, C モ、. 辛く 斷 崖の 上に 出れば、 山 I. 風の き 

ために や、 岩に 怒る 1$ の 音、 今度 はい ヒ> しく、 お^ V.C くし。 rJ はきお t の^れが て、 游っぎど3^<^ 

たるに もやわら む。 われ は rJ の斷 崖の 彼方よう して、 rJ の 瀧り 瀨 をが たらむ に は、.^ の M のお:^ 磁ル て、 



iー-,ょ.c^落ち來ft^たらむが如く見ゅめ 



o 



fsi fiffo 0f,^0^fff^ s ,ぅ號 び"、 しばし 



affft か., & しきみ 深 や あち 路 なれば、 r もまむ r も 無くて、 S 木) 

p» ' T , > ^ 5 & さんげつ かげ -E.J 

8 すの rf f 、 ふ,, f i して s れバ、 i やみ f さ? て、 雨後の 山 月 まみ ヒぅ 淸らな 



ま $J ろ 



なほた ゝチ ゐ 



ち をの さ iHQiY &、 た 1 のな 泣き ?i にて- taffo 

あん 艰 m しど St むる i に、 is のぎぎ、 1 しゃ I も S ぎ 暗 f I A る。 尙 佇み 居? 

に、 ii の IT iiis る nsisro 越 Itsf れば、 f f f ビき思 ひしに、 

あはれ 誰が 家居に かわらむ。 . 。 きらさ、 ふきや" si 

力お こ 編く m き i.f§r4 & がして。 あな 1 しゃ ビ 1.4: くに、.; -木& に f 耳の 屋根し たる が、 細、.^ 

^ - r » > f ,,A ,ゝ さな ft- み まなこ ひかり J^yi でゝ J k 

: のき f ?。 い? る ひ.^ かぎ S き、 おきぎ よ ▲ へば、 翁の 君の 服の 光" ヒ?^ 力 いみ 

る は を どめ む^- ゆ" 'f^^ メ.^ にら ' - D 

じう 美しき 少女に 向 ひて 何 を カ頻に iSk ひける 」 、ろ ; 

ii ぎぎ f if して、 ?る If Si く て、 の If を 一念 希求の S する 心の中の 

i しさに、 g 鲈 f るお £t むヒ、 纏く て、 m^^^figi 



リ のがた: 



わがば か な 



まだ 芳紀 弱き 少女 子に、 意 を 籠め し 翁の 君の 物語 C . ? お _ . t 

、 \- がきて iisi あ I せ 1 きみ 身に しあれば、 浮世に 出で む靈 みを斷 ちて、 我欣, 央. 無 

深山 物語 



一 ス七 



I 深山 物語, 一 八 八 I 

な の *f なほ みやま vr> なきち、 は、 ゆ だい どもら _v のみ £ f e, り t PI 

く 成,^ たる 後 も、 尙^Jの深山に止ま,C^て、 t 父母の 菩提 を 吊 ひ、 其 身の 後世 を i るべ し 0. おはれぎ の 11 

の 人なら ひに は、 善き 聱 がね もがな ヒ rji 一一 。ふ べきに、 まだ 前途 長き 其方に 1 ひて、 ずくぎ ふ は S ど 

無き に^たれ^ も、 ^Jは其方の行末を深く心に思へばな.c^o 忍び 難き 所 を 忍ばで、 き; 5 鍵き g をえ I 一 ロハ 

で、 あだく しく 其方 を 1^ よ 世に出さ むに は、 虻!: に n か. りな ひ。 力ぎ く I 一口 ひても ば、 がが は赐を 

-n ^ * S きょ さ ひどお ほ す にぎ どころ rj お 

:^印めて言ふ 浮世 ビは 種々 の 人 多く 住みて、 Sヒ賑はしき所ヒ^J^Vぅけ4^まは<:^しに、 如 町な 1 ぶ" どて 

® 身 はさの み 止め 給 ふ ど。 斯 くなん 訊へば、 翁の 君 は 《 を 流して、 少女の 齡を |( て あ しが、 き!: にも 

其方が きたる 如く、 實 にも 浮世 ど 云 ふらむ 所 は、 種々 の 人 4\ く: みて、 S ど i 、はしき 呢 さらな 

がら 5ひ さして、 滅 えなむ ビ する 燈火 を搔立 つれば、 少女 は に 11^1^ の im 嗽-て、 械 11 一口ぎ 

く.^ .4 い くちびる 5& か い か こ 5J き 

に 紅の 唇 を ど 動し け あはれ 如何なる 事 を か 聞かむ ど すらむ 

うちつけに 音な はむ はさす がに て、 尙も 行み 居た る 程に、 今迄き T し 空の く B しげに S れ體, 9 て、 ぎ 

に f i の i:? に、 S のつ ルの ぼひぎ も、 li なのき 君み は f めて、 ぎ PII でながら、 ぎ P が讓" 

fa,?ff ド 現に f しき 攀か し。 f(0i IT 方 S 麵ェ なる 

云ふ處 は、 深山の 此處ど ハ異, て、 黃金ど 云 ふらむ 物 無き 時 は、 賢き 人 も ■t:? 人 ヒて輕 蔑まれ、 獻 

ひ V \ ひ^ や *S , i 、 こいろ o ュ, ひ 2 V あし ひど にく . そ i み やま おく そだ ,r きょ 

ゾ も卑, L き 人 どて 賤 しまれ さまの 善き 人 も, 惡き人 30 ど惡 まる io 其方 は 深山の 奥に 育ちて、 浮世 

の 《 ど 云 ふ ものに、 未だ 吹かれし 事の 無ければ、 あるひ は 疑, ふ ig も あらむ が、 ^1 ど ふらむ i すら わ 



- i f - - i ク おど,、 きみ いや 

, ど ど t 員 でら るる、 i るの みならで、 カ^ビブ ふらむ • すら われ は、 やむ.^ どなき 大臣の 君 も、 卑しき 

il の iFi へき、 あはれ? & のぎから むお〕 ぎく 來る ひムの f のみなら で、 親しき 族の 人々 さへ も、 

っゐ つれな あた ' ' I , 

終に は 情無く 遇る どかし ; ひ 

の ひ.^ ヒ ど は、 rKft の ある" 吣 こそ、 &ヒ, i に S 口 ふめれ きも、 愛に 黄金の っ盡 きな む 日 は、 

い 如-何に ましく せし ひ 4 も、 み 見が て W 顯 みぬ どかし 01 曰し はぎく もな 無 か. - しが、 今の 世 は 分き て黃 金の 貴くな. - 

て、 £1 にみ 見る1 は- ひ.^ を あ I きひお して、 1 に &vf れば、 1 きに はぎ 無く 兄弟 無く、 君 

k 、 つち ち^ 11 し vpr いく ろ 5 t VW おこい 

ずくし 師 Ir^ii ければ、 li くも 1 ふ も IK¥l な # されば ひ 人の.. 命 を 縮む る ヒ云ふ 心配 若勞 も、 元の 起诞を 



fi 重 i しく ksio ,る i の f て、 f i はしき 處は、 ? 4m 

し& ろに しわれば、 0^f^. 1 ぎぎ &f たる禁 の tl 子女の、 今更 出で 行き 

たらむ に は、 II ぎき の戶 どの に、 &ぎな無くし死する^-どもゃゎらむ。 されば こ を 我 は 其方 を 止 ひるな 

れ、 ビ いひ 霸に 画せば、 S き Isi- て、 0^^. ^aizit 

に、 il に 外 や、 i る 1ろ し &ろ にて 1 らふ か、 さらむ に は、 1 はは 1& まで も * の 深山の 奥に 住みて、 5 

,,き, U ゆ 

じ (. 浮世に は 行く まじ どい ふ。 や, . このま 

tr 人の f き ft &、 ぎ fetf ぬれば、 ffk^iit ^nl 



深山 物語 



八 九 



深山 物語 一九 〇 



にし け ふ あ. つま みやこ こ、 ろ I, つげ ふしゃ さむら な やま わけい ひな ォら ま., r つ 

西の 京よ.^ 束の 京に^ 心さす 修業 者に て 候 ふ。 馴れぬ 山路に 分 入うて、 一 向 $そ ぎつ る 程に、 何時しか 

みち- >^ まべ た,、 つか こ よ ひ あめ 5 こ *、 ちし さむら いす 

道 を 踏み迷 ひて、 徒 疲れたる のみなら で、 今宵の 雨に 打 たれし ^めか、 心地 死すべく 候へば、 おはれ 一 

や ^-i ぬる ケま いりひち ゾ J ちちた、 ども. Lis さ ふ く かせ に i ひ いぶ A し 

夜の 宿 を 許させ 給へ ヒ、 入口の 戶を打 叩けば、 燈火 はた ビ減 えて、 吹き 来る 風に 臭氣 お. CSO あな 可 訝 や 



お .,パ ふ ほせ さ だ & なんぎ さむら ,A=H らー? 

我 は 太く,, 5> 打愕き て、 S ^ュ せま ヒと思 ふ 程に、 そ は 定めし 御難 儀に て 候 はむ。 か i るい,^ せき 茶屋に 

い たしか おき ゆ こ众 うれ いきつ を どめ ひく 

て も ぉ康ひなくばぃ^.1/たま へ 、 S.J云ふは糙に翁の聲な,C^C .0: な 嬉し や》」 息 吐く 程に、 少女 はい ども 低 

こ^*5 い f?J ゑ うきよ ひ >J さ ふら や ャま わらば かの ひ >J AT. しな 

き聲 にて、 今 聲 せし は 浮世の 人に て 候 は ャゃ。 宿. りさせ 給 はむ に は、 妾 は 彼. < にや 失 はれ. i& む あなう 



お" y ど ^^さ ラ. ま 

たて や、 あな 怖 >c しゃ。 .5, ず戶 を. 閉し給 は ど $ふ0 



上 5 くわし うきよ う す ゆか ひど さむら かの V もしび き 

さて は 妖怪なら 卞 して、 浮世 を 憂し ど 見捨てた る 床しき 人に て 候 ひし か。 さらむ に は、 彼燈 火の:^ おた 

ばげ ふ かせ わざ どみ いら 5 ちつけ こ れ お 5j ろ 

る は 烈しく 吹きし 風の 爲 にて、 頓に 答へ^ら し は、 突然に 聲 かけし 我に 驚きた るに もや あらむ。 かく 

f われ こ、 ろ しづ あや お I ふし な 

なむ 思へば 我ハ 心の 鎭 まうて、 怪し ど 思 ふ 節 も 無 か, き 

おきな い ,た & らん ビほ あばら や さむら いぶせ さおら こつら & 

• やかて 翁の 出で 夾". 9 て、 御覧の 通の 茅屋に て 候へば、 欝陶く は 候へ.^ も、 い? t; 此方へ わ. C ノ ければ、 御 

めんさ むら かろ いら かさ ひも こし 5 ちか あしす > たま ふれ あ. か をォ おきな f> 

免 候へ ビ輕く 答へ て、 の 紐 どくく 腰 を打褂 くれば、 足 濯ぎ 給へ どて、 いど 古びた る 閼»« に 翁は淸 

みづ く きた 

水 を 汲み 來, 5 ぬ。 

t す、 ざ ビぼ おきな きみ ば. t おどめ f5 じ-ちゃ く き!:^ ほの くら ど. * しび ひかり その かほ 

足 を 濯ぎて 座に 通れば、 翁の 君に 顧 まされて、 少女 は鎞 茶 を 救み 來り ^0 影 暗き 燈 火の 光に ふ ど 其顏を 

5 ちみ い かたな うるば f> 

打 見れば、 云 はむ 方 無くい ど 美 而飽也 . 、 



た >m ぎ \&かれ ひき- に i はし ラ s ど r ば、 さ t むに は 夜 4 け 5 へば、 -I 

J- ち ふ たま , 

!. ま S3 づれ ば、 わな,、 ifelf ま i 々しき 一個の 白骨 i 

に £ へ たはらぬ。 わ はれ、 誰が 身の 成れる 末路に かわらむ— 




九 



深山 物 m 



マ * リ 



"猛: ご 



呵何 なる, の ¥ さきお だまん おがね TSJ、 siipK^. siK に た 

し、 pi し、 P ど. T ふ S ま I たくき 1 の T にて、 IT 象ん S へまし ひて ま? き i ふ g ギ H 

き、 £觀麵 へさ &gpT:si&, i^i^^u. ぷ武 £1 ぢ i, 

K iT£ のま f M^mk^ ^あ f は 離 1 碧" ビ 

し、 おお^ の g へ? isis、 ^^iissi.^i^^ 

&f 1 辦 、 f i まへ i え n は &ギ IP 歡. g の靈 ,霧 

ぎな 1^ 環 f lif たしぎ、 そ sssi い &i: p 伊い srij ふま r 申さ ぎひ 



a れ s や sirlsiK" mM^MS-t 化 づれき の, il へ もま X 可 申 候 一 

4 ザ 養〕 I.H K S^Mms ill . 

li i 霞議 i 

二月 十八 日 . . W 于 ぎが 儀 治 

& いち ビ 6 さま 

,i のき や?、 ^I^ils. If ii?. しん づく 

し、 ,る f ぎ s£ きず f 、s^g§os におした てし * の 川風 

うけて る s, T つ はき &fe 鼬き &if か t るし、 T つ I うつ I のに 字、 Z 

C ^き i の黯、 きょ, c4 きの if なし、 1だ1の經..^ つて、 身 I してき H 

s% ゲふ曰 S に, あ?、 きま &f す 相 % ふ 1 きせ、 -ぎ も、 I に 似 ひれき、 52 

力な f ふ きろの f is: せ、 :れ すら 41 しき? るに、 mmpi^<aK. 10^^ 

r 履 f る f& はで、 £^ き あ r き- k の f i ぎ、 ま 11 の 本色 直せ は 健つ f な 

"さき sfe -、 TS ばの きビ, せし I 千つ 津き木 sas) がけき、 if まもの 善 外, 匹 ff 

t、 f S て 議が? r へしに は tsu、 ^へ i?: の 師恩 s め I を 打 寿、 

ま 任,? われ ど 8 を i めし 2 ま、 げられ ぬう ちょ-、, i に 群へ きし 1 封 は、 




. - 文 字 一九 四 

ぎ ふ. £る? の r 紙み、 う? gti 『の i き,, たに i かで、 P の議し は ぉ禹一か 二 S 

こん さつばつ 5 な さ 5 し げすげ らら ばら きり や み 寸 てやき をし ザ 、り <■ ま 、ゥぶ J 

今 殺伐に 吟ま壯 士^ やい はむ 下司 下郎へ も、 腹の 切樣 身の 捨時 を敎 へたる 言行、 今 rJrJ にさる gi^ を |3 

あにい たづ ひっけん ろ 5 あ す あど V- ら 、i -!' ら レ 

,9 て; P のせし は、 豈 徒らに 筆硯? J 弄する ものな らん や。 『明日. 06- ど 思 ふ 乙、 > ろの 化 歡ぁ竽 に.. 嵐の がか 

^ « ^もんじ や ^ら. J さい it& おやお と *. く 5A* > .? 

ぬ もの か は』 一 文字に 惜氣 もな く 遣ッゥ けし 腹の 仔細 掊れ ば、 もヒ i 籠の !!ハ;^ が の 3 曰 まさに & 力まれ、 

- 後 素が 薰陶ど 聞いて 師弟の 契 を 結びし は 門松の 四つ 昔. をれ より 四 かう して i を のかい i に & 

^ 、け, ふ ,ての な あしち なにば たち かへ に, I- ナ ん、, -?、 ざ レ , -'」 ナ 

せ 今日し も 其 名に すら 葦が 散る て ふ 浪華へ 立歸, cs、 人間 致る^ rJ ろ靑 ^どはい へ^も、 ; f ならぬ かの. 一 

一 痛 腹 割 剖っ;^ ど は、 にも キ r す やわ,, つらむ、 k 。しげに _ ^腐, おれ, zg^,,、 き の i に. 4: た fSI れぬ 一 

一 師の 邸宅、 喜悅の 笑を轉 面ら に « くだく I. ム^^て、 "きむ 唐れ ヒ" 4 りなる 麟 Itwn つ コ ョ、 〔于ぎ が い^ま づ 

§ 霞に、 0^0f(^^^f^ffa. 議 の i£ ,き ギ Mi の 

^ * a ふ てんば ばち れんき さらぎ な か か 

I 極め 今日 や もも 天 保 八 年 更衣 中旬 八日 

ま 人 平 <郞 心 易き 客 なれ^も、 手 離しなら ねば 御 面談 は 其方に てヒ 取お の 口 II" ぎ^ _ ^してが づゎ てが は 

れし 一 室に 茗 一 口、 ぃたま しゃ、 身に£襄の^_¥隐1をぅ?-れ、?『ん|^^をの酶く15^1の腓酽ど|||^.>す、 

♦ さ けい 力 S せつ すね ふん/, u でつ が * し ら C を ま>4 C 

いさ 去らば 警 欲に 接せん といそく して、 脛蹈 込む ハ 1 , に 死地 を 急ぐ ものなる を、 m らる: まで も, 

4 & がぬ; 一 おくの 崎 かや、 ま は i れ&け t 蒙る gs, Tpi4 の s せんど i 

る 隼 人 を 追 取 園 ませ、 ^しき 一 座に ずの ずで りきし 膽 |g:4u さす、 仏 l,coiiidl"g おに ulr 齢 




f!s^. 難 SFrm ぎ g め、 つかへ し fri しく 額 を かさ?、 

『I: つ 時に か はら せ^はぬ きき 機 まの ¥ の i^^ii くに ヒ, なす、 々にも 以前の 健 かさ、 珍重の 乙ヒ』 - 

mi して i3 しき い 出で、 お 1 ろに is けし ふ不 しき&、 『を もや 11、 f の 還 如何の 儀に わた 

る や、 でれ までに^ けぬ W も P ある なれ、 ビ^へ て ^哪! ^の 御講释 や、 かたぐ もりて 訝 かし、" 

つきり お. らは g しずま はれ、 Tii め % 目 "お i& ませぬ.』 pstfel の i 好 笑ま しげに、 列座へ 向 

ふて したら i の S けく、 『化れ も s£ 編 & せよ、 1 き は霸、 K5Trl、 董參 

の 前で 乙れ やわが £p にさる もの あ-. - どし 知られし 文武の 達 < 彥极 の焉物 宇津木 矩 之丞ヒ いふ 俊才 どし 

や、 sir ゝ が 鍵 B に i る 11 の艤、 さても i にで. つた もの かな、 ? S 之丞、 御身 ▲ 

* r * け 1 ん お こビば 

fair sir ^がらず でなら ぬ は、 るれ、 かう S ふわけ』 『懸念で ts 詞の ふし 

ぐ、 11 はきへの i;、s# のさし マ cf 、ひ. i さう』 『む、 t が を く1れ ばの、 一 搔を 起す 企ち やわ』 豫 想 

の Igf g けし gp、 ひき i い g 鎖が i まお 入 で? は I、 ぐるく 

ど IKP ず、 i ぎく さも &ぎ、 ふ讓" isfew せで、 鶴 に If ぎ 起さん 企 ど 

よ、 編す る も? i あ^し i:fef 、 る i の Ksp けれ, さ ,,5 うらめしき 

I Z ィ i し C 、つ - f 5 ま., i しん のりの じょ S な .i なに 

1?. 、f く來る rirt く はふ-まして、 ?は S ぎ か、 を もまた 5 心に や、 矩 i 何が 何 

やら、 TiSv4i が i ま』??、 鲰 お^がらぬ に、 ョゼ雙 百く k 足ら 卞の 度胸 



一文字 一九 六 

-薩ー|ー-— 國-|ーー|| 一 = ■■■■ 画一 謹 一一 瞾|画翻画| II 國ー匪||1— 匾疆 -1=111 画一 illi1 = lii 一 ーー醒國画霤ー 酵ー疆 =11 一 1= -5-1 ■ 5- =111 = =■ 1= 111 ---=■- §-■-—■ II 11111 I 顯 一 一 II IIIII - 瞧 画 匿|ー| 瞿霤 _|醫-|— 一一 11= 111 1 1 = l iliis l i- 一一 I I I - II I II 一 Br II 画 

や こもた か あらき も へ. ちらら はす むる に かた £. 'で あんぐ わい 

ばし、 矢聲 高く 荒 膽ゥん ぬかれし どい はむ 平 A 郞、 吐 1 菜て, K る 無類の 言語に 片腕ぬ かれた かの 案外、 

たい! SJ きぬ おしく る けみ ひざ 5 む, U だ かんしょ-^ ひ ク,! こ,? 5 い, ゥっ, 

「でれ は …… 」 を 大度の 衣に 推 包んで 毛 も 見せす、 。ホ ン ^膝 を 拍ゥて 胸をク き 出す 感稱 一 s、 『優 奴』 

ちから & き ひきし ほ き は み つが こ、 ろ や たけ SO も ふか; b 

『H1』 力なき 語氣、 さも さう す、 ぐ ゥヒ引 絞う し 氣の張 弓、 番 へし 心の 矢 竹 も 共に、 腑効 なや、 ホ 

まつ ふた くだ なん . のりの じ 上 f めんていみ さすが やべ すろ が す ゐき上 けんしき 

ツキ ビ眞 二つに 挫けて、 何ビ なくぬ けし 矩之亟 の 面体 見て ヒ 偵 矢部駿 河が 锥舉 せし 見識に たが はぬ 

くわつ がん し f しゃ 5 へいばち らう むね 5- ち かくべつ ビ だ き Nxe ゆ; J よ 5 ,<S:S んぶ - ん&ん れつく わ 

• 活眼、 將 に將, だる 平 A 郎が 胸の 中 はさて 格別、 を k: くど 說き 出す 規矩 準繩、 閻浮 檀金ハ S きな, 9 烈火 

な ビろ し しょ 5 さビ ぎり ろつ ゆ こヒば た、 ら め くわん きふ ほ >•」 なわた 

に 投げても 溶けぬ ビ 知れば、 性 を 悟って 義理の 堝 にかけ し 言葉の 橐 籥攻、 緩急の 程よ さは 眞綿 にや は 

ひき くび ほね 5 つぎ へい 11 ちら M 'のぶ ゆき ぷ し 

>\ ど 引し ぬる 首 骨 も かく や、 『 が、 宇津木、 年 八 郞信行 ども 5- はる、 武士が、 われの みたら で 

い つき やひ やく せい もら むみ や 5 どうぜんお こ き おみ 5;- つき や...' > ば し てい 

1 接數 百の 生 を 貰 ひ、 無名の 鬪戰 起して ならう か、 閬き やれ、 御身が 發 狂せ しかと 呼ばった る は、 師弟 

あ ひだ がら おも まこ-" ろ よぐ わい ぶ れい へいばち 5 で かん やん 2;.- み あ あつな 

の 間柄 を 思 ふての 赤心、 慮外で なく、 無禮 でな く、 ま ど 平 八の 腕 ど 感じて 寸斗 見上げた、 rJ 、に 集る 

かたく さいし す ひゃくせい いっしん なげ, むじひ が 1 く L 、むらく ひやぶ ゆ. りし だち さっき ふく まんなか 

. 方 々は 妻子 を棄 て、 百姓の ために 一身 を拋 ち、 無: £悲强 慾の 宍 喰 破らん 勇士 達、 殺氣を 合む 眞中 にね 

■ かぶ ふてき い つかつ ち み よろこ なか りん い さぎよ いちらん まう いちお し はっき や 5 

し 被せし 不歒の 一 喝、 血 を 見て 喜ぶ 中に 躔 W 潔 き 一 言、 さても 申した、 一 應 知らで は發 狂^い ふ もよ 

すいき や 5 の、." いど き 上 こ、 ろ や ほ 上ろ づ かみく せ 5 らん いまお み が 5 たん へいばち こん ま 5 いちばい たか 

し、 醉狂ビ 罵る も 厭 はじ、 淸き心 ハ八百 萬の 神々 ゃ照覺 わる、 今 御身の 豪 膽に平 八 懇望 を 一倍 高めた 

ビ>せ い ちにち し おん !! _f る かさ ぶんぶ やいば おん 

十 年 も 一 日 も 師恩に か は. CS は あるまい の、 が、 かう $ ふて は 圓 $も のに 角 を もち、 かっは文武の12^:^恩 

ほの 5 s- ひ い ちみ きこ & かい こど ふ おちい . かん 

の 炎に くさらして、 理が非でも 一 * にせよ に 聞 ゆるが、 われ ビて 誤解せ ぬで もない 事、 腑 に墮ら ねば 諌 

げんき こだび へい あ あらまし おみ し てんか ききん. おほさ かさん!^ う 

言 聞かう、 3 も 今般 兵 を擧げ うとい ふ大槪 は、 御身 も 知. やる 天下の 饑饉に、 わけて の大 坂三鄉 す.^ 



に 1Z 

眠 2 が 



- 貧に、 富なる もの ハ ます 



は、 霍 sf< 見る も,、 f0it l^^lt 11! 

fx0f isl. ^^p^-i?. s 直諫して 閉? はなり た 

れめ、 ? g へて iri? ぎ f はみ 見られぬ、 されば にや:」 準 1 の 跡? ド嘆 せめて ひ? ん 

i( ^011^. は の靈 V こ Hf 兩? きけ て I 

ii? きてき lit き、 11^. fij^^ 

も、 み 見 f れ ぬが i、 if 一 分り:: JTr?5mt へ 



乙み し 藍の 霞ぶ 气什ふ惠" !ilf0^f へ 二人に 1 き、 ヒ ssj 

、 いやはやき 九 tvfi、 P しにう ちつけ る I つの, や、 かくまでに 散 力き くす. f 上ち は?: ぬぎ 

i P は ifff 、 "おび.^ がむ 無 1 の聽 こしら へても、 してお し 通す、 骨 る擧 

の、 これが fsr に i されう M どか、 よし? の;^ われ §ぎぎ賣 毀ちても、 無限の 窮み? 救よ はん 

こ は、 ri ぎゐ威 f f んか、 ミ ii して i5s のきき、 ぎ然 悟った、 身 ュに餘 る 俵 

ぎ、 i の f は g な 乙ビ、 ptf ……: さ、 ま はぬ では 5 が、 を もや 大千 ほ. f 白く 服 r 

せば、 I 千つ 津ぞ かう ls、 His ら羅 f f て ir、 霍が m に ふくた みし 暖 い 肉に 吸つ 

き、 ブン るし rr&t ろして、 ヒ ir&r ききの ff て-、 

こビ、 棄 うぬ ナ このき きて はしゃぎ、 のま 4&1 る 1 りの J 5 か I、 i に 恐 多く 



一 



文 字 



一九 七 



一 文 層 字 一九 r< n 

ば, 《じ やう きみ お ほみ こ、 ろ な. や たま ぎょい たみ かへ り たま a ffr 

も 萬乘の 君、 大御 心を惱 まさせ 給 ひ、 御衣をぬがせられて、さて民を顧:み給ふ御仁卸,^^ゎらぅでなぃか、 

^ > 、- ^み おの . かんじ, や ぶぎ や 5 すち や, ん くわつ けいく わ らくこ、 ろ .4 る n 

何 くら 力らぬ 街 身に すら ある もの を、 己れ、 好 邪の 奉行 はヒめ 素 町人 めら、 活計 歡樂 心の ま、 に, 舞 

I I め』 、 き や S すゐ したつ、 み しん - しん ふんち しんやね あ かんしゃく 2 よ ,*<f- つ it 

ひ 天の 美祿ど 飮ま卞 もがな の 狂 水に 舌皴、 神 ど、 忿 愫神髓 にっき 上げて、 肝癩玉 をぎ 潰して くれ 

>,ゝ ► け; や. - ぎ, うば,' _ な 7 さ, ね 1 ほねみす やせいぬ よばね こ いちみ おら 

た 力く も 健 力なる 牛馬の 沃土に 寐 るから は、 骨の 見え. 透く 瘠 犬 弱 猫^て、 なんでう 意地 を 見せで れ 

れ. し" し さしひき . かば たいこ しゃみ f た f- 上ク 

う » 死に 死な ハ もと-,. -差 引の ないど rJ ろ、 まだし も 皮 ハ太鈹 や 三味の 役に も 立^う、 もしも 背負て 

たつ あまよ みやう しょ 5 くうせん せつ & だい ゐ げ ふみ ふそく み 5-5 て, r しちう ま 5 く. C S >.?- ら,' 

立たら 雨 夜の 明星、 S 前 絶後の 大 偉業 ど 見て 不足 はなから う、 さるから に ^ 朝市 4. に& 凡し、 

ゆ 5^ ま U 、ザ 5 か たみ ほ: SJ こ れ うけん なん かしこ し そん てき 

し 鳩って 散 こど 知ぬ 豪家へ おしかけ、 服々 しく 民 を 施す 了見、 何の かけ まく も 賢き 至尊へ 敵し まつる 

* げ だう てん かばつ けいせい のりの じょ、, し さい み. ^ ち 5 fei . 

でなく、外道づらを天に代て警厘するまで、矩之亟、仔細は^ゥどかぅ.5:^ゃが、御身の意中は何どなるか』 

な.^^ カ> り ^tt ひビ て しわ あ ザつ か すじ ふめた ま の w のじ 上 5 しんへ i そ、 .a ざく ま 

長物 語い ひ訖 るど齊 しく, 手の 皺に 汗摑ん だる 數 十の 眼 玉 は、 矩之亟 が 身邊に 注ぎて 吐露 を 待てば、 乙 

I し 力-, ^< き、 すま _ なげくび し あん み しばらく な をら ふきだ お *j いき ふか こど や , ? 

れ 始終 を 篤_ビ 聞濟し 投 首に 思案 を 見せて 少焉は 動かす、 空に 吹 出す 長大息 深く、 『事の 已むを i:^ る 

に 出で し は、 天な.c^、 命な々、 恐れながら 御 心底 推察た てまつ る、 さ ,9 ながら、. 昌 ij ^き 151111^ る §M に 

ssi^-tj >: .s;i^J^> 1->1 化 ふ., , 、 . ^ん み、 づ から その にん あた たま おこ、 ろえ たが たま 

波&立 たせ 殺風景の,^ の 雨 降らさん ど、 銜 身 自ら 其 任に 中. 玉 はんなん^ は、 など や、 御 心得の 違; 3 玉 

> > % ふつ ほ す、, , いすか & けぃリ やく さんかん もち さ ぎ しゃ 、-, ま (;め せ,. -ヒ? A ん くち 

ふ 力 竿頭 十步を 進めしょう も 鵾の御 計略、 三諌 して 用ゐ されば 去る どは義 者の 誡、 先生 かねて 御ロづ 

ゝ に, ^ , ば/しく け, c なら たま くんし をの くら fo まつの &>J めハ 

力ら > 誦せられながら 伯叔 か 賢に も 傚 ひ 玉 はす、 まして や、 君子 其 位に あらされば 政 を らす なる 明 

rt-u- , 、 ゆ? へ i い. ほ; , .« . , ちか & 6 & かんか 5 ぞん よ t£ ひ 

敎も ある を 治平 を騷 かし 劎戟を まヒ へん^ は、 近 S もってけ しからぬ 御 勘考^ 存 する、 世の 譬喩に 




も、 がず ら伊ヒ 6 がが 俨 にな, co ヒ わる は、 た >/-il のいた う、 人 熾ん なれば, 崇 さへ なし ども 申さ 



す や、 きひ 禁 観 をず f K しど も、 S の i£i 觸 is る、 英雄が、 1 

は? f はん 5、 ?く M 女 f お 御 1 ち 命の" 懼 1?、 T 酽 E ま S へう ち棄 てゝ、 禽獸の 腹 を 肥や 



どのが i か &じ ます、 i し を fii£s ての S1 ー纩 ぎ.^ もの、 こ i へ 道徳の 講義す 美に 似 たれ 



, TJI^issi に i が.. しどき、 ,^f<T. ヵ餓に I! 絶え、 萬 民 疾苦 塗炭の 危難に おちい 



な 



* いめ は rJ の ョま にも^た 6 しゃ、 獻 iv ひ 日毎に 道路 を うづめ ければ、 i^-f 

. L , ;. ぶん お、 t す^ いち- M 



仁慈の 士見 るに たへ かね 



の SAS 上て ゲ vm やられす、. 暫縦. t て さ 去.. し ヒゃ愚 i に" 及ぶ、 S に 正直の 龜鑑 わる 「しど、 何 どや 

• > . ' f ト: ,、 ,3 A^MW .3^^ き 上まん ビみ, き,' : 



-, ' / K くら tcf-^tj b、4s き まん ビみ. き さん 

い § £ ず めいしゅ らんしん ぞくし を めい いうむ V £ くら み, 



い 一 昧徒黨 の 盟主 どな ft^、 a 臣 賊子の 汚名 を 蒙 



他人の 倉 魔 を猥. 

き 上 の" 



^ き 上 ん ビ み, < : " % 

ク て、 巨 萬の 富 を氣 ま..^ に微 t 

蟹の f if ど は;! 喜、 をき 2 せきの 霸、 ife^ap3?f I ^ 

S はか-か、 |^1&1を11^ハま1へ齡-.、 の S の靈 乞 ひまつら ば、 ,」は出かし^- 

れ、 ゎ&の4^,.1じ1ふか、8をぃ5.の§ぼき1ふ か、 srii にかけ て わ あ 

- f し、 タこ > み rA-r^ , ゝ 

ケが ゆる は、 は ッ.? i み I ふ ii の iml、 なか の 乙 ど、 御詞 まで も t、、 身 は 仁人 どして 

S いの i 羅ぐ 雛 ピ^の かいて 親 まく を、 $ す ヒの骨 を 削らる. - より も り ら けれき、 

あ- れ見 

ん 



ぉ醖は斷||;のま1を^^びし|^は、 ならぬ 艇に 1^^ を 騒がせし 笑え I- よ、 邪 m 邪説 ビ 譏られ 



は、 rJ れ^ ^1 い fl の ii^ や、 た、 にお il^iw が のみ にど V ま.. ます か、 御批 S 什麼 承り 



一九 九 



1 文 字 二 〇〇 

sngrn-isi— ggrrr - - -i-ii- -5- -=is£=a 1 遍 llil Iilllll5-,fl5.i 一 i 一 ー||羅ー-1|匿|^£チ-_靈 --ー-_- € さ iiisi 匪 =1 一一 ■ ill 一一 酾醒|ー釅隱薩顯ー膽 謹」 EiMBgJ— gm—EL—gE ELEEEB 

ませう や、 拙者 死. る- A におら す、 時宜に よ. CN て. は鴻 毛よ, OV も輕ん すれ^、 胃の 腑に御 の 落着く ま 

» たま 5 お^ , た ゆし あさせ $ び さんし け, S< よ s】> 、ん き や,, ち 5 

では, 御眛方 申す rj^ 思 ひも よらぬ、 儒 子ヒて 淺瀨を 導かぬ か は、 三思の 御 賢慮、 驚 鈍の 胸中 $ く へに 

& ぴ e さつく た の E? のじよう しち L. や, つ ほんく わい ぞん かたば ひど I き 5. さ で, S: き 

も锏 憫察 下さらば 矩之丞 七生までの 本 快に 存じます)) 傍ら 人な きど や S ふべ し、 齒に衣 被せで 誰 忌 

たん ぶし ほん S- やら い か さ わ 5 ち ふんぬ あ をす ちみ けん わ .fl< ??、 だ i- つし r- 、, 'ろ 

憚な き 武士 か 本領、 くわ ッど 怒, 9 騷く 中に も、 憤怒の 靑筋 眉間 を 割, CN 、ギ タ< ど 喻碎く 切齒の 音色に、 

かんせん む ねん こら し 上し こぶし い つた s*?,!- さ. やばし こ ひ V, ち 5- きみ ひか. S ざ く 

眼前の 無念 を耐へ かねる 諸士が 拳に 一 刀 躍 .cz 鞘 走る 鯉口に 援身 光, OS て、 去來ヒ いは 3- なだれて 吳れむ 

た.^ さ そく あが いま ふきあれ くち かざぶ くろ ..J.M .^^ さ さ あ I 

ヒ 体ハ 左足に もち 上 ftN て、 た ヒへバ 今にも われ や、 吹 暴ん ヒロ ひんむけ し 風袋の 下、 優し ゆ ける 荒 

の 力ん ぎく かせ ふ 《5 ふ , ふ ばか む し, P わら- ぎ しゃ K- ん *f^,T^ み 

野の 寒 翁、 風 吹かば 吹け、 雹 降らば 降れ、 もれまでの 果敢なき 命 を、 無心に 笑 ふや 義 者の 膽身、 視 もや 

のりの じょう なみだ こえ & さいけつ だ かばら *^5った たま ,ゥ へ, や 

らぬ矩 之 丞は淚 の聲を ふるわせて、 C はや 御 裁决の 下され、 sどぃはれて全きょft^は、 玉と 散って 碎く 

, ま 5 » い ます たま &た ゆみや fi- ひヒ たま 5 けビ われ いちだ. S あゆん ねが ひら ぷ し 

る ど は 申せ^も 今 棄て給 はん 御壽命 を、 人は玉にして受取.0^ませぅか、 我 一 代覺 なき 願 ひ、 平に 武士 

— i ち んセ くた ま いま や. - がん X- しさ 5 s み 1K. りすん ふね へいば ちら 5 きつ ひら ^ん 

の 一 分立て させ 下され』 今の 今まで 兩 眼閉ぢ 思想の 海に 方寸の 舟 をた 5- へし 平 八郞、 佶 ど 開きし 眼 

ち C- み つ のりの よ 5 あ リ や 5 にんむ &ん にら 5 つき のりの じ 上, n . ひど 

中 見 詰む る 矩之丞 どっき 合 はせ、 兩人 無言に 睨み あ ひしが、 rji なる 宇津木 は矩之 t^l ヒ 2- ふ 人なら で、 

せきせいせ な. じつ & たい ほどば し ばつ ふ a> きしん かり がんく わ 5 みか まへ へんた ふ まち も 5 

赤誠 赤實 五体に 进. CN、 髮膚 はしばし 赤心の 假 もの、 t-t るかぬ 眼光、 ゆるがぬ 見搆、 返答 まだ £^ 待設 

す;? た k 2- ん けい ,のみ まね いき; んぎゃ 5 な i- てん まげ 5 き $J だい あし ゆびさき み じんいつ 

くる 姿 は、 運鏖が 鑿に も眞 似の ならぬ 活 人 形、 腦天 は鬍の ハ ケ 先よう、 土臺は 足の指 先まで、 微塵 一 

マ:^ せ ふ マ r ばい.? J ん L & げん おか を し い つ ほ もど ゅづ へいば ちら 5 « 

點 正義の 肺肝なら ぬ はなき に、 ね しゃ 師 の威巖 にも 胃し かねて、 素志 を 一 步の下に讓..^し平八郞、 画 

タ みこ.^ ^ ^^.^ » T.5 つ き: へいばち あやま ちょくかん いく ひゃく ころ n 

呑 込 顔に 點 頭て 『宇津木、 16. 八 恨った、 よく rJ そ 直諫いた したの、 すんでの ど rJ2: 間 志 幾 百 を 殺し か § 



;し s 二つ!! の i みなめ s た あぎ や、 ひたすら § して 忘れ はまぬ" り の は へ 

き&仏侶ど 、 ifi でり K の isif お 5v、f ぽ を 避けて 隠 J- 

f f の i れも、 11^. 霊の 靈 へし、 fsfc へや; J 

へて t しゃ、 辦の に i けし i?M、 si? ff. ^o^oil 

f( れ r ts、 しげなる きはづ し、 ^-J^0^s^ 

て、 まぎん うるん て r く ii は、 『籠 はじめ、 いづれ も、 S しければ、. ^、御免』 ひ, 1 禮 して 

る、 0t St し 直の if えく して、 き 切つつ 捨てん は 今此? に I はさね 1 も 

i けんまで に, つめて、 g めし i に f 1? ,ちか、 る i き * ,郞 I 管し £ しヌめ _ . 

f 先づ f まられ な、 ¥ir 木 iicp なき、 さ I がら ::•:. 』 片手に はた ふ S 膈 叩き、 『ts, 

-、 てばた,, i、s につめ かくる を if 、 『1 の その f 5 す 桑の 弓- き 一到 何ず 

もなら ぬ はない、 r れょ、 かよわい ァき 1 すら、 S になれば S も 引?、 箭竹も わ SI ふて は 

r£ 羅、 s-li ぎこ, fiif i£f われ、 いふまで まく 1 命 3:. けうが、 一 

?も f & し lik fl^ffi i びかぬ ggR き I 今一 

』is i 謹 S I 菌 , g .. 籠 5 議 ., 一 一 i -- 醒 m 一 . 二 〇 一 



■ 一- 文 字 1511 

よ ひ 5ち まんしんたん 5 つき き いくさ ちまつ かど t 51 ひこ ビ く M^-__^-iB ■■ 隱 一睡 

宵の 中に 滿身膽 たる 宇津木、 を 切って 軍の 血 祭.^、 首途の » 事に して 吳れ う、 S やとん ふなって 

來 た わい』 何の 面白 ふて ならう か、 さ, 9 ヒ はいへ、 一人の 命に 數百 人の 士氣を 1 まさん ビ. g へば、 お 

入 郎本來 理非に 昏き 猪武者なら ね^、 惜しみても あま, 9 わる 人品 散らさん 心中 聞けば、 乙れ も f 円 しく 

かれ も 可愛 ゆし、 小の 虫を殺して 大の虫 を 助く る^ はいふ もの \ 石が 流れて 木の葉が n み もせぬ f に、 

きょくち 上く てんだ 5 あちき 

. 曲 直 轉倒 のさても く * 氣 なや。 

1 封 認めて 友 助に 渡し、 委細 いは さで 人知れ 卞. 追拂; 5 し矩之 もが S 本 I、 1^ はこ > お 01 じど £^ がき をせ m 搬 

立て、 よしんば 五体 ハ 熟柿の 如く 醉 ふ^て、 櫸絞. - にかけ て 捻 上る も l^i の gs^i もな きま 斷、 た Igt- 

.5 紋服 出して 衣服 を更 め、 祷 正しく 座を搆 へて 燈 火に 向 ひ、 はて $: ん さする、 い rr^ ス 〃くヒ 観 を擬ふ 

て、 火影 揉 寄す る の 色 を、 がく 首检 りて 齦^ よげ に、 i1^ょ-c^^ぉまでデ,^くどll^げ、 よ 6^ 

y 、 . pf^l ,、• さび ひど もみ ひきよ ふろし air た、 み * りよな み つな 」 

元 まてた めつ 視 流し につ どもの 爾 しく 一 笑 くれて、 引 寄せた る 欲 四 包に して 砍鯽 し、 一一, 一 つ は i ぎ あ 

はせ て 肌身に。 け、 背よ .0 胴へ ぐる, 9 どま はして、 j つに くるく ど询鶴 t?^ かう E-vi. つけ、 つき 

を 右手に 突. n 出す 丹田、 さて は 割腹、 未練の 唱 1 粒が へな. n 辦 かの 1^1 や しく、 iglii め If に, せで、 

ゆ-、、 ?ぉ ば だ-こいろ.; r 、づ > * ひ 27- さしゅ C で あばら きっさき 2- みぎ はし こぶし わな、 き , t け の s-f^ じ 上 5 

» で 擦る^ 心徐 力に f 1 刺弓手の肋に切尖!;^!んで、 右へ 走る は 拳の 顫動、 さし もに 猛き 矩之丞 も、 . 

つ 5 つ ゆ たや,. げ ふ まへば かた /ちび るかみ ャ-、 &..XJ ちから /ば めて A よちぎ ち み 

苦痛の 眉 は 上下に 震; 5 ュ 1 齒に 堅く 唇 咽し め、 叩く 毎に 力の 加ハる 右手 は 皮 を 引離って、 血 を 15- せま ヒ 



引 § jKL 『 



^BBUBIIBBIBBIIBBBHIIIIIIIIBIIIB^^^^^^ 、 >ビ まなこち *^ し f> た、 r-vf- なら きづぐ ち 一 

どず r しが、 ? i みに 謹" は K の 1ゐ 易 がらぬ に、.^ 一つ Kl- せ 舌 打 鳴して、 S き" 瞪 

らしが、 53 き s、 『?、 や ッ』 ベ vdl^Lm 一 文字、 生;^ はて 温 

if n ii しす かさぬ if、 s あに li んで聽 f め わけ、 ためぐ 一 息微 ゆ 1 

r てぶ しぬ ^ し まあ- ヒも へき さめ、 & "かき かば? 何氣 なく 粧 へせ も、 いか は? 上 

f もき どても、 し 仕て I きたる, に ia^ の、 め、 きに おし 出す f 呼吸の 根、 !ヒ f ほの 

だき なれ、 f くと いへば ま? る ゃルば に、. きる た 太ち 刀 fir か • た> し" き 見て 膝 腰く 

I だけ、 かく. fe が 11 なる を、 &の # なる is おぶ が, につく つて、 iin の. 鈍って 5 ぬまけ は、 

f きって S を lr、 & ぬまで fer せん づ まつの ぎ さ、 I ぎ 血痕 露? さ-めねば、 f ;f で 

ぎえ に は、 is 葡 L 赫が ira. なれち mEkta^. M^^M^ 

すみきる PI に、 iikfmfi. 累卵 

の 擬?1、 £ や、 f\mKfmfI. i をき つてき 露み、 s ど 彼方へ 囊し" ま; 

な、 な、 S れッ』 W あに ff f しが、 f はなくて II おかく る、 穗尖は 流る あか 電光 石 

、 l,,f し ミて觀 fe£fcs、 豔が i ぎる 議む んづ. 、,と 力に 任? 

S > ^ つ, V ,りの じょ-つ さ-? C \ 

りくれば、 11^.4 を i りて ず かれ t ビ まば 張, -、, 斜 にせし ぼ を 暇き し 矩之丞 一、 ャ.. ツビ 騷ぎ もせす 

1. ぎ P き、 し、 S に 1 ぞ 繁ぉ卞 る%¥^^ 門、 逃げ もせ e 、か、 か、 m れ もせぬ、 

I II : I - i 



文 字: 



ダ, 



t 



.1 



二 〇 五 



I おも こ しんてい ま あた 9- すがた {ス- かねつく w いきき もけ こ へいば if ら 5 ► ぃ,.^ んタ f ふ- , 

i 思; 3 凝ゥ たる 心底 眼の 前なる 姿に、 さし も 鐵 作の 生膽 蹴込んだ る卒八 郞.^ 意見 臓腑に め ftNM ん 

こし a ね ^つか ざ のみこ なみだ むね た <t つ す あつ ばれさ ふら ふぶ a , なさけ く, > . 

で、 腰骨 動いて 樘乎ど 座し、 吞 込む 淚は 胸へ 瀧 津瀨。 適 候 武士が 情 を 汲み もやら す、 M のま、 に 

じ めつ はら 寸 じう ひやく かつ さば 5 つら < ち おこな ひ み - k r^「 

自滅 させん nJ ど、 rJ の 腹 數十百 割 剖く よ, ON も、 憂さ 辛 さは 言 行 に はして 見せられす、 神 以て 今 涙の 耳 

あぶ . S t 、ろ こら の おほし ほの ぶ ゆ ei すで さいし L^x ば, 

からな, ども 溢れな ば、 納れ たる 心 だけにても あら はすべき を、 泳へ、 忍べ、 大 S 信 行旣に 妻子 を 白 » 

ちぬ * ほぞ かた 5へ <^ま じ ft き ふるな べんさい ばう こ へら か h.- ん おん ふ St 

nf 血塗, irZ 臍 を 堅めし 上の 今 C 自暴自棄、 普留那 の辨才 にても いかな 乙 ど、 暴虎馮河 せんど 存念 深く 赂 

ゐん かんにん . をビ こなき む ぜ せんまん げん ぐち こ、 ろつ よ . ^ポぎ - . ^^^^^f^ K^^^ 

印し たれ、 堪忍せ よも 男 泣に 鳴 陋 び、 千 萬 言の 愚痴い はふよ ftN ヒ心强 く 上着 脫捨 つれ は 靴 糸 威の^ 卷 

てっしん ふ へん a- ま ひビ めみ の W のじ や 5 f- ゆ を、 ば ィ< ち なみだ こぶし く 5 ふ, 5 , . 、 

よ^ひ、 鐡心不 變の樣 を 一 目 見し 矩之 跑、 朱 を 注ぐ 眼 筋 ハらく 涙、 拳に 空 を 封して ぶる くど ふるわ 

& .S ん をん りつ 5 ばか いき f まてい k D » ^ V f ^ V 

せ、 五 音 はづ れし音 律 上枯れ 息 も きれ) t,,^、 ヒら つく 嶋も なき 体 S たはし く 『かかく 申しても はや 

ひどみ ク しゃ 5 みつ.. > ち、 5 きみやし な し をし おんぎ * ひど き い. 化 や" 

r しれまで、 人 三に 生じ、 三に 死す >J か、 父 生け、 君 養 ひ、 師敎 ゆ、 お、 恩義 は 一 つ 聞くな、 らく 上 

I み みす むく せっしゃ こんにち し ,5- んぶ み > しづ , ^ 一 * 

三つに は、 身 を 捨て、 も 報 ゆる どや、 拙者 今 曰、 師 のために 君 父 を 見 かゆ 諫め まヒ い 諫め まじ 

し は 5 おんた &ん つばく ひど ちゃう &ふ ふぢ や 5£ ふ ひ &ふふ ひ らふ $」 うぶつ 、 s.fi 

rJrJ に 死す るハ、 報恩 他言せ ぬ 潔白、 をれ 人 は、 定業 不定 業、 非業 不 非業の 動物 どやら $ さ ……: 大^ 

、ゥち & ぞんぶん せんせい なつ IV ん え おし ひら み を- , , k い, ちもん、 , ぶ で." ゆ,^ 糊 

氏、 气 御 存分、 先生 :…… お、 お懐かし ラ存. じます』 襟 推 開 $ て 身 を 反らせば、 一 文字 か疵ょ \ 

つらね たまち くろ むな i またら を かう けつ ち の 3. «=- の、 ふ もみち いつ . ベ ^^^^^ 'V i 

貫く 玉 血の るく ビ して 黑く、 胸先 斑に 染 むる 鏺纈の 血糊 は、 れど 武士の 紅葉 ヒも li つ 可き 散 紅 a 

a な にしき こ、 ろ & めん こ 《 ぉ^^.<? む おほさ、 3 のの のじよ ら, ゆび の:;」 さんやん.' ねら ひ , 

花の 錦 か 心の わかさ、 『御免』 の聲 に大 井が さし 向けし 大^ 穂、 て rj ビ矩 之亟か 指さす 喉 三寸 m^k 

うで きを ほ さき ぉビ げ つき ひ >J おも ひ わぐ ひきぬ むらさきば <-v- びる くひき 

めし 腕に 氣蓋 ひし 穗尖 は、 ビリ ど 音して 身 柱に 突つ け、 一 思に 抉って 引拔 けば、 紫喷む ^ を 咬 切 



1 文 字 二 〇 六 

よ つもん じ lb みやげ ひどみ 寸 くび ほねち,、 4 つみ がつ... やう.. V な み もん じゃくめつ へい 

ク、 に 寄す る 八文字の 皺 を 土産に、 墮孔 を据. ^て 首 骨 縮め、 血塗に なって 合掌 備 はる 未聞の 寂滅、 1^ 

ばちら 5 た む ろく じ きん てん: SJ うち せつぎ に ふく さい いち & を > ま H t やら を どこ なむ あ み 

八 郞が手 向けし 六 字に、 震天動地の 節義 やみし 二十 九 歳の 一. 期、 惜し や 又 ビ^き 伽羅 男 も、 南無 阿彌 

だ ぶつ ひビょ う * やま》 K? 、ろ あさひ f ーポ やま さくら ま ふ 5 ち かんば な い ま ばな 

陀佛ー 夜に 失せ、 大和心の 朝日 を も 待た で 山 櫻、 魔風に 散らう が、 やたら 芳しき 名 は 今 も か はらぬ 花の 

つかさ 

司。 .. 




錢 明治 文庫 第 拾 A 編 終 



錢六册 一 稅!: お 



^^子 JJjJ あ <JfJ や や や 个 个 や 个 辜^ 



iiS) ふ ふ ^ ふ ふ ふ ふ ふ ふ ま ふ 

4^ Tj^L^t^J tJJO l^^JoC^' L?J^ <>_^, 



編輯 兼 4> § 新 k ,g 

發 行者 .t^ ^ 条. f< 真 

日本 橋^ 木 町 三 丁目. 八^ 地 

印刷者 野 村 宗十郞 

京橋區 築地 一 丁 rni 二十 §!H 地 

印刷所 . II 束 京 i 地 活版 is 

京橋區 築地 二 丁 十七^ 地 

東京 日本 橋 區本町 三 丁目 

党 元 博 文 館 



明治 廿六 年. 八月 三十日 内務省 認可 

明治 廿七年 十 一月 五日 印刷 發 行 ♦ 



明治 

文庫 

00 



1 册 (二百 頁) 金 拾五錢 

六 册 前金 八 拾五錢 

十二 箭 前兮」 壹圓 六拾錢 

廿四册 前金 三 圆拾錢 



J 



本 



,. i 



所 有 f 

ザ 






爭、 




母の 遺物の 鋭に 對 ひて 

うつる 面 ,、も 亡き母の 

遣 物 なれ、 くて 朝夕 鋭 

に脹 してつ、 やの 間 も 母 

墓 ひし 越後 松 山の 孝女、 

是れ 人の子た ろの 銳 ミズ 

mi リ^へ たりし 美談 

漣 山人の 靈筆 もて 磨き 上 

げたる 此の 松 山鎳、 明 光 

昔に いやまして 幾多の 子 

女の 何 ふの 鑑ミゲ なれり 





文 學士坪 內雄藏 先生 序文 大和 田 £3 樹 先生 唱歌 

SRMfcM 永 冼君膚 . 

全 一 1^^ 

王 似 金五錢 

ザ S 稅 ニ錢 

昔し 或處 に ミ 婆が ありました、 爺 は 山に 紫 ^ !_L の 桃 太^ 

1 代 Si も餘 りに 古びす^ たれば、 婆に あら 漣 山人が 硯の、 梅の 

^濯して、 いざ ®A: くも. 分り in§ く綏 ぜ し吹 莨 昔 漸に是 な リ 




第 一 



きォ覉 



尾 崎 紅葉 山人 序文 佐々 木 信 綱 君 唱歌 

巖ハ 4: 趣 山人 編 ! 小 体 永 興 君 e 




全 一 册洋裝 

正價 金五錢 

郵税 ニ錢 



昔々 の 大昔 神代て ありし 時な リ けり、 兄の 君 弟の 君 W 海 W 山ミ 

^取替 へ たま ひ 慣れ S 業.^ した まひし よ リ^ はす 起り し 禍の宋 

は蠻 して 福の 祌、 い もめて たき^ 相 LL こそ、 



野 ロ寧齋 先生 序文 tt^ 川殘花 先生 唱歌 

» 谷 漣 山人 編 衬田丹 陵 君 書 




全 一 册洋裝 

正價 佥五錢 

郵稅 ニ錢 

沛ミ 握り飯の 爭 より 猿 W 蟹の 開戰 公布 も、 邪な リし 猿の 方 は 矛 

山の 1 戰脆 くも 亡びて、 正義の 蟹の 榮ぇ ける 昔噺の 古き^ 厭 ひ 

て、 日淸 ならわ B 新の 幼年 兒 意に 益 ぜんた め、 漣 山人が 例に 俄 

て 書 吹めら れ ける 



集 作 傑 本 僮 



錢 四十 税郵 t ま 拾 五 册ー償 正 製 上皮 脊装 洋册 二部 全 

春 柳 今 娘 梅當遊 春 由 所 孝 春女淸 f 

世 ェ下色 線 緣女秋 談 f 上 
の 兩ニ今 和 1| 



,の 太 
入 樣の虎 



: 子 下で 

J 旁^ _ 
怙- ' 之 方 P 一 藤葉季 歌き B 

鐘 櫛 櫛 記 春卷言 ^ " 



JH^-... 4. い., へ". 



帝 國文車 第三 十編發 刊廣吿 渡 部 乙 羽 君 校訂 



(製本 旣 ® 



久 



-曲 山人 

,仝 

. 南 仙笑杣 人 

ニニ 亭 * 馬 

. 梅 暮里谷 蛾 

ニー 代 目 一九 

;爲 永 春 水 



…: 仝 

:… 多 田の 爺 

田 螺 金魚 

;:: 爲 永 春 水 I 

-…: 曲 山 人 

…… 紀 山 人 

…; 梅 亭金鵞 

…… 春 水 



其镇自 笑 傑作 ま 

^Ttssi, 上製 正價ー册.:^-拾錢 郵稅 拾四錢 

其 磧自笑 は 元 祿文學 の繼續 者な リ其文 は 西 鶴 ふり 出で 、 西 《i 

リ鹦 •,! 趣向 は奇拔 奔放 別 * し 一 家 爲ぜ q 瀧澤爲 琴の 評に 曰く 西 

鶴の 文 は 物 > ^賦す るに 止ま" て 一 篇の 趣向 無く 其磺自 笑に 至り 

て わ リマ」 以て 其聲 償^ 知るべし 本書 は 其 著 害 中の 華. ^鬼め たる 

ものな リ 乃ち 上 卷は髙 潔 月の 如く 下卷 は" 飄麗 花の 如し 其 目次 は 

へ 浮世 親 t 形氣。 世間 子息 氣斌。 

L 卷、 諸 國 物 語。 世間 4 ほ SOO 

J 間 手代 氣 Ko 風流 軍配 fflo 

目 次 一風 流 要 海 硯。 渡, 世 身 持 談義。 

Ife 姓 爺 明朝 太平 SSO 御伽 名代 紙 衣。 



上 卷 08 列 > 下 卷? 一月 近き 



(商 入 軍配 圑。 風流 曲 三味 線。 

下卷 一鬼 一 法眼 虎の 卷。 倾城耿 三味線。 

目次 ¥ 分 五人媳 。傾城 禁短 お。 

さ (傾 城 情の 手枕。 自笑樂 日 5eo 

以上 十八 種な リ敏者 試に 上下 一 1 港.^ ぼ 誼せ は 花 刀. 兩全 の 娘 2-.^ 

搏 べし IS ふ 衆 看.^ 賜へ - , 



1 



調 



趣 



一: 一 春 }風 秋 一 ^ ,. f\ 全 一冊 洋装 

\ン #^ 拾五錢 



冬 三 編 



: 一 1^ 稅四 ^ 

水 華 村 C 武內 桂卅 。富!;、 水洗.. i^MS 年 方 四 $ ^一 

密窗 入 

世に 大喝 采を得 た る 『* 夏 秋 冬』 の 第三 一 

編 也、 絕 妙の 讀 切小說 六 編、 谷稱谷 色、 一 

錦繡を 織して 確 氷、 日光、 御室の 紅葉, 一 

よら 尙ほ 美、 をの 目次 如 左 一 

⑩娘淨 瑠璃:: 石橋 思案 一 

本 ® 鬼 薊 小 六. …は し かみ.: 

書 ⑩不 具 者…. 小 杉 草 秀 ., 

目 霧 十 人 斬:: 江 見 水 薩 • 

次 鑾 若菜つ み:: 田 山 花 © ; 

㊃落 葉…, 川 上 屑 山" 



霊 



王慣 拾五錢 



驂夕 す 、>^ み 証麵 n 




全 一 册和裝 

正價 拾ニ錢 

郵稅四 錢 



江 見 水 蔭 君 著 武內桂 4S 

I 少年 

1 文學 

き WW 

俗傳 力.^ 排し、 正史. „ ^取り、 勇壯 なる 快 筆.^ 走らして、 清 正の 1 

代ん >吒 。資し、 以て 日 水 武士の 摸 tgv^ 示せり C 故に 未聞の 奇談 多 

力ら sTw も、 亦 未知の 逸話 少し >」 せす。 淸 正の 孝なる、 忠なる、 

智 なろ、 異なろ、 誠心の 發 する 處、 熱情の 溢る、 處、 其 人に 接 

する の感 あるべし。 更に 筆轉 じて 淸 正の 人物.^、 解剖し、 論評 

す 「21. 口 生前の 淸正」 >」「2| 口 死後の 淸正」 のニ大 篛に區 別し、 又 

分 頷して 數十餘 章。 中 LL 最も 壯 快なる は 「遠征の 淸正」 て ふ 一 窣 

なリ。 鬼 上官が 朝鮮 八道 &i 綱した る 事蹟.^ 見ん》」 欲せば、 ^ 

す 一 木 求めて 坐 右に 備へ ざろ 可ら す 

阪田霧 山人 著 小 林、 水 興君麄 

\1 g 全ー册 和装 

^ § 正價拾 錢 

« 税郵四 錢 

自ら 進んで 帆前船に 乘リ- ^々たる 大洋 >SJ し、 或は 緩.^ 釣リ、 

或は 龍卷 1^ 射、 某て は 暴風雨 LL 遇 ひ、 激浪 怒禱の 中..^; 15, 'ト に 

托して、 九死. 出て 一生,^ 得 • 其 精神の 勇猛に して、 其 事の 大, 

膽 なる、 實 に 將化祌 州の 軍人た るに 恥ち ざる ニ少. 3^ の 冒 險談、 

四方の 御 小 供 衆 一 本,^ 需 めて 讀み給 はは 豐島黄 梅の 戰爭記 

/ 而白昧 深, 力るべし 



,雜 幼年 

* S 玉手函 



從四位 錦 線 間 祗侯金 井之恭 先生 疆辭 

百足 登 君 _ 普 



一 琴 



之 t 木 



全ー册 和装 

正 價拾錢 

郵税 四錢 

學 曲の 菜 出づ、 從來 音樂の 著書 其數 勘な、",^ す- 2 雖ば. f、 

琴曲の Sll 至りて は、 歌の みの 本 じして、 来 だ 琴な 彈 する 浮 g 

もる^ 見す、 水書は著者•i>苦辛して、箏曲の調子合乜f^_^^f: 使 

用法 及 琴曲の 彈き 方まで * 1 漏らす 事な く - 見、リて初學;^^^に 

も; i はけ、 ま^し 得らる く樣說 明し たれば、 師 に 就く s;s^ な 

き|^稽古の書なリ、,編中に^^組歌、六段、八千气獅^: 越後獅子 

始め、 數 へ 砍—、 等 數十曲 ありて, 古來唯 一 の 珍書 な リ 

百足 登: Im 普 





正 價拾錢 

i 郵 稅四錢 

本書 は 尺八の 吹 方ぶ リ音 の县短 及 拍子 等よ W 懇ろに 說明 卞し 

誰 人に て-も 本書.^ けは數 日なら すして 自由自在に 吹き 得 へ さ 

世間 無 絕の珍 書な り 又 寄 中には 數 へ 歌、 大、 祭!^ 日 唱^、 gf;^ へ 

すの 戶、 夕 ぐれ、 つるの? $ん 、くるが み、 わし 3リ 六 ST 贺搔六 段 

越後 獅チ、 八千代 獅子、 大^ 縫、 今樣、 詩、 九 連 環、 滿板 流水、 西 皮 

調 等 其外數 t 曲 わり I 

百 君-蟹 

全 一 册 和装 

正 惯拾錢 

郵 稅四錢 

橫 笛 は^ 邛^ 有の 樂器 にして、 上 は. fa 廷ぶリ 下 は 民間- -1 至る ま 

で、 雅^^1ぉ般の音樂に用ねざるはなく、殊に三^ゾ-合奏マ.^ぃ.1ぃ 

橫 la なければ 音樂 曲. 成さ ろ 程な り、 本書 は稚 め J-J^ 樂は 

平樂. ^始め、 神 樂の噺 子 民間の 數 へ哄、 秋の 七草 歡進 帳、 0. 

後獅+ 等-.:. 至る まで * 細大 漏らさす 最も 丁寧 詳^に 說さ明 V し 

たる^!«なれば世間絕無の蹈習書なり 



f!ifff I 胡 弓 之 菜 




百足 登 君 

全 一 册和 il 

正 1^ 拾錢 

1 ^郵税 四錢 

來 明淸樂 非常に 流行し、 都鄙の 論な く 月 琴淸笛 胡琵等 音調 

i§ ひ? 顯り ミ雖も 始終 教師に 就》 ざれば 研ぱ習 mvrs^ 得^ 

る t 大に憂 ふべき の 一 端な リ 百足 登 君 之に 着眼せられ 教師に 就 

ざろ も 明淸樂 の樂器 何れに てむ 研 5 九 lg 習し 様 反覆. び 

- 寧: 說き 示し 本書な 坐お に 置けば 明 洁樂の 教,, s」 接 t 、る は リ^ 

i I? 引 ILfe 解 き は 尤も 鮮明 詳. ^-し して 曲に 明 秘^ぶ 

I & ろ 迄 百 有 餘曲乂 本邦 俗樂 も附 。したり 古,^ i の 獨習坩 = 也 

^ 百 > I 

全 一 册和裝 

正 惯拾錢 

- 1111111 i 0^00 

ぉ&8^編>.-しズ出乂たろは§^の荣なリ元來^「カほに| 

^sfy 巧 一お 叫 昔符: :. く、 また 感 ts-Y^ 示す、、 W なし、 是れ 著者 

感听. ^發 明せられ、 此辔 .?<ム に. られ 《 一 たび^^£^^.^は*^ 

^>STt51I 習.^ なし 得べ く、 從來 胡弓.^^ へ., ろお.^ -:::!; 丄, v-ri 

-1^5. 一 b 奥 tr 至る、、 ミ.^ ? 3 ん、 勢 中-」 流行 曲. 俗 W 、木 曲 笠. 符 

いて 丁寧に,?^ 戟ぜ ろ、、?,' 他" 諸篇に 同」 

ぽ 足 登 君 ^ in 3! 

正 似 拾^ 

都稅 四^ 

I に人リ て.^ リ^ な u,SJ:fi;i i,^^^^ の 路 

舉^ 皆 之^ 用ね ざる. なし 隨て 之に 關 すろ 著 も M 々われ ミも 

Mn, 一 方: IP して 大体 すろ 者な 見す 取 辔は風 ザ, パ ィ オリ 

? giss 彈 お I、 音符, gj;afk%s マ I? 洎 

こ 至る し乂 lij^ -11 侦 ならしめ 又 日 木 5^ 曲 ゆの^ 1£ *f 

U ザ s^fiB 妙 S す" ての 他 ffis 歌曲 ほ餘 種の 曲譜の 

挿入し 尤も 明瞭に 說明^ LE Ml 




靄 主任 武內桂 舟 君 編纂 主任 江 見 水 蔭 君 




每月 一 回發兌 

紙數 百 頁 

每卷密 麄數十 

個 挿入 洋裝 



I 丄 册 前金 八^ 1^錢© 郵稅 一 #壹. 錢 ffi 厘 宛 f .,3 誌の 外, 

plmsf. 未 日本 歴史上の 一 大 光輝 也、 世界 歴史上の 

らん 『お? ぉ鼸 蒙? な 軍事 畫|^? 二 奮 代 無双の 名手: e 



if 



謹 

途御 送, 金 拳 

也、 之.^ 簿 ふる 晋だ 千秋 

, ;の大 史筆, ^要すろ のみな 

ろ 可ら す 。此の 征淸 霱談は is-wns 技. S て ^nf *^"b<y.-4.^TT^らるll^^p;^舟氏细姚^s,當l 

I 謹爵 S 讓種氏 lliii 

大日 本 皇帝 陛下。 朝鮮 國王。 淸國 皇 帝。 

随一 irri 山 縣有朋 伯。 i 清 軍/園 I 野 津道賞 君。 

職 軍 軍々 t 部 I 樺 山資紀 君。 I 合, I 隊司 Jag 伊東 祐亨君 • 

局 少將平 壤の役 奮 戰之圖 is 

の 長 城 之圖。 淸國 北京 城之鬮 

(本 編に 十月 改正の 博 文 館圖書 總目錄 七十 H を附 載す) 




躍 



@ 本 ^出 饭業室 1 の 發刊高 .=8! (十六 扳) ふ 第 七 編^^^ g^g^ 

, い 正 有の 批^ agsR^rJk. 迫. 5、 しほ SKrBf を 豚,^ 

綱、 i 「&§^#^^第ュ軍は^^^^1^.^ば帝國《膚£ 

, タト 國划 通の 下に 集りて、 戦功 を頌し 軍費 を 供 > る .tr ,ぶ は 井 ひ^ 

^十1SぎKし朝鮮世子の來朝し、韓廷の改革始めて^ら,^"する1S:^^ 

ル 3^ 月 I 步 壯絕 快絶の! * に A る:? @ 簠ヒ 相、^ て に收む 

廿 S§§f に 松 島 艦 膽に 大 5 a 寶に 東洋 第 

七 九 



は、 實に 東洋 第 

i 11 i n Jc - : i 一の 壯觀 た. 9 * 一 

Mi S 鮮 sfi 西圜寺 公望 侯 眉? ^gf 暖 1^ 一 

S 铲 r 使 小 村 壽太郞 1^ i 深 街. ss^ 

i§ 向 山 隨吉君 I 芝罘港 之眞景 

..I 一 解 f 松 島 艦 大砲 m 囑 ii 一, 



曰 

-發 

: 兌 



P 



象 ja&v 藝へ Tr^^ に は 奥隆軍 少將、 W 木, e^t^^ "び^ 隱 い.^ 

譯き I きま 猶謹遷 || 通 

lisi 日本 六 鎭臺爵 f、 i、 ff 齎圖 ■ 

眞聚, 口き に渴 載すべし I 

Jusnrf 一 附八 錢⑩ 十一 i 前金 A 十五 錢拳廿 四 #1 喩ー m 圓 ,1$ 拾 機 f 一一 一十 六 

ij^^i^^fl 圓 ilk 錢 ゅ郵稅 一 册 一 錢五 厘但第 一 編に 限... 四錢 

-钃 ぶ- s^^lsis^l 萬 部 を 寶盡し 再版 三 萬 部 を 一 i!^?^^^ 



に 



支那 征伐 雙六 _ 

博 文 館 編輯 局 立案 富 岡 永 洗 君密盡 



It £ 0^ しヽ 



石版 極彩色 摺 

鮮明 美麗 

正 價 金 K 拾五錢 



纖 |1 ー拾錢騮 



⑩豫約 期限 十一月 十五 日 迄 P 舰? 正 十一月 十日 出版 - 

I ぼ征 文明 *」 野蠻 g 衝突 や 大日 本 帝國富 强の實 

勢 5 巧國 威. i 外- 4 揚れ, pi せ §p まお せ 

i^f ま 鼓? s?ns 最後の 大 凱旋 難 新奇 妙案 li^x 

顧 ほ 『供お iSS 忠愛 勇武の 氣尙ん 倉 舞して 兒 fl せん i 大な るべ 



i 支那 征伐 雙六 I 



?ぶ 



、リ' 



や. 



:: 诛 



,c 乾 



(や (c^l 



vv i ジ « 



,麵編 >